【お知らせ】カテゴリの見直しについて

私は飛んでいる光をよく見ます。
主に見るのは、夜に外へ出た時などが多いのですが、
室内で見ることもあります。
スピードはすごく早いです。すぐ消えます。
私の目の前、後ろから、地面から・・・一瞬、青白いような緑がかかったような光が走るのをを見るのです。
小さい頃からそのような光を見ていたので、今まで不思議に思ったことはなかったのですが、最近ふとしたことで友人に話すと、「そんな光なんてみたことないよ。普通見ないよ」と言われて、そこで初めて私だけなんだと気付いたのです。
たぶん・・・病的なものではないと思っています。
私は少しだけ霊感があって、たまに見たり感じたりすることがあります。その霊感が関係してるのかな?なんて思っているんですけど、違うのかなぁ。。。やっぱり私の目がおかしいのかなぁ。。。
そこで、霊感がある方にお伺いしたいのですが、このような光を見ることはありますか?
普通じゃないことに気付いてからは気になって仕方ありません。どうか宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


私は、はっきりした事は言えませんが、
teddy_pandaさんの守護霊の方ではないかと思いました。
teddy_pandaさんの話を伺っていますと、今までに、この事によって不幸な事があったようにも見えず、むしろteddy_pandaさんにとっては普通で、ごく当たり前と言った感覚に見えますので、teddy_pandaさんの守護霊の方がteddy_pandaさんを守ってくださっているのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
そうなんです。光が見えるからといって、(気付くまでは)怖いとか思ったこともないですし、これといって大きな不幸に遭ったこともありませんでした。
私の守護霊さまならすごく嬉しいです。
私を見守ってくれていると思ったら、全然怖くないですよね。とっても気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/16 15:26

こんばんは。


>このような光を見ることはありますか?
 たまにあります。でもいいものでないことは確かです。 霊よりはましですけれども他の人に話しても信じてはも らえず精神科扱いされるのがおちです。以前さんざんそ のような思いをしましたから。
>普通じゃないことに気付いてからは気になって
 とにかく気にしない事。人に話す場合は理解のある人。
 向こう(光)は向こうの都合で出てきて勝手に消えるの ですから、こちらは相手にしないほうがいいと思いま  す。あなたが関心を示すほど光はでてくるようになりま すので最良の方法は無視することです。これ以外では神 社で祈願するぐらいです。
>その霊感が関係してるのかな
 霊感は誰にでもあるのですが鈍感か敏感かの差です。
 職業で必要なければないほうが幸せですから気にしない (あるのは認めて)のがベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
やっぱり私も、変な子扱いされて悲しい思いをしています。理解してくださる人がいて感激です。
気にするようになってから、やはり目撃回数が激増です!
私は霊感にちょっと敏感・・・ぐらいな感じで、光の皆様には何もしてあげられないので、これからは気にしないようにしたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/21 22:10

電磁波過敏症ってご存知ですか?


高圧線など電磁波の強い場所で幻覚を見たり気分が悪くなるそうです。
私が電気磁気学の研究室に居たときに聞いた話ですが、人体を磁場にさらす実験を行ったところ、目隠ししているのにほとんどの人が光を見たそうです。
普通の人でも条件が揃えば光を見るので、あなたは少しだけ電磁波に対するセンサの感度がいいと考えてみてはいかがでしょうか?
何科に行けばいいかはわかりませんが、それで安心できるのならば一度検診を受けてみては?
私には霊感はありませんが、完全に否定する気もありません。解決するといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
電磁波過敏症というものがあるんですね。
私の場合、幸運?なことに幻覚や気分が悪くなるとういうことはないので、このまま放っておこうかなと思います。
やっぱり、私と同じ現象が起きている人は、他にいないみたいですね・・・。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/21 22:01

光や幽霊を見たことないので、そういう能力はありませんが、死後の世界(あの世)は確信しています。

鋭い霊感があると幽霊も見えます。その光は守護霊様かもしれません。わからない方にいうと変人に思われるかもしれません。下記のURL霊界サロンで、会員(無料)になればいろんなことがわかるでしょう。

以前は死後の世界はないと思っていましたが、10年ほど前から、あるきっかけがあり、丹波哲郎先生の死後の世界(あの世)を確信しています。丹波先生を強調するのは、他にもあの世の違うことをおっしゃる方が多いからです。丹波先生は、あの世の宣伝マンで、芸能人になったのも、神様が、あの世の宣伝効果を強めるために仕組んだんだと思います。サラリーマンでは、相手にされないでしょう。

あの世に宗教はありません。宗教は人間のつくったものです。この世が厳然と存在するように、あの世も厳然と存在します。

現代科学で解明できないから、否定するという考えは、とても幼稚な考えです。まだ脳のことも20%程度しかわかっていません。心の存在は誰もが認めるものですが、それなら心はどこにあり、どんな成分で働いていて、心を写真やビデオで見たことがあるのでしょうか。解明できないから否定するでは、心も否定しなければならなくなります。このまま環境破壊を続けたら、数十年後にはもう地球に住めなくなることがわかっていますが、現代科学では環境破壊ばかりして、解決できません。現代科学は人間でいえば、まだ赤ちゃんです。赤ちゃんは僅かなことしかできません。

よく人生は1回だと思っている方が多いですが、もし人生が1回で、死後は永遠に無なら、この世では、辛いこと、嫌なことが溢れています。永遠からみたら、10数年で自殺した人生も、80数年で寿命を真っ当した人生も、何ら変わらないでしょう。本当に人生が一回なら、人口の半分か3分の2の人間は自殺して、世の中では、自殺は肯定され、賛美されているはずです。自殺は悪いことだと考えられているのは、無意識に死後の世界を感じているからです。自殺したら、この世での修行を途中で放棄してしまったという理由で、同情のカケラもなく地獄に叩き落とされてしまいます。だから自殺だけは絶対にしてはいけないことです。

カルマ(罪業)の法則とは、善行を行えば善として返ってきます。悪行を行えば悪として返ってきます。だから、この世の大きな不幸を背負っている方は、前世で大きな悪事をしていることが考えられます。 反対に恵まれている方は、前世で大きな善行を行ったと考えられます。

金持ちは地獄に多いです。資産を多くの人々のために使った金持ちは天国にいけますが、金持ちは、権力を悪用して、脱税、ピンハネ、ボッタクリ、苛め、インチキ、汚職、犯罪その他さまざまな悪事をすることが多いです。力が強いほど悪事も大きくなります。この世で、ごまかしは通用しても、あの世で神様の前では、一切のごまかしは通用しません。

肉体は、この世だけに必要な衣類のようなものですが、霊魂の生命は永遠です。近い将来、科学で解明されて万人が信じるようになるでしょう。

この世では、金、名誉、地位を得ることが成功と考えられていますが、あの世では、金、名誉、地位は何の役にもたたないどころか、災いになってしまうことがあります。この世に転生させられるのは、まだ修行が足りないからです。修行とは「人に尽くす」ことです。修行が終わるまで何十回でも何百回でも、苦しみのこの世に転生させられるのです。修行が終われば、苦しみのこの世とは、比較にならない天国の永遠の住人になれるのです。

幽体離脱して、死後体験ができるまでに進歩しています。死後体験―米国モンロー研究所のヘミシンク技術が、死後の世界探訪を可能にしました!
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/html/9976865309. …

資本主義の実態は、個人も企業も国家も金が支配する金権腐敗、弱肉強食、虐殺殺戮です。この世は善と悪があるから、修行になります。巨悪の資本主義もいきづまって、もう崩壊寸前だから、2010年までには崩壊して、競争とエゴの時代から愛と共生の時代が訪れることも確信しています。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=485551

参考URL:http://www.tamba.ne.jp/
    • good
    • 0

「オーブ」と呼ばれるものかもしれませんね。


私は霊的なもの全て信じてませんので
詳しくは解かりかねますが
検索すればかなりヒットするようです。

後もうひとつ、可能性は無きにしも非ずで、
目の病気(?)かもしれません。
私が幼い頃、「光の線」をよく見ました。
小さな稲光のようなかんじです。
病院にも行き検査もしまして
病気とまではいきませんでしたが
こうゆうものが見えるケースもあるとの事でした。
病名はハッキリ覚えていませんが・・・

ご参考までに・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「オーブ」について検索させていただきました。
どうやら「オーブ」というものは、基本的には白くて、フワフワ浮いたり沈んだりしながら動くものらしいです。
私のは早くて、色も青白かったりするから、オーブとは違うものなのかもしれません・・・。
やっぱり「目の病気」だったりするんでしょうかね?
今、この光のせいで生活に困ったりすることもないし、
普通に過ごせているので、このままこの光と生活していこうかと思っています。
ただ病院が怖いだけなんですけどね(^^ゞ
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/16 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真っ暗になると見える不思議な物

ずっと疑問に思っていたので、質問させて下さい。

小さい頃から、部屋の電気を消すと、赤や黄色やオレンジなど色が付いていて、少し光っているような点々の大群が見えます。

点はすごく小さくて、いくつかで塊になっていて、色んな方向に流れているんです。

緑とピンクの点が組み合わさって、網目みたいな形になっているのもあるし、オレンジだけの点の群で流動形になっているのもあるし…

その点々は視界のすごく近い所で見えている気がして、気にしないで忘れていると見えないのですが、意識して見ようとすると見えるんです。

最初、妹に聞いた時は「私も見える」と言ってくれたので、てっきりみんな見えていると思い、そんなに深く考えないで、その話で盛り上がったりしてましたが、周りの人に聞いてみると、「そんな物見えないよ」と言われます。

他に「見えているよ」という方も、いらっしゃるでしょうか??
また、この現象は何なのかを知っておられる方、教えてください!
すごく気になるので…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

子供のころから、まさにおっしゃる光が見えていました。姉と2人でとても綺麗で不思議で、”宝石だ”と喜んで見ていました。

電気が消えた後にベットの上にのり、流れを追いかけていました。右や左に移動するんですよね。細かい粒が密なところとそうでないところがあります。
見ているときは。たぶんヨリ目状態。目をつぶったときはまぶたの中に見えます。

姉と遊ばなくなってからも、大人になった今も見ることができます。初めは動きについていけなかった(急に速く動いたりする)のですが、子供の頃の実験の結果、自分の意志で動かせるようになりました。ゆっくり首をふると付いてきます。

まちがえなく同じものを見ていると思いますが、文章で表現するのは難しいですね。私は子供の頃、自分が本当はお姫様だと思っていましたので、宝石箱が見れるのは当然と思っていました。

実は今でも、楽しんで見るときがあります。他の人は見れないとしたら、ちょっと幸せですね。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q写真にうつる青い線

先日神社の境内で写真を撮った時に記載のような青い線が撮れましたが、これはなんなのでしょうか?
写真の角度でうつるものでしょうか?

というのも、その後に旅行した際に写真を撮ると青い線が時折映るようになり、気にかかっています。
最初はレンズの傷かなとも思いましたが、青い線がその時に応じて位置が変わるため、傷ではないのだと思います。

Aベストアンサー

レンズは丸く、写真は四角ですよね。
つまり、レンズの光を全て写真にしているわけではなく、上下左右の部分に写っていない部分があることは直ぐに想像できると思います。

この写っていない部分に直射日光等の強い光がレンズに当たっていると、それは写真には写らないのですが、レンズのガラス内部で乱反射して質問者の上げた写真の様に光だけが写る写真になる事が有ります。
乱反射したものですからはっきりしたものにならず、プリズムの様な形で光が分光されて今回の様な青い光として写るような事になるわけです。
また。レンズが曲面を持っているから円の一部が写っているのですね。

防ぐには、レンズに強い光が当たらないようにすることで抑えることが出来ますから、手の平等で光を遮ってレンズに強い光を遮るなどするのが良いでしょう。


人気Q&Aランキング