犬を飼っていますが、蜂蜜は食べてもよいでしょうか教えてください。愛犬は1年4ヶ月の豆柴ですが食事はドックフードを上げています。
柔らかいドックフードは喜んで食べますが、硬いものは少ししか食べません。そえこで柔らかくするために市販の蜂蜜を湯で溶かし硬いドックフードに混ぜて与えていますが喜んで完食します。蜂蜜は甘いので、いかがなものかと思いましたがどうでしょうか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

蜂蜜と言っても、ダメなものもあります。

蜂蜜は大体、花の名前が商品名に入ってますよね?レンゲ(の花)とか。犬猫に害のある植物がありますから、その植物由来の蜜は危険です。あと、そばの花の蜂蜜は、そばアレルギーの子にはダメです。
あとはカロリーや糖質の問題。糖尿病には気をつけてください。
基本、犬は「甘み」が大好きですから。
ドライフードを柔らかくするのに蜂蜜は入れずに、白湯だけでも良いと思いますよ。白湯を入れて冷ましてから与えればOK。ただ、歯石が溜まりやすいので、定期的に動物病院で口腔チェックを受けていただければ良いかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
大変参考になりました。
いろんな回答を拝見しましたが、蜂蜜は与えないほうが良いのではと言う考えに変わってきました。
本日から与えないようにします。

お礼日時:2009/05/27 13:17

こんにちは


私はチワワと暮らしています。
蜂蜜はあげた事がありませんので詳しくは分かりませんが、
人間も生後1年を過ぎるまで蜂蜜・黒砂糖・生ものは、
食べさせてはいけないと言います。
蜂蜜や黒砂糖はアナフィラキシー(ショック状態)を起こす事が
あるそうです.
なので体が小さい犬には成分を調べて、
危険因子がないかを確認されたほうが良いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
大変参考になりました。
与えない方向に考えが纏まりました。
怖いですね・・・

お礼日時:2009/05/27 13:26

(^o^) こんにちは。



蜂蜜は、ワンコにダメダメ説もありました。

http://standardpoodle1.sakura.ne.jp/alfa/poodleF …

↑ ワンコが食べてはダメダメなもの100個

はちみつ→ ポツリヌス菌がまれに入っている場合があるので食中毒に要注意です。子犬は特に危険です。

・・・とのコトです。参考までに。
    • good
    • 0

 こんにちは、2歳の柴犬飼いです。

体重11.6キロです。やや大きめです。ワンコの体重とフード袋の裏に書いてある標準食餌量を照らし合わせながら与えてます。それも腹八部目?にしてます。
 確かに喜んで食べると思いますが、ハチミツは確かに甘いのでオーバーカロリーにならないように気をつけてあげてください。豆柴はある意味、標準体重というものがないと思います。6キロの成犬ワンコもいますよね。1歳少々の時の体重をできればキープできるようにするとかの工夫が要るかも知れませんね。
 ただ、小生だったら、ふやかすためだったら、ワンコ用のミルクとかをチョイスします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
大変参考になりました。
いろんな回答を拝見しワンちゃん健康を考えるならば与えないほうがよいのではと思います。
本当に有難うございました。

お礼日時:2009/05/27 13:23

苦い薬を蜂蜜で欺して飲ませてよ


という獣医師コメントがあるくらいですから、
問題無い成分だと思います。

糖質が多いので食後のケアは必要ですね。

でも確か、
大さじ1杯くらいでごはん茶碗1杯くらいのカロリー(約80kcal)があるんですよ。
摂取カロリーのコントロールという点で要注意です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
安心しました。
カロリー面でも十分、配慮して食事を与えて生きたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 22:04

大丈夫だと思います。


実際に、犬用の蜂蜜入りクッキーなども売られています。
ただ、歯石が付きにくいように、
硬いものを食べさせたほうがいい、とも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
回答内容の通り硬いものも徐々に与えていきたいと思います。

お礼日時:2009/05/21 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬に魚を食べさせるのは良いと思うのですが

犬(仔犬)に魚は食べさせても良いのでしょうか? さばの水煮(缶詰)やいわしの水煮(缶詰)、塩を振っていない鮭など、身体に良さそうな気がするのですが、犬に良い餌を調べても肉ばかり書いてあって、魚はあまり書いてないようなのですが。 アレルギーの面から考えても魚の方が良さそうですが、どうなんでしょう。さばの水煮なんてDHAが豊富だし、骨まで柔らかいので、カルシウムもとれるし、仔犬にピッタリと思うのですが。(もちろん、それだけあげるのではなく、ドッグフードに混ぜてあげます。) 教えてください。

Aベストアンサー

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、青魚の脂肪に多い不飽和脂肪酸ですが、体内で酸化しやすい性質をもっています。
酸化すると過酸化脂質となり、猫なら黄色脂肪症(イエローファット)という黄色いしこりができます。犬にとっても過酸化脂質は、ほかの脂肪酸を酸化させたり活性酸素をまき散らすために細胞組織を破壊し老化を早めるので、よくないです。
予防には、同時に酸化を防ぐに見合った量のビタミンEを摂取する必要があります。
魚にもビタミンEは含まれますが、その分量で酸化を防ぐには不足しているようです。
青魚を毎日あげたり、多量にあげるのはよくないでしょう。

むしろ脂肪の少ない高たん白な白身魚の方が害は少なく、バランスをとるのは難しくは無いでしょう。

あらゆる栄養素をバランスよく同時に摂取するには、綿密な計算が必要だということは覚えておきましょう。
なんでも体に良いからといって偏ったものを摂りすぎはよくないということです。

Q腎臓と肝臓の改善に役立つ情報がありましたら教えてください

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠増えました)で、どんどん具合が良くなってきていました。

ところが、補液の期間を少しあけてから先日血液検査を行ったところ、BUN値:66.7・GPT値:126・ALP値:2429と再び悪化していることが判明したのです。医師のすすめで心臓サポートの療養食(缶詰)を与えてきましたが、こうなると腎臓サポートに切り替えた方が良いのでは?と思ってしまいます。ただ、かかりつけの医師は食事や食材についての知識はあまりない方で、元凶は心臓なのだから心臓サポートの食事が良いとおしゃいます。自己判断で納豆とフラックスシードオイルを毎日少量与えていますが、他に加えた方が良い食材・絶対に与えてはいけない食材、もしくは腎臓と肝臓機能の回復に効くサプリや漢方などの情報をお持ちでしたら、ぜひ教えていただけないでしょうか?我侭なコですが我が家にとっては天使のような存在です。出来る限りの事をしてあげたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

14歳のパピヨンで数年前に僧帽弁閉鎖不全症と診断され、エナカルドや利尿剤の服用を続けてきました。高齢とは思えないほど元気だったのでずっと安心していました。が、昨年の秋に初めて心臓発作を起こし、生死の境をさ迷いました。その際の血液検査で分かった事は、腎臓や肝臓も極めて危険な状態にあるということでした・・・・。利尿剤の副作用やフードにも摂取してはいけない物もあるのに、薬に頼りっきりで自分で何も調べようとしなかった自分を責め、その後は療養食に切り替え補液と薬による治療(強心剤が一錠...続きを読む

Aベストアンサー

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったのに・・・あんなコトやめておけば良かったのに・・・というオハナシです。

その1
今でも、とても後悔していることがあります。それは闘病中にワクチンを打ってしまったことです。1年に1回ワクチンを打たねば・・・という思い込みがあり、すでに17才の誕生日を過ぎている我が愛犬に例年通り、ワクチンを打ってしまいました。腎臓病の治療に強い主治医でありましたが・・・この主治医にも盲点がありました。もう人間でいえば・・・80歳かもしれないのに、予防注射を打ってしまったのです。この時に、いっきに具合が悪くなり寿命を縮めてしまいました。今でもホントに後悔しています。
須崎先生が犬の食事指導で有名ですが、もうひとり同じくらい食事指導で有名な獣医さんがいると、このQ&Aで教わりました。本村伸子先生という方です。その本村先生の本を最近入手しまして、読みはじめたのですが・・・その中で愕然とする衝撃的な記事を見つけてしまいました。ワクチンを年に1回打ち続けるコトがワンコの身体に、大きな負担になっているという内容の記事です。ワクチンは3年に1回で良いと推奨してあり、さらに高齢のワンコには、もうワクチンはいらない!と書いてありました。これは!!健康なワンコに対してすら・・・こう書かれているのですから。まして高齢で闘病中のコにはワクチンなんかいらなかったのです!!「あ~あの時に、この本を読んでいたら・・・」絶対にあんなバカな事はしなかったのに・・・涙。

その2
ワンコが胃腸の調子が悪そうだと思ったときに・・・独断でキャベジンを飲ませたこと。(><)これも失敗でした。
お母様が反対だとのコトですが、キャベツは胃薬の材料になるほど消化器官に有効なお野菜です。ナマであげることは「酵素(こうそ)」の補給にもなり、良いコトが多いのですけどねえ・・・。ワンコも喜ぶのは「酵素(こうそ)」を身体が欲しているのかも知れませんよ。よく犬が道端の草をアムアムしますが。あれは、酵素を補給するための行動だそうですから。酵素はナマの食べ物から補給できますが、果物には糖分が含まれているので、あげすぎは肥満の原因になるのでチョットだけ注意です。さて生のキャベツは身体に良いモノなのですが・・・キャベジンは体内に取り込むと・・・なんと胃酸と化学反応を起こし「塩分」に変化してしまうのです!この時も腎臓の具合が悪くなり、主治医にうんと叱られました。キャベジンはダメですが、ビオフェルミンは抗生物質を使ったアトには飲ませなさいと言われました。

その3
腎臓の悪いコが注意しなければならないのは食べ物だけではないのです。キッチンハイターなどの塩素系の洗剤について、主治医から追放するように指示されました。塩分は鼻からニオイで取り込むだけでもダメなのです。ちゃんと指示を守って「洗○革命」という酸素系の商品を使っていたのですが・・・ある日、来客の予定があるので室内をキレイにしようとハリキって、この酸素系の洗剤の付いた雑巾で床をせっせっと拭き掃除してしまいました。突然・・・ワンコが急変して様子がおかしくなってしまい、なにがなんだかわからず。このとき主治医が留守だったので、救急の病院を探してクルマで出掛けました。その時の病院で処方されたのが、窒素を吸着する墨のようなお薬でした。のちに出張から帰ってきた主治医に出来事を報告すると。わが家の居間の床は塩化ビニール製だったので、なんらかの化学反応を起こして塩素系のガスが発生してしまったと考えられると説明をもらいました。偶然、救急の病院を探すために、ともかくガス発生の部屋から外に連れ出したのが、たまたま幸いして大事にいたらなかったとのことです。(><)これも失敗でした。腎臓の悪いワンコは鼻からのニオイにも注意です。外出の際は工事現場の塗料など・・・臭いがする場所は避ける方が無難です。

その4
8月の主治医が夏休みのときでした。便秘を起こし・・・食事を受け付けなくなってしまいました。連絡を取ろうか迷い、様子を見ていましたが・・・とうとうガマンできずに「鶏肉」を食べさせてしまいました。
3かけぐらい、モグモグ食べたでしょうか・・・。主治医と連絡を取りTELで「便秘には無塩バターを舐めさせろ」と指示をもらいました。
便秘も解消され、主治医は夏休みの旅行を中断して帰って来てくれましたが・・・治療のかいなく・・・2日後に亡くなりました。「鶏肉」を食べさせたコトうんと叱られましたが・・・死ぬ前にちょっとはオイシイものを食べさせてやってヨカッタと内心は思っています。でも、主治医に「鶏肉」は脂肪分が無く、タンパク質のかたまりなので最悪である。「霜降りの牛肉」の方が、まだマシだと言われ・・・どうせなら「牛肉」を食べさせてやれば良かったなと後悔しています。えへへ・・・涙。

こんなオバカな失敗をするのは、きっと私だからですが・・・どうか、後悔のないように・・・いろいろと気をつけてあげてくださいね。

m(_ _)m 長くなりました。このへんで失礼します。

(^^)前愛犬への弔意の言葉ありがとうございます。再度の回答です。

ご苦労なさってますね。ネットにもいろいろな情報があり・・・情報が多すぎて、混乱してしまうときもありますよね。でも、腎臓病で14歳のコにたんぱく質を摂れというのは珍説?( ^^;)ですね・・・はじめて聞きました・・・タンパク質の種類でいうと動物性よりは植物性がマシ。肉よりは魚がマシとは言えそうですが・・・????

ところで今度は闘病生活中の私の失敗談について、お話ししようと思います。あのとき、こうすれば良かったの...続きを読む

Q吐きそうで吐かないんですが…。

ウチのビーグル(♀5ヶ月)が、オエっ・オエっと吐きそうな動作を続けています。

吐きそうで吐かないので、きつそうです。食欲や元気は十分にあります。エサの量も適量を与えています。
他の方の症状と違い、実際には吐かないので、何か喉にひっかかっているのかなぁ、などと心配しています。

長引くようでしたら病院に連れて行きますが、このような症状を経験された方がいらっしゃれば、原因や対策について経験談をお聞かせ願いたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん、消化器の病気(胃炎など)ではなく、呼吸器の病気だと思います。 できれば早めに動物病院で診察されることをお勧めします。

「のどに何か引っかかった」+「吐き気」+「ゲエゲエ」+「食欲がある」=「咳」の可能性が高いですね。ツバだけ最後に吐く場合もあります。

その場合に最も考えられる病気は「ケンネルコッフ」という、「気管支炎」の一つです。用語検索で簡単にでてきます。
治療をすれば治りますので、獣医さんに相談して下さい。

なお、体力のない時にもかかりますが、伝染力が強いので、特に数ヶ月の子犬には近づけないように・・・・・

Q犬に鶏手羽(生)を食べさせ続けてよいか

少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。

本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。
私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。

私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。

ここでひとつ、心配になったことがあります。
小型犬に与える場合、手羽の骨を食べることにより歯が悪くなる可能性はありませんでしょうか。
堅いものを食べさせすぎると将来的に歯が磨り減ると聞いたことがあります。栄養的にはカルシウムが取れるということで、期待しているところがあります。
週に2.3回食べさせようと思っています。

問題があるかどうか、教えていただければ幸いです。
その他、まだまだ勉強中ですので栄養バランスの取れたレシピ等、教えていただければありがたいです。
宜しくお願いいたします。

少し前から、犬への手作りごはんに興味を持ち少しずつプレミックス派から移行しているものです。

本村伸子先生の本を参考にしているのですが、紹介されていたメニューとして鶏の手羽元がありました。
私も愛犬に与えたいと思うのですが、体験談にはレトリーバー種等の大型・中型犬しか出てこないのが少し気になりました。

私はミニチュアダックス(体重5kg)を飼っております。体が小さいので手羽元より手羽中や手羽先を使いたいと思い、本日与えてみましたところ嬉しそうにバリバリと食べていました。

...続きを読む

Aベストアンサー

骨が危険危険というのはおかしいです。
鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。生なら大丈夫です。皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。
ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。
犬は骨が大好きです。骨が必要です。
骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。
私の家はチワワです。うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はきちんと自分で切り裂いて食べるように、という方法で練習しました。
はじめは、骨に対して恐怖心がありました。骨をあげるときは、いつもそばにいます。
やはり、小型犬ですので、手羽先以外の骨はあげていません。うちも週に2~3日ほど、手羽先使っています。
本は同じく本村伸子先生のものです。
私は、与えたものをノートに書き出し、1週間から2週間くらいで、バランスが取れればいいかなと考えています。自分たちの食事だって毎回バランスがいいわけじゃないですよね。毎回バランスよくと思っていて頃は、手作りは続きませんでした、小型犬の為、さほど多くのものはあげれませんでした。一日のメニューは 肉6野菜4(2~3種類)肉は体重の2~3%です。あとは、愛犬の体重の増減で加減してください。体重があまりにも減ったときは、肉6、穀物2 野菜2などのように、穀物を足すと、体重は戻りました。我が家も、本の通り穀物抜きではじめましたが、体重が減ってしまい、いろいろサイトで相談し、穀物も時たまあげるようにしました。基本的には穀物なしですが、体重と相談してます。
長くなり、まとまりのない文になってしましましたが、手羽先の生なら、大丈夫です、はじめは、消化されず、便に出て来たりしますが、次第に消化されます。あせらずゆっくりと、与えてみて下さい。
手作り食、愛犬のご飯を待つ姿が可愛いです。毛艶がよくなりました、体臭が激減しました、いいこともいっぱいです。

骨が危険危険というのはおかしいです。
鳥の骨が危険なのは、火を通した場合です。生なら大丈夫です。皆さんが危険と書かれているのは、火を通した場合のことです。実際に生の骨と、火を通した骨を割ってみてください、違いがわかるはずです。
ミニチュアダッククだってチワワでも犬です。
犬は骨が大好きです。骨が必要です。
骨を与えると,歯石削除の効果があり歯磨きの回数が減ります。
私の家はチワワです。うちの場合は手羽先の骨のみ包丁の背でたたいて飲み込んでも大丈夫なようにして、しかし肉はき...続きを読む

Q老犬が何も食べません

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は致命的だと思いますが、お肉やパンなど以前は好きだったものも嫌がり、柔らかいものなど思いつく限り食べさせようとするのですが、食べてくれません。
ただ、食べ物を持って行くと興味を示し匂いはかぐので、食べようという気はあるようです。
体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。
そこで皆さんにお聞きしたいのですが、食欲がなくなってもこれだけは食べたよという食べ物があれば教えていただきたいです。
獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。
よろしくお願いします。

13歳になるラブラドールです。
ここ一ヶ月で急激に衰えました。
獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。
腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。
点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。
しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。
腎不全にお味噌汁は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記しておきます。

●ドロドロに炊いた白米のお粥(ミキサーで液状にします)
●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします)
●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました)
●鶏卵や鶉の卵
●人肌に温めた牛乳
●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード
●裏ごししたカッテージチーズ

これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。
飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。
器官に入らないように姿勢や流し込む速度には注意してくださいね。
ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。
最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。
私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。
医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。
パンが好きならミルクでふやかしてミキサーでペースト状にしたらどうでしょう(蜂蜜を混ぜたりして)?
粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。
正直大変でした、でも頑張って欲しいと思います。
応援していますね…。

こんにちは…。
とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。
ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。
まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。
それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。
ウチの場合は中型犬ですのでラヴラドールの食事量は判りませんが、与えた内容について記...続きを読む

Q頭を打ったときどのような症状が出ますか?

一歳のミニチュアダックス、約5キロです。
昨日高さ一メートルほどの所から仰向けに落ちました。
(落ちたとき結構な音がしました。)
痛がる様子もなく、すぐ立ち上がりました。
ただ落ちたとき声も出さなかったので、かえって心配ですが。
一日近く経ちますが、普段と変わった様子はなく、ご飯も食べ遊んでいます。
今の段階ではとにかくもう少し様子をみてみようと思っています。
ただもし頭を打っていたらと思うと心配です。
打っていたとしたら後頭部なので・・。
人間でも後頭部を打つと危ないと聞きました。

※頭を打っていた場合、どのような症状が出ることがあるでしょうか?

Aベストアンサー

先ほど他の質問に回答した者です

よほど心配なんですね。
お気持ちは解ります。

私がいつもしている方法です。

まずはぶつけた所(思われる所)周辺を指で触って見て下さい。
触り方は毛の上からではなく、指のお腹でゆっくりさすって見て下さい。
それと直接皮膚の色も見てやって下さい。

他と違う感触や熱を持っている場合、腫れている場合はすぐ解ります。
今回は頭部なので皮が薄く良く解ると思いますが、頭蓋骨のではなくあくまで皮膚に集注して下さい。

頭蓋骨は普段から触ってないと、凸凹が元々有った物なのか判断付かないと思いますし、意外に個体差が有り質問者さんの場合は不安になるだけだと思いますので、今回は無視して下さい。(今後の為に愛犬の頭の形は覚えてあげて下さい)

変質部位が発見出来たら、それが「柔らかい」「堅い」「変化する」「犬が痛がる」のかを覚えておいて下さい。(今後の為に)

それと症状ですが、人間と似ています。
頭の場合
・発熱
・食欲不振
・嘔吐
・平衡感覚障害
・体調不良

まあ、ダメージの大きさ部位によって様々な症状が出るのですが、基本的には上記のような感じです。

まあ、触診で異常が無く上記の症状も出ないようであれば、それほど心配はしなくとも良いです。

基本的に何かが起きるぐらいのダメージ(外部からの)を受ける時には、皮膚にも何かしら異常が出ます。(腫れや熱、痛み等)

ちなみに私は獣医でも何でもない、ただの動物好きですので参考程度にして下さいね。(言葉では誤解も有ると思いますので)

お大事に。

先ほど他の質問に回答した者です

よほど心配なんですね。
お気持ちは解ります。

私がいつもしている方法です。

まずはぶつけた所(思われる所)周辺を指で触って見て下さい。
触り方は毛の上からではなく、指のお腹でゆっくりさすって見て下さい。
それと直接皮膚の色も見てやって下さい。

他と違う感触や熱を持っている場合、腫れている場合はすぐ解ります。
今回は頭部なので皮が薄く良く解ると思いますが、頭蓋骨のではなくあくまで皮膚に集注して下さい。

頭蓋骨は普段から触ってないと、...続きを読む

Q【食欲が無い老犬】犬に甘酒あげていい?

うちには18才のワンコが居ます。

甘酒は、アミノ酸やビタミンや乳酸菌、良質の糖分など、
人間にとっては「天然の栄養ドリンク」や「飲む点滴」なんて
言われていますよね。
アルコール分も無いことから、
子供にも栄養ドリンクとして良い、とかも聞きます。

うちのワンコは、
一切何も食べなくなり寝たきりになることがたまにあり、
弱らないように、どうにか何か食べさせなくてはと、
病院で教わってきた「蜂蜜を水で薄めて舐めさせる」などしています。

蜂蜜を舐めるのさえイヤがり、
数日間、飲まず食わずでグッタリしていても、
偶然手に入った卵ボーロを顔に近付けてみたところ、
卵ボーロだけ、物凄い勢いで食べ始めたりもします。

卵の匂いがよっぽど良い匂いだったのか、
甘いものが食べたかったのか、理由は分かりませんが、
こうやって食べてくれるものを見つけるとホっとします。
何でもいいから食べてほしいのです。

そこで、食欲が無いときに、応急処置として、
甘酒も与えたいと考えているのですが、
犬に与えても害は無いでしょうか。

何か情報ご存じの方、お聞かせ下さいませ。

うちには18才のワンコが居ます。

甘酒は、アミノ酸やビタミンや乳酸菌、良質の糖分など、
人間にとっては「天然の栄養ドリンク」や「飲む点滴」なんて
言われていますよね。
アルコール分も無いことから、
子供にも栄養ドリンクとして良い、とかも聞きます。

うちのワンコは、
一切何も食べなくなり寝たきりになることがたまにあり、
弱らないように、どうにか何か食べさせなくてはと、
病院で教わってきた「蜂蜜を水で薄めて舐めさせる」などしています。

蜂蜜を舐めるのさえイヤがり、
数日間...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
何も食べてくれないというのは、心配ですよね。
私もたまになんですが、塩や砂糖などが入っていない無添加の甘酒を
自分が飲むときに犬にもあげています。
甘くて美味しいのか、喜んでなめてくれます。
家の犬は、飲ませても体調が悪くなるという事はありません。
病院の先生にもお話したのですが、害があるとは言われませんでした。
糖分が多いのでたくさんの量だと問題があるのかもしれませんが
(家の場合は、水で少し薄めて量を増やしてあげてます)
何も口にしたくないような時にはガブ飲みする事は少ないでしょうし
ワンちゃんが好むようならあげても大丈夫なのでは?
ワンちゃん、卵が大好きな子なんでしょうか?
家の犬も卵が大好きで、鶏ガラスープなどを使って卵スープを作ってあげると
少しくらい体調が悪くてもガブガブ飲んでしまいます。
q0q0さんのワンちゃんも卵好きなら、イケるかもしれませんね♪

Q犬の手作りごはんのメリット&デメリット

貴重なスペースお借りします。よろしくお願い致します。

犬の手作りごはんについての質問です。

Mダックスの2歳♂と一緒に暮らしています。
現在はロイヤルカナンのダックス用のフードを1日1回100グラム食べさせています。
この量は、ブリーダーさん&獣医師の指導のもと決定しました。
特に病気もありません。とっても元気な男の子です。
体重は4キロで落ち着いています。もともと小さめの子のようです。

本題の手作りごはんのことなのですが…

ネットや書店で見ても、ワンコのために手作りごはんがいい!と目にしますし、
周りのワンコ友も「うちも手作りよ♪」という方が多いです。

でも、獣医さんに、手作りごはんに変えてみようかと…と相談してみると、
「絶対ダメ!」と言われました。

獣医さん曰く…
日本犬種ならまだしも、洋犬はもともと日本由来の遺伝子を持つ犬ではないため、
日本人の手によって、日本にある食材でごはんを作る事は、
本当にその犬に合っているとはいえない…とのことです。

それはそれで分かるんですが、それでも手作りごはんを作っている方も
多いようなので、参考までに知識がおありの方に、
メリット、デメリットについて伺ってみたいと思い、投稿致しました。

ここでいう、メリット・デメリットとは、「犬にとって」に限定したもので、
お答えいただけると助かります。

飼い主のコスト、時間、手間などは承知の上で…お願いします。

私自身で考えられるのは…
メリット
→いろんな食材で、必要な栄養を摂取できる。
→食は犬の楽しみであるので、犬も嬉しい(味覚はあまり発達していないらしいですが)
→新鮮なものを与えることができる

デメリット
→毎日食べるものが変わることで、う●ちの質?が定まらない
→何にアレルギー反応が出るか分からない
→偏食のもとになる?
→いざという時(非常時や飼い主の病気など)のドッグフードを食べなくなる

など、なのですが。。。

参考までに、いろいろお聞かせいただけると嬉しいです。

別に、アンチ獣医さんで、どうしても手作りにしたい!というわけでもないのですが、
手作りごはんの書籍やブログなども随分出回って、常識化している中で、
反対される獣医さんもいらっしゃるので、
世の中のワンコオーナーさんたちはどうされているのかな~という素朴な疑問です。

お手柔らかによろしくお願い致します^^

貴重なスペースお借りします。よろしくお願い致します。

犬の手作りごはんについての質問です。

Mダックスの2歳♂と一緒に暮らしています。
現在はロイヤルカナンのダックス用のフードを1日1回100グラム食べさせています。
この量は、ブリーダーさん&獣医師の指導のもと決定しました。
特に病気もありません。とっても元気な男の子です。
体重は4キロで落ち着いています。もともと小さめの子のようです。

本題の手作りごはんのことなのですが…

ネットや書店で見ても、ワンコのために手作りご...続きを読む

Aベストアンサー

現在、半手作りです。
1日2回の食事1週間、合計14回。
8回程度:完全手作り
4回程度:ドライ・ウェット+手作り
2回程度:改良型絶食
という感じです。

うちの場合、2番目が病気のために「一生、療法食」と獣医さんから宣言されました。生後10ヶ月の時です。
当初は、それ以外の選択肢もなく、勧められるままに食べて良いと言われた療法食2種類のみを与えました。
が、その療法食にはBHAが含まれていることを知り、その他原材料に対する不安から食べさせることに抵抗を持つようになりました。
また、本人(犬)が、いやいや食べる姿を見て、こんななの絶対におかしい!と思い、半手作りを始めました。

我が家のかかりつけ医さんも、手作り反対派です。
もちろん、相談できませんでした。
今も伝えていません。
とても良く診てくださるので、かかりつけ医を変える気はありませんが、現在は、手作りや自然療法に理解のある獣医さんにも相談しています。

で、我が家の場合、手作りのメリット。
2番目は、一生治らない病気と言われたはずが、数値上は何の問題も無くなりました。表面上も、これと言った症状は出ていません。
もともと誤診だったのか、手作りで良くなったのか、年齢的なものだったのか、結局は不明ですが、バーバラ・フジェール獣医師の『ペットの自然療法事典』によると、この子の病気には繊維質の多い食事が有効とあり、たまたま私の与えていた食事がそのような内容だったために、この子には合っていたのかなとは思っています。

【メリット】
>→いろんな食材で、必要な栄養を摂取できる。
これはメリットであり、デメリットでもあるんですよね。
案外上質なフードに含まれているほど色々な材料をいつも調達するのは難しいです。
また、調達した食材自体の品質の問題がありますね。
私が一番気になるのは、農薬と残留薬物。
ブロイラーの鶏(いわゆる国産鶏とか、若鶏)などは、抗生物質が使われていますので、質の良いモノを選択するのに苦労することがあります。
また、手作りの食事にいつも付いて回るのが、犬にとって必要な栄養素が本当に摂取できているのかということ。
この点に不安を感じない方はいないと思います。

>→食は犬の楽しみであるので、犬も嬉しい(味覚はあまり発達していないらしいですが)
これは、間違いないです(^o^)丿
うちは、3頭いますが、私が食事を作るときの鼻鳴きがすごいです。
2番目は、具合が悪いときは食事には全く興味のない子だったのに、今は目がキラキラしています。
全頭、いつも完食してくれています。

>→新鮮なものを与えることができる
これは、非常に重要な点だと思います。
今、野菜の持つ力(フィトケミカル:ファイトケミカル)が注目されていますね。
犬も抗酸化物質を取り入れることが必要だと思います。

【その他のメリット】
●食事内容によっては(骨など)、歯石の除去が期待できる。
●涙焼けや耳垢、肥満、アレルギーなどが解消する可能性がある。

【デメリット】
>→毎日食べるものが変わることで、う●ちの質?が定まらない
うちの場合、これは無いです。
食べるモノの内容によって、量の多少はありますが、これまで、特に軟便(下痢)だったり便秘ということはありません。

→何にアレルギー反応が出るか分からない
>実は、一度半手作りに挫折しかけたことがあります。
2番目が酷いカイカイになったことがあって…。
ただ、それが食事のせいだったのかは不明です(アレルゲン検査は精度に疑問があるので受けていません)。
ステロイドにも反応がなかったので、かかりつけ医も季節的なものかもとのことでした。
現在、かつてアレルゲンかもと疑っていたものもたまに与えますが、特別反応は出ていません。

>→偏食のもとになる?
>→いざという時(非常時や飼い主の病気など)のドッグフードを食べなくなる
これもうちでは無いです。
むしろ、1番目・2番目は、ドライフードが幼少のころからあまり好きではなく、いつもむら食い・遊び食いだったのですが、現在は、食べることそのものが楽しいようで、ドライフードだけ出してもカリカリと食べてくれるようになりました(ただ、フードの質には以前よりこだわっています)。

【その他のデメリット】
●↑でも書いた、栄養素に対する不安の点。これが一番大きいです。
ただ、これは飼い主さんの熱意によって乗り越えられるのではとも思います。また、犬は、人間よりも栄養素過剰・欠乏の幅が大きいようですので(過剰・欠乏になりにくい)、あまり心配し過ぎる必要はないかもしれません。
●手作りに理解ある獣医さんが少ない。
これは、飼い主さんのデメリットかもしれませんが…。
やはり、手作りにはメリットも多いですが、不安が付きものかと思います。
色々と一緒に考えて、飼い主の望む方向へ導いてくれる獣医さんに出会うことはやはり難しいです。
健康な時は良いのですが、何かあった時に、手作りが悪いというスタンスでいらっしゃる獣医さんだと、わんこにも飼い主さんにも辛いですよね。
ただ、わんこの栄養学にも長けていて、支えとなってくださる獣医さんに出会えれば、逆に大きなメリットになるとも言えますね。

ちなみに、#1さんが仰るように、
>偏っていて必要な栄養素を摂れるのか疑問です
そのようなレシピを載せている本も少なからずあると思います。
また、手作りに対しては生食・加熱食、穀物使用・不使用、骨使用・不使用、栄養バランス等々において、本当に様々な考え方がありますので、実践されるのであれば、色々な方の本を読んだ上で、ご自身が納得された部分から手をつけられるのが良いかなと思います。

長くなりました。読んで下さりありがとうございます。

現在、半手作りです。
1日2回の食事1週間、合計14回。
8回程度:完全手作り
4回程度:ドライ・ウェット+手作り
2回程度:改良型絶食
という感じです。

うちの場合、2番目が病気のために「一生、療法食」と獣医さんから宣言されました。生後10ヶ月の時です。
当初は、それ以外の選択肢もなく、勧められるままに食べて良いと言われた療法食2種類のみを与えました。
が、その療法食にはBHAが含まれていることを知り、その他原材料に対する不安から食べさせることに抵抗を持つようになりま...続きを読む

Q腎臓病の犬の食事について

我が家の愛犬は10歳になる中型犬のオスです。

10日ほど前に「腎臓病」と診断され、毎日「乳酸リンゲル液」という点滴をしています。

当初は動物病院から勧められた療養食(ドライ&ウエットフード)を少しずつですが食べてくれていましたが、ここ最近はほとんど食べなくなってしまいました。
血液検査の結果、数値は少しずつ改善しているものの、毎日体重が減り、衰えていくのを見ているのが辛くてたまりません。
せめて何か食べてくれればと思うのですが、療養食以外は与えないよう病院から言われています。

フード以外で腎臓病の犬に与えても良い食材をご存知の方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(^^)こんにちは

平成18年に17才と8カ月の愛犬を「腎臓病」で亡くした経験があります。「腎臓病」は食事療法で寿命を延ばすことができますよ。
だいじょうぶです。あきらめないで!

うちの子も、療法食を頑固に食べてくれず・・・やもえず手作りの腎臓病食を作って頑張って介護と治療を続ける日々でした。そうやって愛護協会から長寿犬として銀賞の表彰状をいただけるまで寿命を延ばしました。


とりあえず・・・白いごはんに白身の魚をゆでて混ぜてあげてください。(ゆで汁は捨てること)
お野菜もあげてよいものとダメなものがあります。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4633766.html

↑以前に当時の経験を回答したQがあります。他の方の回答にもためになる情報がたくさんありますよ。

Qおりものそれとも病気?心配です。

先ほど愛犬がウンチをしたのでお尻を拭いていたところ、陰部から何か出ているのに気がつきました。
それは白濁した少しとろみのあるおりもののようなものでした。(嫌な臭いなどはまったくなく無臭といってもいいほど)
おりもののような物は、とめどなく出ているわけではなく、今お尻周辺を刺激してみましたが出てきません。
これは何かの病気の兆候なのでしょうか?それとも生理的なもので心配いらないことなのでしょうか?
家にある本を調べても、緑色のおりものとか、悪臭のあるおりものなどしか見当たらず、白いおりもののことは何も書かれていませんでした。

動物病院に連れて行きたくても、今日明日が定休日なため連れて行けません。(住んでいる所が田舎なため1軒しか病院がありません。先生はとても良い人)
皆さんの意見を聞き、急いだほうがよさそうな場合は、遠方の病院を探そうと思います。

ちなみにうちの愛犬のデータは・・・
柴犬系MIXのメスで5歳 室内飼い
未避妊 体重12キロ(太り気味)
多少アレルギー体質ですがこれといった病歴は無し

とても心配でなりません。どんな些細なことでも良いので教えてください。お願いします。

先ほど愛犬がウンチをしたのでお尻を拭いていたところ、陰部から何か出ているのに気がつきました。
それは白濁した少しとろみのあるおりもののようなものでした。(嫌な臭いなどはまったくなく無臭といってもいいほど)
おりもののような物は、とめどなく出ているわけではなく、今お尻周辺を刺激してみましたが出てきません。
これは何かの病気の兆候なのでしょうか?それとも生理的なもので心配いらないことなのでしょうか?
家にある本を調べても、緑色のおりものとか、悪臭のあるおりものなどしか見当たら...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

初めての事でしょうか。

通常見受けられる物ではないかと思います。

感染が原因で起こりますが、膿のような色をしていたり、記載のように白濁した色です。

自分でなめますから、気付かなかったかと思いますが、通常起こる感染です。

これであれば、心配することはありません。

いつのまにか無くなります。

動物病院次第ですが、何の治療も無く様子を見る場合がほとんどです。

治療してもすぐに感染することも多いですし、自然に任せておくことで心配ないからです。

治療をする病院も有りますが、この様な病院は、営業中心だと思います。

心配なようですと、一度診察を受けると良いと思います。病院の体質もわかることですし。

緊急を要することでは有りませんので、週明けにでも診察を受けると良いと思います。

病院代が無駄だと思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング