削った時や擦れた時に火花が出やすい金属種はなんですか?
また比較的入手しやすいものでお願いします。

A 回答 (2件)

その名の通りライターの「発火石」...では駄目ですか。


石といいつつセリウムと鉄の合金らしいのですが。サイズは限られます
が入手はいとも簡単です。

火打石 Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%AB%E6%89%93% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなり申し訳ありませんm(__)m
おかげさまで参考になりました
ありがとうございました(>_<)

お礼日時:2009/06/21 21:09

こんにちは。



・鋳物
・Cu(銅)
・Fe(鉄)
・鋼鉄
・Al(アルミニウム)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなり申し訳ありませんm(__)m
おかげさまで参考になりました
ありがとうございました(>_<)

お礼日時:2009/06/21 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真空中で金属を切断した時、あの飛び散る光の粒は出るのでしょうか

真空中で金属を切断した時、あの飛び散る光の粒は出るのでしょうか
よく、工場の人がマスクを被って防護しています
あれは、金属の酸化物でしょうか
真空中では、あんなに光るのものなのでしょうか
切った時、どんな状態になるのでしょう
水で切ると飛び散った後が大変だからできないだろうし、
やっぱりレーザーとかを使うのでしょうか

物理が専門ではないのですが、知りたくてここに書き込みました
宜しくお願いします

Aベストアンサー

>金属を切断・・・
一般的な「鉄鋼」の切断で、酸素-アセチレンでの切断(溶断)のこととして、はばかりながら回答させていただきます。

鉄系の金属は、酸化鉄の融点が低いことを利用して切断(溶断)します。
つまり、鉄系金属を融点近くまでに高温にして、そこへ高圧の酸素を吹き付けることで融点の下がった鉄系金属を吹き飛ばして切断(溶断)します。
従って、レーザーを使用してもアシストガスとして「酸素」を使います。

真空中であっても、酸素の影響が及ぶ範囲では光る粒(溶融した鉄系金属)が飛び散ります。
しかし、空中で行うほどのレベルではなく、極限られた範囲での現象となります。

水(高圧の水)で切断する場合は、水だけではなく水と一緒に硬度の高い砂状の鉱物を含ませて吹き付けます。
空中では、空中の酸素と反応して「火花」を散らせますが、酸素-アセチレンほどの火花は散りません。
真空中であれば恐らく火花は出ないと思います。(経験なし)

非鉄金属、たとえばアルミなどは上記の酸素-アセチレンは使えません。
アルミは酸化すると、鉄とは逆で融点が上がるためです。
ですので、酸素-アセチレンでアルミを溶断しようとすると、切断しようとする周りが熔けてしまうため失敗します。

ここらへんはよくわかりませんが、宇宙空間での作業では恐らく酸素-アセチレンは使わないと思います。
トーチ(ガスを噴射するノズル)に伝わる熱の問題が出てくると思います。
なにしろ空気がほとんどない環境なので、空気による「放熱」ができなくなると思われます。
ヘタをすれば、トーチが熔けてしまうかも知れません。
レーザー光を使う方が合理的なのかも知れません。

>金属を切断・・・
一般的な「鉄鋼」の切断で、酸素-アセチレンでの切断(溶断)のこととして、はばかりながら回答させていただきます。

鉄系の金属は、酸化鉄の融点が低いことを利用して切断(溶断)します。
つまり、鉄系金属を融点近くまでに高温にして、そこへ高圧の酸素を吹き付けることで融点の下がった鉄系金属を吹き飛ばして切断(溶断)します。
従って、レーザーを使用してもアシストガスとして「酸素」を使います。

真空中であっても、酸素の影響が及ぶ範囲では光る粒(溶融した鉄系金属)が飛び散り...続きを読む

Qステンレス、アルミ、鉄の切断

このうちどれがいちばんカットするのに手間がかかるでしょうか?
切断にグラインダーを使うときの注意点を教えてください。

Aベストアンサー

同じ形状である時。
ステンレス→アルミ→鉄です。
グラインダーで切断する時の注意点。
防護メガネと防塵マスクは必ず装着すること。
ステンレスは熱伝導が悪く、熱を持ちやすいため摩擦が減って切り難いです。(焼けてしまうと切れません)
ステンレス専用の切断砥石でできるだけ薄いものを使うのがいいでしょう。
コツとしては冷ましながら切る。
アルミは粘りがあるので砥石の隙間に詰まりやすく、そのため摩擦が減って切りにくいです。
薄くて柔らかめの砥石が使いやすいでしょう。
すぐなくなってしまうくらいのものが使いやすいです。
鉄もあまり時間をかけて切ると赤熱して切れませんので、冷ましながらが良いと思います。
どの材料も切ってすぐは熱くなってますので火傷に注意してください。
グラインダーの火花もかなりの熱なので火事に気をつけてください。(ダンボールくらいはすぐ火が付きます)
後は切断砥石に均等に力がかかるようにする事と、深く切り込まない(砥石が引っかかった時に弾かれて危険)

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

QMT車のブリッピングについて質問です!

MT普通自動車のブリッピングについての質問です。


1.ブリッピングとはシフトチェンジの際にクラッチを踏んでからアクセルをふかすという認識でよろしいでしょうか?



2.また、どのようなシチュエーションでなんのために使うのでしょうか。


3.ブリッピングのコツやアクセルのふかし加減など、アドバイスがあればよろしくお願いします!!

4.教習生や運転初心者には高度過ぎてやらないほうがいいですか?



ご意見待ってます!!!!

Aベストアンサー

そうですねぇ、ブリッピングと言う言葉自体を忘れた方がいいと思います。

サーキットなど全開、フルブレーキを繰り返す場合はブリッピングしないと危険な状態になりますけど。
今、日本で発売しているMT車はおそらく誤操作防止のためと思いますがヒールアンドトゥがしづらいペダル配置にしてあります。
輸入スポーツカーにはやりやすい様に配置してあるのも一部ありますが。

公道を走る分には何もしないでギアチェンジして大丈夫です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報