『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

以前からベースでスラップ奏法を練習していて気になることが出てきたので質問します。

まず教則本を何冊か購入し、一通りのやり方はできるようになりました。
僕のやり方は主に、レッチリのフリースタイル(親指が下向き)を少し変えて
弦に対して親指が垂直より若干斜めになっている感じでやっています。
他にも本に書いてあった親指が弦に対して平行で振り抜くものと跳ね返るものも、きちんと練習しています。

最近気がついたのですがフリースタイルのようなやり方でやる時、
僕は右手の掌の小指側の側面辺り(説明が下手ですみません)を
スラップするときに弦に触れているのですが、これは直した方がいいのしょうか?

分かりにくいと思うのですが、例えばサムピングした後プルをする時、サムピングした音はミュートしますよね?
その時に、僕は上記のように右手側面を弦に軽く触れる事でもミュートしています。
他にも3弦をサムピングする時は、4弦に右手を軽く触れていて、2弦のサムピング時は同様に右手で3、4弦に軽く触れる感じです。

ミュートした方がいいと思って自分なりに工夫していたら、無意識的にこういうやりかたでやっていたようなんです。
左手のみでミュートしようとすると、出来ているように聞こえますが、わずかにハーモニクスがなったりよく聞くと共振してしたり、なかなかミュートが上手くいきません。
フレーズによっては左手だけではミュートがうまくできない場合もあると思うのですが…。
それとも単純に僕が下手なだけで、これも練習してできるようにするのがスラップなんでしょうか?

肘ごと動かすとか、手首ごとぶつけている感じではなく、手首の回転を意識していますが
教則本や動画を見て自分なりにやっているので、これで合っているのか分かりません。
サムピングも人によって親指のどの辺りを当てるか言っている事が違うのでよく分かりません。
(本には親指の指先でやるといいと書いてあり、別の本や動画では親指の第一関節の辺りでやると言っていました。)

僕はベースを弾くことにおいて(ベースに限ったことではないと思いますが)
ミュートがすごく大事だと思っています。
しかし自分なりに工夫していた事が間違っていたとしたら直したいです。
これは間違ったやり方なんでしょうか?どなたか教えてください。

また今回の質問とは直接関係ないですが、僕はピック弾きの際にも高音弦を弾く時に
低音弦を右手でも軽く触れる事でミュートしているのですが、これもよくないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

頼りない回答になりますが参考程度で書きます。



スラップに関してはやりやすいフォームが1番だと思います。
好きなベーシスト5人ばかり動画検索すれば人それぞれなのがわかります。
フォーム弦をヒットする場所、指の場所も色々ですね。

私は
(1)サムのアップダウン使うときは爪をピックのようにして指板上で親指だけ動かす。
(2)ゆったりとしたフレーズの時は間接部分でヒット、手首を使う。
無意識に使い分けてます。
右手のミュートは(1)の場合に自然とそうなります。
狙ってるわけじゃないけどなってしまう。
たぶん手のひらの腹の部分を無意識にテコにしてるんだと思いますが。
偶然速いフレーズを弾くときになってるんで上手い具合にミュート効果が出てる。
多少サステインが欲しいときは小指をテコにしてます。
サステインが欲しい場合、太い音が欲しい場合は(2)、肘をテコに。
私の場合、ヒットする場所でかなり音色が違いますから音色、弾きやすさで使い分けてます。
これは体格、手の形で変わりますから教本通りで思った音が出るとは限らない。
ライブを頻繁にする人には見た目も重要な要素ですね。
その辺のバランスを自分なりに考えてください。

以前私がレッスンを受けた人は某有名黒人ベーシストの指導を受けていて、
その時の話をずいぶん聞きました。
左手の使い方はクラシックの弦楽器の教本も役に立つ。
(私はウッドベースもやったんでチェロ教本の練習を受けた)
それでもエレキベースは新しい楽器だから独自の奏法、フォームもあるから個人で探求。
日本人と外国人の体格は違うから全く同じ奏法が可能とは限らない。
人前で弾くなら見た目も重要、細かいことよりも雰囲気重視の場面もある。
などなど。

教本に書いてあることは一般論であって万能ではない。
逆にフリーは偉大なベーシストだけど万能ではない。
フリーの豪腕は簡単には真似できません。
それでも目指したいならムチムチの体にするか、別のところで工夫するか。
それが演奏者の個性にもなるでしょう。

音楽は自分の目指す音が出せるかどうかが面白いところで「正しい」「正しくない」は2の次では?
自分が満足できればOK、できなければ改良、もしくは違うアプローチ。
ミュートの意識がしっかりしてるようですから立派ですよ。

偉大なミュージシャンは真似ができないから偉大なんですよね。
真似できるところをいいとこ取りして自分らしい演奏すればいいんじゃないでしょうか。
「正しい」=楽しい、楽しませる演奏ではない。
と、私は思います。

ちなみに私は「見た目度外視」「完コピにこだわらない」派の人間です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
僕はうまくなりたい、と思うあまりに完璧にやろうとしてしまいがちです。

今回質問したのも教則本に書いてあったからなのですが、回答を見てとても納得できました。
どうしても正しいとか間違っているとかを考えてしまっていましたが、
自分のやりやすいように自分なりのやり方でこれからも頑張っていきます。

お礼日時:2010/11/19 17:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスラップ演奏でのミュートについて

こんにちは、僕は1年ほど前からベースを弾いてます。4ヶ月ほど前からすラップの練習をしています。「ビーン」という音が何とか出せるようになってきたのですが、左手(ネック側)の指の押さえ方が間違っているのか、ミュートが上手くできず、たまに違う弦の音がなってしまいます。
スラップ演奏においてのミュートのやり方でのコツなどがあれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本来スラップ奏法は荒々しさが持ち味ですし、ゴーストノートをフレーズに盛り込むことで、結果的にミュート自体の必要性が減る場合がかなりあります。
サムピングすることで、直接は叩いていない弦が、叩いた弦と共鳴してしまうのはある程度は仕方がないので、上記ゴーストノートの利用で、共鳴が気にならなくて済むようなフレージングを考えてみましょう。
最も単純な例として、実音とゴーストノートを16部音符で交互に繰り出す、と言うのがあります。E弦をサムピングしたら、左手の状態は通常通りのまま、左手の人差し指から小指までの4本全部で、全ての弦を叩きます。これを繰り返せば実音(サムピング)とゴーストノートを交互にプレイできます。E弦上のどこかのフレットを左手人差し指で押さえる場合は、残る3本指で残った弦をまとめて叩きます。このゴーストノートが実音と同程度の音量でしっかり出るように練習してください。そして、実音とスムーズに交互に出来るように、タパタパと叩く練習をします。
このゴーストノートが、結果的に強制的なミュート(そもそも余計な音を鳴らさないようにするのではなく、鳴ってしまった音を強制的に停める)になるので、特にどの弦でも、開放弦を使うことで余計な弦も共鳴してしまった際に、このゴーストノートでミュートすることで、ミュート自体をフレーズに取り込んでしまう、と言うことになります。

他方、バラード系の曲で、そういったゴーストノートを使いたくないし、余計な弦をそもそも共鳴させたくない、と言う場合もあるでしょう。
この場合は、左手のフォームを考えてみてください。例えば、人差し指ないし中指でE弦の3フレットを押さえて、E弦をサムピングする場合、薬指ないし小指はネックの下から指版上に出ているので、結果的に残り3本の弦は薬指と小指で自然にミュート出来てるはずですよね? すると、A弦より高い弦をサムピングするときに、E弦などの低音弦が共鳴する問題さえクリアできれば、なんとかなりますよね? この方法を考えてみましょう。

4弦ベースの場合、特にE弦のミュートのためには左手親指でネックを握り込むようにして対応する、と言うのが、ラリー・グラハムなどにも見られる、恐らくは「正統派」の対処法です。ただ、多弦ベースはネックの幅が広いので物理的にこの方法は適用しづらいですし、本来左手親指はネックの裏におくものですから、このミュート法の習得はかなり大変です(当方には出来ません)。

そこで、当方が個人的に行っている方法(一般に使われているかどうかは分かりません(^_^;)をご紹介しておきます。

それは、右手親指の付け根を最初から低音弦、特に多弦ベースの場合はB弦に接触させておいた状態で、E弦をサムピングする、と言うものです。A弦をサムピングしたい場合は、B弦とE弦に、右手親指付け根を接触させておくことになります。

よって、高音弦のミュートは左手で、低音弦のミュートは右手親指で、それぞれ行うことになります。

ただし、右手親指でサムビングする際の右手角度によっては、右手親指の付け根を使った低音弦のミュートがしづらい場合もあるかと思います。特に、親指を弦に対して立てた状態でサムピングしている場合は、この方法は合わないかもしれません。この場合は、低音弦のミュートも左手でなんとかすることになるでしょう。

人によって違うかも知れませんが、オクターブ・フォームは、恐らく左手人差し指でルートを、小指でオクターブを押さえる場合が多いかと思われます。この場合、中指で低音弦をミュートするのが効率的かと思われます。ただし、これも多弦ベースの場合は限界があります。E弦上のどこかのフレットをルートとして、上記フォームで抑えた場合は、中指でB弦のミュートが可能ですが、A現状にルートがある場合は、E弦はミュートできてもB弦はできませんよね?

ご自分がお使いのベースと、ご自分が採用しているフォームの状況に合わせて、色々工夫してみて頂ければ(^_^; とりあえず、ご参考まで。

本来スラップ奏法は荒々しさが持ち味ですし、ゴーストノートをフレーズに盛り込むことで、結果的にミュート自体の必要性が減る場合がかなりあります。
サムピングすることで、直接は叩いていない弦が、叩いた弦と共鳴してしまうのはある程度は仕方がないので、上記ゴーストノートの利用で、共鳴が気にならなくて済むようなフレージングを考えてみましょう。
最も単純な例として、実音とゴーストノートを16部音符で交互に繰り出す、と言うのがあります。E弦をサムピングしたら、左手の状態は通常通りのまま、左手...続きを読む

Qベースの指弾きにアドバイス下さい。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じとか、指は伸ばしたままでとかも教えてもらえると嬉しいです。


2.指弾きで曲を弾いた場合、早い曲になると最初の方はいいのですが、途中から筋トレした時の感覚と一緒で乳酸が溜まるのか、重くだるい感覚になり指弾きの早さも下がってきます。
こういうのは弾き続けて解消するしかないのでしょうか?


3.また体験程度でレッスンに通った事があるのですが、そこの先生は「おもいっきり弦を指で弾け!じゃないとベース本来の音が出無い!」と言ってました。
がそんな力ずくじゃ指弾きの音もリズムも安定しないです。本当に思いきりの方がいいと思いますか?


3はちょっと気になったので一緒に質問してみたのですが、普段から指だけで弾いてる方や、こういう意識を練習中にしたら早くなったという人が居たら是非教えてください。

基本的に指弾きで演奏するはゆったりとした曲が多かったのですが、地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズという本を見てから、指弾きの早さが欲しいと思いました。

実際どのくらいのBPMの16分くらいが限界とかは自分でも測った事がないのですが、まずこの教本のテンポには届いてないです。


そこで質問なんですが。
1.どうすれば指が早くなりますか?
ちょっとずつ吊り上げて、とかそういう初歩じゃなく、指の筋肉をどう意識してるのかを教えて欲しいです。あと、指を曲げてくるくると掻くような感じと...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、あるいは
右手の感覚としては第二間接から先を動かすように意識すると早く動かすことができます。

また、右手自体は軽く小指側に手首を折って弾きます。
これは、中指と人差指の長さの差を手首を折ることで吸収してやるのです。
右手の中指と人差指が弦に対して直角になるように構えると中指は曲げながら
弾き、人差指は伸ばして弾くことになります。
これですと、いわゆる「ツブ」が揃わないし、中指と人差指の力の入れ方が
異なるため、同じような力・感覚(タッチ)で弾けないためです。


<質問2> 早い曲は途中から重くだるい感覚になる

これは、おそらく右手・右腕(前腕部)に力を入れて弾いているため、
疲れてくるためです。

ベースの右手の極意は「力を入れずに力強く弾く」ことです。
矛盾していることを言っているようですが、兎にも角にも「力を入れない(抜く)」
ことができるかどうかが肝心です。

右手(腕)に力を入れずに力強く弾くためには、まず、右腕(前腕部)を
鍛えなければなりません。
私はこの年になっても、寝る前に両手でグーパーを100回やって寝ます。
前腕部が疲れてだるくなる感覚ですが、これを毎晩やります。
すると少しずつ、前腕部の力がついてくるので、自分では力を入れて弾いて
いるつもりがなくても、実際は力強く弦を弾いているのです。
私も自宅で土・日は3~4時間くらい練習しますが、右手はまったく疲れません。

弦は一定以上の振動がないと良い音がしません。
良い音が必要な力が「5」だとすると、「3」の力でしか弾けない人は、
いつも多くの力を入れながら弾かなければなりません。
逆に、「7」とか「8」の力がある人は、力を抜いて「5」で弾くことが
できるので、疲れ知らずで良い音で弾けるのです。

それから、ベースを構える位置も関係しているかもしれません。
右手の位置が高すぎるか、低すぎると余計な力が必要になるため、早い曲だと
ついて行けなくなるのかもしれません。

右手の構え方・力の入れ方、弾き方、そして、ベースの構え方で一番綺麗で
すばらしいのは、やはり、故・ジャコ パストリアスですね。
YOUTUBEでたくさん見ることができますので、参考にしてください。

<質問3> 思いっきり弦を弾け!

これは、体験教室での話しですので、まったくのベース初心者への指導だと
思った方がよろしいと思います。

私も多くの方にベースを教えてきましたが、まったく初めてベースを
弾く方は、右手(指)で上へ弱々しく引っ掻くように弦をはじきます。
ものすごく弱く、音にもならない程度のものです。

私が先生だったとしたら、やはり「もっと力を入れて、思いっきり弾いて」と
言うでしょう。

質問2でも申し上げた通り、右手(腕)は鍛えて一定の力を出せるように
する必要があると思います。
鍛えると言っても、筋肉隆々の必要はなく、ベースギターで良い音が
出せるレベルの鍛え方で十分です。


何事もそうですが、上級者ほど、経験者ほど、余計な力を入れずに
すごいことをやりますよね。
何回も何回も何回も練習すると、どこで力を入れて、どこで力を抜くかが
少しずつ分かってきます。

大丈夫です。 これからも頑張ってください。

お役に立ったでしょうか? 長文失礼しました。
楽しいBass Lifeを!

こんばんは。 ベース暦:40年、53歳の男性です。
(私の経歴は、プロフィールを参照してください)

私も9割は指弾き(2フィンガー)です。
私の経験を踏まえて、お答えしたいと思います。


<質問1> どうすれば、指が早くなるか?

右手の人差指と中指で弾く2フィンガーのことでよろしいかと思います。
右手の意識としては、
(1)腕(前腕部=手首から肘まで)には殆ど力を入れない。
(2)指は第二関節から先を動かすイメージ

(2)は、実際は指の根本から動いてしまいますが、頭の中のイメージ、...続きを読む

Qベースが立つと弾けなくなります…

中3の女子です。

文化祭があと数ヶ月で開催されます。
そこで有志ステージというのがあるので
バンドを組んで皆で出ようという事になり
あたしは唯一ベースが家にあったのでベース担当になりました。
父さんもギター・ベース共に何十年もやっているので教えてくれっていつも言ってるのですが、仕事が疲れてる様なのでいつも後回しにされます…

なので独学なんですが、一曲最近弾ける様になりました。
所が…
父さんがベースストラップを買ってくれました。
なので早速つけて、いつも座って弾いてたので。立って練習してみました…
しかし座ってる時より全然弾けません。
一ヶ月間練習してみましたが、一ヶ月前と全然変わりません。
手がうごかないし、腕をつるし…
この調子じゃ間に合わないと思ってとても焦ってます。
どうやったらきちんと立ってベースが弾ける様になるでしょうか?
やっぱりひたすら練習するしか無いんでしょうか…
誰か助けてください!

ちなみにピックで弾いてます
ベースの種類はフェンダーのプレシジョンベース 4弦です。

Aベストアンサー

立って弾く際ベースは女子には少し重く感じるでしょうね^^;
僕も少し前にベースを弾き始めたのですが、最初の数ヶ月くらいはなかなか慣れないと思います。
僕も立って弾くのに慣れたのは2ヶ月くらい掛かりましたから・・・
はっきりいって練習しかないと僕は思います。
それか他の回答者様も答えてるように、位置を変えてみればどうでしょうか?
スラップや指弾きの方なら位置も高めでいいので楽なのですが、ピック弾きはある程度低い位置にないと難しいですからね。
練習するときに色々と位置を変えてみて下さい。
そうすればその内慣れるでしょうし、あまり辛くない位置も見つかるかも知れませんので。

少し早いですが、文化祭のバンド演奏頑張って下さいね!
同じベース弾きとして応援しています。

Q左手を使ったミュート奏法が分かりません(ベース)

こんにちは。

ミュート奏法を練習しているのですが(ミュート奏法自体は以前からやっていました。方法は、左手で押弦した指よりブリッジ側の指を軽く弦に触れてやり、倍音を減らす方法と、右手側面をブリッジ側に置いて親指(ひとさし指も混ぜる)で弾く方法。上下移動が少ないときは、右手小指をブリッジ付近において2フィンガーをする。という方法でやってきました)、

「左手を押弦し、音を出した直後に指を浮かせ、ミュートさせる。」

という方法が雑誌に載っていました。弾かない弦の共振を抑えるためにやる、ということではありません。おそらく、ロッコ・プレスティアがやっている方法だと思うのですが、何回やっても倍音が抑えられず、フレットに当たって弦がビビるか、ハーモニクスが出てしまします。

この奏法が出来る方、ご教授願います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の方の補足になりますが。

例えば小指で弦を押さえて音を出したとしたら、浮かせてミュートで弾く時は
小指だけでミュートするのではなく、残りの指も軽く触れて弦の振動を押さえます。
人差し指で弾いた場合もミュートは他の指も一緒に触れてます。
弦を押さえる指とミュートする指が一緒に動くイメージで、弦を押さえた時と離した時の動きが大きくならないように練習するといいと思います。
まあ、ロッコのあの弾き方です^^

Qベースが上手くなる方法教えてください

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんです

やっぱり基礎が本当に出来てなくて
というよりも基礎力をつけたいけどどうしたら良いかわからないんです。
基礎が出来た上に応用力を付けて、それから「本当にうまい人」と言われるように
なりたいんです。

リズム感や音程、知識などは
小学校からピアノ・金管・吹奏楽で身に付けたので自信はあります
だけどベースのことがよくわからなくて・・・
教本はやっています。
だけど本当にこれでいいのかなって感じです。
詳しくしっかり教えてくれる人はいないし
ベース教室行きたいですけど忙しいしお金ないし・・・
もうベース初めて一年経ちます。
後輩入ってくるので焦ります(; ;)

元々好きなことには負けず嫌いで
同じ学年の女子のベースには絶対負けたくないです
できればその一番上の辺りの男子たちも抜かしたいとか思っています(笑);
その人たちはもうスラップとか出来ちゃってますが
基礎力ちゃんと付けてない気がします。
あとベースがめちゃくちゃ上手い先輩にも少し見て欲しいので・・・


理想高いです、ごめんなさい

どういう練習をしたら少しでもプロレベルに近づけますか??
こういう練習したら上手くなったとか
またベースをやっている人、練習方法を教えていただきたいです。

こんにちは
高校2年生の女子です。

私は高校から憧れてた軽音部に入り
バンドを組み何となくベースを始めました。
今はベースの魅力がわかって?とても大好きです!

janne da arc のka-yuとかを見て
すごくベースを極めたいんですけど、どうやったらうまい人になれますか?
実際他のバンドの一番上手い辺りの男子たちから
「○○(私)めっちゃうまいねー」「なかなかだねこいつ」
とか言われるてんですけど
それはただ曲をコピーして
ミスがないとかリズムがずれてないで弾けてる
ってだけで言われてるだけなんで...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感・タイム感)が正確であること。そして、音程が正確である(音を
外さない)ことです。
その意味では、きちんとコピーもできて間違わずに弾く技量があるようですので、
基本的にOKです。自信を持ってください。


<上手いベースとは…?>
次に、「上手いベース」と言う解釈です。
いろいろな意見があると思いますが、大きく二つに分かれると思われます。
一つは「テクニックが凄い」と言う意味、そして、「ベースとしての役割を完璧に
遂行できる(果せる)」と言う意味です。

楽器をはじめて一定のレベルになると、どうしても「テクニック」に走ります。
ベースギターの場合だと、スラップ、タッピング(ライトハンド奏法)、スリー
フィンガー、ピック弾きのネックアップ奏法、などなどたくさんありますね。
それはそれで良いことだし、頑張る価値もありますが、あまりテクニックの有る無し、
高い低いに捕らわれると、ベースとしての基本的な役割をおろそかにしてしましますので、
注意が必要です。

<ベースの役割>
一方、後者の「ベースとしての役割を完璧に遂行できる」ですが、これは、ギターや
ドラム担当から「おまえのベースだと、いっしょに演奏していて気持ちイイ!」とか、
「やっぱりおまえのベースが一番!」とか、「曲が安定する」とかの評価をもらうこと
であり、これらの評価は「ベースの役割を果たしている」と言うことを意味します。

では、「ベースの役割とは何か?」…、考えたことはありますか?
これも色々な意見があると思いますが、共通して言えるのは、ベースと言う言葉の通り、
「楽曲全体を基礎から支える」ことがベースの役割でしょう。

では、その具体的な内容・意味は?

(1)リズム感・タイム感
  リズム感やタイム感は、一見ドラムが出しているように思いますが、実はベースなのです。
  ベースが走ればドラムも走る。ベースがもたつけばドラムももたつく。
  ドラム担当に「バンドでドラムを叩く時、何の楽器を聴いているか?」を訊いてみて
  ください。
  ドラムがなくてもバンドは成り立ちますが、ドラムがいてもベースがいないバンドは
  スカスカで全くどっちらけのサウンドになり、バンドとして成り立ちません。

(2)グルーブ感
  グルーブとは色々な解釈がありますが、いわゆる「ノリ」とか「うねり感」とかですネ。
  これは、1年程度バンドをやっていれば、だいたいお分かりかと思います。
  細かいことを言うと「前ノリ」や「後ノリ」等を自由に操れるのもベースの特許です。

(3)バンド全体のコードの響き(ボイシング)
  ベースが何の音を弾くかによって、コード(進行上)の聞こえ方が変わります。
  例えば、「C Am7 C Am7」という進行があったとき、C(ド)をずっと弾いていると
  バンド全体としては、ずっとCのコードが続いているように聞こえます。

  あるいは、C(ド) Am7(ラ) C(ド) Am7(ラ)と弾くと バンド全体がC Am C Amと
  弾いているように聞こえるし、ドとラの間にシを入れれば、ド-シ-ラ-シ-ド-シ-ラ
  と言うようにコード全体が流れているように聞こえます。
  つまり、ベースはバンド全体のボイシング(webで調べてネ!)も司ることができるのです。
  
  曲の時間の流れ・刻みを「横軸」、その瞬間瞬間の音の重なり(コード・和音)を縦軸と
 した時、このようにベースは横軸と縦軸の両方に大きな影響を持っているのです。
  ドラムは、横軸(時間の刻み)のみ、ギターやキーボードは縦軸(音の重なり:コード・
 和音)を担当することが主たる役割ですが、ベースは両方に大きな役割があるのです。

  ですから「上手いベース」と言うのは、横軸と縦軸の両方に長けており、前述の通り、
 「正確であること」が求められるのです。


<練習方法>
 では、横軸と縦軸の両方を習得するためにどうするか? 練習方法等をいくつか紹介します。
(偉そうなことを言ってますが、私もまだまだ修行中です。 m(_ _)m )

(1)横軸(時間軸)の練習
 ・リズム感、タイム感、グルーブ感の練習です。
 ・ちょうど、他の方の質問に私が「前ノリ」「ジャスト」「後ノリ」、あるいは「テヌート」
  「スタッカート」について回答をしていますので、参考にしてください。
   http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7409542.html
 ・必ずメトロノーム(リズムボックスでも可)でやることが重要です。

(2)縦軸の練習(コード・和音遍)
 ・実際の練習の前に音楽理論の勉強が必要ですが、小学校の時から勉強されたようですね。
  コード全般の知識はどうでしょうか?
 ・コードには、C,Cm,C7,CM7,Caug,Csus4,Cdimなどなど、たくさんありますが、どういう音の
  構成になっているのか?は理解されていますか?(理解されているならばOKです)
 ・コードや和音が理解できていると、楽曲の中に出てくるコードによってベースは何の音を
  弾いたら効果的なのかを考えることができます。

(3)縦軸の練習(技術遍)
 ・ベースギターの全てのポジション(何弦の何フレット)の音=音階を覚えます。
 ・次に、スケールを覚えます。(例:ペンタトニックなど)
  ベースのスケールはギターほど多くはありません。webで「ベース スケール」などで調べて
  ください。
 ・(2)と(3)が解ってくると、何のコードの時はどこのポジションでどう弾けば良いかが
  解ってきます。

 基本的には、これらの練習を地道にやれば、1年くらいで相当の力がつくはずです。
 最後に貴方へ、ベースを練習するにあたっての「3K・1R」を贈ります。

1.基本(基礎)練習をきちんとやる。
 運指やスケールなどの基本・基礎練習をやる。基本(基礎)は力なり。

2.毎日少しずつやる。
 一日10時間よりも、1日1時間を10日間やった方が身につきます。継続は力なり。

3.色々な曲をコピーしてみる。
 色々な曲を耳コピーして弾いてみる。経験は力なり。

4.音楽理論を勉強する
 スケールやコード、和声などの音楽理論を勉強する。必ず後で役に立ちます。
 理論は「理屈とルール」です。 バレーもサッカーも野球も理屈やルールを知らずに
 やったら、ただのボール遊びと同じです。 理論(理屈)は必須なり。

 以上です。 お役に立ったでしょうか?
 貴方が素晴らしいベースプレイヤーになることを祈っています。
 楽しいBass Lifeを!  超長文失礼しました。 m(_ _)m

はじめまして。 ベース暦:約40年、52歳の男性です。
(細かい経歴は、プロファイルを参照してください)

文面から拝察するに、高校生になって1年間ベースを弾き、その魅力が解りかけて
きた時…。 これから更に精進するには? と言う感じでしょうか?
私もそういう頃がありましたので、私の経験を踏まえて回答してみたいと思います。

<ベースの絶対必要条件>
まず、バンドにおけるベースギターの絶対必要条件は「正確であること」です。
この「正確」と言う言葉には、2つ意味があります。
時間(リズム感...続きを読む

Q連続サムピングのコツは??

私は高校二年生、ベースを始めて三ヶ月近くになります。
最初のベースを購入する際に(自分はまだ弾けなかったので)店員の方に弾いていただいたのですが、その時見たスラップに感動し、現在指弾きと同時にちょくちょくスラップも練習しているのですが、
サムピングをする際、10センチ程指を振り上げてから行えばしっかりとしたアタック音は出せるのですが、それ以上振りをコンパクトにして連続でサムピングをやろうとすると腕に力が入ってしまい、アタック音がしっかり出ない上にぎこちなくなってしまいます・・。
ですので、連続でのサムピングのコツをご存知の方は是非教えてください!!
鍛錬は惜しまないつもりです!どうかよろしく御願いします。

Aベストアンサー

腕を振り下ろしてやろうとせずに,手首の回転でやると良いですよ。
つまり,腕の中心線は動かないで回転だけでやるのです。
もちろんビートを出すために,多少腕も動きますが,回転だけでやれば,非常に早いビートを打てます。
あとは,弦に当てた後の反動を利用します。
スナアドラムのロールと同じような感じです。
ドドっという2発の強いベースを打てます。

ただし,まだ3ヶ月ということなのであせらないで,指引きを完璧に練習したほうが良いかもしれませんが・・・

ただし,サムだけで全部を引くと言うスタイルもありえますので,そういうプレイを目指すのも面白いかも知れませんね。

Qベース初心者に曲のコピーまでの基礎練習はどれくらい必要か

 今度、バンドにベーシストを入れる予定です。
しかし、そのベーシストは全くの初心者でまだベースすら買っていません。今までの音楽暦や楽器歴もなく、ほんとうにズブの初心者なのです。

 当バンドはJPOPのコピーをしているのですが、すぐにコピーから始めてもらうのは難しいでしょうか。やはり基礎練習という事で教則本をやってもらってから曲のコピーに移ったほうがいいでしょうか?また基礎練習が必要ならどれくらい(期間)やってもらえばいいでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

期間的な事ではいえないと思います。

個人差あるし、1日何時間練習するかにもよるし。

個人的には最初からコピーに入ってもいいかと・・・要は楽しむ事が大事ですから。

教則本持っておくと勉強になるので、いいとは思いますけどね。

自分はギターとドラムやってますが、いきなりコピーから始めました。

Qベースを指で演奏している時の、右手の薬指と小指

ベース初心者の右利きの高校生です。

ベースを指で弾く時、僕は薬指と小指を折りたたんで(?)弾いています。

友達や先輩は皆パーみたいな感じで開いたまま演奏しています。


僕がなぜ薬指と小指を折りたたんで弾いているかというと、
教則本のとあるページにあった絵に薬指と小指を折りたたんであったからです。

友達に相談してみると、
スラップするからパーみたいな感じで開いたまま演奏した方がいいかもと言われました。

今から、この癖はなおした方が良いでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まぁ、私もNo.2さんの意見と同じってことになるんですが…

2フィンガー弾きの時に、ある程度ギュっと力を入れて「薬指小指だけグー状態」みたいな、指に無駄な力が入った状態であれば、ちょっと意識して握る力を抜くように、これは急いで訓練した方が良いと思います。そういう無駄な力の入れ方をしていると、遠からず早いフレーズ弾くようになったりしたら、指が付いてこないとか、強い音でしっかり弾けない…なんていう弊害に襲われるのは間違いないので。

しかし、特に力を強く入れているのではなく、それこそ「軽く握り気味に指を畳んでいるだけ」くらいなら、焦って強制するほどの事はないです。

また、スラップするにしても、確かに最近は「パー気味」にする人が増えて流行ってますが、逆に昔の教則本ではスラップは「グー気味で親指人差指だけ伸ばす」が全盛だった事もあります。
まあ、要は、右手指が思い通りに動くなら、なんでも良いと言えば良いんです。無駄な力が無く、指が(その気になれば)楽に素早くような状態が保つてれていれば、無理に直す必要はないです。

ちなみに、私はピックベースが専門ですが、ピックベースはやらない人ほど「グーで弾くもの」と思い込んでる人が多いですけど、私はピックを持つ親指と人差指以外は原則「パー」ですし、ピック使うのが上手い人ほど「パー気味」な人の方が多いくらいです。グーが強すぎると、肘に無駄な力が入るので、逆にピックの動きが悪くなって音も悪くなるんです。

まぁ、私もNo.2さんの意見と同じってことになるんですが…

2フィンガー弾きの時に、ある程度ギュっと力を入れて「薬指小指だけグー状態」みたいな、指に無駄な力が入った状態であれば、ちょっと意識して握る力を抜くように、これは急いで訓練した方が良いと思います。そういう無駄な力の入れ方をしていると、遠からず早いフレーズ弾くようになったりしたら、指が付いてこないとか、強い音でしっかり弾けない…なんていう弊害に襲われるのは間違いないので。

しかし、特に力を強く入れているのではなく、それ...続きを読む

Qベース初心者です。左手の痛みについてご教授下さい(助けて下さい)

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練習していたのも一つの原因でしょうか。

暫く練習を休んでいるため(ベースが弾けなくなる事を想像すると無理は禁物だと悟りました)、腕が痛むことはありません。今のところ腱鞘炎の気はなさそうです。

ですが、相変わらず指を曲げると指先に痛みが生じます。
(単なる筋肉痛で済んで欲しいです。)

楽器の経験は今まで全くなく、ベースが初めて触った楽器になります。
長く続けて行きたい趣味と考えていただけに、いきなり出鼻を挫かれた感じです。


私と同じような経験をされた方はいますでしょうか。
また、この質問を見て下さった方々は、痛みとどう向き合って楽器に取り組まれたのでしょうか。

長文失礼致しました。
宜しければ皆様のお力をお貸し願えないでしょうか。

ベースを始めて間もない者です。
練習は毎日続けているのですが、まだまだ指が開かず上手く押弦出来ない状況です。
そこで、各指の間に拳を挟んで広げるといった半ば強引なストレッチを日々行っていました。

しかしながら、最近指を曲げると、左手の甲から指先に掛けて小指、薬指、中指に痛みが生じるようになってしまいました。特に各々第2関節が痛みます。
まだ十分に慣れていないタイミングで無理矢理ストレッチを行ったのが原因なのでしょうか。。。あるいは、慣れないフォームで同じフレーズばかり練...続きを読む

Aベストアンサー

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に」の部分も???です。私は手が大きい方ではありませんが、親指の第一関節よりやや上(指先方向)でネックの中心に置いて5弦ベースの5弦が届くので、何故「親指をネックの中心よりやや下に」となっているのか理解できません。やってみればわかると思いますが、「親指をネックの中心よりやや下に」すると安定感に欠け弾きに難くなります。

教則本もいろいろありますので、まずは楽器店でいくつかのものを見て参考にしてみるのがいいと思います。少なくとも、私であれば質問者様の使っている教則本は他人には薦められないですね。

私は、教則本に出ているように4つの指をフレットごとに正しくおいて弾くことはできません。通常の演奏において大切なことは、バンドのグルーブ感が出せるかどうかなので、一番いい音(グルーブ感の出しやすい音)が出る運指であればその方がいいので、常にグルーブ感の出しやすいポジションに移動させできるだけ最良の音の出せる指を使用するようにしています。ただし、ベースソロの速い不レースなどでは、4つの指をフレットに乗せて均等に弾くことが必要なので、スケール練習はおろそかにしては行けません。

とにかく痛くならない範囲で練習して、痛みがでたらベースはお休みでリズムトレーニングをしてください。グルーブ感を出すには、まずリズムがしっかりしている必要がありますから。

No.8でkenta58e2さんが適確な意見を述べてますので、あまり補足する必要はないので、ちょっとだけ。

「4弦など、低音弦を弾くときは親指をネックの中心よりやや下に、手首を直角に近い角度まで曲げる」って、マジかよ?って感じですね。手首を直角に近い角度まで曲げたら、普通の人は指が自由に動かせないんじゃないでしょうか。その教則本の著者はよほど手首が柔軟な人なんでしょうね。私の場合は今みてみたら45度位ですよ。手首を曲げる角度は指が自由に動く範囲で十分だとと思います。

「低音弦を弾く...続きを読む

Qwarwick thum bassはどうですか?

高校生の娘がベースを始めたいと言ってます。
音楽的には「uverworld」、「凛として時雨」みたいな音楽(私にはよくわかりません)をやりたいらしいのです。
本人はギターは多少弾けるのですがベースはど素人です。
warwick thumb bass(ワーウィック サム ベース)の中古(8万円程度)を買いたいと言ってるのですがどんなものでしょうか?
私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。
漠然とした質問で申し訳ありませんが音楽との適性、弾きやすさなどご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3を最初に思い出しますが、何れにしろオヤジ趣味ですねぇ、お互い。
 さてワーウィックですが・・・ベースはギターよりずっと早く大きな進化を遂げました。アレムビック登場以来(40代なら、アレムビックは御存知ですよね?)、それまで楽器にあまり使われなかったエキゾチックウッド(ブビンガとかオバンコールとか)の複合ボディとスルーネックという、まさに『イマ風』ベースのハイエンド機種です。

>音楽との適性、弾きやすさなど・・・

※音楽の適正ということですが。
 確か「uverworld」のベースはワーウィックの5弦(Streamer Stageというモデルだと思います)ではなかったか?と。なるほどそれでワーウィックか・・・
 ワーウィックの具体的な音は、勿論「uverworld」でよいのですが、ワタシらの世代でワーウィックと言うとまずT.M.スティーブンスの『T.M.’S Weapon』を思い出します。T.M.こそ世界最高の『ワーウィック使い』ではないか?と。ワーウィックは彼の超ワイドな音楽ジャンルに適した、守備範囲の広いベースと言えるでしょう。

※弾き易さ、に関して。
 ネックは比較的スリムですが、弦ピッチがフェンダ系よりやや狭く、フェンダ系に慣れていると特殊な感じがします。手が小さい、というか指が細いとか指が短いヒトは、右手は弾き易いと感じるかもしれませんが・・・イモ虫の様な指のワタシには、正直なところ演奏性はイマイチに感じます。(指弾きを常に考慮しなければならないベースで、何故こんなに弦ピッチが狭いんだろ?と不思議に思うほどの違いがあります。)
 スケールは・・・サムベースだと34インチですね。いわゆるフェンダ系のレギュラースケールで、ジャズベやプレベと同じです。
 エレクトリックベースとしてはフレットの間隔が広い方で、手が小さいヒトにはちょっとキツいかも知れませんが、ただベースの場合、スケールはトーンに対してギター以上に寄与度が高いので、弾き易さだけでスケールを選ばない方がよろしいかと。(つまりは『どんなトーンを望んでいるか?』で決めるべき、という話です。)

※ネックが弱い、という話はあちこちで耳にしますが、ワタシが今までに弾いた事があるThumb bass3本は、どれもネックの狂いはありませんでした。
 ネックが弱いというより、ネックの狂いのバラつきが大きいということなのかもしれません。

※さて問題はその価格。
 サムベースで¥8万は安過ぎです。何かあるのは明らかな値段と言えそうです。
 例えば・・・サムベースはスルーネックで、ネックにクラックや折損が発生してもネック交換は出来ず、折損部を接着するしかありません。ちゃんとしたリペアマンがキッチリ修理していれば、トーン上も機能上も折れる前と遜色なく使用出来ますが、そういう事故品は当然価格が下がります。そういうモノなら¥8万も十分有り得ます。
 っというワケで、現物をよく観察してみてください。価格相応の部分が納得出来ればそれまでですが、どうしても納得出来なければ購入されない方がよろしいかと。後々イヤになり、段々ベースに触らなくなってしまいます。

 御質問者様とは同世代(と言っても50に近い『アラフィフ』ですが)のおっさんです。
 ガールズバンドなら、今は3トーンサンバーストに霜降りピックガードのジャズベがブームの様ですが、ファイーストチョイスでワーウィックとは。

>私は40代ですのでジャズベとかミュージックマンしか知らず、恥ずかしながらwarwickなどというメーカーも知りませんでした。

 もしかしてスティングレイ・ベース?いやそりゃ、いくら40代でも古過ぎですな。もっとも、ワタシはエレクトリックベースというとEB-0とかEB-3...続きを読む


人気Q&Aランキング