会社などの財務指標で使われたりする利益率、とか荒利とか純利益とか
いろいろありますが、正確な定義を教えてもらえませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 利益といっても、損益計算書(Profit&Loss)にはいろいろな種類の利益が出てきます。


(1)売上高総利益(通常粗利と称する)=売上高ー売上原価(材料費)
(2)営業利益=(1)ー(人件費、販売管理、設備費など)
(3)経常利益=(2)+(営業外収支+受取利息ー支払利息+配当金ー割引料+雑収入ー雑損失)
(4)税引前利益=(3)+(特別収益ー特別損失)
(5)当期利益=(4)-税引引当金
 
これを理解するためには、損益計算書(企業の一定期間の経営成績を示す指標)の構造を理解する必要があります。
 手ごろな参考書としては、山下出版「スッキリわかる やさしいパソコン経営分析2」(白井 澄著)をおすすめ致します。

 その他貸借対照表(Balance Sheet=一定時点での企業の資産の活用状況を示す指標)と損益計算書から導き出される利益率としては
(1)経営資本対営業利益率(2)自己資本対経常利益率(3)総資本対経常利益率などの指標があります。詳細については、中小企業庁編「中小企業の経営指標」(中小企業診断協会発行、同友館発売)のなかに分析計数の算出方法が掲載されていますので、参考にしてください。
 損益計算書と貸借対照表の関係をよく勉強してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変丁寧なご回答ありがとうございました。
参考文献、早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/04/30 00:52

利益率については、複数のものを考えることができます。



もっとも単純な利益率は、利幅です。売上高に対する営業利益や経常利益や当期純利益の割合です。これは、販売したものに対してどのくらいが手元に残ったかをみる事を目的とするものです。

しかし、利益率は利幅だけを指す言葉ではなく、利回りを指す場合もあります。つまり、運用元本などに対してどのくらい稼いだかを見る場合です。具体例としてはROE、ROA、ROIなどがあります。運用資本の利回りはROE、運用資産の利回りはROA、投下資金に対する利回りはROIでみます。

さて、つぎに粗利益(荒利益、どちらでもよいはずです)とか純利益についてのべてみましょう。

まず純利益というのは、費用などを差し引いた後の利益です。粗利益というのは、まだ差し引くべき費用などを含めた状態の利益のことです。

いずれも、一意に決まるものではありません。
    • good
    • 0

基本の用語については、下記の通りです。



・粗利=売上総利益。売上(本業での収入)から原価を差し引いた物。
・営業利益=売上総利益から販売及び一般管理費を差し引いた物。
 (販売費:広告宣伝費や販売手数料など 一般管理費:管理部門に掛かるコスト)
・経常利益=営業利益に、営業外損益を合算したもの。
 (営業外損益:基本的な営業活動以外での利益。受取利息や支払利息など)
・税引前利益=経常利益に特別損益を合算したもの。
 (特別損益:通常の事業活動以外から得た収益や損失。用地売却益など)
・当期純利益=税引前利益から、法人税・事業税・住民税などの税金を差し引いた物。これが最終の利益となる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/04/30 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上高増による営業利益増について

次のような事象があるとします。

売上高10,000
営業利益 1,000(営業利益率10%)

売上高増と販売促進費増により

売上高15,000
営業利益1,000(営業利益率6.7%)

となった。

このような場合、簡便的に考えた場合、売上高増が寄与した営業利益の増は
(15,000-10,000)×10%

となるのか

(15,000-10,000)×6.7%

のどちらになるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

仰る通りです。何らかの販売管理費増加や研究開発費
の増加で売上利益以下の経費が増大したため、売上高
と売上利益は拡大したものの営業利益は前年と同額になり、
営業利益率=営業利益/売上高は減少したという事です。
キャッシュフローを見てみるとその原因が良く分かると思います。

Q純利益が総利益の30%という数字はどうですか?

お世話になります

零細企業です、10人ほどですが家族が半分を占めています。
今回会社の資料を見る機会がありました


月1千万の売り上げ(お客様からの支払い)に対し
材料費・人権費などを含めると 月に700万経費が掛かっています。
(経理に詳しくないため、名称が正しいかわかりません)

純利益は約300万 利益率が30%かと思います。

もちろんこれにはまだ含めるべき経費・・・・・保険代、社会保険負担分、この先の工場その他修繕費など は含んでおりません
もろもろを含めたとしても 利益率は20%は切らないかと思います。


上記の場合、会社として、安定性はいかがでしょうか?

一般の零細企業の場合 利益率はどのくらいでしょうか?

他の会社と比べる手段がないため、お詳しい方お教えください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

純利益は約300万 利益率が30%→粗利益、粗利益率ですね。
粗利益率は業種・企業規模等によりまちまちですから、一概に言えません。

Q総資本営業利益率について

総資本営業利益率の算出式は
総資本営業利益率(%)=営業利益÷総資本×100
ですが、営業利益がマイナスになり、営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

> 営業損失となった場合はどのように計算すればいいのでしょうか?

そのまま計算します。
結果はマイナスの%になります。

平成10年度の資料ですが、中小企業では総資本営業利益率がマイナスの企業が30.6%、プラスの企業が69.4%でした。これに対して、大企業ではマイナスの企業が13.5%、プラスの企業が86.5%となっていました。

参考URL:http://www.meti.go.jp/statistics/downloadfiles/h2c7k1aj.pdf

QFAX-DM業者の利益率は??どうやって利益をだしてるのでしょうか?

現在は会社を運営しておりますが、FAX-DMの業者に凄く興味を持っております。^^

ただインターネットで価格をみてると 1枚送信が安いところで

原稿&リスト持込で7.5円から
リストを用意していただくと 15円くらいのようですが

これは業者の方が通話料が 普通ですと様々な電話会社がありますが安くても3分8.5円が通話料の相場です。

差額で若干利益が出たとして経営的にはこれでは成り立たない気がしますがそれでも多々多くのFAX-DMの業者が存在しています。

これはどういったからくりのビジネスモデルなのでしょうか?

Aベストアンサー

1送信が30秒だったら、3分間で6送信できる事になります
8.5/6=1.4

7.5-1.4=7.1円。

1万通送るんだったら7.1万円の儲け

また名簿業者にこのリストを売れば1000通で30万円ですから300万円

307万円の儲け(^_^)v

Q「銀行に営業利益は存在しません」と書いてあるのですが、決算短信には掲載されています。どういう意味?

銀行の営業利益が分かりません

・「営業利益は存在しません」と書いてあります
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1141051231

・しかし、決算短信に営業利益は掲載されています
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

・銀行では、営業利益を業務純益として表示するのだと解釈したのですが、では、銀行の決算短信に掲載されている営業利益は何を意味するのでしょうか?
・銀行というより銀行グループだから営業利益が存在している、ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

>「株式会社 みずほフィナンシャルグループ」は、グループ全体を指しているのではないのでしょうか?

違います。「株式会社 みずほフィナンシャルグループ」にもみずほ銀行にも社長がいます。

>・「連結グループ全体」=「みずほFG」+「みずほ銀行」+ etc … ということでしょうか?

そうです。

>・グループ全体を指す言葉は何かあるのでしょうか?

みずほ

株式会社 みずほフィナンシャルグループの概要はこちら。
http://www.mizuho-fg.co.jp/company/info/index.html

Q純利益を社員にわけてはどう?

経営の勉強をしている者です。

世の中、トヨタなどたくさん純利益を叩きだしている企業がありますね。

そこの社員はそれでも億ションに住める人は
ごく一部ですね。

社内に留保するお金や株主に分配しても
そうとう余ると思うのです。

ならば、活躍した社員にドカッと分け与えて
しまうとどんなことになるでしょうか?

社員は更に自社のために働いてくれる活躍を
してくれないものでしょうか?

特に小さなライブドアなどのベンチャーは
年収が1千万だ2千万だとつまらないことを
言わずに億単位で個人にドカッと渡した方が
いいと思うのですが・・・。

それはストックオプションに近いですね。
でも、ストックオプションなんて最近聞かなく
なりましたね。

やはり、もう働く必要はない、と言って辞めて
しまうのでしょうか?

それとも並みの給料を与えておいて、定年まで
しっかり働いてもらった方が意識的には
よいのでしょうか?

実際、まだあり得ない話なので、憶測になるでしょうがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 もちろん、莫大なお金を一部の社員に与えてしまうのは不平等ですが、そのような考え方で成功した企業がすでにあります。
 アメリカの国内線会社(名前なんだったっけなー。ワリと有名なとこなんだけど……)や、国際的に有名なホテルなんかでは積極的に採用されていて、「顧客満足度を向上させる手法」の1つとして取り入れられています。

Q営業利益と売上

技術系なので会計などには疎いです。

売上がいくら多くても営業利益が低かったら良くないですよね。

単純に考えたら、楽天とかyahooとかネットビジネスは原価とかあまり関係なくて営業利益が高そうな気がします。

逆に商社なんかは売り上げは10兆とかいってますが、営業利益は低そうな気がします。

営業利益率と売上ともに高い業界はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

コンビニ業界 なんかはどうでしょう。

Q売上高重視か、それとも利益率重視か・・・。

お世話様です。
私はあるメーカーに勤めておりますが、最近、当社の主力取引先の社長が交代しました。今までの社長は売上高重視の社長でしたが、新社長は粗利率を重視しています。しかし、この会社は特別な技術を保有しているなど特に他社と比較しても特徴のない会社です。よって、高価格政策が裏目となり、売上は前年の7割と減少し、シェアの低下を招いております。何度か、先方の社長にこの現状を踏まえて、もう少し売上高を重視するよう説得しましたが、考え方を変えようとしません。この会社は銀行借入も多く、営業利益がほとんど借入金利にもっていかれてしまう状況です。
このままでは、借入返済原資など捻出できるはずはありません。この社長の考え方を変えるためには、どのような数字を見せ、どのように説得したらいいでしょうか?なにか良い例でもありましたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

よくわかりませんが、その社長は取引先なのですか?ならば、さっさと清算して取引から逃げるべきでしょう。
自社ならば社員が経営に口出してうまくいくはずがありません。
いくらあなたの予想通りに経営の数字が悪化したとしても、会社の運営は経営陣が責任を負っています。

とはいえ、なんとかしたいのならば、「経営コンサルを雇ってはいかがですか?」くらいが精一杯ではないでしょうか。第三者の意見は参考にしてくれるかも知れません。

Q粗利益・営業利益・経常利益の上手い表現を教えてください。

私なりに考えて

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=企業本来の営業活動による成果を表す
 経常利益=営業外の活動を含む会社全体の利益を表す

と表現しました。そこで、粗利益のように「競争力」といった
端的な単語で営業利益・経常利益を表現できたらいいなと思います。

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=
 経常利益=

しっくりとくる表現がありますでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4847028.html

>端的な単語で
どういった”単語”を求めているかその種類が何か
やはり分からないですが、どういった”力”であれば

営業利益=企業の本業での収益力
経常利益=企業の毎期通常の収益力
でしょうか。

若しくは
粗 利 益⇒企業の、商品またはサービスの競争力(付加価値力)
営業利益⇒企業の、営業活動による競争力
経常利益⇒企業の、営業活動と財務活動を併せた全体の収益力

財務分析による、収益性分析などでこのようは表現を
もちいり説明する事があります。

Q財務知識の必要性

マネジメントに携わる立場として、財務知識がどのような場合、どのような理由で必要か教えて下さい。

Aベストアンサー

【会社の経営状態の把握】

 マネジメントに携わる立場としては、まず、会社の経営状態を正確に把握する際に財務知識が必要と言えます。例えば、売り上げが減収になり運転資金が苦しくなってきた場合など、資金の調達と合わせて、現状の経営状態を下記のような観点から正確に把握し根本的な見直しを行わなければなりません。

・売上原価が過大
・経費過大
・自己資金不足
・在庫増大
・過大な設備投資
・売上債権(受取手形、売掛金)の増加

 これらを把握し分析する上で、財務知識が必要となってきます。

【税務対策】

 また、企業を効率よく運用していくためには、どのような場合にどのような税を納める必要があるのかを把握しておく必要があります。これも財務知識の一つと言えます。最終的にはプロである税理士にチェックを任せるにしろ、マネジメント側としては最低限の税務知識は必要でしょう。

 以上、非常に一般的な回答を列挙しましたが、多少なりともご参考になれば幸いです。具体的な事例について補足していただければ、何かまたお役に立てるかも知れません。--a_a

【会社の経営状態の把握】

 マネジメントに携わる立場としては、まず、会社の経営状態を正確に把握する際に財務知識が必要と言えます。例えば、売り上げが減収になり運転資金が苦しくなってきた場合など、資金の調達と合わせて、現状の経営状態を下記のような観点から正確に把握し根本的な見直しを行わなければなりません。

・売上原価が過大
・経費過大
・自己資金不足
・在庫増大
・過大な設備投資
・売上債権(受取手形、売掛金)の増加

 これらを把握し分析する上で、財務知識が必要と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報