結構、古いオーディオを修理してくれるショップを探しています。
できれば、東京近辺が良いのですが・・
知ってる方、またはショップの方情報ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

物(メーカー)と古さにもよりますが、


(骨董なのか、単に古いだけなのか、倒産メーカーの品なのか
 新品以上にお金を掛けられるのか、動けばよいのか等)
とりあえずお奨めは秋葉原駅前、
電気街側切符売り場横、立ち食い蕎麦屋の正面にエスカレーターの
乗り口がある、ラジオ会館という建物に入っている中古オーディオショップです。
3Fだったか、4Fだったか忘れましたが、
とにかくエスカレーターの終点まで上がって、中の廊下を反対側に
行けばあります。
    • good
    • 0

 レコード・プレイヤーは構造が簡単ですから、フルオートの機構の不具合以外なら自分でやった方が良いのでは?


 針のカートリッヂをそのまま使うなら、シェルの中の色分けした細い線を接続を忘れないように図を書いておく。この差込とピンを抜き、綿棒に接点復活剤を染ませたものや爪楊枝で磨く。図に書いていた通りに接続し直す。シェルの後ろの部分を同じように磨く。アームのシェルとの継ぎ目の中にあるピンを5~7ミリ位の硬い棒(これにも接点復活剤を染ませておく)で擦り、綿棒で拭き取る。
 後ろから出ているプラグピンを綿棒と爪楊枝で磨く。アームの後ろに付いているウェイトをゼロの目盛りに合わせ、そのままウェイトを動かし前後のバランスを取る。ウェイトを廻し、推奨針圧に合わせる。推奨針圧が不明なら2グラム位で取り敢えず合わせておく。大事でないLPレコードをターン・テーブルに載せ、針を落として真横から針のしなりやアームの水平度を確認する。この時は盤は廻さない。不具合があれば針圧を増減したり、アームの高さを調整する。インサイド・フォース・キャンセラーを針圧と同じ目盛りに合わせる。レコード・プレイヤーをラックに納め、ターン・テーブルに水準器を載せ、プレイヤーの足を調整して水平をだす。回転をストロボで見ながら調整する。ストロボ機能が付いてなければ専用の回転盤を買ってくるか、それもなければ自分の記憶で音を聞きながら合わせる。針が溝に乗らず流れる様なら、針圧とインサイド・フォース・キャンセラーを調整する。
 簡単と言いながら結構手が掛りますが、これをやれなければ、いくらショップで修理してもらっても同じです。これが出来れば5万円のプレイヤーでも、出来ない人が調整した100万円のプレイヤーよりずっと良い音がします。

 普段の手入れとしては、まめに針をスタイラスクリーナーで洗浄しておけば、意外に長持ちします。ビデオ・カメラの接眼レンズをジャンクショップで買っておいて、針をこれで覗くといかに針が汚れていて、スタイラスクリーナーで綺麗になるかが分かります。

 レコードはスプレーを吹きつけての洗浄はあまり効果はありませんし、針を痛めます。水洗いが基本です。水道の水を流しながら、ガーゼでやさしく溝に沿って洗ってください。洗剤は表面保護剤を流してしまうので、水だけで洗ってください。これを絞ったガーゼで拭き、センターホールに通る棒を通し、吊るし、陰干しします。大隊これで静電気も飛んでいるのでパチパチ音は消えますが、時々湿(水)式のクリナーで軽くほこりを取る位で良いです。

長くなりましたが、これがアナログを楽しむ基本で、このメンテナンス自体も楽しみです。具体的によく解らなければ雑誌「サウンドパル」1996年6月号を古本屋で探して下さい。
    • good
    • 0

中古ソフトを扱っている『ディスク・ユニオン』というお店のオーディオ店,というのでしょうか セコハンのオーディオを売っているところがあります。

もしかしたら そちらで修理をしてくれるかもしれません 自分が知っているのは神奈川県相模原市淵野辺(ふちのべ)にある店ですが チェーン店なので 他にもお店があると思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナログプレーヤーの修理メンテナンス専門店

アナログレコードプレーヤーの修理/メンテナンス業社や専門店(日本国内)をご存知の方、是非教えてください。

私はTechnics:SL-1200Mk4を愛用しています。現状は大きな不具合は無いです。

所謂メーカーサービスではなくて(この場合はパナソニックテクニカルサービス株式会社ではなくて)、技術的にも社会的にも信用、信頼できるアナログレコードプレーヤーの修理/メンテナンスを引き受けている業社や専門店を探しています。インターネット上の検索結果だけでは自信がなく、実際にそういった業者さんやお店を利用した経験のある方や話を聞いたことがある方などから教えてもらえればと思い、質問しています。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アナログプレーヤ専門というわけではありませんが、
オーディオ機器一般の修理で信頼できるところといえば、
熊本県天草市にある
「有限会社エイブル」というところが、知る人ぞ知るショップです。

都内の大手のオーディオ店でも、よく「エイブルにて修理済み」という
クレジットを入れたヴィンテージ機器が販売されていますが、
ここで修理されたものであれば、まず安心して使えるということの証明だと思います。

私も、東京近辺のヴィンテージ品を扱ういくつかのショップで
修理拒否されたレコードプレーヤを、
最後の頼みとばかりにエイブルに送ったことがありました。
2週間ほどで帰ってきたのですが、
完璧に直っていて、それから約1年半ほど経っても、
相変わらす調子よく回ってくれています。
修理費用は、送料込みで3万円もかかりませんでしたが、
これを高いと見るか安いと見るかは、その人しだいでしょう。

下にエイブルのアドレスを書いておきます。
何かの参考にどうぞ。

参考URL:http://eiburu.world7.biz/

Q古いフルオートのレコードプレーヤーQL-Y66FとSL-MA1

いつも教えて頂きありがとうございます。
レコードプレーヤについて質問させてください。
今、デノンDP-500Mを使っているのですが、ずぼらな性格から手間いらずのフルオートのプレーヤーが気になり始めたので中古でもう一台フルオートを!と考え中です。

そこで質問なのですが、ヤフオクで見るとビクターのQL-Y66Fの人気が高く古い機種ですがそれなりの値段で落札されています。
ネットで調べるとQL-Y66Fはフルオートながら高級アナログプレーヤーに負けないくらいのベストプレーヤーと紹介されていますが、それほどなのでしょうか?お教えください。

もうひとつ同じフルオートでSL-MA1というテクニクスのプレーヤーがかなりの安値で出品されています。
QL-Y66FもSL-MA1もフルオート、ダイレクトドライブ、ストレートアーム、アナログプレーヤーです。
こちらの古いオーディオの名器の紹介するブログにも載っていて
http://knisi2001.web.fc2.com/anarogue5.html
読む限りかなり良さげな感じがします。
テクニクスのアナログプレーヤーは性能が良いと評判を聞き、
またビクターとテクニクスは当時技術提携していてたとの文章も読んだので、ひょっとして性能的には大きな違いがないのかな?と素人考えをしてしまうのですが、、、こちらも教えて頂けると幸いです。

よろしくお願いいたします。

いつも教えて頂きありがとうございます。
レコードプレーヤについて質問させてください。
今、デノンDP-500Mを使っているのですが、ずぼらな性格から手間いらずのフルオートのプレーヤーが気になり始めたので中古でもう一台フルオートを!と考え中です。

そこで質問なのですが、ヤフオクで見るとビクターのQL-Y66Fの人気が高く古い機種ですがそれなりの値段で落札されています。
ネットで調べるとQL-Y66Fはフルオートながら高級アナログプレーヤーに負けないくらいのベストプレーヤーと紹介されていますが、...続きを読む

Aベストアンサー

長文ご容赦ください。

フルオートアナログプレーヤーの問題点は自動機能の故障頻度が高かったことです。
経年劣化によるものが顕著でなので中古品となると動作が怪しい個体が多いです。
アナログプレーヤーはターンテーブル(とモーター)の回転精度、
トーンアームの精度、動きやすさが音質面に重要な部分です。
フルオート機はトーンアームにエレベーション(上下)とスイング(左右)を強制的に動かすため能動的パーツを組み込む必要があります。
そのパーツのせいでアームの動きやすさが抑制されます。
これでは音質が犠牲になってしまいます。
ですのでマニアほどフルオート機を敬遠してきました。
中古市場で高値取引されているのはいずれもマニュアル動作機です。
あるいはアームリフトアップ機能だけが備わったセミオート機になります。
フルオート機は故障持ちが既成事実となっているのです。

さて挙げられた二台ですがいずれも
トーンアームにインサイドフォースキャンセラーやアーム共振抑制、
軸受を(仮想的に)固定する機能を電気的に制御する仕組みが備わっています。
実はこの電気仕掛けがネックです。
新品時ならいざ知らず経年劣化によりその機能が劣化するとまともに機能しなくなるのです。
メーカーとしては万全を期したつもりでもある種の冒険を伴った技術だったのです。
技術育成、躍進のためには止む無しの面がありますが
実験台にされた感のあるマニアやファンは堪ったものではありません。
当時もその動作性、音質劣化などで疑問を呈するマニアは多かったのです。
最終局面では高級機は純機械式トーンアームに回帰していき、
ローコスト機のみにフルオート機能が残りました。
音質を取るか便利さを取るかで二極化した後に事実上終焉しました。

QL-Y66FもSL-MA1もフルオートとしての高級機を目指しメーカーの威信をかけた力作でした。
しかしながら前述のごとく未熟な電気仕掛けのせいで未完成のままだった感は否めません。
それから二十年以上経過した現代において使用に耐えうる物なのか大変に疑問があります。
ネット上での評判が高いからといっても後付けの美辞麗句でセールストークの可能性大です。
テクニクスも一部の業務用、セミプロ用は定評がありますがそれ以外はイマイチです。
上位機種で定評があるから下位機種でもとはいかない面があります。

音質は多少犠牲になってもよいからフルオート機が欲しいとの希望かもしれませんが
故障持ちの可能性が極めて高く気持ちよく音楽を楽しめる機体でなくなっている可能性は大きいです。
中古となると故障は付いて回ります。

結論ですが
そのどちらを入手されてもバクチに等しいので手を出さないほうが良いでしょう。

長文ご容赦ください。

フルオートアナログプレーヤーの問題点は自動機能の故障頻度が高かったことです。
経年劣化によるものが顕著でなので中古品となると動作が怪しい個体が多いです。
アナログプレーヤーはターンテーブル(とモーター)の回転精度、
トーンアームの精度、動きやすさが音質面に重要な部分です。
フルオート機はトーンアームにエレベーション(上下)とスイング(左右)を強制的に動かすため能動的パーツを組み込む必要があります。
そのパーツのせいでアームの動きやすさが抑制されます...続きを読む

Qレコードプレーヤーの回転数が狂っていて困っています

先日古いレコードプレーヤーをいただいたのですが、動作等に問題はないのですが、回転数が遅くなっていて、きちんと回ってくれません。ベルトドライブ式の物なのですが、どうしたら回転数をあわせられるのでしょうか?ちなみにプレーヤーは東芝のSR-80です。回転数を微調整できる機能がついていないので詳しい方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベルトドライブの場合ベルトが延びてしまうと回転も遅く不安定になります。
この場合新しいベルトに取り替える以外に方法は有りません。
機種に関しては詳しくないのですが、古いと言うことなので入手は困難か、不可能でしょう。
私が昔使っていた時は1~2年に一度取換えてましたし、必ず予備を準備していました。
ベルトの新品が手に入らなければ、きちんとした回転数にすることは難しいと思います。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Qレコードプレーヤーから音が出ないのですが・・・

古いレコードプレーヤーですが、切れたゴムバンドも取り換え、針も買い替えたのですが、
AVケーブルで繋いだアンプ(古いAVコンポのphone端子経由)からどうしても音が出ません。
どうしてでしょう?教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして♪

アナログレコードの演奏は、全てが重要ですが、特に針周辺が重要です。

溝に刻まれた小さな振動を正しくなぞり、その振動で発電してケーブルへ信号を送っています。

針が取り付けられた発電部(カートリッジ、とかピックアップ等と言います)から細い線でアーム内を通り後ろの信号ケーブルへ繋がっています。

針先が正しく振動を捉えて、発電部に正しく伝達しているか? 発電機構は正常か? ここまでがカーtリッジと呼ばれる部分です。
その後、パイプ状のトーンアーム内の電線に接続する部分も確認しなくてはいけません。

正しく振動を捉える(トレース)為には、針先に掛かる圧力(一般的には針圧と言います)が重要です。 交換したとき、必ず板面に触れる寸前のゼロバランスを確認してから適正針圧に成るように調整しますね。
(このあたりは、大丈夫ですよね、失礼しました。)


どこかで接触不良、、、でも、全く音が出ないって、かなり珍しいケースです。
この症状から、コンポのフォノ入力アンプが動作していない等も疑ってみたくなります。
フォの入力に一般的なピンケーブルを接続し、ボリュームは控えめでピンのセンターに指を触れてみて、びーとかぶーって音が出るのが正常です。これすら音が出なければコンポのアンプ側に問題が有ると考えて良いかと思います。
(ボリュームを上げ過ぎますと、すぴーかーやアンプのパワー段、聴いた人の耳に障害が出る可能性もありますので、実験する時は注意してくださいね~。)

はじめまして♪

アナログレコードの演奏は、全てが重要ですが、特に針周辺が重要です。

溝に刻まれた小さな振動を正しくなぞり、その振動で発電してケーブルへ信号を送っています。

針が取り付けられた発電部(カートリッジ、とかピックアップ等と言います)から細い線でアーム内を通り後ろの信号ケーブルへ繋がっています。

針先が正しく振動を捉えて、発電部に正しく伝達しているか? 発電機構は正常か? ここまでがカーtリッジと呼ばれる部分です。
その後、パイプ状のトーンアーム内の電線に接続する部分...続きを読む

Qレコードプレイヤー(ターンテーブル)修理費用どれくらい?

レコードプレイヤー(テクニクス1200MK2)再生時に、曲がカッセットテープがのびた時と同じ様な現象になってしまいます(曲のスピードが間延びした様に聴こえる)。しかしピッチコントロール自体の問題では無い様なので、考えられる原因として、今迄かなりの枚数のレコードをターンテーブルの上に乗せたままクリーナーで強くこすりつけたせいで、中のベルトが悪くなった?と、思ってるのですが。

修理に出したいのですが、その前に、修理するなら費用がどの位かかりそうか、何処が悪いのか、等。

どなたか詳しい事、似たような事でも結構ですので、お知りの方いましたら、是非お教えお願い致します。

Aベストアンサー

SL1200はダイレクトドライブです。
あの重量のターンテーブルですので、ワウフラッターも考えられないと思います。
ストロボは静止しますか?
もし、ピッチコントロールの不調でも、おっしゃるような現象ではないと、思います。
一度、カートリッジを交換してみて下さい。
私の1200は、長期間使わないと、ストロボがあんていしませんが、大変ゆっくり流れるぐらいで実害はないし、
コントロールボリュームをおおきく左右に回すと大抵良くなります。
ボリュウム不良ですが部品が有りません。
また、1200と同時期に購入したテクニクスのアンプは5―6年前にパーツが無くて廃棄処分しました。

Qトーレンス TD 125 のメンテナンス(オイル注入)について

こんにちは。
Thorens TD 125 MK II の正しいスピンドルオイルの注入法を教えてください。
取扱説明書には具体的にどうすればよいのか細かく書いていないようですし、いろいろなサイトを探してみたのですが探し方が悪いようでなかなかみつける事が出来ませんでした。(TD 124の記事は何度か目にしたのですが・・・。)
ちなみに、オイルはプレーヤー購入後(数十年間)一度も注入していません。

また、海外のサイトを見ると「ベアリングオイル」という文字を目にしますが、これはスピンドルに注入するオイルと同じものでしょうか?

回答またはアドバイス、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

Aベストアンサー

ANo.3の者です。

注油後、インナープラッターを軸受けに戻す際の注意点を忘れていました。
大切な事ですので、追加で投稿しておきます。

インナープラッターのスピンドルシャフトに適量のオイルを塗布した後、
スピンドルシャフトを軸受けに対し、真っ直ぐ丁寧に戻します。

このとき、インナープラッターが完全に沈みこむまでに時間が掛かる事があります。
そんなときは、慌てて無理やり押し込む事などせず、しばらく様子を見てください。
インナープラッターの自重により、ゆっくり沈みこんでゆくはずです。
気になるようであれば、センタースピンドルを摘み、ゆっくり軽く 少しだけ回して見てもよいでしょう。
但し、勢いをつけてグルグル回してしまうと、精度の高いスピンドルシャフトに
傷をつけてしまいますので、お気を付けください。のんびり構えるのが一番よいと思います。

インナープラッターが沈みこんだら、ドライブベルトを定位置取り付け、
アウタープラッターを取り付けてください。

Qフォノ入力からのノイズ

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。
(音を出した場合は当然歪んでしまいますが。)
レコードプレイヤーをCD、ないしはライン入力の場合、ボリュームのみの操作でも
ノイズは出ません。(音を出した場合は当然音は小さい音で鳴りますが。)
ちなみにレコードプレイヤーは電源、アームのインナー、
音声のケーブル類を交換してあります。
どのような事がノイズ発生の原因として考えられるでしょうか?
やはりアンプの経年変化による劣化が原因でしょうか?
宜しくご回答のほどお願いします。

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーを...続きを読む

Aベストアンサー

プレーヤーをメンテナンスされたことと挙げられた症状から以下の点が疑われます。

・音声ケーブルの+線か-線のどちらかがトーンアームに接触している

・アース線がトーンアームとの接触が不十分

・音声ケーブルとアース線が接触している

ケーブル類を交換されたとのことから端末処理やはんだ付けの不備が考えられます。
そのためにプレーヤー側でハムノイズを誘引しているのでしょう。
そう考える要因が
「CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。」
からです。
アンプ側の経年劣化であれば何を繋いでもノイズは出るはずです。

プレーヤーの音声ケーブル、トーンアーム内部コードそれぞれを今一度チェックしてみてください。
たった一本の素線がはみ出していたのが原因だったりします。

Qアナログレコード カートリッジシェルの配線

カートリッジには赤、白、緑、青の色分けが施されていますが、シェル側にはそれが有りません。
多分、共通の端子構成になっているのだと思いますが、間違いでしょうか?
間違いでない場合、その位置はどの様な指定になっているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

NO.2ですが1番さんの写真をひっくり返した状態での説明です。JIS、EIAで決められている様です。
そのためシェルはメーカー違いのアームにも取り付け可能です。(一部専用シェルも有りますが)。
偶にオーバーハングが取れない場合が有りますがその時はアームベースを動かす機構があるアームでないと無理ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報