『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

岩井俊二監督のリリイシュシュのすべてや、ラース監督のダンサーインザダークなどが特に好きです。ホラーものの恐怖ではない、人間的な閉塞感や絶望感を描いているものなどの、後味が悪かったり、絶望的な映画が好きです。
おすすめがありましたらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中11~17件)

ちょっと新しいところでいくつか



「白バラの祈り  ゾフィー・ショル、最期の日々」2005
ナチス政権下のドイツで反ナチスを掲げ抵抗した女子大生の実話です。
最後はどうなってしまうのか、目に見えているわけですが、近年まで隠蔽されていた事実だそうで、それが世に知られたことだけが明るい材料かも知れません。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


「縞模様のパジャマの少年」2008
捕虜収容所近くに引っ越してきたナチス高官の息子と、収容所のユダヤ人の子供の話です。ディズニーが配給していたんですけど、思いっきり絶望的なラストで終わります。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


「麦の穂をゆらす風」2006
1920年代のアイルランドの紛争ものです。これもかなりむごたらしい結末へ向かっていく話でした。カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた力作です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …


「レスラー」2008
かつては人気実力のあったレスラーの晩期を描いた映画です。
”もう試合しなくっていいよ!”と言いたくなる痛々しい作品でした。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 遅くなってすみません
白バラ~は本でなら読んだことがありました。映画化されてるんですね。他のも興味深いです。嬉しいです。

お礼日時:2010/02/20 18:40

「リリィ・シュシュ~」は私も大好きな映画ですが、これは個人的には三島由紀夫の世界観だと思います。

具体的には『金閣寺』ですね。これは市川崑監督が『炎上』というタイトルで映画化しています。ちなみに岩井俊二監督は市川崑監督にオマージュを捧げた『市川崑物語』という映画を作っています。

>>ホラーものの恐怖ではない
とありますが、ホラーというジャンルでありながら奥の深いテーマを扱っている映画監督として、黒沢清を推薦します。私も全部見たわけではないのですが、『ドッペルゲンガー』『LOFT ロフト』『叫』『トウキョウソナタ』いずれもオリジナリティ溢れる傑作です。

で、『叫』のラストシーン、これはミケランジェロ・アントニオーニ監督の『太陽はひとりぼっち』を意識していると思われるのですが、アントニオーニもお勧めです。『欲望』など、心地よい虚無感を覚えると思いますよ。ヨーロッパ映画の突き放した写実性というのは癖になりますね。オリヴェイラの『永遠の語らい』とかイオセリアーニの『群盗、第七章』などは難解ですが強烈なインパクトがあります。

もう少しわかりやすいところでは、デビッド・リンチやジョエル&イーサン・コーエンの作品を手当たり次第見てみるというのもいいでしょう。心地よいものばかりが映画ではありません。たくさんの作品を見て真の映画ファンになってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます 遅くなってすみません
とても参考になりました。自分の思う映画観を掘り下げられるよう、色々と見てみます。

お礼日時:2010/02/20 18:39

未だ挙がっていないところで



「処女の泉」
世界的な傑作として知られていますが、映画史上はじめて強姦シーンが描かれたことでも話題になりました。
監督はスウェーデンの王立教会の牧師さんの息子で、それに反して”神の不在”をテーマに、映画を作り続けました。この監督の大半の作品は救いがありません。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

「少女ムシェット」
貧乏な14歳の少女が、家族の暴力など、生きるのに耐えかねて死ぬまでの話です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

「真昼の暗黒」
日本映画です。冤罪事件の実話。100%無実の男が、裁判で死刑判決を受けるまでの話です。最近やっとレンタル店にも置かれるようになりました。
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/mahirunoan …

「鬼火」
アル中で鬱気味の青年が死ぬまでの2日間を描いた映画です。
雰囲気も音楽も内容もかなり暗いので気分が沈んでいるときには見ない方がいいです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3 …

ちょっと趣向を変えてやや娯楽系を
「バニシングポイント」
ニューシネマの傑作の1本です。かつては希望に満ちていたアメリカの青年が死を選ぶまでの話です。アクション映画でもあります。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1 …

ニューシネマと呼ばれた映画はどれも救い無く絶望的な終わり方をします。製作当時のアメリカの世情を反映しているので、そんなのばっかでしたけど、観客には共感を受け大いにヒットしました。
同様に
「イージーライダー」
「俺たちに明日はない」
「真夜中のカーボーイ」
「グライドインブルー」
などなど、どれも絶望的映画です。
「真夜中のカーボーイ」が希望に満ちた始まりなので、その落差がいちばん大きいかな?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …

ボクもアンハッピーな作品の方が好きなので、思い出してまた書き込みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに沢山のものがあるんですねー
私もまだまだ世界が狭いなぁと思いました。大切にひとつひとつ見ていくつもりです。
ありがとうございました

お礼日時:2010/02/04 01:09

ミヒャエル・ハネケ監督の


「ファニーゲーム」
「ファニーゲームUSA(リメイク)」
がオススメ。

後はフランクダラボン監督の「ミスト」
ミストは主人公に感情移入すればするほど
ラストシーンで「うわぁあああああ」
っと叫びたくなります。

後はこのような作品があります。検索してみてください。

ドルトン・トランボ監督の「ジョニーは戦場へ行った」
↑反戦映画。見てて辛くなります;

ギャスパー・ノエ監督の「アレックス」
↑レ○プ描写あり。上映中に途中退席者続出。
絶望といいますか、後味の悪さはピカイチ。

すべて本当に後味悪いので、そういうのが好きな方にはオススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ファニーゲームの2作品は私も大好きですw
他は見たことないので楽しみです
ありがとうございます!嬉しさで興奮です

お礼日時:2010/02/02 00:41

『ミスティック・リバー』です。


通りでいつも遊んでいた三人。ある日、一人が誘拐される。あれから25年、大人になった少年たちは、家族の事件によって再会するのだが…。イーストウッド監督作品。

参考URL:http://mysticrivermovie.warnerbros.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらも見ておりません ありがとうございます!

お礼日時:2010/02/02 00:37

「奇跡の海」


「ボーイズドントクライ」
「ある子供」
「父、帰る」
「スウィートヒアアフター」
「ヴェラ・ドレイク」
「危険な遊び」
「蝿の王」

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほとんど見てないです。
ありがとうございます^^

お礼日時:2010/02/02 00:34

「博士の異常な愛情」


つくりはコメディですがこれ以上ない絶望的なストーリーです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6994/

「シベールの日曜日」
非常に微妙な題材なので今は地上波放映は無理でしょうね。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD13251/index …

「眼には眼を」
子供のころうっかり見てしまい厭世的な人間になってしまいました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD12782/index …

「未来世紀ブラジル」
途中までは奇想天外で楽しい映画なんですが
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11046/index …

「殺しが静かにやってくる」
マカロニウエスタンの異色作です。これはご期待に添えるかどうか少々怪しい。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD14099/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんありがとうございます!喜
全部見たことがありません。楽しみです。

お礼日時:2010/02/02 00:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絶望的な、もしくはラストが暗い映画

絶望的な、もしくはラストが暗い映画を探しています。
ジャンルは問いません。(あ、でも恋愛モノはナシで・・・)
よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

えぇー、有名どころは大抵出ているようなので、未公開作品を含むマイナー路線をご紹介しておきます。

「メメント」:記憶が10分間しか保てない主人公が妻を殺した犯人を捜すサスペンス。「記憶が10分しか保てない主人公の感覚を疑似体験させる」為、シーンが実際の時間軸とは逆に流れる(つまり、最初に結末がある)という斬新な映画。完全に把握しようと思ったら、二回以上の観賞をオススメします。
絶望的なラスト……とまではいきませんが、自分の記憶と存在を疑いたくなるラストが衝撃的。
半分ネタバレになってしまいますが、こういうループする話って、個人的に凄く苦手です。永遠の闇に閉じ込められる、とか。


「地球で最後の男」:男が目覚めると周りには誰も居なくなっていて……。全編に散りばめられた「謎」を解き明かした先にある、「真実」とは!? という映画ですが、冒頭のシーンをよーく見てみると車が走っていたり、無意味に気持ち悪い映像を挿入したりと、C級テイスト漂うチープな作品です。
で、その「驚愕のラスト」(実際はそれ程驚愕のものではありません)とやらが……。ラストの映像に関しては具体的な説明が一切無いので、観る者の想像にお任せ、という事なんでしょうけど、私はバットエンドだと思いました。


「28日後…」:男が昏睡状態から目覚めると、世界は謎のウィルスによって壊滅状態に。果たして助かる道はあるのか!? という多分、アクション・ホラーです。
実はラストが二通りあって、「絶望的」なのはスタッフロール後に流れる「If……(もしもこうなら……)」のほうです。まぁ、まだ救いようはあるんですが、結構キツイEDだと思います(その後が)。


「フライト・トゥ・ヘル」:豪華な最新鋭の旅客機が謎のモンスターに襲われて……というモンスター・パニック。
因みに個人的に今まで見た映画の中ではワースト1。血とかまで下手なCGで作られており、金髪ギャルのエロシーンがお約束のようにあります。間違いなく、オススメしません(苦笑)。
問題のラストですが……取り合えず、この映画を観てしまった事に絶望する、という事で(笑)。私はラストを観た瞬間に画面を殴って、レンタルしたビデオテープを投げつけたい衝動に駆られました。


あと有名どころですと、「CUBE」シリーズなんかも。初代CUBEはそこまで絶望的では無いんですが、「2」と「ZERO」は……。あと、「CUBE」のビデオをレンタルしたときに、オマケ?で収録されていた「エレベーター」という短編作品も、嫌なラストでした。


「ドッグ・ヴィル」:(R-15指定:15歳以下、閲覧禁止の映画です)ギャングに追われてとある村に逃げ込んだ美女。彼女は村人に匿って貰う為に色々と努力するが、ギャングを恐れる村人たちは次第に……という人間性を問う重厚なテーマが強烈。体育館みたいな広いところに、白線で「家」「庭」と書かれた不思議なセットが話題となった(このセットは単に奇をてらったものではなく、テーマを浮き彫りにする為のものらしい)作品です。
絶望的……というか救いようのないというか……兎に角ラスト以外でも強烈な印象を残す映画です。因みに男性の下半身などが(ダイレクトではないですが)モザイクなしで映し出されたり、EDのスタッフロールは死体の写真(本物かどうかは不明です)などが流れますので、ご注意を。

えぇー、有名どころは大抵出ているようなので、未公開作品を含むマイナー路線をご紹介しておきます。

「メメント」:記憶が10分間しか保てない主人公が妻を殺した犯人を捜すサスペンス。「記憶が10分しか保てない主人公の感覚を疑似体験させる」為、シーンが実際の時間軸とは逆に流れる(つまり、最初に結末がある)という斬新な映画。完全に把握しようと思ったら、二回以上の観賞をオススメします。
絶望的なラスト……とまではいきませんが、自分の記憶と存在を疑いたくなるラストが衝撃的。
半分ネタバレにな...続きを読む

Q創価学会の人かどうかの見分け方を教えてください。

事情で、創価学会の人とできるだけ関わりたくありません。
(詳しくは書きませんが、かなり迷惑を被っています。)
これからいろいろな人と知り合いになると思いますが、
創価学会の人かどうか見分け方がありましたら、
知っておきたいです。

ちなみに自分なりに考えたのが、
・どこの新聞をとっているか聞く
・どんなスタイルの結婚式を挙げたかを聞く
(神式、キリスト教式だと大丈夫かも)  です。
最近知り合った人には、さりげなく聞いてみて一安心でした。

たまたま私の知り合った人が熱心すぎる人だっただけで、
学会の人全てを否定しているわけではありませんが、
この事にかなりナーバスになっていますので、
学会の方はお気を悪くされないで下さいませ。
あと、学会の批判ではなくて、見分け方のみご回答願います。

Aベストアンサー

学会会員です。比較的簡単な見分け方は.

1.死者がいないのに(紙製の)仏壇を持っている
2.木製の仏壇の場合は.つくりが派手(他の宗派の場合には.分家したときに作った仏壇をいつまでも使いつづけるので.結構古い物が転がっています)。
3.お守り.破魔矢.熊手.達磨等の縁起物を持たない・買わない(私のような例外もいますが)
4.命日など家族で遠距離の墓参りに行く。(近所の宗派の方は.命日の近くの都合のよい日に出かけます。)
5.若い人のばあいには.「宗教の話をする」。今の若い方々は.宗教関係に興味を持たないのが大多数ですから。
6.夕方特定の遊びまわるわけでもないのに集まる(勉強買いです)。若い方の場合には.酒飲んでカラオケで騒ぐのが普通ですが.これをしない場合です。
7.宗教(日蓮)関係のわけのわからない本がある。

Q悲しい・かわいそうな内容の映画を教えてください

私も映画好きなんですが、、、、、
故あって、タイトルのような映画を探しています。

悲しい・かわいそうな映画といっても、
★内容が“死”に関わる(病気・戦争など)ことが一番の希望する種類です。これならアニメでもいいです。
★映画全般ですが、できれば邦画がいいです。
★戦争映画でも、すごく「ドンパチ」いうのは避けたいです。
★できれば、ハッピーエンドでないものがいいです。
★失恋や悲恋ものは対象外です。
★ビデオレンタル店でゲットできる映画がいいです。

みなさんのお知恵をお待ちいたします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

紹介された中では、邦画の割合が意外と少ないですね。

No.12 の方が紹介されている「ひめゆりの塔」は、今井正監督版(1953年)の方が良いかと。

「野菊の墓」なんかはどうでしょう? 松田聖子主演版は、悲しい・かわいそうなのに、なぜか笑っちゃうかもしれませんが、木下恵介監督版「野菊の如き君なりき」なら、ご要望を満たせます。

吉永小百合&浜田光夫「愛と死をみつめて」なんかも。

個人的には、邦画・悲しい・かわいそう、のキーワードで、内田吐夢監督「飢餓海峡」(1964年、三国連太郎、左幸子、高倉健、伴淳三郎)を、まっさきに思い浮かべました。名画です。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000066AER/qid=1137166008/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-0567817-4869134

Q落ち込む映画、憂鬱になる映画を探しています

落ち込む映画、憂鬱になる映画を探しています

こんにちは。
映画が好きな大学生です。
大学に入ってから様々な映画に触れることが多くなり、
とにかく食わず嫌いせずに観ていっている毎日です。

これまで観た作品はハッピーエンドのものが多く、バッドエンドに挑戦したいと思うので
観終わったあとに落ち込む映画、憂鬱な気持ちになる映画を教えてください。
メジャー、マイナー、製作国、年代問いません!
ただ、グロテスクな描写が苦手なので、それが過激すぎるものは遠慮させていただきます・・・。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No.1/12です。
たびたびスイマセン。
その他、ヴィスコンティとかパゾリーニなんかも陰鬱かなぁ。
あと「ドッグヴィル」をお薦めして、最後にします。
基本的に私が書き込んだ作品はバッドエンドというよりは陰鬱なもの・重苦しいものと解釈して選んでみました。
なお、他の方が挙げておられます「真夜中のカウボーイ」「プラトーン」「時計仕掛けのオレンジ」は私もお勧めします。
大変素晴らしい映画です。「イレイザーヘッド」も良いですね。

若干解説を。
「ドッグヴィル」ギャングに追われている女性グレースを、ドッグヴィルという町の青年(作家志望)は匿う事を決意。街の人々にも彼女を匿う事を提案するのですが、やがて・・・・。
非常に実験的な映画ですが、グレース役のニコール・キッドマンの演技が素晴らしい。
監督はラース・フォン・トリアーですが、この人は「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の監督です。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「es」はご存じの様ですね。
他にマイナーそうなものだけ
「オルカ」は「ジョーズ」のヒットを受けて制作された動物パニック映画ではあります。が、人間対怪物という視点では無くて、妻と子を殺された雄のオルカ=シャチの人間に対する復讐劇でして、なかなか考えさせれらるかなと・・・。でも、観たのは30年も前だな・・・。
「K-19」はソ連の原子力潜水艦の実際に合った事故をもとに映画化。
旧ソ連政権下の最新鋭艦での事故に艦長と乗組員たちが対立しあいながらも・・・・。
「ホーリーマウンテン」不死の術を求めて、錬金術師とその弟子たちは聖なる山(ホーリーマウンテン)を目指しますが。とんでもない映画です。
「エル・トポ」エル・トポとはモグラの事。究極のガンマンになることを目指すエル・トポは息子を捨てて恋人と共に最強のガンマンを倒す旅に出る。
その相手のガンマンたちがとんでもないんですけどね。無の境地のガンマンとか・・・。
で、4人の最強のガンマンを倒したエル・トポは逆にすべての物に見捨てられてしまうが・・。
この映画は、映画館で観て席を立てなくなりましたよ、あまりのショックに。
「ホーリーマウンテン」もそうなんですが、この監督の作品は一見すると意味の解らないもので満ち満ちていますが、一度観てから再度メタファーの意味を調べて、もう一度観ることをお薦めします。もう一度観る気になってもらえるか自信がありませんけど。
ややグロテスクではあります。

黒澤作品に関しては、ネットで探せば解説が色々とあるんじゃないかと思うんですけど、七人の侍とかとは違った味があるかなと思います。バッドエンドではないけど。

No.1/12です。
たびたびスイマセン。
その他、ヴィスコンティとかパゾリーニなんかも陰鬱かなぁ。
あと「ドッグヴィル」をお薦めして、最後にします。
基本的に私が書き込んだ作品はバッドエンドというよりは陰鬱なもの・重苦しいものと解釈して選んでみました。
なお、他の方が挙げておられます「真夜中のカウボーイ」「プラトーン」「時計仕掛けのオレンジ」は私もお勧めします。
大変素晴らしい映画です。「イレイザーヘッド」も良いですね。

若干解説を。
「ドッグヴィル」ギャングに追われている女性グレー...続きを読む


人気Q&Aランキング