出産前後の痔にはご注意!

最近の曲と昔の曲のメロディの違いについて疑問に思ったので質問させて頂きます。

よくテレビなどでCD、着うたなどのランキング番組が放送され、新曲や10年前のトップ10~などを耳にする機会があるのですが、
その曲がいつ発売されたのかということを全く知らなかったにも関わらず、
「この曲は古い曲だな」「この曲は最近流行りの感じの曲だな」
と、聞いただけでその曲がいつの年代のものなのかを分かることがよくあります。

この10年以内の曲、10以上前の曲、20年以上前の曲とハッキリとした節目がある訳ではありませんが、
その当時のランキングと今のランキングを比べてみると
曲調、メロディーになにかその年代ごとの癖があるように感じます。

クラシックと演歌など、ジャンルそのものが違うという訳でもないのに、どうしてこのように今の曲と昔の曲とで違いを感じてしまうのでしょうか?

また、最近の曲の流行りと、1990年前後の時代の曲の流行りとで、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

どなたかご解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#1の方の言うように、音節を無視して「メロディに言葉を乗せている」だけで


「唄っている」感じの歌がなくなったのは大きいと思います。
また、リズムだけじゃなくて「音」も随分変わりました。

昔はたとえば童謡のちょうちょであれば
日本語の「ちょうちょ↓」にちゃんと音も上から下に動くものに
さくら↑であれば音も下から上に…。

最近の曲はこういった音の動きをあえて無視するかのような載せ方が多いので
一瞬聞き取れなかったり
文章を語るような歌い方のできる歌手が減ってる気がします。

最近の歌手でも意味を伝えるような、感情をこめて読むような歌手もいますが
多くは機械的に歌と歌詞が独立している感じがします。

カエラさんのバタフライとかは、割と流行のない素直な載せ方に感じます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、最近の歌は「唄」というより、人間の声も楽器の一部とみなした「曲」といった感じがしますね。

いくら素敵な歌詞が付いていても、それがただの付属品のようなものに過ぎないのなら、
「歌うこと」でその曲に込められた感情を伝えようとしても難しくなって当然ですね。

最近の曲を考えてみても、「イメージ」よりは「耳あたりの良いメロディ」ありきで曲が作られているような印象を受けます。
そのため、「同じような曲ばかり」だとか、「いまいち印象に残りにくい」といったものばかりになってしまっているのかも知れません。

私も木村カエラさんのButterflyを聴いて、一目で気に入りました。
この曲は友人の結婚式で、新郎新婦に送るプレゼントとして作曲されたそうですが、
最初から最後まで目的が「結婚式でのプレゼント」として作られているためか、
曲の方向性や歌に込められているイメージがハッキリしていて印象強く、
何度も頭の中で反芻することが出来ました。

もしかしたら最近の曲は、「売れる」ことばかりを意識していて、そのため何が何だか分からないような曲になってしまっているのではないでしょうか?

お礼日時:2010/02/04 03:32

音楽は、古い昔の歌程、調和が情緒があるので良いです。

現代人は不調和な雑音が好きです。理由は、現代人が、脳の欲望に支配されているからです。脳は、変化と刺激を欲するので、過剰な不協和音、難しい歌詞、不自然なリズムなど、雑音化がエスカレートして、不調和な音楽が進展しています。不調和な音楽は、人の精神衛生に悪影響を与えています。自然の動物や植物は、調和音にだけ反応します。雑音を好むのは、人間だけです。それは人が脳に支配されてるからです。日本人は、情緒が、あふれた調和音で、自然リズムの伝統音楽で、調和な心を、調和な音楽を復活しましょう。演歌、義太夫節、雅楽、神楽、能、長唄、端唄、民謡、 平家物語、
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
人間だけが雑音を好む、というのは初めて知りました。

考えてみれば、今流行りの曲はメロディのナチュラルさよりは、耳あたりが良いかどうかを意識して作られているような感じがします。それが、調和の不自然さに繋がってしまうのでしょうか。

お礼日時:2010/02/15 06:41

#2です


>最近の曲は、「売れる」ことばかりを意識していて、そのため何が何だか分からないような曲になってしまっているのではないでしょうか

というのもありますが、今現在の都会的な生活スタイル、豊かな中で
生々しい感情や個別なシーンよりも
無機質だったり、断片的な言葉やシーンの方が好まれるというのもあるのではないでしょうか。
特に、音楽機器も普及してダビングも容易になりました。
それなりに子供の頃から音楽はたくさん聴けるしレンタルも充実してる。
使い捨て的な音楽ではじっくり聞き込むよりも、より新しく感覚的でファッショナブルになっていったのではと思います。
つまり、売れ方の回転がかなり速くなったんだと思います。
特に小室ブームあたりから、ノリ重視のダンスミュージックに
張り上げるような高い声で歌い上げるものが増えた気がします。

アイドルブームの歌手とはいえ松田聖子さんなんかもちゃんと
歌を「意味のある言葉」として歌ってた記憶があります。

私の好きな歌手にCoccoさん、kokiaさんがいますがこの二人も言葉を言葉として発している感じがします。

昔音楽を学んだ人が歌に歌詞を付けるときに
「これじゃ日本語の発音と逆の音になる」と頭をひねっていたことがあります。

音楽や芸術が既成のものを壊して新しくなっていく部分を考えると
これをあえて無視して「新しい」感を出すのは仕方ないのかな、とは思いますが
何年も繰り返し聞いたり、そらんじたりする歌はないと感じてしまいます。
    • good
    • 1

いくつか違いはあると思います。


リズムが複雑で、音符が細かいものが多くなったこと。
男女ともに音域が高くなったこと。
サンプリング、スクラッチなど、クラブDJ的手法によって作られた音が一般化したこと。

でも一番大きいのは、「日本語の乗せ方」の変化だと思います。
詳しくは、私が4年前ぐらいに回答した以下の過去質問が参考になると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1926249.html

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1926249.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
過去質問も、とても参考になりました。

考えてみれば確かに、最近の曲はカラオケで歌うにしても「とても人間業とは思えない」と思えるような音(良い意味でも悪い意味でも)で歌われている曲が多いですね。
CDに収録されている歌と、生放送などでアーティストが実際に歌っているのとで「あれ?この歌手下手になった?」と感じることがあったのはこのためだったのでしょうか。

録音・編集機器や技術が発達して元の音に色々な手を付けられるようになったことは表現の幅を広めてくれはしたものの、このような、自然さや親しみ易さといった、自然と口ずさみたくなるような要素を奪ってしまったのかも知れませんね。

お礼日時:2010/02/04 03:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青春アミーゴ : 昭和のアイドル歌謡と最近のJ-POPの違いは?

 昨年11月に発売された『青春アミーゴ』(修二と彰)は、幅広い世代から支持され、瞬く間にミリオンセラーとなりました。
 歌っている2人もテレビ初出演の番組で「昭和の歌謡曲をイメージした、ダサカッコイイ路線を狙ってるみたいで、お父さんお母さんの世代も耳に入りやすい懐かしいメロディー」と話していましたし、30~40歳代の人たちも異口同音に「懐かしい感じがして馴染みやすい」という印象を持っているようです。
 確かに昭和のアイドル歌謡と最近のJ-POPでは、全体の印象がかなり違うように感じるのですが、どこがと言われるとなかなかうまく説明できません。キーやリズム、コード進行などいろいろな要素があると思いますが、両者の印象の違いは主に何に因るものなのでしょうか?

Aベストアンサー

「歌謡曲」と「J-POP」は、単に呼び方の違いだけだと私は思ってます。
要するに、流行りの歌のことを、
20年ぐらい前までは「歌謡曲」と呼び、
最近は「J-POP」と呼んでるというだけです。

ただ、20年前と今では音楽性は大きく変わってます。

リズムが複雑で、音符が細かいものが多くなったこと。
男女ともに音域が高くなったこと。
サンプリング、スクラッチなど、クラブDJ的手法によって作られた音が一般化したこと。
いろんな変化があります。

私が思う一番大きな変化は、「日本語の乗せ方」の変化です。
たとえば「愛してる」という5音節の言葉を、
昔は「あ・い・し・て・る」と5個の音符で歌っていたのですが、
今は「あいし・てる」と2個の音符で歌うことも珍しくありません。
最近は、音符自体が昔と比べて細かくなっているのに加えて、
そうやって強引に音符に言葉を詰め込んだ曲が多いように思います。

ここらへんは以下の過去質問が詳しいと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=962492
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=481239

「歌謡曲」と「J-POP」は、単に呼び方の違いだけだと私は思ってます。
要するに、流行りの歌のことを、
20年ぐらい前までは「歌謡曲」と呼び、
最近は「J-POP」と呼んでるというだけです。

ただ、20年前と今では音楽性は大きく変わってます。

リズムが複雑で、音符が細かいものが多くなったこと。
男女ともに音域が高くなったこと。
サンプリング、スクラッチなど、クラブDJ的手法によって作られた音が一般化したこと。
いろんな変化があります。

私が思う一番大きな変化は、「日本語の乗せ方」の...続きを読む

Q90年代の曲の方がよかったって、正気ですか?

20代や30代の人らがよく「音楽は今の曲よりも90年代の方がいい曲が多かった」って言ってるんですけど、
ちょっと理解できないんですよね。そんな10年以上も昔の曲なんて、古くてダサいしその上妙に説教臭くて演歌みたいで、
今の曲と比べてノリも悪いし聴くに堪えないのばっかりなんですよ。
少なくとも僕の周りではみんなそんな昔の曲なんて聞いてる人はいません。
絶対今の曲の方がいいと思います。
何でそんな時代の曲がいいんですか?昔の人は耳がおかしかったんですか?

Aベストアンサー

>そんな10年以上も昔の曲なんて、古くてダサいしその上妙に説教臭くて演歌みたいで今の曲と比べてノリも悪いし

90年代の曲まともに聞いたことあるんですか?
前半は80年代感が漂ってますが後半はむしろ今よりハイスピード・アップテンポな曲が多いですよ。
古さを感じてるにしても少なくとも演歌や説教とは正反対ですね。
(別に演歌とかを否定しているわけではありません)
俺は今10代ですが97,98年辺りの音楽がかなり好きです。
ノリの良い曲が好きならELT、B'z、小室系とかを聞いてみるといいかもしれませんよ。

Qコード進行をパクるという事について

タイトルの通りコード進行をパクるというのは
音楽家の人から見てどうなんでしょうか?
メロディまでパクってしまうのは完全に盗作、コードは盗作ではない
という風に言われてますが・・・

当方全く知識もなく作曲しようとしており
メロディが上手く思いつかないので
コード進行をパクって曲を作ってみようと思っています。
この方法での作曲も勉強・経験になるでしょうか?

初心者のくせに生意気かもしれませんが
やる気はあるので回答・アドバイス等々頂けたらと思います。

Aベストアンサー

まず、コード進行に著作権はありません。
「教えてgoo!」でも、「著作権の問題でコード進行は、ココには書けません・・・」と書く回答者の人がいますが、それは間違いです。本当はコードが判らないのでごまかしているとしか思えません。
コード進行に著作権があったら、今後一切の楽曲が法的に作れないことになります。
 音楽で著作権が及ぶのは、「歌詞」と「旋律」だけです。
 さて、コード進行をパクることは、法的にも道義的にも問題はありません。ただ言葉が悪いだけです。それどころか、気に入ったコード進行は書き留めて、それに自分のメロディーを乗せていくのは勉強にもなりますし奨励されるべきことで、世界中の作曲家がこれを競っています。
コード進行には、「1-6-2-5進行」(C-Am-Dm7-G7)、「1-3-2-5進行」(C-Em-Dm7-G7)とか、名前のついた定番のコード進行があるのです。多くの曲がこれらのコード進行の上に作曲されており、おそらくその数は数百万曲以上あるでしょう。
 数字の羅列では覚えられない、もう少し長い連結のコード進行には、名曲から引用された名前の付いた定番進行があります。
まず、超有名なのが、シャンソンの名曲「枯葉」からとられた「枯葉進行」。
Am→D→G→C→F→B→Em 音楽用語の「五度圏」を回わっていく進行です。
井上揚水は、「いっそセレナーデ」をこのコード進行の上に書きました。
(作曲をするのなら、「五度圏」や「枯葉進行」は自分で検索して調べておいてください。)
それから、「カノン進行」。これはバロック時代のパッヘルベルが作った「カノン」から取られたコード進行でG→D→Em→Bm→C→G→Am→D7というものです。
「少年時代」がこのコード進行の上に乗せられています。寸分違わない進行です。
「スタンドバイミー進行」はその名のとおりです。これはG→Em→C→D7です。
「夢の中へ」のAメロはコード進行の上に作られています。もちろんピッタリです。
という具合です。
これからも、良いコード進行には、その曲の名前が冠せられた「○○進行」が生まれてくるこでしょうし、そのコード進行に乗ったステキな楽曲が次々出てくるはずです。
コード進行を真似るのが盗作だとか、道義的に問題だとか、果ては「パクり」だとか言っていたら笑われますよ。気に入ったコード進行があったら、速さや弾き方を変えて、伴奏だけの録音をし、それに乗せてたくさんのメロディーを作って見て下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一部資料は、作者不詳ブログ「A Cagey Life Relieved」を参考にさせて頂きました。

まず、コード進行に著作権はありません。
「教えてgoo!」でも、「著作権の問題でコード進行は、ココには書けません・・・」と書く回答者の人がいますが、それは間違いです。本当はコードが判らないのでごまかしているとしか思えません。
コード進行に著作権があったら、今後一切の楽曲が法的に作れないことになります。
 音楽で著作権が及ぶのは、「歌詞」と「旋律」だけです。
 さて、コード進行をパクることは、法的にも道義的にも問題はありません。ただ言葉が悪いだけです。それどころか、気に入ったコ...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q最近のJPOPがつまらない曲ばかりなのは何故ですか

私の感覚では95、6年あたりがJPOPの最後の黄金期で、
それ以降発表される曲は、

(1)歌詞が抽象的で風景が浮かばない、何を伝えたいのかわからない
(2)歌詞の中から社会性が抜け落ちてしまっている

という共通点があるように思います。

みなさんはどう感じておられますか?

Aベストアンサー

自分が思うには、TVの音楽番組などで紹介されている曲がそんな曲ばっかりな気がします・・・なんか万人受けであたりさわりがなくって感じがしますね。


でも、そんな歌ばっかりじゃないと思います。
KOKIAさんとか素敵だと思いますよ。
人間ってそんなものねとか伝えたいことははっきりしていると思います。
社会性とかは質問主さんがどういうのを求めてるのかはっきりわからないのでよくわかりませんが・・・


主さんは(1)(2)を条件を満たしている曲は何だと考えていますか?
理由も聞いてみたいです

Q男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際のキーについて

男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際に関してですが、僕は2~3程キーを下げて歌います。

しかし他の過去の質問を見るところによると、キーを上げて低く歌う方が大半のようです。

普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?

僕が他人とは違うだけなのでしょうか。

意味不明かもしれませんが、よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないことを第一にするので、上のとおりに指導すると思います。その上で個々の声域・力量に合わせて微調整すると思います。

男性と女性の声域の差は、およそ半音7ヶで、もちろん女性のほうが高いです。
キーは、12種類ありますが、それは階段のように上下に長くつながったものではなく、時計の文字盤のように、12進めば元に戻ります。
従って、高い声・低い声というはあっても、高いキー・低いキーというのは本来はありません。
12進めば元にもどりますから、現在12時に居るとして6時間進めば6時ですが、6時間戻っても6時です。同じ6時になるので、どちらに回っても良いのです。
そのためカラオケのキーコンは、プラス6、マイナス6までしかありませんし、それ以上は必要ありません。プラス7が欲しければ、マイナス5でよいし、プラス11が欲しければマイナス1で良いのです。
各々まったく同じキーになります。
男性が女性の歌を歌う場合は、キーを7段下げれば本来の声域と合致しますが、マイナス7というのは、キーコンにないので、プラス5にします。先ほど時計の文字盤で説明したとおり、7時間前と5時間先はどちらも「5時」の位置になるので、まったく同じキーになります。もちろん男性の場合は、プラス5にして「下のオクターブ」で歌います。これでキーが7段階下がったことになります。
しかし、もともと男性の歌でも、プロのキー(原曲キー)では高過ぎて歌えないというケースが多いので、同じ意味合いから、プラス5にせずにプラス3あたりに設定して下のオクターブで歌うのが良いのです。
弾き語りでギターをされるのなら、女性の歌を男性が歌う場合、左手の押さえ方を変えずに、カポを第5フレットに装着すれば良いのです。もちろん伴奏のギターの音は高くなりますが、声は1オクターブ落とします。これで気持ちよく歌えます。カラオケのキーコンとはギターのカポのことです。

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないこと...続きを読む

Q何か面白い質問ありますか?

おもしろい質問を織り交ぜたアンケートを作って、それを皆に答えてもらい、その結果を学校で作っている新聞にのせようということになりました。なかなかいいのが思いつかずに困ってます。明日世界がなくなるとしたら、何をしたい?とか電車に乗っているとき何してる?とか、家族にいたらいいなと思う芸能人は?とかいった質問を4択でいくつか作ろうと思います。何か面白いものがあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

楽しげなので参加をば
4択は適当に・・・

・自分の意識に関係なく性別が変わったらどうする。
・無くても良いと思ってしまう科目。
・手がもう一本欲しいと思う時。
・一日をもう一度経験することができたらどうやりなおす。
・テストが全教科0点。親にどう説明する。
・実は自分がロボットだと告げられた。

などなど。

Q音楽の種類(ポップとかジャズとか・・・)

音楽には非常に疎い者ですが、この際聞いて確認してしまいたいと思います。

音楽のジャンルとしてよくpopとかjazzとかClassicとか聞きますが、他にどんなものがあるのでしょうか?それぞれの特徴も共に教えてください。

実際にmidやmp3等で聞けるサイトも紹介していただけるとありがたいです

Aベストアンサー

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現がディープになるにつれて、ハード・ロック→メタル(ヘビーメタル)→デス・メタル といったジャンル名になる。これらのバンドは、髪型は概して長髪で、パーマがかかっている。(長髪だと、リズムに合わせて体や頭を動かしたときの視覚効果もある)

一方、穏やかな大人の男の雰囲気を醸し出すロックは、AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)と呼ぶが、最近あまり使われていない言葉のような気がする。

また、パンクロック(若しくはパンク)と呼ばれるものがあり、これは、能天気でハチャメチャなロックで、ファッションや髪型・色も奇抜である場合が多い。



「ポップ、J-POP」
ポピュラーミュージック。
一言で言ってしまえば「流行歌」。
日本では「歌謡曲」という名称であったが、時代とともにメロディラインやコード進行・アレンジに進化が認められるため、現在の呼称は「J-POP」となっている。
しかし、大昔の曲をカバーするケースが最近特に目立ってきていることからも分かるとおり、決して昔の歌謡曲が現在に比べて劣っているわけではない。
「時代(流行)は繰り返す」
という格言を実証しているとも言える。
個人的には、例えば、石田あゆみの「ブルーライト横浜」や、由紀さおりの「夜明けのスキャット」などは、不朽の名作だと思っている。

なお、CDショップやレンタルCD屋に行くと、日本のアーティストは全部「J-POP」というジャンルの棚に置いてある場合がある。
たぶん、あいうえお順で探すのに便利だからだと思われる。



「ジャズ」
玄人好みの音楽。
拍子に捉われないリズム、時折変態的な和音を交えたコード進行、アドリブをふんだんに加えたメロディーライン・・・・・天馬空を駆るがごとく、自由に展開される音楽形式。



「イージーリスニング」
これは、昔からある音楽であるが、ジャズやクラシックを、老若男女誰でも受け入れられるような聴き易い(=イージーリスニングという名前の由来)音楽として演奏するもの。
ポール・モーリアやリチャード・クレイダーマンが昔から有名。



「フュージョン」
ポピュラー音楽・ロック・イージーリスニングなどとジャズとを足して2で割ったような音楽。(「フュージョン」とは融合を表す英語。)
インストルメンタル(ボーカルなしで、楽器のみの演奏)の形態が多い。
(最近は、「フュージョン」と言わず、単に「インストルメンタルバンド」、若しくは略して「インスト」という場合が多い。)
フジテレビのF1レース中継のテーマ曲で有名な「Tスクエア」が、それ。



「クラブ・ミュージック」、「ユーロビート」等
一言で言えば、ダンスミュージック。
昔、「ディスコミュージック」と呼ばれたものと同じ、とまでは言えないものの、同じリズムを延々と繰り返す点は非常に似ている。



「ヒップホップ」、「ラップ」
メロディ無しで、リズムに乗せて言葉を喋るもの。
(たまに、メロディありの部分がある曲もある。)
日本の古くからの民謡でも「秋田音頭」(♪秋田名物八森ハタハタ男鹿で男鹿ぶりこ、あーそれそれ・・・という歌詞)があるが、それと同じこと。
最近は、キック・ザ・カンクルーなどが有名だが、私としては、古谷一行の息子がボーカルを務めるドラゴンアッシュを推したいところ。

なお、蛇足であるが、
最近人気のお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」は、リズムに合わせて喋ることで有名。ちなみに、エンタの神様(日テレ)でのキャッチフレーズは「HipHopな武勇伝」。



「スカ」
文字通り、「すっか、すっか、すっか、すっか」というリズムを延々と続ける音楽。
他のジャンルの音楽では、通常、「す」の方にアクセントを置くものだが、スカの場合はむしろ「か」の方にアクセントがあり、このリズムを刻み続けるのには、聴いている側にとっては意外なほど、高度な演奏技術を要する。
トランペット、トロンボーン、サックスなどと言った、ビッグバンドで使われるような楽器を各1~2本程度という最小限のバンド構成で演奏。
スカで唯一有名なバンドが「東京スカパラダイスオーケストラ」(通称スカパラ)であり、CM、テレビ番組でも多用されている。



「ブラックミュージック」(黒人系音楽)
  ・・・ソウル、ゴスペル、リズム&ブルース等
黒人は、優れた身体能力と、独特の文化・歴史的背景を持つことは勿論であるが、
音楽においても、演奏能力、動きを伴うパフォーマンス能力、力強くて表現豊か声・音域という優れた性質を持っている。
これらを生かした音楽がブラック・ミュージックである。
代表すべきアーティストを挙げるとすれば、やはり、アース・ウィンド&ファイアー。
プリンスやマイケルジャクソンも、ある意味ブラックミュージックに分類されるが、彼らの場合は、手がけている音楽の種類が多岐にわたるので、ここだけに当てはめるのは適当でない。

黒人でなくても、彼らに憧れてブラックミュージックの道へ進んでいるアーティストも多い。
日本では、上田正樹、宇多田ヒカル、鈴木雅之と姉の聖美などがそうである。



「レゲエ」
南国調の2拍子の音楽で、やはり黒人のアーティストが多いが、往年のスターであるUB40のように白人のレゲエバンドもある。
近頃、日本国内でレゲエ人気が高まっているようである。



「ブルース」
渋い感じの曲調。
例えば、ハ長調でありながら、ミに♭を付けた音を多用したりする。
ジャンルの一つではあるが、他の様々なジャンルのアーティストでも、曲目の中にブルース調の曲をいくつか持っている人は多数。



「バラード」
これは、1つのジャンルの項目というよりは、あらゆるジャンルの音楽において、リズムをスローにしたりして、泣かせる曲調に仕上げているもの、という解釈でよいと思われる。
「泣かせる」とは言っても、短調とは限らず、むしろ、長調のバラードの方が多いような気がする。



以上です。
ほな、しゃいなら!(笑)

またまた、ただいま。(笑)


私からの解説をどういう内容にするか悩みましたが、
この際、クラシックの解説は全部やめて、かつ、最近よく耳にするジャンル名だけに絞って、そして・・・・・


私の主観を大いに交えて!!!

解説することにします。



「ロック」
9割以上が4拍子で、ドラムのリズム(4ビート、8ビート、16ビート)に合わせて、ギターとベースギターが演奏、それにボーカルを加えたのが基本形態。
さわやかにストレートに表現するロックが「ロックンロール」。
感情表現...続きを読む

Qこれぞ誰もが知っている☆名曲☆

タイトルどうりですが、
「これぞ誰もが知っている☆名曲☆」を知っている限り教えてください。 例えば、はじめてのチュウとかなごり雪。
まぁありすぎるわけなんですが、印象に残ってるものだけでいいです^^
弾き語りやっているんですが、結構2,3人のアーティストにしぼって全曲集とかやっているのでたまに息抜きにやりたいわけです^^;
尊敬する山崎まさよしさんがはじめてのチュウと、なごり雪をカバーで歌っていて「おぉ!」って感じになりましたねぇ( ノ゜Д゜)!!!
ではたくさんの投稿お待ちしてます!!!
いっぱい書いてください。では^^

Aベストアンサー

#1さん推薦の和田アキ子の歌、いいですよね。


「はじめてのチュウ」って、キテレツ大百科のエンディングでしたっけ?
俺は、オープニングの方が好きでした。


まー、それに対抗して、まずはアニメソング。

「おどるポンポコリン」B.B.クイーンズ =ちびまる子ちゃん
「サザエさん」宇野ゆう子
「ゆけゆけ飛雄馬」アンサンブルポッカ =巨人の星
「アタックNo.1」大杉久美子
「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ
「宇宙戦艦ヤマト」(ささきいさお =故・宮川泰氏作曲
「マジンガーZ」水木一郎 ←最近も時々、水木兄貴がテレビで歌ってるね
「バビル二世」水木一郎 ←これも、そう。
「天才バカボン」アイドル・フォー




さて、
色々考えてるうちに、#2、#3さんと、一部ダブっちゃいました。許してください。(笑)


レコード大賞曲では

「喝采」ちあきなおみ
「また逢う日まで」尾崎紀世彦
「夜空」五木ひろし
「勝手にしやがれ」沢田研二 →B’zがカバー
「魅せられて」ジュディ・オング
「北酒場」細川たかし
「愛は勝つ」KAN
「innocent world」Mr.Children
「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵 →結婚披露宴のBGMの定石
「TSUNAMI」サザンオールスターズ


その他の邦楽では
「上を向いて歩こう」坂本九 =「英語以外の歌詞」で初の快挙の全米No.1(ちなみに、2番目は80年代のNENAの99 Luftballons)
「明日があるさ」坂本九 =浜田とか、お笑い芸人のグループがカバーしてたよな、たしか・・・
「見上げてごらん夜の星を」坂本九 =平井堅がカバーしてたよな、たしか・・・
「世界に一つだけの花」SMAP
「夢の中へ」井上陽水 =そういえば斉藤由貴がカバーしてた
「スローモーション」中森明菜
「セカンド・ラブ」中森明菜
「抱きしめてTONIGHT」田原俊彦
「赤いスイートピー」松田聖子
「神田川」かぐや姫
「花嫁」はしだのりひことクライマックス
「精霊流し」グレープ
「関白宣言」さだまさし
「学生街の喫茶店」ガロ
「サボテンの花」財津和夫 =ドラマ「ひとつ屋根の下」のテーマ
「星空のディスタンス」ALFEE(当時は THE が付いてなかった)
「愛はかげろう」雅夢
「リンゴ追分」美空ひばり
「柔」美空ひばり
「悲しい酒」美空ひばり
「真赤な太陽」美空ひばり
「川の流れのように」美空ひばり
「こんにちは赤ちゃん」梓みちよ
「東京ブギウギ」笠置シヅ子
「遠くへ行きたい」ジェリー藤尾
「夢で逢いましょう」坂本スミ子
「夜明けのスキャット」由紀さおり
「ブルーライト横浜」石田あゆみ
「舟唄」八代亜紀
「津軽海峡冬景色」石川さゆり
「天城越え」石川さゆり
「越冬つばめ」森昌子
「函館の女」北島三郎
「与作」北島三郎
「王将」村田英雄
「なみだの操」殿さまキングス
「おふくろさん」森進一
「嫁に来ないか」新沼謙治
「津軽恋女」新沼謙治
「昭和枯れすすき」さくら 一郎+女性歌手
「雪國」吉幾三
「北国の春」千昌夫
「みちのくひとり旅」山本譲二
「勝手にシンドバッド」サザンオールスターズ ←最近、誰かカバーしてなかったけ?
「いとしのエリー」サザンオールスターズ →レイ・チャールズがカバー
「愛のメモリー」松崎しげる
「涙そうそう」夏川りみ など
「恋のバカンス」ザ・ピーナッツ =故・宮川泰氏作曲
「モスラの歌」ザ・ピーナッツ →歌詞を覚えるのは難しい
「男の子女の子」郷ひろみ
「お嫁サンバ」郷ひろみ
「2億4000万の瞳」郷ひろみ
「傷だらけのローラ」西城秀樹
「ひと夏の経験」山口百恵
「横須賀ストーリー」山口百恵 ←最近誰かカバーしてなかったっけ?
「プレイバック Part 2」山口百恵
「秋桜」山口百恵
「夢先案内人」山口百恵
「ペッパー警部」ピンク・レディー
「UFO」ピンク・レディー
「スーダラ節」ハナ肇とクレージーキャッツ
「ハイそれまでョ」ハナ肇とクレージーキャッツ
「Temptation」本田美奈子
「モニカ」吉川晃司
「だんご3兄弟」(けんたろうおにいさん、あゆみおねえさん)
「君がいるだけで」米米CLUB
「浪漫飛行」米米CLUB
「First Love」宇多田ヒカル
「SAY YES」CHAGE and ASKA
「LOVE LOVE LOVE」Dreams Come True
「恋」松山千春
「長い夜」松山千春
「とんぼ」長渕剛
「乾杯」長渕剛
「かもめが翔んだ日」渡辺真知子
「異邦人」久保田早紀
「思い出は美しすぎて」八神純子
「みずいろの雨」八神純子
「時代」中島みゆき
「地上の星」中島みゆき
「夢の途中」来生たかお=「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子
「硝子の少年」Kinki Kids
「桜坂」福山雅治
「My Rebolution」渡辺美里 =小室の曲にしては、いい出来
「I'm proud」華原朋美 =小室の曲にしては、いい出来
「負けないで」ZARD
「ひこうき雲」荒井由実
「やさしさに包まれたなら」荒井由実
「ルージュの伝言」荒井由実 =魔女の宅急便のテーマ
「卒業写真」荒井由実
「雨のステイション」荒井由実
「中央フリーウェイ」荒井由実が松任谷由実になった年
「埠頭を渡る風」松任谷由実
「守ってあげたい」松任谷由実
「恋人がサンタクロース」松任谷由実
「ロビンソン」スピッツ =初めて聴いたのは、タモリの番組の中の寸劇のBGM
「涙がキラリ☆」スピッツ
「Forever Love」X-JAPAN =小泉首相が選挙の時に使うBGM
「ら・ら・ら」大黒摩季
「Marionette」BOOWY
「贈る言葉」武田鉄矢
「昴」谷村新司


なんか、キリが無くなってきたので、この辺でやめときます。



あと、インスト(歌が入ってないやつ)では、

「笑点」のテーマ 中村八大
「新・仁義なき戦い」のテーマ 布袋寅泰 =桜塚やっくん、映画「キルビル」のテーマでもある



洋楽まで書いちゃうと、それこそ止め処も無くなりそう(笑)なので、やめときます。

#1さん推薦の和田アキ子の歌、いいですよね。


「はじめてのチュウ」って、キテレツ大百科のエンディングでしたっけ?
俺は、オープニングの方が好きでした。


まー、それに対抗して、まずはアニメソング。

「おどるポンポコリン」B.B.クイーンズ =ちびまる子ちゃん
「サザエさん」宇野ゆう子
「ゆけゆけ飛雄馬」アンサンブルポッカ =巨人の星
「アタックNo.1」大杉久美子
「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマ
「宇宙戦艦ヤマト」(ささきいさお =故・宮川泰氏作曲
「マジンガーZ」水木一郎 ←...続きを読む

Q家の部屋で歌の練習時、声が外に漏れにくい方法アイデアがないでしょうか?。

趣味で歌を始めたんですが。地声が大きい為、歌声が家の外に漏れてしまいます。たとえば頭から段ボール箱のようなものに吸音性のあるもの等を貼り付けてするとか。何か簡易な方法で少しでも声が漏れるのを防げるアイデアはないでしょうか?。よろしくおねがいします。建物は鉄筋コンクリートのマンションです。

Aベストアンサー

 音について調べていくと、当たり前と笑わないで欲しいのですが、空気の振動であることがわかります。そして、音の一番大きい場所は、当然のことながら、声をだしている人の口です。

 更に、その口からすべての音が発生して、それが拡散して響いているとなれば、拡散を防げば、音は聞こえない訳です。当たり前と、笑われると、私も、自分で書いて恥ずかしいです。

 でも、最大のヒントはここにあります。
 そして、その方法については既に書いてますね。

 でも、これは意外に効果が高いです。
 私なんかは、この基本原則にのっとり、布団に潜って発声練習なんかは普通にします。布団を頭から被って、寝ながらですね。姿勢に力が入らないので、この状態で声量がだせると、それだけで最低限の技量があることがわかったりします。(ぁ
 ただ、これは下手にやると簡単に喉いためちゃうんですよねぇ。つまり、無理に力がはいって出そうとするとしてるから、力のいれ具合がわかあらないと、結構危ない。

 見た目はあれかかもしれませんが、4本のポールをたてて、布団で覆って、天上を軽いけばけばした冬用毛布、したに布団、というのが、オーソドックスだと思います。
 地面に向かった音も吸収し、発生させ、拡散する初期段階で大きく吸音できるので・・・ただ、男性の方だと、低域が漏れやすいのが難点かなぁ。
 ちなみに女性の高い声だと、結構効果的だったりします。見た目はともかく・・・

 なんにしろ、吸音を安上がりにする基本は、音源に近い場所で、拡散する前に吸音しちゃうことです。これは、大事です。

 音について調べていくと、当たり前と笑わないで欲しいのですが、空気の振動であることがわかります。そして、音の一番大きい場所は、当然のことながら、声をだしている人の口です。

 更に、その口からすべての音が発生して、それが拡散して響いているとなれば、拡散を防げば、音は聞こえない訳です。当たり前と、笑われると、私も、自分で書いて恥ずかしいです。

 でも、最大のヒントはここにあります。
 そして、その方法については既に書いてますね。

 でも、これは意外に効果が高いです。
 ...続きを読む


人気Q&Aランキング