『ガリバー旅行記』では、世間を風刺した内容が書かれていると聞いたのですが、本を読んでみてもいまいちよく分かりません。どこが風刺内容なのかを誰か教えてくださいm(__)m他のお話にもその手の物があったら内容が無くてもいいので教えてくれるとうれしいです(゜-゜)

A 回答 (2件)

ググってみたらあたりました。

因みにヤフーというのは野蛮社会という意味なのですね。

参考URL:http://island.site.ne.jp/fairy/stories/gulliver. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました\(◎o◎)/
さっそくのぞいてみようと思いますm(__)m

お礼日時:2003/09/17 22:57

直接の回答ではないのですが・・・。


ガリバーが書かれた頃の時代背景は勉強されましたか?
風刺ものは大抵その頃の政治や社会状況などを対象としているので、予備知識がないと一見したところでは何を風刺しているのか分かりづらいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助言していただいた通りに時代背景の勉強も頑張ってみようと思いますm(__)m

お礼日時:2003/09/17 22:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本気で好きな相手はデートに誘うのに緊張しますか?

男性が本気で好きになった相手には、デートに誘う時にも、数日じっくり考えたり
誘う時も相手の様子を伺いながら聞いたり、その後の相手の反応に気を配ったり、
本気で好きな相手をデートに誘うのに緊張しますか?

Aベストアンサー

もちろん
嫌われたくないなとか色々考えてしまうから
緊張はするね
書いてくれた質問の文章全てにおいてそうだと言えるかな

Qガリバー旅行記の後半2篇について

スウィフトのガリバー旅行記は、小人の国、巨人の国、空飛ぶ国、馬の国の4篇があると思うのですが、後半二つは読んだことがありません。

紀伊国屋などで検索をかけてみたのですが、どれが4つとも載っているのかわからなかったり、入手不可になっていたりで困っています。

和書でご存知の方がいらっしゃれば教えてください。なければ洋書でも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新潮文庫の「ガリヴァ旅行記」は全編出ているみたいですよ。ISBNは4102021019です。

とくに最後の馬の国はかなり衝撃的な内容で、子ども心にひどくショックだった記憶があります。

Qガリバー旅行記のリリパット国の通貨はなんでしょう?

ちょっと気になったので質問させてください。
ガリバー旅行記のリリパット国の通貨はなんという名称でしょうか?
英語でのスペルもわかればぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんでちょっと気になったのかが気になりますが、「スプラッグ」。
綴りまでは知らないです。

岩波書店 ガリバー旅行記 43刷 訳:平井正穂 78ページ

Qお勧めの旅行記は?

2、3年前に妹尾河童さんの「河童が覗いた~」を読んでなかなか面白く、最近また旅行記のようなものが読みたくなったので、お勧めの旅行記(文庫のもの)を探しています。難しいものではなく、ちょっと面白いものがいいのですが…何かいいものはありませんか?

Aベストアンサー

河童さん、面白いですよね♪
わたしも3冊持っていましたが、友達に貸したままになってしまって、今「インド」しか手元に残っていません。買っとかなきゃ。

旅行記っていっぱいありすぎて、選ぶに迷いますよね。
河童さんが好きということは、何かにちょっとしたコダワリを持った旅行記がお好きではないかと思いまして、いくつか挙げさせていただきます。

林丈二「イタリア歩けば……」「フランス歩けば……」(講談社文庫)
歩いていて見かけた気になるモノ、というのがクローズアップされた内容です。路線はかなり河童さんに近いように思います。イラストレーター?だしね。なお「オランダ歩けば……」も出ているそうですが、未読です。文庫化されてないかもしれない。

田辺聖子「ヨーロッパ横町食べ歩き」(文春文庫)
かなり昔の本ですのでねえ。まだ出てると思うんですけど……。ユーモラスという意味では河童さんには負けません。面白いです。

赤瀬川源平「島の時間」(平凡社ライブラリー)
この方、林丈二さんとはお友達です。路上仲間……っていうと、知らない人には誤解を招きますが。ユニークな感性をお持ちです。あ、「新解さん」や「老人力」でけっこう名前が売れましたね。

磯淵猛「金の芽~インド紅茶紀行~」(集英社文庫)
わたしは紅茶が好きなので購入したのですが、今考えてみれば旅行記としても面白いかも?「紅茶」という雰囲気や語り口から、ほのぼののんびりした内容だというイメージがあるのですが、実際は相当ハードな冒険旅行でした。(←読み終わってからしばらくその「冒険性」に気付かなかった(^_^;))

ユーモアのあるものではこんな感じでしょうか。
肌に合う本にめぐりあえるとよろしいですね。ではでは(^^)/~~~。

河童さん、面白いですよね♪
わたしも3冊持っていましたが、友達に貸したままになってしまって、今「インド」しか手元に残っていません。買っとかなきゃ。

旅行記っていっぱいありすぎて、選ぶに迷いますよね。
河童さんが好きということは、何かにちょっとしたコダワリを持った旅行記がお好きではないかと思いまして、いくつか挙げさせていただきます。

林丈二「イタリア歩けば……」「フランス歩けば……」(講談社文庫)
歩いていて見かけた気になるモノ、というのがクローズアップされた内容です。路線は...続きを読む

Q英字新聞の風刺漫画の意味がわかりません。

解説お願いします。
Good Bear/ Bad Bearというタイトルが付いた漫画記事です。
アメリカの(悪徳?)警官の現状を揶揄していいるようです。

(Good Bear-Policeman?):
Look, I know how it isーーーYou see something... You want to attack... or scurry up a treeーーーI understand.
But my parter here want to treat you like a picnic basket.

(Hunter)
----

特に最後の行の意味がわかりません。
短い文章ですがこれでアメリカ人にはわかるのでしょうか。
部屋の中でGood bear らしき警官?に狩猟に来たハンターが取り調べられているようです。周りには怖そうなBad bearらしき警官?が控えています。
これがすべてのCartoonです。

Aベストアンサー

a picnic basket は お弁当
俺の相棒(怖そうな熊)にとっては君はお弁当のようなものだ。

俺の相棒は君を食べる対象として扱いたいようだな。
と言ってます。

Qユーモアあふれる旅行記を探しています

ユーモアあふれる旅行記を探しています

北杜夫「どくとるマンボウ航海記」を読んで旅行記にはまりました
どくとるマンボウのようなユーモアといたずら心にあふれた著者が書かれた旅行記を教えてください

ほのぼのしているものでも過激なものでも良いです
「ガリバー旅行記」や「旅のラゴス」のようなフィクションではなくノンフィクションの本が良いです

※他のサイトに同様の質問をしています

Aベストアンサー

 こんばんは。私も北杜夫ファンです。北さんのほのぼのとしたユーモアが大好きです。北さんの他の旅行記は既に読まれていますか?私が爆笑ものはお友だちの遠藤周作さん、阿川弘之さんとヨーロッパに旅行した「マンボウ周遊券」です。個性の強い3人の作家の様子がとっても魅力的です。ですが、北さんはドイツ語、遠藤さんはフランス語、阿川さんは英語は堪能ですのでお互いに助け合っている所もまた面白かったりします。絶版になっていますが、図書館や古書店で探してみて下さい。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1100299352/subno/1
●蔵前仁一
 バックパッカーですが、とても自然体に旅行をしている姿がとても面白いです。旅行好きが高じて旅行人という出版社を立ち上げていますが、旅行人が発行している旅行記はどれもハズレがありません。「ゴーゴーインド」などが代表作ですが、一番すきなのは「旅で眠りたい」。何せ東京からジワジワと沖縄→台湾と飛行機を使わずにインド方面まで行ってしまいます。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101532899/subno/1
●宮田珠己
 イチオシの旅行作家です。タマキングというあだ名なんですが、とにかく面白い!笑いを狙ったんじゃないと思うし、よくある辺境自慢や貧乏旅行自慢もありません、「私達の失った笑顔」を求めてもおらずとにかく変な銅像とか訳の分からないモノが大好きという、とにかく絶対読んで欲しい作家です。お勧めは「東南アジア四次元日記」決して一人で電車で読まないで下さい。「52%調子のいい旅」もお勧めです。台湾の謎の辞書のくだりなんてもう・・・。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102949034/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101975703/subno/1
●村上春樹「辺境・近境」
 村上春樹さんの小説は何となく自分のリズムにあっていないので読みにくいんですが、これはすっごく面白く読めました。讃岐うどんを食べまくった話なんて声を出して笑いました。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102520180/subno/1
●田丸公美子
 イタリア語通訳者の第一人者の方です。彼女のエッセイはどれもこれもすっごく面白いんですが、旅行記もやはり期待通り面白いです。しかもガイドブックとしても役立ちそうな1冊です。やはり語学と文化に精通しているので旅行記が厚みをもった面白さになります(タマキングと正反対)。「シモネッタの本能三昧イタリア紀行」です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106021537/subno/1
●斎藤政喜
 シェルパ斎藤さんとしてアウトドア作家の有名な方です。タイトルに惹かれて読んだ一冊ですが、とにかく「トイレ」中心に旅をしていくという所が個性的で、しかもイラストも精密。よくぞこんな所で!という所が次々と出てきます。他の旅行記も沢山ありますが、犬好きなら「犬連れバックパッカー」もお勧めです。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101752888/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101512973/subno/1
●阿川弘之
 前述の北杜夫さんのお友だちであり、ご存知かと思いますが阿川佐和子さんのお父様です。乗物マニアの阿川さんの旅行記は語学力と乗物の知識に裏打ちされてとても興味深いです。沢山あるんですが自選集がとっかかりとして良いのではないでしょうか?遠藤さんと船で中国まで旅行する話は面白いですよ。「汽車に乗って船に乗って」です。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106032462/subno/1
●椎名誠
 ご存知王道の旅行作家です。椎名さん自身エッセイで北さんの旅行記が好きだそうです。辺境作家という名前通り沢山旅行記を出しているんですが、一番好きなのは初期の「地球どこでも不思議旅」です。サラリーマンを辞めた頃の開放感にあふれた感じが清々しいです。海外から日本まで独自の視点がガシガシ歩いているといった感じです。あやしい探検隊シリーズのアフリカ篇も好きです。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1100465374/subno/1
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101282521/subno/1

 長文になって申し訳ないです。紹介させていただいた本の中に絶版のものもありますが、良かったら図書館などで探してみて下さい。何かお気に入りの1冊の参考になれば幸いです。
 

 こんばんは。私も北杜夫ファンです。北さんのほのぼのとしたユーモアが大好きです。北さんの他の旅行記は既に読まれていますか?私が爆笑ものはお友だちの遠藤周作さん、阿川弘之さんとヨーロッパに旅行した「マンボウ周遊券」です。個性の強い3人の作家の様子がとっても魅力的です。ですが、北さんはドイツ語、遠藤さんはフランス語、阿川さんは英語は堪能ですのでお互いに助け合っている所もまた面白かったりします。絶版になっていますが、図書館や古書店で探してみて下さい。
http://www.7netshopping.jp/b...続きを読む

Qトムとジェリーの社会風刺

初期のトムとジェリーには、当時のアメリカの社会風刺が入っているという話を耳にしました。「勝利は我に」の戦争風刺はわかったのですが、他にもどの作品にどんな社会状況の風刺が書かれているのか気になります。どなたか知っている方、具体的に教えてください。

Aベストアンサー

風刺というより「戦意高揚」ではないかと・・(^^;
風刺といえば、人種や障害者に対する差別的な描写が多く
地上波ではもう再放送ができないはずだったのですが、最近テレビ東京で再放送されたのには驚きました。

Q旅行記を探しています(日本国内。できれば船旅)

私は旅行好きなので、旅行記を読むのが大好きです。
特に船旅が好きなので、出来ればフェリーを利用した旅行記(日本国内)で
オススメのものはないでしょうか?

また、フェリーでの旅行記でなくても結構ですので、日本国内の旅行記で
オススメのものがあれば教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検索したもので読んでませんが...

奥田英朗「港町食堂」
http://www.shinchosha.co.jp/book/134471/
Coralway「沖縄島々 旅日和―宮古・八重山編―」「沖縄島々 風便り―本島と周辺の島編―」
http://www.shinchosha.co.jp/book/602101/
http://www.shinchosha.co.jp/book/602115/
カベルナリア吉田「スロー・トラベル 島めぐりフェリーで行こう!」「スロー・トラベル フェリーボートで行こう!」
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487798841/
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/4487797837/

Qデートに誘う時あなたならどっち?

こんばんは、ついこの間まで
女の子に話しかけるにはどうしたらいいかとか
質問してた者ですが、好きな人を見つけれました^^
そこで今度デートに誘いたいと思っています。
(多分まだ片思い)皆さんは付き合う前は、
デートに誘う時はどう誘いますか?
例えば食事にデートに誘う時
・「今度食事行かない?」
・「今度デートに食事行かない?」
どちらがいいと思いますか?
もちろんその子と二人がいいんですが・・・
その他に恋愛初心者の僕にアドバイスがあれば
何かお願いします!

Aベストアンサー

日本語初心者ですか?

×みつけれました
○みつけられました

○「今度食事行かない?」
×「今度デートに食事行かない?」
→ふたりで行きたいなら「今度ふたりで食事に行かない?」でいいと思います。

Qインド旅行記

インド関連の旅行記を読みたいのですが「旅に行くなら読んどいたほうがいい」「笑えるほど面白い」などオススメを教えてください。
イラストつきのエッセイみたいなのが読みやすくて好きです。アジア周遊などでもインドが出てこればいいです。
歴史のうんちくには興味ないので旅・生活などでお願いします。
ちなみに今まで読んだのは
「てくてくインド」
「河童がのぞいたインド」
「ガンジス河でバタフライ」
「バックパッカーパラダイス」
「新ゴーゴーインド」
「僕と1ルピーの神様」

「インドなんか二度と行くか!ボケ!」は読もうかと思ってます…。

Aベストアンサー

最近友人に借りて読んだのが、西原理恵子さんのエッセイマンガ『できるかなクアトロ』です。
全部がインド旅行ではないですが、相当ディープな話が入ってます。
西原さんは、他にもインド関連の本を出してらっしゃるようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報