『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

MarshallのTSL601というアンプを購入しました。パワースイッチを点けて1分ほどしてからスタンバイスイッチを点けると、アンプのスピーカー部分からボソボソと変な音がします。ずっとボソボソ言っているわけではないのですが、電源を入れるたびに必ずします。どのチャンネルでもします。1時間ほど電源を入れっぱなしにしてみたのですが、若干ぼそぼそ言う間隔が開いたかなと思える程度です。ちなみにギターの音や音量には関係がないみたいです。不安なので教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

NO.4の者ですが、中学の頃(30年以上前)チューブ・アンプを使ってて、ボソボソと聞こえるので何だろうと、気持悪くなり、よく聞いてみるとタクシーの無線だったというのを思いだしました。



また、ある時アンプから音がせず、裏を覗くと真空管の1本が傾いており、ウカツにもそれを直そうとして、目から火花が散った事も、強烈に覚えています。

部屋、場所を変えても再現されるのでしたら、買われたお店に問いあわせてはいかがでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。いろいろと教えていただき、すべて試してみましたがうまくいきませんでした。結局、メーカーに送り診ていただきましたところ、パワー管が1本だめになっていました。ボソボソという音の表記が分かりくく、皆様にはご迷惑をお掛けしました。私のような素人にたくさんご回答くださり感謝します。

お礼日時:2003/07/28 07:13

ボリュームなどのノブを回したときにガサガサいうのであれば、ボリュームなどのノブにガリが出ているということだと思いますが、そういった操作をしていないときに出てくるノイズであれば、別に原因があるように思えます。


もしガリが出ているだけであれば、ノブを回しまくることで改善することもありますし、接点洗浄をしてやることで回復することもあるかもしれません。 あるいは、ボリュームポッド自体を交換するという方法もあるでしょう(それほど高価ではないはずです)。

ガリ以外を疑うのであれば…
アンプ付近やギターの周りに電源、パソコンやその周辺機器、テレビ、コードレス電話や携帯、電化製品、蛍光灯、あるいは高周波を発するような機器などはありませんか?
電磁波を発するような機器がそばにある場合、それがノイズの原因になります。 そういったものがあるのであれば、それらの電源を落とすか、それらから遠いところにギターとアンプを移してみてください。
それが原因でなければ、コンセントを先ほどとはひっくり返して挿して極性を逆にしてみたり、アースをきちんと落としてやるなどをしてみるのも良いと思います。

ノイズが周期的に出てくるのであれば、#4の方と同じように、供給電源かアースないし、携帯電話などの電波を飛ばすような機器かパソコンなど電磁波を出す機器の存在が疑わしいと思います。

どうしても原因がつかめない場合は、修理に出す前に、一度環境を変えて、そのアンプを貸しスタジオなど別の場所に持ち込んで鳴らしてみると良いと思います。
それで改善するなら、置き場所に問題があるのでしょうし、変わらないのであればアンプ自体に問題があるということでしょう。

見当違いでしたら、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。いろいろと教えていただき、すべて試してみましたがうまくいきませんでした。結局、メーカーに送り診ていただきましたところ、パワー管が1本だめになっていました。ボソボソという音の表記が分かりくく、皆様にはご迷惑をお掛けしました。私のような素人にたくさんご回答くださり感謝します。

お礼日時:2003/07/28 07:14

古い記憶ですが・・・。

アンプの位置を変えても変わりませんか?アンプの向きっていうか、例えば部屋を変えてもするのかな?
また、コンセントに差し込んでいるプラグを1回引き抜き、逆にしてみる・・・というのはどうでしょうか?
アースか、電波の気がするのですが・・・。
参考にならなかったら、ごめんなさい。
    • good
    • 1

>市販の絶縁スプレーなどをボリュームの中に吹きかけてやると



「接点復活材」ではないですか?
ただ、これは量を待ち亜画得手多く使用するとかえって埃などを寄せ付ける原因になりますので注意しください。
    • good
    • 0

僕も#1さんと同じようにボリュームなどの接触不良から来るものなのでは無いかと思います。

市販の絶縁スプレーなどをボリュームの中に吹きかけてやると治る場合もありますが、ボリューム自体安価で同じ規格のものも手に入りやすいですから取り替えてしまうのも手ですね。作業的にも簡単な半田づけが出来ればOKです。

とはいえ、中古とはいえ初期不良でしょうから、購入先に問い合わせてみるのも良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。いろいろと教えていただき、すべて試してみましたがうまくいきませんでした。結局、メーカーに送り診ていただきましたところ、パワー管が1本だめになっていました。ボソボソという音の表記が分かりくく、皆様にはご迷惑をお掛けしました。私のような素人にたくさんご回答くださり感謝します。

お礼日時:2003/07/28 07:15

うーん何ともい絵馬園がぼそぼそ言う音がした今までの経験ではボリューム(BASSなどのつまみを含む)の背点不良で起きたことがありますね。



一度電源を切ってすべてもつまみをぐりぐりと何度も左右に回してみてください。
これで結構直ることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありませんでした。いろいろと教えていただき、すべて試してみましたがうまくいきませんでした。結局、メーカーに送り診ていただきましたところ、パワー管が1本だめになっていました。ボソボソという音の表記が分かりくく、皆様にはご迷惑をお掛けしました。私のような素人にたくさんご回答くださり感謝します。

お礼日時:2003/07/28 07:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)

Q真空管アンプの「ジー」ノイズについて

既出かも知れませんが、検索で見つからなかったので、質問させていただきます。
真空管アンプの片チャンネル(Lch)からだけ「ジー」というノイズが出ます。「ジー」という音は多分電源(ハム)ノイズの高調波成分だと思われますが、電源配線や、ヒーター配線、OPTからのフィードバック配線などのレイアウトを変えても変化しません。ボリュームを変えても、ノイズの音量は変わらないので、入力信号から混入しているのではなさそうです。真空管を左右入れ替えてもL側から出ますので、真空管単体の問題でもなさそうです。
グランドループや多点アースなら、右からも聞こえるはずなので、これも違いそうです。電圧増幅回路をはずすとノイズは出なくなるので、電力増幅(パワー管)から出ているのでもなさそうです。また、B電源、C電源は左右共通なので、このリップル成分が原因とも考えにくいです。
電源回路の電解コンデンサは新品を使ってますので、容量抜けもないと思います。
回路はプリント基板上で組んであり、交流が流れるパターンはありません。(ヒーター配線は銅線のツイストで別配線してあります。)
以上のように、いろいろとやっていますが、全く原因が特定できず困っています。どなたか、よいアドバイスをよろしくお願いいたします。

既出かも知れませんが、検索で見つからなかったので、質問させていただきます。
真空管アンプの片チャンネル(Lch)からだけ「ジー」というノイズが出ます。「ジー」という音は多分電源(ハム)ノイズの高調波成分だと思われますが、電源配線や、ヒーター配線、OPTからのフィードバック配線などのレイアウトを変えても変化しません。ボリュームを変えても、ノイズの音量は変わらないので、入力信号から混入しているのではなさそうです。真空管を左右入れ替えてもL側から出ますので、真空管単体の問題でもなさそう...続きを読む

Aベストアンサー

#3の中で、回路について「初段は6N1のパラレル」と書きましたが、これは「初段は6N1のSRPP」が正しいですよね?

で、#3お礼の中で

> B1電源(6N11本目のプレート)を左右でつなぐと右からもノイズが出ますが・・・

とありますが、これはSRPPの「上側」のユニットのプレート同士でしょうか? それとも下側のユニットのプレート同士でしょうか?
(多分下側だと思いますが)

(1)もし上側であったなら、やはり(それでも)+B1つまり「Lchの22μF+3.3kΩの付近が怪しい」です。
(2)また下側であったなら、「+B1」「Lchの初段6N1の下側ユニット」「同上側ユニット」「初段出力~2段目のグリッド間の配線」「同じくその配線に繋がる1MΩ+0.2μF」の辺りが怪しいということになります。

理由:
上側を繋いだ場合、(仮に)LchのSRPPでどんなにノイズが発生しようと、両chのフィルタ(22μF+3.3kΩ)がしっかりしていれば、ノイズがRchにも乗るというのは考えにくいです。

逆に下側を繋いだ場合、Lchの初段の入力部(グリッドおよびその前の回路)~2段目のグリッド直前までの「どこにノイズがあっても」、それがRchにも乗ることになります。
但し、「LchのVRを絞ってもノイズは消えない」「LRの初段グリッドを結んでもRchにノイズが乗らない」ことから、初段のグリッド以前の部分は一応シロとなります。
(したがって、ヒーターの配線がSRPP下側のグリッド配線に影響していることはない)
また、「LRのカソード同士を繋ぐとRに少しだけノイズが乗る」ことから、カソードやNFBも原因から除外出来ます。
(これらが原因であれば、LR同じようにノイズが乗る。Rに僅かしか乗らないのは、LのノイズのNFB分のみ(=僅かな分)がカソードに戻り、それをRに繋いでいるから)


ただ、この予想には矛盾もあって、
・「22μF+3.3kΩ」がおかしいなら、「82μFに取り替えてもダメ」「3.3kも正常そう」の両方は成り立ちません。
(つまり「22μF+3.3kΩ」はおかしくない、ということになる)
・初段6N1の上下どちらかのユニットがおかしいなら、初段同士をLRで入れ替えればノイズも入れ替わるはず
(つまり初段6N1はおかしくない)
・初段出力~2段目グリッドまでの間の配線は、比較的インピーダンスが低く信号レベルも高いので、そもそもノイズの影響は比較的受け難い
・Lchの2段目反転側の0.22μFが絶縁不良等でノイズ源になる可能性はあるが、初段のプレート同士を結んでもこのノイズはRchには入ってこない

・・・というわけで、上記(1)も(2)も「考えにくい」となってしまいます。
(ただ、L・Rで初段6N1のSRPP上下ユニットが入れ替わりますから、挿し換えれば100%ノイズも移動する、という訳ではありません)


ところで、話が大きく後退してしまいますが、説明文にある

> 「ジー」という音は多分電源(ハム)ノイズの高調波成分だと思われますが

の「ジー」というのは100Hz(120Hz)ではないのですか?
違うのであれば、むしろ「B電源」や「ヒーター」が原因ではない可能性も考えなければいけません。

例えばですが、そろそろ寒くなってきたから、トイレの便座やウォシュレットのヒーターを入れた・台所に電気カーペットを敷いた・猫用のコタツを出した等の「サイリスタを使う家電」が稼動し始めたことによって「改造とは無関係」に「最近」ノイズが出始めて止まらなくなった・・・という可能性も考えられます。
(あくまで「例え話」「可能性」であって、これが正解だ!というつもりではありません)

このような外来ノイズが原因であれば、アンプ内をいくら調査しても原因不明ですし、LRの僅かなパターンや配置の差で片chのみにノイズが乗ったりする可能性も否定は出来ません。
(出来れば否定したいですがね・・・)

どうしても行き詰ったら、ダメもとで念のため、
・アンプのコンセント以外のブレーカーを全部切って、それでもノイズが出るかどうか確認
・他人の家にアンプを持ち込んで、それでもノイズが出るかどうか確認
なんてことを、1度はやっておいた方が良いかも知れません。


結構長時間、リンク先の基板のパターンとにらめっこしてみましたが、どうも原因らしきものが見えてきません。
もう少し考えて、また何か思い浮かんだら書かせていただきます。

#3の中で、回路について「初段は6N1のパラレル」と書きましたが、これは「初段は6N1のSRPP」が正しいですよね?

で、#3お礼の中で

> B1電源(6N11本目のプレート)を左右でつなぐと右からもノイズが出ますが・・・

とありますが、これはSRPPの「上側」のユニットのプレート同士でしょうか? それとも下側のユニットのプレート同士でしょうか?
(多分下側だと思いますが)

(1)もし上側であったなら、やはり(それでも)+B1つまり「Lchの22μF+3.3kΩの付近が怪しい」です。
(2)また下側であったな...続きを読む

Qアンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法

アンプの電解コンデンサーの容量抜けのチェック方法を教えてください。 トリオのアンプKA900の修理中ですが、電解コンデンサーの容量抜けでDCもれが出ているようです。テスターでチェックできるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初段の差動FETだな。これは初段にぶらさがるカレントミラーブートストラップだな。これは温度補償用のサイリスタだよね。これはバイアス調整用のTr。これはドライバー段の石だよね。そしてこれが終段のエミッタ抵抗だよね。
と、プリントパターンを追わずとも、かなりの部分まで推定できる必要があります。

だから一切手を出すなというのではなく、性急に修理結果だけを求めるだけでなく、回路を勉強するための書籍等はいくらでもあるわけですから、それらを勉強してから修理に臨んでも遅くないし、のちのち役立つと思います。

余談になりますが、過去の松下やヤマハはその回路よりもずっと複雑な歪み打ち消し回路等を含む膨大な石数で構成される魔窟のごとき複雑回路を組んでいました。単純なDCアンプの回路も推定/修理できないのであれば、むろんこれらには歯が立ちません。(もちろん私もそんなのを修理するのはマッピラゴメンです)

No.4ですが、さらに補足します。

アンプを適切に修理できるためには、少なくとも簡単なアンプの回路であればご自身で設計する程度のスキルは最低限でも必要になります。例えばその故障箇所が、ボリウム、セレクタ、リレー等の単純な機械接触不良のような故障であれば修理できるケースもあります。しかし半導体が故障して大きなDCオフセットが生じるようなケースでは、修理に危険も伴いますし、最低限でも回路を推定するくらいのスキルは必要になります。

例えば回路基板をいちべつしただけで、ああこれは初...続きを読む

Qマーシャルのギターアンプのノイズで困っています。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる。
・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする。
・ギターの角度などを変えるとノイズが無くなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る。

等です。

ちなみに家にあったローランドのCUBE-20Xに繋げてみたところノイズは出ませんでした。

かなり大きなノイズで困っています。

回答よろしくお願いします。

PS.楽器に関するカテゴリーがどこにあるか分からなかったので別カテゴリーにも同内容の質問をしてしまいました。

先日ギターを始めようと思いIbanezのGRG150DとMarshallのMG15CDを買ってきたのですが、MG15CDからの「ビビビビ」とか「ビー」とかいう感じのノイズが酷くて困っています。

コンセントの向きを変える、シールドを交換するなどの対策はしましたが、依然ノイズは出ています。

具体的な症状としては、
・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ。
・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる。
・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズが...続きを読む

Aベストアンサー

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでしょう。ノイズ源によってノイズの現れ方は違うので、それぞれのノイズの状況に応じてノイズ源を特定していくのが良いと思います。場合によっては、ノイズの原因が一つではなく複数あり、それらが相乗効果として現れてくる可能性も考えるのが良いでしょう。

・ギターを構えているだけの時に一番大きなノイズ
この状態では、外来のノイズに対して無防備な状況になります。ノイズが最も大きく感じられてもおかしくはありません。

・弦かシールドの金属部分に少しでも触れるとノイズがなくなる
これは人体がアースとなってノイズが消えている状況です。アースに流れるべき電気が行き場を失っている状態では、大抵はそれがノイズとして現れます。弦に触れてノイズが消えるのであれば、ギターのアースは生きています。シールドに触れてノイズがなくなるのも、シールドのプラグに直接触れたことでアースが取れたことを示しています。

・ピックガードに触れると、何も触れてない時とは違った感じ(でも音は大きい)のノイズがでる
これについては、私自身は、何を意味しているのかわからないところがあります。

・放置してる状態でも突然ノイズが無くなったり復活したりする
ノイズの状況が変化するということは、状況に変化があったと捉えるのが妥当です。何も条件が変わらないのにノイズの状況が原因もなく変わるということはありえません。放置している状況であれば、ギターや機材をいじることで生じているノイズではない(外的要因が作用している)可能性が疑わしくなります。

・ギターの角度などを変えるとノイズがなくなったりするが、またすぐに復活し、実際に弾く時の角度ではほとんどノイズが出る
ギターの角度を変えた時にその直後はノイズがなくなったりするとすれば、シールドなどの接触不良も原因として疑わしくなるところがあります。シールドの接触不良でノイズが出るということもあり得る事態です。シールド側であればシールドのプラグ内の配線の接触、ギター側についてはプラグ周りの接点落ちや接触不良がないか、確認してみるのも良いかもしれません。

また、ノイズの音程が、東日本ではG、西日本ではBに近い場合、電源からノイズを拾っている可能性があります。東日本の交流電源の周波数は50Hz、西日本の交流電源の周波数は60Hzですので、電源のノイズを拾うとその周辺の音程のノイズがのることになるでしょう。こちらはギターのアースを見直したり、アンプ側の電源のアースを取るなどで解決できる可能性があると思います。

たびたび失礼しました。

再び失礼します。

MG15CDでノイズが出、CUBE20Xではノイズが出ないということであれば、ギター側の不具合という可能性は考えにくいところがあります。アンプが原因という可能性も検討する必要がありそうです。とりあえず、アンプにシールドをつながずに電源を入れ、ボリュームを上げた時にそのノイズが出るかどうかを確認してみるのも良いかもしれません。それでノイズが出るようであれば、アンプの方に問題があると思われます。

ノイズについては、そのノイズの様子によってその原因を推定するのが良いでし...続きを読む

Q真空管アンプから「ブツッ」と異音

VITAL AUDIOのVA-20T/USBという真空管アンプ(真空管は12AX7と6BQ5の3本のです)です。2~3時間ほど電源を入れっぱなしにしていると「ブツッ」と一回大きな音がするようになりました。毎回ではないのでそのまま使っていましたが時々発生するようになりました。間隔が短くなっているようです。昨日は、30分ほどでブツッ」音が出ました。そのままにしておいて大丈夫なものなのでしょうか?当方、知識がなく困ってます。アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一度シャーシ内等の清掃、埃吹き飛ばし、真空管抜き差しをして連続通電テストして見て下さい。

真空管内の構造体の熱変化、回路部品の物理的変化、埃等による現象が考えられます。

アンプ等においては時々見られる現象で何処で起きるか等の追求の為、初段管12AX7を抜いた状態でテスト等もして見て下さい。

Qギター チューブアンプ(AGA4-AT)のハム音

コンパクトなフルチューブのアンプを購入したのですが ブゥ~ン という音(ハム音?)
が出るのでいろいろとネットで調べて試したのですが効果なくハム音が小さくなりません。
ボーリューム上げるとハム音も大きくなります。
ボリューム0 他のつまみも0 シールドも接続しないで 他の電化製品全て
コンセントから抜いて 蛍光灯も消しても ハム音が3m先で確認できます。

機種はVOX AGA4-ATと言うウクレレにも良いと書いてあるアンプを新品で購入しました。

VOXの修理サービスさんは本社から比較用に送られた同じ機種とくらべてもハム音は同じだから
ボーリューム0でも3m先で聞こえるくらいのハム音の出るチューブアンプの仕様ですよとのお返事なのでこのまま使うしか仕方がないので、ハム音をもう少し小さくできる方法はないでしょうか。
VOX AGA4-AT を使っておられる方やコンパクトな
チューブアンプご利用の方でなにか良い対策をご存知の方が
おられましたらアドバイスを お願いいたします。

Aベストアンサー

補足回答への回答?です。
修理にだされたのなら、完治して戻って来ると思いますよ。
原因は、#1さんの回答の中で、電源部が一番怪しいです、修理のプロなら
直すのは、容易な部位ですので、完治の可能性が大です。

ハム音を在庫の製品と比べて見る、などのレベルではなく、ハム音が出る事が
不良なのですよ、メーカーも不良品を出荷するとは、考えずらいのですが・・・
輸送中に不具合箇所が、顔を出す事はあります、所謂、初期故障と呼ばれる、
類です。

再び、アンプを購入する機会が訪れたら、安物のチューブアンプはよしましょう。
ヨーロッパの旧共産圏で作られている真空管は特性のバラツキが大きく、アンプの
自作マニアには、手を出しずらい物になりました、中華製の真空管は、価格が安い
のが魅力ですが、とても使用するきにならない代物です。

トランジスタアンプの方が同じ価格なら、出力も大きく、性能も格段に上です。

完治して、戻って来ると、宜しいですね。

Q自宅で使うFenderの真空管アンプが欲しくて考えております。歴2年ほ

自宅で使うFenderの真空管アンプが欲しくて考えております。歴2年ほどの初心者です。
現在アンプはVox Ac4を使ってます。
歪ます事はほぼなくクリーンで気持ちのよいのが欲しいのです。
動画ではビンテージのVibro Champあたりが気に入ったのですが
知り合いからやはりド素人の私には手を出さない方が良いと言われました。
注意点としてどこを一番気をつけないとだめですか?

仕方ないのでVibro Champ XDというのを試したのですがどうもトランジスタぽい感じがしました。
イメージしていた感じではなかったです。それともVibro Champも同様な感じなのですかね?
Xdの方はシュミレーターでChampion 600同様のフルチューブではないのですか??
'57Champぐらいしか良いのはないでしょうか
あと一度も弾いた事はないのですがやはりPrinceton Reverbは自宅では爆音なのでしょうか?

Aベストアンサー

Fenderは目盛1が最小、2.2くらいから音が生きて来て家では2.5~3で使います。
15Wのほんの一部を使うだけです、家以外でも使える良いアンプを一台、先述の様に将来の音楽活動も考え、なるべく買いなおし無しの賢い選定をします。(ドラムが加わるならジャンルにもよりますが60W以上は必要)5Wとか7Wのアンプは無用、かえって勿体無い浪費です。
調べたいモデルは先述の手法でチェックして下さい。
15Wは15W、大差ありません、練習に出掛けますのでまた思い付いたこと等、連絡します。
そちらからも気になること等コメントして下さい。
繰り返しますがTwin Reverbでも家族に迷惑をかけずならっしていますので使い方(ただ必要位置にVRをセットするだけのこと、Twinで2.2~2.5)
ではまた。(決定には仕様の細かい事まで調べる必要があります、いくらでもカタログは検索で見られます、またユーザーレビューは経験の浅い多くを知らずの記述も多く注意が必要です)

Q真空管アンプのノイズがときどきでる原因は?

真空管アンプ(メインアンプ)のキットを買って組み立てました。バイアス電圧や各部署の測定値(設計値)は正常です。きわめてよい音がするのですが、以下のようなノイズが出ます。

・ノイズは、常にするわけではなくときどき出る。
・昨日の夕方には出ていたが、夜聞くと出ていない。「おかしいなぁ?」と思っていると
突然出るようになった。そのとき別に変った操作はしていない。
・今朝聞いてみると出ていない。
・ノイズの音は、聴力検査のときのような高い音。
・サーというノイズは、常にするがこれは仕様。そのほかにビー?(高周波ノイズ?)という音がかすかに混じる。
・左チャンネルからのノイズが断然大きい。右もかすかに出る。
・spのトィーターに耳をあてないと分からないレベル。
・トィーターから少し離れると聞こえない。
・ノイズが出ている時も出ていない時も再生音はきわめてよい音。
・視聴ポジションで再生音を止めても、離れているので全くノイズは聞こえない。
・そのメインアンプを導入する前にはノイズが出たことはない。
・アンプの仕様で、コンセントの接地(3つ目の端子)は利用されていない。浮いている。

以上のような状況です。アンプには問題がなく、なにか外的な要因でしょうか。近くで無線LANの電波は常時出ています。

真空管アンプ(メインアンプ)のキットを買って組み立てました。バイアス電圧や各部署の測定値(設計値)は正常です。きわめてよい音がするのですが、以下のようなノイズが出ます。

・ノイズは、常にするわけではなくときどき出る。
・昨日の夕方には出ていたが、夜聞くと出ていない。「おかしいなぁ?」と思っていると
突然出るようになった。そのとき別に変った操作はしていない。
・今朝聞いてみると出ていない。
・ノイズの音は、聴力検査のときのような高い音。
・サーというノイズは、常にするがこ...続きを読む

Aベストアンサー

ピーノイズが片側から聞こえ、片方にも
漏れているとすれば、おそらく
メインアンプ回路上にノイズ発信源があると思います。
多分ある一定の温度になると
聞こえるのではないでしょうか?
ですので例えば冷えてる時には
聞こえないが、少し温まると聞こえるといった
感じです。
経験したものではカップリングコンデンサや
整流ダイオード、または真空管そのものの不良です。
この3部品の作動を確認されてみてはいかがでしょうか?

Qアンプの電源ONでスピーカーからブーンと音が

アンプの電源を入れるとスピーカーからブーンと耳鳴りのように鳴り続けます。
ボリューム0でも鳴ります。
何か対処方法はあるのでしょうか?
素人です。よろしくお願いします。


マクサー電機:商品名 MSC-SB
機能 マルチメディアサブウーハースピーカーシステム
●最大出力:総合24W(ウーファー18W+フルレンジ3WX2)●100mmサブウーファー●87mmフルレンジスピーカー●防磁型●4ピースレイアウトフリーシステム

Aベストアンサー

ノイズ自体がいろいろな場所から発生するものなので一概にこれが原因です。
ということが出来ません。申し訳ないです。
考えられる要因をひとつひとつクリアにしていくことが原因究明の近道だと考えられます。
電源の取口を変えてみる
1 家庭のコンセントの口ってあちこちにありますよね?例えば隣の部屋から延長してくるなどして見てください。
それで、ノイズがなくなるようならもともと繋いであるコンセントと同系統のコンセント口からとっている機器の干渉などが考えられます。今度は元々繋いであったコンセントにもどしてノイズ出しっぱなしにしておきます。
近くの機器のコンセントをひとつずつ引き抜いてみてノイズが止まることがあれば止まるときに抜いたコンセントの機器がノイズ発生源に成っていることもあります。
あと、蛍光灯のノイズなどということは?などなど考えればキリがないです^^;
とりあえずブーン=電源系を疑ってみたほうが良いですかね。
頑張ってみてください。
結果お待ちしてます。

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング