こんにちは。
私は推理小説、特に「驚愕の結末」や「大どんでん返し」
「読者が書き手にまんまと騙される」といったものが大好きです。

いろいろ読みましたが、そういったジャンルでは、
綾辻行人さんの館シリーズが一番好きです。
昔では小泉喜美子さんの「弁護側の証人」もよかったです。
ちなみに、折原一さんのはちょっと叙述が複雑すぎて、
かえってインパクトが薄いかなと思いました。

皆様オススメの、アッと驚く結末の日本の推理小説、
作家を教えてください。
(社会的弱者や貧しい人を扱った暗くて悲しい話以外で
お願いします。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

文庫本の帯にも「驚愕の結末」「大どんでん返し」とかかれているのでご存知かもしれませんが、貫井徳郎さんの「慟哭」。


「どんでん返し」を十分に念頭において、注意深く呼んでいったので納得のいく結末ではありましたが、十分楽しめました。彼の他の長編作品もそれぞれ少しずつパターンを替えた「どんでん返し」を味わえました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

貫井徳郎さんのお名前は初耳でした。
まだまだ私はひよっこですねぇ。(^_^;)
さっそく書店でチェックしてみます。
楽しみができました!

お礼日時:2003/05/28 12:13

これがなぜ出てないのだろう?有名すぎるのかな?しかも某マンガとの関わりの中でモメたらしいので、すでに結末をご存知かもしれませんが、


わたしが「あっ」と言ったのはあとにも先にも
島田荘司「占星術殺人事件」だけです。
なぜこれに気が付かなかったんだろう……、当たり前のことじゃないか。と読み終わったあとでは思うのですが、
それまでの持って行きかたが秀逸で、鋭い刀でさくっと切りつけられる快感がありました。
これを結末を知らずに読めたことは幸せなことだったと思います。

「ロートレック荘事件」筒井康隆、出ましたね。お読みになるなら「何が起こっても驚かない」とカクゴしてからとりかかって下さい(^_^;)。
(ですよね?#2さま。)

この回答への補足

皆様、ご回答ありがとうございました。
この場をお借りして再度お礼申し上げます。

こんなにたくさんのミステリーを紹介して頂き、
感激です!!!
どれもこれも面白そうですので、
読むのが本当に楽しみです!!
すべての方にポイント差し上げたいところですが、
今回は先着順でつけさせて頂きます。
本当にありがとうございました。m(_ _)m

補足日時:2003/05/29 12:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「占星術殺人事件」はもちろん読んでいますよ!!
とても衝撃を受けました。
それまではどちらかというとクリスティやクイーンなど
海外ミステリーをよく読んでいましたが、
あの本がきっかけで再び日本のミステリーを読み始めたのです。
「ロートレック荘事件」は評判よさそうですね!
楽しみです。

お礼日時:2003/05/29 12:52

こんばんは。


私が『あ~?!』って思ったのは、二階堂黎と人の『奇跡島の不思議』です。
内容がわかってしまうので、ストーリーは書けませんが『え???』って思いました。
この本を読んでから、綾辻行人の『十角館~』を読んでちょっと物足りないなーって思ってしまいました・・・。
好きな方ゴメンなさい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「奇跡島の不思議」は未読です。
i-my-meさんに「十角館」が物足りないと言わしめた本とは、
すごく面白そうですね!
私は「十角館」で十分衝撃を受けましたが、
これを上回りそうで非常に楽しみです!

お礼日時:2003/05/29 12:46

個人的に一番好きなのは有栖川有栖なのですが、最後にあっと驚く結末と言うことなので、殊能将之はどうかな~


デビュー作の「ハサミ男」は評判良いみたいですね。
個人的には「鏡の中は日曜日」「樒/榁」が特にオススメなのですが、シリーズものなので「美濃牛」と「黒い仏」を先に読んで欲しと思う物の、この2作品はあと一歩かな、という感じなのでちょっと悩みます(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

私も有栖川さんのも好きなのですが、
今まで読んだのではアッと驚くのが少なかったのです。。
殊能将之さんのお名前はこれまた初耳でした。
とりあえず「ハサミ男」にチャレンジして、
そのあとを決めてみますね!(笑)

お礼日時:2003/05/29 12:38

「新本格」でググッてみると、オススメや書評が出てきます。



ここでは、まず下記URLをご覧下さい。

以下、私の個人的嗜好です。
綾辻行人は大好きですが、とても真面目な感じがします。
故に?「十角館」などは途中でトリックが何となく分かってしまいました。
例えトリックが分かったとしても、あのエンディングは大好きですが。
綾辻ファンの方には有栖川有栖なんかが好みに合うと思いますが、読まれましたか?
「双頭の悪魔」は、正攻法かつ、ちょっと青春小説的な香りが好きです。
リストの中では二階堂黎人が一番好きです。
ちょっとマンガっぽいところも含めてね。
「聖アウスラ修道院の惨劇」は、ドンデン返しという意味では一番じゃないか?
でも、それ以上にキャラ萌えしちゃいます。
キャラ萌え、という意味では
麻耶雄嵩「翼ある闇~メルカトル鮎最後の事件」も面白かった。
見立てにツイて行けない部分もありましたが・・・
山口雅也「生ける屍の死」は小説の設定事態が
すでにドンデン返しで、面白かった。
最新作の「奇遇」も、中々実験的な作品で興味深いものがありますが
納得したか、というと????
実験的、という意味では綾辻行人の「どんどん橋、落ちた」も
実験的な叙述トリックですね~
ここまでして騙しにかかるか~!みたいな。
で、叙述ならやっぱり法月倫太郎「二の悲劇」かな。
トリックよりは心意気に関心しました。

私の読んでいるのはこんなとこです。

参考URL:http://ha1.seikyou.ne.jp/home/arasiyama/neohonka …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「十角館」のトリックを見破られるなんてすごいです!!
有栖川、二階堂、山口、法月、各氏のは、
何冊か読みましたが、CUE009さんオススメのは未読です。
参考URLも非常に参考になりました。
いつも書店でカバーを見て適当に買っていましたが、
これからはこういうサイトでチェックした方が
当たりが多そうですね!

お礼日時:2003/05/29 12:33

私は、倉知淳さんの「星降り山荘の殺人」を読んで、


終盤に、「しまった!」と叫んでしまいました。

なかなか、お薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

倉知淳さんのお名前も初耳でした。
pocariblueさんが「しまった!」と叫ばれるなんて
面白そうな本ですね!
山荘とか館ものは大好きですので、
早速書店でチェックしてみます!

お礼日時:2003/05/29 12:20

好き嫌いがあるかもしれませんが、


麻耶雄嵩さんの「翼ある闇~メルカトル鮎最後の事件」は、驚いた覚えがあります。

中身を少し紹介をしようと思ったのですが、何を言ってもネタバレになりそうな気が…
結末もですが、話の展開がすごかったです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

麻耶雄嵩さんも知らなかったです。
何だか題名からしてすごそうな本のようで、
わくわくします!
さっそく書店でチェックします。
チェックリストが増えてきて、大変うれしいです!

お礼日時:2003/05/28 16:19

 綾辻さんですので、もう読まれているかもしれませんが、「どんどん橋、落ちた」はそうですね。


 太田忠司さんの狩野少年のシリーズや霞田兄妹のシリーズなどもおもしろいです。
 最後に少し変わったところで、上遠野浩平さんの「殺竜事件 A case of dragonslayer」を上げておきますね。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

「どんどん橋・・」はご推察どおり、もう読んでしまっておりますが、
太田忠司さんや上遠野浩平さんのお名前はこれまた初耳です。
さっそく書店でチェックしてみます。
通勤電車での楽しみが増えて、うれしいです!

お礼日時:2003/05/28 16:10

我孫子 武丸 著『殺戮にいたる病』


が僕的にはベスト。
綾辻が好きならOKかも!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

我孫子武丸さんのは「0の殺人」「8の殺人」など
けっこう読みましたが、「殺戮にいたる病」は未読でした。なんだか題名が恐いので・・(^_^;)
でも、あちこちでよく賞賛されていますし、
fellisiaさんもベストとおっしゃることですし、
ぜひトライしてみます!

お礼日時:2003/05/28 14:30

推理小説のジャンルに入るかどうか分からないのですが、あっと驚く結末の本を紹介します。



「しあわせの書 迷探偵ヨギ・ガンジーの心霊術」泡坂妻夫著

「ロートレック荘事件」筒井康孝著
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

両作家さんとも、お名前だけ存じておりましたが未読でした。
さっそく書店でチェックしてみます。
楽しみが増えました!

お礼日時:2003/05/28 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめ探偵(推理)小説を教えてください

よろしければアドバイスお願いいたします!
探偵が登場する本を読みたいと思っています。また、探偵という職業についても知りたいと思っています。
そこで、探偵が出て来る本で

1.みなさんがオススメの小説
もしくは
2.有名な小説

を教えていただけないでしょうか?

シャーロックホームズや金田一耕助といったひと昔前のものではなく、
現代風のものが希望です。
みなさんが個人的におもしろいと思われたもの、もしくは、
おもしろいかどうかは置いておいても有名(ベストセラーや映像化されたもの)な小説、
どちらか、もしくは両方について教えていただけたら大変ありがたいです!

探偵は出ていないけれど面白いからこれだけは抑えておけ、
という推理小説ももしあれば教えてください。
また、番外編として、現在の探偵という職業の現実や苦労や仕事内容がわかるような、
ノウハウ本やノンフィクションの本もあればご紹介いただければとても嬉しいです!

マンガでも構いません。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「探偵小説」と聞いて、私が一番に思い浮かべるのは
いつも原 尞さんの作品です。
正統派ハードボイルド小説なので、人によっては
読み進めにくいかも知れませんが良い作品だと思います。
代表作:「そして夜は甦る」


次は、真逆で、コメディータッチの作品ですが
荻原 浩さんの「ハードボイルド・エッグ」です。
現実的な事件をコメディータッチで書いています。

他の作品は、探偵小説と呼べるものはなかったと思いますが
良い作品も多くあります。
余談ですが「明日の記憶」は、渡辺兼が内容に感動し
直接、作者に映画化の要望を出して、主演したという逸話があります。


次も、コメディータッチの作品ですが
東川 篤哉さんの作品です。
「謎解きはディナーのあとで」はドラマ化されて有名ですが
他にも「完全犯罪に猫は何匹必要か?」や
「学ばない探偵たちの学園」など、別シリーズの物もあります。
内容的には「そんな事件起きないだろ」というような事件を
推理していくというものです。


次は、「(新)本格モノ」として有名な
綾辻 行人さんの作品です。
中でも館シリーズと呼ばれる作品は、各地にある特徴的な
(奇抜な)構造の館で毎回事件が起き、それを理論的に解決していくと言う内容です。
「十角館の殺人」以降「○館の殺人」として全9作ほど刊行されています。


次は、米澤穂信さんの作品で、殺人事件のような派手な事件ではなく
日常的に起こる不思議なことを学生が推理していく、古典部シリーズ(「氷菓」など)や
ややコメディータッチの「犬はどこだ」などが探偵小説になります。
また探偵モノではありませんが、謎解きとして「インシテミル」などもあります。
(これは映画化されましたね)


最後は、東直己さんの作品です。
実際に起こり得るような内容だが、ややコメディータッチの
ススキノ探偵シリーズと、ハードボイルドタッチの畝原シリーズ
などがあります。
ススキノ探偵シリーズの「探偵はバーにいる」は最近映画化されました。

長くなるので、作品自体の紹介は少なくして、作家名やシリーズ名を記載しました。
興味を惹くものがあれば、検索を掛けて調べてみて下さい。

「探偵小説」と聞いて、私が一番に思い浮かべるのは
いつも原 尞さんの作品です。
正統派ハードボイルド小説なので、人によっては
読み進めにくいかも知れませんが良い作品だと思います。
代表作:「そして夜は甦る」


次は、真逆で、コメディータッチの作品ですが
荻原 浩さんの「ハードボイルド・エッグ」です。
現実的な事件をコメディータッチで書いています。

他の作品は、探偵小説と呼べるものはなかったと思いますが
良い作品も多くあります。
余談ですが「明日の記憶」は、渡辺兼が内容に感動し
直接、...続きを読む

Qおすすめのミステリ、小説を教えてください

おすすめのミステリ、またはスピード感のあって面白い小説を教えてください。
ラノベでもOKです。
どんでん返しがあったり、しっかりした世界観があるのが好きです。

文庫化されているもので、出来れば簡単なあらすじを書いていただけると助かります。

面白いと思った本、思わなかった本は下記の通りです。
これを参考におすすめしてください。
あくまで参考なので、こだわらなくても大丈夫です。

よろしくお願いします。


【面白いと思った本】
ハリーポッター シリーズ (J.K.ローリング)
学校を出よう! シリーズ (谷川流)
  →補足:有名な「涼宮ハルヒ」シリーズは数ページ読んで挫折しました…。
十角館の殺人 (綾辻行人) 
  →補足:水車館は面白くなかったです。人形館、黒猫館、暗黒館、びっくり館は未読。
No.6 (あさのあつこ)
告白 (湊かなえ)
キノの旅 シリーズ (時雨沢恵一)
ゴールデンスランバー (伊坂幸太郎)
コールドゲーム/噂 (荻原浩)
それは、自殺5分前からのパワープレー (黒岩勉)


【あまり面白いと思わなかった本】
すべてがFになる (森博嗣)
レベル7/ICO (宮部みゆき)
インシテミル/ボトルネック (米澤穂信)
七回死んだ男 (西澤保彦)
イニシエーション・ラブ (乾くるみ)
失はれる物語/暗いところで待ち合わせ (乙一)
バッカーノ! (成田良悟)
密室の鍵貸します (東川篤哉)
殺戮にいたる病 (我孫子武丸)
葉桜の季節に君を想うということ (歌野昌午)
東京島 (桐野夏生)

おすすめのミステリ、またはスピード感のあって面白い小説を教えてください。
ラノベでもOKです。
どんでん返しがあったり、しっかりした世界観があるのが好きです。

文庫化されているもので、出来れば簡単なあらすじを書いていただけると助かります。

面白いと思った本、思わなかった本は下記の通りです。
これを参考におすすめしてください。
あくまで参考なので、こだわらなくても大丈夫です。

よろしくお願いします。


【面白いと思った本】
ハリーポッター シリーズ (J.K.ローリング)
学校を出よう!...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

「家族の行方」 (矢口 敦子)

 知り合いの編集者から霊能者と誤解された結果、ある少年の失踪調査をその母親から依頼された女性推理作家の「私」。気は進まないものの、なかば息子の勇起に引きずられるようにして、慣れない探偵活動に着手するが…やがて彼女が直面した恐るべき真実とは?そして少年は今どこにいるのか?安住の地を求めて彷徨う少年を通し、「家族」の意味を問い掛ける緊迫の心理ミステリ。


「償い」 (矢口 敦子)

 歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れ着いた郊外の街で、社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った15歳の少年が犯人ではないかと疑い始めるが…。絶望を抱えて生きる二人の魂が救われることはあるのか?感動の長篇ミステリ。


「あれから」 (矢口 敦子)

 高校一年の千幸は、父が電車内で痴漢を働き、咎めた男性を線路に転落死させたと知らされる。妹の夕美と協力し、父の汚名を晴らそうと独自に調査した千幸だったが、叶うことなく家族は崩壊する。十年後、看護士として働く彼女の前に過去を彷彿させる女性が現れ、明らかにされた慟哭の真実。その時、千幸の胸に去来した想いは・・・・・。長篇ミステリ。

 
「証し」 (矢口 敦子)

 過去に金のために卵子を売った木綿子と、不妊に悩みその卵子を買った絹恵。二人の「子供」である十六歳の恵哉が、一家四人惨殺事件の嫌疑をかけられ自殺した時に、彼女達は出会う。息子の無実を信じる木綿子は真犯人捜しに乗り出すが、絹恵は懐疑的だった…。犯人が現場に残した「VS」の謎が解けた時、二人は恵哉の心の叫びを知る。長篇ミステリ。

 
「傷痕」 (矢口 敦子)

 裁判員制度勉強会で知り合った桜井香子に一目惚れして以来、一色知也の人生は、次第に暗がりへと呑み込まれていく。実は知也は養子で、実父は二十年前の一家惨殺事件で死刑になっていた。刑期を終えて目の前に現れたその共犯者小田島の影に怯えつつ、知也は香子がひた隠す、二人の呪われた宿命を辿ってゆく。


「連続殺人鬼 カエル男」 (中山 七里)

 マンションの13階からフックでぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。これが近隣住民を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の凶行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに……。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の正体とは? どんでん返しにつぐどんでん返し。最後の一行まで目が離せない。


「白銀ジャック」 (東野 圭吾)

 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。
今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者を翻弄する、痛快サスペンス!


「プラ・バロック」 (結城 充考)

 雨の降りしきる港湾地区。埋め立て地に置かれた冷凍コンテナから、十四人の男女の凍死体が発見された!睡眠薬を飲んだ上での集団自殺と判明するが、それは始まりに過ぎなかった―。機捜所属の女性刑事クロハは、想像を絶する悪意が巣喰う、事件の深部へと迫っていく。斬新な着想と圧倒的な構成力!全選考委員の絶賛を浴びた、日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作。


「血の冠」 (香納 諒一)

 元警官越沼が頭蓋骨を冠のように飾られて殺された。それは二十六年前の、「キング」と呼ばれた殺人犯による、迷宮入り事件の手口と同じだった――。弘前中央署会計課の小松一郎は、幼馴染みの警視庁警視正・風間によって、捜査の最前線に立たされる。少年時代の二人はキングの被害者だったのだ……。北の街を舞台に、心の疵と正義の裏に澱む汚濁を描く、警察小説の傑作!


「ストロベリーナイト」 他 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子シリーズ (誉田 哲也 )

 溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。


「ジウ〈1〉―警視庁特殊犯捜査係」 シリーズ (誉田 哲也 )

 都内の住宅地で人質篭城事件が発生した。所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが―!?篭城事件と未解決の児童誘拐事件を結ぶ少年、その背後で蠢動する巨大な事件とは?ハイスピード、未會有のスケールで描く新・警察小説。


「春を嫌いになった理由(わけ)」 (誉田 哲也)

 フリーターの秋川瑞希は、テレビプロデューサーの叔母から、霊能力者・エステラの通訳兼世話役を押しつけられる。嫌々ながら向かったロケ現場。エステラの透視通り、廃ビルから男性のミイラ化した死体が発見された!ヤラセ?それとも…。さらに、生放送中のスタジオに殺人犯がやって来るとの透視が!?読み始めたら止まらない、迫真のホラー・ミステリー。


「向日葵の咲かない夏」 (道尾 秀介)

 夏休みを迎える終業式の日。先生に頼まれ、欠席した級友の家を訪れた。きい、きい。妙な音が聞こえる。S君は首を吊って死んでいた。だがその衝撃もつかの間、彼の死体は忽然と消えてしまう。一週間後、S君はあるものに姿を変えて現れた。「僕は殺されたんだ」と訴えながら。僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。


「シャドウ」 (道尾 秀介 )

 人は、死んだらどうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、凰介の母は病死した。父と二人だけの生活が始まって数日後、幼馴染みの母親が自殺したのを皮切りに、次々と不幸が…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?いま最も注目される俊英が放つ、巧緻に描かれた傑作。本格ミステリ大賞受賞作。


「九月が永遠に続けば」 (沼田 まほかる)

 高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか―。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

こんばんは。

「家族の行方」 (矢口 敦子)

 知り合いの編集者から霊能者と誤解された結果、ある少年の失踪調査をその母親から依頼された女性推理作家の「私」。気は進まないものの、なかば息子の勇起に引きずられるようにして、慣れない探偵活動に着手するが…やがて彼女が直面した恐るべき真実とは?そして少年は今どこにいるのか?安住の地を求めて彷徨う少年を通し、「家族」の意味を問い掛ける緊迫の心理ミステリ。


「償い」 (矢口 敦子)

 歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレ...続きを読む

Q桐野夏生さんの作品でオススメを教えてください

桐野夏生さんの作品は、アマゾンのユーザーレビューで見ると、どれもこれも評価が高く、TVでもとあるコメンテーターが「おもしろい」と言っていたので、そのコメンテーターが言っていたグロテスクを購入して読んでみたのですが、作品に入り込めないというか、おもしろさがわかりませんでした。
ですが、ここまで評価の高い作家さんなのですから、どれか1つくらい「おもしろい!」と思える作品があると思うんです。
評価の良いグロテスクがおもしろいと思えないなんて…と、ちょっとショックというか、悔しいといいますか、自分だけ桐野作品のおもしろさのわからない仲間はずれのような気分でして(笑)

当方、20代の男です。どれがオススメ作品でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったんじゃないか…なんて思い悩むときに、あんなもん読むと気が滅入る。
といいながら、特に気が滅入りそうなのばかり4冊も読んでいる。(笑)

人間の「負の部分」を楽しんでしまえる気力というか、ある種の黒い強さがみなぎっているときには、良いかもしれません。
「真人間」に戻りたくなる。(笑)
4つの中ではね、僕は「OUT」と「ダーク」が面白いとは思う。
しかし、読後感の救いの無さは浅田次郎と対照的!(笑)

逆に言えば、20代の男で桐野夏生作品に共感できるって、あまり良い人生じゃない。(笑)
だから、貴方、安心していいヨ♪

#3です。

蛇足ですが、桐野夏生さんの作品の面白さと言うのは、いうならば人間の「負の感情」や「負の部分」なのだと思う。
差別、軋轢、劣等感etc
浅田次郎の作品に、本当の意味での悪人がいないように、「善人」が少ない小説が桐野ワールド。

「グロテスク」の場合は、現実にあった東電OL殺人事件と、名門私立(明らかに慶応)のイメージが背景として頭に無いと、その「負の部分」がピンとこないかもしれない。

今の僕は苦手だ。。。
唯でさえ、たかが金のために2~3人実質的に殺しちまったん...続きを読む


人気Q&Aランキング