『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

まず、現時点の機材
・ストラト(シングルコイル) (初心者セットの)
・マーシャル15W
・BOSS DS-1
です。
エフェクター無知なんですが
無知なりに調べてみましたところ、
ディレイが入っているそうですね。
それで検討したところ
・ZOOM G2
・ZOOM 505
のどちらかを購入する予定です。
それで
他にお勧めにエフェクターはありますか?
また、予算は二万円ぐらいです。

あと、よかったら
アンプ 
ギターについても
書いてくれるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2です。


ネットの情報を探してみたところ、
http://www.effector-mania.com/kenkyu.htm
こちらに詳しく載っていました。こちらを参照にされたほうが確かだと思います。参考にしてください。MIDを上げると書きましたが、実際MIDは抑え目にセッティングするそうです。失礼いたしました。
なお、アンプはPEAVEY・Marshallのようですね。

なお、アンプについてですが、ライブを前提とするバンド練習での話か、あるいはyoutube等アップロードを見越した宅録・自宅のみの話かで随分変わってきます。
前者の場合、ライブ会場やスタジオにはほぼ間違いなくJCやMarshallは置いてあるかと思いますので、アンプは既存のものを使用する形で問題ないでしょう。できれば、JCでの音作りになれておくと良いでしょう。
自宅用の場合、容量の小さいアンプではエフェクターを使用した場合に音割れが起こり、綺麗に歪まない場合があります。
VOXの\5,000というとPassfinder 10でしょうか。所有していますが、エフェクタのノリは悪い部類ですので、現行のMarshallのEQを上手く調整する形のほうがイメージの音には近づくと思います。

ギターですが、私個人がお薦めできる最低のレベルは、Fender Japanのネームドピックアップ搭載モデルが目安になります。予算は5~6万以上でしょう。それ以下の価格帯はギターによる個体差が大きく、どれがおススメ、というものはありませんし、良いものは安く手に入りません。
店頭で数多く弾き比べて、ご自身が音を一番気に入ったギターがあれば、それを買うのが一番かと思います。実際Fender JapanのST57とPhotogenicのストラトタイプを弾き比べて、質問者さんが両者の違いを感じられなければ、Photogenicでよいでしょう。
良いギターにめぐり合えるよう、いろいろ試してみてください。中古屋を回るのも、一つの手です。

なお、ギターについては、「○○というメーカーはどうですか?」という類の質問には一切お応えできません。銅です(=感じ方には個人差・好みによる違いがあり、一概に良し悪しを判断できるものではありません)
必ず、実際にご自身で弾いて確かめるよう心掛けてください。
    • good
    • 0

曲にもよりますが、シングル曲であればクリーン~歪み弱めのオーバードライブに空間系(ディレイ中心)でメインリフを弾いている印象があります。

(「Driver's High」「Link」等が分かりやすい例です)

ギターはシングルコイルのリアピックアップ、アンプはクリーントーンの綺麗なアンプ(VOX、RolandのJC等)を使うとよいでしょう。マーシャルの音は癖がありますので、近づけるならアンプから変えるのが得策です。マーシャルで音を作る場合は、MIDをEQで強調します。
BOSS DS-1では歪み過ぎるので、TONEやDISTツマミは9時~11時程度の間で音作りをします。できればオーバードライブ(BOSS SD-1またはOD-3)のほうがいいでしょう。どちらも5千~8千程度で手に入ります。
後ろに置くディレイは、マルチではなくやはりコンパクトエフェクターがよいでしょう。(一般的に)空間系はマルチよりコンパクトのほうが優秀で、音作りもしやすくなります。ZOOMのマルチエフェクタは歪みのモデリングはなかなか優秀ですが、空間系は使いづらさが目立ちます。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.a …^XDD^^
Digitechのデジタルディレイは1万程度です。ARIONは5千程度、BOSSは1.5万程度です。この中ではBOSSを薦めますが、BOSSのデジタルディレイは多機能すぎて難しいので、直感的に操作できるDigitechを薦めました。

また、手持ちのDS-1を生かすのであれば、「THE NEPENTHES」「Shout at the Devil」のような激しいロックチューン・ナンバーをコピーするとよいでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

はい。
どうも詳しくありがとうございます。
エフェクターはデジタルディレイにしたいと思います。
当分エフェクターはそれでいきたいと思っています。
また、質問になってしまうんですが、アンプの話でRolandのJC
は高すぎるんでVOXの5000円のやつでもいいのでしょうか?
また、ギターの話なんですが、僕的にはFenderのストラトが欲しいんですが、なるべく安いものでシングルコイルでいいやつ欲しいんですが
どうでしょうか?またまた質問すみません。

お礼日時:2009/08/19 21:15

ラルクのKenさんだからディレイを使うというわけではなく、今は必要な場面だから使っているにすぎないのです。


全てのエフェクトはまったく同じ話です。

さて、ZOOMといえば、廉価なりに優秀なマシンなのですが、私はもう一押ししてもらいたいと考え、POD XTをお勧めします。
X3のおかげでXTは中古やヤフオクで破格(開始が5000円とか)で出品されており、性能はというと、X3はひたすらマニアックな機能が加わっているというだけです。

昨今のマルチ、アンシミュの類は工夫次第でほぼ無制限の音作りが可能になっており、あとは、自宅で作りこんだ音をできるだけ忠実に再現してくれるアンプであればどれを使っても問題にならなくなりました。

私の場合は、POD→JCという流れです。「場所が変われば音も変わる」のでその都度の微調整でJCを使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ヤフオク見てみましたが、
5000円代は見つかりませんでした。

お礼日時:2009/08/19 10:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラルクのギター音を作れるマルチエフェクター

今、BOSSのDS-1を使ってラルクの曲を練習しているのですが合う曲にはあって、合わない曲があっていろいろと悩んでいます。HONEYやsnow dropなどのフランジャー、歪み、ワウなどがかかった音や、READY STEADY GOなどのオーバドライブみたいな音を出したいのですが、エフェクターを全てコンパクトでそろえるとかなりの額になるのでなにかいいマルチエフェクターを探しています。予算は1万~2万程度です。なにかいいものがあったら教えてください!

Aベストアンサー

マルチを奮発してということでしたら、BOSSのGT-8がそれなりの音を発揮してくれます。
45000円ぐらいしますが…。
もう少し値を下げればME-50、中古のGTシリーズですかね。

それと、もう1台違う種類の歪みを買ってそれとDS-1とを曲によって使い分けるのもいいと思います。
もちろん、ソロの時には両方踏んでもいいと思います(ただし、両方とも繊細なセッティングが必要)。

GT-8に内蔵されている歪みも昔のGTシリーズに比べるとよくなりましたが、
やっぱりコンパクトには敵いません。


確かにsnow dropのソロ音はディストーションをかなり深くかけてますよね。
もし、ライブ全部の音を出したいのであればマルチは必要不可欠ですね。
先述のGT-8の場合は大体の曲用、READY STEADY GO用、snow drop用という風に切り替えられますし。


ギター→歪み→マルチ→アンプの順で繋げばOKでしょう。


ということで、自分に合ったマルチを探してみましょう。

Qラルクで初心者がやれそうな曲。

数日前、エレキギターを購入しました。
私はアコギは弾けますがエレキは全くの初心者です。
教則本を読むより好きな曲のコピーをしたら良いとよく聞くので、大好きなラルクの曲をしようと思い、AWAKEとラルクアンシエル シングルコレクションのバンドスコアを購入しました。
TAB譜は一応読めるつもりです。
何回も曲を聴きながら楽譜を辿り、自分で弾こうとするのですが、弾き方や、それで合っているのか等解らなくて中々上達しません。
いきなりラルクの曲に挑戦するのは難易度が高すぎたのでしょうか?
初心者にお勧めなラルクのギターが比較的簡単な曲とかありますか?
どうあっても、自分の努力が足りないという事はわかっており、頑張ろうと思うのですが、どうすればいいのかわからなくなってしまって・・・。
宜しければ、アドバイスなどお願いします。

Aベストアンサー

自分も今、ラルクの曲を練習していますよ!別にラルクから始めても大丈夫ですよ。自分もラルクの曲から始めたんで!
たしかラルクの曲の中で簡単な曲といえば「READY STEADY GO」(SMILE収録)と「STAY AWAY」(REAL収録)だと思います。
「STAY AWAY」なんか簡単な曲で売れないと思い、一回ボツにした曲らしいですし!「READY STEADY GO」は自分が最初に弾いた曲で、初めて弾けた曲なんで簡単だと思いますよ!
最初から完璧に弾こうなんて思っちゃいけませんよ!
そんなあせったら弾けるものも弾けませんから。始めはゆっくり、ゆっくり弾いていったほうがよいですから!
あとTAB譜が原曲と必ずあってるとは限らないので、よくその曲を聴いて判断する必要がありますよ。それと、もし周りにいる詳しい人がいるのならば、その人に聞いたほうがよいという手段もありますし。
というか一人で練習するよりも、他の人と練習するほうが楽しくできて、長続きし、上達が一人で練習するよいも早いと思いますよ!
それでは、よい方向に行くように祈っています。

自分も今、ラルクの曲を練習していますよ!別にラルクから始めても大丈夫ですよ。自分もラルクの曲から始めたんで!
たしかラルクの曲の中で簡単な曲といえば「READY STEADY GO」(SMILE収録)と「STAY AWAY」(REAL収録)だと思います。
「STAY AWAY」なんか簡単な曲で売れないと思い、一回ボツにした曲らしいですし!「READY STEADY GO」は自分が最初に弾いた曲で、初めて弾けた曲なんで簡単だと思いますよ!
最初から完璧に弾こうなんて思っちゃいけませんよ!
そんなあせったら弾けるものも弾けませんから...続きを読む

Qアンプシュミレーターって何ですか?

こんにちは。ベース&ギターをやっている者です。今更ながら聞きたいのですが、先日「LINE6 POD XT」というレッドのアンプ種ミレーターを見つけました。
 ですが、これってエフェクターでもなければリズムマシンでもないしアンプシュミレーターと総称で呼ばれるみたいなのですが具体的に何をするときに役に立つものなのでしょうか?
 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。
そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。
また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング(スピーカーに対してどうマイクを設置するのか)の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。
アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。

ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。

参考になれば。

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制...続きを読む

QラルクのHONEYのギターソロの音

ラルクのHONEYのギターソロのFUZZ?みたいな荒々しい音はどうやったら出ますか?完璧にとは言いませんが、できるだけ近い音にしたいです!
どなたか詳しい方教えてください!

Aベストアンサー

ピートコニッシュのFUZZをマーシャルにぶち込む!もちろんストラトで!!
近い音にするには、
ボスのDS-1、またはOS-2.もしくはFUZZを買うか、、、あんまり強いディスとーションだと音がつぶれすぎるから、ディストーションとかでアンプのゲインを少し強めとか、そんな風に試行錯誤してみてください!!

Qエフェクターをマルチかコンパクトかで悩んでます…

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」と。
そのときは決めきれず、お金も13000円程しかもっていなかったので今日は何も買いませんでした。

家に帰ってからインターネットでマルチエフェクターについての意見というか、使用感を調べてみると… あんまり良くないみたいですね。
そもそもなぜそんなにマルチエフェクターがバッシングを受ける必要があるのでしょうか。
僕も実際マルチエフェクターを購入する気はさらさらありませんでした。
それはマルチエフェクター自体が嫌いなのではなく、僕の好きなギタリスト(浮雲さんです)がライブなどでコンパクトエフェクターを使っているということで、「真似しよう!」という単純な理由です。

実質的にコンパクトエフェクターを繋いでいくのと、マルチエフェクターを使うのでは音が違うのでしょうか。
ネットで意見を見ていると、みんながみんなマルチを批判し、ただ「みんながマルチを批判してるから確かに俺もそう感じるかも…」というので言ってるように思わなくも無いのです。(気を悪くされた方、申し訳ないです。)

今日の楽器屋見物でマルチエフェクター購入も考えの中に入ってきました。
「マルチがいいかコンパクトがいいか、それは個人の好みです。」て言われるとどうしようもなくなるのですが、皆さんの場合はどうお考えなのか、聞きたく思い、質問させていただきました。
また、もしオススメのマルチエフェクターがあるというなら教えていただきたいと思います。
皆さんの率直な意見をお聞かせくださるとうれしいです。

今日楽器屋に行ってきました。
まだギターを始めて間もないんですが、とりあえず歪み系のエフェクターは必要だろうなと思い、bossの『os-2(overdrive/distortion)』は持ってます。

今日はコンパクトエフェクターのフェイザーとかコーラスを目当てに行ったんですが、店員さんにbossの『me-20』というマルチエフェクターを薦められてしまいました。
「どんどん買い足していくのはコスト的に学生にとってはキツイし、まず今はマルチを一つ買って、高校を卒業してからコンパクトを買い足していったらどうかな?」...続きを読む

Aベストアンサー

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材をつないでいく関係上、音が出ないなどのトラブルが出たときにチェックするべき項目が多くなるというのも頭の痛いところです。それに、細かなところまで突き詰めれば、ケーブルの接点は音質劣化の元になる要素ですので、配線が増え接点が多くなること自体も音質面では不利といえます。マルチエフェクターの場合は、電源は一括して管理できますし、配線関連や配置でも頭を悩ますことはないでしょう。
また、パッチを記憶させておくことでエフェクトをまとめて一気に変更することができると言うのも一つの利点ではあります。コンパクトペダルの場合は、特別な機材を追加するか、一つ一つのペダルをon/offしていくしかありませんので、たくさんのエフェクトを変更するのが難しいことがあります。

ただ、マルチエフェクターは直感的な操作が難しいものが多く、パラメータにも癖がある場合があります。特にコントロール類が簡素化されすぎて細かな調整が利かなかったり、エフェクトの内容によっては煮詰めきれないと感じることも少なくないでしょう。痒いところに手が届かないマルチエフェクターも多いと感じます。
また、マルチエフェクターに含まれるエフェクトについて、同じエフェクトで比較するとそれ単体を商品化したコンパクトの方が肌理細やかな調整がしやすかったり、音質的な品質についてもより高品位なものの方が多くあります。
それと、一部の機種を除いて、コンパクトエフェクターでは可能なつなぎ順を変えたり、一部の欲しいエフェクトだけをフレキシブルに交換したりというような使い方ができないことがあるのも、マルチエフェクターの弱点の一つともいえます。エフェクトはつなぎ順のセオリーはあるものの、つなぎ順を変えることでエフェクトのかかりを変えることができることもまた事実で、そうした要素によりいろいろと突き詰めることにも一つの楽しさがあります。マルチエフェクターはそうした楽しみができる機種が非常に限られます。

マルチエフェクターは、便利さの点ではコンパクトを突き放す利点があると思います。ただ、音質的な追求の上では、マルチエフェクターはコンパクトエフェクターよりも制約が多くなることも多いでしょう。

個人的には、自宅練習用のエフェクターと割り切るのであれば、安いマルチエフェクターでも使いでがあると思います。ただ、大型アンプにつないで使う場合には、安いマルチエフェクターでは少々心許ないかも知れません。ただ、特にこのエフェクトが欲しいと確固たる目的がない場合には、マルチエフェクターの便利さの方が際立つでしょう。マルチエフェクターを通じていろいろなエフェクターの種類や実際の効果などを知るのもよい経験だと思います。

参考まで。

マルチエフェクターについては、当然メリットもデメリットもあります。そのバランスが自分の用途に合っているかどうかを、よく検討することが必要でしょう。

マルチエフェクターの利点については、配線関連や電源管理が格段に楽というところが挙げられます。コンパクトエフェクターではそれぞれをケーブルでつないでいく必要があることから、ペダルの配置を整理して考える必要がありますし、電源などについてもそれぞれのペダルごとに個別に管理する必要があります。また、コンパクトペダルでは独立した機材を...続きを読む

Q小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須となるが、実際の使い心地は分からない。
・10W以下は厳しいと思うが使えた例はあるのか知りたい。

ライブハウスとしてはキャパが100人程度以上の所で
ロックとかポップスの音楽だと思って下さい。

ステージ側での音響状態とPA側の感想が知りたいです。

おそらく回答は少ないと思いますが、実体験を伴わない一般論は不要です。
サイトリンクでも内容が合っていればOKです。


質問した理由としては、可能な限り小さいアンプを持ち運びたいのですが、
どこまで小さいのが使えるのかを知っておきたいためです。
自宅練習であれば5Wでも十分な場合は知ってますけど、
今回はライブでの使用を検討しています。

小出力ギターアンプ、ライブではどこまで使えるか。(PA、奏者の経験者お願いします。)

ギターアンプについて質問です。
最近は小型の真空管アンプも増えてきています。
実際スタジオで使ってみたりもしていますが、
どの程度のアンプであれば問題無く使えるでしょうか。
具体的にワット数で切れるものではないと思いますので、
このアンプを持ち込んだらこうなった、と言うような感じでお答え下さい。


基本的に私の認識では、
・真空管アンプであれば30W以上はライブでは問題無い。
・15WくらいだとPAは必須...続きを読む

Aベストアンサー

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリスト本人が、どれほど自分のアンプの直接音を聞きたがるか…については、私の拙い延べ5~600人程度の経験値でも本当に千差万別で、全て本人次第としか言いようがないです。特にアマチュアギタリストの場合は、個人差が大きすぎるくらい大きい。

猫の額のようなステージでも、無理無理大型アンプ持ち込んで、自分のアンプ音をガンガン浴びないと「俺のプレイができねぇ」と宣う人もいれば、ちょっと質問の主旨からずれますが、持ち込みのPodからD.I.直のノーアンプで、モニターだけで全く問題ない人も居ますので。(いずれもドラム、ベースの入るロック系のケースにて)

PA通さずアンプ生音で客席に…というケースだと、本当に現場の環境次第なので、ますます一概には言えないですね。
この点については、既に同様の回答もありますが、まずはギター音がドラムと拮抗して客席後尾にまで届くかどうか…に付きます。こいつが場所によって随分違うので悩ましい。

今までの経験の限りでは、野外で背後に建物の壁面等の音の跳ね返りが有る場合なら、チューブ、ソリッドにかかわらず50W以上、できれば100W無いと拮抗できなかった事の方が多いです。ボーカルだけPA噛ませて、客席はステージ前15メートル以内。

背面に跳ね返りがない場合なら、チューブなら30Wくらいでなんとかなるケースの方が多いかなと。

これらは、ひとえにドラムの音量がキーになります。
ドラムがなければ、いずれの場合も体感音量半分くらいでも十分にギターは活きます。
15Wくらいでも半径10~15ートルくらいは、十分にライブ感が出る事も。

屋内の場合は、おおむね上記の「野外で背面から跳ね返りがある場合」に近いイメージです。音的にはだいぶ違うのですが、やっばりドラムがキーになります。
その点では、ステージの奥行きがそこそこあったり、天井高が高いか天井材質があんまりカンカンとドラムを反響しない屋内だと、小型のアンプでも客席にズバッと音が通るセッティングにはしやすいです。
ステージの間口や奥行きが狭くて、ステージ内で反響しまくったドラム音が客席に飛び出していくような場所(学校の体育館などが良い例)では、ギターアンプも相応の電気パワーで対抗しないと拮抗しませんね。

なので、キャパ100人のライブハウスで想定でどうか…となっても、私程度の経験値だと、現場見てみないと正直判断できません。
うちの地元のライブハウスでも、小体育館的な設え(見た目も音響も)のところもロフト改造の天井高の高い(吹き抜け)音的に野外に近いコンディションの所もあります。

ちなみに、私が素人PAやるような現場で、こっち側(もちろんPAスタッフ=私のバンドメンバーという関係)でアンプを用意する時は、キャパ100人台ならチューブ30W、ソリッド60Wが定番です。
それしか持ってないって事情もありますが、最悪ギターアンプにPA通せない時に、ギリギリ生音で何とか格好が付く…という経験則も含めての選択です。
キャパ200人超なら、ギターは100Wのスタック持って行きます。

私は、No.3の方と違って「アマチュア相手の素人PA屋」なので、PA機材も中途半端だし、プロのセオリー無視のわけわからん現場ばかりですから、参考にもならんかもしれんですが…

客席向け及びモニターに。それ相応のPAは設えている(ライブハウスなら当然)現場を前提とするなら、私のような素人PA屋の尺度は
「ギタリスト本人が、ステージ上で自分のアンプの直接音を聞きたがるかどうか」
がすべてです。
もちろん、モニターから、そこそこの音量でプレイヤーにギター音を返せるのが前提でです。

ギタリ...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QL'Arc-en-Cielの HEAVEN'S DRIVE について

僕はベースをやっています。

HEAVEN'S DRIVEをコピーすることになったのですが、どうも上手くいきません。
「L'Arc-en-Ciel SINGLE Collection」を買い、練習しているのですが、僕がド下手なだけかもしれませんけど、ところどころ譜が違っている気がします。

Youtubeなどで弾いている動画を見て参考にしたりしていますが、楽譜と合っていません。
Youtubeなどにアップする人はアレンジを加えているのだと思いますが、このままでは練習が出来ない状態です。

自分は耳コピなど出来るほど上手くありませんし、本当にTAB譜にそって弾くくらいしか出来ません。。HEAVEN'S DRIVEを弾くには早すぎたでしょうか?

譜はサイトにアップしてあったりしません(していたら違法な)ので、手持ちのバンドスコア以外に確認・練習するものがありません。
「L'Arc-en-Ciel SINGLE Collection」はtetsuさんが弾いてる通りに採譜されてるのでしょうか??(馬鹿な質問ですみません)

また、違っていたりするのならどうすればいいでしょうか?
解決策などありますか?? 
やはり新しいバンドスコアを買ったりするしかないでしょうか?

全く進まずに困っています、教えてください。

乱文失礼します。

僕はベースをやっています。

HEAVEN'S DRIVEをコピーすることになったのですが、どうも上手くいきません。
「L'Arc-en-Ciel SINGLE Collection」を買い、練習しているのですが、僕がド下手なだけかもしれませんけど、ところどころ譜が違っている気がします。

Youtubeなどで弾いている動画を見て参考にしたりしていますが、楽譜と合っていません。
Youtubeなどにアップする人はアレンジを加えているのだと思いますが、このままでは練習が出来ない状態です。

自分は耳コピなど出来るほど上手くありません...続きを読む

Aベストアンサー

まったくもってこのジャンルの音楽は聴いても興味は持たないのですが、
HEAVEN'S DRIVEのベースはうねっていて面白いです。
ぜひ頑張ってください。

とりあえず、
耳コピは出来ないと宣言されているのですが、
「どうも違う部分がある」ということはわかるということは、
今後の伸びに期待できますね。

「違う」がわかることは、
「同じ音を拾える可能性がある」ことを示しているわけですから。

とりあえず、
ゆってぃい方式で「ちっちゃいことは気にするな」で、
練習をすすめて行ったらどうですか。

間違っている「部分」をスルーしてどんどん最後まで行っちゃってください。
今は「なぜにそのタイミングでその音が来ること理解せずに」「弦と押さえるフレットの場所を覚えること」を中心にやっていると思いますので、
覚えていけばいいと思います。

Youtubeでベースやってる方が30人いたとして、
「弦とフレット位置が違っていたとしても、30人全員から出てくる音がD(レ)だったらたぶんD(レ)で間違いないのでしょう」と思います。


どれくらいの初心者かわかりませんが、
曲をコピーするのも楽しいですが、
平行して基礎練習もやっておきましょう。

まったくもってこのジャンルの音楽は聴いても興味は持たないのですが、
HEAVEN'S DRIVEのベースはうねっていて面白いです。
ぜひ頑張ってください。

とりあえず、
耳コピは出来ないと宣言されているのですが、
「どうも違う部分がある」ということはわかるということは、
今後の伸びに期待できますね。

「違う」がわかることは、
「同じ音を拾える可能性がある」ことを示しているわけですから。

とりあえず、
ゆってぃい方式で「ちっちゃいことは気にするな」で、
練習をすすめて行ったらどうで...続きを読む

Qラルク・アン・シェルのHONEYのソロ

ラルク・アン・シェルのHONEYという曲を練習していて、ソロの部分のギターの音を自分なりにいろいろとエフェクター(マルチタイプ)をいじってみて作ろうとしましたが、近い音が作れずに悩んでいます。
もし、どのエフェクターを使えばいいとか、こういうセッティングを試したらどうかなどご存知の方が居りましたら教えて頂きたいです。お願いします。

Aベストアンサー

kibaさんこんにちは
もしかすると全然参考にならないかもしれませんが…。
手元に4年前に出版されたバンやろの別冊「ken Guitar Works」っていう本があるんですけど
それにコンプレッサーとかイコライザとかのつまみの位置まで書いてあります。
それは文字ではちょっと説明できないので、ドライブソロのところのワンポイントアドバイスだけ

音はディストーションよりもファズ的、フィードバックするまで歪ませた。それにはコンプレッサでゲインを思い切りかせいだ。ワウを持っている場合は使った方が良い。ない場合はフランジャーきつめにセット。

だそうです。著作権に抵触する可能性ありなので、そのままの文章ではありませんが文中の用語は変えていません。
「そんなこと、とっくの昔にやってるよ!」だったらごめんなさいm(_ _)m
ちなみにこの本は既に絶版(っていうか雑誌の別冊だから増刷はなかったようです)ですが、たまにオークションとかにも出ているみたいです。
DIVE TO BLUE からsnow dropまでのサウンドメイクがかなり詳しく載ってますよ。

kibaさんこんにちは
もしかすると全然参考にならないかもしれませんが…。
手元に4年前に出版されたバンやろの別冊「ken Guitar Works」っていう本があるんですけど
それにコンプレッサーとかイコライザとかのつまみの位置まで書いてあります。
それは文字ではちょっと説明できないので、ドライブソロのところのワンポイントアドバイスだけ

音はディストーションよりもファズ的、フィードバックするまで歪ませた。それにはコンプレッサでゲインを思い切りかせいだ。ワウを持っている場合は使った方が良い。...続きを読む

Qハーモナイザーとは?

ウルトラソウルのスコアを見ていたらハーモナイザーというものが出てきたんですがどういうものなんですか?
またピッチシフターとは違うのですか?
そしていくらぐらいするものなんですか?
質問だらけになってしまいましたが、どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

厳密に言うと、ピッチシフターは入力音の音程を変えて(シフトして)出力するもの、ハーモナイザーはひとつの入力音に対して複数の音程(ハーモニー)を出力するものです。ハーモナイザーを使えばギタリスト一人でツインギターのような音を出すことができます。
入力音の音程を変えるという基本機能は同じなので、ほとんど(たぶん全部)の機種は両方の機能を持っています。名前もあまり厳格に区別はされておらず、どちらの名前のものでも同じように使えると思っていいのではないかと思います(違っているかもしれないので詳しくは楽器屋に確認してください。)。
ミュージシャンは楽器を問わず、通常ハーモナイザーしか使わないと思います。キーを変更するならポジションを替えるか、ギターなどの場合にはチューニングを変更するなど、演奏技術でクリアできますので。仮にボーカルが、自分の出せない音をピッチシフターで出すようなことをしたら、ちょっと情けないですし(特殊効果狙いは別として)。
ピッチシフターとしては、すでに録音された音源の音程を調節するのに使われると考えていいのではないでしょうか。

昔は電子技術の最先端機種で、非常に高価でしたが、現在ではサウンドプロセッサーが発達して、デジタルディレィなどにおまけ機能として付いていたりします。仮にE.ギターに使うなら、マルチエフェクターの中に含まれている場合もあります。私の使っているRolandのGT-3にも付いています(使ったことはありませんが(^^;)。
コンパクトエフェクターとしては、BOSSのPS3がよく使われているのではないでしょうか。
↓こちらのページに各種エフェクターの比較レポートがありました。あえてトップページをリンクしますので、「ユーザーズ・レポート」から入り、「ピッチ・シフター」をクリックしてみてください。いくつかの機種と実際の使用者のコメント、価格などが分かります。
http://homepage1.nifty.com/GuitarFx/index.html

厳密に言うと、ピッチシフターは入力音の音程を変えて(シフトして)出力するもの、ハーモナイザーはひとつの入力音に対して複数の音程(ハーモニー)を出力するものです。ハーモナイザーを使えばギタリスト一人でツインギターのような音を出すことができます。
入力音の音程を変えるという基本機能は同じなので、ほとんど(たぶん全部)の機種は両方の機能を持っています。名前もあまり厳格に区別はされておらず、どちらの名前のものでも同じように使えると思っていいのではないかと思います(違っているかもし...続きを読む


人気Q&Aランキング