今までずっと「木ねじ」を「きねじ」と呼んでいて「もくねじ」だということを最近知ったのですが、「木ダボ」はやはり「きだぼ」ではなくて「もくだぼ」なのでしょうか?

A 回答 (1件)

もくだぼだと思いますが、ダボと言えば多くは、材質は木だと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、やはり「もくだぼ」でしたか。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/25 16:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木と木をコースレッドで接合するとき、ずれてしまう

2×4や構造用合板を使って本棚や収納を作ったりし始めました。
用途に合わせて一生懸命電卓をたたき、ミリ単位でこだわりの寸法を設計をしてから作ります。
木材のカットはホームセンターにお願いします。狂いのない寸法で切ってもらえます。

しかし、私が組むと必ず完成品はガタガタになります。
木と木をコーススレッドで接合させるのですが、どうしてもずれます。
下穴をあけるまではずれていないのですが、ドリルドライバでねじを締めこんでいくとき、木材同士が徐々にずれていきます。
完璧にねじが締まった時には1ミリ程度のずれができています。

今までは見えない場所に本をしまっておく棚などを作っていたので、多少ずれていても開き直っていたのですが、今回作る棚は水平に注意を払わなければいけない棚です。
昨夜、2か所ほどコーススレッドを打ったところで段差が出てきてしまったので、もう全部投げ出したい気分になりました。

ずれないようにコーススレッドで接合させるコツや、練習方法などアドバイスをいただきたく思います。

Aベストアンサー

 そもそも、ビスで位置を支えるのは設計段階で間違っています。ビスの丸軸が木を支えることになりますから、たとえ正確に組まれていても負荷に偏りがあれば、(図の上)めり込んでずれます。

 荷重は接着剤で支える(左下)か、ホゾ加工をして支えるべきです。ビスはコースレッドでも良いですが、コースレッドは傾いたり位置がずれると接合材をずらす欠点があります。先端が繊維を切る構造になっていないため、被接合材の繊維に負けます。
 枕頭させる必要があれば、「12ミリ合板」コースレッドで柱に密着させるには? - DIY(日曜大工) - 教えて!goo( http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8108374.html )のようなビスを使いましょう。
 本来は位置がずらせるように、鍋ビスを使用すべきです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報