現在分詞(-ing)を作るときや、
規則動詞の過去形を作る時、

1字の短母音+1子音字で終わり、かつその短母音にアクセントがある語は、
最後の子音字を重ねて ing,  ed をつけますよね。
例えば、putting とか swimming など。

refer, prefer, occur も最後の子音字を重ねますが、
これらの語は短母音ではなく長母音だと思いますが、
(発音記号を見ても長母音)
これはどう考えたらよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NO.1 の方のおっしゃるとおりですが、「どう考えるか」についていうと、


いわゆる「フォニックス」の法則を貫徹させるためです。
putは「プット」(に似た音)ですが、puteなら(computeに見られるように)
「ピュート」ですね。で、仮にputing としたら、「ピューティング」と
読まれる。そうでなくて、「プッティング」と読まれるようにするには
putting とするしかない。swiming で「スワイミング」とならないように、
swimming。

同様にreferは、たしかに最後は伸ばす音ですが、「リファー」ですね。
これを「リファリング」と読ませるにはreferring です。もし
refering としたら、「リフィアリング」となってしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「フォニックスの法則」、ガテンがいきました。

もう一つ例にとると、
sit → sitting (スィティング)ですが、t を重ねないと
site → siting (サイティング) となってしまいますものね。

つまり、r を重ねるというのも、発音上、必然的ということですね。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/31 21:15

確かに,子音字を重ねることにより,短母音ということが明確になります。



ただ r の場合は,
star - starring 
stare - staring
のような区別です。

通常は -a- は「ア」などだが,サイレント e により,「エィ」という二重母音になるのですが,
-ar の場合は「アー」という長母音
-are とサイレント e がつくと「エアー」という音になる。

r を重ねることにより,「アー」という長母音と確定する。

あと,-ed と -ing で違いがあり,
starring「スターリング」のように ing の場合は /r/ という子音が発生します。
それは staring「ステアリング」でも同じですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答、ありがとうございました。

わかりやすい例えを書いていただき、納得できました。

文法書にも書いてないようなことを教えていただき、
大変勉強になりました。

お礼日時:2009/08/31 21:21

r で終わる語は例外です。


r の前に母音字が一つあり,そこに強勢があれば r を重ねることになります。

他にも l で終わる語も例外です。
l の前に母音字が一つあり,強勢があれば l を重ねます。
control の o は二重母音ですが controlling となります。
(イギリス式では強勢がなくても l を重ねます。cancelling など)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

rで終わる語は例外なのですね。
なるほど、わかりました。

control、確かに二重母音なのにlを重ねますね。
気付きませんでした。

lで終る語は、アクセントがなくても、
英式では、travelling で、米式は traveling となるわけですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/31 21:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペン字(書き方)のお手本

 子どもの字が乱雑です。夏休みを機に、毎日10字ずつくらいていねいに書かせたいと思い、書店に行ったのですが、大人向けのペン字の本しか置いてありません。小学生、しかもひらがなから練習できるような本、またはサイトがあれば教えてください。
 公文式も考えたのですが、とりあえず家庭でできることをしようと思います。

Aベストアンサー

大人ですけど、字が乱雑なので、先日買ってきました。池袋のジュンク堂書店9Fの書道コーナーの近くに沢山ありました。
都内の方でないのなら、アマゾンでボールペン字で検索すれば沢山でてきます。
練習帳形式の本の他に、書順の書いてあるハンドブック形式のものを買うといいと思います。
一通りみましたが、ボールペン字の本には書順が書いてありません。奇麗に書くコツは書いてありますけど。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/

Q 短母音と子音の ing 形

 子どもに中1の英語を教えています。
 現在進行形( ~ ing の作り方)のところで
 短母音と子音は文字を重ねるとなっています。
 たとえば putting cutting
stopping などは、それでいいのですが
 swimming も m を重ねます。
 これも短母音と子音の組み合わせになるのでしょうか?
 発音からすると短母音ではなさそうですがどうなのでしょうか?
 どなたか詳しい方お願いします。

 

Aベストアンサー

えとぉ、swimが短母音である説明は既にされていますが補足として気になったことを。
質問文で少し説明が間違っていると思われるところがあります。

>短母音と子音は文字を重ねるとなっています。

とおっしゃっていますが、正しくは「"アクセントのある"1文字の短母音字+1子音字の時に、その子音字を重ねる」と表現した方が良いと思います。
例えば同じ-mitで終わる語でも、omitはアクセントが後ろのiにあるのでomittingとなり、limitだと前の方のiにアクセントがあるのでlimitingとなるわけです。
中1の子への説明だと難しいでしょうが、そうしておかないと例外だらけになってしまいます。
その他では音としては短母音でも母音字が2文字になるlook→lookingのようなパターンだとか、短母音の後の子音字が2つのjump→jumpingのようなパターンだとか、短母音+子音だけれどもアクセントがないので当てはまらないvisit→visitingのようなパターンだとか、更には数は少ないですが語尾がcで終わっている場合はkを挟まなければならないmimic→mimickingのようなパターンだとか、英米でスペルの差が出てくるtravel→traveling/travellingのようなパターンがあるからです。

要するに、アクセントがある母音字は"アルファベット読み"したくなるのを避けつつ、元の単語の音を守るための綴り上の措置とも言えるわけですが…。

えとぉ、swimが短母音である説明は既にされていますが補足として気になったことを。
質問文で少し説明が間違っていると思われるところがあります。

>短母音と子音は文字を重ねるとなっています。

とおっしゃっていますが、正しくは「"アクセントのある"1文字の短母音字+1子音字の時に、その子音字を重ねる」と表現した方が良いと思います。
例えば同じ-mitで終わる語でも、omitはアクセントが後ろのiにあるのでomittingとなり、limitだと前の方のiにアクセントがあるのでlimitingとなるわけです。
...続きを読む

Q英語の筆記体のお手本

書道・ボールペン字のお手本のように、英語筆記体のきれいで実用的なお手本が載っている本やサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
書き忘れたことがありますので、追加します。
No.2の参考URLで
「ペン字のおけいこ」→「英数字混じり文」
をクリックして下さい。
筆記体と書いてある所の右側の四角をクリックすると、筆記体のお手本が出てきます。

Q短母音と長母音

1.短母音は短く発音するもの
2.長母音は長く発音するもの
と中学1年で習ったのですが、中2年では
3.長母音はアルファベット読みしているものと習いました。

fatherの[a]は2.dateの[a]は3.ですか。

つまり長母音は2種類あるということですか。

1.についても教えてください。

Aベストアンサー

>いつも迷うのが「進行形」のときです。
「短母音+子音字」のときは子音字を重ねてing
とかです。


そうですね。悩み、よく分かります。

こう考えてみたらどうでしょう。

日本語をローマ字で書く時、子音字を重ねる場合があります。「ニッポン」をNippon, 「北海道」をHokkaido とするようなものです。
これは、実際に、Nip+ponとか、Hok+kaido のように、その子音を二重に発音しています。
英語もそれと同じで、running, beginning のような場合は、run+ning, begin+ning のように二回発音しているのです。

もう少し詳しく説明します。NipponやHokkaido を、Nipon, Hokaido とすると、「ニポン」、「ホカイドウ」と読めてしまいます。
つまり、一種のアクセントのようなものがなくなってしまうのです。Nippon, Hokkaido とも、Nip, Hokの部分を強く読んでいます。より正確に言うと、Nipの「イ」の音、そして、Hokの「オ」の音を強く読んでいるわけです。
つまり、強く読むためには、その前後を子音字で囲ってあげる必要が普通はあるのです。

基本的には、発音どおりにスペルを書けばいいということだと思います。

>いつも迷うのが「進行形」のときです。
「短母音+子音字」のときは子音字を重ねてing
とかです。


そうですね。悩み、よく分かります。

こう考えてみたらどうでしょう。

日本語をローマ字で書く時、子音字を重ねる場合があります。「ニッポン」をNippon, 「北海道」をHokkaido とするようなものです。
これは、実際に、Nip+ponとか、Hok+kaido のように、その子音を二重に発音しています。
英語もそれと同じで、running, beginning のような場合は、run+ning, begin+ning のように二回発音して...続きを読む

Qお手本なんていらない!

皆サマ、世の中お手本が基準になって動いていると思いますが、時にお手本なんていらない!って思う時はありますか?


例:お手本がいい加減だったとき。

Aベストアンサー

「躾け」 というお手本はいい加減ですね。

子供が言う事を聞かなかったら、叩く、怒鳴る、罰を与え
むりやり屈服させ従わせる。
結果、他所の子に暴力を振るい責任を問われるか、
心が病んで不登校や引きこもりで親子共倒れし易くなる。

親が躾けに成功したと思って満足しても、本当はただの虐待。
「理解させ納得させる事」ができない自堕落な愚か者の結論。

とりわけ無知で自堕落な者は
暴力をエスカレートさせ子供を殺してしまう。


世界で一番醜悪なお手本かもしれませんね。
本来の目的を理解せず手段だけ真似る者は親になる資格など無い。

Q英語の「長母音」「短母音」とはそもそも何でしょう?

日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、

言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。)

Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。

短 --- /I, e, 逆さv, U/
中 --- /i:, u:/
長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/

ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いはずの/i:/に、長音記号:をつけ、より長いはずの/ae/に、:をつけません。事実、辞書の発音の説明の欄にも、「aeは長めに発音される」とわざわざ書いてあるにも関わらずです。

cot、caughtも、発音を区別する地域なら、前者は/a/、後者は/逆c:/、音声的に同じ長さのはずの後者にだけ:があります。(辞書によっては前者も:がある。)


つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?


そこでもっと音韻的に考えると、Durand (2005)が、各母音のモーラ数の話をしています。

I, e, ae, U, 逆さv,(方言によってはaも)は1モーラ母音、他は2モーラ。その理由は、「1モーラ母音はコーダを必要とし、語末に来れない。2モーラ母音は、語末に来れる。」

例えば“pit”, “put”, “putt”等は全てコーダがあり、[*pI] [*pU] [*p逆v]というような発音は英語として有り得ない。


つまり、日本の英和辞典の:の有無の基準は、音声的な長さでは決してなく、もっと抽象的な概念で、

★「1モーラ母音を短母音、2モーラ母音を長母音」
という基準で:の有無を決めているのでしょうか?


又、英和辞典とは別に、もっと一般的に「長母音」「短母音」と言う場合は、

★ 英語本来の音声とも音韻とも全く関係なく、「カタカナ英語で伸ばす音を長母音、のばさない音を短母音」

という使い方も便宜上しませんか?

beatやcaughtは、カタカナ発音で「ビート」「コート」と伸ばすから長母音。
batやcotは、カタカナ発音で「バット」「コット」と伸ばさないから短母音。

実際の音声では、beatの方がbatやcotより短くても前者は長、後者は短、
方言によっては(おそらくほとんどの方言では)caughtもcotも両方2モーラ母音だけど、前者は長、後者は短、

という具合に。

人によっては、借用語やカタカナ発音の干渉が強すぎて、カタカナで伸ばす音を実際の英語でも長い、カタカナで伸ばさない音を実際の英語でも短い、と勘違いしてしまっている人も多いでしょう。
これは英語教育の大きな課題でしょうね。


又、ネイティブが子供の頃に習う場合、音声的な長さと関係なく、
ei, i:, ai, ou, ju: のようなアルファベット読みの母音をLong Vowels
ae, e, I, a, v のようなアルファベット読みじゃない方をShort Vowels
と呼びますが、日本人が言う長母音、短母音は、通常これとは関係ないようですね。

日本で英語の発音の話になると、「長母音」「短母音」という言葉が使われますが、

言うまでもなく、少なくとも米英語では、日本語と違って、母音の長短も区別がありません。(音韻上の弁別機能を持たない。)

Akahane-Yamada et al. (2001)は、一般米英語の母音を音声的な長さ別に、長、中、短、の3段階に分けてます。

短 --- /I, e, 逆さv, U/
中 --- /i:, u:/
長 --- /ei, ae:, a:, 逆c:, ou/

ところが、日本の英和辞典では、例えばbeatは/bi:t/、batは/baet/という具合に、音声的にはより短いは...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問は、
>>>つまりこれは、日本の辞書の:の有無が、「音声的な長さを基準にしてない」と言うことでいいのですよね?

ということでよろしいのでしょうか?

1.
ひとまず[:]が付いているものは長母音、と分類するのが素直だと思います。

2.
[α]と[α:]、[逆c]と[逆c:]は、長さは違えど同じ音ですが、
[i]と[i:]、[u]と[u:]は、長さ云々以前に全く違う音ですよね。
日本語の「イ」に近いのは[i:]、「ウ」に近いのは[u:]です。
ですから、この二者の場合は、長さというよりは発音の違いに主眼を置いて[:]をつけているという解釈でよいのではないでしょうか。

ご参考になりましたら幸いです。

Q習字のお手本

小学校4年生の夏休みの宿題なんですが、習字で「市民」または「新市」を
書いてきなさいと...

お手本もない状態ではとんでもないものが出来上がりそうで...
かといってお手本を書けるような知り合いもいません。

親馬鹿であることは十分承知しておりますが、お手本となるような書籍また
はHPに心当たりはないでしょうか?

Aベストアンサー

word等の文章作成ソフトを使い、特大の楷書体フォントで印刷する、という方法ではどうでしょうか。
子供に作ってあげたところ、手本として十分に利用できたようです。

Qwant,like,preferについて(大学受験生です。)

こんにちは。
よろしくお願いいたします。

want[like,prefer] 物 + done の形で「もの[こと]が・・・されるように望む」という意味になると文法書に書いてあったんですが、例文がなかたんで、正しい例文を教えてください。
あと done のところに、形容詞が入るとも書いてあったので、その例文もお願いいたします。

Aベストアンサー

辞書さえ調べてみれば、以下のような文が書いてあるはずです。

want[like,prefer] 物 + done
I want it (to be) done at once.
それをただちにやってもらいたい。

I don't like such subjects discussed.
そういう問題が議論されることを好まない。

I prefer steak well done.
私はステーキはよく焼いたのが好きだ。


want[like,prefer] 物 + 形容詞

I want the letter (to be) ready by tomorrow.
その手紙をあすまでによういしておいてほしい。

I like/hate my coffee (to be) strong.
コーヒーは濃いのが好きだ/はきらいだ。

She preferred the whiskey neat.
彼女はウィスキーはストレートが好きだった。

love, hate, wish, desire などもよく似た構文を作ります。

辞書さえ調べてみれば、以下のような文が書いてあるはずです。

want[like,prefer] 物 + done
I want it (to be) done at once.
それをただちにやってもらいたい。

I don't like such subjects discussed.
そういう問題が議論されることを好まない。

I prefer steak well done.
私はステーキはよく焼いたのが好きだ。


want[like,prefer] 物 + 形容詞

I want the letter (to be) ready by tomorrow.
その手紙をあすまでによういしておいてほしい。

I like/hate my coffee (to be) stro...続きを読む

Q漢字のお手本の書体は?

こんにちは。

子供の漢字練習のプリントを
作ろうと思っているのですが
お手本とする字の書体は
何がいいでしょう?

市販の漢字練習帳などの書体に
一番近い物を教えてください。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「教科書体」でしょう。ほとんどのフォントメーカーが扱っています
ので、すぐに見つかると思います。

Q最後の子音字を重ねて

stop plan jog のように最後の子音字を重ねて ing / ed をつける動詞を教えてください。 swim は swimmed はないのでダメです。なるべく中学で習う動詞でお願いいたします。

Aベストアンサー

主要英語教科書5社の中学3年分の教科書に掲載されている
英単語と英熟語・連語をリストアップしたサイトがあります。
http://www.linkage-club.co.jp/entry/word_lists/junior_high_textbooks.html
このサイトでリストアップされた動詞のうち、
お探しの条件に該当する動詞は、以下の五つだけでした。
意外と少ないです。
shop
stop
kid
travel(イギリス英語が該当。アメリカ英語は非該当。)
wrap
このリストアップの品詞分類は、間違いや甘いところもあります。
質問者が例示したplanは、名詞でしかリストアップされていません。

「中学で習う」というしばりをなくすと、きりがないと思いますから、
代わりに、細かいレアな規則まで説明しているサイトを御紹介しておきます。
http://blog.livedoor.jp/veritedesu/archives/1869134.html
お探しの条件に該当する動詞も少し例示されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報