ルートディレクトリの使用率が100%になったので不要ファイルを削除したいです。
/etc/fstabで/etcに割り当てをしていないので不要ファイルのほとんどは/etc以下から探すことになると思います。
/etc/fstabでは、/var /home /tmp /usr にパーティションを割り当てているので、こららの不要ファイルは削除しても効果がありません。
安全に削除できそうなパスを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No2です。

説明が悪かったですかね。
/etc以下は不用意に触らないほうがいいです。ファイルを消してもたいした効果はありませんし、良くわからずに必要なものを消すと起動さえできなくなりますので。
そもそも/var、/usr、/homeなどが別ファイルシステムなのに、/の3GBが溢れることは異常です。
cd /
du -sh *
などで怪しいディレクトリを掘り下げていけば調べがつくと思います。

なお、もし「core」というファイルがあったら(おそらく不要でしょうから)削除してしまって構いません。
またUNIX系OSには「ごみ箱」という概念はありません(X使えばごみ箱がありますが、コマンドではrmした時点で容量が増えます)
    • good
    • 0

普通/etc以下に不要ファイルはないと思ってほぼ間違いないです。


あったとしてもほとんどが設定用のテキストファイルなので、数キロバイトとかがんばっても数メガバイトしか減らないでしょう。
duコマンド等で/以下のどのディレクトリが容量を消費しているか確認してみてはいかがでしょうか。

この回答への補足

duコマンドで不要だと思ったものを削除しました。
/etc以下には大きなファイルはありませんでした。
ゴミ箱にゴミがたくさんあるのでしょうか?

# df /etc
ファイルシステム  1K-ブロック 使用    空き 使用% マウント位置
/dev/hda6       3823710  3606920     0 100% /

補足日時:2009/05/21 11:51
    • good
    • 0

そもそも何故ルートディレクトリの容量が不足したのでしょうか。


普通はほとんどいじらない(設定したら終わり)ファイルだけだと思うのですが。
そのルートディレクトリを圧迫している原因を探った方が良いような気がします。
また"/"以下で別パーティションになっていたい大きなファイルがあったなら、リンクなどで他に避けてしまうのも手だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて

今晩は、宜しくお願いします。

復元ポイントの作成とイメージファイル等のバックアップとの違いについて教えて下さい。

Windowsで復元ポイントからシステムを復元させる方法があり、
また、イメージファイル等にバックアップをとり、復元させる方法もありますが
この両者はどのように違うのでしょうか。

復元ポイントの作成とは、その時点のシステムの設定等だけを保存しているという
ことでしょうか。

また、イメージファイル等のバックアップを作成するということは
システム設定と作成したファイル等もイメージファイルとして一括してバックアップ
されるのでしょうか。

イメージファイルの復元時に、作成したファイル等もイメージファイルから
復元されるのなら、同じ名前のファイルがあった場合には、
イメージファイル作成時の古い情報のファイルになってしまうのでしょうか。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。修復されるのは、選択した項目により異なる。
WindowsREを利用。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh825173.aspx

【バックアップと復元】
システムのバックアップを作成し、ハードディスクなどが壊れた場合に備えパソコン内部のデータを全てバックアップ・復元出来る。
Windowsのインストールディスクや、システム修復ディスクから復元が可能。
システムもユーザーデータもバックアップを取った時点の状態に戻る。

【システムの復元】
Windowsが使用するシステムファイルのバックアップと復元。
ユーザーファイルには影響しない。
HDDの中に作成されるので、Windowsが起動しない環境では使用出来ない。

【システム修復ディスクの作成】
Windowsの起動時にF8を押下して起動するセーフモードから「コンピューターの修復」「システム回復オプション」を、外部記憶装置(CD、USBメモリなど)から起動出来るようにする。
Windows自体が起動しなくなった場合に、外部記憶装置から「システム回復オプション」が起動出来るようになる。...続きを読む

Q/etc/fstabの記述について

LABEL=/HOME home ext2 defaults,usrquota 12
こういう記述をみかけたのですが、これはfstabにおける通常の記述とずいぶん違うように思います。普通なら、
/dev/hda1 /home ext2 defaults 12
などのようになると思うのですが…
LABEL=/HOME homeの意味を教えてください。

Aベストアンサー

マウントするデバイスを指定する際に
/dev/hda1 とデバイスを直接指定するのではなくて、
/HOMEとラベル付けされたデバイスを指定する記述方法(/HOMEとラベル付けされたデバイスをhomeにマウントする)かと思います。

メリットは、ハードディスクの接続場所を変えたりしたばあい、
/dev/hda1式の記述だと、接続状態に応じて書き換える必要が有りますが
LABEL=式の記述なら、fstabを書き換える必要がない(自動的に/HOMEとラベル付けされてるデバイス(パーティション)を捜し出してマウントする)
と言うのが有ったかと思います。

Q救出ファイル復元 2の機能について

「救出ファイル復元 2」で画像ファイルJPEGの他にRAWファイル、拡張子(CR2)を復元出来るでしょうか。

キャノンの一眼デジカメを使っているのですが、他の復元ソフトでは、復元出来ませんでした。

Aベストアンサー

Vectorあたりで『ディスク・ファイル復旧』の項目で探せばみつかりそうですが。
要は,"復元ソフトで復元できるファイルがソフトに登録されている拡張子だけしかできない"ことですので,拡張子を選択できる復元ソフトを捜せばいいと思われます。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/disk/care/

Qエラー「cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。」

Solaris2.6の環境です。
C++プログラム初学者です。

% uname -a
SunOS ultra 5.6 Generic_105181-23 sun4m sparc SUNW,SPARCstation-5

C++プログラムの学習中にC++のリストをmake使用とすると

% cd ~/test

% make
g++ -c -o timer.o timer.cc
cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。
make: *** [timer.o] Error 1

というエラーが出てしまい、困っています。

% ls -l /var/tmp
合計 2086
-rw------- 1 matsui master 0 3月 13日 21:19 Ex0000001239
-rw------- 1 root root 821304 3月 14日 22:20 wsconAAA7eaqNa:0.0
-rw------- 1 root root 35659 2月 8日 19:05 wsconAAAP0aaNa:0.0
-rw------- 1 matsui master 0 1月 27日 17:44 wsconAAAXlaitb:0.0
-rw------- 1 root root 187687 2月 7日 19:31 wsconAAAxBaWxc:0.0

% df -k
Filesystem Kバイト used avail capacity Mounted on
/dev/dsk/c0t3d0s0 57567 21273 30538 42% /
/dev/dsk/c0t3d0s6 694454 497069 141829 78% /usr
/proc 0 0 0 0% /proc
fd 0 0 0 0% /dev/fd
/dev/dsk/c0t3d0s1 47975 44685 0 100% /var
/dev/dsk/c0t3d0s7 38383 14633 19912 43% /workl
swap 137384 16 137368 1% /tmp
lucas:/usr/local 1687016 824880 811528 51% /usr/local
lucas:/home 14110472 3550904 10418464 26% /home
lucas:/workn 57384 31880 19768 62% /workn

となっているのですがこれはどうすれば解決できるのでしょうか?

Solaris2.6の環境です。
C++プログラム初学者です。

% uname -a
SunOS ultra 5.6 Generic_105181-23 sun4m sparc SUNW,SPARCstation-5

C++プログラムの学習中にC++のリストをmake使用とすると

% cd ~/test

% make
g++ -c -o timer.o timer.cc
cpp0: /var/tmp/cczy3NgV.ii: デバイス上の空き領域が足りません。
make: *** [timer.o] Error 1

というエラーが出てしまい、困っています。

% ls -l /var/tmp
合計 2086
-rw------- 1 matsui master 0 3月 13日 21:19...続きを読む

Aベストアンサー

根本的な解決はNo.1で回答されている方のいう通りdisk full(空き領域なし)になっている/varの不要ファイルを削除して領域を空ける事ですが、そもそも/varの容量自体少ないようですから、こまめにチェックしてdisk fullが出ないようにしないといけないですよ。
/var配下のディレクトリに各種プログラムのログが出力されるでしょうからなおさらです。

また、今回は、

>コンパイル時には/var/tmp下に一時ファイルが生成されるのですね。
>この一時ファイルが生成できないと実行ファイルが生成できなくなってしまうのですね。

という不具合だけで済んでいるかもしれませんが、他に不具合が出てくる可能性も否めません。

あと、g++(C++)コンパイラの一時ファイルの作成先は、環境変数TMPDIRを設定する事によって/var/tmp以外にする事が可能です(一時的な回避策)。

Q削除した画像ファイルの取り出しまたは復元方法

ごみ箱に入れてから削除したファイルの復元方法を教えてください。

以前にも同様の質問をしたのですが、その際に教えていただいた方法で確かにいくつかのファイルは復元することができました。

しかし、一番復元したい画像ファイル(jpeg形式)が復元できません、同時期に同じく削除したファイルは無事に取り出せたのですが肝心のファイルは取り出せません。指定するファイル名、フォルダ名などの間違いはないのですが何が原因で復元できないのか理解できません。

良きアドバイスをいただければ助かります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こういったファイル復元ソフトを利用してファイルを復活させます。

●FileRecovery(フリーウェア)

消去・欠損したファイルを復元するソフト。
http://www.pcinspector.de/download.htm

●復元(フリーウェア)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se192983.html

■FINALDATA(ファイナルデータ)フォトリカバリー3.0(有料)
http://www.finaldata.ne.jp/f_8_3.html

当然ながら復元できる確立は有料ソフトのほうが高いです。

これらを使っても復元できない場合はファイルが上書きされて完全に消えている可能性が高いです。

Q/etc/fstabの編集について

増設したハードディスクを自動マウントするためにfstabを編集したいと思います。
しかし編集したものが保存できません。どうしたらいいのでしょうか?

また、編集については
/dev/sdb1 /media/disk fat32 defaults
と最後の行に記述するだけで良いでしょうか?
増設したいハードディスクはfat32でsdb1です。

Aベストアンサー

保存できないとは、具体的にどのような操作を行ってどのような結果になったのかを詳細にお伝え下さい。
通常ならroot権限でvi等のテキストエディタを使って編集していれば保存できるはずです。

また、fat32をマウントする場合、ファイルシステム名をvfatで指定します。
オプションがdefaultsのままでは日本語のファイル名が文字化けしますので、システムのロケール設定に合わせてiocharsetパラメータを指定します。
(最近のディストリビューションでは、大半がデフォルトでUTF8を使用しています。)

参考URL:http://www.geocities.jp/code_air_edge/HP/conv_UTF-8.html

Q「ウイルス感染ファイル」削除後のシステム復元でどうなる?

ウイルスバスターで幾つかのウイルス感染ファイル発見し全て削除しましたが、感染したファイルはシステムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
そこで教えて頂きたいのですが、感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?

Aベストアンサー

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライブにOSのインストールディスクを入れておく。
2.「スタート」「コマンドプロンプト」または「ファイル名を指定して実行」で
「sfc /scannow」と入力して「OK」

「Windows XP professional のディスクを入れてください」という表示が出ることがありますがHome Editionであれば「無視」を選んでスキップしてください

>感染した日付以前でシステムの復元をする事によって削除されたシステムファイルは復元できるのでしょうか?
出来ないことはないでしょうが、あまりお勧めできません。
現在の状態が正常でない。
過去の状態の方が快適に操作できる。
という場合、それがいいかもしれません。
しかし、Windowsの設定というのは非常に広範囲にわたっており、現在と過去を比較して、どちらが適正かを判断するのは容易ではありません。
また、過去の復元ポイントの中には不正な設定が含まれている場合があり、間違って、そのポイントを選択することもあります。
ウィルス対策ソフトのサイトでは一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することを推奨しています。

>一度削除されたシステムファイルはシステムの復元をしても二度と復元しないのでしょうか?
間違った操作をすると汚染されたファイルが復元されてしまいます。
一旦復元設定を無効にして、過去の復元ポイントを全て消去することで汚染されたファイルは二度と復元しません。

以下WindowsXPという前提で・・・

>システムファイルでしたので少し心配でしたが削除しました。
通常、このままではシステムエラーが発生します。
しかし、Windowsには自動復旧機能があり、削除されたファイルをハードディスク上にあるCabファイルから呼び出して復旧させるようになっています。
従って、殆どの場合、削除されたシステムファイルを手動でインストールする必要はありません。

☆SFCの実行
もしシステムエラーが出る場合SFC(System File Checker)の実行をお勧めします。

1.CDドライ...続きを読む

Q/etc/fstabを書き間違えた!

Fedora Core 5で、/etc/fstabを書き間違えてしまいました。
おかげで、起動できません。
rootのパスを入れるかctrl+Dでコンティニューという表示が出たまま固まります。ctrl+Dを押すと、再起動し、同じところで止まります。
rootパスを入れ、「Repair filesystem 1 #」と出て「vi /etc/fstab」で書き換えようとしたのですが、リードオンリーとなって書き換えが出来ません。

どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

>mount -t ext3 -o rw /dev/VolGroup00/LogVol00? /media
>としてみましたが、
>「failed:No such file or directory」


失礼しました。LVMでディスク管理しているんですね。

こちらのFedoraCoreでもわざとfstabを書き損じて、
cdromからレスキューモードで修復してみました。

/etc/fstab がある /(ルート)のデバイス名は、/dev/VolGroup00/LogVol00
マウント先の空ディレクトリは、/mnt/source を使えば
いいです。


# mount /dev/VolGroup00/LogVol00 /mnt/source
# cd /mnt/source/etc/
# vi fstab

Q復元ソフトのふと感じた疑問 -ファイル名を削除したい-

先日、復元ソフトを使用していたときに感じたことなのですが
(使用ソフトは「復元」です。)
ファイルを復元する際の手順で削除したファイルが検索できますよね。
このファイル検索の時に、HITしないようにファイル名を完全に削除したい場合はどのようにすればいいのでしょうか??

例えば、「●●との秘密旅行001.jpg」のファイルを削除したとします。
その後、復元ソフトで検索をかけるとファイルを復元しなくてもファイル名を見ただけで怪しいファイルとわかってしまいますよね。
復元ソフトの検索で、表示されなくする方法か、別名に変える方法があるのなら教えてください。

Aベストアンサー

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名前を消去したいファイルをクリックするか、名前を消去したい複数ファイルを左クリックしながら選択する→[消去]ボタンをクリック→[OK]をクリック

これで、名前を消せます。しかしながら完璧ではなくて、一部消せないこともあります。
(「DataRecovery」を再起動してもう一度ドライブをスキャンすると消せなかったファイルが表示されます)

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

95159さんが求めていらっしゃるのは以下の方法ではないでしょうか。

フリーの復元ソフトに「DataRecovery」というものがあります。このフリーソフトには「削除したファイル」の名前を時間をかけず簡単に消去できる機能が付いています。

『DataRecovery』
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se382922.html

■使い方
起動させる→該当ドライブをクリック→[スキャン]ボタンをクリック→削除したファイルの表示完了→「目的のファイルが見つかりましたか?」と出てきたら[キャンセル]をクリック→名...続きを読む

Q続・/etc/fstabの編集について

http://okwave.jp/qa4955299.html
でハードディスクの自動マウントについて質問したUbuntuユーザーです。
/etc/fstabに
/dev/sdb1 /media/sdb1 vfat defaults 0 0
を追記してみました。(/dev/sdb1 /media/disk vfat defaultsの記述も試してみました)
ところがマウントできませんでした。(起動時も[fail]と表示)

とりあえず「場所→500.1 GBのメディア」という風にクリックしてマウントしようとしたら、「ボリュームをマウントできませんでした。」と表示されてしまいました。
詳細を確認すると、「mount:root だけが /dev/sdb1 を /media/sdb1 にマウントできます」と言われました。

そこで端末で管理者権限(su -)で
# mount /dev/sdb1 /media/disk
と打ち込んだところ
mount: マウントポイント /media/disk が存在しません
と返されました。

そのハードディスク上ではパスは/media/diskと表記されているのに、どうして存在しないことになっているのでしょうか?

http://okwave.jp/qa4955299.html
でハードディスクの自動マウントについて質問したUbuntuユーザーです。
/etc/fstabに
/dev/sdb1 /media/sdb1 vfat defaults 0 0
を追記してみました。(/dev/sdb1 /media/disk vfat defaultsの記述も試してみました)
ところがマウントできませんでした。(起動時も[fail]と表示)

とりあえず「場所→500.1 GBのメディア」という風にクリックしてマウントしようとしたら、「ボリュームをマウントできませんでした。」と表示されてしまいました。
詳細を確認すると、「mount:r...続きを読む

Aベストアンサー

> そのハードディスク上ではパスは/media/diskと表記されている
> のに、どうして存在しないことになっているのでしょうか?
それは、fstabで、物理デバイス名と、論理デバイス名を定義していないためです。
fstabで、定義されたもの、OSで、既定値として、定義されたものは、
/dev/sdb1 /media/disk
となっていたと思われます。
それと、/mediaの下に、diskというディレクトリが作られていると思います。
前回の質問に対し、私が、
「一般には、/dev/sdb1 /media/sdb1と定義するものだ」
と書いたために、この状態になったと思えます。
回答番号:No.4に書いたとおり、LINUXの初心者である、
質問者さんに、2.の作業を指示しなかったのが、私の落ち度かも知れません。
改めて、記載しますが、回答番号:No.4の、1.~3.は、一連の作業です。


人気Q&Aランキング