『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

落語の大工調べで棟梁がきる啖呵の中に
カブっかじり
がありますが、そのカブの字は
本あるいは人によって、
蕪 と 株 に分かれているのですが
どちらがあっているのでしょうか?

それぞれ、どういう意味でカブなんでしょうね?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「株(かぶ)」とは、権利、免許等の意味です。


(薬を売る許可を受けていれば「薬株」というものを与えられます。
 同業者組合を「株仲間」といいます。)

「株っかぶり」とは、(実際にはその許可・免許・実力)がないのに
そういうことをして、知ったかぶりをすることいいます。

ただし、『大工調べ』では、後に「焼き芋の品質」についても
啖呵をきっていますので、「野菜つながり」という地口が隠されているもの
と思われます。
(焼き芋をかじって腹をこわして-カブをかじっていい気になって)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

株のほうかなあ、とは思っていましたが
ちゃーーんと意味があったのですね。

知らないまま聴いていたら、勝手な解釈をしていたでしょう。
(貧乏な人は茎=株をかじるからくらいな解釈)
詳しく教えていただいたおかげで、
わたしが 株っかじりにならずにすみました。

大工調べバージョンについてまで解説していただきまして
重ねて御礼申し上げます。

お礼日時:2010/12/27 12:53

講談社学術文庫『江戸語の辞典』にはこう書いていました。

ご参考まで。

かぶっかじり【株っ齧】
他人の特権・特質の一端をかじりとる者。転じて猿真似をするやつ。まがいもの。にせもの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

株のほうかなあ、とは思っていましたが
ちゃーーんと意味があったのですね。

知らないまま聴いていたら、勝手な解釈をしていたでしょう。
(貧乏な人は茎=株をかじるからくらいな解釈)
詳しく教えていただいたおかげで、
わたしが 株っかじりにならずにすみました。

お礼日時:2010/12/27 12:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落語「かわり目」のさげ(落ち)の意味

桂米朝の噺を書き起こした本(桂米朝コレクション)で
「かわり目」を読んだのですが、さげの部分の

うどん屋「今時分行たら、ちょうど銚子のかわり目ですわ」

で、どう笑っていいのか分かりません。
男の家に戻ったらちょうどお銚子が変わって2本目になっているから
また話に付き合わされる、という意味だけではありませんよね?
このさげはどこにかかっているのでしょうか。

ネットで検索もしたのですが、解説を見つけられませんでした。
どなたかお分かりのかたがいらっしゃったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっとご覧になった本にどう書いてあったのかわからないのですが、
うどん屋さんが嫌がっている理由は、
「話に付き合わされるから」ではなく、
「また酒のお燗をさせられて、さらに喧嘩を売られてしまいそうだから」です。
と考えると、うどん屋さんが本気で「お銚子の変わり目」にはあの家に行きたくないと思っているのが少しご理解いただけるかなと思います。

直前に新内が出てくるので、新内の三味線の「調子」と何か関係あるのかと一瞬深読みしたくなりますが(笑)、
関係ないと思いますよ。


人気Q&Aランキング