ウルトラマンは何故一家総出で地球の平和を守っているんですか?

子供の頃視聴していたので、おぼろげにM78星雲出身という事やウルトラ隊員に化けていた(?)事はおぼろげに覚えているのですが、何故地球にきて平和を守っている理由まで思い出せません。

あと、宇宙怪獣は何故地球で暴れているんでしょうか?
人間を食べに来たとか、地球侵略~という感じでもなく、おぼろげにただ暴れていた事だけは覚えてるのですが、暴れていた理由まで思い出せません。

ふと、思い出して気になりました。
ご存知の方、是非教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

 自分の世代的に、いわゆる昭和の初期2シリーズだけ。

基本的な設定なんで矛盾とかあるかもしれませんが。

・初代ウルトラマン
 本職が宇宙警察のようなもの。宇宙怪獣を追っていて、たまたま地球にて現地人を巻き込んでしまい、彼の命を救うため合体して自分の命を共有した。最終回では上司の持ってきた「命」を使い、彼と分離。帰還した。
 怪獣の出現理由は様々。たまたま地球に来てしまっただけだったり、明確に地球侵略を目的にしていたり。

・ウルトラセブン
 本職は観測員。登山中に仲間を救うため自らのザイルを切った青年に感動し、彼を助けた。その後その姿を借りて地球のために戦うことを決意。最終回で力を使い果たし地球を去った。
 こちらも出現理由は様々。

・帰ってきたウルトラマン
 地球を守るためという明確な目標を持ってやってきた初のウルトラマン。怪獣から他人を庇って命を落とした青年に融合。当初はウルトラマンの意識と人間の意識が分かれていたが徐々に同一化。最終回では融合したまま地球を去った。
 怪獣はもともと地球に眠っていたものが何らかの原因で目覚めはじめたものらしい。ウルトラマンはそれを察知して派遣された模様。

・ウルトラマンA
 異次元からの侵略者の存在を察知して派遣された。超獣により命を落とした男女に命を分け与え、二人で力を合わせて変身する能力を与えた。ただし、中盤で侵略者が倒され、女性が月の人間であったとして仲間のもとへ行くことになり、以降はなぜかやってくる超獣に対し一人で変身して戦うことになる。最終回で融合したまま帰還。
 超獣は異次元人が送り込んだもの。侵略者の倒れた中盤以降はいろいろな理由による。

・ウルトラマンタロウ
 地球を守るために派遣された。例によって怪獣に立ち向かった青年が、地球に来ていたウルトラの母に見込まれて瀕死の状態でタロウと融合した。過去のウルトラマンよりも融合度合いが強く、転生といってもいいぐらい。最終回では人間として旅立った。
 怪獣の出現理由はさまざま。

・ウルトラマンレオ
 他のウルトラマンとは出身が違う。故郷の星を滅ぼされて地球に流れ着いて、地球人に化けていた。地球人の姿のモデルは不明。地球を守るため再度派遣されていたウルトラセブンが変身能力を失い、セブンの要望もあり侵略宇宙人と戦う。最終回では地球を第二の故郷と決め、ヨットで旅立った。
 侵略宇宙人はレオの故郷を滅ぼしたものと同一で、次のターゲットが地球だった。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます

>初代ウルトラマン
>たまたま地球にて現地人を巻き込んでしまい、彼の命を救うため合体して自分の命を共有した

このくだり、なんとなく記憶にあります
そうでした、そうでした

>・ウルトラセブン

歌とよく窮地に陥っていたような覚えがあります
そうか、彼は警察官とかじゃなくて腕に覚えのある程度の文官だったかったから、よく危なくなっていたんですね

>以下
このあたりは、なんか本格的にうろ覚えです
でもウルトラマン達にも色々背景があるですね
「ウルトラ太郎」に「ウルトラの母」ついてきていたくだりはフイてしました
マザコンな僕ちゃんだったんですね、太郎は・・・

>・ウルトラマンレオ
この子は知らない子ですが、一番複雑そうな子ですね
でも話としては一番わかりやすいです

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 02:17

再度書き込み失礼します。

軌道修正解説。
ウルトラマンレオ38話、39話の内容です。
かねてからウルトラの星の壊滅を目論んでたババルウ星人は、レオの弟アストラを拉致して氷漬けにして、自分がアストラに化けます。ウルトラの星のウルトラタワーをマグネチックチェーンで引き倒し、ウルトラの星の軌道制御をするウルトラキーを強奪します。この時、わざとアストラの姿をみせるのが目的でウルトラマンと交戦し逃走に成功します。

ウルトラマンエースがババルウ星人の仕業だと言った時に「違う!キーを盗んだのはアストラだ!レオの弟アストラだ!」とウルトラマンが言ったので、アストラが犯人と断定、4兄弟は地球に逃走したにせアストラを追跡します。

ウルトラキーが抜けたので軌道を保てなくなった(これが全く理解不能)ウルトラの星は、キーを追いかけるかのように地球に向かって宇宙空間を暴走する星になってしまいます。

ウルトラキーはウルトラの星の軌道制御の他に武器として使用すると星ひとつ簡単に破壊する超破壊光線を発射できるので、(ウルトラの父が発射したシーンあり)4兄弟は地球にいるダンの元にウルトラサインを送って、レオに裏切り者アストラを捕まえさせてウルトラ兄弟に引き渡してくれ、とお願いします。

ババルウ星人がアストラにうまく化けていたので、実の双子の兄、レオですら間違えてしまい、兄弟愛が裏目に出てしまいます。ウルトラマンが好戦的な態度だったのが残念。よほどウルトラキー強奪時に逃げられたのがくやしかったのか、「レオ!俺たちはアストラを殺す!」あなたはそんな言葉を口にする人じゃないでしょう。

にせアストラをかばって3兄弟(ゾフィは除く)の合体光線の直撃を受けてレオはバッタリ倒れてしまいます。ああ、アストラは狂ってしまったのか、悪魔のような笑い声でウルトラキーの超破壊光線をウルトラ4兄弟に発射せんとしたその瞬間!かのウルトラマンキングが颯爽と登場、ウルトラキーを破壊!して、洗礼光線でアストラに化けたババルウ星人の正体を明かすのでした。「キーなど問題ではない。」と、もの凄い台詞をさりげなく言うお方です。

全部書いてしまうととんでもない文章になるので割愛。劇中、ババルウ星人はウルトラの星と地球を衝突させる事とウルトラ兄弟とレオ兄弟を同士討ちさせる事が目的とされているので、とばっちりを受けた訳ではなくて、当初から破壊のターゲットだった事は明白です。

軌道修正出来ればいいな、と思います。失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびの回答ありがとうございます

ウルトラマンレオってこんなに複雑な話なんですか!?
既に深く熱いドラマとウルトラマン同士の超人関係に脳がパンクしてきています(涙)
が、とどのつまり地球が色々と襲われているのはウルトラマン達のせいなのでは??という事は理解できました
奴等のとばっちりなんですね

本当、色々と深すぎてただただ吃驚です

詳細にわたり色々と回答を頂きありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 22:58

今私の手元にある資料だと、昭和46年の小学館の学習雑誌、小学2年生9月号で、ウルトラ兄弟の設定が紹介されていて、ゾフィが長男として紹介されていますが、イラストになっています。

多分ウルトラマン最終回のスチールが見つからなかったか、使えなかったのでイラストになったと思われます。

そして11月号に、光の国が紹介されています。人工太陽であるプラズマスパーク核融合装置と、ウルトラ族の体質の変化が語られています。この当時は「帰ってきたウルトラマン」の本放送時で、8/6放送の「ウルトラセブン参上!」から12/24の「ウルトラの星 光る時」までの期間で、この小学館の特集記事によって円谷プロの設定が明確に映像化する前に、すでに視聴者側に浸透していきました。作品内でゾフィが長男と判明するのは、帰ってきたウルトラマン51話・「ウルトラ5つの誓い」のバット星人の台詞からです。

ウルトラ兄弟が地球を愛する理由は、前記しましたが、その内容が作品内で語られるのは、昭和48年9/21のウルトラマンタロウ25話「これがウルトラの国だ!」のでゾフィの演説シーンまで1年待たなくてはなりませんでした。内山まもる先生のイラスト付きで地球を守るウルトラ兄弟の使命を語ってくれています。

このように、ウルトラ兄弟の設定が生まれた第2期ウルトラシリーズは、円谷プロと小学館のタイアップが密接で、作品内で語られなくとも、小学館の学習雑誌を読んでいる視聴者ならすでに情報は入っているので問題ない、という状態でした。

そのタイアップ状況を体験した事が無い若い世代や、当時の世代でも興味がなかったり、学習雑誌を読んだ事の無い方は、現在発売されている「帰ってきたウルトラマン」から「ウルトラマンレオ」を見ても、どうしても謎、というシーンが山ほど出てくると思います。

蛇足ですが、ウルトラマンレオについて。
レオはL77星のプリンスで、M78星雲のウルトラ族と同じ祖先をもつ種族です。戦闘能力は高く光線技もあるはずでしたが、プリンスだったので護身術程度しか身につけておらず、L77星をマグマ星人と双子怪獣よって壊滅させられてしまいます。この時、ペット怪獣ロンと双子の弟アストラとは生き別れになります。レオは死別したと思いこんでいました。

レオは地球に避難しておおとりゲンと名前を変えて地球人として生きていくつもりでした。前作のタロウが地球人として生きる事にしてウルトランマンタロウの存在が失われてしまったので、再びセブンが地球防衛の任務に就いたのですが、L77星を滅ぼして勢い付くマグマ星人と双子怪獣の地球破壊工作に大苦戦。兄怪獣ブラックギラスに右足関節を粉砕骨折させられてしまいます。いつものウルトラシリーズなら、ウルトラの国で治療を受ければ治るはずですが、この時はレオを鍛える意味があったのか、セブンはモロボシダンとして地球に残ります。「しかし、地球にはウルトラセブン!あなたがいるじゃありませんか!」「セブンはもういない!」とウルトラアイを自らウルトラ念力で焼いてしまうシーンは驚愕でした。マグマ星人に破れたから変身能力を失ったのではなくて、ゲンに第2の故郷、地球を守る説得をするために、あえて退路を断ったと思いました。

ウルトラアイは34話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」で、帰ってきたウルトラマンこと郷秀樹が、修理の為にウルトラの星に回収。変わりに怪獣ボールセブンガーを渡します。

セブン帰還に機会があったのは39話「レオ兄弟ウルトラ兄弟勝利の時」で、ウルトラマンキングが「セブン、いや、ダン。われわれと一緒にウルトラの星に戻らないか。」と言ったのですが、ダンみずから、「地球は自分の第二の故郷です。私の命は地球と運命を共にしたいと思っています。」と帰還を拒否しています。

そのウルトラマンキングはM78星雲でもL77星でも伝説の人と言われた宇宙一の勇者で、普段はキング星という惑星に居ます。ゾフィのおじいさんにあたるお方です。マグマ星人の捕虜となっていたアストラを助け出し、レオの元に送り出したのもこの方です。

結構脱線しましたが、資料を漁っている内に書き込みたくなりましたので、勝手に記載しました。失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうございます

>昭和46年の小学館の学習雑誌、小学2年生9月号~
幼稚園児~小学生低学年の頃祖母宅にて該当しているような雑誌を読んだ記憶あります
それでウルトラマンファミリーやら、タロウが末っ子だったとか、父と母がいるなんて妙に偏った断片的な記憶が残っていたんですね

タロウに続きレオもボンボンなんですね
>ペット怪獣ロンと双子の弟アストラ

怪獣ペットなんだ・・・・
生き別れの弟とか結構ドラマが散りばめられていたんですね
なんか、最後の10分で隊員がこっそり変身して暴れていた怪獣を倒した程度の記憶しかなかったので、本当、色々な意味で驚いています
子供向け・・・・ですよね、これ

話の裾の広さと深さにただただ吃驚です

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 22:51

ウルトラ戦士が地球に来た理由はそれぞれ異なるようですが、


彼らが地球を守る理由はウルトラマンメビウスにおいて次のように語られていたと思います。
M78星雲「ウルトラの星」の人たち(ウルトラマンたち)は昔地球人に似たような種族で、星も地球によく似ていたそうです。ただ、その星系の太陽が爆発してしまい、人工太陽を打ち上げて難を乗り切るのですが、人工太陽の予期せぬ効果で今のウルトラマンたちのような姿になり同時に超人的な力を手に入れます。星の環境も変わったそうです。だから、昔の故郷を想って、また地球人に親しみを感じて地球を「かけがえのない星」と言って守っている…というような事だったと思います。(うろ覚えなので間違った部分があるかもしれません。もしかすると人工太陽の設定はメビウスではなくウルトラマンタロウで語られていたかもしれません。)
メビウスの場合は「地球は先輩のウルトラ兄弟達が守ってきた星」というのも理由だったと思います。
すみません。メビウスは平成のウルトラマンなのですが、昭和のウルトラシリーズの設定を継承した作品だったので、参考までにです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

ウルトラマンメビウス??
平成ウルトラマンなのでしょうか・・・
観たことはありませんが、作中ちゃんと理由は語られていたんですね

人間があんな風になる人口太陽って凄いですね
てことは、ウルトラ星人は全員タイマー付で3分間しか活動できないって事ですか?
常にどこかでタイマー音が鳴り響く星なんだ・・・

そしてウルトラマンメビウスの戦う理由の軽さに驚かされました。軽いですね(笑)

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 22:41

ウルトラマンA本放送時の昭和47年9月に小学館から発売された世界名作シリーズのウルトラマンの物語(正式名称失念・君にもみえるウルトラの星だったような気がします。

)で、ウルトラマンが地球を守る事になった事について語られていました。なぜ世界名作シリーズの中に特撮作品が混じってしまうのか不思議でしたが、購入して大切にしていました。円谷プロ監修でしたから、内容は当時の円谷プロの公式見解でしょう。円谷一社長のメッセージも記載されていました。ちなみにこの本では次郎くんの郷さんと約束したウルトラ5つの誓いの回想から始まっています。

ゼットンに破れたウルトラマンがゾフィと共に光の国に帰ってきた時、ウルトラマンが地球人・ハヤタを好きになってしまった理由を考察しています。

「地球人の姿は我々ウルトラ族の祖先の姿そっくりだ。我々はプラズマスパーク核融合装置によって超能力を持ち、姿も変化してしまったが、祖先と似た姿の地球人に愛着を感じるのは当然かもしれない。我々は宇宙の先輩として、まだ幼い地球の友人たちを正しく導いていかなくてはならないと感じている。」

といった趣旨を語っていて、宇宙警備隊の中でも地球を守る事に賛同してくれる勇士が集まり、「ウルトラ兄弟」と称する事になりました。余談ですがこの時点で大矛盾があり、恒点観測員のウルトラセブンが宇宙警備隊員になっています。また、帰ってきたウルトラマンは、ヤプール人の存在をうすうす感じていて、何度か光の国に帰ってきてゾフィに報告している点も矛盾点です。

円谷一社長のメッセージに、「なぜウルトラ兄弟は命を賭けて地球人を守ってくれるのか、その答えがこの本にあります。何も見返りを求めない無償の愛。この尊さを皆さんにお伝えしたい。」といった内容が記載されていて非常に感動しました。

この本を読んでから、私のとってのウルトラマンが地球を守る理由は「地球人が好きになってしまったから。」が主流でした。

しかし、後年、実相寺監督や飯島監督の脚本を読んでみると、大人向けの別の理由も提示されていました。

地球人は基本的に好戦的な生物で、このままの精神状態で進化していくといずれは宇宙全体に害をもたらす生命体になってしまう。まだ今なら修正が効くので、ウルトラマンは地球を守りつつ、地球を悪の道に進ませない監視役も果たしている。もしウルトラマンの愛情を裏切って宇宙に侵略を開始したなら、ウルトラマンはそのすべての超能力をもって地球を破壊する。という内容でした。地球人はウルトラマンの無償の愛を否定する道を選んではならないのに、愛が伝わらない。愛している地球を自分の手で滅ぼす絶望をウルトラマンに与えてはならない、と感じました。


宇宙怪獣が地球に飛来する件の理由は様々ですから、私はひとまとめには出来ません。侵略宇宙人のペット、明確な侵略者の傀儡、食料を探しにきた、運悪く落ちてきた、他の星系の侵略から逃げてきた、等、でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

ウルトラマンの物語で本が発行されていたとは驚きました
自分が子供の頃、観ていた頃は父・母・タロウ・エース・

円谷一社長のメッセージと監督さん、脚本家さんが挙げる「ウルトラマンが戦う理由」に結構大きな差があった事にも吃驚しました
製作者側にも色々と解釈がわかれるんですね(吃驚)

>しかし、後年、実相寺監督や飯島監督の脚本を読んでみると~
これはかなり「うえぇ~」ってくらい、「大きなお世話だな~」て理由でした
これはウルトラマンに対する見方が変わりました
地球人に対して、物凄い上から目線で戦っていたんですね~

なのに、敵役である宇宙怪獣が飛来する理由は結構適当・・・(笑)
結構、温度差ありますね

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 22:33

No.7です。

お礼ありがとうございました。
既に出ていますが、一族で血縁があるのは父、母、タロウです。
あとは、いわゆるゴッドファミリーと同じファミリーです。
当初はここまで続編が続くとは誰も考えていませんでしたから
設定の矛盾や継ぎはぎがやはり結構ありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度、回答ありがとうございます

>一族で血縁があるのは父、母、タロウです。
>あとは、いわゆるゴッドファミリーと同じファミリーです。

・・・って事は、タロウは2代目か何かなのかな??
セブンやらAやらは若頭的な??

>当初はここまで続編が続くとは誰も考えていませんでしたから
>設定の矛盾や継ぎはぎがやはり結構ありますよね。

あ、それでなんか色々な説があるんですね(納得)
なるほどです

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 22:21

何度もすみません。


ウルトラマンレオの劇中で語られた?ウルトラの星(光の国)は、
人工惑星で?その動力源の設計技術を皇家が握って下り、それが
地球を狙う?やつらの真の目的との事です。

円谷プロ・ウルトラマン・ライナーノーツより抜粋
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に何度もありがとうございます

>ウルトラマンレオの劇中で語られた?ウルトラの星(光の国)は、~

って、地球は単にとばっちり食らってるだけだったんですか!?
襲われてる原因もウルトラマンにあるとは知りませんでした!!
実は、大迷惑な宇宙人だったんですね

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 02:19

因みに…


ウルトラセブン(諸星ダン)は、昔の数々の功績から特別に
皇家から地球への移民を平和と引き換えに認められ永住されてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答をありがとうございます

>ウルトラセブン(諸星ダン)は、昔の数々の功績から特別に・・永住されてます。

・・・永住してるんだ

なんか、もう、本当、設定が生々しいですね(笑)
「ウルトラマンの生活」な感じで地球平和を守ってないときのドラマをお昼にやって欲しくなりましたわ

ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 02:09

予断…


> 何故地球はこれほど悪役怪獣に狙われるのか
皇家への嫌がらせ?…地球人を人質にして、皇家から
身代金(単純にお金では無いらしい)をせしめる事が?
最終目的です。やつらに取って、地球人は二の次です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうございます

>皇家への嫌がらせ?…

つまり「宇宙怪獣」=「テロリスト」的な図式?
キングの支配体制に不満を持つ「宇宙怪獣」の氾濫な感じでしょうか

>皇家から身代金(単純にお金では無いらしい)をせしめる事が?

なんか宇宙規模でナサケナイ話になってきましたね

う~ん、本当奥深いですね
ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 02:05

> ウルトラマンは何故一家総出で地球の平和を守っているんですか?


知ってると思いますが?ウルトラキングと言う方が折られますよね…
実は?地球は、あの方の庭です。

地球を含むオリオン腕宙域は、その昔銀河帝国だったかな?の植民宙域
でした。
銀河帝国自体は、内乱で崩壊していますが?皇家自体は、存続しており
…末裔で有る?ウルトラキングがかつての領地を相続しています。
で?地球は、その昔?ウルトラキングが新婚旅行に訪れた星の一つだ?
との事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

>知ってると思いますが?ウルトラキングと言う方がおられますよね…

誰!?
なんかエライの出てきましたが・・・

>実は?地球は、あの方の庭です。

なんか凄い方向に地球を守る理由が・・・
つまり「お庭番」って感じ??
つまりウルトラマンファミリーは「キングの使いっ走り」的な何か?

>地球を含むオリオン腕宙域は、その昔銀河帝国だったかな?の植民宙域でした。

キングは「旧華族」的な旦那様で、旦那様のお庭を守っている庭師ファミリーな?
一気に、親しみやすい昼ドラマに近づいてきました・・・

奥が深いですね
ウルトラマンって
ありがとうございました

お礼日時:2010/08/28 02:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜウルトラマンは地球を守るのか

ウルトラマンはM78星雲から
やってきた宇宙人ですよね。


なんでまた親切にも
地球を命がけで、しかも家族総出で、
守ってくれるんでしょうか…?


ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
※ほんとの設定を知りたいです。

Aベストアンサー

初代ウルトラマンは、地球の平和の為にとどまったのではなく、ハヤタ隊員只一人のために地球にとどまったのです。

彼のすべてはハヤタの命に。最終回のゾフィとの会話がこの物語の核心です。「私が帰ったら一人の地球人が死んでしまうのだ。」「私の命をハヤタにあげて、地球を去りたい。」彼は地球の平和の事は語らず、ハヤタ一人を心配しています。

ウルトラマンは、自分の不手際で死の淵に追いやってしまったハヤタ隊員の命をつなぎ止める。この目的で地球にとどまりました。

怪獣退治は、ウルトラマンの職業とハヤタの職業が一致していたからごく当然としていただけで、地球に為に、ではないのです。

ウルトラマンは地球人を、いや、ハヤタを好きになった。異星人同士で友情が生まれる、という素晴らしい物語でした。

地球を明確に「守る」ために飛来したのは、「帰ってきたウルトラマン」からです。家族総出、という訳ではなく、宇宙警備隊員のゾフィが隊長に昇格してから、ウルトラ兄弟という設定が出来ました。当時の小学館の学習雑誌に発表された内容は、ゾフィが語るには、
光の国の人たちの姿は、大昔は地球人とそっくり同じだった。光の国の太陽が爆発して、太陽にかわるプラズマスパーク核融合装置の光を浴びて、今の超能力を持つウルトラ族に進化してしまった。地球人の姿を見て、われわれのご先祖さまの姿を見た気がした。とても愛おしい気持ちになった。

だから、宇宙警備隊の中でも地球人を愛し、地球を守った隊員をウルトラ兄弟と呼ぶことにする。地球を愛する気持ちを持つ兄弟よりも深い絆で結ばれた仲間だ。というものです。

ウルトラ6兄弟のなかで血縁関係のあるのはセブンとタロウ。母方の従兄弟という設定です。
タロウだけは別格でウルトラの父とウルトラの母の実子。
ウルトラマンキングはゾフィのおじいさんにあたります。
レオ兄弟はL77星での双子のプリンスでウルトラ兄弟に迎えてもらうのは39話以降です。

ウルトラマンは地球人が自分の科学力を過信して他の星団を滅ぼすような愚行に走ったときは、ウルトラマン自身の手で地球を滅ぼさなくてはならない、という重い枷もはめています。宇宙正義では地球人は攻撃的な危険分子ととらえている面があり、ウルトラマン達に見放されたら地球は悪の星、という事です。そうならないように、科学は正しい心で使わなくてはなりません。

初代ウルトラマンは、地球の平和の為にとどまったのではなく、ハヤタ隊員只一人のために地球にとどまったのです。

彼のすべてはハヤタの命に。最終回のゾフィとの会話がこの物語の核心です。「私が帰ったら一人の地球人が死んでしまうのだ。」「私の命をハヤタにあげて、地球を去りたい。」彼は地球の平和の事は語らず、ハヤタ一人を心配しています。

ウルトラマンは、自分の不手際で死の淵に追いやってしまったハヤタ隊員の命をつなぎ止める。この目的で地球にとどまりました。

怪獣退治は、ウルトラマ...続きを読む

Qブルーレイディスクを、DVDで再生できますか?

すごく初歩的な質問ですが、

映画やドラマのブルーレイ版を、
ブルーレイでないDVDで再生して見ることはできるのですか?

映画のDVDを購入しようと思ってるのですが、我が家にはブルーレイ再生の機械がありません。
いずれは購入しようと思っているので、ブルーレイ版を購入しておいた方がよいかなぁと。
でも、家にあるDVDデッキでは再生できないとなると・・すぐ見たいし。

機械音痴で今さらこんな質問するのも恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ブルーレイ(BD)はBD再生専用機でなければ再生出来ません。DVDプレイヤーやDVDレコーダーはBD再生専用機では無いので再生は不可能です。逆に、BD再生専用機では下位互換性があるので、DVD再生は可能です。

 現在は、ブルーレイレコーダーが3~4万円前後、ブルーレイプレイヤーが1~2万円で発売されていますから、映画やドラマの市販BDやレンタルBDを視聴するだけならば、ブルーレイプレイヤーで十分でしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/Blu-ray_Disc

Q何故にバルタン星人が最も有名なの?

これまでのウルトラマンシリーズの対戦相手(星人・怪人・怪獣など)で真っ先に思いうかぶのは?と聞かれたら「バルタン星人」と答える人が最も多いんじゃないでしょうか。
でも何故「バルタン星人」なんでしょうか?実は僕も真っ先に思い浮かんだのはバルタン星人なんですが、自分自身でもその理由がわかりません。ウルトラマンを倒したのはゼットンなのに、それでもバルタン星人の方が知名度が高いみたいですね。
何故バルタン星人がウルトラマンシリーズの対戦相手の中で最も有名(知名度が高い)なんでしょうか。「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。
また、ウルトラマンシリーズの対戦相手で、バルタン星人の次に知名度があると思われるのは誰だろうかというのも、もしよかったら教えて下さい。

Aベストアンサー

バルタン星人を別格とすると
ウルトラマンシリーズの一押しといったらレッドキングでしょう、ただ名前のわりに赤くないという弱点がw
ゼットンの知名度が低いのはウルトラシリーズ最弱だからでしょうね、科学特捜隊にあっさりやられたのはゼットンだけですし、それでもパンドンにくらべれば、ましの部類

Q紀元前と紀元後をなぜ分けるの?

タイトル通りの疑問なのです。当たり前すぎなことなのかもしれませんが、教えてくださいお願いします。どういういきさつで分ける必要になったのでしょうか?
またいつから分ける様になったのですか?

Aベストアンサー

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれた年を紀元とすることにしました。
これが、現在我々が使っている西暦の始まりです。
何故西暦0年が存在しないかと言うと、西暦が作られた6世紀半ばのヨーロッパは、まだ数学が発達していなかったためか、「0」の概念が無かったのです。
そのため、「西暦0年」ではなく、「西暦1年」から始まったのです。これは平成0年がないのと同じですね。
だから、紀元1年より前の年をあらわすには、0がないので当然ながらマイナスを使えず、「紀元前」とするしかないわけです。
この西暦は、まず教会で用いられ、それがヨーロッパの一般人に定着するのはそれから数世紀経ってからで、 実際に世界的に使われるようになったのは、18世紀になってからです。
日本に至っては、明治以降、つまり19世紀に入ってから、やっと使い始めました。

つまりは、西暦に関するご質問ですね?

いま現在、我々が使っている西暦は、イエス・キリストが生まれた年を紀元(はじまり。すなわち西暦1年)としています。(ところが後日、実際には何年か違うらしいことがわかった。)
この西暦を考え出したのは、数学と天文学に通じていたローマの修道院長、ディオニシウスで、6世紀半ばのことです。
それまでは、日本の元号のように、何皇帝の何年というような呼び方をしていました。
しかし、それでは年数の計算が不便なので、ディオニシウスは、キリストが生まれ...続きを読む

Qウルトラセブンのモロボシ・ダンは雪山で落下して死亡?

あるサイトでウルトラセブンについて
「惑星観測員として地球にきていたセブンは、雪山で遭難している地球人の親子を発見。息子は父親を生かすために自らザイルを切り、落下し死亡。セブンはその青年に乗り移り「モロボシ・ダン」として戦い始める。」
と説明されていました。
これは本当でしょうか?
第一話を見たのですが、そのような話はありませんでした。
第何話にでてくる話でしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのサイトの情報は誤りです。
ウルトラセブンは、M78星雲人・恒点観測員340号として宇宙図作成のため地球に飛来しました。

地球に到着した時、山登中の事故で、仲間を救うためにザイルを切り、200メートルの崖に転落した青年、薩摩次郎を救います。
「仲間を救う為、ザイルを切った。なんと勇気ある青年だ。そうだ。この男の魂と姿をモデルにしよう。」と、セブンは瞬時にこの青年を自らに写しとります。モロボシダンの誕生です。もっとも、モロボシダンと自ら名乗るのは、第1話。ソガ隊員から、「お前、名前は?」と聞かれて、「名前?そう。モロボシダンとでも言っておきましょう。」それまでは、「風来坊」で名無し状態でした。

ダンが、セブンの変身した姿であり、薩摩次郎はそのまま別の人生を歩んでいます。

次郎がミラクルマンとよばれるようになったのは、この事件以降です。

17話「地底GO!GO!GO!」で語られるこのエピソードですが、脚本は上原正三先生。先生曰く、このような重要なエピソードは、メインライターの金城哲夫先生が描くべき事なのですが、「マイティジャック」の準備で手がまわらなくなり、同郷で(沖縄)気心の知れた自分に任された、と申されていました。

また、この「地球GOGOGO」は、地球の先住地底人の存在を暗示し、42話・「ノンマルトの使者」(金城哲夫先生脚本)では、先住海底人の存在を暗示し、地球人こそが侵略者だったのではないか、という重要なメッセージが込められています。

そのサイトの情報は誤りです。
ウルトラセブンは、M78星雲人・恒点観測員340号として宇宙図作成のため地球に飛来しました。

地球に到着した時、山登中の事故で、仲間を救うためにザイルを切り、200メートルの崖に転落した青年、薩摩次郎を救います。
「仲間を救う為、ザイルを切った。なんと勇気ある青年だ。そうだ。この男の魂と姿をモデルにしよう。」と、セブンは瞬時にこの青年を自らに写しとります。モロボシダンの誕生です。もっとも、モロボシダンと自ら名乗るのは、第1話。ソガ隊員から、「お前、...続きを読む

Qもしも中国が日本に侵攻して戦争になった場合、私たちは殺されるがままですか?

社会党や一部の公明党の言うように、仮に自衛隊を廃止したとします。

もしも中国が日本に侵攻してきた場合、どうやって国民の命を守るのですか?
私たちは殺されるがままですか?

中国と北朝鮮が沖縄を核爆弾で攻撃して米軍を壊滅させ、九州に侵攻してきたと仮定します。
自衛隊がなかったら、どうやって国民の命を守るのですか?
九州の人たちは殺されるがままですか?

Aベストアンサー

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守るために動きます。
しかし、”国を守る”ために個々の国民まで守るとは限らない。戦術・戦略上、住民を見捨てることもあるでしょう。これは、”100人の犠牲で1万人が救われるなら…”というやつですね。国を守る軍隊としては、世界的にも極めて当然の措置でしょう。
ここの辺りが信用ならないって言われる所以でしょうが、軍隊は国を守ることが大前提で、それに付随して国民を守っているという事になっているのですから、その辺の認識の違いから”信用ならん!”となるのでしょうね。
それと法律問題。日本存亡の危機という時に法律が機能するでしょうか? 当然日本防衛に不利なる法律など機能する訳がありません。そんなのは超法規的に行動するに決まっています。これも世界的にも歴史的にも常識では?(小規模紛争で”日本存亡の危機”って程でもない時には困りますけどね)
それと、質問では既に核兵器が使用されていますが、まぁ、実際には現状(21世紀中頃までは確実に)ではまずあり得ない状況ですね。
やったら、米国が報復しますし(自国軍隊が被害を受けているのだから、当然の処置)、中国経済(世界経済も)も日本経済が破綻すれば壊滅的打撃を受けます。第2次世界恐慌ぐらいは起こるかもしれません。落ち目でも世界第2位の経済力を誇っているのですから、それぐらいの影響は与えます。
そうなれば、中国は戦争どころではありません。世界大戦でもない限り、経済あっての戦争なので。
更に、中国軍が日本に大軍を派兵する能力があるのか? 上記の全部の前提ですが、先ずこれが無理ですよね。どうやって数個~数十個師団規模、数万~数十万人の人員を日本に寄越すのでしょうか。中国は陸軍の国です。陸続きなら強大な戦力を有していますが、海を挟む日本にそれだけの兵力を派兵することは物理的に無理です。(どこでもドアでも開発したという前提???)
ここで自衛隊が居れば、自衛隊の空海戦力は世界有数で間違いありません。弾がないとかよく言われますが、他先進国の軍隊でそれ程の継戦能力を有する国がどれ程ありますか? 米国ぐらいでしょう。
最初の1週間程度を全力で防衛できる程度に弾があれば、後は世界に誇るジャパニーズマネーが弾は用意するでしょう。その為に、世界最大の軍需産業を有する米国の兵器も使用できるように互換性を持たせているのですから。
日本を過小評価し過ぎです。過大評価もダメですけどねぇ。上記ぐらいなら適当なところじゃないでしょうか。

まぁ、自衛隊なしでは日本があっさり占領されるのは皆さんの言う通り。米国も自国の軍隊すら持たないような非常識国家を助ける真似はしないでしょうね。日本の代わりを探すでしょう。自衛隊が廃止された時には在日米軍も撤退してますよ。
そして、中共が日本人を虐殺する確立は物凄く高い。それは、中国の今までの行いを調べれば分かる筈。
しかしながら、どうも、自衛隊を信用していない人も多いですね。あと、法律問題について。
”自衛隊が居たら”では、既に質問の趣旨と異なりますが、自衛隊は当然国を守る...続きを読む

Q収入が低いのに、住民税が高いのはなぜ?

私は鳶職人です。今高い住民税に悩んでいます。住民税は納付書が届いて払っているのですが、あまりに高くて払うのが大変です。課税総所得金額が2,772,000円に対して、区民税、都民税が278,600円でした。月に平均すると23,216円です!こんなに高いものでしょうか?調べると10%という率が出てきますが、皆さんこんなに払っているのでしょうか?私の義兄はサラリーマンですが、去年の課税総所得金額350万位で現在、毎月15,400円だそうです。私の方が年収が低いのに住民税が高いってどういう事でしょう?誰か分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が提出されるので、それ以外の収入が無いなら申告は不要のはずです。
それはさておき、根本的に税金の計算方法をわかっていないように思います。所得税の計算は、
 (1)収入金額
-(2)必要経費(給与所得の場合は給与所得控除)
=(3)総所得金額
-(4)所得控除(基礎控除、扶養控除など)
=(5)課税総所得金額
×税率=(6)所得に対する所得税額
-(7)税額控除(住宅ローン控除など)
=(8)課税所得税額
-(9)源泉徴収済税額
=(10)納付税額
となります。
あなたの質問や補足を読んでいると、(1)の収入金額と(5)の課税総所得金額がごっちゃになっているように思われます。「課税総所得金額」という場合には、給与所得なら給与所得控除はすでに控除されています。そこからさらに給与所得控除を引くことは有り得ません。
上記は所得税の場合ですが、住民税の場合も基本的には同じです。ただし、(4)所得控除や(7)税額控除の金額や内容が変わります。税率も違います。
義兄の方と比較するに当たり、義兄の方の年収(収入金額)とあなたの課税総所得金額とを比較したのではありませんか?これらは上記のとおり全く別のもので比較になりませんよ?

職人といったら自分の技術によって稼ぐ人のことで、だれだって個人事業主として確定申告しているものと思うと思います。ましてや住民税を自分で払っていると書かれれば、会社員とは誰も思いません。
会社勤めなら、人から職業を聞かれたら「会社員」と答えるでしょ?せめて「雇われ鳶」と名乗るべきでしょう。
それに、補足の中に「住民税の申告をしている」とありますが、他の収入もあるのでしょうか。だとすればそれも質問で明らかにすべきだったでしょう。給料なら勤め先から住所地の役所に給与支払報告書が...続きを読む

Qアメリカは何故超大国になれたのか

 アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。

・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。

・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が整っている。

・色んな資源が豊富にあるから。例えば移民などの人的資源や広大な土地資源、石油など。

・19世紀の世界ナンバーワンの国であったイギリスと、言語が同種のため、容易に色々な事を学ぶことができたから。

などが理由として挙げられるのではないかと思っています。


この他にも何か、理由が分かる人が居たら教えていただけないでしょうか。

また、今後の世界経済がどう進展していくのか、予想できる方がいたら、その意見も聞いてみたいです。

因みに私は21世紀はアメリカの一人勝ちとは行かないと思います。

かと言って中国もなんだか危うい。

一体、どこの国が覇権をにぎるのでしょうね。

Aベストアンサー

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほど多くなかったわけです。ですから、南米では金銀の採掘と砂糖などの生産だけを行いアメリカで食べる食糧は欧州から輸入していたほどです。欧州でも出来る事はアメリカでやる余裕はなかったわけです。

英仏が北米に進出したのはもう少し後です。
だいたい、徳川家光が徳川幕府の足場を固めた辺りです。
この頃欧州はアメリカからの富でかなり力をつけてきました。さらに、100年以上も海を行き来していたので航海技術もかなり上達しています。大量の物資を安全に欧州に運ぶ事が出来るようになったわけです。つまり、海を横断するコストが下がったわけです。
またアメリカ大陸が発見されて100年以上経っていたので、アメリカ大陸で生まれアメリカ大陸で育った人も増え始め、見知らぬ大陸が身近になり大陸へ進出する事への抵抗感が和らいだというのもあると思います。当初は出稼ぎの場だった新大陸が第二の故郷になり始めていたわけです。
そうすると、今まで見向きもされていなかった北米でも儲けられるようになったわけですし、アメリカ大陸でも食糧が生産されるようになったのです。

初期の北米の植民地もヨーロッパの為の植民地だったことには変わり有りません。しかし、スペインが中南米でやった事は、略奪に近かったのに対して、英国が北米でやった事は普通の産業に近かったわけです。
普通の産業に近い事をやれば、その植民地が普通の国に近くなるのも当然でしょう。かくして北米は普通の国に近づき、普通の国のように他国の支配を受け入れる事に反発して、独立したわけです。


>給料が良かったから欧州から様々な人がやってきたとは、まるで高度成長期の日本のようですね。
>東京に職を求めて地方から集団就職するみたいな感じですね。

正しくその通り、基本的には全く同じです。
経済では、ヒトでもモノでもカネでも、余っているところから足りないところへ流れるのが基本です。
何故なら、ヒトが余っているならば給料が安くなり、ヒトが足りなければ給料が高くなるからです。同じようにモノならば価格が、カネならば金利が、上下に動きます。
今で言えば中国はヒトが余っているので、人件費が安く。日本はカネ(貯蓄)が余っているので、金利が低いのです。

>産業革命が生まれたのはイギリスだが、それを育てたのはアメリカ…まさにそうですね。自動車や電気・電話など画期的なものばかりですよね。

その通りです。
ぶっちゃけ1860~1950年くらいまでのアメリカは、本当に『神』です。アメリカは、良くも悪くも20世紀のありとあらゆる事に大幅に関わっています。

電気が一般化したのはエジソンが電球の商品化に成功し、普及させたからです。
石油を大々的に利用し始めたのもアメリカが最初です。元々は灯油を光源として用いられていましたが、灯油ランプが電球に駆逐された後は、内燃機関(エンジン)が開発されコレが後のガソリン車に繋がりました。
また、WW1を契機に石油科学が発展し、天然ゴムに変わる石油ゴムが開発され、その後石油繊維も開発されました。WW2ではプラスチックが開発されました。
電話も、ベルがアメリカで開発しました。
コンピューターも殆どアメリカが発展させたようなものです。戦後、電話ネットワークの維持に真空管大量に必要になり、真空管より長持ちして高性能なトランジスタが開発され、これがコンピューター産業発展の起爆剤になりました。

科学技術だけでは有りません。
前述のフォードがはじめた大量生産方式もアメリカ発ですし、何万人という従業員を管理する為の『大企業』という組織形態もアメリカが開発した物です。松下幸之助が考案しその後の日本企業のモデルになった事業部制も、GMのアルフレッド・スローンが考えた組織形態を日本流にアレンジしただけです。
日本の品質管理方法もアメリカのエドワーズ・デミングが研究した物を日本が発展させたものですし、テイラーの科学的管理法がなければ日本の労働者の技能がここまで急速に進歩する事はなかったでしょう。

日本の戦後復興の要因一つは、アメリカで開発された最新の技術をパクリまくったからというのもあります(トヨタの自動車も、ソニーのトランジスタも、シャープの液晶など、戦後の日本の技術の大部分は元を辿ればアメリカ由来のものです)。

当時の日本の技術者たちはアメリカの学会に参加しまくって、発表内容を写真で取り捲ったそうです。当時は『ジャップがなんかやってるぞ』とか笑われていたようですが、必死に研究しまくって一時は追い抜いちゃったわけです。
(当然現実では、このようなやり方よりも本などで勉強したり、特許契約をした事の方が多かったです)

昔の人がアメリカを特別視するのも当然の事だと思います。

・オマケ日本の果たした役割
ただし、新技術開発が得意なアメリカに対し日本が得意だったのは『既存のモノを安く作る』ことでした。良い例が電卓で、当初十万→数千円にしてしまいました。安い→普及という事ですので、日本の果たした役割は小さくないです。
つまり、コンピューターを開発したのはアメリカですが、それを安くして電卓を作ったり、炊飯器や掃除機に搭載させたのは日本で、これが世界のコンピューター市場を飛躍的に拡大させたわけです。

>アメリカは生産基地だった、とありますが、要するにアメリカは独立前、南米で取れた作物などを輸出するための基地だったということでしょうか。

いえいえ。
アメリカ大陸がモロに生産基地だったのは、スペインが南米に進出した頃です。
日本で言えば、戦国時代の頃ですね(ポルトガル人が種子島に漂着した時期)。
この頃欧州はアジアの強国と比べてさほど大差ないレベルでした。
新大陸に人を送り込む力がそれほど強くなかったのです。航海技術も不完全でしたし、身も知らぬ新大陸に行きたがる人がそれほ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報