出産前後の痔にはご注意!

面白いことに気付きました・・・っていうほど大げさなことでもないのですが、
犬カテと猫カテの『このカテゴリで人気のQ&A』ってとこ見てみると、
犬カテでも猫に関する質問がいくつも入ってるのに、逆に、猫カテの方では
犬に関する質問は1つも入ってないんです。
これってどういう違いなんでしょうね。ちょっと面白いな~と思って。
まぁ犬猫両方飼ってる人もいるでしょうけど、それにしても、この違いって何だろ?
猫派の人は本当に猫だけ好きで犬に全く興味無し、って感じなのかな?
そして、犬派の人は犬飼ってるけど、猫にも興味あり、って感じなのでしょうかね?
ちなみに私自身は完璧な犬派人間で犬が大好きです。
そしてちょっと、猫派の人に苦手意識持ってます。(今まで色々嫌な思いさせられたことあるので)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

久しぶりに見てみたら、まだ締め切られていないようだったので、たびたびですが補足させていただきます。



>無責任に繁殖させる人は論外

そうすると猫を外飼いにするような飼い主も論外かと思われます。そんな人を猫派と呼んで欲しくないです。
自分の猫がいつ交通事故に遭ってもいいよ、と言っているようなものですからね…。
完全室内飼いが常識です。私はそういう常識的に可愛がっている人を猫派だと思っています。

それと目つきが鋭くなるのは避妊・去勢のされていない猫ではないでしょうか?最初の発情期の前に手術をした猫は、大人になっても子猫のような顔をした子が多いですよ。

一般的な猫派・犬派という感覚に人それぞれズレがありそうですね。

質問者様は非常識な猫好きを猫派、常識的な犬好きを犬派と思っていらっしゃいませんか?

回答になっていなくてすみません。難しい問題です。
    • good
    • 1

私は猫が嫌いなので、犬派ということになりますね。


犬ならどんな犬種でも大体は好きです。
中には1~2種、嫌いな犬種もありますが、よその犬も好きですよ。
猫も赤ちゃんのときは目がくりくりして可愛いのですが、成猫になると目がきつくなるので怖いです。

ここは犬のカテゴリーなので、遠慮なく書かせていただきます。
不快に思われる方がいたらすみません。
が、あくまでも「犬カテ」なのでスルーしてください。
猫は、完全室内飼いにしてほしいと思っています。
外へ出す飼い主は、「飼っている」と言えるのかな、と思います。
猫が嫌いな人から見たら、勝手に敷地に入られただけで大迷惑です。
昔、実家で小鳥を飼っていたのですが、猫に狙われるので外へ鳥かごを出すこともできませんでした。
自分の家の庭なのに、です。
犬の躾け云々言われる理由もわかります。
マナーを守らない、躾けをしない飼い主も多いですから。
でも、猫が一人(一匹)でウロウロするなんて、それが習性とはいえ、犬の飼い主から見たら信じられない光景です。
前置きが長くなりました。

犬派、猫派とひとくくりにはできないことは重々承知の上、今までの経験から。

ある友人で、彼女が犬を飼っていたときはとても気が合ったのですが、その後、猫を飼った途端、気が合わなくなりました。
ほかの回答者様もおっしゃっていますが、ねずみを捕ってきた、鳥を捕ってきたという狩自慢、その話ばかりでうんざりしました。
気持ちが悪いからやめてとお願いしても、こちらの気持ちを理解してくれないのです。
これは、猫を飼った途端、自分中心になった人の例です。

もう一人、猫好きな人がいますが、この人は猫と全く同じ性格です。
まさにツンデレ。
機嫌の良いときは自分からニコニコ話しかけてくるのです。
でも、機嫌が悪いときは、こちらから話しかけてもいい顔されません。
そのときによって別人になるんですから、何を考えているのかわかりませんし、付き合いきれません。

私の周囲の猫派の人は (←ここは重要です。私の周囲の話です)、
個性が強すぎる人が多いので苦手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>猫も赤ちゃんのときは目がくりくりして可愛いのですが、成猫になると目がきつくなるので怖いです。

私も同じで、それが猫が苦手な理由の1つでもあります。
子猫は可愛いとは思うのですが、成猫になると目つきが鋭くなって、睨みつけられるような感じで。
ふてぶてしそうな顔つきになるのがちょっと・・・。

>でも、猫が一人(一匹)でウロウロするなんて、それが習性とはいえ、犬の飼い主から見たら信じられない光景です。

わかります。それに、外に居る猫が野良なのか飼い猫なのか判別しにくいです。
あまりにも薄汚れてたりしたら「野良」とわかるだろうけど、そうじゃない場合、
飼い猫だとしたら、1匹でよく外に出せるな~と・・心配じゃないのかな~と・・
何か事故に遭わないだろうか、誰かにとっ捕まえられたりしないだろうか、虐待されたりしないだろうか、
その他にも色々と心配にならないのかな?と思ってしまいます。

>ある友人で、彼女が犬を飼っていたときはとても気が合ったのですが、その後、猫を飼った途端、気が合わなくなりました。

とても面白い興味深い話です。そんなこともあるんですねぇ~。
猫派の人は、愛猫が狩りをしてくるのを可愛くてしょうがないんでしょうかね。
私としたら狩られたねずみや鳥がかわいそうと思ってしまいますが。

私の友人でもいました。ツンデレとはちょっと違うかもしれませんが、
その彼女、犬が嫌いで猫好きな、まさに正統派の猫派ですが、こちらにはグサッとくるような事、平気で言うくせに、
私がちょっとでも何か言うと、ムッとして黙り込んだり。ハッキリ言って神経使いました。
今は彼女とは連絡も取っていないし、会ってもいません。何か疲れるんですよね。
思えば彼女がきっかけで『猫派人間苦手意識』の始まりです。
やっぱ猫派の人って猫っぽいのかな~と感じたのは確かです。猫に似てるというか。
正直、犬派の人の方が付き合いやすいです。変な神経使わずにフランクに付き合えるというか・・・
これも私の今までの経験上のことなので、たまたまなのかどうかはわかりませんが。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/07 17:40

私は完全に猫派です。


ですが昔、街で人間と共存できるように、きちんと躾けたシェパードを飼っていました。

【猫が好きな理由】
・静か
・動き方がしなやか
 (相手の様子を見てから行動する)
・見た目が癒される
・犬のような上下関係をあえて作る必要がない
・人間と適度な距離を保つことができる
 (単独行動する性質の為、用がなくなったら静かに立ち去ります)
・きれい好き
・基本的にのんびりしている
・散歩不要


【犬嫌いな理由】
・吠え声がうるさい
 (ちょっとした事でも吠えて知らせる習性が嫌い)
・動きがバタバタと騒がしい
・常に構って(躾の為)いないといけない
・上下関係を認識させなければいけない習性が面倒
・毎日の散歩
・他の飼い主の接待(付き合い)

【犬の好きな部分】
・愛情豊か
・見た目が癒される
・頭がいい
・心が優しい
・飼い主にわかりやすく愛し返してくれるところ




犬も可愛くて好きですが、人間側にかかる負担が多いのが嫌いな理由ですかね。

★犬を散歩させている人が、リードを長く持っているので
 通る時に邪魔で、歩きづらい思いを常にしています。

★犬なので吠えるのは当たり前ですが、
 時、場合、場所を考えて、どういう行動をさせるべきか
 躾けていない飼い主が、本当に多すぎます。

★「犬を愛している」のではなく、
 「可愛い犬を飼っている自分を、可愛いと思って欲しい」
 としか思えない飼い主が多いですね。

「街で人間と共存する為の行動」を、きちんと教えてあげてない悪い飼い主が多いですね。
犬は頭がいいので、根気よく教えてあげれば覚えるのですが、
それをする余裕がない状態で、飼っている人が多すぎですね。


犬が可哀そうだなぁと、
「マナーの悪い、犬飼い」に対していつも思う事です。


どの生き物もそうですが、飼うという事は
街で人間と共存させようとして、あえて家に連れてくるのですから
(この時点でもう動物が可哀そうと思いますが)
基本的な習性を学んで、それでも飼ってみようという確固たる決意をしてから、
相手に迷惑にならないようにしっかり管理してほしいと思いますね。



散歩する時リードは短く持って下さいね。
通行人の邪魔ですからね。
犬が可哀そうですよ。


これが犬が嫌いな理由です^^
マナーの悪い、猫の飼い主に対しても猫好きなだけに嫌な思いをしますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まぁマナーの悪い飼い主は猫派、犬派とか関係無いですからね。
それぞれに居るわけですから。

私の友人から聞いたことですが、その近所に犬を飼ってる家があって、その犬が朝(早朝ではない)に吠えてたら
ある家のオヤジが犬に向って「うるさい!!」って怒鳴ってたそうです。
そのおやじんちでは猫を飼ってて放し飼いにしてて、他人の車の上に乗ってたりとかしてるのにです。
自分とこの猫は放し飼いで他人に迷惑かけてるかもしれないのに、おかしくないですか。
自己中でムカつくオヤジだと思いました。

あと、知り合いの子の話ですが、その子が犬飼ってて、ある家の前の道を通りかかったら
その家の玄関先にそこの飼い猫が居たそうです。知り合いの犬はちょっと立ち止まって、その猫のこと見ていただけだったのに
そこの娘が中から出てきて「おかあさ~ん!犬が○○(猫の名前)をいじめてるよー!!」と言い放ったそうです。
それからそこの家の前を散歩で通るたびに、その娘が在宅の時は中から出てきては難癖をつけられたそうです。
その犬が可愛い洋服を着て散歩してれば、わざわざ中から出てきて
「犬に服なんか似合わない!」と抜かしたそうです。
でもその家の母娘は飼い猫にドレスみたいなのを着せて動物病院へ行くのを見かけたそうです。
しかもその娘って20代~30代のもう大人な娘だったそうですよ。
私はそんな話聞いてすっごくムカついて、今度そいつに遭ったら言い返してやりなよ!って言いました。
「猫に服なんてよっぽど似合わない!!服は犬のためにあるんだよ!!」と。
しかも後日談がありまして、その猫がしばらくして死んだらしいのです。
それを彼女(知り合いの子)の犬のせいみたいに抜かしやがったそうです。
「この犬のせいで○○(猫の名)が死んだんだよー」って言ってたそうです。
この話聞いて腹は立つわ、呆れ果てるわ、「バッカじゃねーの」ってムカついてしょーがなかったです。
こんな根性の悪い猫派人間に遭遇(見聞き)したらトラウマにもなってしまいます。
こんなのは特別に特殊で最強な猫派でしょうけど、すっかり苦手意識が発症してしまいました。
長くなりましたが、そんなことからのトラウマなんです。。。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/07 00:11

周りの犬派は自分の飼っている犬種しか好きではないという人、自分の犬以外は怖いという人が多く「犬派ってそういうものか~?」と思っていたので、この質問を見てかなり驚きました。



以前、里親探しで動物愛護協会に通っていたことがあるのですが、猫を連れてきた人は自分の猫、人の猫、犬もかまっていましたが、犬を連れてきた人は自分の犬にしか興味がない印象を受けました。
(猫は捨て猫を保護した人で、犬は無責任に繁殖させた人だから、その違いかもしれないですが…)

ちなみに私は猫・猫・犬と暮らしてます。
どちらも好きだし、違った魅力があると思うので猫派、犬派と区別して嫌うのはちょっと悲しいです。

前の方の、昔は同じカテゴリーだったというのが有力でしょう。
あとは、さほど違いはないのでは?
人それぞれかなぁと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

犬を無責任に繁殖させる人間なんて『論外』です。
そんな人間は本当に犬好きなのかどうかはわかりませんが、
そういう人間を『犬派』とは呼びたくないですね。
私が言及してるのは、もっと普通に一般的な猫派、犬派のちょっとした傾向であって、
例えば、金儲けしか頭に無いブリーダーとかそんなのは『犬派』なんかじゃありません。
捨て猫を保護してきたその方は、猫だけ好きなわけじゃなくって動物一般的に好きな
方なんじゃないでしょうかね。
猫と犬両方飼ってる方も『猫派』とは言い切れない『動物好き』の方であって、
私の言及してる『猫派』の人とは違います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/06 15:23

以前yahooのコメント欄で似たような書き込みを見つけたのですが、


猫のニュースのコメント欄には犬を飼ってる人のコメントがほとんど無いのに、
犬のニュースのコメントには
「猫の方がかわいい」「猫の方が優秀」「猫が一番好き」
と関係ないのに猫好きを主張するコメントが書き込まれる傾向があるみたいです。
良く言えば猫大好きで一生懸命なのでしょうが
悪く言えば場を読めないというか自己愛が強すぎるというか、
猫好きってそんな傾向があるよね、みたいな感じで書き込みがされていました。

もしかしたら質問者さんの猫派への苦手意識も、そのあたりから来ているのでは…なんて思いました。

ここから先は個人の話ですが
私は鳥を飼っていましたが放し飼いの猫に殺されてしまった事があるので
猫飼いの知人(複数)が「外に放してたら鳥くわえて帰ってきた~」と狩り自慢するのが苦手です。
さりげなく「狩り自慢は不快だから聞きたくない」と言っても理解しないのか狩り自慢はやめてもらえません。
まさしく「良く言えば猫大好き~自己愛が強すぎ」にあてはまってる気がするので、上の説には妙に納得してしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yahooの、そのコメント欄のことは知らなかったですが、
なんかイヤですねぇ~、犬のニュースのコメント欄に、関係無い猫のコメント入れてくるのも。
確かに少なからずそういうとこあると思います。(あくまでも自身の回りでの経験上)。

私は今現在は何も飼っていませんが、以前は犬飼ってたこともあるし、
鳥も飼ってたことあります。犬と鳥は違う時期に飼ってたのですが、
鳥もとっても可愛がってました。(白文鳥でした)
そんな愛鳥(というのかな)を猫に殺されでもしてたら、ますます猫が嫌いになってたことでしょう。
猫好きの人にとっては、そんな猫の習性も可愛く(愛しく)感じるのかもしれませんが、
愛鳥を殺された人にとっては不快極まりないですよね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/06 14:59

猫だってまじまじと付き合えばあなたの思ってるほど無愛想じゃありません。


あなたは本当にねこ飼った事あるんですか?
あなたはねこが喧嘩して血だらけで帰ってきて泣きながら病院につれていったり、かなり可愛そうだけどすずめや鼠を捕まえて変な泣き声で自信満々で帰ってきてのでめちゃくちゃ褒めてやったり、なかなか帰ってこないので心配で捜しに行ったり、経験ありますか?
うちのねこは18年生きて去年死にました、8年前に子犬を貰ったんですが冬だったのでねこが寝る箱の中に一緒に放り込んだら最初は嫌がってましたが、両方寝てる時にそっと入れたりしてたらずっとねてました。
うちのねこは私が仕事から帰ってきたらにゃーにゃー言いながら走ってきて一緒に家の中へいったり、そこらで寝てても話しかけたらにゃ~って返事したり、何がしたいのか寝てる人の頭を舐めまわしたり、ゴロゴロしてると腹や背中に乗って来たり、外へ行くにも自分で窓開けて出て行きます。
喧嘩して追い回されてもうちの犬のところが安全なので外にいる時よく犬のそばで寝てました。
去年死んだ時 仕事から帰ってきたら犬の側で死んでました。とても人懐っこいねこでした。 
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

猫は正直言って好きじゃないので、飼ったこと無いです。飼いたいとも思いません。

>ねこが喧嘩して血だらけで帰ってきて泣きながら病院につれていったり
>かなり可愛そうだけどすずめや鼠を捕まえて変な泣き声で自信満々で帰ってきて
>なかなか帰ってこないので心配で捜しに行ったり

こういう状況がどうも自分的には好ましくなくて・・・。
習性がイヤなのかな、フラッと出て行って何日も帰って来なかったりとか。
・・・っていうか、話がそれてしまったんですが、猫の習性云々はどうでもよくて、
質問内容としては、猫派の人は、犬派の人より「筋金入り」に猫オンリー犬NGっていう感じがして、
質問してみたんですけど、回答者さんは犬も猫も飼ってたのだから、私が指し示しているタイプの方では
ないと思うので。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/04 18:12

>猫派の人と犬派の人との違い?



 私も犬を飼っています。
直接の回答にならないかも知れませんが………

 「犬は人につき 猫は家につく」という言葉があります。
 これは、犬が群れで生活するのに対して、猫が個体(自分以外は敵?)
で生活するところから生まれた言葉であると、私は考えています。

 犬は群れで生活するので活動エリアは広く、群れの中にはリーダーなる
犬が存在するのは当然の帰結かもしれません。飼い犬の場合、この延長線
上として飼い犬のリーダーは飼い主、つまり、人間がリーダーになります。
躾け(コミュニケーション)が出来なくて、飼い主以外の人(主に家族)
がリーダーになる場合が少なからずあります。(笑)

 猫は個体で生活する以上、餌の確保の上でもエリアが狭くなります。
近所の野良猫は定期的に餌をくれる人がいるので決まった場所に定住(?)
しています。野良猫ながら「家」についているのでしょう。
 又、昔の話ですが、私の祖母(一人暮らし)が猫(野良から飼い猫に)
を飼っていたのですが、ある日、ネズミを捕りまして(本能だから仕方が
ない)そのことを祖母が激怒しました。祖母にしてみれば、自分が餌を
与えているのに捕食(実際には食べていません)したのを叱ったわけです
が、「そんなことをするのなら出て行きなさい!」の言葉にその猫は翌日
から姿を消したそうです。祖母は亡くなる間際までそのことを悔いていま
した。祖母は犬派人間だったのかも知れませんが、猫も非常に可愛がって
いました。(笑)

 このような犬や猫の傾向を好むか好まないかというレベルで、犬派や
猫派の人間を区分しただけで、はっきり区別は出来ないと私は思っていま
す。
 血液型で人間の性格を判断することに非常に似ているような気がします。
会話の上だけで盛り上がるのなら罪は無いのですが………
    • good
    • 0
この回答へのお礼

必ずしも100%ではないですが、私の今までの経験上、犬派・猫派って結構、傾向があるんですよ。
これは強く前置きしておきますが、100%ではないです。・・・が、
猫派の人って、結構クセのある人が多いです。(これはあくまでも自分自身の経験上でのことです)
やっぱ猫と似ているのか、独自?というか、ちょっと性格的にキツめの人が多いです。

血液型もそうですが、もちろん100%ではありませんけど、私は少なからずは「傾向」というものがあるとは思ってます。
というのも、芸能人とか見てても「この人、○○型だろうな」って思うと殆ど合ってます。
ちょこっと知り合いになった人に「血液型O型でしょ!?」って言い当てて、
「え~(゜o゜)なんでわかったの~~~?」ってビックリされたことあります。
もちろん、『犬派、猫派』とか『血液型』の区別で、性格が単純に分類されるわけじゃないし、
それで性格の全てが決まるわけじゃないのは当然ですけど、
「傾向」っていう程度のものなら、個人的には「ある」とは感じています。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/04 17:41

まえは犬と猫のカテが一緒だったから、


理由は単純にそれだけのことでしょう。

以前の猫の質問はすべて犬カテに残っているからね。
犬派、猫派なんて全く関係なしだな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういうことでもあるんですね。納得しました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/04 02:57

私は犬も猫も飼育した経験がありますが、性格的には犬派で、猫派は苦手です。

犬は他の動物と共通点が多いのですが、猫は独特の性格があって他の動物との共通点が少ないことから、犬カテでも猫に関する質問がいくつも入ってるのに、逆に、猫カテの方では犬に関する質問は1つも入っていないという現象が起きるのでしょう。例えば、犬は首輪をつけて一定の場所に固定することができますが、猫はするりと潜り抜けるか、さもなければ窒息します。犬は飼い主の言うことを聞いて調教するのが容易ですが、猫は飼い主を裏切ることも珍しくない(隙があればテーブルの上の魚を失敬する)ので調教するのが難しいのです。猫よりも苦労するのは、飼育したことがありませんが、恐らく猿でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『猫は独特の性格があって・・・ ・・・現象が起きるのでしょう。』っていうのわかる気がします。
猫は独自なんですね。だからかな?

ちなみに私は“野良猫への餌やりおばさん”が苦手です。
以前、知り合いの犬を散歩させていて、ある場所を通ったら、野良猫に餌をあげてるおばさんが居て、
そこの道を通ろうとしたら、公道なのに「この道通らないで!!」って言われたことあって、
ムカつきましたね。私道でもないのに、頭きましたね。
きっと犬嫌いで猫オンリーな(言葉悪いですが)ババアだったのでしょう。
野良に避妊も去勢もさせるわけでもないのに、ただ餌だけやって、言いたいこと言って
本当に感じ悪いババアでした。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/04 02:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫好きが嫌いな人

私は猫自体に対しては好き嫌いの感情はなく、単なる動物としか見ていません。動物園のカバとかキリンみたいなモノ。
ただ猫好き、特に成人男性の猫好きは生理的に受け付けない。
成人女性でも猫を溺愛している人はドン引きしてしまいます。
犬好きは特になんとも思わないんだけど。
猫好きの人って独特のオーラが出てませんか?

私のように猫好きの人を毛嫌いしてしまう人はいますか?

Aベストアンサー

犬好きは何とも思わないのに、猫好きは敬遠してしまう理由、何となく解ります。
といっても、私の勝手な解釈に過ぎませんが。

犬も猫も、躾次第で、飼い主の都合(生活リズム、家内ルール、対人マナーなど)にそれなりに順応してくれますが、どちらかといえば、犬の方が、飼い主のペースに歩調を合わせることを心得ています。
相手がペットであれ、意志疎通の叶いやすい存在に対し、愛情を注ぎたくなるのは、生物として自然の心理です。
人間社会において、自身にとっての良き理解者とは、対人関係を構築しやすいのと同様です。

一方、猫は犬に比べ、飼い主のペースに歩調を合わせるより、自身のペースを優先させたい気性が強いように見受けられます。
飼い主に関心を示すのは、何らかのリアクションを期待する場合で、それ以外は、自分の世界中心に生きています。

猫好きに言わせると、そのツンデレ感がたまらないらしいですが、意志疎通の叶いにくい相手を、飼い主の一方通行的な思い込みで、無理やり、理想のパートナー像へと仕立て上げる様相は、現実社会で交流の叶うことのない芸能人やスポーツ選手を相手に妄想を抱き夢中になるオタク層と重なり、傍観していて、何かしら、むずがゆいものを覚えるときがあります。
モンスターペアレントと呼ばれる層の多くが、子どもを親自身の自己満足の道具として扱い、そんな大切な玩具を傷つけられたくない自己愛精神を、子どもへの愛情と勘違いしているだけに思えて仕方ないのと重なります。

十把一絡げは禁物ですが、これらの盲目的な愛情の共通テーマは、愛情を注ぐ対象が、愛すべき「生身の相手」というより、それを溺愛する当人にとって都合のいい理想像へと脚色された「自身の所有物」に過ぎない点かも知れません。

動物好きが、動物園でカバやキリンを相手に、「なんか知らんけど動いてるしー」「よく分からんけど可愛いしー」と、動物そのものの飾り気のない日常感を受け容れつつ、ふれあいを楽しむのとでは、初めから観ている世界が違うのではという気がします。

動物好きという根底は同じでも、その愛情の注ぎ方が根本的に異なるため、違和感や抵抗感が芽生えてしまうのも無理ない話ではないでしょうか。

犬好きは何とも思わないのに、猫好きは敬遠してしまう理由、何となく解ります。
といっても、私の勝手な解釈に過ぎませんが。

犬も猫も、躾次第で、飼い主の都合(生活リズム、家内ルール、対人マナーなど)にそれなりに順応してくれますが、どちらかといえば、犬の方が、飼い主のペースに歩調を合わせることを心得ています。
相手がペットであれ、意志疎通の叶いやすい存在に対し、愛情を注ぎたくなるのは、生物として自然の心理です。
人間社会において、自身にとっての良き理解者とは、対人関係を構築しや...続きを読む


人気Q&Aランキング