坂木司さんの作品でおすすめの本

最近、坂木司さんの「青空の卵」シリーズを読みました。どの話も読後心がほんのり温まる感じがして、このシリーズがとても好きになりました。

これをよい機会に坂木さんの作品をよく知ろうと思うのですが、初心者におすすめの本はありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「夜の光」が一番好きです。



質問者さんのおっしゃるように坂木さんの作品はどれも心がほんのり「温まる」感じがしますが、この作品は心がほんのり「涼しくなる」感じがしました。
(あくまで個人的な感覚ですが・・・)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「涼しくなる」ですか…、興味があります。

また違った坂木さんという事なのでしょうか。読んでみます。

ありがとうございました^^

お礼日時:2010/07/17 04:12

私は『切れない糸』が好きです。


クリーニング店の息子が、父親の病気をきっかけに、嫌々ながらも稼業を継いで……
と言う話ではあるのですが、ミステリ作品らしい謎解きもさることながら、そういう経験を積みながら、最初は嫌がっていた自分の家の仕事の意味とか、そういうのを知っていく、という主人公の成長が良かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「切れない糸」ですか!
私が鳥井シリーズを読んでいて、一番好きだったのは、ミステリだけではなく登場人物自体もどんどん成長していく、そういうような所だったので、お話を聞いて、とても興味がわきました。

今度じっくり読んでみます!ありがとうございました!!

お礼日時:2010/07/12 21:58

坂木司さんの作品は、「短劇」以外は、どれも同じ感覚で楽しめるので、題材で選ぶのが一番いいと思います。


ひきこもりシリーズが面白かったのでしたら、同じく男性が主人公の「先生と僕」「ワーキング・ホリデー」がいいかもしれません。
女性が主人公の「和菓子のアン」もなかなか面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えてくださりありがとうございます。
そうですか、今日早速「ワーキング・ホリデー」借りてきました。早く読みたいです。
いつかは坂木さんの本を全て読みたいと思います。まず、おすすめいただいた本から読んでいきますね。


ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/09 23:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q坂木司先生の本でオススメのシリーズ

最近、坂木司先生の本と出会いハマっています。「僕と先生」「先生と僕」のシリーズが好きなのですが、その他にオススメのシリーズがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

「ワーキング・ホリデー」が面白かったです。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784167773335

でも、坂木さんの本は他の作品もハズレがないと思うので片っ端から読んでもいいと思います。

Q暖かさのあるミステリーを教えてください

 読んだ後に暖かい気持ちになれる、謎解きのある作品が大好きです。
 今までの質問、回答も参考にさせていただきましたが、そちらでよく紹介されている柴田よしきさんの「ふたたびの虹」のような雰囲気といえば分かっていただけるでしょうか・・・?
 特に好きな作家さんは坂木司さん、近藤史恵さん、柴田よしきさんです。

 私の好みをわかるな~と思っていただける方、他のお勧めの本を教えてください。よろしくお願いいたします。

 

Aベストアンサー

坂木司さんは私も最近読み始めました。
面白いですよね。
温かさのあるミステリと言われて思いついたのが・・・

・石持浅海さん
限定的な場所(水族館やマンションの一室など)で進む話をよく書く作家さんです。
単純に「殺人→推理→犯人逮捕」という流れにはなりません。
質問者さんの求めているものだと「水の迷宮」「温かな手」あたりがいいかな。

・辻村深月さん
どことなく透明感のある文章を書く作家さんです。
個人的には「ぼくのメジャースプーン」「スロウハイツの神様」「名前探しの放課後」あたりがオススメです。
特に「スロウハイツの神様」はいいですよ。

Q恋愛要素のない小説のおすすめ

恋愛要素がなくて、おすすめの本を教えてください。
一般小説以外でも、エッセイや児童文学などでも、大人が読んで楽しめそうなものなら大丈夫です。
性描写だけは無理です…。
ホラー、サスペンスなら大丈夫です。

例として好きな小説は
・有栖川有栖 作家アリスシリーズ
・坂木司 ひきこもり探偵シリーズ
・星新一 ほぼ全部読破
・最後の晩御飯シリーズ
・ミミズクとオリーブシリーズ
・パーネル・ホールのひかえめ探偵シリーズ

エッセイ
・土屋賢二
・群ようこ
・原田宗典
・東海林さだお
・椎名誠
・檀ふみ
・阿川佐和子
などなど

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

坂木司さんの大ファンなんですけど、ほかの小説でも恋愛要素のないものがたくさんありますよ。
「僕と先生」は推理系、「和菓子のアン」「見えない糸」は推理&お仕事小説、以下はお仕事小説かな「シンデレラ・ティース」「ワーキング・ホリデー」シリーズ、「ホテル・ジューシー」

あと日常の謎系の推理ものなら、大崎梢さんの「成風堂」シリーズ、最初が「配達赤ずきん」だったかな。本屋さんが舞台で、ちょっとしたミステリーをといていく物語です。
ほかに似鳥鶏さんの「理由あって旅に出る」シリーズも秀逸。

最近、読んだもので面白かったもの。わりとお仕事小説に凝ってるんですが。
「ハケン・アニメ!」、「君たちに明日はない」シリーズ、映画にもなった「火星の人」(オデッセイ原作)、SF短編ならアシモフの「我はロボット」(映画はクソでしたが、原作はむちゃくちゃ面白い)ほか一連のロボットもの、海外の探偵小説なら「厨房のちいさな名探偵」byジュリー・ハイジー、もう3冊かな、シリーズででています。ホワイトハウスの女性料理人が謎を解決するシリーズです。

「最後の晩御飯」が好きなら、近藤史恵さんの「タルト・タタンの夢」もオススメです。こちらはフランス料理です。気に入ったら、続編「ヴァン・ショーをあなたに」もあります。

変わったところで「武士道シックスティーン」も面白いですよ。剣道に青春をかける二人の少女の物語。青春小説なのに、恋愛要素ゼロなんです。ホントに。

エッセイは傾向が読めませんが、とりあえず、北大路公子さんの「生きていてもいいかしら日記」あたりはどうでしょう。

坂木司さんの大ファンなんですけど、ほかの小説でも恋愛要素のないものがたくさんありますよ。
「僕と先生」は推理系、「和菓子のアン」「見えない糸」は推理&お仕事小説、以下はお仕事小説かな「シンデレラ・ティース」「ワーキング・ホリデー」シリーズ、「ホテル・ジューシー」

あと日常の謎系の推理ものなら、大崎梢さんの「成風堂」シリーズ、最初が「配達赤ずきん」だったかな。本屋さんが舞台で、ちょっとしたミステリーをといていく物語です。
ほかに似鳥鶏さんの「理由あって旅に出る」シリーズも秀逸。
...続きを読む

Q男が主人公の本。教えて!

ふと「最近、まったく本を読んでないなァ」と思いまして、活字離れで本に触れていなかった間を埋めるべく、集中一気読みしてみようカナ?
と思っています。心当たりのある方はお願致します<(_ _)>
 
「ハードボイルド」や「ミステリ系」で主人公が男(出来れば未婚)
あまり難しくない奴で、シリーズ物なども好きです。
登場人物の年齢は気にせず読める派です(笑)
好きな作家……高村薫、坂木司、五條瑛、香月日輪、栗本薫 です。

Aベストアンサー

こんにちは。ハードボイルドで難しくないシリーズ物といえば、大沢在昌さんの「新宿鮫」シリーズはいかがですか?ドラマ化されたりしたので御存知かもしれませんが、キャリアだったのに事件に巻き込まれて新宿署でお荷物扱いになっている、凄腕の警察官(未婚、恋人アリ)です。パンクバンドに所属している恋人や、生きる事に絶望しているようにみえる上司、やたら物をたかる同僚などおなじみのメンバーに加えて、毎回毎回でてくる敵が凄腕です。第一作目の「新宿鮫」から最新作の「狼花」までハズレなしに楽しめますので読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%BF%B7%BD%C9%BB%AD&target=1&limit=&sid=&view=1&sort=0&sortorder=-1&page=1
 東野圭吾さんの湯川博士(未婚)のシリーズはドラマ化されたので御存知かもしれませんが、気楽に読めて面白いです。ドラマは予告編しか見ていないのですが、小説はもっと学者肌っぽくて真面目な感じです。「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」の3作が出ています。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30928038
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31158853
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0351355
 同じく東野さんで剣道の達人である警察官を書いた加賀恭一郎(未婚、本によっては恋人アリ)シリーズもあります。加賀刑事の大学時代を書いた「卒業」バレエ団が舞台の「眠りの森」警察対警察の闘いになる「どちらかが彼女を殺した」、私は未読ですが「悪意」と「私が彼を殺した」があります。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06054928
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18666666
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30532880
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30775645
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30941091
 あとシリーズ物なら京極堂シリーズがありますが、既婚者ですし、薀蓄が沢山詰め込まれていますがいかがでしょうか?あの分厚さがどうも・・・という事でしたら、同じシリーズでもちょっと毛色の違う感じで、未婚で美形のお友だち榎木津探偵が大活躍できてサクッと読める「百器徒然袋 雨」「百器徒然袋 風」という2作があります。本シリーズの事件に関係あった人達も出てきますが、読まなくても分かります(読んでいたら余計楽しめますが)。何と言ってもハチャメチャぶりがすごいですよ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583243
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31950984

 ご参考までにm(__)m。
 

こんにちは。ハードボイルドで難しくないシリーズ物といえば、大沢在昌さんの「新宿鮫」シリーズはいかがですか?ドラマ化されたりしたので御存知かもしれませんが、キャリアだったのに事件に巻き込まれて新宿署でお荷物扱いになっている、凄腕の警察官(未婚、恋人アリ)です。パンクバンドに所属している恋人や、生きる事に絶望しているようにみえる上司、やたら物をたかる同僚などおなじみのメンバーに加えて、毎回毎回でてくる敵が凄腕です。第一作目の「新宿鮫」から最新作の「狼花」までハズレなしに楽しめ...続きを読む

Q人の死なない(殺人事件のない)ミステリー・推理小説

殺人事件など人が死なないけれど、日常の謎を解き明かすような内容のミステリー小説を探しています。

北村薫さん
加納朋子さん
坂木司さん
過去の同様の質問で回答に挙がっている、これらの作家さんの本はすべて読み終わってしまいました。

また、倉知淳さんの猫丸先輩シリーズはこれから読もうと思っています。

それ以外で、お勧めの本(作家さん)があれば教えていただけないでしょうか。
なお、文庫化されているものでお願いします。

Aベストアンサー

「赤ちゃんをさがせ」(青井夏海・創元推理文庫)助産師が主人公。
「安楽椅子探偵アーチー」(松尾由美・創元推理文庫)小学生が、「アーチー」の助けを借りて事件を解決。
「氷菓」(米沢穂信・角川文庫)ローエネルギーで生きる高校生が主人公。
「インディゴの夜」(加藤実秋・創元推理文庫)ゆるゆる系ホストクラブが舞台。夜の街が舞台なのでたまに穏やかでないこともおきます。
 今まで読まれていたのはけっこう穏やかな感じなようなので、青井夏海さんが一番近いかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報