疑問に思ったのですが、PC→外付けSPにする際、PC直挿しよりUSBデバイスを介した方が音質がいいと言われてますが、USBデバイスが48/16bit、内蔵出力(ヘッドホン出力)が96/24bitの場合でもUSBを介した方が音質がいいのでしょうか?
それとも数値が大きいヘッドホン出力の方が良いのでしょうか?

USBデバイスがUCA202「48/16bit」で、iMac内蔵出力(ヘッドホン出力)「96/24bit」なんです。

音の好みとかではなく、数学的(科学的?)に答えが分かる方が居られましたら、是非教えて下さい。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そもそも、その数字の意味が何かが大事なのですよ。



回答としては、
iMacからの出力はデジタル出力してデジタルヘッドホンアンプでも介しているのでしょうか?

だとすれば、iMacの出力の方が良い場合もあるかもしれませんね。
単に、ヘッドホン出力でアナログ音声出力(ミニプラグ)から直にヘッドホンに出しているなら、USBデバイスの方が音質は高い可能性があります。


まず、48Khz/16bitといった数字は何かから説明しましょう。

これは、サンプリング周波数と言われるものです。48KHzは1秒間に48,000回の振幅を示し、その振幅1回につき16bitの情報を載せることができることを意味します。96Khzは1秒に9万6千回、24bitの情報を載せることができます。数字が大きいほど大量の情報を1秒間に保存しているため、マスターデータがそのレートに見合ったものであれば、より高音質な音が扱えるようになります。

これは、ハードウェアの音質を表す数字ではなく音声を処理する装置が一度に扱える情報量を指します。音の善し悪しではなくデータとして解析しその情報を裁ける量を指します。

簡単に言えば、48KHz/16bitのサウンドチップでは96KHz/24bitの音声は扱えません。扱うには96KHz/24bitに対応したサウンドチップが必要になるという具合です。

例えば、同じ48KHzの音をこれらのサウンドチップで処理したとして、音が良いのはどちらかという話になると、ノイズが少ない方という回答になります。

24bitの音は、後者で余すことなく処理できますが、前者では再生できても48KHz相当で出力されます。そのため、デジタルで直接出力してそれ相応のデジタルアンプを介せば、24bitの方が有利です。ただし、iMacの内部カードでアナログ変換した場合は、24bit/96KHzの効果は失われている可能性が極めて高くなります。24bit音声は聴覚で感じ取れる中でもかなり雰囲気に近い微妙な音を再現しますからね。

どうして、外付けの方が音が良くなるのかというと、
デジタル回路上でどんなに高いデータレートで記録されていても、最終的に音となるときには、D/Aコンバータと呼ばれる回路でデジタルアナログ変換が行われ、アンプによって音を増幅し出力するためです。
パソコンの内部回路は、周波数の高いCPUやメモリなどが満載されており、特殊なコンデンサを多用したり、オーディオ基盤にノイズの載りにくいパーツを使わないとそれらの高周波数回路のノイズを直に受けてしまいます。結果的に音が歪むのです。

USBデバイスの音が良いというのは、そういったノイズの発生原因から遠ざけた専用のハードウェアにD/Aコンバータとアンプを実装しているためです。(まあ、この製品が音にたいしてどうかは分かりませんけどね。)

いかがでしょうか?
ポイントは、
・48KHz/16bitは再生できる音の情報量を表すもので、音質を表す物ではない。これをサンプリング周波数という。
・サンプリング周波数が高い物ほど。情報量の多い(高音質で収録された)音を再生できるが、それが=高音質に再生できるとは限らない。
・外付けの機器の音が良いというのは、パソコン内部のノイズの影響を受けにくいためである。
・96KHz/24bitの能力を発揮するには音が96KHz/24bitで収録されている必要がある。(DVD-Audioなど)
・内蔵サウンドチップで96Khz/24bitの音を余すことなく再生するには、デジタルで96KHz/24bitの音を再生できるスピーカーやアンプなどを経由して出力するのが好ましい。

ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
また、数値などの詳しい説明、大変勉強になりました。
数値は大事だが、単純にそれだけで比較は出来ないと言う事ですね。
詳しい説明の後にポイント・・・本当に授業を受けてるようです(笑)。
素人質問の分かりにくい質問に解答を下さり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:57

まず単純な話をすると、96KHz/24bit出力が生きるのは、それで記録されたソースを再生する時だけです。

音楽CDは元が44.1KHz/16bit記録なので、機器が96/24に対応していても、アップサンプリング再生に対応していなければ、全く意味がありません。

また、iMacの内蔵オーディオ回路がどれほどのものか知りませんが、音質は単純な数値だけでは語れません。一般的に、MacであろうとWin機であろうと、コンピュータの内部は猛烈なノイズの嵐なので、そのすぐそばにあるオーディオ回路はどうしても影響を受けやすく、結果として音質劣化が起こりやすくなります。

しかし、USBではコンピュータの外に設置しているので、ノイズの影響は大幅に小さくなります。元がどんなにいい音でも、ノイズが乗っていたら台無しですよね?

ただ、USBあるいはFireWire接続なら何でもいいかというと、そう言うわけではなくて、やはりある程度以上のアナログ回路の品質がないと、意味がありません。デジタル部分のスペックを高めるのは簡単ですが、アナログ部分は手間とお金がかかります。また、そこが一番音質に対して効いてくる部分でもあります。96/24にまじめに対応しようとすると、結構なコストがかかるので、コンピュータの内蔵音源でそこまで作り込んでいるのかは疑問ですね。

という目でUCA202を見た場合、ノイズの影響は確実に少なくなるでしょう。ただ、そんなに言うほど高級なものでもないので、過剰な期待はしない方が安全というのが結論じゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
素人の私でも分かりやすい回答でした。
記録されたソースの数値など、気づいてない事もあり、大変役に立ちました。
分かりにくい素人質問に回答を下さり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:50

> PC直挿しよりUSBデバイスを介した方が音質がいい



音データの精密さについてでなく、ノイズ混入について言ってるのだと思います。

音はアナログなので結局はどこかでデジアナ変換しますが
大部分がデジタル回路でノイズだらけのPC内部でそれを行うと、
よほど気を使った構造(ノイズフィルタやシールドを使うなど)にしないと
音にノイズが混入します。

初めから気を使った、オーディオ向けPCも存在しますし技術的にかなり難しい、というわけではありません。
でもコストや開発期間の点でそこにばかり気をつかえないのが大部分です。

その点、外付けUSBスピーカはデジアナ変換はスピーカBOX内で行われ、
PCとは別筐体だし、距離もある程度離れるので、ノイズ混入に関して有利なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに数値だけでなくノイズ混入など、単純に分からないものなのですね。

分かりにくい素人質問に回答を下さり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/24 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

QCOAXALとRCAケーブルとの違いを教えて下さい

音響機器音痴の私に教えてください。。AVアンプ等でデジタル接続端子部分ににcoaxialとありますがこれには専用の接続端子をもったケーブルを使用しなくてはいけないものなのかRCAと接続端子部分は良く似ているので同じもので供用できるものなのかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ます。ただCoaxial;同軸ケーブルの中にも外来ノイズに対して配慮した特性インピーダンス(Zo)=75Ωのケーブルも販売されていますので、OE-EO変換回路を使用したくなければ、この様な製品を使用することも可能です。例えば参考URLで販売している4C-XEW同軸ケーブルが該当します。

2、Zo=75Ω同軸ケーブル
 TV、ビデオ等の画像を扱う信号はZo=75Ωの同軸ケーブルと決まっていますので、身近にある画像用ケーブルはZo=75Ωと考えて間違えありません。JIS規格では例えば”3C-2V や S-5C-FV”と言う表示の”C"がZo=75Ωを示しています。”TVECX”等もTV用ということでZ0=75Ωです。
 AV機器周りではRCAコネクタが付いていますので、混乱を招きますが、先の回答にも有りますように、ビデオ用は黄色の表示が一般的ですので、これを使用ればZo=75Ωと成っているでしょう。アナログオーディオ用に販売されているRCAケーブルの多くは特性インピーダンスを75Ωに成るように設計されていないものが多くあります。その理由は音声帯域の20Hz~20kHzのような低周波ではケーブルの特性インピーダンスは大きく変動する為にインピーダンスマッチングと言う考え方が無い、出来ない、する必要が無い世界だからです。この当たりの事を詳しくお知りに成りたければ、これも参考URLに記載があります。御参考まで。

MIFUNEBASI さま

 主として補足の質問に付いて解答します。
1、OpticalとCoaxialの違い
 Opticalとは光ファイバーコードを利用して機器間の接続をするものですが、この欠点は電気信号を光信号に、光信号を電気信号に変換するEO-OE変換器(回路)が必要になります。 一方利点は、光信号はケーブルが受ける電気的なノイズに関しては無関係になりますから、ノイズ環境の悪い所では効果を発揮します。
 因って、使用環境が外来ノイズの多い所ではOptical、問題なければCoaxialのような使い分けが出来ま...続きを読む

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

Qサウンドカード上でサンプリングレートを上げる意味はありますか?

PCで音楽を聴いています。foobar2000にて再生、
サウンドカードは ONKYO SE-90PCI
そこからRCAでDENON PMA-2000に繋いでいます。
スピーカーはDENON USC-MA3…

なのですが、ここでSE-90PCIのドライバインストール時にVIA Vinyl Audio Control Panel(以下VIA) というものがインストールされてますが、
その拡張設定という項目でサンプリングレート選択というものがあります。

試しに192KHzを選択してfoobar2000で再生しますと音割れが…
音楽データは44100Hzで再生されてますが、VIA上では192000Hzと表示されてます。

音割れの原因も知りたいわけですが、この上記のようにアップサンプリング(のような?)ことをすることで音質等上がっているのでしょうか?

(ちなみに、音割れは96KHzで再生すると別にないようです。)

Aベストアンサー

元データが44.1kHzだと、サウンドカード側の周波数設定をいくら上げても音質は良くなりません。むしろデジタル出力の場合、周波数変換は音質を劣化させます。

元が48kHzだと、96kHzや192kHzは整数倍なので、ロスレスで変換できるため悪影響はありません。48を96にするには、同じデータを2個並べて半分の時間(2倍の周波数)で送出するだけでできますし、192なら4個並べて4倍の周波数で送出すればOKです。乱暴に書くと、次の例のような感じで。

48kHz
1234 1234

96kHz
11223344 11223344

192kHz
1111222233334444 1111222233334444

ところが、44.1kHzのものを96や192kHzにするには、整数倍ではないので変換時に端数ができます。例えば44.1を96にするには、44.1/96=2.1768...という端数ができます。ところが、デジタルでは端数は表現できませんので、とりあえず2と言うことにしておき、端数がたまって1以上になったところで加えることになります。つまり、変換誤差ができるわけで、これが音質劣化につながります。

44.1kHz
1234 1234

96kHz
112233444 112233444 <--4のところで帳尻を合わせている

実際には誤差を分散させるので、こんなにはっきりしませんが、いずれにせよ誤差ができることは避けられません。その意味では、44.1を48にする場合が最悪です。誤差を分散できる余地が少ないですからね。

これと192kHzでの音割れは多分関係ないと思いますが(原因はよく判りません)、どのみち劣化しているので、44.1kHzのデータを再生する場合、44.1以外に設定する意味はありません。

アップサンプリング(オーバーサンプリング)は、デジタルアナログ変換での常套手段ですけど、必ず整数倍(それも2のべき乗:2,4,8,16...)にします。さもないと、上記の理由で復元時に誤差ができ、かえって結果が悪くなるためです。

元データが44.1kHzだと、サウンドカード側の周波数設定をいくら上げても音質は良くなりません。むしろデジタル出力の場合、周波数変換は音質を劣化させます。

元が48kHzだと、96kHzや192kHzは整数倍なので、ロスレスで変換できるため悪影響はありません。48を96にするには、同じデータを2個並べて半分の時間(2倍の周波数)で送出するだけでできますし、192なら4個並べて4倍の周波数で送出すればOKです。乱暴に書くと、次の例のような感じで。

48kHz
1234 1234

96kHz
11223344 11223344

192kHz
111...続きを読む

QLine in端子とMIC端子はどう違うの?

不思議に思ったのですが、
ほとんどのPCにはLine in端子とMIC端子がついています。

どちらも入力端子ですが、どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

入力レベルが違います。
LINE=カセットデッキ・チューナーなどから出て来る音声信号に対応。

MIC=マイクから出て来る微弱な音声信号をLINEレベルまで引き上げるMICアンプが入っています。

イメージ

LINE===LINE入力>LINEレベル>内部音声ボード


MIC====MIC入力>MICアンプ(増幅)>LINEレベル>内部音声ボード

LINE入力にMICをつなぐとレベルが低すぎて音がノイズに埋もれてしまう。

MIC入力にLINE機器を接続するとレベルが大きすぎるので音が割れる歪む>MICアンプに入りさらに歪む。

QHDMI対応PCモニターで音声出力を別にするには?

PC側のHDMI端子とPCモニタ側のHDMI端子を接続している状態で、PCモニタ搭載のスピーカではなく、外付けスピーカーで音声を出力するには?

(1)音声のみを外付けスピーカーに出力できる
 音声端子を外付けスピーカーにつなげればOK

(2)HDMI端子の設定が優先されて、音声を外付けスピーカーに出力できない



手元にHDMI対応PCモニターがないので、購入の参考にしたいと思って質問しました。

どっちでしょうか?

Aベストアンサー

音声出力は、HDMI、アナログ、Digital(オプティカル等)など、再生デバイスの選択は簡単にできます。
従って、PCにHDMIモニタ(スピーカー付き)、アナログ外付けスピーカー、Digital(オプティカル、同軸)接続(AVアンプ、Digital入力付きスピーカーなど)のすべてに接続していても、再生デバイスで選択したものからサウンドを再生できます。

QPCの音量が最大にしても小さい

Realtek high Definition Audio が サウンドドライバーらしいですが・・・

音量を最大にしても 大きくなりません。

なお 音は 全面のヘッドホン端子から接続してます。

どういった原因が 考えられますでしょうか?

PCは マウスコンピューターのものです。

Aベストアンサー

・コンパネ→Realtek HD設定→オーディオI/O→左側・スピーカーの種類で、ヘッドフォンになっているか?

・同じように、ミキサー→再生→工具マーク(ツールボックス)で、Frontがチェックされているか?

・また、ボリュームが最大になっているか? (ミュートされていないか?)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報