プロが教えるわが家の防犯対策術!

自主映画に使う集音マイクについて
こんにちは。僕は中学生で、友人と自主映画を製作することになりました。
僕たちは中学生で、予算にも限界があります。ですので、カメラも恥ずかしながら、激安のホームビデオを使うのですが、音にはこだわりたいのです。
撮る場所の多くは室内ですが、少し屋外でも撮る予定です。
最低でも1万円程度できれいに集音する方法はないでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして♪



自主作品製作、楽しそうですね、がんばってください。


さて、「集音マイク」をどのように考えていますでしょうか?

文字通り回りの音を集める目的? それとも目的の音だけ集中的に採りたい?

自主映画ということですので、離れた人の台詞などの録音目的でしょうかね。

この場合ですと、周囲の音を避けてピンポイントの音を捉える「超指向性マイク」、ガンマイクと言う場合も有りますがそういうマイクも有効です。
人の声には向きませんが、小鳥等の高音主体の場合は無指向性マイクとカサを使ったパラボラ集音マイクも有効です。

根本的には周囲の不要な音が入り込まないように目的音源とマイクを近づける工夫の方が録音結果では良い事が多くなります。

最終的に「激安のホームビデオを」との事ですが、ダビングとかしませんか?

ダビングするときに、屋外等で台詞が聞き取れない部分だけオーディオミキサーで後から台詞を重ねる方法も有ります。

超指向性マイクも角度が少しずれるとマトモに台詞が録音出来ません、リハーサルで役者の立ち位置や口の向き等を考えてマイク設定を組み直して本番が出来るのがプロでしょう。私も含めて素人は何度も本番といいながら失敗を繰り返しながらまぁまぁ良い状況をオッケーとしますね。


撮影後に台詞等を重ねる行為は「アフレコ」 一般的な手法です。(アフターレコーディング)

逆も有りで、台詞を録音し、その録音を再生しながら音に合わせて演技する手法も有ります。
(手持ち機材なら、ラジカセに録音し、カメラのマイクに近いところで再生しながら、その音に合わせて同じ台詞を言う場面を録画ですね)

いろいろ工夫して、出来る範囲では最上の作品に成るようにがんばってください♪
    • good
    • 1

No.1さんのアドバイスを採用しましょう。



電池式のコンデンサ(エレクトレットコンデンサ)の単一指向性マイクが無難でしょう。
品名は指定できません。自分で探してください。このクラスのマイクは使った事がありませんので。
撮影ではステレオマイクは使いこなしがとっても難しいでしょう。
出力電圧の高いほうがノイズ面で有利です。

撮影場所で音を録るのはバックグラウンドの音とか台詞が壁とか床・天井に跳ね返る僅かな時間差も録れて、それがその場の雰囲気を伝えます。

さて、No.1さんのアドバイスを採用する理由ですが、マイクを操作するハンドリングノイズや風に吹かれるボコボコ音が入るとせっかくの演技を台無しにしてしまうからです。風対策にストッキングでふんわりと包むというのは昔からの定番です。
釣具の手玉(丸い網)の柄のような棒に吊るすなどの方法も考えてみてください。俳優のウエストカット(上半身撮影の事)の時には、マイクを膝の辺りに近づけるとか、立って歩くときには、前方頭上から狙うとか、マイクとスタッフおよびその影が画面に映らない範囲で、できるだけ近くから音を録るとよいでしょう。
スタッフの動く音が入らないためにはスタッフが音を立てないだけでなく、スタッフからできるだけ離して音を撮るということも必要になります。

ニュースの現場中継とか、ロケ撮影現場に出会ったら、どんな風にマイクを使っているか観察すると良いでしょう。大抵は飛行船型の風防に長い柄の付いたマイクを持ち歩いていますので遠くからでも解りますよ。

苦労を楽しんで映画作りしてください。ご健闘を祈ります。
    • good
    • 1

高品質に音を撮りたい場合は、ボイスレコーダーが必要です。

amazonで3000円程度で買えます。このボイスレコーダーをカメラの上にでも載っけておけば、映像と同時に録音することができ便利です。あとは、そのボイスレコーダーで録音したファイルをパソコンに取り込み、編集の時に映像に貼付ければそうとう良いものになると思います。
    • good
    • 0

マイクにタオルをぐるぐる巻きましょう



これならタダ (^_^)v

音より映像にこだわってください
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画製作のためのデジタル一眼カメラ選択

趣味で自主制作映画を撮っています。

結婚後しばらくは離れていたのですが、
そろそろ再開しようかと思っています。

ここ数年は、デジタル一眼レフカメラで映画を撮影するという手法があると知り、
この冬には何か一台、ムービーの撮れる一眼を購入しようかと思っています。

ちょうど、ここ7年ほど使ってきたNIKONのD70があるので、
NIKONのD7000やD5100にするのが順当な選択かとも思いますが、
特に買い換える気もないし、レンズも1本しか持っていないので、
NIKONの資産を活かす…というような視点で新機種選定をしなくても良いのです。

しかも、雑誌では「EOSムービー」という言葉も当たり前のように登場し、
低予算映画製作のスタンダードと思われるような扱いになっています。
EOSのムービーがスタンダードのように言われるのには理由があるのでしょうか?
他のメーカーの一眼ムービーと比べて、何か特別なアドバンテージがあるのでしょうか?

なお、現在比較検討している機種は、

CANON EOS 60D
NIKON D5100
Panasonic GH2
SONY α55

以上です。
価格が安いことと、バリアングル液晶であることがポイントです。
手持ちのD70を手放す気はないのですが、
出来るならD70に取って変わるくらいの写真性能もあると嬉しいのですが、
それは重視しません。D70、気に入っているので。

実際に映画製作をされている方など、
一眼ムービーに詳しい方からのアドバイスをいただければと思います。

なお、映像面で好きな作品は、
石川寛 監督の「tokyo.sora」
スピルバーグの「マイノリティリポート」「プライベートライアン」
アメリカ版 「リング」
など、少々暗いトーンのものが好きかもしれません。
鮮やかでシャキッとシャープ!みたいな画は好みではありません。

他にもこんな選択肢もある…
など、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

趣味で自主制作映画を撮っています。

結婚後しばらくは離れていたのですが、
そろそろ再開しようかと思っています。

ここ数年は、デジタル一眼レフカメラで映画を撮影するという手法があると知り、
この冬には何か一台、ムービーの撮れる一眼を購入しようかと思っています。

ちょうど、ここ7年ほど使ってきたNIKONのD70があるので、
NIKONのD7000やD5100にするのが順当な選択かとも思いますが、
特に買い換える気もないし、レンズも1本しか持っていないので、
NIKONの資産を活かす…というような視点で新機種選...続きを読む

Aベストアンサー

>実際に映画製作をされている方など、一眼ムービーに詳しい方からのアドバイスをいただければと思います。

私はどちらでもないのですが、10 年余り前に業務用 DVCpro (Progressive DVC) Video Camera で撮影した Data を編集して映画を製作する編集機器の開発に携わっていたことから映画撮影 Team と行動を共にして海外の国際映画祭で映画を上映したことがあります。

当時は DVCpro Video Camera 本体の価格が 200 万円余り、取り付ける Lens も 200 万円余りもする時代で、4 基の HDD (Hard Disk Drive) を並列駆動 (RAID) させた編集機も 500 万円していました。

DVCpro という規格は Motion JPEG 6;1 圧縮の DVC を Progressive 化したものですが、当時は放送局から TV 電波で送り出す番組の Master Data も Motion JPEG 6:1 圧縮の Digital Beta (ただし Interlace 方式) でしたので、画質劣化を殆ど起こさない 1 回の Digital 編集で直接 Master Data 規格に変換できる DVCpro 規格は TV 番組製作用には非常に相性が良く、400 inch Screen に映し出す Digital Projector を用いて Mini Theater や Cinema Complex にも充分耐えられる画質を持っていました。 ・・・Progressive と Interlace という用語は別途御検索ください。

現在の業務用 Video Camera やその Lens も製造 Cost や市場の大きさから 10 年前の値段と変わらないでしょうが、性能向上が目覚ましい Digital Camera で動画撮影を行えば非常に安価に済ませられますし、交換 Lens も 35mm Film Camera 用と同様の様々な高性能 Lens を Scene に合わせて交換できるという Advantage があります・・・ただし 1 本の Lens で済ませたり Lens Kit だけで済ませてしまっては製作 Cost 以外の Advantage は得られないでしょう。


4 機種の動画型式と単位時間当たり File Size (映像記録速度)、連続撮影可能時間 (容量) を較べると

CANON EOS 60D:MPEG4-AVC/H264 330MB/分 (44Mbps) 連続撮影時間制限なし
NIKON D5100:MPEG4-AVC/H264 288.5MB/2分 (19.2Mbps) 20 分 (2.88GB)
Panasonic GH2:AVCHD 16GB/124分 (17.2Mbps) 連続撮影時間制限なし
SONY α55:AVCHD 17Mbps 連続撮影時間制限なし

となっており、圧縮動画型式では同じ単位時間当たり File Size で最も画質の高い MPEG4-AVC/H264 を採用している上に数値が大きいほど高画質を期待できる映像記録速度に於いても 44Mbps と他を圧倒する高い数値を持つのが CANON D60 です。・・・発表時期の古い他機種を見ても同時期の Camera 群の中では CANON EOS Series が最も優れています。

MPEG4-AVC/H264 44Mbps という性能は現在の TV 放送局が放映している H264 15Mbps (地デジ) や H264 23Mbps (BS/110CS) よりも高画質ですので CANON EOS D60D で得られる動画 Data は Digital 編集を行っても充分に放送局 Master Data となり得るものですし、24Fps Mode がありますので Film 出しを想定した製作も行えます。

ちなみに Panasonic GH2 と SONY α55 が採用する AVCHD という動画型式は AVCHD ver1 規格ですので Interlace 方式です。

NIKON D5100 は何故か理由は判りませんが、最大連続録画時間制限 (20 分) が仕様表に明記されていますし、映像記録速度は 19.2Mbps に過ぎません。

このように「記録される Data の画質性能」に注目した場合は CANON EOS D60 (及び一部の EOS 製品) のみが放送局 Level を超える性能を有しており、他は放送局 Level 以下ですので、このことが EOS Movie を生み出している理由の 1 つなのだろうと思います。

>・・・など、少々暗いトーンのものが好きかもしれません。鮮やかでシャキッとシャープ!みたいな画は好みではありません。

こちらは PC に書き出した Data を編集する Software 次第です。・・・Software の習熟は相当な労力を要しますので覚悟してください・・・また、その労力を考えると別の Software を 1 から覚え直すのも大変ですので Software の選択はおろそかにしないでください。

Flim の場合は現像時に於ける色変更作業が大変ですので撮影時に可能な限り満足の行く画像になるような設定を済ませておくものですが、Digital の場合は Post-Production と呼ばれる後編集作業で御質問者さんの求める色合いに調整することができます。

しかし、その調整は Software に習熟していることが前提ですし、動画編集には高性能な PC を要するということも認識しておいてください・・・特に膨大な Data を読み書きする HDD の実効 Data 転送速度と複雑な Graphics 演算を行う GPU (Graphics Processing Unit) の演算性能が重要なのですが、一般的な Catalog 表にはこれらとは異なる CPU (Central Processing Unit) の動作速度 (2GHz とか 3GHz などで表されているもの) しか表記されていませんので、CPU 速度だけに注目して役に立たない PC を用意しないよう気を付けてください。

反論が出ることを覚悟の上で書きますが、私は Windows 系 PC の使用は薦めません・・・Macintosh を薦めます。

理由は Windows では Data の読み書き速度が遅い HDD の内側から Data を書き始め、HDD が一杯になる前 (半分ぐらい) で今まで記録した内側部分の隙間に Data を書き込むようになって一向に読み書き速度の速い外側を利用しないとか、32bit Address を使い切って 64bit Address に移行する際にはそれまでに 32bit Address で管理していた File Data を一斉に 64bit Address に書き換え始めることから急激に読み書き速度が低下する File Management System を採用しているからで、高速で Data を読み書きする必要がある映像編集 Software では支障をきたす場合があります。

私は 40MB/秒 とか 250MB/秒といった速度を保証しなければならない非圧縮映像編集機を Windows XP 機で組まねばならない際に 32bit/64bit Address 変更時に動画再生が止まるという自体に遭遇し 32bit/64bit 書き換え問題に気付いて Full 64bit 管理方式にするまで随分悩んだ経験があります。

また、同じく Windows XP 機で動画再生中に他の Software を併行使用したり Mouse などの入力 Device を頻繁に動作させて Computer 動作に負荷をかけると 60 分に編集した筈の動画が 60 分 4 秒で再生されるといった I/O Interrupt 問題に遭遇した時は殆どお手上げ状態で、送り出し機には急遽 Macintosh を用いた経験もあります。

Windows 7 機ではこうした部分が改善されているのかどうか判りませんが、安全性を考えれば Macintosh を推します。

>実際に映画製作をされている方など、一眼ムービーに詳しい方からのアドバイスをいただければと思います。

私はどちらでもないのですが、10 年余り前に業務用 DVCpro (Progressive DVC) Video Camera で撮影した Data を編集して映画を製作する編集機器の開発に携わっていたことから映画撮影 Team と行動を共にして海外の国際映画祭で映画を上映したことがあります。

当時は DVCpro Video Camera 本体の価格が 200 万円余り、取り付ける Lens も 200 万円余りもする時代で、4 基の HDD (Hard Disk Drive) を並...続きを読む

Q自主制作映画の音声について

http://www.jvc-victor.co.jp/dvmain/dv3500/index.html

友人の結婚式で10分程度の映画を作ろうとしています。
音声についてですが、マイクや延長コード、ヘッドフォン用延長コードなどを購入した方がよいのでしょうか?
それとも、そのままでいいのでしょうか?
世界の中心で・・・みたいな雰囲気の映画にしようと思ってます。
もし「この機材を買うといいよ。」みたいのがあれば、ぜひおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

残念ながら私はセットを作って管理している方なので、撮影技術そのものにはあまり詳しくはないのですが、スタッフとして撮影現場を経験したなかで見聞きし所とをお話しします。もしかしたら一寸違うぞー!って云う事もあるかも・・
映画の現場の場合、フィルムで映像を撮影し、別パートの人が録音していきます。
これは単純な話、フィルムには録音できないからです。
メイキングなどを撮っているビデオ班の場合は、以前はビデオカメラと、コードでつながったビデオDeckを操作する人とマイクを当てる人の三人で撮影していました。最近では、ビデオカメラとDeckがコンパクトになり、一体型のカメラが出来たので、そこからマイクコードをのばしたり、FM受信機をつけたりして、録音用のマイクは別の人が操作します。この場合のマイクは大体コンデンサー型の単一指向性のゼンハイザーというメーカーが現在は主流のようです、20年程前はシュアーでした・・・外での撮影の場合風よけが必要です。
なるべく人物のそばで口に向かうようにマイクを向けます。
ビデオで同時録音の場合は、同一テープに録音されるので、音がずれる事はありませんが、フィルムの場合は、
カチンコなどを使って同期をはかります。
カチンコが手に入らない場合は、演技の最初にカメラに判るように手を素早く叩きます。
現像からあがったフィルムの叩いている仕草と、
叩かれた音を合わせる事で他の部分の音が全て揃います。

以前は、撮影に使われていた録音機械はAnalogのtaperecorderが主流でした。これは6mmのオープンリールの録音テープを使い、毎秒17cmで録音されていました。このままではフィルムと長さが違うので、編集用にフィルム状の磁気テープを作り、毎秒24駒のスピードでオリジナルの録音テープからダビングして画像のフィルムと録音フィルムを同一の長さにして、二本いっぺんにムビオラにかけ編集していました。

今なら編集はパソコンで出来るのでしょうから、
もっと視覚的に音声と映像を次いだりはいだり出来るのでしょうね。
さて「世界の中心・・・」は撮影中に出てくるカセットレコーダーを聴きながらの演技が多かったですが、そういう感じの作品という事なら、モノローグを先に作ってテープで再生しながら芝居を撮るなんて事もあっても良いかもしれませんね。どちらにしても参考用に同時に録音しておいた方が、アフレコしやすいと思います。
余談ですが、最近録音部さんは、モニターをトランスミッターで飛ばしてくれるので、FMラジオなどで聴きながら撮影できたりしますね。
最後に、カメラやさんに行くと多分
持ち運びできるレフアルミ箔のような素材で太陽光線を反射させるものです)が手に入れられると思います。
これと白いスチレンボードのようなものを常に用意して、なるべく被写体の人物の顔が陰にならないようにしてあげましょう。
では 撮影を愉しんで下さい。

残念ながら私はセットを作って管理している方なので、撮影技術そのものにはあまり詳しくはないのですが、スタッフとして撮影現場を経験したなかで見聞きし所とをお話しします。もしかしたら一寸違うぞー!って云う事もあるかも・・
映画の現場の場合、フィルムで映像を撮影し、別パートの人が録音していきます。
これは単純な話、フィルムには録音できないからです。
メイキングなどを撮っているビデオ班の場合は、以前はビデオカメラと、コードでつながったビデオDeckを操作する人とマイクを当てる人の三人で...続きを読む

Q会話シーンはどうやって撮影するの

TVや映画で向かい合って会話するシーンは
せりふをしゃべる俳優に向けて画面が交互に切り替わります(当然ですが)。
これはそのせりふ単位に撮影するのですか?
それともずーとカメラを回して、後で編集しているのですか?
前者だと、数秒間単位の撮影で相手俳優無しです。時間も5分の
撮影に1時間以上かかるのでは? 
後者だと、演技は出来そうですが2台カメラが必要で、
しかももう一方のカメラが写ってしまいそうです。
もし前者だと俳優さんは感情が途切れずに演技できるものなんでしょうか。
これが集会のような大人数の時はどうなんでしょう。
前から気になっていたので教えてください。

Aベストアンサー

テレビの場合、スタジオ撮影では主にマルチと言って複数のカメラを復調整質と呼ばれる言わば司令塔でコントロールしています。
通常、テレビの収録スタジオには4~6台程のカメラがあり、そのシーンで必要なカットを夫々に撮影する為に予め予定されたプランに則り作動しています。
これ等の捉えた映像を、復調整室で必要な部分のみを切り替えて収録機でテープに録画してゆきます。
ですから、芝居の流れは切る事無く、必要に応じて欲しい部分を捉えた映像を選択してゆく事が出来ます。
勿論、この収録するカメラを切り替える作業(スイッチングと言います)で失敗があればNGと成ります。
各カメラマン、被写体の他に、この様な部分でも本番で気を抜けない分けです。
また、複数のカメラがお互いに映らない位置で撮影出来ない場合は、先ず片側のみを撮影してお芝居を最後まで撮り、次に同じ芝居を繰り返して残りの方を撮影すると言う方法が多く用いられます。
この方法は、出演者に同じ芝居を同じタイミングで演じてもらう必要が有るので、二度同じ芝居を繰り返す事が不可能、或いは難しい場合には使いません。
その場合にはカット毎、または複数カットからなるブロック毎の撮影となります。
例:
二人の人物が向かい合って話している場合、夫々を狙うカメラが互いに映らないように人物夫々を斜め前方よりアングルに捉え、芝居を最後まで通して必要な部分をスイッチングして撮影します。
途中、どうしても必要な、正面からのカットは、その部分の芝居を俳優に繰り返して貰い、夫々に撮影します。
編集時にこれ等の映像を繋ぎ変えてそのシーンが完成します。
結果、カット構成が以下のシーンの場合、

c1・人物Aの斜め顔
c2・人物Bの斜め顔
c3、4・c1、2の繰り返し
c5・人物Aの正面の顔
c6・人物Bの正面の顔
c7・人物Aの正面顔
c8・人物Bの正面顔
c9以降・c1、2のアングルの繰り返しで最後まで

先ず最初から最後までをカメラ二台でC1、2のアングルに構えてスイッチングしながら撮影します。
次に、c5、7の人物Aを撮影し、最後にc6、8の人物Bを、芝居を繰り返して撮影します。

ロケーションではこの復調整室の設備が無い為、カメラ1台でカット毎、或いは方向毎の撮影を繰り返すか、或いは2台で同時に撮影し、編集時に必要なカットのみを使います。
前者の場合は当然、同じ芝居を何度も繰り返す必要が有ることから、撮影に時間がかかります。後者の場合はカメラ、カメラマン、収録機等が倍必要なのでコストがかかります。

>時間も5分の撮影に1時間以上かかるのでは? 
かかります。と言うよりも、通常は完成尺が5分のシーンであれば1時間で撮影する事など殆ど不可能です。
通常、効率の良いスタジオ撮影で、一日に撮影できる完成尺は10~20分程度です。様々な条件により、1日に2~3分しか撮影できない場合や、30分以上撮影できる場合も有ります。
また、ロケーションでは1日に10分も撮影できれば御の字です。
スタジオ、ロケ、何れも、ここで言う1日とは、平均して10~15時間位です。様々な準備時間まで考慮すればそれこそ早朝から深夜までとなります。

>俳優さんは感情が途切れずに演技できるものなんでしょうか
ある程度これが出来なければ俳優としては使えません。
弱冠の修正は編集等でも可能ですが、根本的に芝居が繋がらない場合には上手く行くまで何度でもやり直します。

>これが集会のような大人数の時はどうなんでしょう
大人数が集う場面の撮影等、ぶつ切りで撮影するとつながりに支障が出る場合、通常は一番広い、全員が映る映像をなるべく繋げて撮影します。繋がりや感情は、例えば間に特定の人物のUP等が入れば多少は誤魔化せますので、広い画を最後まで撮影した後に、少人数の映る映像、最後に一人だけの映像を撮影する事が多いでしょう。

これは飽く迄も日本のテレビ撮影の手法です。ハリウッド等では、ロケーションでも初めから複数のカメラを同時に回して、編集時に使えるカットだけを拾って編集すると言うコストの高いやり方が主流のようです。
嘗ては日本映画でも、予算の有る大作ではこの様に撮影していた物もあります。

テレビの場合、スタジオ撮影では主にマルチと言って複数のカメラを復調整質と呼ばれる言わば司令塔でコントロールしています。
通常、テレビの収録スタジオには4~6台程のカメラがあり、そのシーンで必要なカットを夫々に撮影する為に予め予定されたプランに則り作動しています。
これ等の捉えた映像を、復調整室で必要な部分のみを切り替えて収録機でテープに録画してゆきます。
ですから、芝居の流れは切る事無く、必要に応じて欲しい部分を捉えた映像を選択してゆく事が出来ます。
勿論、この収録するカ...続きを読む

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む

Q動画撮影は外部マイク?別撮り?

いつも、色々教えて頂きありがとうございます。

動画撮影を行っているのですが録音をどうするかを悩んでいます。

お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答お願いいたします。



撮影に伴う録音は、3つあると思います。



(1)ビデオカメラ・一眼レフの内蔵マイク

(2)ビデオカメラ・一眼レフに外部マイクを取り付ける

(3)ICレコーダーで別撮りをする



この3つの方法があると思います。

そこで、聞きたいのですが(2)(3)のどちらを採用するかを考えています。



【 被写体 】

人間で、1人~2人がしゃべり続ける感じです。

わかりやすく言えば、テレビ通販、プロアクティブのような感じです。

被写体の距離は、3m~10m以内がほとんどです。



【 撮影場所 】

場所は室内・室外です。



【 利用しているカメラ・ソフト 】

CANON EOS Kiss x7

SONY PJ630

Adobe PREMIERE CS6



プロの方は、どのような方法で撮影&録音しているのでしょうか。

アドバイス頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。



ちなみに、外部マイクを取り付ける方法の場合は

RODE VIDEOMIC RYCOTEの購入を検討しています。

http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/188160/

いつも、色々教えて頂きありがとうございます。

動画撮影を行っているのですが録音をどうするかを悩んでいます。

お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答お願いいたします。



撮影に伴う録音は、3つあると思います。



(1)ビデオカメラ・一眼レフの内蔵マイク

(2)ビデオカメラ・一眼レフに外部マイクを取り付ける

(3)ICレコーダーで別撮りをする



この3つの方法があると思います。

そこで、聞きたいのですが(2)(3)のどちらを採用するかを考えています。



【 被写体 】

人間で...続きを読む

Aベストアンサー

補足コメントをいただき、ありがとう御座います。

さて、補足にありました「声の捕捉」は、一部が後付け音声で、一部が近接マイク収録です。

カメラに入らない後ろ席から竿の先に付けたマイク、なんていう自動車レヴューのプロ撮影も有る。

もちろん、後からコメント録音、アフターレコーデンングも組み合わせて居る場合も有る。

動画と字幕で、音声部分の違和感を多く感じられないように、上手な編集は、プロの技。
(でも、音声だけに、注視してモニタリングすると、案外バレバレが多いのが、バラエティー系番組です。)

ま、こんなプロと同じ、という仕上がりを目指すのも悪くは有りませんが、ライブ感、生っぽさをスポイルしかねないので、機器の性能や使いこなしテクニックの限界が、多少露呈した失敗部分が少し有るくらいが、リアリティーとしては面白い事も多い。

何回もリハーサルして、完璧な仕上がりを求めるか、多少の問題が有ってもリアリティー、ライブ感を得るか、考え方はそれぞれです。

Qドキュメンタリーの撮影方法

ちょっと前に質問したのですが、もう少し具体的な事が聞きたかったので再度質問します。
友人が、小説を書いているのですが、その関係で、ドキュメンタリーの撮り方について教えていただきたいです。
なにぶん、右も左も分らない分野なので撮影というのがどのように行われるのか分りません。

設定は「芸術系大学の学生が卒業製作のためドキュメンタリーをつくる。」となっております。


1.撮影がどんなふうに進められるか、が知りたい。

2.カメラマン、ディレクター(?総まとめ的な人)、音響、照明って、いたら人数とりすぎ?カメラは何台?、音と光はカメラさんがなんとかするものなんだろうか?

3.機材は、どんな機材を使っているのか?(カメラは学校で貸し出していてプロっぽいもの。大きめで肩に担いじゃうような。のを想像しているのですが・・・)


必要性のある役割ってどこまでなんだろう?(上に書いた以外に、他にも必要ですか?)
撮影期間は、話の流れ的に二ヶ~三月程度欲しい、けど、一つの家族について物語を切り取るとしたら、どの程度時間をかけて、どんなふうに接触していくのか、感じからしてわからない。それは作り手さんそれぞれかもしれないんだけれど。なにしろ卒業製作で、不器用そうにとる学生だとしたら、週に何回くらい先方に通いそう?
もちろん、企画とかスケジールとかも決めておいたほうがいいのだろうが。
と、いうように、つまり実感というのかがつかめなくって。

参考資料、話、などありましたら、教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。

ちょっと前に質問したのですが、もう少し具体的な事が聞きたかったので再度質問します。
友人が、小説を書いているのですが、その関係で、ドキュメンタリーの撮り方について教えていただきたいです。
なにぶん、右も左も分らない分野なので撮影というのがどのように行われるのか分りません。

設定は「芸術系大学の学生が卒業製作のためドキュメンタリーをつくる。」となっております。


1.撮影がどんなふうに進められるか、が知りたい。

2.カメラマン、ディレクター(?総まとめ的な人)、音響、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。美術大学卒の者(専攻は写真)です。
映画専攻の友人が多くいましたのでお答えしますと・・・

1.進め方は人それぞれですが、ドキュメンタリーの場合は監督と被写体の「対話」が基本ではないでしょうか。(なんなら監督が写ってしまってもいいし、インタビューする声が入るのも有りですから)
主題となるものを撮影する。それに関係する人にインタビューする。その人の生活を撮る。
映像としてはNHKスペシャルなどを思い出していただければ判るかと思いますが、たいていはその人のいる所に出向き挨拶したら大体の趣旨を説明します(「最初に少し普段の生活を撮らせて頂いて、そのあとにインタビューします。普段の生活を撮りたいので、あんまりカメラは意識しないで下さいね」てな感じです)

2.これは撮影の規模にもよりますが、まずカメラマン。これは学生映画の場合は監督が兼任することが多いです。しかし、ドキュメンタリー映画で監督自身がインタビュアーになるのならカメラマンは別に必要になるでしょう。
音声は必要ですね。16ミリ映画ですと映像と音声は全く別々に記録しますので、一人では無理かと思います。
照明は基本的に必要だと思います。ビデオと違ってフィルムは感度がそれほど高くないので、室内撮影の場合は照明は必須です。しかしドキュメンタリーの場合は「仕方なく照明が用意出来なかったが、どうしても撮りたい場面なので暗いまま撮影」ということもあります。
カメラはハリウッド超大作などを除けば商用映画でも1台です。とにかくフィルムも現像代も高いので、ビデオのようにダラダラとカメラを回すことはないです(しかし、ドキュメントですから「どこでカメラを止めるか」というのは難しいのですが)
編集という作業もありますがこれは監督がすればOK。
そのほかには「プロデューサー」という役割もあります。
これは映画の「芸術的側面以外」の統括者で、金銭的な面や交渉ごとを担当します。
劇映画の場合は撮影許可を取ったり、役者さんのスケジュール、ギャラの支払い、などなどをしますが、
監督が兼任してもいいですし、ドキュメンタリーの場合はいなくてもあまり問題ないかと。

3.映画用カメラには8ミリ、16ミリ、35ミリなどありますが、「大きめで肩に担いじゃうような」という設定なら16ミリでいいと思います。
8ミリは家庭向けで小さいカメラですし、粒子も粗くあまり本格的とはいえません。
また、35ミリです本格的過ぎて(一般の映画はほとんど35ミリです)学生の卒業制作には規模が大きすぎます。また費用(フィルム代、現像代)も莫大になります。
学生時代、学校から借りられる16ミリカメラとしては
「ボレックス16」
http://members.aol.com/anamikaigaikk/pages/2_bolex.html#anchor2
「アリフレックスST」
http://film.club.ne.jp/service/rental_AliflexST.html
「キャノン スクーピック」
http://users.swing.be/beckerp/canons16.htm
などがありました。

ただし、何度も書きますが費用が結構かかりますので、そのへんを書いておかないとリアリティが出ないかもしれません。
http://www.eizo-sekkei.co.jp/terakoya/eigaseisaku.htm

>どの程度時間をかけて、どんなふうに接触していくのか、感じからしてわからない。
このあたりは特に「ドキュメンタリー映画だから」という設定は必要ないと思いますよ。
思ったような撮影が出来なくて(相手が心を開いてくれない)だんだん撮影に行かなくなる人、
逆に「なんとか話を聞いてやろう」と嫌われてもしつこく尋ねる人。
これはもうその小説の登場人物の性格でどのようにでも書いてしまっていいとおもいます。
撮影時間も「これだけの素材(撮影したフィルム)があれば作品としてまとめられる」と思った時点が終了です。
(学生時代、1年で撮影が終わらず留年した友人がいました(笑))

参考程度に、ドキュメンタリー映画専門のメルマガ(バックナンバーが読めます)
http://www.ytv.co.jp/magazine/neo/b_numne/index.html

あと、蛇足ながら最近は映画専攻でも「ビデオ」で撮影することも非常に多くなっています。
なんといっても、費用が安いのと人手が少なくて済むので学生の卒業制作にはビデオも多く見られます。
今、話題になっている「home」というドキュメンタリーは小林貴裕監督の日本映画学校の卒業制作であり、一人きりでビデオ撮影をしています。
http://www.mmjp.or.jp/BOX/home/

ご参考までに。

こんにちは。美術大学卒の者(専攻は写真)です。
映画専攻の友人が多くいましたのでお答えしますと・・・

1.進め方は人それぞれですが、ドキュメンタリーの場合は監督と被写体の「対話」が基本ではないでしょうか。(なんなら監督が写ってしまってもいいし、インタビューする声が入るのも有りですから)
主題となるものを撮影する。それに関係する人にインタビューする。その人の生活を撮る。
映像としてはNHKスペシャルなどを思い出していただければ判るかと思いますが、たいていはその人のいる所に出向き挨拶...続きを読む

Q自主制作映画で使用した音楽の著作権処理について

自主制作で映像作品を作ったので、ビデオ映画祭に出品しようと考えているのですが、使用している音楽の著作権の処理に困っています。
使用している音楽は一曲のみですが、どのような手続きを取ったらよいのか全くわからない状況です。
それと応募の締め切りが10月2日と迫っており、それまでに手続きを済ませることは可能でしょうか。
回答お願い致します。

Aベストアンサー

まず、使用している曲に作曲者がいて、その曲がJASRAC(日本音楽著作権協)によって管理されている曲であればJASRACに使用申請しなくてはいけません。またその曲を誰かが演奏して(歌って)CDなどになっている場合はその演奏をCDに収めた(主にレコード会社)人の許可が必要になります。たとえば「夜空ノムコウ」を使いたい場合は、作曲者は川村結花ですからJASRACに申請が必要です。またSMAPが歌っているのを使うのか、スガシカオが歌っているのを使うのか、あるいは小田和正がカバーして歌っているのを使いたいのかでそれぞれのレコード会社に音源使用許諾(原盤権といいます)をする必要があります。場合によっては「アーティストおよび歌のイメージが崩れるのでそういう映画には使わないでほしい。」ということになるかもしれません。この場合自分で演奏して歌って録音した「夜空ノムコウ」ならレコード会社からは文句は言われずに使えますが、作曲者はあくまでも川村結花なのでJASRACの手続きは必要です。もちろん自分が作った曲を自分で歌ったりしたものであれば自由に使えます。詳しくはJASRACに問い合わせてください。

参考URL:https://jasrac.e-srvc.com/cgi-bin/jasrac.cfg/php/enduser/std_adp.php?p_sid=21T8PHhi&p_lva=&p_faqid=137&p_created=1048069

まず、使用している曲に作曲者がいて、その曲がJASRAC(日本音楽著作権協)によって管理されている曲であればJASRACに使用申請しなくてはいけません。またその曲を誰かが演奏して(歌って)CDなどになっている場合はその演奏をCDに収めた(主にレコード会社)人の許可が必要になります。たとえば「夜空ノムコウ」を使いたい場合は、作曲者は川村結花ですからJASRACに申請が必要です。またSMAPが歌っているのを使うのか、スガシカオが歌っているのを使うのか、あるいは小田和正がカバーして歌っているのを使いたい...続きを読む

Q電車内でのビデオ撮影は許可が必要?

友達の結婚式用に余興で自作のビデオを用意することにしました。
シーンの中で、電車内でビデオ撮影を行いたい場面があるのですが、
事前に申請や許可が必要でしょうか?

場面としては誰もいない電車の中で、電車内にボールが転がっているようなシーンや、自分たちの仲間がはしゃいでいるシーンです。

長時間の撮影じゃないので、早朝に誰もいない車内でやれば大丈夫そうな気もするのですが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実はテレビドラマや映画など、プロフェッショナルの撮影でも無許可で行うことがあります。
俗に言うゲリラ撮影というやつです。
自身もなんどか、撮影がばれてしまい、警察や怖いお兄さん方にお世話になったことがあります。ちょっと大げさですが拘留や監禁なんてことにまで発展したこともあります(^^;)

まず想定している電車がどんなふうなのか、ロケハンをしてはどうでしょうか?
始発でも誰か乗っていれば不味いでしょうし、もし無人でも撮影しているのを乗務員さんや鉄道関係の方に見られれば、注意されるでしょうし。
そういったことをふまえ、最寄りの鉄道会社に問い合わせてみるのがいちばんだと思います。

営利目的の場合にはそれ相応のお金が必要になりますし、どの路線の何時頃の電車と、使う電車や時刻まで指定されますが、規模が小さいのと営利じゃないので、旅客運賃(切符代)か駅構内への入場料金だけで大丈夫じゃないかと思います。

都内だと京王の競馬場への線(東府中~東京競馬場間)などが、CM撮影などにも使われています。
業界秘話ですがA社は●●鉄道は出切り禁止など、鉄道会社にもブラックリストがあって、ある特定の会社には、貸さないということもあります。

実はテレビドラマや映画など、プロフェッショナルの撮影でも無許可で行うことがあります。
俗に言うゲリラ撮影というやつです。
自身もなんどか、撮影がばれてしまい、警察や怖いお兄さん方にお世話になったことがあります。ちょっと大げさですが拘留や監禁なんてことにまで発展したこともあります(^^;)

まず想定している電車がどんなふうなのか、ロケハンをしてはどうでしょうか?
始発でも誰か乗っていれば不味いでしょうし、もし無人でも撮影しているのを乗務員さんや鉄道関係の方に見られれば、注意され...続きを読む

Q著作権フリーの洋楽を探しています

洋楽を特定顧客向けに配信したいと考えております。
配信形態は歌詞とあわせて使用する形です。

いくつか名曲についても国内出版社に問い合わせしておりますが、
色々と苦戦しています。
利用形態によっては、1曲10万円以上かかる場合もあるとのこと・・。

そこで著作権フリーの洋楽を探しています。
ジャンルはポップやロックで考えています。

皆が知っているような曲であるに越したことはないのですが、
この曲がいい、というようなものがありましたら、教えて頂けないでしょうか。
(多少の費用は覚悟していますが、
ちょっと前の名曲のように、許諾料だけで10万円以上かかると厳しいです。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

作者の死後50年を経た作品は、「パブリックドメイン」と言って、著作権フリーになります。
そのような作品を紹介したサイトは数多くあります。
ただし、市販CDを音源としてアップすることはできません。
自分や仲間の演奏を録音したものならOKです。
楽譜も、出版譜をコピーして貼りつける事は違法となります。
自分で譜面を書いたり、打ち込んで浄書した譜面はOKです。
http://www.publicdomain4u.com/

http://www.pdinfo.com/list.php

http://www.royaltyfreemusic.com/public-domain/

また、JASRACが管理している楽曲の音源配信なら、年に10500円を払えば、常時10曲のアップが可能、常時10曲の中で差し替えれば無限に配信できます。ホームページのTOPにJASRACの許諾証を掲載しているサイトはそのような契約をしています。
ただし、商用利用は別途契約になります。
契約は個人でも簡単にできます。1年契約で、1年ごとに使用した楽曲を申告すれば、その権利者に楽曲使用料が分配されます。
ただし、この場合も市販のCDを音源に使うことはできません。

作者の死後50年を経た作品は、「パブリックドメイン」と言って、著作権フリーになります。
そのような作品を紹介したサイトは数多くあります。
ただし、市販CDを音源としてアップすることはできません。
自分や仲間の演奏を録音したものならOKです。
楽譜も、出版譜をコピーして貼りつける事は違法となります。
自分で譜面を書いたり、打ち込んで浄書した譜面はOKです。
http://www.publicdomain4u.com/

http://www.pdinfo.com/list.php

http://www.royaltyfreemusic.com/public-domain/

また、JASRACが管理し...続きを読む


人気Q&Aランキング