人気雑誌が読み放題♪

今度神戸に引っ越すことになり、少しでも早く神戸に慣れたいので、神戸を舞台とした小説を読みたいと思ってます。
とりあえず目についた有川浩の『阪急電車』を読み始めていますが、中心部からは結構離れている場所が舞台のようです。
神戸を舞台とした小説を教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

宮本輝さんの「花の降る午後」



内容説明
神戸を舞台に繰広げられる宮本文学愛の傑作典子が営むフランス料理店アヴィニョンを乗っ取ろうと何人もの男たちが狙っていた。そんなある日、店に飾ってある油絵を貸してくれと、ひとりの青年が現われた。
内容(「BOOK」データベースより)
異国情緒あふれる神戸の老舗フランス料理アヴィニヨン―。夫亡き後、懸命に店を切り盛りする若い女主人典子と、彼女をめぐる人々の物語。

同じ宮本さんの作品の「彗星物語」は神戸ではありませんが、隣の伊丹市が舞台になっています。
宮本さんは兵庫県出身なので、神戸を舞台にした作品は他にもあると思います。

参考までにウィキで兵庫と神戸を舞台にした小説を調べてみました。
コピペします。(重複しています)

神戸が舞台

生田川(森鴎外)
一縷の川(直井潔)
三ノ宮炎上(井上靖)
猟銃 (小説)(井上靖)
がしんたれ(菊田一夫)
神戸殺人事件(内田康夫)
「須磨明石」殺人事件(内田康夫)
蒼氓(石川達三)
花の降る午後(宮本輝)
青が散る(宮本輝)
ヰタ マキニカリス(稲垣足穂)
星を売る店(稲垣足穂)
タルホ神戸年代記(稲垣足穂)
華麗なる一族(山崎豊子)
細雪(谷崎潤一郎)
少年H(妹尾河童)
青雲の軸(陳舜臣)
孤高の人(新田次郎)
兎の眼(灰谷健次郎)
太陽の子(灰谷健次郎)
天の瞳(灰谷健次郎)
火垂るの墓(野坂昭如)
ノルウェイの森(村上春樹)
風の歌を聴け(村上春樹)
タロット探偵MIKU(夏緑)
十三番目の人格 ISOLA(貴志祐介)

兵庫が舞台

青が散る(宮本輝/神戸市)
花の降る午後(宮本輝/神戸市)
赤目四十八瀧心中未遂(車谷長吉/尼崎市)
あした来る人(井上靖/西宮市)
兎の眼(灰谷健次郎/神戸市)
お登勢(船山馨/洲本市)
風の歌を聴け(村上春樹/神戸市 - 芦屋市 - 西宮市)
華麗なる一族(山崎豊子/神戸市)
城の崎にて(志賀直哉/城崎町)
くだんのはは(小松左京/西宮市)
孤高の人(新田次郎/神戸市 - 新温泉町)
細雪(谷崎潤一郎/芦屋市- 西宮市)
十三番目の人格 ISOLA(貴志祐介/神戸市)
少年H(妹尾河童/神戸市)
白い牙(井上靖/芦屋市)
涼宮ハルヒシリーズ(谷川流/西宮市)
青雲の軸(陳舜臣/神戸市)
太陽の子(灰谷健次郎/神戸市)
天の瞳(灰谷健次郎/神戸市)
闘牛(井上靖/西宮市)
菜の花の沖(司馬遼太郎/洲本市)
裸足の少女(佐多稲子/相生市)
阪急電車(有川浩/宝塚市- 西宮市)
火垂るの墓(野坂昭如/神戸市 - 西宮市)
本の話(由起しげ子/西宮市)
猟銃(井上靖/芦屋市)
決戦・日本シリーズ(かんべむさし/西宮市)
無痛(久坂部羊/神戸市)
悪魔が来たりて笛を吹く(横溝正史/神戸市- 淡路島)
僕に踏まれた町と僕が踏まれた町(中島らも/神戸市)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
彗星物語って素敵なタイトルですね。きになります。

お礼日時:2012/04/27 14:41

木村紺という人が書いた「神戸在住」という漫画があり、まさしく神戸が舞台で神戸の街の様子などもよく出てきます。


たしかすでに連載は終わっており、単行本で10冊くらい出てると思います。神戸の古本屋ではよく見かけますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『神戸在住』というのがあるんですねー。
どちらかと言うとマンガはあまり読まないので、小説であったらまた回答お願いします^^

お礼日時:2011/01/05 13:53

 


野坂昭如の火垂るの墓
井上靖の白い牙
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
『ほたるの墓』もそうですね。
どちらかというと今の神戸を知りたいので、現代を舞台にしたものだとうれしいです。
『白い牙』について調べてみます^^

お礼日時:2011/01/05 13:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q須磨・神戸で文学作品の舞台になったところは?

 高校生をつれて、文学散歩に出かけます。方面は須磨・神戸です。須磨といえば「源氏物語」なのですが、高校1年生が興味を持ちそうな作品が、ほかにないでしょうか。古典に限りません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

谷崎潤一郎は壮年の頃神戸に住んでいました

細雪とか蓼食う虫とか神戸を舞台にした名作が多いです

志賀直哉の名作、暗夜行路の夕方の明石須磨の浜を汽車の窓から見るシーンが忘れられません

Q神戸で近寄らないほうがいい場所は?

私の息子が来春より神戸に住むことになりました。
先ごろアパート探しに私も一緒に行ってきたのですが、不動産屋さんの話では「神戸ははっきり言ってガラは良くないです。」という事でした。
確かに某組の本部があるところですし、それは想像してはいたのですが。
三宮や元町には行ってみましたがとてもおしゃれな街という感じで好印象はありましたが、陰の面もあるかと思います。
念のためですが、「○○には行かないほうがいいよ。」とか「○時以降は変な人がいるよ。」とか教えていただけたら嬉しいのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
「神戸」と言っても広いですよ^^;
その不動産屋さんの言ってる通り「ガラの悪い地域」は神戸市内のあちこちにあります。
高級住宅街近辺なら、まぁ大丈夫でしょうが賃貸物件も少ないですし、見つかっても家賃、高いですよ^_^;

>息子のアパートが長田区付近にあるのです。
先日行って見た時には静かな街中で商店街もありとても住みやすそうな所だったので安心していましたが。
長田区といっても広いのでそのアパートは住むのに問題は無さそうですが。
もしよろしければ長田区のどの辺りか大雑把で構いませんので教えていただければ嬉しいです。
◎長田付近・・・ですか^^;
具体的な地域を出すと、そこに住んでいる人が見てたら怒りそうなので(当然ですが)書けません。ご理解を^^;
震災後にほぼ長田区全域が様変わりしていますし、新しい建物も増え、商店街も新しく再興していますので、見た目的には「静かな街中で商店街もありとても住みやすそうな所だったので安心して・・・」と感じたのだと思います。
ただ、長田区は神戸市内でも「特殊な地域」です。地元民でも避ける場所(出来るだけ近寄らない)はあります。
取り合えず、長田付近でしたら・・・
長田駅~三ノ宮駅(JR、私鉄含めて)周辺には、夜(特に深夜)には近付かない事ですね^_^;
また、全ての商店街は「メイン通り」以外には入って行かない事。
「路地裏」「裏道」のような場所へは行かない事。
「生田神社」(特に北側)には近付かない事。
夜、新開地の商店街を歩かない事。
湊川公園にも近付かない事。(特に夜間)

震災後は、かなり治安は良くなっていますが、まだまだ危険な場所は残っています。
キャッチもありますし、変な客引き(禁止されていますが)も未だにいます。
また、夜間の駅周辺には「訳の解らない若者達」がたむろしています。
中には、トンでもない奴等もいます。

おしゃれなイメージの神戸市ですが、治安の悪い所はありますし、震災前のように「ここには近付くな」といったものではなく、どこへ行っても「ガラの悪い連中」がいる、といったように「ガラの悪い地域」の特定が出来なくなっています。
震災後は、広範囲に亘ってしまっています。
昼の顔と、夜の顔は全然違いますから・・・

・・・といった事が、地元民としての参考意見です(~_~;)

こんにちは。
「神戸」と言っても広いですよ^^;
その不動産屋さんの言ってる通り「ガラの悪い地域」は神戸市内のあちこちにあります。
高級住宅街近辺なら、まぁ大丈夫でしょうが賃貸物件も少ないですし、見つかっても家賃、高いですよ^_^;

>息子のアパートが長田区付近にあるのです。
先日行って見た時には静かな街中で商店街もありとても住みやすそうな所だったので安心していましたが。
長田区といっても広いのでそのアパートは住むのに問題は無さそうですが。
もしよろしければ長田区のどの辺りか大...続きを読む

Q北海道を舞台にした小説を教えてください

こんにちは。
題名のとおりになってしまいますが、
北海道を舞台にした小説を探しています。
直接舞台にはなっていなくても、話の中心になっていれば
是非教えていただきたいです。
ジャンルは特にこだわってません。
オススメがあったら教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

谷村志穂さんの小説がお薦めです。
「海猫」(伊東美咲さん主演で映画にもなっています。観てませんが・・・)
「十四歳のエンゲージ」
「十六歳たちの夜」

熊谷達也:「ウエンカムイの爪」

船戸与一:「蝦夷地別件」

藤堂志津子さんの小説も北海道(札幌)が舞台になっているものが多いです。私のお薦めは次の通り。
「女と男の肩書」
「アカシア香る」
「明日も快晴」

すでに上げられていますが、下記の小説はお薦めです。
三浦綾子:「塩狩峠」(一番好きな小説です。)
     「氷点」(ドラマにもなっています。観たことはありませんが・・・)
     「泥流地帯」
宮本輝:「優駿」
渡辺淳一:「白夜」(自伝的小説)
     「阿寒に果つ」

質問内容とはちょっと違いますが、小説での最後の舞台が函館五稜郭となっている司馬遼太郎の「燃えよ剣」

上記の小説は全て文庫となっており、アマゾン等で検索できます。

Q神戸市で住みよい地域は??

4月1日付けで主人が神戸に転勤との内示がでました。
私は福岡生まれで結婚してから鹿児島に転勤となり7年目です。
九州から出たことがありません・・・。

主人の勤務先は、神戸市東灘区です。
子供は4月で5年生♀、3年生♀、2歳♂です。
中学受験は考えていません。

子育てのしやすい環境、住みよい地域というのはどのあたりなのでしょう?勤務が東灘なので東灘区?と思ってはいますが、その中でもどのあたりが評判なのでしょう?
その他の地域もおすすめがあればぜひおねがいします。

Aベストアンサー

回答No.3です。

東灘区あたりは地価が非常に高いので、駐車場代もおのずと高くなります。
駐車場代や日常の買い物の物価など、経済面を考えて、
ピンポイントでお勧めを挙げさせて頂きますと、
須磨区、板宿(いたやど)駅。徒歩10分圏内。(昔この近辺に住んでました)
板宿は、ほどよく庶民的で親しみやすい街です。
板宿駅は、山陽電車と市営地下鉄の駅ですが、
山陽電車は阪神電車と阪急電車が相互乗り入れしているので、
楽に東灘区まで通勤が可能です。距離的にもあまり遠くありません。
板宿駅周辺には、昔ながらの商店街があり、生鮮食品などが安いです。
ショッピングセンター(ダ●エー)もあり、
銀行や郵便局などもひととおり揃っていて、日常生活に困ることがありません。
家賃や駐車場代などは東灘区の1/2~2/3くらいで探すことが可能です。
一度検討されてはいかがでしょうか。

Q奈良を題材にした小説、エッセイなどテンポよく読めるものを教えてください

奈良を題材にした小説、エッセイなどテンポよく読めるものを教えてください

できれば文庫本が良いです(単行本でも可)

推理、サスペンス、旅のエッセイ、恋愛小説・・・なんでも良いです

よろしくお願いいたします

40代、主婦です

Aベストアンサー

恩田陸『まひるの月を追いかけて』
谷崎潤一郎『吉野葛』(短編です)
永井路子『茜さす』
立原正秋『花のいのち』
三浦信行『我が身の中の奈良を求めて』

奈良が舞台でで思いついたのはこれくらいです。

Q「夏草や兵達が夢のあと・・」の意味を教えてください。

中学校とかで習ったのですが、うる覚えになってしまい、ちゃんとした意味を忘れてしまいました。知っている方お願いします。

Aベストアンサー

 これは松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中、平泉(今の岩手県平泉町)で詠んだ句です。

 この地で長く栄えた奥州藤原氏も滅んでしまった、英雄源義経もここまで追われてついに討ち果ててしまった……という感傷の句です。

ちなみに
兵達   → 兵ども
うる覚え → うろ覚え
です。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bk8s-sndu/hiraizumi.html

Q関西から軽井沢へ最も安く行ける手段

今度二家族合わせて軽井沢へ行くことになりました。観光ではなく所用で行くのですが、全部で10名強になると思います。関西に住んでいます。

関西からだと長野まで特急で行き新幹線で軽井沢まで行くというのが楽だと思うのですが一人往復25000円程かかってしまいます。夜行バスはメンバーの平均年齢が高いので除外しています。

貸切バスにも見積もりを頼みましたが泊りがけで行く為、運転手の宿泊費なども必要で結局電車で行くのとほぼ同じでした。(180000円少々+ドライバーの宿泊費と有料道路代等)私が知っている範囲でできたことはこれくらいで、他に何か少しでも安くいけるような手段やJR切符などご存知の方がおられたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

夜行バスがダメなら、昼行バスはいかが?

大阪→茅野 阪急バス 往復料金10100円
茅野→小淵沢→小諸 JR 往復3780円
小諸→軽井沢 しなの鉄道 往復840円

合計 14720円です。

往路の場合、大阪を8時半に出て、茅野に14時15分、そこから電車に乗って、軽井沢には18時44分着です。

(ただし、昼行バス10席確保できるかどうか・・・・松本行き昼行バスとか甲府行き昼行バスに分散してもいいと思います。)

JRの場合安めに行くと・・・・
大阪始発の特急しなので、まともに行くと、
大阪→(特急しなの)篠ノ井→(しなの鉄道)→軽井沢 
もしくは

大阪→長野→(新幹線)→上田→(しなの鉄道)軽井沢

です。

・・・以前、ちょっと研究しましたが、大阪→長野・篠ノ井じゃなくて、京都→長野・篠ノ井の方が特急料金300円安いです。さらに、長野→上田間を新幹線にすると、大阪→長野間の特急料金が半額になります。(大阪→京都を新幹線でも可、京都→篠ノ井間が特急料金半額になります。)これで800円はけちれるでしょう。あとは、切符は往復にするなりしてください。

・・・と言う事で、
大阪→新大阪→(新幹線)→京都→(特急しなの)→篠ノ井→(しなの鉄道)→軽井沢、もしくは長野まで行って、上田まで新幹線→しなの鉄道で軽井沢 がいいと思います。

関西でお住まいが阪和線沿線で、大阪まで楽に行きたければ、

出発地→(特急はるか・くろしお)→新大阪→(新幹線)→京都→(特急しなの)→長野→(新幹線)→上田→(しなの鉄道)→軽井沢

とすれば、在来線の特急料金は全部半額になります。

夜行バスがダメなら、昼行バスはいかが?

大阪→茅野 阪急バス 往復料金10100円
茅野→小淵沢→小諸 JR 往復3780円
小諸→軽井沢 しなの鉄道 往復840円

合計 14720円です。

往路の場合、大阪を8時半に出て、茅野に14時15分、そこから電車に乗って、軽井沢には18時44分着です。

(ただし、昼行バス10席確保できるかどうか・・・・松本行き昼行バスとか甲府行き昼行バスに分散してもいいと思います。)

JRの場合安めに行くと・・・・
大阪始発の特急しなので...続きを読む

Q1日2回のシャワーは良くないですか?

私は、1日に2回お風呂(又はシャワーだけ)に入る事がよくあります。
夏場じゃなくても、です。

夜にお風呂に入っていても、
朝シャンすると髪の毛もセットしやすくなるし、洗顔もついでに出来るし、
ボディーソープやシャンプーのいい匂いがして気持ちもいいし、
スッキリして、朝から「今日も頑張ろう!」という気になれるからです。

しかし、「1日に2回も体を洗ったりシャンプーをするというのは
肌・頭皮・髪にとってはどうなんだろう?」
とふと気になって質問させていただきました。
1日に2回も洗うのは良くないのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、髪の毛ですが、毎日洗う必要はないようです。というのは、髪の毛を洗いすぎると、もちろん、必要な油分も取り除いてしまうためだといいます。それから、体も得に肌に悪い熱いシャワーを使って洗ってしまうと、肌に悪いそうです。ですので、テレビで専門家の方がおっしゃっていたのを見たことがあるんですけど、まあ、いわゆるある程度きれいすぎないほうが、髪にも肌にもいいそうです。髪の毛は、毎日洗うのではなく一日おきとかがいいそうです。それから、肌の乾燥を防ぐためには、あまり熱いお湯につからないほうがいいそうです。まあ、一般的に、食器を洗うときに、お湯のほうがいいですけど、肌には悪いから、水で洗えというのと似ています。

とにかく、一日2回髪の毛を洗ったり、体を洗ったりするのは、髪にも肌にもあまりよくないそうですが、でも、やってはいけないということはもちろんありません。また、夏場になりますと、暑くて油分がでやすくなりますから、汗がでてきますし、髪や体を洗わなかったら、逆に匂いが気になってしまいます。でも、そんなに汗かきとかでないんでしたら、一日に一回のほうが、髪の毛にも肌にもいいと思いますので、得に2回入る必要性はなくなってくると思います。ただ、一日、2回はいっても、髪の傷みや肌の調子が悪くなかったら、別に問題はないと思います。とにかく、コンディショナーや、ボディーローションを使って、髪や肌がいたまないようにしてみてください。

こんにちは。

まず、髪の毛ですが、毎日洗う必要はないようです。というのは、髪の毛を洗いすぎると、もちろん、必要な油分も取り除いてしまうためだといいます。それから、体も得に肌に悪い熱いシャワーを使って洗ってしまうと、肌に悪いそうです。ですので、テレビで専門家の方がおっしゃっていたのを見たことがあるんですけど、まあ、いわゆるある程度きれいすぎないほうが、髪にも肌にもいいそうです。髪の毛は、毎日洗うのではなく一日おきとかがいいそうです。それから、肌の乾燥を防ぐためには、あまり...続きを読む

Q須磨に関わる文学作品

大学のレポート作成の為に須磨に関わる文学作品を探しています。
源氏物語
平家物語
松風
以外にあるのでしょうか?
できれば現代文学以外でお願いします。

Aベストアンサー

近現代文学ですが・・・・
岡田八千代『築島』
椎名麟三『美しい人』
土田耕平『須磨在住吟』『斑雪』
徳田秋声『蒼白い月』
正岡子規『月見草』

芭蕉『猿蓑』」「かたつむり角ふりわけよ須磨明石」

明石ですが
稲垣足穂『明石』

Q大阪関連の小説は?

本の内容が
 ・舞台が大阪 
 ・大阪の地名がふんだんに使われている
 ・大阪弁
 ・大阪人の生態(?)がよくわかる
 ・できれば笑えるような本(文学作品でない)
 ・読んだ後大阪に行きたくなる
  こんな本、ありますか??

ちなみに最近、広島の松永というところを舞台にした
「ハブテトル・ハブテトラン」という本を読みまして
方言も地名も、もろ松永って感じのお話でした。
こんな本の大阪バージョンがあればおもしろいなと思いまして・・・

Aベストアンサー

人気ベストセラー作家が自らの大阪下町での小学校から大学時代の体験を綴った爆笑エッセイで
東野圭吾 あの頃ぼくらはアホでした 集英社文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4087487857
盗まれた鞄を巡り夜の大阪をキタからミナミまで駆け巡る冒険活劇作品で
(この作品中のルートを一晩かけて歩く「大阪ナイトツアー」を企画したいと思った編集関係仕事をしている人がいたとか)
大沢在昌 走らなあかん、夜明けまで 講談社文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4062633973
大阪の中華料理店を舞台に大阪弁の会話や阪神タイガース、吉本新喜劇など大阪らしい話題も盛り込んで兄弟の成長を描く青春小説で
瀬尾まいこ 戸村飯店青春100連発 理論社
http://www.amazon.co.jp/dp/4652079249 
などどうでしょうか




 


人気Q&Aランキング