「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

アナログ回路とデジタル回路の違いというのは、
出力信号が時間によって滑らかに変化するのがアナログ回路、
出力信号が矩形波なのがデジタル回路
ということでいいのでしょうか。

また、フリップフロップ回路、全加算回路、積分(微分)回路
はアナログ信号と考えてよろしいのでしょうか。

おねがいします。
また、LSIや回路について、良いサイトがありましたら教えて頂けるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アナログ回路とは、信号の時間的な変化をアナログ的に連続的に捕らえて処理する回路で、デジタル回路では信号を二つのレベルに区別して扱う回路です。



デジタル回路では通常あるレベル以下の信号とそれ以上の信号の2つの区別しかしません。この境目になるレベルのことはスレッシュオルドレベルといいますが、このレベルよりも低ければ信号なし(0)として扱いこのレベルを超えれば信号あり(1)として扱います。デジタル回路はこのように信号のレベルは不連続で、たとえばスレッシュオルド電圧以下であれば、0で有ろうが2V(ボルト)であろうが0とみなされますが、アナログ回路では信号レベル0から連続的にすべての信号の変化が出力に影響します。基本的にどのような波形の信号を扱うかと言うこととは無関係ですが、一般的にアナログ回路で矩形波を扱うことを目的としたものは少なく、デジタル回路では一般的です。

フリップフロップ回路は入力・出力ともに0または1の入力/出力形態をとるので、デジタル回路といえます。全加算回路や微(積)分回路にはデジタル・アナログ両方の方法がありますので、一概には言えません。よく耳にする言葉にオペアンプという言葉あるかと思いますが、これは演算増幅器と和訳されるとおり、アナログの演算を行うために開発されたICですが、その用途は演算のみに限らず多岐にわたっています。また、一般にゲートIC(4000シリーズや74シリーズが有名?)などは基本的なデジタル回路の入ったICです。

とりあえずデジタルとアナログの一番大きな違いはその扱う入力・出力の形態が連続的であるか、あるレベルを境に2つの状態として扱われるかの違いです。したがってひとつのICでもアナログ部分とデジタル部分の二つのパートで構成されている物(コンパレーターなど)も有ります。

確かブルーバックスシリーズ(講談社刊)にこの点について非常にわかりやすく解説した本がありましたが、残念ながらタイトルを失念してしまいました。大きな書店に行けばブルーバックスのコーナーがあるので、探して見てはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sailorさん、非常に詳しい説明ありがとうございました。
とてもわかりやすく勉強になりました!

お礼日時:2003/04/04 19:38

レベルまでを問題にするのがアナログ回路、


1-0だけを問題にするのがデジタル回路です。

矩形波だとアナログですね。
また、フリップフロップはデジタルですが、
全加算、積分はどちらもありえます。
(オペアンプで作る回路なら、アナログです)

入出力を解析するときに、
1Vって、仮定するならアナログ、
HI-LOって仮定をするならデジタルだと
思って下さい。

ただし、PWMについては
どちらとも言えません。
(high-LOのパルスの時間長が問題になるため)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tntさん、どうもありがとうございました。
これで疑問が解けました!

お礼日時:2003/04/04 19:42

ちょっと違います。



矩形波はアナログ回路に分類されるべきだと思います。
デジタル回路というのは、デジタル信号すなわちHiとLoの2つの信号レベルしか持たない信号(データ)を扱う電子回路です。単なる矩形波は信号レベルが決まっていませんよね?
よってフリップフロップ回路はデジタル、全加算回路と微積回路はアナログとなるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

taka113さん、どうもありがとうございました。
なるほど、そういうことだったのですね。
参考になりました!

お礼日時:2003/04/04 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気回路と電子回路の違いって

電気回路と電子回路の違いってなんでしょうか?

電気機器と電子機器の違い、電気信号と電子信号の違いもよくわかりません。

電気って電子が流れて発生するんですよね?

Aベストアンサー

最も大きな違いは、電気をエネルギーとして見ているか、情報の伝達手段と見ているかです。
電子管(真空管)、電子銃(ブラウン管)、電子計算機、電子手帳など全て情報伝達だとお思いになりませんか。
昔、弱電、強電と言う言葉が有りました。今でいう電子と電気の違いですね。

悩ましいのは、放送局や音声アンプです。1000キロワットの送信機や1キロワットのアンプでもやっぱり、電子回路です。なぜなら情報伝達のために大電力を使っているわけですから。

例外は電子レンジです。エネルギーを目的としていますが巨大な電子管で、マイクロ波を発生させています。技術的にはマイクロウエーブ回線技術の応用なので「電子」と言う名前がついています。

Qデジタル回路と論理回路の違いは?

 デジタル回路と論理回路の違いが今ひとつ分かりません。参考書等をみてもほぼ同じ内容が書かれているように感じます。どのように違うのでしょうか?宜しければ、回答お願いします。

Aベストアンサー

デジタル回路とは
デジタル信号を扱うための回路。
雑音の影響を受けにくく、精度・信頼性が高い。


論理回路とは
論理演算を行う電気回路。
論理式は、例えば、連言はスイッチの直列、選言は並列のように電気回路として表現でき、電流が流れる状態を真、逆を偽に対応させるなどして論理演算を行える。逆に電気回路の解析や合成に論理演算の応用も可能。

Qアナログ設計とデジタル設計のメリットデメリット

将来、設計開発の仕事をしたいと考えている学生です。デジタル設計が主流だとお聞きしているんですが、アナログ設計のニーズもまだまだ多いと聞いています。最近の両者ニーズ、できることとできないこと、難しさなど教えてください。特に実際に仕事をなされてる方の意見をお聞きしたいです。

また、設計開発の仕事が忙しいと聞いていますが具体的にどのように忙しいと言われてるのでしょうか?納期なのでしょうか?

Aベストアンサー

アナログだったら、RFフィルタの設計ができるとか
整合回路を最適に設計して送信回路の能率を
通常よりも上げられるぐらい、
デジタルだったら、DSPに処理内容を書き込めるか
ASICを設計できるぐらい
このぐらいの技量があるのであれば、
アナログでもデジタルでも専門の設計技術者として
喰っていけますが、
それ以下だったら両方知っていた方が有利です。

というのはデジタル回路はデジタルだけで完結しないし
アナログ回路でも処理部にはデジタルを使うことが
あるからです。
パソコンソフトのような世界は別ですが.....

どちらか....なんて考えずに、両方やってみてください。

最後に忙しさですが、設計関係はどこも同じで、
打ち合わせで忙しい時もあれば、
納期直前の手直しで忙しい場合もあります。
良い会社であればきちんと暇な時期を設定してくれますが、
万年人手不足会社、特に技術者不足の会社では無理です。
大手メーカーはこの点しっかりしています。

Q電気回路のGNDとマイナスについて

工学部の3年生です、恥ずかしくて今更誰にも聞けないのでここで教えてください。

実験等で使用する直流電源のGNDとマイナスが(下図のように)繋がってるのはなんでなのでしょうか?

+  -  GND
○  ○=○

そもそもGNDとマイナスの違いがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GNDは文字通り大地です。
GNDは必ず必要ではありません、ただし弱電機器等では非常に雑音を拾いやすくなります。
極〃一般的には電源のマイナス側をアース(GND)して、0Vとするケースが多いが、例として電源を抵抗等で分割して5Vの電位をアース(GND)すれば、電源のマイナス端子はー5Vになります。
一般に+端子に対して-(端子)と表現され、-端子に対する+端子の電位差を電圧と言っています(+端子に対する-端子の電位差は-〇Vです)。
乱暴な表現ですが、各パーツが+から供給された電気をどこに落とすか(各パーツ共通の電位へ)がGNDです、さらにそれを大地に接地すれば文字通りのGNDです。

Qアナログとデジタルの違い。

どうも理解できません・・・・。

アナログ回路とデジタル回路の+-面を教えてください。

Aベストアンサー

アナログ=量
デジタル=数

アナログ=感覚的に把握できる
デジタル=視覚的に把握できる

アナログ=経年劣化に弱い
デジタル=経年劣化に強い

アナログ=回路設計が難しい
デジタル=回路設計が比較的容易

アナログ=情報量が少ない(比較)
デジタル=情報量が多い(比較)

アナログ=音質が優れているが扱いが難しい
デジタル=音質がよくないが扱いが簡単

アナログ=面白い
デジタル=つまらない

こんなところか・・・

Qマイナスの電圧ってどういう事でしょうか?

申し訳ありません。
基礎中の基礎かもしれませんが、忘れているのか、悩んでます。
まず電流や電圧にマイナスなんてものはあるのでしょうか?-500Vとか-500Aとか・・・
これはどういう事を示しているのでしょうか?

事の発端は、あるメーカの電位治療器というものを見たのです。
-500Vの直流電源によってマイナスの電界を作り、その中に人間が入る事によって治療を行なう。(つまりマイナスイオン化する?)
マイナスの電圧?それによってマイナスの電界?
どういう事なんでしょう?
それにマイナスの電界が発生するとなんで治療になるんだ?
と疑問が山積みです・・・

せめてマイナス電圧だけでもいいので教えていただけませんか?

Aベストアンサー

電圧 という意味なら押す方向が逆になってるだけ。(電池が逆)

言っているのはマイナスの電荷では?(マイナス電子の集合)

Qアナログ回路の利点について

情報系の研究室で画像処理の研究をしているのですが、研究背景に困っています。
研究内容はハード化を視野に入れたセルオートマトン型の超並列演算アルゴリズムについてです。
画像認識は基本的に情報をアナログ回路で取得してそれをデジタルに変換してから処理装置に送り、デジタルなアルゴリズムで認識等の処理をすると理解しています。

私が考えているのは、処理装置に画像を渡す前にアナログ回路でエッジ検出や領域分割などのより高度な前処理をできそうだということです。

このように、デジタル回路で行う処理を減らしてアナログ回路で行う処理を増やすことに何か利点はあるのでしょうか?双方の回路にあまり知識がないので詳しい方がいたらご教授下さい。

Aベストアンサー

いや別にアナログかデジタルかはあまり重要では無いのでは。
ただの手段なので。
要はプリプロセスに専用ハードを用意するかどうかってことでしょう。
もちろん専用ハードを用意した方が高速に処理できると思うので(でないと意味が無い)、処理時間の短縮が図れるのが最大のメリットでしょう。
専用ハードを付けたいというくらいだから、並列処理だけれども処理速度面での不満はあるんでしょうかね、きっと。
もしそうであれば、どれくらいからどれくらいに改善したいのか、それを行うにはどういう回路が最善なのか、それによって、そのハードがアナログが良いかデジタルが良いかが決まりそうです。
あるいは他の課題があるのかもしれませんが、いずれにしても、目的に対して最善の手段があるわけで、その最善の手段がアナログでしょうかと訊かれても、それに対して答えられるのは研究を行うあなた自身以外には誰もいません。
もう一度、なぜプリプロセスをハードで行いたくなったのか考えてみてください。

Q「強電」と「弱電」の違い

「強電」と「弱電」の違いがいまいちわかりません。

僕が思っていたのは、
 ○学門等なら一般の電気工学が「強電」、
  電子工学とかが「弱電」、
 ○設備等なら電力設備が「強電」、通信ケーブルとか
  電話線等の信号等の設備が「弱電」
かと思っていました。

なんか定義等ありますか?

「電子工学」は「弱電」かと思いますが「電気工学」
だけでも「強電」と「弱電」に分かれますか?
量子力学なんかは弱電ですか?
制御工学は?

どの辺で強電・弱電に分かれるか、等よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路系は弱い電気ですよね。電気エネルギー、熱エネルギーに変換するような機械とかは強い電気を使いますよね。それへの違いだと思います。
なのでその電気の量に対して重点を置かない量子力学や制御工学は、どちらとも言えないんじゃないですか?
一般的には強電流工学 (電力・電気機器工学)と弱電流工学(電子・通信工学)に分かれます。

QDCとACの違いってなんですか?

DCとACの違いを教えて下さい。直流と交流、理科の授業で聞いた気がしますが、生活の中でよく目にします、同じ電気じゃないのですか?電圧が違うだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

解りやすい図解がないかと探してみました。↓
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k1dennki/acdc.htm

「交流」 の図の左で、くるくる回っているところが、発電所で、ここで作っている電気は「交流」です。

真ん中の、鉄の輪に電線が何回も巻かれているところが、電柱の上で見かける変圧器(トランス)というもので、発電所で起こした高い電圧(数万ボルト)の電気を家庭用の低い電圧(100ボルト)に変えています。

変圧器の右側も、「交流」ですから、そのまま(交流用の)モータを回すことが出来ます。
一般の洗濯機、冷蔵庫、掃除機、扇風機などの大きいモータがそれにあたります。

テレビ、パソコン、ビデオ、MDプレーヤなどの内部は「直流」で動いています。
また、これらに入っている小型のモータも「直流」で動くモータです。

これらの電化製品は、「直流」の電池で動かすか、100ボルトの「交流」の電気を、整流器(ダイオード)という部品で、「直流」に変えて動いています。


図の「直流」については、ちょっと難しい部分がありますが、「直流」でもトランスの一次側(左側)でスイッチを切ったり入れたりすると、二次側(右側)に電気が起きます。

これは、車のエンジン内でガソリンに点火するときの高圧の電気を作ったり、テレビの内部でブラウン管を働かせるための高い電圧を作ることに応用されています。

できるだけやさしく解説してみましたが、わからない部分がありましたら補足説明いたします。

解りやすい図解がないかと探してみました。↓
http://www.geocities.jp/hiroyuki0620785/k1dennki/acdc.htm

「交流」 の図の左で、くるくる回っているところが、発電所で、ここで作っている電気は「交流」です。

真ん中の、鉄の輪に電線が何回も巻かれているところが、電柱の上で見かける変圧器(トランス)というもので、発電所で起こした高い電圧(数万ボルト)の電気を家庭用の低い電圧(100ボルト)に変えています。

変圧器の右側も、「交流」ですから、そのまま(交流用の)モータを回すことが出来...続きを読む

Q履歴書に書く学歴はどこから?

転職活動中なのですが、履歴書に書く学歴について、


ある本には、「順当に進んだのならば、最終学歴だけでよい。」というものもあれば、「中学か高校から書き始める」の二つのパターンがあります。

どちらが正しいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

人事で採用を担当している者です。

順当に進んでいるかどうかは、年齢を数えれば分かりますが、中学卒の年月から書いてあると分かりやすいです。(浪人&留年)

履歴書を数多く見てますが、浪人&留年がある人ほど最終学歴の卒業年月しか書いていない場合が多いようです。

ご参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング