あのままかぐや姫は、おじゃる丸みたいにまた帰って来たり、
帰ってもまた爺や婆やの元へ顔を出しに偶に戻って来たりとかはしているのでしょうか?それとも、もう戻る事はないのでしょうか?

おじゃる丸はあまり見ていないので詳しくありませんが、かぐや姫のパロディーのようなものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

かぐや姫は、月で不倫したのが原因で、その罪のため、地球に島流しになりました。



その上、たくさんの結婚志願者に、いいよられ、苦悩をしました。

その結果、罪を償えたと判断され、月に戻る事が許されたのです。

よって、かぐや姫は月に返ってからは、不倫を悔改め、いいなずけと結婚し、慎ましやかに暮らしました。

勝手に、地球に来たり、月から他の星に行くなどと言うことはできないのです。

月世界のファンタジーですが、美しい女性は、不倫をすると言うお話です。子供が読む御伽噺として、不都合な点はみな変更されたので、なんで、地球に来て、月に返っていったのかは、謎のままになっていますが、実際は罪の償いのために、地球に来ていたのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大いに領海、納得です。そうでしたか。^^♪
良い戒めになりますね。
何だかんだ言って人間も元々は不倫をする生き物でしょうね。

お礼日時:2009/12/28 03:41

一時、地球に来てウルトラマンAの50%くらい頑張っていたような気がします。


番組半ばにしてまた月に帰っちゃいましたが。(笑)

おじゃる丸は竹取物語とは関係無く、タイムスリップ&ファンタジー作品というのが私の認識です。
深く見続けていないので間違っていたら、すみません。
    • good
    • 0

>かぐや姫が月へ帰った後の、続き話についてはどうなのでしょうか??


20世紀半ばに南こうせつさん、伊勢正三さん、山田パンダさんをお生みになった。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかぐや姫が主人公のはずなのに『竹取物語』???

・・・竹取物語ってなんで竹取物語でしょう。この物語で「竹取」とよばれるのは例の翁です。主人公はかぐや姫のはずなのに、どうして「かぐや姫物語」ではないの?・・・

竹取物語に関するレポートが出されていて、色々調べ物をしたのですが、ネットでこんな質問を目にしました(どこかの大学のシラバスに書いてありました)。
レポートの内容には含めませんが個人的に気になったので質問させていただきます。
確かにこの質問のとおりですよね?わかる人いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 むかしの物語には題名がわからないものが多く(なかには失われてしまったものもあるし、もともとないものもある)、しかしそれでは不便なので、通称がつけられています。これが固定化すると現在のような題名になるわけです。
 王朝物語でいちばん多いのは主人公の名前をとったもので、伊勢物語の在五中将物語という古名や平仲物語、源氏物語、狭衣物語、浜松中納言物語などがあります。
 これに対して、物語冒頭の一文をそのまま使って通称をつける場合があります。「夜半の寝覚」などがその典型例ですが、竹取物語もこの一種で、冒頭におじいさんのことが書いてあるので竹取物語という通称が出たのではないかと思われます。
 冒頭の文章で題名を決めるのは漢文によくある方法で(論語の章の名前がこれ)、それが日本にも入ってきたものだと思います。ずっと下って漱石の『吾輩は猫である』もこの類で、漢文が得意で、題をつけるのが苦手だった漱石の苦心の名案のようです。

Q田舎の爺ちゃん婆ちゃんが採った山菜

春に田舎の爺ちゃんや婆ちゃんのところへ行くと山で採ってきてくれたフキやワラビなど出してくれてもてなしてくれます。

どこで採ってきたのか聞くと自分だけ知っている沢山自生しているポイントが有るそうです、でもそこは自分の土地ではないそうです。
川の土手でフキノトウやツクシを採ることも有るそうです。

この場合、爺ちゃん婆ちゃんは窃盗になるのですか。
警察に逮捕されることも有り得るのですか。

いままで何10年も同じ場所で採っていて誰にも文句言われたことはないそうですけど。

Aベストアンサー

そこに警察や法律論を持ち込むのは野暮というものでしょう。

世の中全てが教科書どおりの正しさのみで構成されているわけではありません。

もてなされたら感謝して美味しくいただける幸福を感じていればいいと思います。

素敵な親族をお持ちですね。

Q竹取物語の「かぐや姫の昇天」について…

竹取物語の「かぐや姫の昇天」の本文に

「土より五尺ばかりあがりたるほどに立ち」

というのがあるんですが、

なぜ天人は地面から五尺ぐらい
上がった所に立ち並んで
着地しなかったんでしょうか?

Aベストアンサー

「かぐや姫は罪を償うために地上に降りてきた」

天人にとって、地上とは下等な下人の住む地であり、罪人の島流しの場所。
つまり穢(けが)れている所とみなしているのでしょう。
「本来ならばこんな汚らわしい所、降り立つのも触るのも嫌でおじゃる」と。

Q【花咲か爺さん】正直爺さんが掃除機爺さんだったら?

ストーリーはどう変わっていたでしょうか!?

Aベストアンサー

掃除機爺さんが部屋の掃除をしていたら、ポチの尻尾を吸い込んでしまいました。

ポチは思わず「は・・・はなさんか、ジジイ」と言ったとさ。

Q竹取物語かぐや姫の昇天

竹取物語かぐや姫の昇天の中に

御衣を取り出でて着せむとす。

とありますが、「御衣」の動作の対象は誰なのでしょう?

「御衣」は名詞の尊敬語で、作者からの敬意というのは分かるのですが・・・


どなたかお願いします。

Aベストアンサー

かぐや姫

http://eva.genji.cc/boujin/taketorimonogatari-038.htm

天界から来た人が、かぐや姫に着せようとした。

Qお爺ちゃんお婆ちゃんの思い出話

ご自分のお爺ちゃん・お婆ちゃんの、苦労話や思い出話など、どんな面白い話を聞いたことありますか?



(以下駄文)

・・・父方の祖母104歳で健在なんですが、学が無いので話の内容が今イチわからず、百寿のお祝いの時にイトコが本格的に聞き取りしました。

前橋の裕福な米問屋に生まれたが、親の決めた相手ではなく「恋愛」の末の子だったため出産後家を出され母親とも引き離される。6歳の時にばあやと共に商家に里子に出されて、そこで大事に育てられるが主人の他界で店を畳み、8歳でそのまた実家である現在の家の場所へ。

ろくに学校へも行かせてもらえず台所仕事・畑仕事・桑摘み・草刈り・風呂の水汲みなどキツイ仕事を続ける。そのころ元の米問屋ではお婆ちゃんの行方を必死に探すが見つからなかった。(どんな経緯かわからないが実の母親と再会、しかし後ろ姿を見ただけ。)16歳の時に実の父親とようやく再開することが出来、時々お小遣いをもらうようになり、帰って来るように言われたがそこでの生活に慣れたお婆ちゃんは帰らなかった。

血の繋がらない子供たちを育て、血の繋がらない親を看取り、その家の子であったお爺ちゃんと悩んだ末結婚。生まれた長女は病気になり医者に診せるお金が無くて死なせてしまうが、5人の子を育てあげる。お婆ちゃんに言わせると「おしん」なんか苦労のうちではないそうです。


・・・母方の祖父、生前はよくバイクで遊びに来たけど、フガフガ言ってて何言ってるか分からなかった。母から聞いた話。中島飛行機で軍用機を作っていたんだけど、空襲で焼かれるたびに日本各地の工場を祖母と渡り歩いたので、叔父や叔母たちが生まれた場所はバラバラ。どうせ死ぬなら故郷でと、前橋に戻ったところで終戦。カスリン台風当日、1階が浸水して2階で私の母が生まれたので、法事なんかの時に年寄りたちから母は「おい、大水!」と呼ばれてます。


・・・行きつけの美容院のマスターのお爺ちゃん。空母赤城で甲板作業員をやってたそうです。(映画「永遠の0」に出てきた空母です。)幸いミッドウェー海戦の時は乗っておらず助かった。ヒマな時は赤城の甲板で仲間とテニスをして遊んでいたらしいと、先日聞きました。ググっても出て来ないので貴重な話かなとw

ご自分のお爺ちゃん・お婆ちゃんの、苦労話や思い出話など、どんな面白い話を聞いたことありますか?



(以下駄文)

・・・父方の祖母104歳で健在なんですが、学が無いので話の内容が今イチわからず、百寿のお祝いの時にイトコが本格的に聞き取りしました。

前橋の裕福な米問屋に生まれたが、親の決めた相手ではなく「恋愛」の末の子だったため出産後家を出され母親とも引き離される。6歳の時にばあやと共に商家に里子に出されて、そこで大事に育てられるが主人の他界で店を畳み、8歳でそのまた実家である現在...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

比較的裕福な家の長女として大正時代後期に生まれた祖母。
お父さんお母さんとお手伝いさん数人、お弟子さん10人ぐらいで
学生服の仕立て屋を営んでいました。
家の庭には、庭園があり池には鯉がいたそうです。(現在その生家の跡地は銀行に)

女学校時代、成績は学年で1番だったそうですが、大して勉強してなくて
妹たちの面倒をみるのが精一杯だったようで、しだいに成績は下降していったそうです。
学校から帰ると、お茶漬けを食べるのがすきで、香の物(おばっちゃんは、こうこと
いってますが)とお湯とご飯というシンプルなお茶漬けを台所でたったまま食べて
妹たちと外へ遊びに行ったり、していたそうです。
就職は、いまでいう推薦?してもらい事務員をしていたそうです。

年頃になり、お風呂屋さんの跡継ぎの男性と恋仲になりましたが
その男性が戦争へ行かなくてはならなくなり、行く前に、どうせ死んでしまうので
・・・という話をして、合意で別れたそうです。

お見合いで違う男性(当初は裕福な家庭)を引き合わされ、結婚。
2年後に女児に恵まれる。ただ、同居の姑さんが厳しい人で、お手伝いさんや
乳母がいるのにもかかわらず、おばあちゃんには、わが子を抱かせてやらず
お出かけするときも、姑と息子とあかちゃんの3人で、寂しかったそうです。
朝起きて、すべての部屋の掃除窓拭き洗濯、炊事・・・いろいろなことを
ひとりでやっていて、ほかの部屋で旦那さんと姑がたのしそうに自分の子と
遊んでいる・・・というのは辛かったといってました。

風のうわさで?お風呂屋さんの男性は、無事に戦争から戻ってこれたようで
別の女性と結婚したと聞いたそうです。その人と結婚していたら
今頃、お風呂屋さんの番台で店番しているわ、と よく言ってました。

それでも、結婚生活は旦那さんの浪費癖や借金の保証人になったりしたことで
経済的に傾き始め、離婚?死別?か曖昧ですが、母子家庭になりました。

終戦のごたごたも落ち着いたころ、おばあちゃんは乳がんで入院・・・。
おばあちゃんのお見舞いに来ていた妹と隣の病床にお見舞いに来ていた男性が
仲良くなり結婚。二人の新居を探していたところ、いい物件があり紹介する。
しばらくして妹夫婦は、別の土地に引越してしまうと決まり、その部屋を借りる。
(余談ですが・・・tipsも高校生までその家で暮らしていましたが、古かったですが格安で、家賃5000円でした。(3DKぐらい)

その後は、昭和中期、後期となり、ごたごたしたことがありましたが
全部書くと、ますます長くなるので割愛して・・・・
今に至ります。現在おばあちゃんは、自分の家の近くで一人で住んでいます。
ケンタッキーやエビチリやハンバーグ、酢豚などこってりしたものが好きで
お酒もタバコも吸ってます。火事だけは気をつけて・・・といってますが。

昔を生き抜いた人は、根気があるし、我慢強く、人にもよるのかもしれませんが
一本筋の通った人が多い気がします。男も女も芯が強くがんばり屋さんで
すごいなぁとおもいます。

自分(tips)は、あきらめが早いし、すべてにわたっていい加減(おばあちゃん談)
なので、よくおばあちゃんに怒られています。^-^

こんにちは。

比較的裕福な家の長女として大正時代後期に生まれた祖母。
お父さんお母さんとお手伝いさん数人、お弟子さん10人ぐらいで
学生服の仕立て屋を営んでいました。
家の庭には、庭園があり池には鯉がいたそうです。(現在その生家の跡地は銀行に)

女学校時代、成績は学年で1番だったそうですが、大して勉強してなくて
妹たちの面倒をみるのが精一杯だったようで、しだいに成績は下降していったそうです。
学校から帰ると、お茶漬けを食べるのがすきで、香の物(おばっちゃんは、こうこと
いってま...続きを読む

Q竹取物語かぐや姫の昇天 敬語

竹取物語かぐや姫の昇天で、
かぐや姫から帝への手紙の中に

かくあまたの人をたまひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率ゐてまかりぬれば、~


とありますが、その中の「まうづ」「まかる」の謙譲語の動作の対象が分かりません。

かぐや姫から誰への敬意なのでしょうか?

分かる方解答お願いします。

Aベストアンサー

帝です。
「迎へ(帝の治めるこの国に)まうで来て~(帝のもとから)まかる」からです。

Q【グッドラック】 千と千尋の神隠し 釜爺 ・油屋のボイラー。仕事に厳しいが、根は優しい。湯婆婆の

【グッドラック】

千と千尋の神隠し

釜爺
・油屋のボイラー。仕事に厳しいが、根は優しい。湯婆婆の元へ乗り込む千尋を「グッドラック」と、見送ります。

good luck
①幸運を祈る
②頑張れ
③強運
−Weblio英和対話辞書−抜粋−

そこで、皆様に質問です。
(今回は③の意味で使用)

自分が「強運だ」と、思った事はありますか?。

私は、
人生ピンチの時に、必ず助っ人が現れます。
今まで、外れなし!。
強運です!。
(基本的に阿呆なのにウロチョロするので、見るに見兼ねるのだと思われます^^;)

今回は、多少重たい質問かも知れません。
「阿呆ワールド」
緩急取り混ぜて、お送りします。

お気軽(?)に、どうぞ!。

Aベストアンサー

釜爺の声は、亡くなった菅原文太さんでしたね。味のある声でした。
で、強運ですか・・・
ちょっと前の話ですが、初めてビジネス本を執筆した時に某出版社から出すことが出来ました。
その時に編集エージェントの人から、“トンビさん、この出版社から出せるのはほとんど奇跡に近いですよ。何の執筆経験もない人が、ここで出せるのは普通はありえません”みたいなことを言われました。
その世界の事情はよく分かりませんが、そういうものかなぁーと思いました。

それから数年経って、今度は某大学の教授から連絡があって、その執筆した本をテキストとして使いたいという打診があって、これには驚きました。
使用料はそんなにお支払いできませんが、よかったらお願いできませんか?
即答で、はいはい、いいですよ!
何よりも、老獪ジジイの書いた本が、若人の勉学に使ってもらえるだけで嬉しかったです。
こういうのって、強運と言うのでしょうか?

Q桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか? 桃太郎は

桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか?

桃太郎は天穂日命のことでは?

で、鬼は葦原中国のこと?

七夕の織姫彦星物語の話も八坂入彦皇子の次女が弟媛と書いておりひめと読む美人がいた。

天皇は美人の弟媛(おりひめ)の噂を聞いて、弟媛がいるところに出向くと言い出した。

弟媛は天皇が妃としようとこっちに向かっていると聞いて竹林に逃げ隠れた。

天皇は弟媛の家に着いたが、弟媛がいないので、近くの池に鯉を離して朝夕見て過ごしていた。

弟媛は鯉の話を聞いて、どうしても鯉が見たくて竹林を出て池に出て来てしまった。

天皇は弟媛に気付いて、妃となるように言ったら、弟媛は私は美人ではないので、姉の方が美人なので姉を妃としてくださいとお願いをし、天皇はそれを受け入れて弟媛の姉を妃とした。

そして姉の入媛は11人の子を産み、7人の男子と4人の女子を産んだ。

日本書記って竹取物語のかぐや姫と七夕の織姫彦星物語の元になってませんか?

気のせいですか?

Aベストアンサー

気のせいでしょう。

かぐや姫の話の原型は、広く世界に分布していることが知られていて、西洋に伝わったものはトゥーランドットというオペラになってたりします。七夕の話は中国原産です。桃太郎は、成立は江戸時代と言われていて、結構新しい昔話だったりします。

Q年を取って、此のクソ爺、クソ婆と言われない様にするにはどうしたら良いと思う?

嫌な年寄りにはなりたくないと思っている者ですが
どういう点で、嫌われるようになるのでしょうか?
貴方の言葉で教えて下さい、お願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

ユニークなアンケートだと思い、投稿します。

嫌な とは、誰にとって嫌なのか?
 (たとえば、若い人にとってか、自分自身にとってか)

なりたい年長者とは、どんな年長者か?
 (たとえば、媚びる人か、自分を通す人か)

その組み合わせは、思い浮かべると、幾重もあるとおもいます。


そんななかで、
自分自分は、そんな組み合わせのなかで、
世間には、媚びたくはないのですね。
なんで媚びたくないかって、おもうと、
自分にとって教えなければならない人に接するとき、
自分は自分が向き合い、そのなかで考えたその時々の言葉で教えたいからです。

世間が良いとするものでも、どんな身近な人がよいとするものでも、
自分というフィルターを通過させたいのですね。

それは厳しい面があるのかもしれないです。
人任せにできないし、
生きっ恥をさらすことになるかもしれない。
時期が外れたら、的外れなことかもしれない。
それに人に対して真摯にすることは、自分には期待していません。
だけれど、自分自身にとっては真摯で詰めて詰めて考えたいし、
詰めた先にまた、広い思考の広場を設けたいんですね。

それをできた自分がクソ爺なんて呼ばれても、
「おう 面白いね、どんなところでそう思うんだい?」と、
飄々と答えたくなります。

お酒を飲める年代のひとだと、お酒を一緒に飲みたいですね。

端的にアンケートの言葉で回答すると、
クソ爺、クソ婆と呼ばれることには、大賛成です。
言われないようにすることを望むより、
言われて、微笑みながら答える立場になると、
最終的には、言われないようになるとおもえます。

こんにちは。

ユニークなアンケートだと思い、投稿します。

嫌な とは、誰にとって嫌なのか?
 (たとえば、若い人にとってか、自分自身にとってか)

なりたい年長者とは、どんな年長者か?
 (たとえば、媚びる人か、自分を通す人か)

その組み合わせは、思い浮かべると、幾重もあるとおもいます。


そんななかで、
自分自分は、そんな組み合わせのなかで、
世間には、媚びたくはないのですね。
なんで媚びたくないかって、おもうと、
自分にとって教えなければならない人に接するとき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報