今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

自転車のチェーンに注すグリス

今までオイルでやっていました。
が、しかしこれだとチェーンやスプロケを痛めると聞いたので、
今度からグリスを湯煎する方法をやろうと思います。

そこで、湯煎で溶けて、チェーンに使うのに良いグリスを教えてください。
自転車用と、ホームセンターなどで買えるもののふたつをお願いします。
またそのグリスは、BBやハブ、ケーブルにも使う予定です。が、別のものを使った方がいいでしょうか?
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

ANo.3です。


オイルバスとは洗い油でチェーンを浴する掃除法です。

そもそもグリスというのは連続給油ができない部分に封入して使うものなのです。
潤滑をしているのはグリスに含まれたオイルであって、オイルに流れないような混ぜ物をしたのがグリスです。
自動車のエンジンなどは相当の高速度で回っていますが潤滑はオイルで、それをポンプで各部に回しています。
自動車のデフの部分にはオイルが封入してあり、回転で自力で給油するようになっています。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&source=hp&q …

自転車のチェーンはカバーができませんし、かつてのオートバイや工場内の機械のように連続給油もできませんが、そのかわり回転速度がひじょうに遅いので頻繁に注油清掃を繰り返す事で連続給油に近い状態が保てるわけです。

要するにカサカサの状態でなければだいじょうぶなんです。

特に雨中の走行を予定しているならある程度流れにくいやや粘度の高いオイルが良いという事になります。

整備にひじょうに面倒くさい方法をとって思い出したようにしかできないよりも、乗るたびに毎回できるぐらいの簡便な方法を日常的にしたほうがいいのです。
日常的なオイル注しと清掃、たまにディグリーザーでの清掃、早めの交換。これがベストです。

私の知っている選手は日頃の練習の場面で儀式に近いような整備などはしていないし、そもそもそんな時間が無いです。
チェーンが安価なこの時代、レース本番で万全を期するなら古いものを後生大事にするより新品に換えたほうがまだ安心できるでしょう。
チェーンのリンクを外すなら交換でも同じですし。

ベアリング用の硬いグリスをいくらリンク内にしみ込ませてもしばらく乗れば圧力で外に押し出されてしまうのは別の人が描いている通り。
結局はオイルで濡れた状態の方がベストなのです。

夢を破るような事を言って申しわけないと思いますが。
普通の整備法が「普通」なのにはやはり合理性があるのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

わかりました。普通の整備方法をすることにします。
ちなみに、灯油のどぶ付けもやりすぎですか?
または、今度、チェーンクリーニングキットを買おうと思いますが、その程度がいいですか?

また、オイルバスというのは、「洗い油」につけ込む、どぶ付け洗いのようなものという認識でよいでしょうか?

お礼日時:2010/07/21 13:47

ANo.3,9,11です。



>オイルバスというのは、「洗い油」につけ込む ~

そうです。油のお風呂に入れるからオイルバス。

>灯油のどぶ付けもやりすぎですか?
>潤滑油で洗うということに少々抵抗を感じます。灯油のほうがいい気がしますが、どうなのでしょう?

そうですね、今のチェーンは切り継ぎをあまりしない方が良いというのは書きました。
灯油は捨てるのも面倒なのは既出ですが
灯油自体も燃料用であって何が入ってるかわからないようなものです。まあチェーンは大丈夫ですけどね。
臭いし。

556は潤滑油成分が薄いし粘度も低いですからスプレー式ディグリーザーのようにも使えます。別にわざわざ556を使わなくても良いとも思いますが。

「オイルをたっぷり付けておいて拭く」だけではオイルの固まりのようなのが取れなくなってくるのでその時はディグリーザーやクリーニングキット等での掃除が必要になります。

>チェーンクリーニングキットを買おうと思いますが、その程度がいいですか?

オイルバスとほぼ同等の効果が得られると思います。なかなかすぐれ物と思います。
廃油の始末は要りますけれども、少量ですみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですね、チェーンクリーニングキットを買った方がいいみたいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/24 11:42

A.No.8 arist_watchです。



お礼に書かれていた「レースをする人でも同じですか」というご質問については、一般ユーザーが購入できうるケミカル用品を使用しているであろう。という回答とさせて下さい。

プロレーサーに知り合いがいるわけでもなく、断定できませんので…
ただ、自転車自体は金額は張りますが、一般ユーザーでもプロとほぼ同様の品を入手可能ですので、メンテナンスに使うオイル等のケミカル用品についても同様であろうと推測致しました。

あと、チェーン洗浄に灯油どぶ付けはあまりおすすめできません。洗浄後の廃油の処分をどうされますか?
顔なじみのスタンド等引き取ってくれる当てが在れば、格安、かつ、綺麗に洗浄できる事は確かですが…
DIYショップ等の自動車用品売り場に置いてあるスプレー式のパーツクリーナー(もしくはブレーキクリーナー)は使い勝手が良く、後始末もラクです。ただし、屋内での使用はあまり推奨しませんが…窓全開でお願いします(苦笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


しつこく質問して申し訳ありませんが、
洗浄後の灯油は、ペットボトルに移し替え、上澄みを何度も使用しております。
使用後、ボトルに戻し、沈殿させ、上澄みを使うの繰り返しです。
限界が来たら、牛乳パックなどにティッシュなどを入れ、灯油をしみこませて、
燃えるごみにするつもり、というか、そうしてきました。
問題アリですか?

お礼日時:2010/07/21 18:29

ANo.3の補足への回答



556は自転車の潤滑油としては薄過ぎて不適なのですが、安いので洗い油としては使えます。
556をチェーンなどに使うとたっぷりつけたつもりでも蒸発するのかすぐ無くなってしまいます。
この薄すぎていつのまにか無くなる性質は洗い油としてはかえって好都合なんです。

またチェーンオイルもたっぷりつけて置いて汚れと一緒に拭き取るという昔からのスタンダードのやり方は要するに洗い油の役目を兼ねているという事なんです。
他の人も書いていますがグリスでこれは無理でしょう。

違う種類のオイルが混ざっても実用上特に不都合はありません。やってみればわかります。
拭き残りの556が多少混ざった所で何の問題もありません。他の油を変質させるようなそこまでひどい品でも無いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

わかりました、グリスはやめておきます。


潤滑油で洗うということに少々抵抗を感じます。
灯油のほうがいい気がしますが、どうなのでしょう?

お礼日時:2010/07/21 13:52

No.6です。



すみません。HANALではなくHANARLでした。
http://www.kanto-kasei.co.jp/products/hanarl/ind …
関東化成というメーカーが作っている乾燥性潤滑剤です。
一般的には知られていませんが、機械系のエンジニアの間では定番中の定番の
高性能潤滑剤です。

ただアウトドアユースは想定していないはずなので、自転車に使用するのは
自己責任でお願いします(^^;
防水機器の軋み防止などにも使用するので、ある程度の耐水性はあるはずですが。。


ちなみに、自転車のチェーンにグリースは禁物です。
他の方もおっしゃっていますが、ホコリや砂がくっつくため、すぐに汚れます。
また、砂はヤスリになりますので、ギアやチェーンを削ります。
よって、高性能な乾燥性潤滑剤が理想な訳なんですが。。

私は今はボーシールドT-9を使用しています。
もうすぐ無くなるので、次はHANARLを人柱予定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考にさせていただきます。
人柱乙です。

どこかで報告をお願いします。

お礼日時:2010/07/21 13:49

#7です。



競輪選手は瞬間的に70km/h overの様な出力を出し、また、固定ギヤのため最大ケイデンスは200rpmをオーバーするとも聞きます。このような出力に耐えるため、チェーンについても市販の一般ユースの物とは軽量化・耐トルク性能等の関係で構造自体も違うかも知れません。(構造云々については私の憶測ですが)

要するに要求レベルが違うのです。因みにオートバイではグリス封入式のチェーンが一般的です。

ホービーユーザーレベルであれば、チェーン専用のオイル(下で書いていた方がおられますが、ドライタイプと上とタイプ等の種類があります)で十分です。

貴方がお書きのようにグリスを湯煎してどぶ付けというのも、確かにアリなのでしょうが、我々にはオーバースペックですし、何より表面に浮き出てくるグリスを綺麗に拭き取ってやらないと埃、砂が付着しまくって、かえってスプロケット等を痛める原因になります。

梅雨も明けそうですね。楽しいバイクライフを送ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。遅くなりました。梅雨が完全に明けて久しいですね。

そうですか、競輪選手向けということですか。とりあえず、グリス湯煎はやめます。

>ホービーユーザーレベルであれば、チェーン専用のオイルで十分です。
ちなみにレースをする人でも同じですか?

お礼日時:2010/07/21 13:39

自転車チェーンには、チェーン用のオイルを注油するのが適切かと思います。



チェーンオイルの役割はローラー内部とローラーとプレートの潤滑が一番の目的です。
その次にはプレートやローラー表面の防錆です。チェーンに塗布して余分なオイルを布で拭き取ってやればOKです。

グリスだと粘度が高すぎて内部まで浸透しない可能性が高いですし、なにより、チェーン・スプロケを痛める要因となる砂・埃が付着しやすくなります。

また、BBとハブはグリスの使用が適正ですが、やはり自転車に適した粘性のモノでないと、かえって抵抗が増えてしまいます。良いモノと言えばシマノのデュラエースグリスですが、そこまでのグレードでなくても良いので、それなりのモノを自転車屋さんで購入されればよいと思います。

スプレー式のグリスがありますが、これらには溶剤を含んでいるモノがありますので、そのようなモノをハブやBBに使うと内部のグリースが溶け出してしまい逆効果です。

ケーブルにはCRC-556のようないわゆるスプレー式の潤滑剤でかまわないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
下にも書きましたが、
http://m-hiro227.cocolog-nifty.com/soyokaze/2007 …
に書いてありますが、グリスってそんなにまずいですか?

お礼日時:2010/07/16 01:47

個人的にはHANALが最強ではないかと思ってます。


今使っているのが無くなったら次はチャレンジしたい。
雨には弱いかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

HANALを調べても出てこないので、詳しく教えてください。

お礼日時:2010/07/16 01:45

私はチェンにオイル派です。

 それは継ぎ足しが楽だからです。

同じオイルで洗い 拭き取り ウエスに黒い汚れがつかなくなったら おしまいです。

灯油 CRC5-56等を洗い油代わりに使うと 成分が分からない基材同士で化学変化を
起こすそれが有るからです。

機械業界でよく言われる 「メーカーの違うグリスを混ぜるな」です。

グリスの添加剤 が異なることが原因と言われてるので  
車 特に外車でも オイル グリス「銘柄指定」が起きるのです。

以上が一般論です。

そうすると 脱脂をしないといけないので 脱脂剤/シンナーに近い物です。
灯油を洗い油代わりに使いますが、本当に熱を持つ摺動部には 洗い油は使いません。

金属と金属の隙間に 潤滑剤を入れて 金属摩耗を防ごうと言うのが潤滑剤の役目です。
ロードレーサーはモリブデンオイル MTBは砂 泥がつくので CRC5-56だけ
と使い分けをしています。

それと単純なことを言いますが

チェン クランク軸 などの周りの力を 単純に数値化すると
体重は別として 長さ170mmのクランク軸でペダルに100kg掛けたとすると
 0.17m×100kg=17kg・m どこかで見た単位にしました。

 常に17キロのトルクが掛かるとは言いませんが こぎ出しにチェンにかかる力の想像が出来ます。
  油膜うんぬんは部品の加工精度に左右されるので無視して見ると チェングリスは性能的に
  ホームセンターで200gカートリッジで140円のシャーシグリスで十分です。
  シャーシグリスの特性として 金属にまとわりつく性質が有ります。
  私はママチャリにはシャーシグリスです。 

  ママチャリ だろうと ロードで有ろうと MTBでも
   こぎ出しの力は一定  人間がおなじならば 同じと見なします。

 MTBにも ハブベアリングにもCRC5-56入れて試しましたが
 CRC5-56はどうも 粒子が大きいみたいです。
  1日乗るくらいなら問題ないですね

  MTBのタイヤはロードに比べて ジャンプしたり 着地したり
   とんでも無い 衝撃がハブに加わりますからね。
    トレイルDHでも 焼き付きなんか起きませんでした。

  いい物を使いたい気持ちが 高価な潤滑剤購入になりますが

   高価なグリスには 高価な添加剤などが入りますが

   あまり問題になりませんが 不純物とも見えるもの有りますよ

  一度 自分が使ってる グリスを 蒸発皿 もしくは 瓶のふたなどに入れて
   下から バーナーなどで 炙って燃やすと 最後に何が残るか
    見ると 少し考えが 変わりますよ。



   

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/16 01:44

ANo.3です。


書きわすれましたが、薄いグリスはBBなどのベアリングには使えません。特にハブのようなカップアンドコーンの物には無理です。
ケーブルとか玉の入っていないプレーンベアリング(ただしオイルシールつき)のような慴動部には使えると思います。

またカップアンドコーン用の粘度の高いグリスはチェーンには全く不向きです。
実験してみるとすぐわかります。
オイルバスをいとわない方でしたらグリスアップもじきにやると思われますのでベアリング用グリスは買っておいても良いのでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
オイルバスってなんでしょう?

お礼日時:2010/07/16 01:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグリース(専用vs汎用)について

いつもお世話になります。

今回はグリースについて質問させてください。

自転車いじりが趣味で、BBやヘッドの分解なども良くしますが、グリースには特に気にしておらず
ホームセンターで蛇腹のチューブ入の黄色のリチウムグリースを使用していました。

一般にはDURA ACEグリースを使用するようですが、何が違うのでしょうか?
また違うにしても、レースでなくツーリング主体での使用で体感できるようなものなのでしょうか?
(「平均時速で1km/h程度は差が出る」などわかり易い表現だと助かります。)

また今度、ハブのOHにも挑戦するつもりですが、ハブはDURA ACEグリースを使用した方がいいでしょうか?その他おすすめのグリースはありますか?
(ホイールはフルクラムのRACING3です)

それではどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

DURAグリスというのは、自転車用マルチグリースで
意外に思われるのですがカルシウム基です。

=リチウムでもありません。
汎用として売られている物では「シャシグリス」が最も近いです。


なぜ自転車用には、とりあえず「DURAグリス」と言われるのかと言えば
水分との関係から始まります。

シマノがメインで採用するカップアンドコーンのベアリングの防水システムと言うのは
「入る物拒まず、ドンドンでていって貰う」そういうシステムです。
=完全密閉せず、玉当たり部分に水分が入ってくる前提で
それに対して油膜切れを起こさないグリス。

カルシウムグリスは、その特性からもともと微量の水分を含んだグリスです。
水分との親和性が高い、防水性に優れたグリスです。
カルシウムグリスに一時的に水が入っても、内部のグリスの表面のちょう度が落ちるだけで
総体的とくに玉当たり部には変質が及びません。

これがリチウム基などだと、
グリス部に水が来た場合、油膜が切られて
徐々に油の下に水だけ入り込む格好になります。
=金属面とグリス面の間に入り込んでしまう。
こうなるとたくさんのグリスが入っていても、
肝心の金属接触部に水が入ることも考えられる。
ということが言えます。

ですので、水分が入る・発生する箇所では
とりあえずDURAグリスがいい!といえます。
=水が入って粘度が多少落ちても大丈夫に調整されています。
一般のシャシグリスでは、水が入るとすぐに流れ出してしまい余り具合が良くありません。

フルクラムのRACING3のハブは、シールドではなく、
カップアンドコーンですので、基本的にシマノ同様「水が入る・発生する」ハブです。
DURAグリスが最も向いています。

=雨天走行はもとより、結露などによる油膜切れ局面でも威力を発揮します。
=微細なかじりを発生しません=玉当たり狂いが生じにくくなります。
=メンテナンス頻度を普通のレベルにしてくれます。

リチウムグリースなどだとメンテナンス頻度がどうしても短くなりますね。
組んだ直後でいえば、DURAグリスではない方が遥かに回転は良いでしょう。
カルシウムグリース自体は決して玉保持や回転性に優れているわけではありません。
回転性能だけでいえば、556やエンジンオイルでも挿しておくと最強でしょうが…

シールドベアリング部には、
樹脂製シールを傷めずに極圧性の高いグリスがむいていますね
とりあえずウレアにしておけ!というところでしょうか?
=自転車で汎用リチウムグリースを使う場面はありません。
=防水も悪い・シール攻撃も高い。

樹脂が多い場合シリコンも選択肢に入ってきます。
DURAグリス
ウレアグリス
シリコングリス
これを使い分けてやれば完璧に組めますね。

添加剤はご自由に。

DURAグリスというのは、自転車用マルチグリースで
意外に思われるのですがカルシウム基です。

=リチウムでもありません。
汎用として売られている物では「シャシグリス」が最も近いです。


なぜ自転車用には、とりあえず「DURAグリス」と言われるのかと言えば
水分との関係から始まります。

シマノがメインで採用するカップアンドコーンのベアリングの防水システムと言うのは
「入る物拒まず、ドンドンでていって貰う」そういうシステムです。
=完全密閉せず、玉当たり部分に水分が入ってくる前提で
それに対...続きを読む

Q自転車のチェーンにクレ5-56を差しました。

高校通学で毎日往復12km程を自転車で走行しています。
道は3分の1ほどが坂で、他は平坦です。平坦なところでも坂でも6変速目(一番重いやつ)で走り高校入学してからもう1500km程走っています。
そのためかチェーンが錆び、チャリチャリ音がし不快だったので家にあった普通のタイプのクレ5-56を差しました。軽くチェーンに1週吹き付けました。
しかし、ネットでクレ5-56を見ているとチェーンに差すと余計に錆びたりと良くないとの評価で、不安です。大丈夫でしょうか。

Aベストアンサー

既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。
何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。
でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。
ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。

556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。

チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししばらく置いたり、空回りさせてからウェスで拭き取ります。
この作業で余分な油を汚れと一緒に落とすわけです。リンクの中に残っている油が役に立つのであって、プレートの外側に付いているのは埃を吸着するだけでろくなことはありません。

このやりかたでも乗り続けていると油汚れや埃が溜まってきますので、その時はディグリーザーや556をつけて歯ブラシ・ウェスなどで清掃をします。

なおクレの「チェーンルブ」はオートバイ・動力機用のグリスなのでしょう、しばらく乗ると埃の団子になってしまいますから自転車には不向きと私は思います。
自転車チェーンの場合「グリス」は不向きで、自転車屋で「チェーンオイル」として売っているものが適当だと思います。(粘度は各種ありますので、好みのものを見つけるといいです)

今使っているチェーンは油を注さずに1500km踏み倒しているとのことで、設定より早めに摩耗してしまっている可能性はありますね。
特に、同じ歯ばかり使っているとその歯だけ摩耗してしまいます。
チェーンも摩耗してピッチが伸びてしまい、減っていない歯でかえって歯飛びや異音がするようになります。

既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。
何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。
でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。
ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。

556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。

チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししば...続きを読む

Qシリコンスプレーについて教えてください

 自転車のお手入れについて質問させて頂きます。

過去の質問回答を見ていると各部分でいろんな商品のお勧めを見かけます。

 自分は手軽でべたつかなくてどこでも手に入るものが希望なのですがシリコンスプレーはどうなのでしょうか?過去の回答でたまに出てきていろんな場所で使えるけど効果が持続しないような説明を見かけます。自分としてはさらっとしていてべたつかなくて黒くならなければ注す回数が増えてもかまわないと思っていますがどうでしょうか?

 シリコンスプレーの効果のほど、可動部分で使ってはいけないところはあるか、シリコンスプレーとシリコンオイルの違いなどについて教えて頂けないでしょうか?回答よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

シリコンスプレーをチェーンに使用することは、まめに注油し湯幕切れを起こさないよう注意すれば何の問題もありませんが、ブレーキワイヤーやシフトワイヤーのアウターとインナーの間にスプレーしてしまうと、ワイヤーによっては、アウターとインナーの摩擦を低減するためにテフロンライナーを入れているものがあり、シリコンスプレーはこのテフロンライナーを侵食して溶かしてしまう物も数多く存在しますので、適材適所で、良く確認した上で使用すべきです。
その中でも有名な物は、CRC556などは、注意が必要です。

チェーンに使うときは、各こまのローラーとプレートの間(内外各1ヶ所づつXコマ数)に1滴づつさして、数回チェーンを回転させて馴染ませた後、余分な油分を綺麗なウエスで拭き取ってください。
余分な油分があると、そこに埃や泥をを吸着しそこに水分などがたまることになり、チェーンの寿命を早めたり。著しく損傷させたりします。

QママチャリのBBやハブはメンテ無しでも十年安全?

自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきましたが、でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?
それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?
一般的に、ママチャリの回転軸部分の寿命は設計時、何年、何キロメートル走行程度を想定してるのか、教えてください。

Aベストアンサー

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない。
安物のママチャリだったらサビる。
ステンレスでもサビるよ。
塗装も紫外線でヤラれる。
タイヤだってノーメンテというわけにはいかない。
たぶんそこそこの値段がするスポーツ車を駐輪場や室内保管でしょう。
ちなみに我が家でももう4年ほどマンションの駐輪場(屋根付き)で放置しています。
オーナーは娘ですが、遠方で下宿している大学生なんで、ほったらかし。
それはそれはひどいものです。
処分される廃品自転車のほうがよほどキレイ。

>それとも、自転車と人間の重量で舗装路走行程度の負荷ではグリスはあってもなくても同じなんでしょうか?

耐久性を考えなければ無くてもいいでしょう。
でもね、ベアリングを受ける鉄の部分(玉押し)はキレイに研磨されていて、水の一発でサビるよ。
そこにベアリングが回転すればサビは落ちるけど、潤滑剤が無いので摩耗でヤラれる。
どっちみち10年以上雨ざらしの回転部分なら、グリスは肝心な場所に留まらず周辺に固着している。
そういう使い方をするユーザーは、不調を身体で感じる神経が無いし、壊れれば買いかえるだけなんで別に困らない。

ところでNo.2さん。
>ハブにグリスをどうやって足すの?
>車輪はずして、スポークもバラして交換?

どうしてハブのグリスアップにスポーク外すの?
カップ・アンド・コーンなら玉押し外してシャフトを抜けばいいんじゃない?
私の自転車にはカンパレコードのハブが多いのでシェルのグリス穴からグリスガンで注入することもできるけど、グリスガンもガン用のグリスも持っていないから玉押し外すしかないけどね。
今流のシールドハブはスポーク外しゃグリスアップできるのかな?

>元自転車製造者です。

ホントかいな。

>自転車屋さんはママチャリのオーバーホールなど引き受けないようなご回答をいただきました

いやいや、お客さんだからお金を払ってもらえれば引き受けますよ。
その価値があるかどうかは自転車屋は判断しない。
依頼された仕事をするだけ。

>でもほかの過去質問を見ても9年とか10年以上とか、同じ自転車を乗り続けてる人は多いように思います。
>雨ざらしで9年もたてばハブのグリスは完全に切れてると思うんですが違うんでしょうか?

雨ざらしで9~10年たった自転車をそうそう乗っているとは思えない...続きを読む

Q自転車のメンテナンス・・・オイルorグリース

自転車メンテナンス初心者です。
お手入れ用に潤滑油的なもの(オイルとか?)を一本用意した方がいいと本に出てたので、買おうと思ってます。
CRC-556のようなオイルのスプレータイプと、グリースのスプレータイプの2種類がお勧めみたいな感じで出てました。
この2つ、どう違うんでしょう?
どちらがいいんでしょうか?
教えてください!!

Aベストアンサー

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が長期間必要な部分には粘度の高いもの(グリス)を
使います。

質問者さんのしたいと思っているメンテンナンスの種類にもよってくると思いますが、
自分のお勧めとしてはまず、チェーンオイルにも使える粘度が低めの潤滑剤(ベアリング以外の各部に使えます)と
チェーンを洗うためのディグリーザーを買うのがいいと思います。
これならセットみたいです。http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/finish/tos046.html

スポーツサイクルでしたらスプレータイプのグリスを持っていても
グリスアップの必要なところは結局シール(水の浸入を防ぐゴム)があるので
一度分解して開けなければグリスアップできません。
ですから品質に定評のあるシマノのグリスなどを使うのがいいですが、
問題はそこま自分でするのか?という部分ですね。

また、スプレーかスプレーでない物の違いは、単に使い勝手ですが、
狭くて奥まった場所(ディレイらーのピボットなど)はスプレーが便利かもしれません。
自分は液体の方が割安なのでスプレーを買いませんが、最初はスプレーが楽かもしれませんね。

長々と書いてしまいましたが、一番最初はリンクで紹介したものをとりあえず購入してみて
必要を感じたら増やしていくという形が応用性が広く無駄が少ないと思いますよ。

基本的にグリスとオイルは明確に分類することはできず粘度の違いで
その両者の中間のようなものも存在すると思っています。

ですので、CRC556などは最も粘度の低い(浸透性の高い)部類に入り、
いわゆるベアリング用のグリスなどは最も粘度が高く、水などに流れにくいものだと言えます。
つまり、それぞれの用途によって使うところを分ける必要があります。
ワイヤーやチェーンなど細部に浸透する必要があるものには、粘度の低いもの(オイル)が向いていて
ベアリングなど強い力が常にかかり、潤滑が...続きを読む

Q自転車のチェーンに油はさすべきか。

自転車のチェーンに油はさすべきか。

趣味でサイクリングしています。自転車は普通の自転車です。
親や、サイクリングをやっている、先輩より、油をさすように言われます。
結構めんどうなのでやりたくないのですが、どうしたらよろしいのでしょうか?
油をさす理由などもおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

油を注さないと、チェーンでギアを削っているような状態になるようです。
そうすると、早く壊れるので、油代より、修理代や買い替えなどになって、お金がかかるからです。
もちろん、性能発揮ということもありますが、修理代を浮かすためだとも言えます。
それから、やっぱり命を乗せるものですから、走行中の故障で、事故を起こしたりするのも防げます。(走っている途中でチェーンが切れたり、クランク(ペダルの付いている軸)が折れたりすると、転倒し、怪我や死亡の恐れもあります)
金属は油があると滑らかに動きますけれど、油が切れていると錆びてきて、突然切れたり、折れたりします。安全のためでもあります。
そんなにスピードのでないシティ車ならは、1ヶ月に1回くらいでかまわないので、注油するようにしたほうがいいです。
自動車は車検とか定期点検しますよね?それと一緒です。命を乗せると言う意味では違いはありません。

Qママチャリのフロントブレーキ調整方法

ママチャリのフロントブレーキでブレーキをかけた後、ゴムのシューが片側に偏ったままになってしまいます。
手で左右均等になるように戻してから、再度かけると元に戻ってしまいます。
効き代は問題ないのですが、このせいで引きずってしまっています。
どのように調整したらよいのでしょうか?

具体的に分かりやすい画像があるサイトも照会いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

写真解説がありました。
http://www.1charinko.com/mente.html
!!前ブレーキの片効き!!から「詳しく説明」があります。

QBBへのスプレーグリス使用について

BBへのスプレーグリス使用について

MTBルック車のボトムブラケットをオーバーホールする際、
車に使うようなごく普通のスプレーグリスを使用しても問題ないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

問題無いです。というかもちろん分解して掃除して入れ替えた方が良いには違いないのですが、「いつかちゃんとやるんだ」と思ってなかなか手を付けないまま乗るよりは、そのほうがかなりましと思います。

「まし」と言いましたけど、実際スプレーグリスはチューブ入りのと機能的に大差は無いです。
スプレーできるのだから粘度(稠度)が低いかというと、蒸発する物で希釈してあるからスプレーできるという仕掛けになっているのでそうでもないのです。スプレーグリスの中にもゆるいのと固いのはあります。(オートバイ用のチェーングリスは不適)もちろん質問者の方はスプレーオイルとスプレーグリスを混同していないものという前提です。

全体に自転車用のグリスというのはチューブや缶に入っているのでもそう固い部類ではないですね。だからあまり心配しないで使って大丈夫です。
http://item.rakuten.co.jp/cps-mm/117290/
http://www.customwalker.jp/goods_list/goods_list_3.php?p=&o_no=b208&o_no=vg
http://www.customwalker.jp/goods_list/goods_list_3.php?p=1&called=category&sort=price_cp&disp=20&vctg_no=121&now_page=1&o_no=spg
この手のDIYショップで売っている「機械用、ユリア・ウレア系、リチューム系」ので大丈夫です。心配なら皿などに出して放置してどうなるか確かめればいいかと。

ただしルック車でしたら隙間の多い部品を使っているので吹き込む事はできると思いますが(ノズル延長チューブを使う)、シール付きの部品ではほとんど入って行かないので効果がありません。
それと部品が摩耗してガタが出ている場合は玉当たり調整が必要ですから分解清掃した方が良いには違いないです。

実際日常車の部類の簡易修理に使用しているお店もあります。
グリスアップしてン千円取るよりその方が親切な場合も多々あるようです。

当面工具が無くて躊躇しているくらいでしたらやっておいた方がかなりましです。

入れ過ぎにして乗っているうちにはみ出てきた奴をウェスで拭き取る、でOKです。

問題無いです。というかもちろん分解して掃除して入れ替えた方が良いには違いないのですが、「いつかちゃんとやるんだ」と思ってなかなか手を付けないまま乗るよりは、そのほうがかなりましと思います。

「まし」と言いましたけど、実際スプレーグリスはチューブ入りのと機能的に大差は無いです。
スプレーできるのだから粘度(稠度)が低いかというと、蒸発する物で希釈してあるからスプレーできるという仕掛けになっているのでそうでもないのです。スプレーグリスの中にもゆるいのと固いのはあります。(オート...続きを読む

Qチェーンとディレイラーの注油にWD-40はOK?

   
ロードバイクのチェーンとディレイラーの注油に防錆潤滑剤のWD-40というのをスプレーしています。
大丈夫でしょうか。
駄目な場合は他のお勧めオイル、グリスを教えてください。
マメにメンテするのであまり高価でなくて大概のホームセンターに置いてあるのがいいのです。
しかし、やはり専用ケミカルということでしたらそれも教えてください。

よろしくお願い致します。
   

Aベストアンサー

柔らかすぎます
チェーンは ある程度固いオイル 粘度が高いオイルでないと 回転により飛散飛び散り オイルが消滅します 車のエンジンオイルの様な どろっとした粘度が必要
WD40の様な さらさらなOILを掛けると もともと付いている油分を 洗い溶かし落としてしまい 返って 動きがシブくなります。(掛けた直後は良いですがねー)

チェーンは、チェーン用のOILが売ってます 液体の場合 内部の芯へ浸透させるように掛け
表面にべたっと付いた物は 軽くウエスで 拭き取りましょう
スプレーすると グリスの様に 白っぽく固まるタイプのチェーングリスは そのままでOK

ディレイラー可動部も OILでなく グリスの方が良いです。

オイルは浸透性は良いですが 潤滑油保持性が無いので しばらく動かすと 落ちてしまいます
グリスは 塗った部分にい堆積するので 持続性が持てます。

自転車メンテで 感違いして壊す要因は スプレーOILを グリス充填部分に 掛けてしまい
グリスを洗い溶かして落としてしまう事です。

車輪軸(バブベアリング部)クランク(漕ぐペダルのねじ込まれた棒の先) フロントフォーク付け根ヘッド小物 ペダルシャフト部 にベアリングが 入っています。

CRC556なんて 石油 洗い油でしかありませ WD40の方が 少し良いですが 同じ様な物です。

フィニッシュラインや シマノジュラグリス カンパグリスが有ります
純粋に潤滑性能を持った自転車用オイルは 目薬位の容量で 1200円位します。
ワコーズの ケミカルでも 自転車に適した 物が有ります。

WD40チェーンに 掛けているなら 一度 粘度の高いチェーンオイルの漬けこむか
ベチャベチャに掛け 奥まで浸透させた方が良いです 内部潤滑が洗われ(侵され)悪くなってる


ブレーキワイヤーや 変速機ワイヤーに 組み込み時グリスを塗布してアウターへ挿入し組み付けるか
ケーブルインジェクターで アウター内部に 潤滑皮膜を作る 高性能潤滑剤を ノズルで注入です。
WD40だと3日位で 潤滑油切れで金属同士の摩擦になります。

自転車に組み付ける ビスボルトは 全て グリスを塗っておくと 雨水の侵入が防げ 固着防止になります シートピラーも 金属ならグリスを塗る カーボンならシリコングリスかな?

自転車って 固形グリスか 固いチェーンオイル程度しか使用しません

WD40やCRC556は 洗い油程度と 考えて下さい。

柔らかすぎます
チェーンは ある程度固いオイル 粘度が高いオイルでないと 回転により飛散飛び散り オイルが消滅します 車のエンジンオイルの様な どろっとした粘度が必要
WD40の様な さらさらなOILを掛けると もともと付いている油分を 洗い溶かし落としてしまい 返って 動きがシブくなります。(掛けた直後は良いですがねー)

チェーンは、チェーン用のOILが売ってます 液体の場合 内部の芯へ浸透させるように掛け
表面にべたっと付いた物は 軽くウエスで 拭き取りましょう
スプレー...続きを読む

Qネジなどに使うグリスについて

先日、クロスバイクを購入したので
ネットでボトルケージを手に入れ自分で取り付けてみようと
付け方を調べてみると、ネジにグリスをつけるようにとありました。

そこでグリスをネットで見たり近所のお店で見ると
ボトルのような物に入ったシマノのグリスが定番のようで
そう高くはないのですが、定期的にメンテする方でも
年単位で持つ、とレビューがありました。

初心者にはとりあえずはそんなにいらないかなと思うのですが・・・。
ボトルケージのネジだけですし・・・。

自転車用のグリスでミニ四駆のやつくらいで
ネジ取り付け用程度のちっちゃいのはありませんか?
どうせそのうちメンテで要るしでかいの買っとけって感じですかね?

グリスってメンテど素人がいじる程度の場所(パーツ)でも
量はともかく、ちょくちょく使うもんでしょうか?

Aベストアンサー

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にしたりして、
水の侵入を防いだりするわけですが、

スレッド(ねじ切り部)では、そんな事をするわけにも行きません。
=すこしの量で効果的に水分が防げることが大事。

ですので、思いっきりシール性の高い
「スレッドコンパウンド=歯磨き状の粉を詰めるようなもの」とか、
「水分を元々僅かに持っており、グリス分にはいって撹拌された場合、
グリスが浮かずに混ざってくれる」
カルシウム基のグリースが、自転車には向いているわけです。
=一般品としては、シャシグリスとして売られていますが、
それよりもちょう度や粘度を高めにし、
ベアリングにも対応が出来ている物になっています。

そう言うハッキリと水分に対してオープンな所こそDURAグリスをお使いください。
腐りませんので、数年は黙って保ちますね。

ミニ4駆のグリスは、ほとんどオイルに近いくらいの
ちょう度・粘度ですし、基材も勿論通常のリチウムや使用目的から考えるとシリコン基かな?
全く向いているとは言えません。
何も着けないよりマシ?うーん微妙。
556タフを着けるのと同程度かな?
チェーンオイルでも同じくらいだと想像はします。

使わなくても、買って置いて損はないとは思います。

なぜそう言う箇所でもDURAグリスがいいのかといえば
カルシウム基グリスだからです。

油と水分の基本的関係を考えると、
グリスとはいえ高温・劣化などすると
蝋化が解かれ、ほぼ油と同じ性質になります。
油ですので、「水を弾くのではなく、水の上に乗ってしまう=浮く)ということが
問題になります。
=防水して欲しいのに、逆に金属の潤滑面にいつまでも水分を取り込んだままになる可能性、
潤滑表面から剥がれてしまう可能性があります。
それをしないために、大量に入れたり、蓋をするような入れ方にした...続きを読む


人気Q&Aランキング