私は日本習字で本年2月に中等師範を取得いたしました。私は札幌に住んでいますが、網走市出身です。年齢は25歳です。
 私の師匠は既に他界しており、相談相手がいないのが現状です。今後、毛筆の練習において何か注意するべき点がございましたら教えてください。今年中に高等師範を取得したいのです。
 また、ペン習字の上達法があれば合わせて教えてくださいませ。よろしくお願いいたします。私の雅号は「慈峰(じほう)」で引首印は「弥榮(いやさか)であります。弥榮を選んだ理由は私はボーイスカウト活動で学んだ一番気に入っている言葉だからです。私は篆刻の知識がない為、職人さんに彫ってもらいました。
 それではよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

毛筆の漢字部の中等師範ですね?「現在二段です」


(1)始筆収筆をマスターすること。
(2)送筆の強弱に注意すること。
(3)楷書・行書・草書・隷書・篆書等を正しく書く。「露法・蔵法の筆法を覚えて揮毫することを勧めます。
(4)ペン字は手本をよく見て正確に書けるようにすること。
(5)毎日3時間以上練習・休日は5時間以上練習するとよい。
※雅号・引首印については一生使うので記念になる考えで作りましたね,篆刻料は結構高いので大事に使ってください。
(財)日本習字教育財団「原田観峰の弟子 ・ ・ ・ 翠  峰
    • good
    • 0
この回答へのお礼

翠峰先生には以前にもアドバイスをいただきました。先生のおっしゃる通りに練習をしたら、本年の1月号課題で中等師範になりました。ありがとう御座いました。
 私はなるべく寝て(大体19:30には寝ています)、朝早く起きて書道の練習をするようにしています。朝練習したほうが、負担に感じることがありません。今は精神的な病気の関係で、毎食後と寝る前には薬を飲む生活を7年くらい続けています。寝る前は睡眠導入剤を服用しています。薬の話は置いておいて、これから先も頑張って練習します。今日もこれから練習します。本年中に三段を取得することが、今の目標であります。

お礼日時:2009/05/30 03:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書道 習字 ペン習字練習法

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1時間ほど掛かり練習しております。

1日1行で現在4周目にはいったところです。

正直少しは成果がでていると思います。
平仮名の3割ほどは比較的満足に書けるようになりました。

が、ふと練習方法に疑問が生じました。

次のカタカナにいっていいものなのかどうか
平仮名・カタカナ・漢字と同時進行が良いのか
平仮名を全体的に済ますべきなのか
平仮名1文字ずつ完璧にしていくべきなのか

現在は時間・金銭面等々の都合により難しいのですが、いつしか毛筆かペンの教室に通いたいと思っております。

現在の練習や将来の教室選びの参考にさせていただきたく下記に質問をまとめさせていただきました。

(1)通学 or 通信
(2)学習時期・期間
(3)練習方法
(4)練習方法良い点
(5)練習方法悪い点・改善点
(6)成果自己評価

是非とも皆様の体験をお聞かせ下さいませ。

宜しくお願い致します。

こんばんは。

書道・習字について教えていただきたいことが御座います。

要点としてはどのような方法で練習をされていたのでしょうか?ということです。


私は現在ペン習字を始めて1ヶ月ほどになります。
練習には“書き込み式ボールペン字の練習帳”とジャポニカ学習帳を使用しております。

現在は平仮名を練習しており、本を見ながら学習帳(5mm方眼1ページ330字)に
・平仮名すべてを1回
・1日1行ずつ(あ行、か行….)各字30回
・名前 数回
・数字 数回
・行、数字については5mm四方にて数回
計1ページを1...続きを読む

Aベストアンサー

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話させていただきますね。

本来であれば、早めに良き教室を見つけ、毛筆と硬筆を並行して習うべきかと思います。
独学だと、変なクセがついてしまう心配もありますし、常に「これで本当にいいのかな」
という疑問もつきまとうのではないでしょうか。
ただ、今すぐに書塾に通うことが難しいとのことですので、自宅で行うペン字練習の方法で考えて見ます。

小学生の習字や硬筆は、基本的に「平仮名」>>「カタカナ」>>「漢字」の順で習います。
「平仮名」はもともと漢字の草書体が変化したもので、丸みがあることが特徴ですが、「カタカナ」は、漢字の楷書体の一部を切り取って成立しました。つまり、「カタカナ」を練習することは、漢字の練習の基礎とも言えるわけです。
ですから、上記の順番で練習することは悪いことではないと思います。
とは言っても、形を優先するペン字においては、それほど順番にこだわらず、漢字の練習中心、または漢字とカタカナ並行でもいいのではないでしょうか。漢字の形が良くなってくると、自然とカタカナも上手く書けるようになりますよ。

ただ、字の形と同じぐらい大切なことがもう一つあります。
一文字一文字はそれほど上手ではないのに、その人が書いた文章全体を見るととても綺麗でまとまって見えることがあります。もちろんその逆もあります。
大切なのは字と字のバランスなのです。

・文字の大きさをそろえること
・書く位置をそろえること(筋を通すこと)
・漢字に比べ、仮名はやや小さめに書くこと
・文字と文字の間隔がばらつかないようにすること
・その文字だけに集中せず、時々全体を見るようにして書くこと

このあたりに気をつけて書けば、全体がとても美しく見えてきます。
一つの文字にこだわって、何度も練習するのはいいですが、(自分の書き方が絶対に正しいかどうかわからないのに)こだわりすぎて書きすぎるのも危険です。それならばむしろ、
全体のバランスということを特に気をつけて書く練習をすべきです。
筆を使うテクニックに比べて、全体を見て考えながら書く、という力はなかなか身につかないものです。こういうセンスを今ちょっとずつ磨いておくことは、きっと将来本格的に学ぶ時にも役に立つはずです。

余談ですが、いつか書塾を探す時には、漢字だけではなく「毛筆かな」も学べるところが理想です。漢字の書き方とかなの書き方はかなり違うので、両方とも教えられる先生は少ないのですが、かなを学ぶと、普段書く字にも大きな影響があると思いますよ。美しい「仮名」文字は、他人を感動させる力があると、私は思います。

質問の趣旨とはずれるかも知れませんが・・・

私は字を本気で上達させたいのであれば毛筆を練習すべきと思っています。
ペン字はあくまでペンで書いた時の「見た目」を良くするだけで、
短期間のうちにある程度まで上達することは可能ですが、それ以上となると
やはり毛筆の技術や知識も必要となってくると思っています。
ペン字のお手本を書いているような先生方もみな、毛筆にも熟練しているはずです。

質問者様の文面から、真摯に高い目標をもって字を学びたいのだとと推察いたしましたので、その前提でお話...続きを読む

Q書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減

書道師範としてを習字を教えているものです。日本では習字を習う人は毎年減少しています。しかし、海外で漢字がCOOLでカッコイイと人気であることを知りました。不思議な気がします。どこが外国人にアピールするのでしょうか?どんな人が興味を持つのでしょうか?日本文化に興味を持つ知的な教育水準の高い人、あるいは漢字タトーをいれた不良っぽい人?どこの国で人気があるのでしょうか?アメリカ、ヨーロッパの国?年齢層は?海外経験のある方などお教えください。(私の書道塾の生徒も少なくなり、外国人向けになにかできないかと考えています。)よろしく御願いします。

Aベストアンサー

私は以前アメリカ西海岸にしばらく滞在していましたが、確かに漢字は人気があるようでした。
年代としてはやはり20代、30代が中心で、特に不良っぽい人という感じではなく、わりとそこらへんに居る普通の若者です。
人通りの多い街中でも漢字をプリントしたTシャツやシールを売っており、シールは刺青代わりに貼るものです。
そこで売っているシールはごく普通の無難な文字で、「春」「雲」「風」「紫」などでしたが、そのシールを買いに来た客は二の腕に「台所」という文字を刺青していたのには大爆笑でした。
本人もやはりその意味は知らずに入れてしまったようです。
彼らは漢字をアートとして受け入れており、デザイン的に気に入っているだけで意味はそれほど気にしていないようです。

漢字に限らず世界的に日本食がブームになっていますし、日本のコミックも世界中で翻訳されて読まれていたり、柔道、空手をはじめとして武道を志す人達も多くなりましたし、日本ではすっかり廃れてしまった感じの算盤なども海外で見直されていたりなど、日本の文化は世界的に注目されていますよね。

Q字の練習 ペン習字 えんぴつ なんでもいいです。

字を書くのが苦手で困っています。習字を習おうと思ってるのですが、その曜日に日程がはいるといけなくなるので、損をしそうなので、習いにいけません。通信教育もサボりそうなのでだめです。本も何冊か買ったのですが、いまいちいけてません。どこか、無料でプリントアウトをさせてもらえるサイトなどないでしょうか?字の練習みたいをできるサイトみたいな。できれば設計図に書いてる用語だとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

dara135さん、
私も、字を書くのは苦手です。
最近、ワープロを使うことが多いせいか、ますます悪筆になっているように思います。書かなければ、字を書く書き方を脳が忘れてしまう見たいです。
ところで、あなたの質問を拝見していると、字をうまく書きたいという熱意は感じられますが、それを実際の行動に移すときに、自分の楽な方に流されているのではありませんか?
あなたの場合、目標がはっきりしています。「設計図に書いてあるような用語を正確に手書きできる。」
1)あなたのコンピューターで、必要な用語をワープロ書類で打ちます。
2)そのとき、フォントを教科書体や楷書体などの手書き風の書体で、一点一画がはっきりしたものを選びます。
3)フォントサイズを希望の大きさに拡大してください。プリントしましょう。
読みやすい字の見本ができあがりましたね。
次に漢字には、書き順というのがあります。これを無視すると、なかなかうまく形が取れません。
これを調べるには
http://kakijun.main.jp/
などいかがでしょう。
そこで、先程の自作のお手本のうえに紙を一枚載せて
書き順通りに書く練習をします。何度も繰り返します。
最初からうまく書けるはずありませんから、手が覚えるまで繰り返すのです。ここで、手が覚えるというのは、脳が覚えているのです。1回より10回、100回書けば書くほど手が覚えてゆきます。コントロールのいいピッチャーは最初からあんな球が投げられたのではないのです。
それと基本練習も重要です。
ひらがなとカタカナも同様に手本を作って、練習しましょう。特にカタカナの中には、漢字の部品がいっぱいあります。
設計図ならば、数字とアルファベットも必要かも知れませんね。これらも手書き風のフォントがたくさんはいっていると思います。
とにかく継続が力になります。
きれいで読みやすい設計図を書いて下さい。設計図は、あなたのアイデアを他人に伝えるものですよね。正確に伝わったときには、お互い気持ちがいいと思います。
練習、れんしゅう、
継続、けいぞく

参考URL:http://kakijun.main.jp/

dara135さん、
私も、字を書くのは苦手です。
最近、ワープロを使うことが多いせいか、ますます悪筆になっているように思います。書かなければ、字を書く書き方を脳が忘れてしまう見たいです。
ところで、あなたの質問を拝見していると、字をうまく書きたいという熱意は感じられますが、それを実際の行動に移すときに、自分の楽な方に流されているのではありませんか?
あなたの場合、目標がはっきりしています。「設計図に書いてあるような用語を正確に手書きできる。」
1)あなたのコンピューターで、必要...続きを読む

Q中2男、毛筆習字の上達法

こんばんは。中学2年男子です。今まで習字を習ったことはありませんが、鉛筆では上手な字が書けます。しかし、毛筆習字(楷書、行書)を書くと、すごく下手になってしまいます。自分では、始筆と終筆(つまり、筆遣い)がうまくないのです。習字を習っていないので、筆遣いが下手くそなのはわかりますが、どうにかして、上手になる方法はありませんか?もし、ご存知でしたら、教えてください。あとサイトも教えてくださるとありがたいです。

もう1つ。夏休みとか、冬休みに、習字のコンクールが学校でありますが、習字を習っていない人(=下手)な人は、どんなにがんばっても入賞することは不可能ですか?




ご回答お願いします。

Aベストアンサー

>鉛筆では上手な字が書けます。
鉛筆では上手な字が書けるということは、文字のバランスなどは取れてるのでしょうね。
>毛筆習字(楷書、行書)を書くと、すごく下手になってしまいます。
なぜ、上手く書けないのか、その理由として、
・普段書いている鉛筆の字より大きく書こうとすると下手になってしまう。
・空間に文字を浮かべる能力が鍛えられてない。
・筆で書くことに自信がない(腕を使って書くと上手く書けなくなる

などが考えられます。

上手く書くためのポイントとして、

・お手本を用意する。
これ鉄則ですね。人の字を学ばずして自分の字は上達しません。上手い人の字を真似して上手になりましょう。
なるべく自分が書く字と同じ大きさの手本がいいです。
教科書でもいいですし、字の上手い先生に書いてもらうのでもいいですし、パソコンのフォント(楷書体、行書体)を拡大して印刷して使うのでも構いません。
・お手本、半紙ともに十字に折り目をつける。
文字のバランスを知るためです。
2文字を書くのであれば十字で、5文字、6文字となったらもう少し細かく折ればより一文字一文字のバランスを知ることが出来ます。
・お手本をそばにおいて書いてみる。
まずは1枚書いてみましょう。
「全体的にこれくらいの大きさで…」とか、「まぁ手本見たところこんな感じだよな…」など。あまり手本をじっくり見ないで書いてみましょう。
・部分部分をじっくり分析
手本と自分が書いた字を細かいところまで見比べて見ましょう。
勝手ながら、添付画像に思いつきの字を載せます。それにそって
説明させていただきます。
ポイントは、
 ・偏とつくりの空き具合
くっつきすぎてもバランスが悪いし、離れすぎててもいけませんね。
 ・点、線などの始筆の角度
私は学校では時計にたとえて「○時の方角で」と教わりました。
添付の下の絵ではおよそ10時の方角ですね。
折れの角度も大切ですね。
 ・線の長さ、幅、線と線の間隔
「晴」という字ですと、縦画は太く、横画は細いですね。
つくりの「青」の上の部分も、同じ長さの線はありませんね。
「晴」という字を3つに分けてみて、それぞれの横線の間隔を見てみてください。それぞれ均等になってますよね。
字によっては均等になっていほうがきれいに見える字などもあります。こまかいところまで観察してください。
 ・文字と文字のバランス
漢字と仮名交じりの字は漢字と仮名は同じ大きさで書いては見栄えがよくなりません。漢字は大きく、仮名はやや小さめにとめりはりをつけて書いたほうがよりきれいに見えます。
 ・中心の確認
偏とつくりの関係の漢字について、半分より左が偏の領域、右がつくりの領域なんてルールじゃないですよね。
「海」であれば、「毋」という字の左下が半分より左にはみ出てたりするし、
「晴」であれば、右上横画3本線の2本は半分より左に出てるかと思います。

あとは・・・はね、はらいの長さ、角度なども大切ですね。

書いては見比べ、また書いては見比べ・・・・ひたすら分析してください。
たまに、手本と重ねて、光などにすかして見て、「ここがこんな風にずれてるのか・・・」と見比べるのもいいと思います。


楷書のは「トン、スーッ、トン」です。
「一」という字も楷書の書道にしてみれば、ただの1画じゃないです。3ステップあるんです。
最初に「トン」と筆をおきます。始筆です。そこから「スーッ」と横棒を書きます。そして終筆「トン」です。そのときに、小さな三角を作るように、上に小さな山を作る気持ちで止めるのがコツです。
ときかく楷書は一つ一つしっかり書きます。

とにかく字を部分部分、分析する能力が優れていれば習って無くても上達すると思います。

「永字八法」という言葉があります。「永」という字には書道の要点(止め、折れ、はね、はらいなど)がすべて詰まった字で、その字が上手く書けるようになれば、他の字も上手く書けるようになるといわれてます。
ウィキペディアに詳しい事が載ってますので参考URLからどうぞ。

右はらいは難しいですね。
上手く書くコツとして、筆先は11時寄りの方角で、筆は立てて、筆の腹から筆先へ浮かせながらはらうのがコツですかね。

行書は、線が柔らかいですよね。
「一文字書く!」と決めたら勢いで、流れで書いていかないとダメですね。
行書は漢字一文字、ホントは1本の線でつながってるんです。それに強弱が付いて、こういう字に見えるんだと思えばいいんです。(朱墨のお手本に上から細い筆で流れを書いておくのもいいと思います。)
よくわからなければ、筆を墨につける前に(乾いたパサパサの状態で)お手本の上からなぞってみるといいです。

あと、腕だけを動かして書くより、腕を固定して、体で書くようにしたほうがいいと教わりました。

それと、筆を半紙の上においてるときに、お手本を見てはダメです。
線に迷いが表れます。

長くなってすみません。書道を語るとキリがありません(苦笑
小5から初めて、現在7年目です。
上手く説明できない上、偉そうにすみません。私は以上の事を気にして練習に励んでます。理解していただけると幸いです。

>習字を習っていない人(=下手)な人は、どんなにがんばっても入賞することは不可能ですか?
そんなことはまったくありません!
習字を習ってないからといって審査から切り捨てるようなことはありません。
努力しだいで入賞できますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E5%AD%97%E5%85%AB%E6%B3%95

>鉛筆では上手な字が書けます。
鉛筆では上手な字が書けるということは、文字のバランスなどは取れてるのでしょうね。
>毛筆習字(楷書、行書)を書くと、すごく下手になってしまいます。
なぜ、上手く書けないのか、その理由として、
・普段書いている鉛筆の字より大きく書こうとすると下手になってしまう。
・空間に文字を浮かべる能力が鍛えられてない。
・筆で書くことに自信がない(腕を使って書くと上手く書けなくなる

などが考えられます。

上手く書くためのポイントとして、

・お手本を...続きを読む

Q日本習字の方へ質問します。

私は日本習字の中等師範を持っていて現在二段です。これから先とりあえず五段を目指しています。私は網走に住んでいた時、網走西支部という教室に通っていましたが、高校を卒業した後に師匠が他界しました。また経済的事情から教室に通うのが困難な状況でもあります。ですから中等師範は独学で取りました。これから先の効果的な練習方法があれば教えて下さいませ。また、ペン習字の練習法も教えていただけるとうれしいです。ちなみに雅号は「慈峯」(じほう)と申します。

Aベストアンサー

このような質問は直接『日本習字』にすればいいことではありませんか?
『日本習字』ホームページには【お問い合わせ】がありますよ。
うがった見方をすれば、『日本習字』の回し者かとも疑われかねませんよ。そうなると規約に抵触することになります。

参考URL:http://www.nihon-shuji.or.jp/

Q出来上がった習字(毛筆)作品はどうしてますか

習字を習っているので、書き終えたお習字(半紙)の作品がたまってしまい、整理方法がわからず困っています。
場所を取らず、よい整理方法があれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

作品を残しておく効果として
・上達の経緯が確認できる
・古典臨書などは全臨の目標が設定できる
・添削されたものは注意事項が再確認できる
などが考えられますね。

保存方法ですが、私は、既にお答えのあるクリアファイル、箱以外に、100円ショップで売っているA4サイズのファスナー付きのバッグを使っています。
作品に鉛筆で日付を記入して種類ごとに分けています(ひと月1枚とすれば数年分は入ります)。
そのほか、半切作品など大きいものは、デジカメで撮影しPCに保存しています。

ただし、その保存作品を後で見直さないと意味がないと思いますので、そのことを前提にお選びになるとよろしいと思います。

Q習字ってどうなんでしょう?

お世話になります。
今月4歳になる息子がいます。
私自身4歳から10年間お習字を習っていた過去がありぜひ息子にも習わせたいと考えています。
4歳なのでそろそろ文字の読み書きの練習も始めさせたかったのでお習字は読み書きも覚えられて字も綺麗になるし丁度いいかな?と思っているのですが実際お習字をしていれば自然と読み書きって覚えてくるものなのでしょうか?
読み書きでき文字に親しみや興味を持つきっかけになれば良いな程度に考えているのですがどうでしょうか?
またきっちり4歳からスタートは早すぎるでしょうか?
(私は4歳半からのスタートでした)

私自身は幼稚園ですでに読み書きを習っていたのでまったく検討がつきません。
息子が通っている保育園では読み書きを教える事がないようなので、今のうちから・・・・と思っている所です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.4です。
No.3さんへの回答と入れ違いになりましたので。

先生はもうお決まりなのですね。
私は、お金に汚かったり、腕がそれほどでなかったりと、先生を何回か替えたので、まず教室選びが重要だと思いましたので。
様子がわかっているところなら安心ですね。

男の子なら、もう少し経つとサッカーなんかに興味が行ってしまうかもしれませんが、子供のとき数年やるというのは本当に大きいことです。
履歴書なんか、プリントで書くわけに行きませんものね。
頭が良くても字の汚い人はいるけど、字が綺麗で損することはありません。

Q習字をはじめたい50の私です。

世間並みの字ですが、ずっと書道をしたいと思っていました。ある雑誌で、自分の身長くらい練習すれば(一日10枚で、数年くらい)見られる字にはなるとありました。50からはじめて、上達できるでしょうか。書道教室にきちんと通ったほうがよいですか。通信教育はどうですか。

Aベストアンサー

書道教室について書きます。
先生が1人で30人の弟子を教える場合は先生は,なかなか全員に目が届かない。ただ○×をつけ時には,その部分だけ添削して指導します。

通信教育は清書を送って指導員がじっくり見て添削をします。こちらは,たとえ﹅←でもなかなか書き方が解らない場合がありますが,書道教室は指導料が高額,通信教育は多少安い,これらを勘案すると一長一短があります。

競い合いながら又友達を作る面からだと教室がよいでしょう。こつこつ積み重ねるやり方は孤独ではあるが気分が自由でいい場合もあります。

Q子供に家庭で習字を親が教えたい。

5歳と、7歳の子(左利きを右手で練習予定)を、家庭で習字を親が教えたいと思います。ですが親は何も資格はありません。 汗
参考本(手本)、道具、よい方法が有りましたら、教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。ちえりんと申します。
一応、子供(中学生まで)に教えられる資格はあります。
お母様が、教えられるということだから、お母様は、資格がないだけで、お習字慣れされているのでしょうか?
でしたら、とりあえず素人に毛が生えた者のたわごとだと思って聞き流してくださいね。

先生のお手伝いで、何度か子供に教えたことがありますが、結構、難しいです。
しかも、5歳だと幼稚園ですよね。私の先生は、幼稚園の間は、硬筆(鉛筆)を教えていらっしゃいます。
左利きを右利きになおしたいということで、習いにくるお子さんも多く、その子たちも、硬筆と、毛筆と両方、やっています。

毛筆の教材に関しては、所属している書道学会のものを利用していたのでなんともいえませんが、硬筆に関しては、小学校の教科書を利用していました。年齢に応じて、市販のノート(薄い10字が入っているものがありますよね)を利用して、毎回一頁ほどの量を練習していました。

教える時のアドバイスですが、なれないうちや、どうしても子供が行き詰まったときは、運筆を教える意味でも、子供の手の上から、手を持って、先生自身が書いているときと同じように、筆の運びを教えてあげるのが、いいと思います。
(最初に行っていた教室では、小学生だったせいもあってか、口で言われてもよくわからなかったので…)
やはり 最初は 形よりも運筆かなぁと思っています。

あと、これは、先生が常々おっしゃっていたことですが、子供が汚すのはしかたがないこと、叱ってはいけない ということです。
「汚すのは下手」と言う人もおっしゃいますが、子供のことだから、やっぱり汚すことは多いです。だけど怒っては、子供が書道を毛嫌いしてしまう可能性があります。ですから、おうちでされる場合は、新聞紙をひいたり、汚れてもいいござをひいたりして、その上で、練習をし、服も汚れてもいい服を着て行うのがお勧めです。

そして、上手にできたとき、一生懸命したときは、ほめてあげるのが、上達への方法だと思います。

あと道具をお母様が洗う家庭もありましたが、やっぱり、子供自身に洗わせるのが一番だと思います。そうすることで、慣れも進むと思います。

それでは、がんばって、お習字してください。
失礼します。

はじめまして。ちえりんと申します。
一応、子供(中学生まで)に教えられる資格はあります。
お母様が、教えられるということだから、お母様は、資格がないだけで、お習字慣れされているのでしょうか?
でしたら、とりあえず素人に毛が生えた者のたわごとだと思って聞き流してくださいね。

先生のお手伝いで、何度か子供に教えたことがありますが、結構、難しいです。
しかも、5歳だと幼稚園ですよね。私の先生は、幼稚園の間は、硬筆(鉛筆)を教えていらっしゃいます。
左利きを右利きになおしたいとい...続きを読む

Q年賀状に篆刻を

地域の実用書道サークルに入会して1年の初心者です。
会員の仲間(といっても大先輩ですが)に
篆刻で名前を彫っていただき(1cm×1cm)、
書道の作品展に出品のとき使いました。(作品は漢詩で半紙掛)
今年の年賀状は、小筆で書いてパソコンに取り込み印刷して作る予定
ですが、この篆刻印を年賀状に押してはおかしいですか?
また、どこに押すという決まりなどあるのでしょうか?
初歩的な質問ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、それほど本格的な物ではなく、
消しゴムはんこの感覚で、自分で名前の一字を
彫って、篆刻を押したことがあります。

下手な彫りでも、締まって見えます。(私ごとです)
素敵だと思います。


人気Q&Aランキング