このカテゴリーしか考えつかず、ちょっと違うと感じつつも質問させていただきます。
川沿いに植えられた桜の木の枝は、何故川の方、つまり下方に向かって延びるのでしょう?今日花見に行って、友人から質問されて、回答に困ってしまいました。平地の桜の枝は上、少なくとも横方向に延びます。
より日光に当たるよう、広い空間=川の方に延びているのだと回答したところ、桜以外の木は、それほど顕著に現れていないと、反論されました。
どなたか解る方、みえませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

根ののびている方向(角度)だと思います。

桜の木を真上からスパッと(地面も)切った断面図を想像すると、枝の形と根っこの形は(全く同じでないにしても)似ていると思います。崖ッぷちの松の木が下向きに伸びていたりするのと同じです。懸崖(けんがい)といいます。地面にしみ込んだ水の流れに関係有るのではないでしょうか。枝の長さと根っこの長さは同じだといいますよ。ただし、枝垂れ系の植物(枝垂れ桜・柳など)の根っこは普通です。地面の中で枝垂れていません。枝が垂れる性質が有りますが、樹木としては上に成長しています。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「崖ッぷちの松の木」の例え、とてもわかやすくて感謝しています。桜の季節もとうに終わりましたが、これで友人に回答できます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/06 23:18

枝が曲がっていると感じられる桜は、土手(堤防?)が傾斜していませんか。

植物は反重力方向に枝葉を伸ばしますよね。木の種類によっては、枝の伸ばし方が違いますが、桜は主幹に対して垂直方向に枝を伸ばすので、主幹が傾斜していると、その中間の角度(水面と平行)に伸びて川の方に向かっているように見えるのではないでしょうか。ちょっと違ったかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、土手の傾斜部分にある木もありますが、堤防の頂部、つまり平部に植えられた桜でもそうなっています。お近くに桜並木の堤防がありましたら、一度ご覧ください。不思議ですよ。
半重力方向の件ですが、その場合は中間方向に延びず、半重力、つまり上へ向きます。幹が曲がって延びているのは、そのせいですね。

お礼日時:2001/04/09 23:44

こんにちは。


確かに川沿いの桜って川面に向かって伸びているような感じですよね。
私は専門家ではないので、単に想像ですが・・・
turkeyさんのおっしゃるように、桜の枝って、通常横に広がったようになりますよね。
私が思うに、川沿いの場合、川からの太陽の反射光が関係してくるのではないでしょうか・・・つまり下方からも長い時間、日が当たるので、川面の方向へも成長するのではないでしょうか。たぶん川岸の桜って、川に面している側と反対側の枝では伸び方が違うと思うんですよね、川に面している方はかなり下へと伸びているけど、反対側って同じようには伸びていないと思うんですよね。そう考えると、反射光の影響なんじゃないかなって思うのですが・・・他の木は影響がないというのは、たぶん、本来枝が上方向に伸びる特性を持った木なのではないでしょうか、だから影響が顕著に現れないのではないかな・・・いかがでしょう・・・
ごめんなさい想像で(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、sadachanさんのおっしゃる通り、川側の枝は川に向かって延び、堤防側(道路側)は一般と同じ様な、上&横方向なんですよね。樹形を見る限り、剪定でああなっているとは考えられません。
水面からの照り返しとは、ちょっと想像付きませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:2001/04/09 23:38

それは桜の種類が違うのではないでしょうか。



おそらく枝垂桜だと思います。
枝垂桜は染井吉野とおなじエドヒガン群で、咲く時期も同じです。
また、花の色もほとんど同じなので、染井吉野が変った育ち方をしたものだと思われるかもしれませんね。

この回答への補足

申し訳ありませんが、樹種は間違いなくソメイヨシノです。当方の鑑定眼(?)のみならず、樹名札まで付いていますから。それに、これは極一般に見られる状況です。枝垂桜がそんなに植えられているとは思えませんけど。

補足日時:2001/04/09 23:29
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜の木の枝の伸び方について

桜の花が満開ですが、桜の木の枝の伸び方を見ていると気になることがあります。
公園や民家の庭のような周りが全て地面というところにある桜の木の枝は水平か上に向かって枝が伸びています。
しかし、土手っぺりや堀端に植えられた桜の木の枝は一部分が地面の方に向かって伸びています。
中には自分自身の根元よりも低く枝が伸びていたり、堀や川の水面に届くぐらい低く下に下に枝が伸びている樹もあります。

あれは鑑賞のために庭師が枝を下方向に伸ばすように矯正したのでしょうか。
それとも、桜の木は水際に植えられると、水面に向って枝を伸ばす習性があるのでしょうか?


桜に詳しい方、おねがいします。

Aベストアンサー

品種や種による樹形の違いがあると思います。

>庭師が枝を下方向に伸ばすように矯正したのでしょうか。
逆にふだん見かける桜の方が細工している・・剪定しているのが正しい。
放っておけば枝が伸びて、その自重で下がるのだと思います。
また岸辺のものは地面以下になるのは、地面に擦れてちぎれないからではないかと。

基本検索キーワード:樹形 桜 OR さくら OR サクラ
HP名:このはなさくや図鑑 日本の桜
URL:http://www7b.biglobe.ne.jp/~cerasus/nishicerasus.html
この中の(桜の樹形について)を見てください。
一番多い品種のソメイヨシノなどは傘状だそうです。

他の検索:自然樹形 桜 OR さくら OR サクラ
http://atelierlumiere8.blog.fc2.com/

キーワードは自然樹形かなと思います。

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報