出産前後の痔にはご注意!

交通事故の捜査と防犯カメラについて

県道同士の交差点で交通事故がありました。
その現場付近に「○月▲日の午後□時×分頃、この付近で交通事故がありました。目撃された方はA警察署へご連絡願います。」
みたいな目撃情報の協力の看板が電柱にかけられている光景をよく目にしますが、こういう県道同士の交差点という比較的交通の要所的な場所で事故が起きた場合に、警察は防犯ビデオを使って検証をしないのでしょうか?。もし、そうなら何のための防犯かめらなのでしょうか?。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>警察は防犯ビデオを使って検証をしないのでしょうか?



 実際に交通事故捜査のために、防犯ビデオを使用した事例は存在しています。
 ただし、交通事故の場合は、過失犯罪の捜査になりますので、基本的には、人的証拠としての証人、物的証拠としての物証を求めることが基本になります。
 最近では、事故が多発する交差点に、順次、監視カメラが設置され始めていることをご存じでしょうか?



>もし、そうなら何のための防犯かめらなのでしょうか?

 警察機関が民間の施設に設けられた防犯設備等を無作為に利用することは、決して良いことではありません。
 必要であれば、任意提出を依頼するでしょう。
 提出された防犯ビデオの映像が、犯罪を立証するための証拠として認定されるためには、それなりの手続き・検証が必要になります。
 そういう意味では、その防犯ビデオを取り付けている関係企業に迷惑をかけることもあるのです。
 民間企業が接地する防犯カメラは、犯罪捜査目的のために設置されているのではなく、各民間企業が行う犯罪防止・予防を主目的としているのです。

 例えば、質問者さんが自宅に防犯ビデオを取り付けて、それで交通事故のために使わせて欲しいと依頼され、快く協力したとします。
 その後、警察に呼ばれて、「いつ頃どういう目的で取り付けて、その性能は・・・・で、今までどういうことに使用したか、異常な現象は無かったか、メンテはどうしているか・・・・・。」と聞かれ、時間をかけて供述調書を作成を要請され、証拠物として検察庁へ送られて・・・。
 こうした協力なしに犯罪の証拠としての価値が認められることにはなりません。

 録画を見て「やはりこうだな・・・。」と捜査機関が認定したとしても、それなりの立証手続きを取らなければならず、もしそうなら、目撃者を捜す方が早くて確実ということになりませんか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
事故が多発する交差点に、順次、監視カメラが設置され始めていることは存じ上げています。おっしゃれる通り映像で「事故」を確認することはできますが、破損したものが同じかと言われれば難しくなりますね。そういう意味では証人や物証が主体になるのは理解できます。
民間の防犯カメラを警察当局が使用するのが結構面倒なのですね。
これが交通事故でなく、器物破損や傷害事件などの捜査でも同じ手続になるのでしょうか?。
何だか街の中に設置されている防犯カメラが抑止的なために設置されていることはわかりますが、それ以上となるとまだまだ難しいようですね。

お礼日時:2010/07/27 17:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスーパー駐車場の防犯カメラを見せてもらえない

某大手スーパーの駐車場で当て逃げされました。もしかしたら防犯カメラがあるのでは?と思い辺りを見回した所、それらしき物がありました。早速、事情を説明して見せてもらおうとした所、不可解な対応をされました。

1.防犯カメラの有無についてはノーコメント(現場に行って『あれはカメラでしょ?』と言っても『お答えできません』との事)

2.仮に防犯カメラがあったとしても映像を見せる事はできない(理由を尋ねても諸般の事情で…とかなんとか)

何故なんでしょうか?この店だけがおかしいのでしょうか?それともスーパーはみな同じ対応をするのでしょうか?

悔しい、何故?、納得行かない!と真綿で首を絞められている気分です。どうかこの辺りの事情に詳しい方、助言願います。

Aベストアンサー

プライバシーの問題もありますが、防犯カメラにどのように映っているか?
が解ると、忍び込むほうとしては対策が楽ですよね。
こちらの警備の手の内を明かすことになります。
こういった理由から、一般の人には映像を見せない、と聞いた事があります。

多くの場合、店側は「駐車場内での事故は関知しません」ということをたてにとり
とりあわない場合のほうが多いと思います。
他の方が言われているとおり、警察を動かすしかありません。
ただ、人身で無い限り警察もなかなか動きません。

Q車両保険請求で調査員に疑われて・・・

アドバイスお願いします。
凍結した道で自損事故(全損)をおこしてしまいました。車両保険金請求をしましたが、調査の方に疑われて(偽装事故)一ヶ月たっても保険金がもらえません。
警察の現場検証もしたのですが、その日に事故をおこした証明を下さいと言われて困ってます。
例えば ●当日にコンビニやガソリンスタンドに立ち          寄ったならばその領収書の提出
    ●事故現場近くの住人と会話をしたのか?
    ●事故直後連絡したところの確認の為携帯の     通話記録の提出
     (記録を出しても会話の内容なんてわから      ないと思うけのですが・・・)
朝早くの出勤でどこにも寄らすに、山道のような所で民家は近くにありませんでした。レッカー移動は、知り合いの業者へ頼んで引き取りに来てもらいました。
これ以上証明のしようが無いんです。
最近では写真を見せられて2度同じところをぶつけた様な痕跡がある。(そんなこと絶対無いのに・・・)
とまで言われてます。
まるっきり偽装扱いのような気がします。
保険屋さんにどうしたらいいのか訪ねると「調査の為にご協力下さい」としか言われません。
自損事故での車両保険請求した際、皆さんこのような調査を受けているのでしょうか?
もっとこちらから強く出ても良いのでしょうか?


         

アドバイスお願いします。
凍結した道で自損事故(全損)をおこしてしまいました。車両保険金請求をしましたが、調査の方に疑われて(偽装事故)一ヶ月たっても保険金がもらえません。
警察の現場検証もしたのですが、その日に事故をおこした証明を下さいと言われて困ってます。
例えば ●当日にコンビニやガソリンスタンドに立ち          寄ったならばその領収書の提出
    ●事故現場近くの住人と会話をしたのか?
    ●事故直後連絡したところの確認の為携帯の     通話記録の提出...続きを読む

Aベストアンサー

警察の事故届けはどうなっていますか。
文面から見て事故直後に届けていないと受け取れましたが、いかがですか。

事故後の経緯を見て、総体的に判断をしたいのが保険会社の意図とするところです。

あと老婆心までに!
保険会社とケンカをすれば、あとは弁護士対応となり、保険金が払われる可能性はゼロに等しくなります。
最近、別の判例が出ましたが、事故の立証は契約者側にあるのが実情です。
言い換えると、調査の人は貴方に代わって立証の手伝いをすると言っているようなものです。

何事も交渉事であることを忘れてはなりません。

Q人身事故を起こしました。再度事情聴取をされるのはなぜでしょうか?

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければならなくなった。というのですが、このようなことはどうのような理由からなのでしょうか?検察庁に書類をあげる2日前に連絡が来ました。正式な交差点での事故と見なさず、横断歩行者妨害ですのでしたし、幸い御相手の怪我が軽傷でしたのであなたはラッキーでしたよ、と先日の事情聴取で担当の警察の方がおっしゃたので、安心したのですが、電話の呼び出しの理由は、横断歩行者妨害ではなく、信号無視とみなされるので、再度・・・と。同じ警察の方からの連絡でしたが、担当する方によって(上の方々の判断によって)このように再度聴取必要ということがあるのでしょうか?定義や明確な基準はないのでしようか?初めてのことで全く無知なので、詳しい方のご意見をお聞かせいただけると助かります。よろしくお願いいたします。

信号機がある横断歩道上で自転車と接触し全治1週間の診断の人身事故を起こしてしまいました。私の不注意で赤信号に気づくのが遅く、横断歩道内、ちょうど真ん中で停止しそこで自転車の高校生をけがをさせてしまいました。大変反省をし、お相手やその家族の皆様にも誠意を尽くし、怪我も完治し、安心したこところでした。が、警察での事情聴取から、2週間すぎて、また連絡があり、再度事情聴取と言われてしまいました。先日の事情聴取で作成した調書ではたりないと上司に判断され再度詳しい調書を作成しなければな...続きを読む

Aベストアンサー

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけの事なんです。

同様の接触事故を経験しました。
この経験から書かせていただきます。

再度の警察からの呼び出しですね?
堂々と応じましょう。
これ、稀にあります(再度の現場検証)書類の不備や不明な点があるんでしょう。
別段気にする事はありませんよ。
事実関係だけを確認すればいいだけです。
しかし、実際に在った事実だけを主張してください。
自己弁護が許されてるとは言え虚偽の主張や申告はいけません。
現時点で質問者さんが申告した内容と違ったりしてる場合もありますから、そんな時には「そこは違います」と主張してください。
卑屈になって「何もかも私が悪いんです」なんて言う事ありませんよ。
開き直りと言われるかもしれませんが、そうではありません。
事実確認の説明と逆切れの開き直りは根本が違いますから。。。

「呼ばれたから来ました」「お世話かけて申し訳ないです」って調子でいいです。
車の正面に当たったのか?側面に当たったのか?など事実とは相違があれば否定してください。

赤信号で停止線を超えると「信号無視」になるので、信号のある交差点でしたので「横断歩行者妨害」ではなく「信号無視」の扱いとなったのでしょう。

恐らく最初は「横断歩行者妨害だね」ってなってたのに「ん?よくよく見たら信号機のある交差点じゃね?」「横断歩道上だよね?」「じゃあ信号無視じゃん」「あらホントだ横断歩行者妨害じゃねぇじゃん」ってな会話があったかどうかは分かりませんが、どうせこんな事の流れでしょうね。

んで「検察に上げる書類、信号無視の件として上げよう」ってなったんでしょう。

「歩行者妨害」と「信号無視」ではどちらかと言えば「信号無視」の方がキツイんですよ。
どうせやるなら「キツイ方にしちゃえ」的な感じになったんでは?と思われるでしょうが、そうでは無いでしょう。

「事実」としては「赤信号で停止線越え」ですからキツクする為ではなく「事実関係」としての書類作成は役所ですから当たり前の話なんですけどね。。。

事実は事実ですから。。。

だったとしても、この事実を受け止め、堂々としてればいいんです。
(被害者の前で堂々としちゃダメよ)

今後の予定としては。。。

検察の「査問委員会」なるトコロから「来てね」って手紙が届きます。
これは再度の確認と自己弁護の場です。
検察官が警察より提出された書類の内容に「相違ないか?」ってのと「なんか申し開きある?」ってのが趣旨です。

この場では「自己弁護主張」しても「いい場」なので、言いたいことはキチンと言いましょう。
「示談は済んでる」「相手の怪我は全治一週間である」「誠意ある謝罪は行った」などなどです。
(質問者さんにとって有利な事はどんどん言いましょう)
勿論、件の書類も確認して「ん?コレちょっと違うんじゃね?」ってトコがあったら「この部分は事実と違います」と主張してください。

やっちゃいけないのは虚偽と横柄な態度。
「存在しなかった事実=虚偽」の主張なんかしないでください。
(当たり前ちゃ当たり前だけどね)
そして、反省はしてる態度で臨んでください。
(卑屈になる事はないです)

この日のうちに罰金が確定して罰金の支払いをします。

免停は別の処理で、後に交通センターとかから呼び出しがあります。
恐らく「90日免停」でしょうね。
まあ、程度が軽いので「60日」かもね。
交通センターとかで再度「事実確認」をします。
まあ、ここまで来ると「違う事がある」なんて事はありませんけどね。
で、90日コースなら二日間、60日コースなら一日半、の講習&試験を受けます。
講習をキチンと聞いてれば「合格間違いなし」程度の試験です。
この試験に合格すると免停期間の「30日分」が免除されます。
90なら60に、60なら30になるって事です。

事故に於いて「軽い重いは問題ではない」んですけど、今回の事故は程度から考えると「軽い」方です。
(だからって「そんなもんだ」「よくある事さ」って受けてちゃいけませんよ)
逆に「重大な事故にならなくて幸いだった」「これで、打ち所が悪くて死傷事故だったら」って思ってください。
相手が高校生とか若い人だと少々転倒しても「平気x2」って調子でしょう。
これが高齢者だと「ちょいと転倒」で「死」に到る場合もあります。

今後は安全運転するようにすればいいです。

こんな事を書くのは如何かと思いますが、、、
「大した事故でなくて良かった」です。
(これは他人である立場の人間が言う事ですけどね)

これから色々面倒な手続きや免停などの「拘束」もあります。
まあ「一つ勉強」だと思って粛々と取り組んでください。

私も似たような事故をしました。
もう20年近く前ですけど。。。
当時は相当に凹みました。
今では「いい勉強になった」「いい経験をさせてもらった」と思っています。
(その後の安全運転に役立っています)

これからが色々面倒です。
どうか御身体御自愛ください。

質問とは関係無いことまで(余計な事)書きましたが、関連する事項なので、参考までに読んでください。

御参考になれば幸いです。

人身事故は重大な事です。
被害者側の怪我の程度に関わらず、あってはいけない事で。。。

と、まあ、キレイ事の正論は言いません。

実際上の話をしましょう。
いかな事故とは言え過失である限り自己弁護しても構いません。
被害者に対して社会通念上の誠意ある対応と謝罪を行ってるのであれば何も卑屈になる必要もありません。
検察でも警察でも相手が何処でもビクつくことなんか無いです。
横柄な態度はいけませんが、粛々と手続きすればいいのです。
検察も警察も役所ですから手続きすればいいだけ...続きを読む

Q防犯カメラの記録は何日ぐらい?

真実を証明するために
カメラ記録は有効です。
 この記録って
何ヶ月ぐらい残してあるものでしょうか?
 識者様! 教えてくださいませ。

(1)店が任意につけている場合
 この記録を削除しないよう注文つけられるでしょうか?
 【記録内容は店側にとって不利になる内容です】

(2)警察に申し出れば可能と思いますが
  大げさにはしたくはありません。

識者様! 教えてくださいませ。

 

Aベストアンサー

金融機関は長いのですが
普通は、長くても一ヶ月ほどの保存だと思います。
画像の安全管理のため
(画像の漏えい、減失、き損、改ざん防止など)
保存期間は最小限にしてくさいね・・・とか言われるし。


(1)
個人が注文をつけられません。
それに従う義務もありません。

(2)
状況がいまひとつわかりませんが
大げさ・・・とかではなくて
その必要があるのなら、警察に申し出ないとダメです。

真実の証明は、防犯カメラに限りませんから
他の方法を模索するなど・・・ですが
店側が、言い訳できないようにすれば足りる。

Q自動車事故で保険会社から調査って・・・

噂ですが・・事故の休業損害補償について「3ヶ月をこえるものは調査(勤務会社に)が入る」と保険会社がたまにいってくるようですが、この調査とはどういったものでしょうか?たとえば 事故による首の捻挫に対する治療期間がおもに3ヶ月だからそれで3ヶ月を超える場合といっているのでしょうか?友達が勤務先に調査がはいるよと保険会社にいわれ、なにか恐い印象があるようです、会社に調査がはいるのはほんとうなのでしょうか?また調査とはどういう調査をするのでしょうか?

Aベストアンサー

休業の実態調査と言う事です。保険会社には強制的に調査できる権利はありませんので保険会社の損害調査員かあるいは保険会社によってはリサーチ会社などで聞き取り調査を致します。特別に問題が在りそうな案件では弁護士に依頼する事もあります。内容的には勤務実態はどうだったか、事故の治療期間の休業損害請求期間に会社は給与を支払っていないのかどうか、(実際には会社で立て替えた場合は会社に求償権が有ります)有休の扱いに付いての会社の考えは、更には会社として怪我で勤務が出来ないような状況と考えているのか。と言うような調査を致します。尚 「3ヶ月こえるものは調査がはいる」と決まっているわけでは有りません、受傷部位と休職状況を考慮して保険会社の損害調査員が判断致します。

Q物損・調査会社の調査を断って良いでしょうか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
食い違うのは一点だけで、それも警察へ相手が話している内容なので、
わざわざこちらを調査しなくても警察ですぐに確認できる内容でした。

解決している内容について、先日それは話しましたよね?というと明ら
かにムッとした態度で後は調査会社から連絡がありますからとのこと。
また時間はどのくらいかかりますか?と聞くと、1時間くらいじゃない
ですか~と投げやりというか他人事というか。

こちらとしては、むこうから調査に協力してほしいと頼まれている立場
で、今までも散々待たされている中で承諾しており、さらに休日の調査
ということで休みを拘束される形になるのに、この態度なので、調査に
ついてはもう断りたいと思っています。調査の必要性も感じていません。

これを断るこちらに不利になるのでしょうか?
我慢してでも受けるべきですか?

物損事故の被害者です。(当方過失なしを主張)
相手保険会社から、第三者の調査会社で調査したいとの依頼があり
承諾しました。
(過失割合でお互いの主張に開きがある)

保険会社へ調査会社に依頼する理由を聞いたところ、双方の意見が食い違うからとのことでした。
そんなに食い違いあったっけ?と思いながら、
食い違う点を教えて欲しいといったところ、面倒臭そうに
「先日話しましたけど」との回答。それをもう一度確認したいというと、渋々話しましたが、殆どがすでに解決されている内容でした。
...続きを読む

Aベストアンサー

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」通称、別冊    判例タイムズ No16を参照してください、調査会社の調査など
    これにかかれば茶番で、裁判等は全てこれで決まります。
3.追突以外は過失ゼロはない?(笑い)加害者代理の保険会社代理店の
 担当の常套句で通常想定できる安全管理から想定できない事故は過失 ゼロです(判例が多すぎて、興味があれば「判例タイムズ」を参照)

4.今回人身事故にしなかったあなたの不注意が災いして苦労されていま す。間に合うようでしたら絶対に人身事故にすべきです。
 それ以降もさまざま保険会社の嫌がらせがありますが、
 (1)人身事故にする (2)週2~3回牽引で整形外科へ(お近くの整形外  科) (3)紛争処理センター
 以上のキーワードであなたは勝利です。
 

ご意見拝借させていただきました、
1.事故調査は受けていただいていいと思います、ただし自分に不利な判 定がされてもなんら考慮する必要がありません
2.非常に重要です、事故にあわれて2週間以内なら直ちに整形外科で
 受診して人身事故にしましょう、まったく状況が変わってきます。
 実は物損事故での被害者は非常に不利になりますが、人身事故は各種
 証拠を警察で作成してくれますので、後が非常に有利になります。
 参考;「実況見分調書」これで過失割合が決定されます、実際の内容    は...続きを読む

Q保険会社はどこまで調べるの(?_?)

素朴な疑問なのですが・・・

保険給付金が支払われる際に保険会社は通院履歴等、
調べるかと思いますが 過去の病院への通院履歴の他に
区や市の施設で実施された健康診断の結果なども
調べるのでしょうか?

 

Aベストアンサー

保険会社が調査を行うかどうかに関しては、入院給付金の請求を受け付けて「あやしい」と思われるものに対して行います。
グレーであっても、請求額が少額な場合(調査費用の方が高くつくケース)や、2年以上経過してるケース(調査の結果クロであっても、すでに解除や支払い拒否ができなくなっている)など、ケースバイケースとしか言いようがありません。
ただ、その給付金を請求する際の書類は「請求書兼承諾書」という形式になっており、請求すると同時に「この請求に関しての調査を承諾します」ということになっています。(すべての保険会社がこうなっているかどうかは知りません)
すなわち、この請求者の承諾をもって保険会社は調査を行うわけです。
診断書を発行した病院以外の通院歴が出てくることはよくありますし、2年以上経過していても調査が入るケースもあります。
ただ、どこまで調べるかというとそこまでは私にはわかりませんが、調べる気になればどこでも調べる権利を有しているということだけはご理解ください。
実際には、自治体や会社の健康診断の結果まで調べたという話は聞いたことがありませんが。(ここまでは調べませんという意味ではありませんのでお間違いなく)
いずれにしましても、告知は正確に行っていただくのが一番ですよ。

保険会社が調査を行うかどうかに関しては、入院給付金の請求を受け付けて「あやしい」と思われるものに対して行います。
グレーであっても、請求額が少額な場合(調査費用の方が高くつくケース)や、2年以上経過してるケース(調査の結果クロであっても、すでに解除や支払い拒否ができなくなっている)など、ケースバイケースとしか言いようがありません。
ただ、その給付金を請求する際の書類は「請求書兼承諾書」という形式になっており、請求すると同時に「この請求に関しての調査を承諾します」ということ...続きを読む

Q事故状況で証言に食い違いがある場合の対応について

事故状況について証言に食い違いがある場合、双方の保険会社または相手の保険会社に立ち会ってもらって相手の方と直接お話することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相手方も同意すれば、四者面談(双方当時者、双方保険担当者)も可能ですが、通常は調査会社を入れます。
調査会社は当事者双方から個別に事故状況を確認し、現場状況等から、どちらの話が信憑性の高い話なのか確認して、保険会社に報告し、その調査結果でもって保険会社が判断するということになります。

相手と直接話し合ったって、お互い感情的になり、まとまる話もまとまらない可能性が高いですし、何よりその場で結論を求められるので、保険会社の担当者は嫌がるでしょうね。

Q人身事故の罰金について

先日、私が100%悪い
追突事故を起こしました。
点数の通知は5点が来ました。
相手方とは、保険に任せている状況です。
この後、検察からの呼び出しは、いつ頃になるでしょうか?(くる確率はたかいでしょうか?)
罰金もいくらぐらいになるか、知りたいです。

ご存知の方
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨年の自動車運転過失致傷罪の起訴率は、9.9%(約68万人の被疑者に対し、起訴されたのは約67,000人)です。

免許点数の加点は行政処分ですから、事故当初の診断書で判断されることが多いのですが、刑事処分は被害者の治療状況や被害者感情も大いに勘案されるため、被害者が加害者側の対応に不満を持っているかどうかも、起訴・不起訴の判断材料になります。

この辺りは、検察の判断となりますので、なんとも言えませんが、検察から事情聴取の出頭要請があった場合は、起訴(略式手続による罰金刑)の可能性が高くなります。
事情聴取の際は、被害者との示談状況について尋ねられますので、被害者の治療状況等を把握しておく必要があります。また、加害者の事情聴取後に被害者にも事情聴取がありますので、被害者への謝罪等の連絡もとっておく方がよいでしょう。

起訴された場合、過去に交通違反の処分歴・人身事故歴がなく、当初の診断書が軽傷であれば罰金は10~20万円です。

被害者側へきちんと対応し、十分反省していれば不起訴となるでしょう。

Q自動車保険はどこまで調査が入りますか?

自動車保険について。レジャーで契約していて毎日通勤でも使用していた場合です。例えば休日に事故を起こした場合、そのまま問題なく保険はおりるのでしょうか?それとも、通勤には使ってない事が証 明されないと(定期券があるなど)保険はおりないのでしょうか?どこまで、調査されるのでしょうか?レジャーで契約していて、休日に事故を起こしたから問題なく支払われるわけじゃなく、使用状況などは自己申告ではなく徹底的に調査されるものなのでしょうか?御回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険会社は払いたくないのが本音ですから、ちょっとでも「ん?」と思ったら調査します。
結構ありますよ。私どもから見ても、なんでこんなんで調査依頼きたの?みたいな案件。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング