芝浦電子のサーミスタを購入したいのですが
個人で買える手段をご存知の方、教えて頂けないでしょうか?

欲しいサーミスタは
NSシリーズのNSIIIサーミスタ(500℃耐熱品)です。
http://www.shibaura-e.jp/products/products_therm …

以上よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

「芝浦電子サーミスタ 代理店」でELISNETが出ました。


個人で登録できますの進めて下さい。
それとは別に芝浦電子に電話、メール等でアクセスして下さい。
    • good
    • 0

計測機器商社もお奨めです。


「個人では買えない」は払拭して下さい。
沢山の方が活動されています。
    • good
    • 0

サンプルとして提供して貰えることが多い。


当たってみることです。
当然、直系または有力代理店の紹介もしてくれます。
逆ルートなら産業制御機器ルートがお奨めです。
量の件を言っていたら始まりません。
熱意に対応してくれる人は結構います。
    • good
    • 0

そんなことでは困ります!


メーカに問い合わせ、購入先を聞く。
部品型式をキーイン通販サイトを探す。
電子部品屋さんに取り寄せて貰う。
以上のアクションをします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メーカに問い合わせ、購入先を聞く。
⇒個人では代理店には相手にされません(数量が少ないため)

部品型式をキーイン通販サイトを探す。
⇒実施済み

電子部品屋さんに取り寄せて貰う。
⇒秋葉系の数社には確認しましたが、特殊品のため取り扱いが無い

専門家+自身ありの方と言うことで、質問させて下さい。
サーミスタと言えば、石塚、芝浦、大泉などありますが、石塚は良く通販で買えます。
他は中々通販では買えないですよね。

定番のサイトで、RS、chipone、digi等がありますが
どれもダメでした。


心当たりは無いでしょうか?

お礼日時:2009/05/28 15:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサーミスタの個体差

サーミスタについての質問なのですが、現在手元にあるサーミスタがそれぞれどの程度の誤差範囲内にあるのかを見たいと思うのですが、うまく確認する方法が思いつきません。メーカーさんなどではどのようにしてサーミスタの精度を求めていらっしゃるんでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたらぜひご教授お願いします。

Aベストアンサー

 検温槽などの温度を一定に保った所に標準温度計と束ねて浸け、双方の温度を比較します。
 検温槽の温度を段階的に変化させると、異なる温度ポイントが確認できます。
 コツは、標準温度計の感温部とサーミスター感温部を隣り合わせにる事です。

Q耐熱が300℃の熱収縮チューブを探しています。

求めるスペックは下記の通りです。
出来れば、全てが満たされるものが最高ですが、全てが満たさずとも
どれかが満たしているものがありましたら、それでも結構です。
お詳しい方、お教え下さい。
よろしくお願いします。

 ・内径がφ1.5~3ぐらい
 ・収縮温度は通常レベルでOK
  60℃ぐらいで収縮するものがもしあればベスト
 ・収縮後の耐熱温度が300℃
  300℃で完全収縮するものでもOK

Aベストアンサー

No3です。

ありましたよ。400℃

http://zeusincjp.com/yasichusichengxing/zhipin/reshousuotiyubu/peekshrinkpikureshousuotiyubu.aspx

Q熱電対で高精度温度測定

おねがいします。
融点付近の地温を高精度(±0.05℃以下)で測ることは可能でしょうか?
測定範囲は-10℃から10℃くらいまででよいのですが。
どのロガー会社にきいても0.5℃までですといわれます。
しかし、冷接点の温度を測る温度計(サーミスタ)の精度がキャリブレーションで0.02℃くらいまで出せるのであとは熱電対自体の安定性ですが、これもあるように思います。
そして、熱電対の出力電圧が小さいのでこれを増幅する過程で誤差がおおきいのかとも考えています。

Aベストアンサー

No.8のものですが、万が一誤解があるといけないので。

No.8の実験で確認できるのはシステムの再現性、安定度であって、絶対精度(国際温度目盛からのズレ)を問題にされるときは、別の温度(定められた温度定点ではありませんが、例えば標準大気圧での水の沸点、約99.974℃)で起電力の校正をしなければなりません。

お考えの実験では再現性や安定度の方が効くかな、と思い前回のアドバイスになりました。老婆心まで。

Qこの曲の題名分かりますか? https://youtu.be/wbUN9DCBh7M

この曲の題名分かりますか?
https://youtu.be/wbUN9DCBh7M

Aベストアンサー

オレグ・ガズマノフの「モスクワ」
Moscow - Oleg Gazmanov

Qサーミスタのリニアライズ回路について

0~50℃で使用出来る温度計を設計しようと思っております。
またこの温度範囲で±0.5℃程度の精度を目標としています。

直線性を良くするにはサーミスタを2つ、3つ用いれば良いと聞きました。

2つ、3つ用いて設計する場合の設計方法(計算方法)についてご存知の方、また記載されているホームページ等がありましたら教えて頂けないでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サーミスタ1本と、抵抗2~3本でできます。
サーミスタの温度-抵抗特性は、下に凸の曲線ですが、抵抗を1個並列にすると、温度の低いほうで、上に凸の部分ができます。
これに抵抗を直列に入れると、全体に抵抗値がシフトします。
この抵抗値をそのまま、あるいは分圧回路の上、または下に入れて電圧を取り出すようにしても、変極点があることに変わりはありません。
これと直線との交点が、例えば10℃、25℃、40℃の3点になるように抵抗値を計算して求めれば、なんとか±0.5℃程度の誤差に収まります。

Qモザイクを.......

AVのモザイクって消せるんですか 消してみたいですね

Aベストアンサー

基本的に今のモザイクは消せなかったと思います。
なんでも大昔にモザイクを掛ける方式によってはモザイク信号だけを除去することが可能で、それがモザイクが消えるという都市伝説の始まりだとか。
モザイクキラーというのも売られていましたが実際には全体にぼかして境界をあいまいにしてなんとなく消えてる感じがするというものらしい(実際に見ていないので何ともですが)
いまは完全にデジタル処理ですから何か復元的なものがもしかしたらあるのかもしれないですけど。今の物に限っては無修正とかあふれてますからね…。

Qサーミスタが温度センサとして使われる理由を教えて下さい。

サーミスタが温度センサとして使われる理由を教えて下さい。

温度センサの種類について学習しているのですが、
測温抵抗体、熱電対、サーミスタといったものがあることを知りました。

そこでふと疑問に思ったのですが、
測温抵抗体や熱電対を使わず(使えず?)
サーミスタしか使えないというものがあるのでしょうか?

測温抵抗体や熱電対は聞いたことがあるのですが、
サーミスタというのは始めて知りましたので・・。
測温抵抗体や熱電対にはない、サーミスタ特有の利点というものがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

サーミスタは(焼結)半導体の抵抗値が温度で大きく変わることを使ったセンサです。
(広い意味では、抵抗測温体の一種です。)
金属の測温抵抗体と比べると、感度(温度変化に対する抵抗変化の割合)が高い(測定が楽)、安価、というメリットがあり、デメリットは#1、#2さん回答にもあるように、センサのばらつきが大きめ、温度と抵抗の関係が非線形(温度表示に換算し難い)、などがあります。
ちなみに、サーミスタのような半導体を使った温度センサは極低温では結構使われています。(ゲルマニウム、カーボングラス、セルノックス(商品名)などあります。)

Qサボテンの赤腐れが.......

今の時期(冬)にサボテンの赤腐れを発見した場合どう対処すればよいのでしょう。

Aベストアンサー

冬に切除するのはかなりリスクがありますが、腐った部分は切除しなければ、どんどん腐りが進行します。

Q芝浦電子のサーミスタ購入方法について

芝浦電子のサーミスタを購入したいのですが
個人で買える手段をご存知の方、教えて頂けないでしょうか?

欲しいサーミスタは
NSシリーズのNSIIIサーミスタ(500℃耐熱品)です。
http://www.shibaura-e.jp/products/products_thermistor.htm

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「芝浦電子サーミスタ 代理店」でELISNETが出ました。
個人で登録できますの進めて下さい。
それとは別に芝浦電子に電話、メール等でアクセスして下さい。

QAmazon.co.jp出品

Amazon.co.jp出品リストに載ってない商品を出品したいですが
どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

アマゾンでは、カタログのあるものしか出品できません。
http://amazon.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200475330#catalog

このため、個人(小口)出品者は、
アマゾンのカタログがある商品のみしか扱えません。


プロマーチャント出品者であれば、カテゴリ・商品によっては、
カタログを作成し、出品することが可能です。
http://amazon.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200256360


===

アマゾンの第三者間取引市場、
アマゾンマーケットプレイス参加時には、
規約及びガイドライン等を参照の上、
利用条件に同意することが求められています。

トラブルを防ぐため、
ヘルプ・規約等をご確認ください。
http://amazon.jp/b?node=1085238

参考URL:http://www5.atwiki.jp/marketplace/


人気Q&Aランキング