先日AMDのサイトからネットワークカードのlinux用ドライバをDLしました。
とりあえずPCNET32.CコンパイルしてPCNET.oを作成し/lib/modules/2.2.17-0vl10/netにインストールすればいいらしいのですが、うまくコンパイルができずドライバをインストールすることができません。ちなみにインターネットでしらべて
#gcc -D_KERNEL_-DMODULE -Wall -Wstrict-protptypes -O6 -m486 -c PCNET32.c

と打てばいいのらしいですが、そのファイル名は見つかりませんとでます。
ちなみにPCNET.Cは/lib/modules/のところにおいて、cd/lib/modlulesに移動して上記のコマンドをうっています。なぜコンパイルできないのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

□ええと、とりあえず内容を解説すると、



DEVICE:
使うインターフェース名この場合 eth0でOK
BROADCAST:
ブロードキャストアドレスと言う奴で同じサブネットのマシンに一斉に
情報を送る時に使います。

IPADDR
このマシンのIPアドレス

NETMASK
このネットワークのネットマスク 255.255.255.240と言う事は下位4ビット分が
ホストでつかわれます。

NETWORK
上位28ビット分の数字を同じサブネットとして扱います。

ONBOOT
起動時に有効にするかどうかの指定です。

BOOTPRTO
DHCPプロトコルで自動的に設定を割り当てるかどうかの指定です。

□ 今回のように、DHCPで自動的にアドレスを割り当てる場合は、
ifcfg-eth0の内容は

DEVICE=eth0
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes

の三行だけで十分です。あとはDHCPサーバから自動的に情報を取ってきます。
( rpm -q dhcp とかしてdhcpのクライアントがインストールされてる事は
一応確認してみてください)

□pingの表示については、自分自身をpingした場合は以下のように成ればOKです。
(この場合、自IPは192.168.0.2 netmask 255.255.255.0)

$ ping 192.168.0.2
PING 192.168.0.2 (192.168.0.2) 送信元 192.168.0.2 : 56(84) bytes of data.
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=0 ttl=255 時間=89 マイクロ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=1 ttl=255 時間=50 マイクロ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=2 ttl=255 時間=49 マイクロ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=3 ttl=255 時間=49 マイクロ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=4 ttl=255 時間=51 マイクロ秒
64 バイト応答 送信元 192.168.0.2: icmp_seq=5 ttl=255 時間=49 マイクロ秒

--- 192.168.0.2 ping 統計 ---
送信パケット数 6, 受信パケット数 6, パケット損失 0%
Round-Trip 最小/平均/最大/mdev = 0.049/0.056/0.089/0.015ミリ秒
$

上記のような表示でもインターネットに接続できないなら、default routeを
設定してみてください。GUI上からはどこから設定するかはちょっと判らないの
ですが、ifcfg-eth0は多分以下のような感じになるとおもいます。

DEVICE=eth0
IPADDR=192.168.1.10
NETMASK=255.255.255.240
BROADCAST=192.168.1.15
NETWORK=192.168.1.0
MTU=1500
GATEWAY=192.168.1.1
ONBOOT=yes

□あと他に確認する点としては、

・ルータにpingをしたとき同様に返事が返ってくるか?
% ping 192.168.1.1 ← ここはルータのアドレスを指定。

・/sbin/lsmod としたときにどうなるか?

$ /sbin/lsmod
Module Size Used by
pcnet32 37120 1
sound 60544 0 (unused)

などとなればOKなはず。(モジュールのサイズは違うとおもいます)。

・/sbin/netstat -rn の実行結果以下のような感じになるとおもいます。

$ netstat -r
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags MSS Window irtt Iface
192.168.1.0 * 255.255.255.240 U 0 0 0 eth0
127.0.0.0 * 255.0.0.0 U 0 0 0 lo
default router 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0

・ifconfigの表示結果はどうなるか?多分以下のような風になるはずです。

$ /sbin/ifconfig eth0
eth0 リンク方法:イーサーネット ハードウェアアドレス 6A:79:26:4B:10:00
inetアドレス:192.168.1.10 ブロードキャスト:192.168.1.15
マスク:255.255.255.240
UP BROADCAST RUNNING MTU:1500 Metric:1
RXパケット:28513 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
TXパケット:22126 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
衝突(Collisions):0 TXキュー長:100
割り込み:17 ベースアドレス:0xd000
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。どうにかできました。なにからなにまでありがとうございます。

お礼日時:2001/04/14 22:32

ネットワークの構成がわかんないので、"変だな?"って思ったところだけ指摘します。



> DIVICE=eth0
↑DEVICE = eth0の間違いですよね?
> IPADDR=192.168.1.10←winipcfgででていました。
> 略
> BOOTPRTO=dhcp←ルータでLAN上のIP振り分けているらしいです。

IPアドレスを指定した上にdhcpを指定してるのは、"へんだな?" って思います。
それとも、普通そういうものなのでしょうか?(って言うか、ルータでIPを振り分けていると
書いておきながら、IPも書いているのはやっぱりおかしいと思う。)

あと、
# ifconfig
ってうつと、どういう結果が出るでしょう?
    • good
    • 0

下の捕捉です。

運試しに、/etc/conf.modulesに

alias eth0 pcnet32

のように、etherの0番はpcnet32というモジュールを使いますという
記述を付け加え、rootになり

# /sbin/depmod -a (←モジュールの依存関係を再構築してね。)
# /etc/rc.d/init.d/network restart (← ネットワークを再起動してね。)

とかいう感じでコマンドを実行すると幸せになれるかも。

だめだったら、AMDのソースをコンパイルしなおしてpcnet32.oを
/lib/modules/2.2.17-0vl10/netにコピーし上記手順を
再度行ってみるとよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。とりあえずconf.modulesに追加してネットワーク再起動そしてifcfg-eth0ファイルを書き換えましたが結果不幸せでした‥
次にコンパイルしてpcnet32.oを/lib/modules/2.2.17-0vl10/netコピーして
上記の手順で行いましたが同じでした。ちなみにifcfg-eth0の内容は
DIVICE=eth0
BRADCAST=192.168.1.255←よくわからないのでこのまま
IPADDR=192.168.1.10←winipcfgででていました。
NETMASK=255.255.255.240←winのwinのwinipcfgででていました。
NETWARK=192.168.1.0←よくわからないのでこのまま
ONBOOT=yes←よくわからないのでこのまま
BOOTPRTO=dhcp←ルータでLAN上のIP振り分けているらしいです。
にして
上書き保存ネットワークリスタートして
#ping 192.168.1.10とうちました。
しばらくして
64 bytes from 192.168.1.10‥‥
     ・
      ・
延々このメッセージが続いて終わりません
もちろんインターネットもつながりません。
とりあえずここまでいったということはNICは認識されているのでしょうか?ifcfg-eth0の内容がおかしいのでしょうか?

お礼日時:2001/04/10 19:00

ええと、



・PCNET32.cではなくて、 pcnet32.c (全部小文字)
・場所てきには、/libでなくて /tmpとか~/tmpで大丈夫です。
・readmeによるとコマンドとしては、以下のようです。
gcc -D__KERNEL__ -DMODVERSIONS -DMODULE -I/usr/src/linux/net/inet -w -Wstrict-prototypes -O6 -m486 -c pcnet32.c

といったところでしょうか...あと、2.2.17ならpcnet32汎用のドライバが最初から
入っているので運が良ければそれでとりあえず動くかとおもいます。
    • good
    • 0

そもそも gcc がインストールされているでしょうか。



rpm -qa|grep gcc で確認できます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商用フリーのLCDフォントって存在しますか。

LCDフォント(電卓の数字のようなフォント)で個人利用でフリーなフォントファイルはあったのですが、商用でもフリーなLCDフォントはあるのでしょうか。ご存知でしたらお教え願います。

Aベストアンサー

 参考 URL で配布されているフォントはいかがでしょうか。
 「フリーフォントのダウンロード」の節の末尾に,「ライセンスについて」という項目があり,「個人・商用ともに自由にお使いください。」と書かれています。

参考URL:http://www.trojanbear.net/omake.htm

QRED HAT LINUX 7J  PCカードドライバについて

LED HAT Linux 7を導入しましたが、PCカードドライバが正常にコンパイルできません。
coregaFETHER PCI-TXL と、プラネックスFNW-9702-T/T3を購入しましたが、どちらもRED HAT LINUX 6.2までの対応で、7 には対応していません。
どなたか、7用のドライバをダウンロードできるサイトはご存知ですか。
また、対処方法についてでも、結構です。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ドライバーの大元のサイトの注意書をみるとRedHat 7の場合は

1) gccの代わりに、kgccを使用する
2)コンパイル時のオプションとして -I /usr/src/linux/include/ を追加する

とする必要があるようです。

CoregaFEther PCI-TXLの場合は、ざっと diffをとってみたところ
register関係で定義が追加変更されている部分があるので、coregaから
ダウンロードしたファイルを使うほうが良いかもしれません。

参考URL:http://www.scyld.com/network/updates.html

Q要求分析/定義

今、研修で要求分析/定義の実習をしています。
コンピュータを全く使っていない売上業務に対して、コンピュータ導入するというもので、社長をお客として商談のような形式で行っています。
しかし、いきなりのことで何を聞けば良いかわからず、悩んでいます。どのように聞いていけばよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

システム構築で一番重要な部分です。要求分析、定義は。

システムを構築するのには、なんらかの目的、目標があります。
省力化なのか、リアルタイムに経営判断する指標なりを提供することなのか。何を目指すのかということです。

その課題を解決する方法の道筋をまず立てます。
例えば手書きの台帳のみで売上、請求を管理し、在庫は管理されてない、仕入も適当に発注している。そんなケースの場合に、販売管理システムを導入してみよう、これが筋道。
でも売上伝票や仕入伝票はどういう形式になるのか。当然細かいことをヒアリングしていきます。
場合によっては特殊事情があるかもしれません。
そういった内容をすべて聞き出してシステムの青写真を作ることが要求定義です。段階的に詳細化していく作業、そしてそれをコンピュータのシステムによって実現する方法を考えることです。

大きな流れをつかみ、それをもう少し小さなブロックに分けて、最後はプログラム単位まで落とす。最初から細かい内容をつめてもだめです。
まずは大きな流れ、売上伝票を入力する→在庫を引き落とす→売掛に計上する→締めのタイミングで請求書を発行するなどなど。

その後さらに詳細に入って伝票って誰がどんなタイミングで入力するの?入力は可能なのか?
どんな管理項目が必要?入力ミスを防ぐにはなんらかのチェックが必要?もしくは自動的に表示がかかるようにしたらいいんじゃない?とか課題を実現するために徐々に肉付けしていくのです。

それらを顧客と確認しながら詰めていく作業が要求分析でそれを特定の書類にまとめあげたものを要求定義といいます。
この要求定義はすべての出発点になるのでここが後から揺らぐようだと後々大変です。
なのでここでは現時点で想定できうるすべてのことが網羅されている必要があります。

マクロからミクロへ、段階的に詳細化していく。そしてすべてを網羅させる。
一言でいえばこうなりますが、実際は定義する側がかなりの業務知識なりシステム経験が必要で、提案しながらリードしていく感じです。
顧客は素人なので聞かれないことは答えません。なのでいかに網羅させるかというのも重要ですね。

システム構築で一番重要な部分です。要求分析、定義は。

システムを構築するのには、なんらかの目的、目標があります。
省力化なのか、リアルタイムに経営判断する指標なりを提供することなのか。何を目指すのかということです。

その課題を解決する方法の道筋をまず立てます。
例えば手書きの台帳のみで売上、請求を管理し、在庫は管理されてない、仕入も適当に発注している。そんなケースの場合に、販売管理システムを導入してみよう、これが筋道。
でも売上伝票や仕入伝票はどういう形式になるのか。...続きを読む

QNICのドライバのインストール方法

手持ちのcorega FEther PCI-TXSと言うNICをRedHat7.1で認識させたいのですが何をしたらよいのか全く分かりません。coregaのホームページには「8139too.oドライバを使用しインストール時に自動認識。kudzuによる自動設定可」とありました。このNICはRealtekのRTL8139Aのチップらしいのでwindows上からRealtek社のドライバをダウンロードしzipファイルでしたので解凍しました。すると「8139too.c」「Makefile」「readme.txt」が出てきたのでRedHatに移すため3つのファイルをそのままFDDにコピーしました。
この後インストールなのでしょうが初めてなもので分かりません。調べて見るほど./etc/pcmcia/configに~を記述?、コンパイル??、といった状態です。難しいコマンドは分からないのでできればGUI上からインストールする方法などありましたらお願いします。

Aベストアンサー

linux24x-8139cp(101).zipを解凍して出来たディレクトリに移動します。

# unzip linux24x-8139cp(101).zip
# cd linux24x-8139cp(101)/linux-2.4x

次に

# make
# mv rt8139too.o /lib/modules/2.4.2-2/kernel/drivers/net/

/etc/modules.confを編集

alias eth0 rt8139too

上書き保存した後、モジュールを組み込むため

# depmod -a
# insmod rt8139too

エラーメッセージが出なければ

# lsmod

でモジュールがロードされている事を確認し

# netconf

でネットワーク設定をして下さい。

Qバッチファイルからフォントを生成する方法

 先ほどからdviファイルについて質問させていただいています。おかげさまでやっとdviファイルをほぼ読み込めるところまでいったのですが、あと少しがうまくいかず途方にくれて再びご質問させていただきました。dviout for windowsをインストールすることによりdviファイルのほとんどは読み込めたのですが、一部のファイルでどうやらフォントの問題で正しく表示されないという問題が出てきたのです。調べてみるとdviout for windowsでは足らないフォントがあると自動生成機能でバッチファイルを生成してから必要なフォントを生成しているらしいのですが、どうやらフォントの自動生成機能が何故か効いていないようなのです。それならば元となるバッチファイルがあればフォントも生成できると思うのですが、幸い、バッチファイルは手元にあるのです。おそらくこのバッチファイルをもとにフォントをつくることができればよいのでしょうが、全くそのやり方がわかりません。知っている方、そのやり方を書いてあるサイトがあれば教えていただけませんか? また生成したフォントのdvioutへの組み込み方もできれば教えていただきたいです。お願いします。

 先ほどからdviファイルについて質問させていただいています。おかげさまでやっとdviファイルをほぼ読み込めるところまでいったのですが、あと少しがうまくいかず途方にくれて再びご質問させていただきました。dviout for windowsをインストールすることによりdviファイルのほとんどは読み込めたのですが、一部のファイルでどうやらフォントの問題で正しく表示されないという問題が出てきたのです。調べてみるとdviout for windowsでは足らないフォントがあると自動生成機能でバッチファイルを生成してから必要な...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、17940727 さん。
dviout のトラブルシューティングページを参考 URL に載せましたから
その通りにしてみましょう。
もしかして "Cannot resolve Fonts" というエラーが出てはいないでしょうか。
そうだとしたら、

>環境変数 TMP または TEMP で示されたディレクトリに GEN_TMP.BATが
>存在するならばそれを実行し、フォントが正しく作成されるか、あるい
>はどのようなエラーになるかを調べる

よう指示が出ていますから、まずは GEN_TMP.BAT を実行して
その後は文書を順に追っていってください。

参考URL:http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/dvioutQA.html#resolveFont

QNICをLinuxにインストールしたいのですが(Elecom製)

NICをLinuxにインストールしたいんですが
どうすればいいかさっぱりわかりません
Elecom製 LD-10/100S です
パッケージにはLinux OK とかかれていますが
メーカのページに行っても、よくわかりません。
わかるかた、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

alias eth0 8139too

でいけるはずです

# insmod 8139too

した後

# turbonetcfg

でネットワークインターフェースを追加してあげれば
使えるようになると思いますが。

モジュール 8139too.o が無い場合、Kernlを 2.2.18以上に
アップデートすれば使えるようになると思います。

QC言語のGOTO文(組み込み系)

私は組み込みでソフト開発を行っているものです。
(アセンブラでの経験は長いが、Cは短い)
基本的な質問になってしまいますがご了承ください。
C言語で"goto文は使うな、スパゲティプログラムになりやすい。
使うなら多重ループからの脱出のみ" ということを良く聞きます。
本当ににそうでしょうか?・・・

例えば、下記サイトの図6をC言語で書いてみました。
もちろんgotoを使いました。
gotoを使わないで、誰でもわかりやすく書くことなどできるのでしょうか?
よろしくお願いします。


http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20071119/142670/?ST=lsi&P=2



/* 開始 */

KAISHI:
p74 = High;

if(p70 == High){
register = 1;
}
if(p71 == High){
register = register + 1;
if(register != 1){
goto KAISHI;
}
if(p72 == High){

私は組み込みでソフト開発を行っているものです。
(アセンブラでの経験は長いが、Cは短い)
基本的な質問になってしまいますがご了承ください。
C言語で"goto文は使うな、スパゲティプログラムになりやすい。
使うなら多重ループからの脱出のみ" ということを良く聞きます。
本当ににそうでしょうか?・・・

例えば、下記サイトの図6をC言語で書いてみました。
もちろんgotoを使いました。
gotoを使わないで、誰でもわかりやすく書くことなどできるのでしょうか?
よろしくお願いします。


http://techon.ni...続きを読む

Aベストアンサー

>初めの10秒間でsw1が押されなかったらエラー処理1を実施して終了。
>無事にsw1が押されると次の10秒がスタートする。
>次の10秒間でsw2が押されなかったら""エラー処理2を行った後エラー処理1を""実施して終了。
>無事にsw2が押されると次の次の10秒がスタートする。
>次の次の10秒間でsw3が押されなかったら""エラー処理3を行った後エラー処理2を行いエラー処理1""を実施して終了。
>です。

それなら、こうすればお望み通りになります。
switch( timerCheck() ) {
case ERR_SYORI3:
____エラー処理3
case ERR_SYORI2:
____エラー処理2
case ERR_SYORI1:
____エラー処理1
____break;
}

・ERR_SYORI3→ERR_SYORI2→ERR_SYORI1
・ERR_SYORI2→ERR_SYORI1
・ERR_SYORI1
ですので、これでOKですか?

QTron と 組み込み Linux は、どっちが将来性があるでしょう?

組み込みOSとして、国産の tron のシェアが日本では大きいようですが、世界的みて、将来性は組み込み Linux と比べてどっちがあるでしょうか?

http://www.hotwired.co.jp/bitliteracy/ikeda/020618/textonly.html
このサイトを見ると、パソコンOSとしてTron が失敗した理由がよくわかったのですが(単にアメリカの横槍が原因ではなかった!?)、逆に言うと、Linux のようなOSは、たとえスリムアップしたところで、組み込みOSとしてはオーバースペックなのではないかという気もします。

つまり、やはりTronの方が組み込みとしては向いているのではないかと想像しました。ただ、Tronは、国際的に見て、日本以外の国を考えたときに不利なのかな、とか。

ご意見いただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

TRON(T-Engine)上で動くLinuxが開発されるようですね。
お互いに弱い部分を補い合うこの形が一番でしょう。

参考URL:http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/comp/236769

Qフリーのフォントを解凍してフォントフォルダーに入れたのにリストに出てこないのは何故?

海外の(dafont)フリーのフォントを解凍して、フォントフォルダーに入れて、確実にフォントの名前も確認してるのに、ワードでいざ書こうとしても、ワードでのフォントリストにない。他の海外フリーフォントは同じようにして書けています。何が原因として考えられるのか、教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。
Windows XPを使っているのなら、[アクセサリ]にある[ワードパッド]を
開きフォント名の一覧に表示されるか確認してはいかが。

ワードパッドのツールバーにあるフォントの一覧に表示されていれば、
Wordでも利用できると思います。
ワードバッドでフォント名を「Kaileen」にすると、フォントの横にある
言語の示す欄に[日本語]だけが表示されると思います。
ワードパッドで問題なければ、Wordを開いて、[日本語用のフォント]の
一覧に「Kaileen」があるかもう一度探してみてください。

[スタイルの変更]ダイアログの出し方は、ご使用のWordのバージョンに
よって多少違いますので、具体的なことは説明しませんが、参考サイト
ぐらいは載せておきます。ちなみに、前回の回答では[スタイルの変更]
で対応すると書きましたが、[新しいスタイルの作成]ダイアログのほう
でフォント名を指定して、それを[文字スタイル]として登録したほうが
わかりやすいかと思いますので、そちらを載せておきます。
http://sharp-pcstudio.com/disp.asp?cno=5&tbno=0&dno=112

他のバージョンでも調べれば似たような設定はあると思います。

No.2です。
Windows XPを使っているのなら、[アクセサリ]にある[ワードパッド]を
開きフォント名の一覧に表示されるか確認してはいかが。

ワードパッドのツールバーにあるフォントの一覧に表示されていれば、
Wordでも利用できると思います。
ワードバッドでフォント名を「Kaileen」にすると、フォントの横にある
言語の示す欄に[日本語]だけが表示されると思います。
ワードパッドで問題なければ、Wordを開いて、[日本語用のフォント]の
一覧に「Kaileen」があるかもう一度探してみてください。

[ス...続きを読む

QRed Hat Linux7.3でNICが認識されているか確認したい(超初心者)

アクセスありがとうございます。
結局また質問に来てしまいましたがどうか教えてください。
数日前よりLinuxを導入してインターネットにADSL接続しようと試みているのですが、未だ接続できずにいます。
もしや接続設定以前にNICがLinuxに対応していないのではと思ったのです。
NICがLinuxに認識されているか確認する方法はありますか。
Linuxユーザの皆様、回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

私の勘違いでした。

またLinux PCとADSL MODEM間の接続はストレートケーブル、クロスケーブルどちらも試していますが、主にストレートケーブルを使っていました。ハブやスイッチと接続するときはストレートケーブルを使うというのが頭の中のあったものですから。
もしやLinuxはWindowsと違いインターネット接続にクロスケーブルを用いるということでしょうか。

ADSL MODEMにスプリッターとの接続口がありましたね、ストレートケーブルで大丈夫です。

順不同です。
Output of ifconfig -a
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:80:98:08:2B:F4
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:0 errors:2470 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:0 errors:69 dropped:0 overruns:0 carrier:180
collisions:0 txqueuelen:100
RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)
Interrupt:9 Base address:0x7000

Ethernetで、エラーが発生しています。パケットが全てエラーです。正しくは次のようになります。

Output of ifconfig -a
eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:10:4B:60:76:90
inet addr:192.168.1.15 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
RX packets:8823 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:1509 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:100
RX bytes:1859157 (1.7 Mb) TX bytes:223849 (218.6 Kb)
Interrupt:11 Base address:0x4800

---------------------------------------------
* The following section contains information about kernel modules
* If the module for your Ethernet card is 'tulip', you might
* want to look for an updated version at http://www.scyld.com

この部分は、Linuxのカーネルのモジュールですので、無視します。

---------------------------------------------
* The following section lists your routing table.
* If you have an entry which starts with '0.0.0.0', you probably
* have defined a default route and gateway, and pppd will
* not create a default route using your ISP. Try getting
* rid of this route.
Output of netstat -n -r
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags MSS Window irtt Iface
127.0.0.0 0.0.0.0 255.0.0.0 U 40 0 0 lo

IP routing tableの内容がおかしいです。
環境が異なりますので、全く同じではないのですが、次のようになります。

Output of netstat -n -r
Kernel IP routing table
Destination Gateway Genmask Flags MSS Window irtt Iface
192.168.1.0 0.0.0.0 255.255.255.0 U 40 0 0 eth0
127.0.0.0 0.0.0.0 255.0.0.0 U 40 0 0 lo
0.0.0.0 192.168.1.1 0.0.0.0 UG 40 0 0 eth0

以下の部分は特に問題はないようです。
---------------------------------------------
Contents of /etc/resolv.conf
* The following section lists DNS setup.
* If you can browse by IP address, but not name, suspect
* a DNS problem.
nameserver 133.205.63.142
nameserver 133.205.7.225
---------------------------------------------
* The following section lists /etc/ppp/options.
* You should have NOTHING in that file.
Contents of /etc/ppp/options
lock
---------------------------------------------
* The following section identifies your Ethernet interface
* and user name. Some ISP's need 'username'; others
* need 'username@isp.com'. Try both
ETH=eth0; USER=mcm37273

---------------------------------------------
* The following section lists /etc/ppp/options.
* You should have NOTHING in that file.
Contents of /etc/ppp/options
lock
の部分は、/etc/ppp/optionsの内容はブランクであるべきなのですが、特に問題はないと思います。

Extract from /var/log/messages
Dec 1 17:09:31 hostname /etc/hotplug/net.agent: assuming ppp0 is already up
Dec 1 17:10:02 hostname pppd[10664]: LCP: timeout sending Config-Requests
Dec 1 17:10:02 hostname pppd[10664]: Connection terminated.
Dec 1 17:10:06 hostname pppoe[10665]: Timeout waiting for PADO packets
Dec 1 17:10:06 hostname pppd[10664]: Exit.
Dec 1 17:10:12 hostname pppd[10693]: pppd 2.4.1 started by root, uid 0
Dec 1 17:10:12 hostname pppd[10693]: Using interface ppp0
Dec 1 17:10:12 hostname pppd[10693]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/4
Dec 1 17:10:12 hostname /etc/hotplug/net.agent: assuming ppp0 is already up
Dec 1 17:10:43 hostname pppd[10693]: LCP: timeout sending Config-Requests
Dec 1 17:10:43 hostname pppd[10693]: Connection terminated.
Dec 1 17:10:47 hostname pppoe[10694]: Timeout waiting for PADO packets
Dec 1 17:10:47 hostname pppd[10693]: Exit.
Dec 1 17:10:50 hostname adsl-stop: Killing pppd
Dec 1 17:10:52 hostname pppd[10729]: pppd 2.4.1 started by root, uid 0
Dec 1 17:10:52 hostname pppd[10729]: Using interface ppp0
Dec 1 17:10:52 hostname pppd[10729]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/4
Dec 1 17:10:52 hostname /etc/hotplug/net.agent: assuming ppp0 is already up
Dec 1 17:11:24 hostname pppd[10729]: LCP: timeout sending Config-Requests
Dec 1 17:11:24 hostname pppd[10729]: Connection terminated.
Dec 1 17:11:27 hostname pppoe[10730]: Timeout waiting for PADO packets
Dec 1 17:11:27 hostname pppd[10729]: Exit.
Dec 1 17:11:32 hostname pppd[10756]: pppd 2.4.1 started by root, uid 0
Dec 1 17:11:32 hostname pppd[10756]: Using interface ppp0
Dec 1 17:11:32 hostname pppd[10756]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/4
Dec 1 17:11:33 hostname /etc/hotplug/net.agent: assuming ppp0 is already up
Dec 1 17:12:03 hostname pppd[10756]: LCP: timeout sending Config-Requests
Dec 1 17:12:03 hostname pppd[10756]: Connection terminated.
Dec 1 17:12:07 hostname pppoe[10757]: Timeout waiting for PADO packets
Dec 1 17:12:07 hostname pppd[10756]: Exit.
Dec 1 17:12:13 hostname pppd[10777]: pppd 2.4.1 started by root, uid 0
Dec 1 17:12:13 hostname pppd[10777]: Using interface ppp0
Dec 1 17:12:13 hostname pppd[10777]: Connect: ppp0 <--> /dev/pts/4
Dec 1 17:12:13 hostname /etc/hotplug/net.agent: assuming ppp0 is already up
Dec 1 17:12:44 hostname pppd[10777]: LCP: timeout sending Config-Requests
Dec 1 17:12:44 hostname pppd[10777]: Connection terminated.
Dec 1 17:12:48 hostname pppoe[10778]: Timeout waiting for PADO packets
Dec 1 17:12:48 hostname pppd[10777]: Exit.

pppdは、起動していますが、Ethernetからの信号が全てエラーになっています。これが、100%問題ではないと思いますが、少なくとも、送信パケットが外に流れていません。PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)ですので、必要条件です。

なぜ、パケットが流れないか分かりません。あまり、集中しても精神衛生上よくありません。ゆっくり原因を探る必要があります。次第にLinuxに不審感を抱かれる事が恐いです。

ところで、BIGLOBEでしたね、ADSLで、ルータ接続で、複数台のPC接続が認められています。

ADSL対応というか、PPPoE(Flets ADSLで使用したもの)があります。

私の勘違いでした。

またLinux PCとADSL MODEM間の接続はストレートケーブル、クロスケーブルどちらも試していますが、主にストレートケーブルを使っていました。ハブやスイッチと接続するときはストレートケーブルを使うというのが頭の中のあったものですから。
もしやLinuxはWindowsと違いインターネット接続にクロスケーブルを用いるということでしょうか。

ADSL MODEMにスプリッターとの接続口がありましたね、ストレートケーブルで大丈夫です。

順不同です。
Output of ifconfig -a
eth0 Link en...続きを読む


人気Q&Aランキング