ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

お店や業者からはなぜか人気があまりない商品なんです。。

わたしは雑貨などをオリジナルで製作・販売しているブランドをやっています。
数ある大量生産品とは相反して、ハンドメイド(とっても主婦がよく作るものとは違います)の商品です。素材やデザインなども個性的で万人受けはしないと思いますが、かなり固定ファンも多いです。

現在、ネットショップでのみの販売をしていますが、口コミ等でかなり反響を得ています。在庫切れの際は問い合わせが殺到し、製作そのものも追いつかない時も多々あります。


できればその商品をお店などに置いてもらえればいいなと思うのですが、なかなか置いてもらえるお店が見つかりません。直接サンプルを渡してみたりもしているのですが、たいては「今回はちょっと。。」と断られてしまいます。委託販売の条件なども一般的な条件だと思います。
また、こちらから営業したのではなく、相手側から商品取り扱いやコラボの依頼がたまに来るのですが、
そういう案件も最終的にはなぜかうまくいきません。

ちなみに去年は、下記のような打診が他店・他社からありました。

・某オフィシャルメーカーショップからコラボ製品の依頼→条件OKで商品納品後に先方都合で企画倒れ(初回納品分のみ買取済。先方での販売はなし)
・某一流メーカー広報からコラボ製品の打診→喜んで会いに行ったら「今すぐじゃないけど、そのうち。。」と言われる。
・他県の某専門ショップ→商品を卸ろさせてほしいと打診→条件を提示したら、音信不通
・他県の書店→商品を卸ろさせてほしいと打診→条件を提示したら、音信不通

その他、ネットショップなどからは「受注発注」的な条件での打診がいくつかあったが、こちらはリアル店舗での販売をしたいので、それはすべてこちらから断っています。

取引の条件としては、やはりハンドメイドですし、ゆずっても6掛け程度ですべてお願いしてるのですが、やはり条件が難しいのでしょうか?

一般のお客さんからは「多少値段は高めだけど、とてもいいです」と人気も上々なだけに、なぜお店や業者さんからはそれほど反応が薄いのか不思議です。
取引の条件が悪いのでしょうか? しつこく営業しないからでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

簡単に考えられるのはやっぱり価格でしょう。


6掛ってもし雑貨なら全く相手されませんよ
店への直卸としても雑貨なら最低4~5掛でしょう。
(勿論、掛け売りOK、不良品返品OKでね)
メーカーだったらさらに卸すわけですから
もっと安くしないといけないしね
これハンドメイドとかあんまり関係ありません。
(ハンドメイドだから定価は高いと考えますしね)
ちなみに大手百貨店のテナント出店の場合
都心の一等地だとその率だと定価で売ってもその利益以上に
売上手数料として百貨店に持って行かれる場所もあります。
(だから扱えるわけ無い)

それとその店のニーズの違いだと思います。
地元では売れないけど百貨店など高級志向なら売れるとか、、、
つまり営業する相手を間違っているって事ですね
それとスペースをその分、確保する必要があり
他に売れる商品があればそれを置く方がいいという判断もあります。
あとトラブル防止という意味もあります。
製造物責任法もありますので貴殿がその対応ができるかどうか
疑問もありますしね(保険かけている証明すれば安心するでしょう。)
つまり信用面ですね
量を用意できるかという問題もあります。
いざ売ったものの売り切れでは困りますからね

まぁーいろいろ理由はあります。

広げたいのならギフトショーでも出展してみれば
金はかかりますがかなりの宣伝にはなるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
条件面では6掛けではいい方だと聞きますので、それもそうかと思います。
ニーズの違いは、店主さんの好みもありますので、こちらが勝手に思ってても仕方ないですよね?
ちょっと考えてみます。

お礼日時:2010/05/14 13:28

ネットショップの値段が安すぎるからです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。検討します

お礼日時:2010/05/26 11:20

オリジナル商品で、数が出そうも無いのに掛け率が6割しかなくては誰も売りたがりません。

同じ手間をかけるなら、他の商品を売ります。

販売店は、自分が儲けるために営業しているわけですから、新製品(この場合はあなたの商品)を見た場合に自分のところにおいたら『儲けが大きそうだ』と思えるものをおきます。

他の製品に比べて、値段が高いのに掛け率が悪い商品は販売店からは一番嫌われます。6掛けでは到底話しになりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、6掛けでは話にならなさそうですね、

お礼日時:2010/05/26 11:20

6掛けだと、業者は見向きもしませんよ。

経験上。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。経験談ありがとうございます

お礼日時:2010/05/26 11:21

私が仕入れる側で、ある商品を交渉したことがあります。


一般受けするタイプのものではありませんでしたが、質問者さんと同じくほとんどハンドメイドで、そのジャンルが好きな方にはたまらないだろうなと思いました。
実際私にも魅力的な商品でしたが、掛け率を提示されて仕入れるのをやめました。
それが6掛けでした。

販売する側からすると6掛けはかなり厳しいです。
まるまる4割が儲けになるはずもなく、実際は1割あればいいほう。
しかも小売価格が相当な金額でないと、儲けになりません。
ハンドメイドですから大量生産で薄利を狙う商品ではないですし、
そうなると展開するリスクを考えた場合、手を引かざるを得なくなるのです。

あと気になるのは納期です。
ご自分のネットショップの商品でも客待ちがあるというくらいなのですから、納期をどこまで守ってもらえるか不安になります。
いくら口で「必ず納期を守ります」といわれても、もしセールストークでネット販売の状況を説明していたら、やはり不安感は払拭できません。

多分そのへんが複合的に絡んだのではないでしょうか。
ご質問からあくまで想像での回答ですので、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、、やはりうまみのない話なんですね、6掛けでは。。

お礼日時:2010/05/26 11:21

NO5です。



>>条件面では6掛けではいい方だと聞きますので、それもそうかと思います。
いえ私の経験ではかなり悪いです。
仕入れ量が1個2個しかないネットショップだとわかりますが
百貨店にテナント出店しているようなところだとまず相手にもしない掛率です。
直売の店でも高いと感じるわけですからメーカー(問屋)だったら尚更ダメでしょう。
ある一定数仕入れてくれたら3割にするとか交渉しないとだめですよ
勿論、それだけ商品が納期通り用意できないとダメですが、、、

それなりの規模の店相手にすると売ってくれますが率は厳しいよ
(不当たりのリスクも高くなる)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。検討してみます

お礼日時:2010/05/26 11:22

ハンドメイド 量産品出ない場合 リードオンタイムで 製品製作在庫確保し納品が守れるか



製品の完成度 ばらつきは無いか などが懸念されますねー

価格面 6掛けは 仕入商品としては、難しい~ 

今しばらく ご自身で販売し 商品知名度と価値観をUPさせ 全国的に話題になれば 言い値条件での取引でも 扱う店が出てくるでしょう。

仕入業者は 1仕入先から 数種の商品仕入れでなく なるべく 多くの商品バリエーションを持った仕入先と 取引したいものです。 モデルチェンジや新製品開発も 期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。掛け率が大きいですね

お礼日時:2010/05/26 11:23

ろうけつ染めをやっていた親族がいました。

Tシャッを作るのも手間がかかるので、ある程度の価格になってしまう。安物の生地は使えないと言っていました。ハンドメイドは基本的にコストがかかるので、安物は作る意味がないということです。お店にとって仕入れの高いハンドメイドは売りにくいという事だと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはりそうなんですよね。
お店にとっては売れればハンドメイドであろうとなかろうといいわけですかね。

お礼日時:2010/05/14 13:33

断られている理由として考えられるのは、


・卸値が高い:先方の値付けから逆算して利益が薄い
・数量に難あり:(売値-卸値)×数量=粗利益で出したときに
 企画として魅力がない
・与信:業者から見て取引先としての信用に欠け、取引できない
・生産能力:納期など難はないか
・品質・品質管理:クレーム対応、品質管理項目・表など
・断り見積もりだと思われた:卸値が高いため
 ※この時に駄目元で希望を聞いておくと、
  業界慣例の掛け率が分かると思います。

卸値が下げられないなら、定価を上げて見掛けの掛け率を
下げるしかないと思いますが、
すでにネットショップで販売されている商品だと厳しいと
思います。
恐らく原価が高いのでしょうが、
自分で実店舗を持たない限り、
ネットショップに限って販売していく方が
良い選択だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
判断材料として参考にさせていただきます

お礼日時:2010/05/14 12:06

ネットでもそれなりに人気で、企業側から打診があるなら商品に充分魅力はあるんだろう。


しかし条件を提示したら音信不通になったケースが多いなら、その条件がマズイんじゃないか?
それか、実際に見てみると一部の人にしかウケないなーと思われたか。

本当の所を知りたいなら断った企業に赤裸々な意見を求めてみるのが良いんじゃないか。
どんな商品なのか、どんなやり取りがあったのか知らんからこっちは推測しか出来んよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。赤裸々な意見を今後聞いていこうと思います。
たしかに条件面では考えられます。なかなか難しいですね

お礼日時:2010/05/14 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセサリーの委託販売する時の値段の決め方

こんにちは。
私は趣味でアクセサリー(ガラスと銀細工)を作っているものです。
これまでギャラリーを使っての教室展や友人のカフェ又はクラフト展などで販売してもらった経験はあるのですが、アクセサリーショップに委託した経験はありません。
これまでは販売手数料2割から3割程度でしたので、3割を想定して
ギリギリ安い値段設定にしてきました。
最近新作を作ったのを契機に委託販売も始めようと思って気になっていたお店(とある観光地のわりと格式のあるお店)に思い切って委託を相談したところ委託手数料は5割ではじめは6割取られるということでした。
新作でしたので、値段は未定だったのですが、お店の方がこの商品だったら安くても5000円できれば7000円くらいじゃないかなと言っていただきました。自分としては3割取られることを想定して、ギリギリ3500円を想定していたので、5~6割の手数料であれば5000円でも妥当かなと思ったのですが、ちょっと高いんじゃないかなと躊躇してしまいました。
自分はクラフト市などでも販売したいので、3500円くらいの設定で
自分のHPにもその値段で商品を紹介しようと思っっていましたが、
3500円では5割~6割取られるとなると厳しいです。原材料費のこともあるので・・・

少し話はそれますが、以前自分の作ったものを東京のアクセサリサロンに委託販売をお願いしたところ、委託でなく3000円で買い取ってくれる
という嬉しい回答をいただいた事があるのですが、お店が10000円で
販売するということで、断った経験があります。

今のところ趣味でやっているのですが、HPを立ち上げれば一人の作家
やお店としての責任もありますし、お店によって販売価格を変えたり、
自分のHPからの通販で安く販売することはできないようにも思います。

長々と書いて申し訳ありませんが、委託販売されている方はどのような
値段の決め方をされていますか?
極端な話、デパートに入っている宝飾店と近所のカフェにおいてもらう時、同一商品で販売価格が異なることはありますか?

委託をお願いするお店に失礼がないようにしたいので、作家さんを含め
委託販売をされている方がおられましたら、アドバイスいただければ
幸いです。

長文すいません。
よろしくお願いします。

こんにちは。
私は趣味でアクセサリー(ガラスと銀細工)を作っているものです。
これまでギャラリーを使っての教室展や友人のカフェ又はクラフト展などで販売してもらった経験はあるのですが、アクセサリーショップに委託した経験はありません。
これまでは販売手数料2割から3割程度でしたので、3割を想定して
ギリギリ安い値段設定にしてきました。
最近新作を作ったのを契機に委託販売も始めようと思って気になっていたお店(とある観光地のわりと格式のあるお店)に思い切って委託を相談したところ委託手...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私はもうかれこれ15年位 委託や買取で自作のアクセサリーを作って販売していますが、今までの経験から言うと委託販売は大体6掛けもしくは(条件によってはそれ以上)で卸してます。たとえば3000円の商品なら3000×0.6=1800円卸し、お店の取り分は1200円という感じです。もしくは5掛というのであればこちらは下代で1800円はもらえるように、1800×2=3600円上代を販売価格にしています。(他店に同じものを卸している場合、お店によって価格が変わってしまうと広げてお仕事をされるようになった時、厄介なのでなるべく同額の上代になるように下代を設定したほうが良いと思います。)
委託で5割はちょっと条件としては良くないかもしれません。結局 売れなければ帰って来るのですし、売れて追加が来ても利益が少ないのではただただ忙しいだけになる可能性もあるかも・・・ただこれからお仕事としてやっていくのか趣味の延長戦上でやっていくのかで、この辺も変わっていくのではないかなと思います。(仕事としてやっていくならば、仕入れなどもなるべく安く仕入れられる工夫も必要ですし、下代の決め方や出来上がりの上代設定の感覚も大事になってくるのでは・・)
それから路面店舗の買い取りの場合は仕入れの3倍の価格になることもあると思うので、買い取られた作品についてはお店におまかせしてしまうこともあります。
でも、きっと長くお付き合いを続けて行けるお店はmiyu1980さんのスタンスにあったお店になってくるのでは・・。
色々あるかと思うのですが、素敵なアクセサリーを作って下さいね。。

こんにちは。私はもうかれこれ15年位 委託や買取で自作のアクセサリーを作って販売していますが、今までの経験から言うと委託販売は大体6掛けもしくは(条件によってはそれ以上)で卸してます。たとえば3000円の商品なら3000×0.6=1800円卸し、お店の取り分は1200円という感じです。もしくは5掛というのであればこちらは下代で1800円はもらえるように、1800×2=3600円上代を販売価格にしています。(他店に同じものを卸している場合、お店によって価格が変わってしまうと広げてお仕事をされるようになった時、厄介な...続きを読む

Q商売上の7掛けの意味

よく商売をする上で7掛けという言葉が出てきますが、これはどういう意味なのでしょうか?
例を挙げて教えていただけないでしょうか?
また7掛けというのは商売上低い値なのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なながけ

個人商店の仕入れとして辛うじて及第点。
大規模店なら失格(品物自体に対して)。

大雑把に、
1.品物の原価 :売値の1/3
2.従業員の給料: 〃  1/3(及び運用コスト)
3.組織の粗利益: 〃 1/3  

が基本と思います(どんな事でも1/3法則)。

個人商店なら1,2を一緒こたにして、全コストが
7割でも問題になりませんが...
(本当は67%以下にすべし)

組織では、1が7割を占めては、絶対に回せません。

Qセレクトショップなどへの卸値は?

オリジナルデザインのノーブランドのTシャツをオークションなどで売っていましたが好評が良く、セレクトショップでも置いてくれる話が数件あるので正式にブランドを立ち上げ商品化しようと考えています。
そこで、セレクトショップへの卸値で迷っています。
例えば、一枚のコスト1500円のTシャツを販売価格5000円とします。
その商品をセレクトショップへ卸すとしたらいくらぐらいで卸すのが良いのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

卸し価格の設定はいろいろありますが主なものをあげると、
(1)あなた自身がお店で販売してもらう価格を決める方法。
(2)お店が自由に販売する価格を決める方法。
(1)の場合は、どこのお店でもあなたの商品の価格は一緒です。
(2)の場合は、それぞれのお店の儲ける金額(率)によって、同じあなたの商品でも販売価格が変わって来ますよね。OK?
(1)の場合が解りやすいので、説明しますね。
「販売価格」を上代と呼び、「卸し価格」を下代(げだい)と業界?では呼びます。今回の場合販売価格5000円ですから、6掛けの卸し価格であなたがお店に売るとして、(販売価格X0.6)=3000円になりますから、お店の儲けは5000円-3000=2000円と言う事になります。そして、あなたの儲けは当然、卸し価格3000円-コスト1500円ですから=1500円となるわけです。OK?
ちなみに5.5掛けとは上代X0.55が卸し価格になる。という事です!
解らなかったらまた、質問して下さいね!

Q掛け率って?

大変初歩的な質問で恐縮なのですが、普段3万円にて当店が販売している商品を、「掛け率2~3で卸してくれ」と言われました。

・・・掛け率ってなんですか?
ちなみに商品は原価8000円、当店オリジナルの日用雑貨セット商品です。

また、私はそういったことに全く無知なのですが、日用雑貨品の卸価格の相場や、初めての卸売りの際の注意点などございましたら、どなたかご教授頂けませんでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは
日曜雑貨の事は解りませんが基本は同じだと思いますのでアドバイスさせていただきます。

私達商売人が普段普通に使用している言葉です。
実に簡単ですよ(基本が解れば)

でも今回の場合「掛け率2~3で卸してくれ」と言う言い方もおかしいと言いますか・・少し疑問です。でも解る人が聞いていれば理解出来たでしょう。
だから余計に解らなくなっておられるかも知れませんね。
これについては後で。

まず、上からと下からと言う言葉(考え方)を覚えて下さい。商売の基本です。

上からの上とは上代(じょうだい)今回の場合は3万円です。
下からとは下とは下代(げだい)今回の場合は原価8千円です。
掛け率2とは2割、3は3割りの事、20%30%です。

今回の場合、「掛け率2~3で卸してくれ」の相手が、上から言っているのであれば、普通はこのような言い方になります。

まず、2割なら8掛け、3割なら7掛け(なながけ)と言います。
ですから「8掛け~7掛けで卸してほしい」と普通は言います。

この場合は、一般のお客さんに30000円で販売しているなら、
2割=8掛けは、30000-6000=24000円卸し(3万×80%でも良い)
3割=7掛けは、30000-9000=21000円卸し です。

この割合いは、小売りを対象にした商品では一般的な卸しの掛け率ですね。

ちなみに、ホテル式場の引き出物の相場は、業者はホテル式場に6~7掛けで卸します。
新郎新婦が10000円の商品を選んだなら、業者は6000~7000円でホテルに卸すのです。

ここからが問題です。

原価8000円との事ですが、この原価は何原価ですか?
単純に仕入れた価格が8000円なら仕入原価です。
(仕入原価8000円で売値30000円は高すぎませんか?でもこれは余計な事ですね・・)
製造材料原価が8000円かも知れませんね。これなら材料費+加工費(人経費)や電気代などいろんな経費がプラスされてきます。

まあ、ここでは仕入れ原価8000円とします。

今回「掛け率2~3で卸してくれ」の相手が、下から言っているのであれば、普通はこのような言い方になります。

「原価に、掛け率2~3乗せて、卸してほしい」と。ポイントは乗せる(のせる)です。

この場合は、一般のお客さんへの販売価格は関係なく、8000円原価なら、

2割=8000+1600=9600円卸し
3割=8000+2400=10400円卸しになります。

※厳密には下記ですがこれについては必要なら答えます。
2割=8000/0.8=10000円卸し
3割=8000/0.7=11428円卸しになります。

この「下から」の掛け率は、私達の間では一般的な卸し掛け率になりますが、今回の場合はどうか解りません。
今回はたぶん先の「上から」だと思いますが、同じ雑貨業者さんが言っているのなら、その仕入れ(原価)相場を知っているので「下から」かも知れませんね。

卸しの場合は、売れても売れても、その結果、振り回されたり、忙しいだけで何にも儲からないと言う事がありますし、同じ品物を安売りされる場合がありますので要注意です。
貴店オリジナル商品なら目先の売り上げだけを考えて、安易に卸しをするべきではありません。

貴方が店の経営者だとは思えませんが、もう少し勉強されて、頑張って下さい。
不明な点があれば何でも聞いて下さいね。

こんばんは
日曜雑貨の事は解りませんが基本は同じだと思いますのでアドバイスさせていただきます。

私達商売人が普段普通に使用している言葉です。
実に簡単ですよ(基本が解れば)

でも今回の場合「掛け率2~3で卸してくれ」と言う言い方もおかしいと言いますか・・少し疑問です。でも解る人が聞いていれば理解出来たでしょう。
だから余計に解らなくなっておられるかも知れませんね。
これについては後で。

まず、上からと下からと言う言葉(考え方)を覚えて下さい。商売の基本です。

上か...続きを読む

Q手作りアクセサリーを雑貨店等に置いてもらいたいのですが・・・

このカテゴリーで合っているのかどうか分かりませんが、質問させて下さい。

実は今、アクセサリー作りに凝っておりまして、作った作品を販売してみたいと思うようになりました。アクセサリーと言ってもロストワックスでシルバー製品を作ったり、何万もする高価な物でなく、雑貨屋さんやセレクトショップで売っているような数千円程度のものです。
ネットショップでの開業も考えておりますが、実際の店頭でも販売をしてみたいのです。
そこで、地元の雑貨屋さん等へ直接売り込みに行こうかと考えているのですが、その際にどのように交渉したら良いのか教えて頂きたいのです。
原価率・利益率はいくらくらい計上すれば良いのか、そこから雑貨屋さんへの取り分は何割程度にすれば良いのか。
本当に突然の飛び込み営業で雑貨屋さんが躊躇されてしまわないか。
等々、考えれば考えるほど分からなくなってしまいました。
やはり作品を実際に手に取って、気に入って頂けた方に購入して欲しいので、上記のような方法をまずはとりたいのですが・・・。

Aベストアンサー

私も以前雑貨屋さんに作った小物を置いていただいていました。
私の場合は元々客としてその店によく通っていて、店員さんとも話をする機会があったので、「私も雑貨作ってるんですけど、ここに置いてもらったりとかもできるんですか?」って聞きました。
その時作ったものも持って行っていたので見せたら気に入っていただけたようで、「一応オーナーとも相談してから試験期間1ヶ月を設けてお客様の反応が良いようなら本契約になります。」と言われました。

結局は本契約していただき、その店では商品価格から値札まで自分で決めてつけていいとのことだったので、自分でつけた価格の40%をお店に、60%を私に、という形で売れた分だけお金をいただいていました。
そのための納品書などももちろん自分で書きます。

お店によって価格の決め方もパーセンテージも違うと思うので詳しくは聞いてみないとわかりませんが・・・。

突然の飛び込み営業の前に、自分の作っているものとそのお店の雰囲気や取り扱っている商品のテイストが合うかどうか何度か下見をしてから店員さんにお聞きするといいかと思います。

あと、直接話をするのが気が引けるようでしたら、お店のHPやアドレスなどがあれば、メールでお伺いをしてから行かれたらどうかなと思いますよ。

きっとステキな作品を作っておられるのだと思いますので、それに合ったステキなお店が見つかるといいですね!

ちなみに今現在私はネット販売を計画しております。
お店に入れる委託料が結構かかって、私の場合定価5万円分作っても手元に入ってくるのは3万だったのでちょっと損かなって思ったので(汗)
でも、自分で個々に発送する手間を考えればしょうがないかなぁとも思いますよね。それに色々な方に見てもらえますし。
委託料など色々考慮されて納得できるお店に置いていただくといいと思いますよ。がんばってください♪

私も以前雑貨屋さんに作った小物を置いていただいていました。
私の場合は元々客としてその店によく通っていて、店員さんとも話をする機会があったので、「私も雑貨作ってるんですけど、ここに置いてもらったりとかもできるんですか?」って聞きました。
その時作ったものも持って行っていたので見せたら気に入っていただけたようで、「一応オーナーとも相談してから試験期間1ヶ月を設けてお客様の反応が良いようなら本契約になります。」と言われました。

結局は本契約していただき、その店では商品価格か...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q6掛けって・・・。

バカすぎな質問で恥ずかしいのですが・・・。

商品の販売価格を設定するのに、6掛けとか7掛けとかいうようですが、どう計算するのでしょうか?

計算式がわからないので教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

#4のnezuです。
補足に記述されている考え方でいいですよ。
600円の仕入値、1000円の販売価格ということです。
考え方は他の回答も参考になると思います。

お母様の言いぶりからすると、販売価格の内、仕入値の占める割合が6割から7割になってしまったということですね。
仕入値が高くなってしまったか、販売価格を押さえるように言われたかですね。多分前者だと思いますが。。。
後者は公には公正取引法に触れますし。。。

逆に、この場合を利益の割合のつもりで言ってみると、その場合は、利益が4掛けから3掛けに減ったといいますね。割合が何を示すのかによって意味が違ってきますので注意してくださいね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q掛け率と利益率の違いが・・・

いまいち掛け率と利益率の考え方がごっちゃになってしまいます。
売値が1000円の場合掛け率が5かけといわれれば500円で利益率が
50%ということでしょうか?

Aベストアンサー

>仕入れ-500円  販売価格-1000円 
>単純に仕入金額に500円の利益を乗っけて販売するとします。
>この時の掛け率、利益率を教えて下さい。

 利益率=(利益/売上)=((1000-500)/1000)*100
            =50%

 掛け率は、どのような意味で使われていますか?
 この場合、値付けの掛け率のことだと思いますので、 

 売値の掛け率を言えば
 仕入れ値*掛け率=売値
 掛け率=売値/仕入れ値=1000/500=2(倍)

 載せる利益の掛け率を言えば
 仕入れ値*掛け率=利益
 掛け率=利益/仕入れ値=500/500=1(倍)
 この場合、100%、10割(10掛け)などの言い方が有ります。
 

Q委託販売での納品書記載の金額

例えば、個人デザイナーがショップにアクセサリーを委託販売するケースで、
販売価格1,000円のイヤリングを7掛けで委託販売するとします。
個人デザイナーがショップに送る納品書には下記のどちらの記載が正しいのでしょうか?

A.イヤリング 単価1,000円 数量10個 合計10,000円
B.イヤリング 単価700円  数量10個 合計 7,000円

納品書と請求書は連動するということなのでBだと思うのですが、始めてのことで悩んでしまいました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

委託販売と卸売りの違いで納品書も請求書も金額や書き方が異なるでしょう。

委託販売とはあなたが販売価格を決め、販売者にもその価格で売ってもらい、売り上げはすべてあなたのものですが、あなたは販売者に手数料を払います。帳簿上は小売価格で計上し、手数料は販売費となります。つまり両建てですね。また店頭に並んでいる商品の所有者は販売者ではなく、あなたです。販売期間が終われば、あなたに自由に返品が出来ます。

これに対して卸売りであるとすると、販売価格は小売業者(販売者)が自由に設定できます。店頭にある商品の所有者は小売業者のものです。また販売価格と卸売り価格との差額(小売利益)はすべて小売業者のものです。また原則として欠陥品でない限り、あなたへの売れ残り返品は出来ません。

請求書をどのように起票するかは販売業者との委託販売契約の内容次第でしょう。納品書なら正価で記載し、請求書を起こす時点でそれまでの販売額を一旦全額請求し、そこから販売手数料をマイナスすると、あなたの帳簿との一致が出来るのではないでしょうか。

納品書には金額を記載しなければならない、という経理原則はありません。品名、型番、点数があれば十分でしょう。

委託販売と卸売りの違いで納品書も請求書も金額や書き方が異なるでしょう。

委託販売とはあなたが販売価格を決め、販売者にもその価格で売ってもらい、売り上げはすべてあなたのものですが、あなたは販売者に手数料を払います。帳簿上は小売価格で計上し、手数料は販売費となります。つまり両建てですね。また店頭に並んでいる商品の所有者は販売者ではなく、あなたです。販売期間が終われば、あなたに自由に返品が出来ます。

これに対して卸売りであるとすると、販売価格は小売業者(販売者)が自由に設定...続きを読む


人気Q&Aランキング