人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

グローブの型

この前、友人とグローブの型について話をしていたら、
(1)内野と外野だとポケットの位置が違う
(2)基本的に、ポケットの位置は手やグローブの大きさに関係なく同じ
と言っていました。

そこで野球経験者の方に質問したいのですが、上の2つのことは正しいですか?
また、グローブの型を作るときの注意や、他で気をつけたほうが良いことがあったら
教えてください。

よろしくおねがいします<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

(1)に関しては「ポケットの位置が違う」で正しいです。


具体的には、一般的に外野用はウェブの下に深いポケットに
なっています。
内野用は、セカンド,ショート,サードで多少違いますが
セカンド,ショート用はダブルプレイなど球離れを良くする為
浅めのポケットが手のひらの中央付近に出来ているのが多いです。

サード用は速い打球が多いので、外野手用とセカンド,ショート用の
中間的なイメージです。(オールラウンド的とも言えますね。)

(2)に付いては少し意味がわかりません。
「グローブの大きさ」は分かりますが、「手の大きさ」とは
プレイヤーの手でしょうか?

グローブの大きさは、大きい順に外野用,サード用,ショート用,セカンド用が
基本です。(投手用は外野の次になるかな?)
ポケットは守備位置で決まる事が多いですので、そういった意味では大きさに関係なく
大体同じ場所になります。
プレイヤーの手は全く関係ありませんが、解釈が違うのならご指摘ください。

「グローブの型を作るときの注意」としては、グローブの設計で曲がる部分が
ある程度決まっていますので、最初はそれに逆らわず曲げていく事です。
また、強引な力を加えるとポケットが潰れたり、型が崩れる事も有りますので
グローブを手にはめて、イメージをしながら柔らかくすると仕上がった時
使いやすい型になります。

最初は硬く、型が付きにくい事も有りますが、徐々に馴染んである程度使うと
急に型が付きやすくなる事が多いです。

注意としてはオイルの塗りすぎです。
オイルを塗ると柔らかくなりますが、オイルの目的は柔らかくする事では無いので
一定以上塗ってしまうと、グローブが重くなったり革の腰が無くなるなど
あまり良い影響が有りません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング