独特の世界観を持った小説を探しています。

たとえばDさんの「キぐるみ」やその他の作品、
また岩井俊二さんの「ウォーレスの人魚」や「スワロウテイル」みたいな・・・
まったくの仮想空間の中の話よりは、空想なんだけど、でもなんか現実味があるようなもの。

みなさんのおススメを教えてください。
またそういう話や世界観を作り出せてる作家さんのお名前も教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「はじめまして、本棚荘」紺野キリフキ

    • good
    • 0

恒川光太郎さんの『雷の季節の終わりに』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4043892020.h …

梨木香歩さんの『家守綺譚』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101253374.h …

小野不由美さんの「十二国記」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062550717.h …

上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズ
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101302723.h …
    • good
    • 0

思いつくもの挙げてみます。


何か、気に入られるものがあれば良いのですが。

飛浩隆さん
「象られた力」SF短編集。
「グラン・ヴァカンス」SF。ヴァーチャル・リアリティの世界が舞台(シリーズ物で続編有り)

五條瑛さん
「J」近未来東京が舞台。

恩田陸さん
「ネクロポリス」ファンタジーなミステリー? 主な舞台は架空の場所だけれど、現実世界とも繋がってる不思議な世界観。

菅浩江さん
SF。初期頃はファンタジー作品も。
私見でオススメなら、「末枯れの花守り」「そばかすのフィギュア」「五人姉妹」

あと、「バッカーノ!」(成田良悟さん)とか、「塩の街」(有川浩さん)も条件にあてはまるかな、とは思います。
    • good
    • 1

ならば、20世紀に英語で書かれた小説のトップのひとつ、



一九八四年 ジョージ・オーウェル ハヤカワ文庫をぜひ!

1948年に、超管理社会(どこにいてもテレビカメラで見張られている)1984年を想像して書かれた作品です。SFですが、舞台は地球です。
ネットで「1984」で検索していただければ、その世界観や使われている言語まででてきますが、そこまで「1984年の世界」を丁寧に考証して書かれています。
新訳が出て、読みやすくなりました。
    • good
    • 0

石持浅海さんの「BG、あるいは死せるカイニス」


太田忠司さんの「月読」
恩田陸さんの「蒲公英草紙 常野物語」

はどうでしょうか。
ありそうだけど存在しない世界の話です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFFの世界観のことで

FINAL FANTASYのことなんですけど、FFは、1~5、9、までのような、王者的な昔の世界観で、6、7、8、10、10-2は近代風の世界観ですよね。
それで、なぜ最近スクエアは昔の世界観のFFは作らなくなったのでしょうか?

それと、FF9でクリスタルや、昔の世界観のFFは終わりなのでしょうか?
なんか僕はあまり近代風の世界観のFFが好きになれません。でもCCFF7をやって、FF7は好きになりましたが、やはり昔の世界観のほうがいいです。
なんか、近代風のFFは、ファンタジーぽくないような気がします。
皆さんはどっちの世界観のFFが好きですか?
それとFF12はどっちの世界観になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>王者風 
→ 王国風 ということですかね。。。細かい指摘ですみません。

>近代風のFFは、ファンタジーぽくないような気がします。

 元スクウェアの坂口博信氏が、FF7をリリースしたときに言っていた印象的な台詞は「バイクとガンの世界でもファンタジーの世界はありうると思うんです」という話ですね。
 FF6の頃は、近代とは言っても19世紀的な世界観であって、やはり現代的な小道具とはかなり断絶されていたか、と思います。明確に現代/近未来的な風景描写を志向はじめたのはFF7からですね。FF7のミッドガルの風景の母体となったのは『AKIRA』『エヴァンゲリオン』『攻殻機動隊』といったサイバーパンクだとかのSF的世界観をベースにしていますね。
 こういったSF的世界観とファンタジー的世界観というのは1970年代、80年代の日本のサブカルチャーにおいては非常に近いところで受容されていましたし、坂口さんもそういう文脈の中にいらっしゃったのだと思います。おそらく1980年代の初め頃ぐらいから坂口さんは中世ファンタジーを描きたいという思いと同時にSF世界を描きたいという欲望を持っていたのだろうと思います。その意味で、「FFの父」である坂口さんの中では、中世ファンタジー的世界感と、SF的世界観はともに似たような「幻想的世界」として捉えられているのだと思います。

>それとFF12はどっちの世界観になるのでしょうか?

 難しいですね。現代日本以上に高度に発達した文化を持つ地域がある一方で、他の地域はいまだに中世的な雰囲気の世界を生きているところがありますから、現代のアラブ世界とかがFF12の世界観とかに近いかも知れません。まあ、強いて言うなら現代です。
 ただ、現代においても中国農村部などの人々は、ほとんど中世の時代に近い生活をしているので、時代が現代であっても、中世的世界と、現代的世界を同時に描くということは可能になりますし、FF12のメインとなる都市のほとんどは中世的でした。その意味ではFF12は中世的だとも言える気はします。

>それと、FF9でクリスタルや、昔の世界観のFFは終わりなのでしょうか?

 スクウェア・エニックスの判断次第か、と思います。
 まだまだ中世的ファンタジー世界のファン層は多いです。ですから、そういったユーザー層からの支持を得たいという市場的判断から、中世風ファンタジー世界を描いた作品を今後もリリースしていくことは十分に考えられます。というか、そうすると思います。

>皆さんはどっちの世界観のFFが好きですか?

 ぼくはどちらでもよいと思っています。その世界を描写しようとするクオリティさえ確保されていれば、どのような世界観であってもウェルカムです。

>王者風 
→ 王国風 ということですかね。。。細かい指摘ですみません。

>近代風のFFは、ファンタジーぽくないような気がします。

 元スクウェアの坂口博信氏が、FF7をリリースしたときに言っていた印象的な台詞は「バイクとガンの世界でもファンタジーの世界はありうると思うんです」という話ですね。
 FF6の頃は、近代とは言っても19世紀的な世界観であって、やはり現代的な小道具とはかなり断絶されていたか、と思います。明確に現代/近未来的な風景描写を志向はじめたのはFF7からですね。FF7のミ...続きを読む

Q世界観がおかしな小説

小説の中の世界が、現実世界と違っておかしい、イカレてしまっているような作品を探しています。
例えば、「姉飼い」の様に、あの姉と呼ばれる生き物を飼う以前に、その姉の存在自体が小説内の世界で認知されているという、現実世界とは全く異なっているようなものです。その世界観にグロテスクさ(といっても、バトルロワイヤルの様なグロテスクさはいりません)が醸し出されていて、その小説を読んでいて思わずその世界観に自分もひたってしまいそうな作品が良いのですが、そういった作品はありますでしょうか?

Aベストアンサー

 『姉飼い』という小説は読んでいないのですが・・・

 島田荘司著の御手洗シリーズ『眩暈(めまい)』(講談社文庫)の雰囲気を思い出しました。
 切断された男と女が合成された両性具有者が語りかける戦慄の物語とは・・。脳と肉体と精神、ホルマリン液に閉じ込められた奇形児たちの標本・・・醜悪、グロテスクな幻想世界の結末は・・・。

 本著の「参考文献」として挙げられている養老孟司著の『唯脳論』を前読しておくと面白さも倍増です(私の場合は逆でしたけれど・・・)。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062630796/249-8830078-2568339

Q世界観が魅力的なアニメを探しています。

世界観が魅力的なアニメを探しています。
例をあげますと、有名であるのは宮崎アニメのような荒廃しながらも壮大な世界観。他には「プリンセスチュチュ」のような童話のような世界観。「ビッグオー」のようなレトロでアメコミ調な世界観。「蟲師」のように不気味ながらも神秘的な世界観。探せばまだまだ出てくると思いますが、このように魅力的な世界観を持つアニメを探しています。アニメの中身もその世界観に負けないような内容であると嬉しいです。さらに欲をいえば神秘的な少女とそれを守る男性の物語のような作品であれば、非常に嬉しい限りです。質問にお付き合い下れば非常にありがたいです。

Aベストアンサー

「おとぎ銃士 赤ずきん」
http://www.konami.jp/visual/akazukin/
「RD 潜脳調査室」
http://www.ntv.co.jp/RD/
「ARIA」
http://www.ariacompany.net/1st/index2.htm
「英國戀物語エマ」
http://www.emma-victorian.com/index.html
「バッカーノ!」
http://www.baccano.jp/
「少女革命ウテナ」
http://www.starchild.co.jp/special/utena/
「うたわれるもの」
http://www.imagicatv.jp/content/utaware/index.html

Q世界観の設定で…

オリジナルの小説を書くために、舞台となる世界観の設定を考えています。

私の場合は中世ヨーロッパをモチーフとした世界観なので、
歴史のことから勉強しようと思っているのですが、
時間をかけてしまい効率が悪い状態です…。

当時の政治や宗教などが詳しくわかる(もしくは理解しやすい)お勧めの資料とかご存じでしたら教えて頂けると幸いです。

また、皆さんはオリジナルの世界観を考えるにあたってどの程度リサーチして、どういったものをご参考にされていますか?
皆さんのご意見お待ちしています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1さまの言われていることが前提ですが、舞台の地図を作りましょう。これがあるのとないのとでは、臨場感がちがってきます。十六国記(でしたっけ)のような地図は、ちょっとまずいでしょうが、中世アラビアの地図みたいにヨーロッパからアラビアまであっても、潔くインドより向こうは海、みたいな地図でも、もっと範囲の狭い、空想の地図でもかまいません。

また、中世ヨーロッパ、というとドラクエ的舞台、剣と魔法の国を連想します。他のひともやっているジャンルですから、他の人の本を読みましょう。中世ヨーロッパでも、ロシアとか北欧が舞台だったら、かなり異色作が書けるとおもいます。

極端なこと言えば、資料無しでも書けちゃうんです。あなたがあなたのお話のなかのことを、全部想像してしまう、という方法です。武器のウンチクかかないで単なる、剣、槍、楯、弓、位の装備だけなら書けるとおもいます。

本気で資料集めすると、終わらなくなります。あらすじを2000文字位で書いてみて、必要な資料はどのジャンルか、を考えるのがいいとおもいます。幸いそのジャンルは、新紀元社の書籍と、マール社の「武器」でずいぶんフォローしてくれているので、大型書店でお探しになればいいとおもいます。

私は、ラピュタみたいな時代の空中戦艦物語を書くのに、世界の艦船のバックナンバー2年分と、戦艦の大砲の照準方法を調べるために古書買ったりしました。いま書きはじめた1940年フランスが舞台のパイロットヒロイン主人公の小説は、ドツボにはまって、いくら突っ込んだか、もうわかりません。洋書も少なからず買いました。

ご参考になれば。

No.1さまの言われていることが前提ですが、舞台の地図を作りましょう。これがあるのとないのとでは、臨場感がちがってきます。十六国記(でしたっけ)のような地図は、ちょっとまずいでしょうが、中世アラビアの地図みたいにヨーロッパからアラビアまであっても、潔くインドより向こうは海、みたいな地図でも、もっと範囲の狭い、空想の地図でもかまいません。

また、中世ヨーロッパ、というとドラクエ的舞台、剣と魔法の国を連想します。他のひともやっているジャンルですから、他の人の本を読みましょう。中...続きを読む

Q世界観について

世界観はいろいろあると思います。極端な話、世界は培養液の中に入った脳がみているバーチャルリアリティかもしれません。しかし、普通は、常識的なというか、自然科学的な世界観で考えていると思うのです。

哲学的な話をするときに、自然科学的な世界観のことを何と言えばよいのでしょうか?唯物論でしょうか?
現代の哲学においてもっとも有力だと考えられているのは、どのような世界観でしょうか?
あるいは哲学では、有力な世界観をこれ、と決められないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

今、最新の「自然科学」=量子論的な世界像
において、認識される事によって有限な存在
性は派生するという、観念論的な立場(コペ
ンハーゲン解釈、強い人間原理)が主流だ。

そこにおいて、「認識性は二次的に派生する
もので、認識とは独立して外的な存在性が先入
する」という古典的な考えは、「素朴唯物論」
と呼ぶ。

Q壮大な世界観の小説を教えて下さい

以前、歴史やファンタジーで皆さんのお勧めの小説を聞いた者です。
今度は歴史やファンタジーに限らず、【壮大な世界観の小説】で再度教えて頂けないでしょうか?参考にまでに自分の趣味を載せておきます。

「好きな本、作家」
・中島敦 ・司馬遼太郎 ・宮城谷昌光 ・川端康成 
・トールキン ・ゲド戦記・阿刀田高 ・ロードス島伝説
・白い巨塔 ソードワールド ・小川一水
・ホーンブロワーシリーズ ・藤沢周平 ・凍(沢木耕太郎)
・塵よりよみがえり(レイ・ブラッドベリ) ・ソフィーの世界

「合わなかった本、作家」
・グインサーガ ・宮部みゆき ・蒼穹の昴 ・佐藤賢一
・海音寺潮五郎 ・氷と炎の歌シリーズ
・神ちょう剣侠(金庸) ・福井晴敏  
・高橋克彦

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本を代表する古典SFなので
既読かもしれませんが...

光瀬龍『百億の昼と千億の夜』

などはいかがでしょうか?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%84%84%E3%81%AE%E6%98%BC%E3%81%A8%E5%8D%83%E5%84%84%E3%81%AE%E5%A4%9C

Q独特の世界観を持つ作品

僕は庵野監督の描く独特の世界観が大好きで、同じように独特の世界観を持つ作品を探しています。
個人的には紀里谷監督の「CASSHERN 」が「エヴァ」の世界観と似ていて好きです。
皆様の中で、もしそのような作品を知っている方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 アニメも可であればやはり押井守監督は外せないと思います。

 ずっと同じテーマを追求しているのですが、不思議と飽きません。
おすすめは『攻殻機動隊』『イノセンス』をセットで。その後『アヴァロン』をみると理解しやすいと思います。
 押井監督の世界観と原作の持ち味が拮抗してよい味を出している『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』や『機動警察パトレイバー』シリーズもいいです。

Qボードゲーム(チェスや将棋など)の世界観が描かれた小説ってないでしょう

ボードゲーム(チェスや将棋など)の世界観が描かれた小説ってないでしょうか?
「鏡の国のアリス」のように、チェス駒が登場人物として出てきたりする感じを探しています。
ご存知の方、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北村薫「盤上の敵」

優れたミステリーだと思います。
主人公である自分を白のキング、奥さんを白のクイーンに見立てて事件が展開していきます。

Qキリスト教的世界観を壊した人物

「キリスト教徒として生まれながら、キリスト教的世界観を(いろんな意味で)破壊しようとした人物」として誰が挙げられるでしょうか?

例えばガリレイやダーウィンは、科学的真実を追い求めた結果、期せずして聖書の記述と異なる主張をすることになり、教会側と対立しましたよね。

ニーチェは、キリスト教の道徳を「ルサンチマン=有用なる誤解」と称して否定したとか。

理系の科学者でも構いませんし、文系の思想家でも構いません。
キリスト教による既成の世界観を、何らかの意味で破壊したり否定しようとした人物を教えてください。

Aベストアンサー

スピノザは常識的な視点からキリスト教を解釈してましたよ。
その結果無神論者として破門されたらしいですが。

Q昔観たドラマの原作を探してます

こんにちは、いつもお世話になっております。

小さい頃(?)に観たドラマの原作を探しています。
EDの際に原作記載があったので、それを頼りに暫く原作を探していたのですが、最後には原作のタイトルも忘れてしまいました。
ご存知の方、お心当たりのある方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

尚、ドラマ自体を途中から観た(なので最初がどういう始まり方だったのか知りたいのです)ので細部は違うかも知れません。


(1)主人公は女
(2)職業は雑誌編集(キャリアウーマン?)
(3)少し年の離れた男性と付き合っている
(4)その男性が前世からの縁深い女性と知り合う
(5)前世の縁を繋ぐのは雛人形(お内裏様とお雛様)
(6)主人公は訳の判らないままに、前世の縁の女性に恋人を取られてしまう
(7)恋人の男性とその女性は、その後行方不明になる
(8)留守電のメッセージを聞いた主人公は、やるせない気持ちに泣く
(9)数年後、痛手を背負いながらも生きる主人公は街の雑踏で、その雛人形を一緒にベビーカーに載せた赤ちゃんと出会う(多分、恋人か、女性の生まれ変わり)


ドラマ時は確か2時間ドラマでした(金曜の21時頃にやっていたと思います)。

こんにちは、いつもお世話になっております。

小さい頃(?)に観たドラマの原作を探しています。
EDの際に原作記載があったので、それを頼りに暫く原作を探していたのですが、最後には原作のタイトルも忘れてしまいました。
ご存知の方、お心当たりのある方がいらっしゃいましたら宜しくお願いします。

尚、ドラマ自体を途中から観た(なので最初がどういう始まり方だったのか知りたいのです)ので細部は違うかも知れません。


(1)主人公は女
(2)職業は雑誌編集(キャリアウーマン?)
(3...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。

たぶん、コレではないですか?
遠藤周作:著「わが恋(おも)う人は 上・下」
ただし、新品は入手困難でしょう。絶版なので。
Amazonなら古本扱い(ユーズド)で購入できるようです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406184699X/250-7965262-5402652

ドラマはNo.1さんおっしゃるとおりCX(フジTV)で 1988年4月29日に放送されています。
古手川祐子さん主演のようですね。

参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報