プロが教えるわが家の防犯対策術!

赤外線受信モジュール 使い方

秋月に売っている3端子の赤外線受信モジュールをつかって、「受信するとリレーをONにする」という回路を作りたいのですが、赤外線受信モジュールの使い方がよく分かりません。

赤外線を受信したとき、モジュールの出力はどうなるのですか?
一定の電流が出力されるのでしょうか。

※使用用途から、赤外線LEDはON,OFFの動作しかしません。

また、そのような回路がありましたらご教授いただけると幸いです。

回答お願いいたします。

A 回答 (1件)

>秋月に売っている3端子の赤外線受信モジュール




「赤外線受信モジュール」という名称の商品がありませんがこれでしょうか。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-00622/

>赤外線を受信したとき、モジュールの出力はどうなるのですか?
このページにあるデータシートは「参考」で1ページだけですが、
型番で検索するともっと詳しいデータシートが見付かります。

http://www.hebeiltd.com.cn/led.datasheet/PL-IRM0 …

p.3 に回路例、入出力波形の図があります。
回路図例注、μC は多分マイコンでしょう。

>一定の電流が出力されるのでしょうか。
いえ。図からわかるように振幅0~4.5V の電圧波形出力です。

多くのリモコンが発する赤外線は38KHzで変調されたシリアルデータです。
変調する理由は(正確に知りませんが、多分)ノイズを除外する為で、
受信側は38KHz以外の受光は「ノイズ」として除外する働きがあります。

受光周波数と感度?特性のグラフも掲載されてます。
なのでこの受信モジュールは単なる赤外線だけでは出力は変化しないので、
発光側は38KHzで変調させる必要があります。

本来のリモコン受信用途なら、受信側マイコンがシリアルデータの値を解析して
押されたボタンを判断し応じた動作をさせる事ができます。
「赤外線受信モジュール 使い方」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ちょっと難しそうですね…。

赤外線は断念して、普通にcdsを使って回路を組もうと思います。

回答有難うございました。

お礼日時:2010/11/07 22:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤外線リモコンと受信機のつくりかたを教えてください

赤外線リモコンと受信機のつくりかたを教えてください。
出来たら超ミニで超簡単な赤外線リモコンと受信機のつくりかたがいいです

Aベストアンサー

キットからはじめてみては?
http://www.elekit.co.jp/product/50532d33323437

Q赤外線リモコンの回路図を教えてください。

今赤外線銃を作ろうとしているのですが、回路を変えたりして何度試しても2~3mくらいまでしか光が届きません。
そして質問させてもらうと「レンズを付けろ。回路の問題じゃない」という回答が多かったのです。
しかし、写真の物は(分解済みリモコン)分解する前は15mくらい光が届いていました。
なのでLEDがいいものなのかと思い、リモコンのLEDだけを自分の回路に組み込んでみました。
するとやっぱり、2~3mくらいしか届きませんでした。
なので、回路に問題があるのだと思いました。
そこで、基本的な家庭用リモコンの回路を教えてください。(抽象的ですみません)
又は、2~30mくらい光が届く回路を教えてください。
受光部はこれです。なかなか感度はいいです。https://www.youtube.com/watch?v=ifpaXbZ4snA
通信することは考えていません。受光部が感知できたらいいので。

Aベストアンサー

私はずっと回路図が間違ってると回答しているんですけどね・・・・
動くはずのない回路図ばかり提示されていたので、未だに回路的にどんな問題があるのかわかりませんが、添付回路の通り作ってみてから改めて質問頂ければと思います。
デューティ比20%、LED電流200mAくらいにしています。
FETは秋月電子ならば最も安い2SJ681あたりで十分でしょう。
LEDを2個直列にしてみてもいいですね。その場合、電流制限抵抗は15Ωくらいで。

QPICを用いた赤外線通信

 PICを使って赤外線通信をしたいんですが、
いくつか教えていただきたいことがあります。

(1)赤外線の通信仕様・方式なについてなんですが、
下記の2つのページを参考にしたんですが、
http://www.picfun.com/appframe.html
http://www.sendai-ct.ac.jp/~ckuma/micom/3048/ir.html

1つ目のページには、リーダー部(8bit)、データ部(16bit)、データ部連送(16bit)の40bitを送ると載っています。

しかし、2つ目のページには、リーダー部()、カスタム部、カスタム反転、データ部、データ部反転の順番で送っているようです。

これって、どちらの方式で送っても、受信した際のソフトの書き方で対応しろってことなんでしょうか?
それとも、自分が使用する受信モジュールによって、どっちの送信方法で送れっていうのが決まっているのでしょうか?

(2)そもそも、38KHzで変調するということがピンとこないんですが、
例えば上の1つ目のページでいうと、送信する40bit分を1/38K=26mSec周期にしろってことなんでしょうか?

ちなみに、PIC16f873、赤外線受信モジュールはSPS440-1を使用しています。
初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m

 PICを使って赤外線通信をしたいんですが、
いくつか教えていただきたいことがあります。

(1)赤外線の通信仕様・方式なについてなんですが、
下記の2つのページを参考にしたんですが、
http://www.picfun.com/appframe.html
http://www.sendai-ct.ac.jp/~ckuma/micom/3048/ir.html

1つ目のページには、リーダー部(8bit)、データ部(16bit)、データ部連送(16bit)の40bitを送ると載っています。

しかし、2つ目のページには、リーダー部()、カスタム部、カスタム反転、データ部、データ部反転の順...続きを読む

Aベストアンサー

>これって、どちらの方式で送っても、受信した際のソフトの書き方で対応しろってことなんでしょうか?
>それとも、自分が使用する受信モジュールによって、どっちの送信方法で送れっていうのが決まっているのでしょうか?
送受信のフォーマットは自分で決めてプログラムで制御する必要があります。受信モジュールは何もしてくれませんので、全部プログラムで書きましょう。ちなみに送信フォーマットにスタートビットやらストップビットが必要なのはノイズによる誤動作対策です。

>2)そもそも、38KHzで変調するということがピンとこないんですが、
例えば上の1つ目のページでいうと、送信する40bit分を1/38K=26mSec周期にしろってことなんでしょうか?
変調の意味が分からないみたいですね。
ビットレート(速度)と変調周波数はまったく関係がありません。変調が必要な理由は赤外線受信モジュールが38Khz変調した赤外線しか受け付けないためです。
受信モジュールは、38Khz変調した赤外線を受け取ると1の信号と判断します。それ以外は0と判断して出力ピンに信号を出しています。ただし負論理で出力する受信モジュールがあるのでデータシートで確認のこと。
赤外線の送信側は、1の信号を送信したい場合は38KHzで変調して赤外線LEDを駆動します。0の場合は赤外線LEDを消します。
38Khzで変調している理由は、自然光の赤外線などのノイズと区別するためです。

>これって、どちらの方式で送っても、受信した際のソフトの書き方で対応しろってことなんでしょうか?
>それとも、自分が使用する受信モジュールによって、どっちの送信方法で送れっていうのが決まっているのでしょうか?
送受信のフォーマットは自分で決めてプログラムで制御する必要があります。受信モジュールは何もしてくれませんので、全部プログラムで書きましょう。ちなみに送信フォーマットにスタートビットやらストップビットが必要なのはノイズによる誤動作対策です。

>2)そもそも、38KHzで変調す...続きを読む

QVccとVddの違い

トランジスタのバイアス電圧などでよくVccとかVddとかかかれているのをみます。
Vccのccとは何の略で、Vddのddとは何の略なのでしょうか?
また使い分け方を教えて下さい。

Aベストアンサー

cはコレクタ,dはドレインの略です.
Vcと表記すると該当のトランジスタ1個のコレクタ電圧を指しますよね.
Vccという表記は,それと明確に区別するために使われていると思います.
ccで,複数のトランジスタのコレクタを意味しているのでしょう.
つまり,ccは「コレクタ側電圧(電源)」,ddは「ドレイン側電圧(電源)」
と考えればよいでしょう.
ちなみに,Veeでエミッタ側のマイナス電源(NPNの場合)を表します.
それと,ccとかddとかは,大文字でCC,DDと表記することが決まっている
はすです.小文字の場合は「小信号」を意味するからです.
IEEEやJEDECで表記の規則が手に入るはずです.

Q部品の0Ωの抵抗って何のためについてるの?

子供のラジコンが動かなくなったので、分解したらモーターに繋がるセラミック抵抗?の足が切れていました。
カラーコードは緑の本体に赤線1本。
修理するためにその抵抗をハンダコテで外して、部品屋さんで調べてもらったら0Ω抵抗だ、と言われ、実際に抵抗測定してもほぼ0Ωでした。

交換結果、ラジコンは無事治りましたが、この抵抗は、何のためについているのでしょうか?

Aベストアンサー

私の会社では0Ω抵抗は、表面実装の機会でよく使用します。
手差しの場合などには0Ω抵抗を使わず単線を使用します。
値段的には単線の方が安価ですが、機械で取付ける場合、話は変わってきます。
0Ω抵抗(ジャンパー抵抗)があれば通常の抵抗を取付ける機械で取付けられますが、単線などの場合それ用の構造を持つ機械が必要で、効率が悪くなり、単価が0抵抗より上がってしまいます。
ラジコンなど量産する製品の場合、大半が機械で作成するので0Ω抵抗を使用するのではないでしょうか。
他にも様々な理由があると思いますが一つの参考として下さい。

Q電圧を下げる方法

24Vから5Vに電圧を下げたいのですが何かいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

下記のサイトを参照に考えて見て下さい。
理屈が解れば簡単です。
尚、流す電流に応じて抵抗器の定格電力を決定する必要があります。
抵抗値×最大電流×最大電流より電力を求めて、余裕のある抵抗器を使用して下さい。

ちなみに、電圧ドロップ差が大きいので、三端子レギュレータを使用する場合は、きちんと設計をしないと使い物にならないです。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QQ3Y-NKDO/feet/kairo02/kairo0215.html

Q5Vを出力する電池ボックスはありますか?

5Vを出力する電池ボックスはありますか?

ブレッドボードのオペアンプに電源供給するために
ブレッドボードに接続可能な5V出力の電池ボックスを探しています。
(オペアンプはhttp://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-03112/を使います。)
参考になるサイトなどがあれば紹介お願いします。

また、電池ボックス以外で5V供給できるものがあればその紹介もお願いします。

Aベストアンサー

>ブレッドボードに接続可能な5V出力の電池ボックスを探しています。

携帯電話の充電器が、およそ5Vなので充電可能な携帯電話の充電器を購入すれば良いでしょう。携帯のコネクタは秋葉原で売っています。
http://panasonic.jp/pocket/

バッテリーで動作させる必要がないのであれば、USBの5Vの出力電圧を使用すると簡単です。

問題はご使用のオペアンプ(LM6365)が単電源オペアンプではないので、±5Vでないと使いづらいのでは?

Qパソコンのケースファンを逆回転させることはできますか?

パソコンのケースファンを逆回転させることはできますか?
大体フロントとリアに一基づつファンがついている場合、フロントから吸気してリアが吐き出すというエアフローになってると思いますが、タバコなどの煙がある場合、フロントからもろに吸うのは嫌な気がします。
なのでリアから吸気して、フロントから吐き出す、逆回転に変えられたりしますか?
パソコン本体自体を逆向きにすればいいと思いますが、それだとどうにも見た目が良くないと思うので。
アドバイス等あれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 #8&9です。

>電源ユニットの下面にファンがついているタイプは、実は個人的にはあまり効率的ではないのかなと思っていました。電源ユニットで温められた空気も使ってCPUに当てていくので。

 逆です。電源ユニットに付いているファンは、ケース内部から空気を取り込んでケースの外に排気するようになっています。ケース背面の電源部分に手を当てれば暖められた空気が排出されているのが判るはずです。
 大型のファンを備えている電源ユニットは、静粛性もさることながら、CPUからの排気にも一役買っているというメリットがあります。

>グラボあたりにファンを設けるケースはたしかに欲しいですね。というのは設計的にけっこう難しいというかあまり見たこと無いです。たまに見ますが見つけられたら運がいいですね。

 グラボ付近にファンがあるケースというのは私も見たことがないですね。CAG1.1準拠のケースの場合、グラボ付近にあるのは単なる換気口で、ファンはないはずです。私が使っているケースもそうですけどね。

http://www.casemaniac.co.jp/43_429.html
(↑ 私が使っているやつのマイナーチェンジ版)

 #8&9です。

>電源ユニットの下面にファンがついているタイプは、実は個人的にはあまり効率的ではないのかなと思っていました。電源ユニットで温められた空気も使ってCPUに当てていくので。

 逆です。電源ユニットに付いているファンは、ケース内部から空気を取り込んでケースの外に排気するようになっています。ケース背面の電源部分に手を当てれば暖められた空気が排出されているのが判るはずです。
 大型のファンを備えている電源ユニットは、静粛性もさることながら、CPUからの排気にも一役買っ...続きを読む

Qフォトダイオードはどのように使うものなのでしょう? ブレッドボードに取

フォトダイオードはどのように使うものなのでしょう? ブレッドボードに取り付けて使うものなのでしょうか? 素人質問ですいません

Aベストアンサー

A No.3です。

要は、幅1nsecの光を電気信号パルスに変換したい、ということですか?
フォトダイオードにバイアスをかけて、直列抵抗を設けその抵抗の両端の
波形を出力とすることで電気パルスは得られると思います。(A No.2の
方の回答の回路からR2とC2を取り除いた回路)

しかし、そのような細い電気パルスを扱うのが大変です。ちょっとした
リード線によりパルスは消滅してしまいます。(正確には波形が極端に
変形してしまう)CPUでもこのような細いパルスは検知できないのでは
ないでしょうか。

このレベルになると、ECLとかLVDSといった高速の論理素子が必要です。
(CMOSでも速いものはありますが、ピンキリです)

何らかの方法で、パルス幅を広げないと扱うのが大変でしょう。
光パルスのエネルギーが大きいならR1に並列にコンデンサをつないで
これでパルスストレッチャを作ることはできます。

いずれにしても専門知識が必要です。

それと、トリガ信号のようなものを途中に入れるというのがどうも
理解できません。トリガ信号とパルスをどうやって区別するのですか?

A No.3です。

要は、幅1nsecの光を電気信号パルスに変換したい、ということですか?
フォトダイオードにバイアスをかけて、直列抵抗を設けその抵抗の両端の
波形を出力とすることで電気パルスは得られると思います。(A No.2の
方の回答の回路からR2とC2を取り除いた回路)

しかし、そのような細い電気パルスを扱うのが大変です。ちょっとした
リード線によりパルスは消滅してしまいます。(正確には波形が極端に
変形してしまう)CPUでもこのような細いパルスは検知できないのでは
ないでしょうか。

このレベ...続きを読む

Qフォトダイオードの使い方

こんにちは。
既に同じような質問をしたのですが、先の質問で本来尋ねたかったことについて記述をできていなかったので、再度投稿させて頂きます。

規格で強度10mWとなっているレーザーダイオードの光強度を確認するために、浜松ホトニクスのS2281-04というフォトダイオードをSMファイバの直近に持って行って、発生した電流を4.7オームの負荷抵抗に流し、その負荷抵抗にかかっている電圧をロックインアンプ(NF回路の5610B)で測定しています。

測定した電圧と抵抗値から、オームの法則よりフォトダイオードからの電流値を計算し、受光感度より光強度を計算したところ、規格の10mWを大きく下回る5.9mWとなりました。

何故、このように測定値が小さくなってしまうのか。
測定の方法等が間違っているのでしょうが、原因がわかりません。

どうか、ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1,2様と同じ意見ですが、
別の書き方をします。

フォトダイオード出力を測定するにあたり、「出力短絡電流は入射光量に比例する」および「出力開放電圧は入射光量の対数に比例す」という基本特性を頭に入れておかねばなりません。すなわち、負荷が短絡とも開放ともつかない半端なインピーダンスでは測定困難です。

通常は比例則の成立する出力短絡電流を測ります。この場合、負荷抵抗は充分に低くなければなりません。4.7Ωでは充分に低いとは言えないかもしれません。

従って、入力インピーダンスが充分に低い回路を使います。#2様の云われるI-V変換、即ち電流電圧変換回路を使います。OPアンプと抵抗一本があればできます。反転増幅回路の形式で、入力は抵抗なし、帰還抵抗に高抵抗を使うというやつです。もちろんOPアンプは入力バイアス電流の小さなFET入力タイプを使います。
この出力電圧を測ってください。今の結果とたいして変わらないことになるかも知れませんが、規格ぎりぎりぴったりで動作するデバイスも少ないし、測定系には自分でコントロールし切れていない誤差も多々ありますから(光伝達効率等等)、そんなものなのでしょう。

#1,2様と同じ意見ですが、
別の書き方をします。

フォトダイオード出力を測定するにあたり、「出力短絡電流は入射光量に比例する」および「出力開放電圧は入射光量の対数に比例す」という基本特性を頭に入れておかねばなりません。すなわち、負荷が短絡とも開放ともつかない半端なインピーダンスでは測定困難です。

通常は比例則の成立する出力短絡電流を測ります。この場合、負荷抵抗は充分に低くなければなりません。4.7Ωでは充分に低いとは言えないかもしれません。

従って、入力インピーダンスが充...続きを読む


人気Q&Aランキング