位置情報で子どもの居場所をお知らせ

こんばんは。
早速ですが、普通の白ワイン・赤ワインではない、スパークリングワインと、ドイツのアイスワインの賞味期限のことで教えていただきたく存じます。
2年半ほど前にドイツ旅行時にお土産としてアイスワインを買ったのですが、ボトルのデザイン・ラベルが気に入って飲まずに常温で飾っておりましたが、そろそろ空けて飲んでみようかと思っております。
また、1年半ほど前に友人が遊びに来たときに、手土産として持ってきてくれたイタリアのスパークリングワインが開封しないまま冷蔵庫の奥の方に隠れていたのも発見されました。
これら二つのワインには、ラベルに賞味期限など記載されていないのですが、飲んでいいものなのでしょうか。もうおいしい時期は過ぎてしまっているのでしょうか?
もちろん、ひと口飲んでみて判断するという手もありますが、せっかく食事を準備して空けてみてすごい「まずい!!!」ということになるとショックなので、空ける前に知っておきたいと思います。
ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ワインの賞味期限についてですが、基本的にありません。


世間で熟成と言われてい物も正確に言えば味や香りの劣化の事です。
味や香りの劣化でも楽しみ方があるから熟成と言われるだけで、結構なワイン通の人でない限り熟成したワインを美味しいと思う事は無いと思います。熟成したワインは行きついた人の味です。
我々、ソムリエも基本的に飲み頃はそのワインが出来た時に味見をして将来性を予想します。
また、熟成もそこそこの幅がありますからピンポイントで最高と思える時期を決めるのは不可能で、飲む人の好みが一番大事です。
ただ、過ぎてしまったワインはすぐ分かりますが。。。。

予想すると、アイスワインは恐らく飲めなくはないが嫌な酸味が出て飲み慣れていない人にも分かるレベルに劣化していると思います。
飾っていたのなら部屋の電気が2年間毎日当たり、暖房の影響も受けているでしょう。ボトルの口の部分に噴出した後やカビ、ジュクジュクと湿った感じがあれば間違いなく劣化しています。
ただ、味が劣化しているだけで腐ったりはしていませんので、みりんの代わりに料理に使ってみるのも面白いかもしれません。

スプマンテは、そのワインのレベルにもよりますが、恐らく問題なく飲めると思います。
ただ、イタリアのスプマンテなので寝かせて美味しくなると言う事はなく、(飲む人の好みによります)貰った時に飲むのが一番美味しかったと思います。
こちらもコルク部分にアイスワインの方で書いたような跡があれば劣化しています。

先の方が書いている様にアイスワインは極甘口ワインですので料理に合わせるのは非常に難しいです。
もし飲めた場合は、チーズにドライフルーツを添えたり、甘みのキツくないケーキ等が良いと思います。
どうしても料理に合わせるなら、スパイスの利いたソーセージやフルーツ系のソースのシンプルな豚肉でしょうか。ややリスクを感じますが。。。
スプマンテも酒屋さんでお土産として買ったものなら、おそらく甘口だと思いますので、こちらもほんのり甘いデザートやフルーツに合わせるのが楽です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答が遅くなりまして申し訳ございません。
ご丁寧にご回答いただきましてありがとうございました。専門家(ソムリエの方)のご回答をいただき、とても感激しております。
さすがご職業柄、とてもわかり易いご説明で、非常にありがたく存じます。
なるほど、ワインは一般的な賞味期限はなく、熟成や劣化との関係で個人個人で判断するしかないのですね。だから奥が深いのかもしれません。私にはちょっと無理だな。
お店の方のアドバイスやmouton1973様のような専門家の方のアドバイスをもとにワインを楽しみたいと思います。
ワインの世界を楽しくするようなアドバイス、とてもありがとうございました。
先にも書きましたが、アイスワインは残念ながら捨てるようにします。
スパークリングは、来客がある前に買って置いて冷やしてすぐに飲むようにします。
その他赤・白ワインは・・・、お店の方のアドバイスを聞いて保存するなりすぐに飲むなりします。

お礼日時:2010/01/11 13:38

スパークリングは冷蔵庫に入っていたという事ですので


大丈夫かとは思いますが…
アイスワインは…保存状態がよくなさげなので…
味が変わってしまっている可能性はあると思います
賞味期限というより、ワインは保存状態によりますので
一概には言えないと思います。

ちなみに…アイスワインは極甘口ワインなので
食事と一緒にというよりは食後とかに飲む方がいいかと思います(笑)
食事と一緒ならイタリアのスパークリングをオススメします。
個人的な好みですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして申し訳ございません。
ご回答どうもありがとうございました。
早速スパークリングワインは空けてみましたが、アドバイスどおり問題なく、おいしくいただけました。
ワインの保存って一般家庭では難しいですね。でもスパークリングワインは買って冷蔵庫に入れておけば数ヶ月は問題ないことが分かってよかったです。
アイスワインは一度飲んでみたかったのですが、・・・怖いので空けずに捨てるようにします。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/11 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシャンパン(スパークリングワイン)の賞味期限を教えてください

シャンパン(スパークリングワイン)の賞味期限はどのくらいでしょうか?
未開封のときはどのくらいでしょうか?
開封後シャンパン用の栓をしておいた場合、どのくらいもつでしょうか?

また保存の仕方も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一概に、賞味期限は何年とは言えませんよ。
そのもの自体の品質(ポテンシャル)にも拠りますし、ヴィンテージシャンパーニュと廉価なヴァンムスーでは単純に比較はできませんから。
ただ、開封後は早めに飲まれた方が宜しいですよ。開栓しただけでいくらかのガスは抜けてしまいますし。第一、どのくらいもつかということを考慮する飲み物ではありませんからね。
保存場所は温度が一定の冷暗所であることは、他のワインと同じです。

Qアイスワインって何ですか?

アイスワインと普通のワインは何が違うのでしょうか?
飲み方に違いはあるのですか? 簡単に教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アイスワインは、ドイツ語ではアイスヴァインといいます。言葉の意味は「氷のワイン」ということですが、具体的には、完熟した葡萄の実を、さらに収穫を遅らせておき(過完熟)、寒さで霜がおりて凍ってから摘んだ葡萄を、凍ったまま搾った汁から作るワインのことです。もともと、過完熟(通常の完熟状態になってもさらに摘まずにおいておくこと)の葡萄のワインはひじょうに甘口になりますが、アイスヴァインも超甘口のワインです。
収穫量が少ないので値段は高いですね。

飲み方としては、他の超甘口のワインと同様、普通の料理とではなくて、デザートのときにあわせて飲むものです。
(銘柄の国際ルールとしては、ドイツ、オーストリア、カナダ産しか、アイスヴァイン(アイスワイン)とは名乗れないと聞いたことがあります。)

Qワインの保管方法と賞味期限について

兄から「これいらないからあげるよ」と常温保存されていたと思われるワインを3本もらいました。

ラベルを見ると2001年と書いてある赤ワインです。

常温保存では、たとえワインといえども
7年も経つとどうなのでしょう。

風味が落ちてまずい・・というだけで
別に飲んでも体に支障はないのですか?

飲むよりお料理に使うくらいにしたほうがよいのでしょうか。

もしこれが
冷蔵庫の中に置いてあったとしたらどうですか?
冷蔵保存であれば、何年でもOKというわけではないのですか?

その辺のところを教えてほしいのですが・・。宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

結論から申しますと、抜栓してみませんと分かりません。
ただ、あまり神経質になる必要も無いと思います。

>2001年と書いてある赤ワインです。

どのような物か分かりませんが、例えばフランス産の赤でいうとカベルネ系やシラー・メルロなどの品種は一般的に長期の熟成に耐えますが、タンニンやアントシアニン色素などのフェノール類が少ない軽めのワインは熟成させて飲むというよりも果実味を楽しみながら早めに飲む方が好ましいです。
また、長期に耐えるためには高いアルコール度数と高い酸や残糖が必要とされますが、最近のワインのほとんどは出荷後速やかに飲むべき物とされております。

>常温保存では、・・・7年も経つと・・・

ワインにおいては7年程度は長期とは言えませんが、常温というのが問題です。

一般的には保管の理想は10℃~15℃での冷暗で静かな環境が好ましいとされておりますが、最近の日本は四季の温度変化が激しく夏は本当に暑いですよね。
ワインにとっては高温というのは最も避けたい要因ですので、もしそのワインが毎年の夏を過ごしてきた物でしたら多少劣化している可能性があります。
でも、コルクが押し上がっていたり液だれがしていない限りは、本来の状態を保ってはいないにしてもそんなに心配する必要は無いと思います。

>別に飲んでも体に支障はないのですか?
 
全く問題はございませんよ。
もし体に悪いようなものになっているとしたら、ちょっと口にふくんでみただけで違和感を感じると思います。変に酸っぱかったりしたらいけませんけど。

>飲むよりお料理に使うくらいにしたほうがよいのでしょうか。

もったいないですぅ・・・。
でも、3本あるんでしたら1本を煮込み料理に使ってもいいかもしれませんね。

>冷蔵庫の中に置いてあったとしたらどうですか?

冷蔵庫は結構振動が大きいのでワインの長期保管には向かないとされております。ワインにとっては高温とともに振動も避けるべきものですので市販のワインセラーでも良い物は振動無く保存できる物です。


長々と記しましたが、外観から判断する方法としてはコルクの下辺りからガラス越しに眺めてワインが変に濁っていたり コルク自体が押し上がっていたり キャップシールからの液だれがある ということがない限りは大丈夫と思います。(ワイン自体の品質にも因りますけど・・。)

また最近の各シャトーやワイナリーは、蔵出しし出荷したものについては一般的な消費者レベルでは長期の保存を目的とせず速やかに飲まれる事を前提にしておりますので、今回頂いた3本も速やかに飲まれる方が宜しいと考えます。
なお、数日~数ヶ月程度でしたら冷蔵庫の野菜室などに入れておくのもよいでしょうし、お飲みになる前日ぐらいに冷蔵庫に入れておき、飲む1・2時間前に抜栓し常温になじませておくのも美味しく頂ける方法です。

ご参考にしていただけましたら、幸いです。

こんにちは。

結論から申しますと、抜栓してみませんと分かりません。
ただ、あまり神経質になる必要も無いと思います。

>2001年と書いてある赤ワインです。

どのような物か分かりませんが、例えばフランス産の赤でいうとカベルネ系やシラー・メルロなどの品種は一般的に長期の熟成に耐えますが、タンニンやアントシアニン色素などのフェノール類が少ない軽めのワインは熟成させて飲むというよりも果実味を楽しみながら早めに飲む方が好ましいです。
また、長期に耐えるためには高いアルコール度...続きを読む

Qスパークリングワインの賞味期限?

年末にお正月の新年会用にスパークリングワインを買ったのですが、新年会がキャンセルになってしまいそのまま部屋に置いてありました。
今度パーティーがあるので持ち込みしようかと思うのですが、まだおいしく飲めるでしょうか?

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しています。
どういった銘柄かは存じませんが、年末からまだ数ヶ月、外から見て液漏れ(ラベルなどがぬれて変色していないかどうか)などしていなければまったく問題なく飲めると存じます。

Q10年前のワイン

10年前に知り合いの結婚式に行ったとき、引き出物でラベルに二人の名前を印刷した、その年の白ワイン(オーストラリア産)を頂きました。会社の寮の冷蔵庫に10年間も入れっぱなしにしてあったのですが、すっかり忘れさられ、いまや10年もののワインとなってしまいました(笑)
冷蔵庫はちゃんと電気もついていて、冷えた状態で保存されているのですが(コルクもしっかり栓されてます)、はたして飲んでも良いのでしょうか??  また、味は落ちてしまっているでしょうか?
ワインに詳しい方、教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 白ワインで熟成するものは、糖分/甘味が多く(高級・高価)なものだけです。例えば、アウスエーゼ や ベーレンアウスレーゼ以上(アイスワイン)のものです。

 赤も、タンニンが多く、そのタンニンが経年熟成して穏やかに落ち着く味を楽しむものであって、安いものでは期待できません。

 本来、白ワインは、上記の一部を除いては、その新鮮なフルーティーさや、やや熟成した(フルーティーな)甘味と酸味を味わうものなので、5年未満がマックスです。カビネット や アウスレーゼ クラスでは、1-3年程度が限度かもしれません。

 想像するに、オーストラリア(オーストリア?)産の、高々引き出物として頂くような高くない白ワインなどは、その場ですぐ飲むべきものであって、熟成などとは程遠い代物です。

 ラベルに「格付け」の表示が有るかどうか調べてみて下さい。
 Q.B.A.
 Kabinett、Spaetlese、Auslese、...  (が有れば、オーストリア産)




 「死んだ白ワイン」の味はこういうものだといった気持ちで味わうと、また、格別の印象が有るかも知れません。

 コルクもしっかりしているとのことですので、飲んでも大丈夫です。こんな経験は滅多に出来ませんので、心してその味を記憶されることをアドバイス致します。

 白ワインで熟成するものは、糖分/甘味が多く(高級・高価)なものだけです。例えば、アウスエーゼ や ベーレンアウスレーゼ以上(アイスワイン)のものです。

 赤も、タンニンが多く、そのタンニンが経年熟成して穏やかに落ち着く味を楽しむものであって、安いものでは期待できません。

 本来、白ワインは、上記の一部を除いては、その新鮮なフルーティーさや、やや熟成した(フルーティーな)甘味と酸味を味わうものなので、5年未満がマックスです。カビネット や アウスレーゼ クラスでは、1-3年程度が...続きを読む

Qジュースみたいな甘い市販のワインを教えてください!!

なかなか市販のワインで甘いものに出会えません(涙)
甘いといってもジュースのように甘いワインです。。。
やや甘めの表記のあるものを飲んでも
うっ!と渋みを感じぜんぜん甘いと思えないのです。

最近飲んだものでやっと「甘い!!」と思えたのが

サントリーのまるごとぶどうのお酒
http://www.suntory.co.jp/news/1999/7380.html

上記のものです。

これ以外にスーパーやコンビニ等で手に入りやすく
お手軽な値段のワインはありますか??

Aベストアンサー

国産のワインは比較的甘めなので甘口と書いてあれば相当甘いはずです。

北海道ワイン「香り立つ生ワイン 白・甘口」
http://www.hokkaidowine.com/item.shtml?id=58584315163993f61d43c2b31f81ecd5
北海道ワイン「おたる」シリーズ
http://www.hokkaidowine.com/item_list.shtml?id=8a4a5328413861590f33ed3f62ffad08

もう一つ蛇足ですが。
ぶどうから作っているのは同じですが、ワインではなくシェリーと言うお酒があり、そのなかにペドロヒメネスというタイプがあります。干しブドウをジュースにしたような味と香りと色です。

http://www.rakuten.co.jp/wineuki/452055/589785/#582195
http://www.spain.co.jp/shop/vino_jerez/AlamoPedroXimenez/index.html
バニラアイスに掛けて食べる食べ方なぞお勧めです。

値段はそれなりにお手軽だと思いますが、その辺で手に入るかとなると難しいと思うので参考程度に。

国産のワインは比較的甘めなので甘口と書いてあれば相当甘いはずです。

北海道ワイン「香り立つ生ワイン 白・甘口」
http://www.hokkaidowine.com/item.shtml?id=58584315163993f61d43c2b31f81ecd5
北海道ワイン「おたる」シリーズ
http://www.hokkaidowine.com/item_list.shtml?id=8a4a5328413861590f33ed3f62ffad08

もう一つ蛇足ですが。
ぶどうから作っているのは同じですが、ワインではなくシェリーと言うお酒があり、そのなかにペドロヒメネスというタイプがあります。干しブドウをジュースにした...続きを読む

Qかなり古い白ワインですが飲めるのか教えてください。

25年くらい前の白ワインを開けたら、茶色くなっていました。地下のセラーで保管されていたもののようですが、コルク栓は柔らかくボロボロで、液漏れのようなあとがあります。甘口のワインだと思うのですが、甘味はなくコルクや木の樽の匂いが移ったような香りです。一口だけ飲んで、栓をして冷蔵庫にしまっていますがこのまま飲んでも可能でしょうか?熟成しているのか、酸化・劣化しているのか判断がつきませんのでお分かりになる方、お教え下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
・水割りのように薄めの茶色
・濁りはない。
・浮遊物は確認できない
・カビ臭はなし
・ちょっと酸味を予感させる香り
・木樽と思える香り
・うっすらとした甘さ
・酸味はあるが飲めないほどではない
・アルコールの味わいはあまりない
・後味に苦味

以上の観察から、時間が経過してあきらかに飲み頃を過ぎてしまったワイン。時間と共にアセトアルデヒド、およびアルコールとアセトアルデヒドが結合して形成されたアセタールの影響で、シェリーやマディラなどに見られるようなゴムと木樽のまざったような香りがするものと推測いたします。甘味がいまだ残ってることから劣化のスピードが遅く、よって酢酸菌などあきらかにワインをお酢へと移行させる菌の繁殖もゆるやかだったと考えられます。

長期保存に大切なタンニンが豊富な赤ワインと違い、白では甘さがあるかないか、また使用品種の種類、アルコール度数によっても保存年月にかなりの差が出ます。一概に甘口は辛口に比べて保存が出来ます。濃度が高くアルコール度数も辛口よりも高めになっている場合が多く菌が繁殖しづらい環境と言えます。だからこそソーテルヌ、トカイ、ドイツのTBAなどは何十年もの長きにわたって味わうことができるのです。でも私50年経過のトカイ、エッセンシアというデザートワインを飲んだことがありますが、やはり長期の化学反応によりアルコールの厚みのようなものはほとんどなく、さっぱりとした酸味のあるジュースのような味でした。なのでアルコールのあじわいがなくなっているから飲めないということではありません。

で、飲めるか飲めないかということであれば「飲めます」とお答えします。ただし先に述べたように「飲み頃」は完全に過ぎてしまった、劣化したワインというのが私の考えですので、補足にお書きになったように「古くなり飲み頃を過ぎたワインはこういうものだ」と思って召し上がってください。

あまり美味しくないなあ~と思ったらそのまま召し上がることに固執せず、炭酸水をまぜる、ガムシロップや果物、ジュースなどをまぜてカクテルにするなど、美味しく飲める方法を工夫しながら召し上がってみてください。意外に思えるかもしれませんが、薄っぺらなワインに厚みを加えるには、コンビニなどで売っている安い日本酒を少しだけ混ぜるのがお勧めです。ただし多すぎると日本酒特有の吟醸香のようなものが前面に出てきますので、マドラーでかき混ぜながらちょっとずつ足していくと結構面白い味わいになります(笑)。宜しければ一度お試しください。

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
・水割りのように薄めの茶色
・濁りはない。
・浮遊物は確認できない
・カビ臭はなし
・ちょっと酸味を予感させる香り
・木樽と思える香り
・うっすらとした甘さ
・酸味はあるが飲めないほどではない
・アルコールの味わいはあまりない
・後味に苦味

以上の観察から、時間が経過してあきらかに飲み頃を過ぎてしまったワイン。時間と共にアセトアルデヒド、およびアルコールとアセトアルデヒドが結合して形成されたアセタールの影響で、シェリーやマディラなどに見られるよ...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q超長期放置のワインが5本…困っています。

職場のOBの方が引越しをするので、今まで手付かずだったワインを譲ってくれました。
が、困ったことにどれも1989年、1990年のもので、特にワインセラーに保管
していたわけでもなく、暗所にしまっていただけだそうです。
頂いた銘柄は下記の通りです。

・(1989年)Ladoix 赤 …澱は出ていません
・(1990年)Chenas 赤 …澱は出ていません
・(1990年)おたる 北海道ワイン(株) 白
・(1980年代後半?)アスティ・スプマンテ(スパークリングワイン)×2本

素人目で見た感じ、変色等はなさそうなので、死ぬわけでないなら味見
しようと思っていますが、詳しい方から見てこの状況どうでしょうか。
危険であれば捨てることにしますが…。

何卒ご回答よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「ワインセラーでない暗所」の環境次第です。
暗所とのことなので光は問題ないと判断されますが、他に温度・温度変化・湿度・振動・異臭等の要因が気になります。

温度が10度~20度でかつ短周期で急激な温度変化が無く、湿度が50%~80%程度に収まっていて、ワインに継続的な振動が与えられるようなこともなく、異臭を放つ他のものと一緒に置かれていなかったこと、という条件が最低限満足されてさえいれば、充分試しに飲む価値はあると思います。

ワインの熟成というか経年変化というか、どの段階で飲むかというのは大雑把に「この程度から、この程度まで」という目安はプロのソムリエならだいたい持っていると思いますが、この範囲には大きなばらつきというか個人差がありますので、ある人が「これは枯れている、味が変わっている、だめだ」というのを別の人が「これは実に旨い」という評価を下すようなことはよくあることです。

澱について懸念されているようですが、古いワインに澱はつきものです。古いボルドーなど、澱のないワインはほぼ皆無です。ノンフィルターだと若いワインでも澱はあります。澱を飲まなければよいだけのことですから気にする必要は無いです。

私は100年近く経過したシャンパーニュや、150年以上経過した赤ワインを多く飲んでいますが、人間よりワインが長生きであることを痛感させられることが多かったです。いわゆる長熟タイプの高級銘柄の話だろうと思われるかもしれません。たしかにそういうものは大好きです。しかし中には1960年頃のボージョレ、それも畑の名前もつかない「ヌーボー」をラフな環境で40年以上経過した状態で飲み、あまりの旨さに剋目したことがあります。ラベルを見ずブラインドで飲んでいた同席者(プロソムリエ含む)は「これはブルゴーニュのピノだ」「いや古いシュヴァルブランでこういうのがあった」などと言っていましたが、普通は数ヶ月で飲まれてしまうようなワインが40年経過してこんなふうになるのか! と口々に驚愕の言葉を発していました。こういうことがあるからワインは楽しいのです。この楽しみを捨てるなんてもったいない、と私は思ってしまいます。捨てるなら譲っていただきたいぐらいです。

「ワインセラーでない暗所」の環境次第です。
暗所とのことなので光は問題ないと判断されますが、他に温度・温度変化・湿度・振動・異臭等の要因が気になります。

温度が10度~20度でかつ短周期で急激な温度変化が無く、湿度が50%~80%程度に収まっていて、ワインに継続的な振動が与えられるようなこともなく、異臭を放つ他のものと一緒に置かれていなかったこと、という条件が最低限満足されてさえいれば、充分試しに飲む価値はあると思います。

ワインの熟成というか経年変化というか、どの段階で飲むか...続きを読む

Q炊いたご飯。冷蔵庫で何日くらい保存できますか?

日曜の朝に炊いたご飯を、水曜の夕飯の時に食べたいと思っています。
冷凍庫に入れないで、冷蔵庫に入れたままにしても大丈夫ですか?
ちなみに冷蔵庫の開け閉めの頻度は少ないです。

Aベストアンサー

3~4日ぐらいなら冷蔵庫でも大丈夫だと思いますよ。
1週間程度なら冷蔵庫で保存していたことがあります。
乾燥してかたくはなりますが、レンジで温めればやわらかくなりました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング