忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

 家にあると何かと便利なシリコンスプレー。
 これってギターの本体などにシリコンスプレーを噴霧するのは絶対ダメなのでしょうか?
 色んなサイトを見て回りましたが本体にシリコンはダメという意見でした。ですが何故使ってはいけないのか、明確な理由と悪影響を及ぼすメカニズムを書いてあるサイトはありませんでした。もしかしてこれって都市伝説?とか思ったりしています(笑)

 シリコンが塗装に悪影響を及ばしたりするのか?
 オイルフィニッシュの本体にシリコンはダメなのか?
 楽器の木材とシリコンの相性と影響はどうなんだろ?

 以上が疑問点です。
 このあたり解説してくれるとありがたいです。
 よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>シリコンが塗装に悪影響を及ばしたりするのか?



検索すれば悪影響アリという例がひっかかります

>オイルフィニッシュの本体にシリコンはダメなのか?

ダメでしょうね。レモンオイルのブランドを変えたくらいでも微妙に影響を感じたくらいですから。

>楽器の木材とシリコンの相性と影響はどうなんだろ?

塗料に使われないということは使う意味がないと考えるべきでしょう。
少なくとも乾かない油分はホコリを呼ぶだけなので私は絶対使いたくありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターの弦の間隔を教えてください

クラシックギターはネックが太いと聞きますが、弦と弦の間隔は一般的にどれくらいなのでしょうか?
(機種によって違うと思いますので、お使いになられているギターの間隔で結構です)
また、知りたいのはクラシックギターのことなのですが、ミニクラシックギターやその他の様々なギターっぽい楽器の間隔も教えていただければ幸いです。
今後の楽器選びの参考にさせてください。

私のウクレレは弦と弦の間隔が(一番上のところで)丁度1cmなのですが、私にはこれくらいがとても弾きやすく思いました。
これより細いとたぶんいつもの押さえ方ができなくなります。

Aベストアンサー

クラシックギターの弦の間隔(弦間ピッチ)については、ブリッジ部で11~12mm(大体11.8mmくらい)、ナット部のネック幅は50~55mm(おおよそ52mm程度)でナット部での弦間ピッチは8.5~9.5mm前後といったくらいになるのではないかと思います。手元の安物クラシックギターでは、ナット部でネック幅が50mm、弦間ピッチが8.5~9mm、ブリッジ部での弦間ピッチが11.8mm前後でした。なお、どのギターでも通常、ギターの弦はヘッドからブリッジに向かって微妙に拡がる形で張られ、ナット部よりもブリッジ部の方が弦間ピッチは広くなります。
クラシックギターの場合は、奏法上の都合もありますが、弦の振幅幅が金属弦と比べて大きくなる傾向があるので、通常は金属弦を張るアコースティックギターやエレキギターと比べると弦間ピッチは広く取られ、弦高も高めにセットされる傾向が出るはずです。

蛇足ながら、弾きやすさに関しては、弦間ピッチだけで推し量るのは少し強引な判断にならざるを得ないかもしれません。弾き心地に関しては、指の届きやすさという点だけをとるにしても、弦間ピッチ以外にネック幅やネックの厚み、ネック裏の横断面形状などで感触は変わってきますし、また弦の張りの硬さや弦高のセッティング、フレットの高さなど弦間ピッチと直接関連しないところから出てくるタッチの違いも、弾き心地に影響をもたらす要素としては大きいと思います。最終的な弾き心地に関しては、実際に現物に触れた上で判断するのが適切です。断片的な数値データだけでなく、数値には出てこない感触を現物に触れて確かめる機会を大事にするのが良いでしょう。

参考まで。

クラシックギターの弦の間隔(弦間ピッチ)については、ブリッジ部で11~12mm(大体11.8mmくらい)、ナット部のネック幅は50~55mm(おおよそ52mm程度)でナット部での弦間ピッチは8.5~9.5mm前後といったくらいになるのではないかと思います。手元の安物クラシックギターでは、ナット部でネック幅が50mm、弦間ピッチが8.5~9mm、ブリッジ部での弦間ピッチが11.8mm前後でした。なお、どのギターでも通常、ギターの弦はヘッドからブリッジに向かって微妙に拡がる形で張られ、ナット部よりもブリッジ部の方が弦間ピッチは...続きを読む

Qギターのナットの滑りを良くしようと思っているのですが、

ギターのナットの滑りを良くしようと思っているのですが、

グリスかオイルのどちらを買えばいいのか迷っています。

カーボン素材のナットなので、
どんな潤滑剤を使用したらいいか
わかりません。

カーボン素材にはどんな潤滑剤が
一番合うでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと滑りを改善したい程度なら、下手に液体の潤滑剤は使わず、「鉛筆の芯の粉」を使うのが一番です。

ナット溝の縁で、鉛筆の芯をガリガリ削って粉を溝内に落とすだけ。
芯を細くして溝内をカリカリ引っ掻くのも可。

要は、結構高純度なカーボン粉とかなり細かい珪酸カルシウム(まぁ粘土なんですが)と少しの不乾性油分が固めてあるだけの代物なので、細かい凹凸にも入り込んで、個体潤滑剤として働きます。

ただし、シャープペンの芯はダメです。一種のプラスチック素材が混じってるので。
昔ながらのHBかBの木の鉛筆でないと。安いのでいいです。

まぁ騙されたと思ってお試しを。
効果もかなり長持ちします。効き目が弱くなったら、またカリカリやればよい。
ベテランギタリストの裏技です。


人気Q&Aランキング