楷書から行書はまだしも、草書への変化が謎だらけです。

楷行草のお手本をいただくのですが、草書はまったく元の字と似ても似つかない字もたくさんあり、練習中、何書いてるのかわからない気分になるのがすごく嫌です。
先生におたずねしても「なれだから」とおっしゃるだけで、学習法も教えてもらえません。

字典を参考にしたり、ハウツー本も見ましたけど大変だってのがわかっただけでした。
書道の先生はすべてくずし方を覚えてらっしゃるのですよね、すごいです。

とにかく少しでも前進したいので、学習法、おすすめの参考書、経験談、心構え、とっかかり ・・
なんでもいいのでアドバイスお願いします。
できれば「いつかは」とか「いずれは」でなく攻めの勉強法が知りたいです。もちろん「そんなのない」というお答えもいただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私も草書を勉強中です。


草書というのは隷書篆書から作った筆記体なので、行書のさらに描き崩れたものと考えても見当が付かなくてもあたりまえなのです。(ただし中には後年の楷書や行書からできた物もあるようです)

ですので草書をおぼえる場合は楷書をおぼえた時と同じようにと同じように○○はこういう字だと、書きながらおぼえるしかないようです。
でも草書は同じ字でも何種類もある字がありますよね。これは楷書と同じように例えば糸偏はこう書く・頁はこう書くと言うような法則がありますから、漢字の構成要素の草書体での書き方のパターンがある程度わかってくると段々わかってきます。草書では構成要素が優先で書き順は前や次に来る字などのつごうで変えるからいろいろの字体があるように見えるわけです。(頁とか月とかは独特の形になりますからおぼえると楽しいです)
江戸時代には草書をまず習ったので一般の人は楷書の読み書きができない人もいたようです。

まずは千字文などをならって、仮名を習って、というわけで子供の時に習っていれば苦労はしなかったのでしょうが大人になってからは時間が掛かるのはしかたないようです。でも六十の手習い(四十の手習い)というぐらいですから珍しい事でもなかったのかもしれません。

とりあえず、東京堂の「くずし字用例辞典」は持ってらっしゃるかと思いますが、私はこれを見ながら毎日ひとつの字でも書いてみるようにしています。

草書行書を調べるサイト
http://r-jiten.nabunken.go.jp/
↓篆書・隷書・楷書・草書が調べられます。
http://sf.zdic.net/
    • good
    • 13
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。

行書と並べてみても法則は発見できにくいのですね。。。ショックです。
草書が読めて楷書がわからないなんて想像つきませんが、教育って大事なんだなと思いました。

ご回答中の辞典は持ってないですが、天来書院の「草書の覚えかた」にトライして挫折中です。。。学校の先生が書かれた本なので、授業風に作ってくださってるのですが、つらいです(近似の形が多過ぎで)。

偏旁あたりから覚えていくといいかもですね。頑張ってみます。
大変参考になりました。

お礼日時:2014/05/26 00:09

回答ではありません。

また、私は書道はやっておりません。
   
文化祭で書を出品している方にお話を伺った時「書とは自分の想いを形にする物」という、とても興味深いお話を直接聞きました。
また、普通は左から右に書くけれど、「書として見ると右から左の方が形になる」とも。
これらの事から、決まった崩し方などではなく、芸術としてのバランスなどで自分の思うままに形にしていくのが草書ではないのでしょうか?
また、具体的には、強く描いた線の後の点は遠くに、弱く描いた線の後に点は近くにとも・・・これは印象に残っている言葉です。
的外れの回答でしたらごめんなさいね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源氏物語のお手本を捜しています。

源氏物語の 若菜の章を 草書で書くことになりました。
お手本になるものを 捜していますが見つかりません。
どうやって捜せばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

ウェブ上ですが、「源氏物語 写本」で検索をかけると色々とヒットすると思います。
京都大学電子図書館では54帖のうち52帖の画像データベースを一般にも公開してくれていますので、参考になるかもしれません。
大正大学にも同様のものがありました。
お手本になるものということですので、印刷物の方がいいのだろうと思いますが、とりあえず参考になればと。

参考URL:http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/np/genji.html

Q行書と楷書について教えてください!

僕は行書が上手く美しく書けるようになりたくて市販の本を買ってお手本にして練習しようと思っているのですが、行書を練習する前にまず楷書の練習もした方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

はい、楷書の練習からしたほうがいいです。
その訳は筆順と正しい字の形を覚えるためです。
特に筆順を正しく知らないと行書を自分のものには出来ないと思います。

Q書道を習ってますが、草書体で悩んでます。

楷書から行書はまだしも、草書への変化が謎だらけです。

楷行草のお手本をいただくのですが、草書はまったく元の字と似ても似つかない字もたくさんあり、練習中、何書いてるのかわからない気分になるのがすごく嫌です。
先生におたずねしても「なれだから」とおっしゃるだけで、学習法も教えてもらえません。

字典を参考にしたり、ハウツー本も見ましたけど大変だってのがわかっただけでした。
書道の先生はすべてくずし方を覚えてらっしゃるのですよね、すごいです。

とにかく少しでも前進したいので、学習法、おすすめの参考書、経験談、心構え、とっかかり ・・
なんでもいいのでアドバイスお願いします。
できれば「いつかは」とか「いずれは」でなく攻めの勉強法が知りたいです。もちろん「そんなのない」というお答えもいただきたいです。

Aベストアンサー

私も草書を勉強中です。
草書というのは隷書篆書から作った筆記体なので、行書のさらに描き崩れたものと考えても見当が付かなくてもあたりまえなのです。(ただし中には後年の楷書や行書からできた物もあるようです)

ですので草書をおぼえる場合は楷書をおぼえた時と同じようにと同じように○○はこういう字だと、書きながらおぼえるしかないようです。
でも草書は同じ字でも何種類もある字がありますよね。これは楷書と同じように例えば糸偏はこう書く・頁はこう書くと言うような法則がありますから、漢字の構成要素の草書体での書き方のパターンがある程度わかってくると段々わかってきます。草書では構成要素が優先で書き順は前や次に来る字などのつごうで変えるからいろいろの字体があるように見えるわけです。(頁とか月とかは独特の形になりますからおぼえると楽しいです)
江戸時代には草書をまず習ったので一般の人は楷書の読み書きができない人もいたようです。

まずは千字文などをならって、仮名を習って、というわけで子供の時に習っていれば苦労はしなかったのでしょうが大人になってからは時間が掛かるのはしかたないようです。でも六十の手習い(四十の手習い)というぐらいですから珍しい事でもなかったのかもしれません。

とりあえず、東京堂の「くずし字用例辞典」は持ってらっしゃるかと思いますが、私はこれを見ながら毎日ひとつの字でも書いてみるようにしています。

草書行書を調べるサイト
http://r-jiten.nabunken.go.jp/
↓篆書・隷書・楷書・草書が調べられます。
http://sf.zdic.net/

私も草書を勉強中です。
草書というのは隷書篆書から作った筆記体なので、行書のさらに描き崩れたものと考えても見当が付かなくてもあたりまえなのです。(ただし中には後年の楷書や行書からできた物もあるようです)

ですので草書をおぼえる場合は楷書をおぼえた時と同じようにと同じように○○はこういう字だと、書きながらおぼえるしかないようです。
でも草書は同じ字でも何種類もある字がありますよね。これは楷書と同じように例えば糸偏はこう書く・頁はこう書くと言うような法則がありますから、漢字の構成...続きを読む

Q行書、楷書のひらがな、カタカナの一覧がのってるサイト

字がとても下手で、ノートを貸したり、人前で書くのが恥ずかしいです。
最近、字の練習をしようかと思うのですが、あまりお金も時間もないのでパソコンから、ひらがな、カタカナをコピーしてなぞる練習をしようと思うのですが、自分では見つけることができませんでした。
どなたかご存知あれば、教えてください。

Aベストアンサー

お役に立たないサイトであればすみません。

参考URL:http://www.dex.ne.jp/download/illust/sho.html

Q草書の書き方

ペン字2級をもっています。
また、小学生の時書道を習っていました。

しかし、草書がよくわかりません。

忙しいので、また教室に通うのは難しいです。

職業柄、「○○様」と書くことがありますが、
もう楷書でかくより草書で書いたほうが、年齢的に
いい時期だと思っています。

本格的でなくていいので、ちょっとした草書の見本みたいなのがわかるサイトがあったら教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のサイトはいかがでしょう?
ちなみに「様」は「さ行」ではなく「や行」にあります。

参考URL:http://www013.upp.so-net.ne.jp/santai/santai.htm

Q書道展に楷書の作品が少ないのはなぜですか

ときどき書道展に行きますが、楷書の作品がほとんどないというか非常に少ないように思います。書道展に出品するほどの人には楷書はあまり魅力がないのでしょうか。ほかに何か理由があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 それは、楷書が一番難しいからですよ。
楷書は一番遅くに完成された最も研究された
ちょっと習ったぐらいの語術では隠しようのない厳謹で美しい書体だからです。
楷書を、正確かつ自分の個性出しながら美しくまとめるのは至難な業です。
唐の欧陽詢の「九成宮醴泉銘」など見られるとわかると思いますが。

野球でいうと
行書草書がガーブシュート等変化球とすると
楷書は、ストレートかつ重みある剛速球

書道展でも、
多くは、ようやく変化球を一つ覚えました程度の人が多数です。
エース級になれば、同じ字でも、状況に応じて楷書行書草書・・・と使い分けできます。


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

Q結婚式の記帳を草書で書きたいです。

結婚式の記帳を草書で書きたいです。

高校の書道の授業で一度自分の名前を草書で書いたことがあるのですが、
忘れてしまいました。
そこで、インターネットで自分の名前を入力したら草書で表示されるような
サイトなどありますでしょうか?

#自分で見つけた以下のサイトでは、編と旁に分けられているので1つの漢字を草書で書いた場合の
全体を確認したいです。
http://www.nisk.jp/shodokisochishiki/soushonohayaoboeho.html

それと確認したいのですが、結婚式の記帳は草書で書くのは常識はずれなどありますか?
当方、結婚式への参加経験はありません。

Aベストアンサー

ワードで氏名を入力して、フォントを草書にしたのではダメですか?

招いてくださった方が読める字なら大丈夫だと思います。
あまりに元の字が分かりにくければ避けた方がいいですね。

Q草書体の読み方

草書体の読み方

知り合いのおじいちゃん(アメリカ人)が持ってる水墨画に書かれた名前が読みたいのですが、草書で書かれていて、読めません。ご存知の方教えてください。

おじいちゃんに頼んで、写真を撮って着ました。私のカメラででは、写りが悪かったので、そのおじいちゃんが持っていたコピー(白黒)もいただいてきました。

下記のリンクに私が撮った写真とコピー(白黒)の合計三枚Upしてあります。
http://www.japan-rilakkuma.blogspot.com/

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ほど回答した者ですが、ネットで検索したら朝見香城という画家が見つかり、下記のページに名前の部分の拡大画像も見られるのですが、よく似ているのでたぶんこの画家のものではないかと思われます。一度ご確認されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~taniguti/A-483j.htm

Q草書体で文章を書くと早いですか?

草書体って崩して書いてあって,線の運びが簡略化されているように思います.実際に使った芯の量を測ったら,少なくて済みそうに見えます.


そこで質問なのですが,草書体で書くと速いですか?速いんだったら覚えてみようかなあと思いまして.私は文字は楷書でしか書けません.

また,速いとしたら楷書と比べるとどのくらい速いですか?

草書体は文章が縦書きなのを前提に作られているように見えます.
横書きのときはどのくらい速いでしょうか?


一言からでも結構です.経験者の方,ぜひ知りたいです.よろしくお願いします.

Aベストアンサー

こんにちは。

習字でもペン字でも草書体を習いました。
横書きの草書体というのは聞いたことありません。書きにくそうじゃない?
草書体も崩し方のこつがあって、私も先生のお手本を見ながら書いていたので、そう簡単に会得できるものではないです。
それもすごい真剣に書いてるから疲れます(笑)

ただ、ペン習字は宛名書きをするときなど役に立ちますよ。
覚えて損はないと思います。

Q楷書体のクサカンムリの書き順

楷書体のクサカンムリの書き順を教えてください。

-| |- 横棒の真ん中が切れている書体についてです。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1、ひだりのタテ
2、ひだりのヨコ
3、みぎのヨコ
4、みぎのタテ

です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報