8月24日(月)の午前中に美ヶ原高原にある王ヶ頭ホテルをチェックアウトして、山本小屋駐車場から車(大人2人)で上高地に行きたいです。沢渡までの道は、この時期はかなり渋滞するのでしょうか。この日は、上高地の中のホテルを予約しているので、帰りのバスの心配はないのですが、無事に上高地に入れるか不安です。沢渡の駐車場が満車なら、平湯まで行った方がよいでしょうか。翌日は、大阪まで帰ります。
道路の混み具合や駐車場のことなど、どんなことでもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#3です。


山本小屋→松本までの推奨ルートを修正します。距離は同じです。
(狭い道の回避対策です、こちらを利用して下さい)

県道67号 松本和田線よもぎこば林道ルート(元有料道路で2002年~無料開放)34km/0円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=36/13/23.829 …
★山本小屋から降りてきて扉峠を過ぎた後67号に行かず、よもぎこば林道へ向かって下さい。以前は有料道路だったくらいですから酷道ではありません^^
蛇足ながら標高1900m以上の位置から下っていく訳ですから快適な道ばかりは走れませんね。北へ向かうルートなども有りますが、クネクネすぎて距離も長いため同乗者も余り気持ち良くないと思います。北へ向かうくらいなら岡谷へ降りて高速で松本まで行った方が、松本市街地の多少の混雑も回避できるし時間も早いでしょう。

<参考ビーナスライン>
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/rmorita/driving/ryoko …
8/22-23(土日)でビーナスラインですか、いいですね。全国的に有名な人気スポットでビーナスラインが無料化(以前はとても高額)されてから特にマイカー客に爆発的に人気化しています。とはいえお盆とニッコウキスゲ(7月中旬~下旬)の時期を除けば、車山、車山肩、山本小屋の各駐車場付近が混む程度でそれほどの心配はいらないでしょう。
土曜の夜は白樺湖周辺での宿泊もいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろ、ありがとうございます。よもぎこば林道、地図で確認しました。同乗者にも相談してみます。
ビーナスライン、見させていただきました。とても、きれいですね。もう、気分は、すでに信州です。土曜の夜の宿泊を白樺湖や車山高原付近で検討中ですが、ペンションとかたくさんありすぎて、訳がわからなくなってきました(笑)。

お礼日時:2009/05/26 23:48

#2です。


混むという人と混まないという人がいらっしゃるようですので、ご参考までに2009年の上高地渋の交通規制情報のURLを張っておきます。
ページの下段に渋滞予測がありますので、ご覧になって下さい。24日は渋滞が予測されていますので、早めに入山することをお勧めします。

ルートとしては、よもぎこば林道経由で松本に下り、R158を通る最短ルートで上高地に行かれることをお勧めします。松本市内は通勤時間帯に若干混む程度ですので、わざわざ岡谷周りをするよりはよっぽど早いと思います。ご参考までに。

参考URL:http://www.pref.nagano.jp/police/koutsu/kisei/ka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上高地の交通規制情報のサイトがあるのですね。渋滞予測を見ました。24日は渋滞日になっていました。当日は、できるだけ早い目に行動しようと思います。同行者とも相談しました。お勧め通り、よもぎこば林道経由で松本へ、となりそうです。どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 00:11

#5です。



#6の yukiyouseiさん、すみませんでした。
#6の推奨ルートは、走行可能なんですね。

実は#5でのルート走行時の前に、美ヶ原台地の王ヶ頭~扉峠を走行しました。
王ヶ頭~扉峠の中間点で下るルートがあります。
・ 美ヶ原スカイラインとは別の道。地図によっては拡大しないと表示しないかも?
・ 地図を拡大して道路が表示されると、カーブがたくさんある道路です。
・ ものすごい急坂なので、美ヶ原台地から道路状況を覗くと、王ヶ頭のそばの「王ヶ鼻」の崖の直下にある道路でした。

この中間点から下って、#6でのルートの途中へ出るルートが、土砂崩れで復旧見込なしの通行止めでした(現在も通行止か不明)

この通行止めルートと、#6での推奨ルートを、私が混乱していました。

以上、言い訳でした。

よって、#6での推奨ルートを、私も勧めます。

私も、#6の推奨ルートの走行経験だけがありません。

ビーナスラインの全線の走行は、何回もありますので、今秋頃、ビーナスラインの冬季通行止の前に、私も#6の推奨ルートとビーナスラインをつなげて、走行してみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。皆様が、親切に教えて下さるので、本当にありがたく思っています。教えていただいたルートを地図で何度も見ています。あの付近の地図が、だんだん頭に叩き込まれてきました。

お礼日時:2009/05/26 23:56

美ヶ原から下る道路のアドバイスです。



#3と#4のかたの推奨ルートですが、道が細いため対向車とのすれ違いが出来ない距離が長く続きます。
ところどころに待避所がありますが、すれ違い出来ない時は、長い距離をバックすることになります(上りが優先です)
このルートは、ビーナスラインから、松本市内へ直接の最短と思います。
特に扉(トビラ)峠~扉温泉の途中が、林と崖で、下りの急坂・ブラインド急カーブ(カーブの先が見えない)の連続で、しかも、ところどころが細い道です。
扉温泉~集落は、扉温泉の旅館の送迎バスも通りますが、やはりねすれ違いが出来ませんる
冬は、扉温泉から上は、積雪のため「冬季通行止」になるくらいですから、道路が悪いですね。


私は、数年前に3ナンバー乗用車で質問者さんと逆の方向で通過して、上り坂でした。
秋でしたが、松・杉の針葉樹の落ち葉が道路一杯にあり、この落ち葉の為に時々スリップ気味でした。
細い道でしたが、偶然にも対向車はまったくなく、すれ違いも一回もありませんでした。

参考
ここの扉温泉は、ネットの予約サイトや、テレビでもよく紹介されています。
検索してみて下さい。
(私は、ここの関係者ではありません)
------------------------------
質問者さんが、もし、山間の道路運転に不慣れ・自信がないなら、別ルートも説明します。
岡谷周りするくらいなら、下記のルートがいいと思います。
ホテルでも、岡谷ルートより下記のルートを勧めるでしょうね。

#3の推奨ルートの出発地~美ヶ原美術館~県道464号で北向き(地図の上方向)へ進路(大型観光バスも通行します)。
県道62号へ出たら左折(観光バスはほとんど右折)~武石(タケシ)峠~峠を過ぎたら右折で美ヶ原スカイライン~美鈴湖~国道254号~松本トンネル(有料)~国道19号。

・武石峠の前後は、急カーブ連続ですが、対向車は時々普通車だけで、大型車はほとんどありません。
(武石峠前後は、広葉樹が多くて空が見えないので昼でも道路が少々暗い。#3の人の推奨ルートは、針葉樹なので空も見えて道路は明るい)
・美ヶ原スカイラインは、美ヶ原台地(山本小屋からの反対側の台地)への観光バス・定期バス・普通車のほとんどが通りますから、対向車に注意して下さい。
このスカイラインは、名前の通り景色のいい道路です。
質問者さんの通過する方向なら、天気がよければ、前面に「北アルプス」の南半分が雄大に見えますね。
ところどころの駐車出来る場所で、車が止まって北アルプスの景色を見ています。
#3の推奨ルートでは、遠望はほとんど駄目で、谷と崖以外何も見えません。
・国道254号は、関西~関東の定期便トラックが多いです。
東名高速の裏ルートとして、関越道と中央道を結ぶ一般国道です。
有料の松本トンネルを避けるなら、松本市内へ入りますが、松本市内は城下町のため渋滞覚悟です。
定期便トラックは、上高地へ行く国道158へ号は、ほとんど行きません。


#3#4のかた、推奨ルートを、けなしてすみません。
------------------------------
● 私の思うに、王ヶ頭(オウガトウ)のホテルに宿泊なら、私の説明ルートを宿泊前日にグルッと回って、武石峠から美ヶ原スカイラインを下りずに、王ヶ頭付近の駐車場(広いけど、たぶん有料)に入れたほうがいいのかも?。
ホテル付近の、王ヶ頭という峰が美ヶ原台地の最高峰です。
この最高峰の付近には、長野県の放送局のテレビ・ラジオの放送鉄塔や、警察・電力・NTT・官庁等の無線中継鉄塔や、大きなパラボラアンテナが乱立。
付近には、観光客も多くがいます。
王ヶ頭付近の駐車場なら、ホテル迄の距離が短いですね。
王ヶ頭ホテル~山本小屋駐車場の、連絡にバスと決めたのは、ホテルに確認したのですか?。
ホテルに、駐車場は王ヶ頭付近と山本小屋とどちらがいいか確認しましょう。

ホテルまでの距離や、翌日の時間を考えるなら、王ヶ頭頂上の駐車場がいいのかも?
美ヶ原台地の景色を見たり、牧場・美しの鐘(美しの塔)に行くなら、山本小屋駐車場がいいのかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがとうございます。すれ違いができない所があるのは、不安なので通らないようにします。上高地に行く途中に、もっと高い天国に行ってしまっては大変ですから(笑)。
王ヶ頭ホテルは、山本小屋駐車場か美ヶ原駐車場のどちらかで送迎してくれるので、回答者様のおっしゃるように、ホテルにどちらがいいか、確認してみます。
扉温泉の有名な宿は、満室でした。上高地のホテルの希望の部屋も、偶然にキャンセルが出たようで、それを予約しました。王ヶ頭ホテルも旅行日程1日目に泊まれば、道に苦労することはないのですが、ほぼ満室で…。ホテルの予約の時点で出遅れている状態です。

お礼日時:2009/05/26 23:28

>沢渡までの道は、この時期はかなり渋滞するのでしょうか。



夏休みとはいえ盆過ぎの平日ですから、特にないでしょう。
一番混みそうなのは岡谷から松本に抜ける市街地くらいでしょうか。
それもNO3の方の推奨ルートならほとんど関係ないですし。

沢渡の駐車場も大丈夫だと思います。
こちらが、予想外にいっぱいで。。。ということならば平湯も
やむなしだとは思いますが。たぶん、大丈夫でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お盆を過ぎていたら、渋滞も緩和されるのですね。沢渡の駐車場も大丈夫ということで、安心しました。予想外にいっぱいなら、平湯まで行くことにします。翌日は、東海北陸自動車道で帰ることにしたので、ちょうどよいかもしれません。
お盆に松本から上高地に向かって大変だった話を聞いていたので、心配していましたが、これで安心しました。どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 11:03

>Q1.沢渡までの道は、この時期はかなり渋滞するのでしょうか。


→ほとんど混みません。朝の通勤時間帯に松本市内が少々混む位でしょう。その時間帯を外せば何時でもいいと思います。
ルートは(下記推奨ルートURL参照)の地図をマウススクロールで拡大して確認してみて下さい。

>Q2.沢渡の駐車場が満車なら
→すでにお盆過ぎの平日でも有り、満車はありえないでしょう。

>Q3.平湯まで行った方がよいでしょうか。
→どちらでも良いと思いますが、帰りは東海北陸道で大阪まで帰られるのですよね?・・・でしたら平湯の方が帰りの時間30分位短縮では。
★沢渡:バス乗車時間25分/往復2000円(片道1130円)
★平湯:バス乗車時間25分/往復2000円(片道1200円)

↓<山本小屋駐車場から沢渡までのルート>
<推奨ルート>山本小屋-松本間34km/0円
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=36/8/35.268& …

<岡谷ルート>山本小屋-松本間58km/750円(山本小屋駐車場-岡谷間は35km)※こちらはお勧めできません。
http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=36/8/35.252& …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えて下さって、ありがとうございます。推奨ルートで行きます。朝の通勤時間帯は、まだ、ホテルにいると思いますので、松本市内の渋滞は、避けられると思います。
沢渡の駐車場も大丈夫そうなので、安心しました。ここの混雑具合がいちばん心配だったので。バスの予定でしたが、荷物もあるので、タクシーの方が良いかもということになりました。沢渡からの方がタクシー料金が安いので、沢渡の駐車場を利用したいと思います。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 10:41

まだ夏休み中ですので、松本~上高地間は大分渋滞すると思われます。

朝早い時間ですと若干余裕があると思いますので、チェックアウトはまだ暗いうちにして出発し、高原でご来光を見た後、直ちに松本へ下り上高地方面へ向かうのが良いと思います。
沢渡に車を止めて上高地に向かい、上高地を見学して一泊、朝上高地を降りて沢渡から高山方面へ抜けて大阪へ向かうのが良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夏休み中の月曜日ですから、やはり、渋滞しますよね。ホテルは食事付きなので、朝食を食べて、ホテルのバスで山本小屋の駐車場まで送ってもらうので、時間がかかると思いますが、できるだけ、早く出発するようにします。
大阪に帰るのは、高山方面に抜ける方が良さそうですね。松本に戻るか、迷っていたので、どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 09:55

こんばんは



とりあえず夏休み中とはいえ
平日ですよね
ビーナスラインで特に混むのは八島湿原と白樺湖のあたりですので
岡谷のほうに向かっていただくと良いと思いますよ

ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、どうもありがとうございます。
岡谷へ向かう道を、地図で確認してみます。車にナビは付いているのですが、心配性なもので…。
ビーナスラインは、八島湿原と白樺湖のあたりが混むのですね。8月22日(土)朝、大阪を出発の3泊4日の旅行です。土曜・日曜でビーナスライン付近を観光する予定ですが、混みそうですね。8月22日(土)だけ、まだ宿泊場所を決めていないので、それを頭に入れて検討します。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 09:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本市から美ヶ原高原までの所要時間について

大阪から車で松本に行きます。
松本に15時頃到着の予定です。
天気が良ければ美ヶ原スカイライン経由で保護センターまで走りたいと思っています。
松本駅前には18時には戻って来たいと思っていますが、可能でしょうか?

Aベストアンサー

JR松本駅~美ヶ原駐車場の往復だけで約2時間かかります。
駐車場から王ヶ鼻までは車の進入禁止になっていますので、徒歩往復でおよそ1時間半+になります。
又、美しの鐘まで往復しますと、+2時間です。

http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=36.23618870678054&el=138.03976010564236&scl=6&stx=137.9687398200422&sty=36.227967632186406&edx=137.96874457449348&edy=36.227979187114094&mx1=138/6/31.808&my1=36/13/51.292&chg=1

Q7月の連休(18日午前)に長野県松本市街から美ヶ原高原美術館まで車で行

7月の連休(18日午前)に長野県松本市街から美ヶ原高原美術館まで車で行き、同日(午後)、松本に帰る計画をしています。
 そのルートとして、県道67号線~283号~三城~アザレアライン~扇峠~ビ-ナスラインを考えていますが、入山辺から扇峠までの林道は、道幅が狭く(2車線?)カーブ等が多く、また、扇峠付近からのビ-ナスラインは、急勾配、急カーブであるように聞いております。大丈夫でしょうか?
 そのルートを走られた方、状況等を教えてください。
 (バスで行く方法もありますが便が少ない)
 また、復路は、同じコースで帰ればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

昨年も 松本 ⇔ 美ヶ原 間のルートについては2度回答させていただきました。質問者さんが考えているルートで正解になります。r67を通ってしまうと酷道になりますが、入山辺~らr283~アザミアザレアライン(よもぎこば林道)を通れば、広くはないながらも元々は有料道路だった所ですから厳しいルートではありません。復路も同じルートです。

信州山岳地帯は日本の中では最も標高差がある地域ですから少しカーブが多くなるのは仕方ありませんが、扇峠までは7月連休とはいえ、さほど混まないため走行は楽です。扇峠から美術館までは時期的に少し混む(霧ヶ峰方面がニッコウキスゲ満開のため)と思いますが、こちらも大勢に人が通行していますので道路の整備も問題ないです。(※梅雨末期の大雨後などの通行には注意して下さい)
ルート(約31km)http://drive.mapion.co.jp/route/?nl=36/12/42.915&el=138/4/41.759&scl=250000&stx=138/8/36.434&sty=36/13/38.629&edx=137/58/40.296&edy=36/14/8.808&mx1=138/7/8.508&my1=36/11/47.076&mx2=138/3/8.676&my2=36/12/55.620&chg=1

アザミアザレアライン(よもぎこば林道) など道路の様子はこちらも参考に。
http://www.lodge-motive.com/drive/utukusi.htm
ビーナスライン http://www.pat.hi-ho.ne.jp/rmorita/driving/ryokouki/04biinasu/04biinasu2/biinasu2.htm

昨年も 松本 ⇔ 美ヶ原 間のルートについては2度回答させていただきました。質問者さんが考えているルートで正解になります。r67を通ってしまうと酷道になりますが、入山辺~らr283~アザミアザレアライン(よもぎこば林道)を通れば、広くはないながらも元々は有料道路だった所ですから厳しいルートではありません。復路も同じルートです。

信州山岳地帯は日本の中では最も標高差がある地域ですから少しカーブが多くなるのは仕方ありませんが、扇峠までは7月連休とはいえ、さほど混まないため走行は楽で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報