AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

10年近く前に購入したBOSE社製の「AMS-1」(アンプ、CDプレーヤーに、2個のサテライトスピーカーとベースモジュールを組み合わせたシステム)を使用していますが、しばらく前から、左用で接続するサテライトスピーカーの音に、かなりの頻度で、割れたような、こもったような感じ(ラジオで電波の悪い放送が、繋がったり切れたりするような感じに似ています。)になる現象が出ていて困っています。
サテライトスピーカーの左右を取り替えても左に症状が出るため、ベースユニットかアンプ部の故障かと考え、BOSE社に2回点検修理を依頼しましたが、2回とも「現象を再現できない。異常なし。」との回答で返却されてしまいました。

AMS-1の設置状況を説明すると、
(1)TVの左横(1Mくらいの距離)に設置しており、TV周辺はAMS-1、TV、DVD、その他の電源コードや接続コードが入り乱れている。
(2)左側のスピーカーは、接続しているベースモジュールからの距離が近いため、余分となる結構な長さのスピーカーコードを束ねている。
(3)束ねた左側のスピーカーコードは、AMS-1の電源を取っているコンセントボックスに近い場所にある。(AMS-1の電源をとっているコンセントボックスとTVの電源をとっているコンセントボックスは別)
(4)AMS-1の電源をとっているコンセントボックスの横にTVのアンテナ端子があり、左側のスピーカーコードは、アンテナ端子に接続されたTVアンテナコードと平行して走っている。
(5)雑音が出る前と出てからの設置場所は変わっていないが、雑音が出るようになる少し前に、TV周辺にDVDを新たに設置している。
といった感じになります。

設置場所や方法が悪いのでしょうか、それともスピーカーコードの劣化などが原因でしょうか?
家計が厳しいので、買い替えしないですむと助かるのですが。
解決のアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 > SPケーブルの先端は銀色に固められている



 、、との事なので、半田で固められているのかな?。
この銀色の根本をコピー紙で挟み、(親の敵と思って:古いなぁ))指先でギューッとつまんで先端に向かいゴ~ッシ。
また挟んでゴ~ッシ!と先端へしごく。紙の繊維は結構荒いのですよ。目の細かいサンドペーパーでも
表面をガリガリと削ってしまうのですが、紙の繊維は程好い固さなので、汚れのみを少しずつ削ってくれます。

ただ、指が痛くなるほどの力を掛けますので、横着では人差し指の腹と、親指の爪先で挟んで行う事も有ります。  ★この場合爪を剥いでしまわない様に。非常~に痛いです

※ウエットティッシュは水気が有るので使った事は無いのです。m(_ _)m

もう一つが、受け側ですね。お話で断頭台の刃の感じですが、細かい見方をするとこちらは板金をただ断ち切った形ですから、断面は平らですね。面棒を使うなら紙の軸部分を差込んでパチッと止めてから、この面棒をただグルグル・・と回してやします。
結果、接触する断面部分を紙で擦る形になります。

木の軸では、表面が柔らかくて汚れ落しにはならない様です。


 > 時間が経つことで戻るというのは何故なんでしょう。

これは、4~5十年前のスリラー映画で、電気スイッチを入れるとスイッチ部から火花が飛ぶ映像が有ったのですが(古いなぁ)これと同じで、ジャリジャリ音がしている時は、接触点に汚れが有り、電気が流れにくい状態。ここに電流が流れている訳ですから、当然抵抗が有り発熱します。この熱で汚れが焼け、脆くなって剝れ落ちる。 また、同じく非常~に小さな世界で、良い時から悪い状態に移る時に小~さな火花が飛びます。このスパークで接触点の表面の汚れが吹き飛ばされる。 結果、音途切れが解消される。
ところが、音(電気)はミクロン単位つながった程度でも、現象は出なくなる為、電流を流さない(使用しない)状態で時間が経つと、カビが広がる様に接触面の間に残った汚れが成長。 接触部の発熱が無くなる。等で、また接点の接触抵抗が上昇し、再発する。

以上は、全てが正しくは無いのですが、お客さんが理解し易いかな?と思って説明に使っていた内容です。

またまた長い内容となってしまいました。すみません。 もう一度現象が発生時にトライしてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

p-taro52さん、こんばんは。
またまた早速お返事いただきありがとうございます。

とても理解しやすい説明ですね。悩みが大方晴れたスッキリした感じです。
汚れが広がること、スパークで汚れが飛ばされること…。イメージが掴めました。

今夜は最初から音が正常なんですが、p-taro52さんのアドバイスにしたがってSPコードとアンプの差込口を、まがりなりにも拭いたからなんでしょうね。
再度症状が出る前(今週末あたり)に、紙でSPコードの半田部分(半田なんですね。いやー、無知でした!)と、アンプのSPコード差込口をしっかりと磨いてみます。

何回にも渡って相談にのっていただき、大変ありがとうございました。
本当に助かりました。

お礼日時:2011/03/07 23:16

範囲は狭められましたね。



アンプ部とSP(スピーカー)ケーブル、スピーカーの接続構造や構造が見えないのですが、、、

イメージでイヤホンプラグの様に「専用コネクター」構造になっているのでしょうか(形状は別として)
、それともネジでクルクル締めたり、つまみを押して開いた穴にケーブル被服を剥いた先端を差し込み手を離してハイ終わり。の感じでしょうか。また、ケーブルは途中で延長みたいな形にはなっていませんですか?。その場合は、そのコネクション部も点検対象です。

出力部分での音途切れは接触面の汚れが殆どなんですが、ほんの僅かでも接触抵抗がゼロになると現象は消えてしまいます。 ご経験が有りますか、ラジオやステレオのヘッドフォン・イヤフォンジャックにプラグを差しこみ、そ~とプラグを回すと出ている音がジャリジャリっと途切れる事が有ります。これはプラグ、ジャック双方の接触面が汚れている事によります。ただ眼で見ても分からない位でも、プラグをノート紙でつまみギュギュっと擦ってやると、紙表面が僅かに黒くなる事が有ります。この僅かな汚れを落とす事で現象が改善されたりします。

これを当てはめると、ケーブルの先端の今回接触している金属接触部分の汚れが落ちたか、汚れの無い所と接触できたかで症状が消えたのではないでしょうか。 
一旦消えてしますとしばらくは現象がでなくなる様ですので、再発した時にケーブルに力が加わらない様に差し込み部分をソット突っついたりして、発生場所を特定してください。

或いは、ケーブルの先端金属の部分を、前記の様に紙でゴシゴシ擦って、様子を見ては如何でしょうか。
 ※接点清掃剤は使わない方が良いです。

--------------
だいぶ前のステレオでは、ヘッドフォンジャック部でスピーカー配線を切り離していた為、このジャック内の接点が汚れると、ジャック脇のパネル表面を手で押すと音途切れが出たりとした物が有りましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

p-taro52さん、こんばんは。返事が遅くなり失礼しました。
アンプ部とSPケーブルの接続は、つまみを押して開いた穴にケーブル被服を剥いた先端(銀色に固められています。)を差し込んで手を離して穴を閉じるといったタイプです。
接触部分の汚れということも原因になるんですねー。イヤホンジャックの例を聞いてすごく納得できました。

さて、早速、左右のSPケーブの先端をウエットティッシュ(良くなかったでしょうか?)で拭いてみました。アンプの開いた穴にはベビー用の綿棒を差し込んで、穴の上部に見える接点をぐりぐりと拭いてみました。

接点に上手く接するようにSPケーブルを出来るだけ真っ直ぐに入れて電源オン。残念ながら今までどおりに左側だけに音割れが…。SPケーブルをコニョコニョするとザラザラッと繋がったり切れたり。何度やってもそうなので、音割れしている状態で放置(音を出したまま)して、2、3分後に戻ってみると、音が正常に戻ってました。時間が経つことで戻るというのは何故なんでしょう?
ちなみに、その後、今もこの文章を入力しながら聞いていますが、今のところは異常は出ていません。
でも、今までのパターンだと、明日に聴いてみたら、また異常出てたりするんですよね、恐らく…。。。

お礼日時:2011/03/06 22:12

そうですね、症状が出ている時に試さないと本来の確認になりませんものね。



その前に、現象が出たら左chの各ケーブル類の差し込み(コネクタ)部分を、指先でつまんでコチョコチョとやってみましょう。変化は無いかと思いますが、一応確認です。

次に、3~5秒間隔で電源を切って>入れてして変化が有るか。 まぁ無いと思います。m(_ _)m
が、確認です、電源の入り切りで状況が変わるのなら、SPケーブルを左右差し換えて改善したと思っても、その点検の結果は信頼性が無い事になりますから。

※ですが、電源が入った状態でSPケーブルの差し換えはダメです。音が出ている状態で負荷が変わるとアンプが不安定になる事が考えられます(音割れ・途切れが有ります)。結果、アンプが壊れる事も考えられなくは有りませんから。

チリチリ、、みたいに音途切れの様な感じでは、電波障害はまず無いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは、p-taro52さん。引き続きのアドバイス、感謝です!

実は昨夜、症状が出ました。その際に、今日いただいたアドバイスで「ダメ」とされている電源を入れたままのスピーカーコードの入れ替えをしようとアンプを手前に持ち上げたら、左の音が元に戻ったんです。

あれっ?っと思って、コードをつまんでコチョココチョしたり、アンプを持ち上げることでコードの張りを強くしたり弱くしたりすると、音が切れたり元に戻ったり…。今度は左右のコードを入れ替えて同じことをしたら、やはり音が切れたり繋がったり…。コードを繋ぐ部分の故障に違いないとほぼ確信し、残業で疲れていたので就寝。

今夜、もう一度昨夜の現象を再現してからp-taro52さんに報告しようと電源を入れたところ、昨夜に続いて音切れしていたので、コードをコードをつまんでコチョココチョすると、切れたり繋がったり。「よし、よし…」と次に電源を切って左右のコードを入れ替えると、「!?」右の音は何故か正常で、いくらコチョコチョしても症状が出ません。正しく左右を繋ぎ換えてコチョコチョしたり、昨夜のようにアンプを持ち上げて引っ張っても、左に症状が出ず、しばらくいじりましたが諦めて止めたところです。

原因特定!って思ったのもつかの間でした。困りました…。

お礼日時:2011/03/03 23:32

左の音が途切れ、チリチリ、、となるのですよね。



で、スピーカーの左右を取り換えても同じ左側に現象が出る。

これは
アンプ左出力 <----- |左スピーカー       音が途切れる
    右出力 <----- |右スピーカー

アンプ左出力  -----> |右に有ったスピーカー(↑ 音が途切れた
    右出力  -----> |左に有ったスピーカー(↓

  ・・・ですかね、これだと配線が残りますね。これよりもスピーカ、スピーカー配線はそのままの位置で、アンプの出口部分で左右を入れ換えて見れば早いですよね。 配線も被服を剥いた所で(コネクター式ならその部分)接触が悪くなる事は有ります。 どちらにしても下記のやり方で再度、試して見ましょう、音途切れが右に移れば、再度アンプ部の点検が必要でしょうね。

   左出力 <-  - |左スピーカー       
アンプ      X               ↓ 現象が右側に移った!
   右出力 <-  - |右スピーカー    音が途切れる
      ↑(ここで配線をクロス)

メーカーの点検で「現象を再現できない。異常なし。」は無いでしょうね、「現在は再現せず、異常は認められなかった」が正しいでしょう。 1~2時間、数日で「異常が無い」なんて言えません。実際に修理をしていた経験で、日に1~2時間動作を3回繰り返し、現象が出ない状態で6日目に「あっ、出た?」何て現象が確認できた事も有ります。 メーカーは「異常なし」の言葉は使いません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。修理をされていた方からのアドバイス、心強いです。
修理伝票をあらためて見たところ、「動作確認しましたが、症状は再現しませんでした。」とありました。”異常なし”は私の思い込みだったようです。すみません。
さて、ご回答頂いたとおりスピーカーを左右固定したまま(コードもそのまま)アンプへのコード接続を左右入れ替えて…と思って、その前に普通に聞いてみたところ、今日は正常でした。
この症状は、質問に書いたとおり、いつも必ず出るわけではないのが厄介です。BOSEの修理担当者が動作確認した際に出てくれていれば…。
もしかして、スピーカーケーブルが電波やノイズを拾ってるのかなと疑っていたのですが。。。

お礼日時:2011/03/01 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーからの音が割れる

JBLのスピーカーを愛用し、20年近く経過しました。
ここ数年前から、音が割れます。ビビリ音です。
JBL(現在はハーマンint)に問い合わせしたところ、ウーファーの劣化ではないかと言われ、サランネットを開けてみると、やはりウーファーのスポンジ部分がぼろぼろで交換しました。
時期はずれたものの、左右2個ともコーン紙ともども交換しました。
それでも、音割れには関係ないようでした。
ヘッドフォンでは正常に聴けます。

音割れ解消法としては、CDをplayにした後、アンプのボリュームを素早く大小に回し、いわゆる大きい音を何度か入れてやると何故か音割れがしなくなります。
それでもソースによっては時々ビビリ音が入る時もありますが、ほぼ普通に聴けるレベルです。
ウーファーは新装してるので、ツイーターに問題があるのでしょうか?
ウーファーは簡単に取れるのですが、ツイーターは素人では無理な感じです。

それともスピーカーケーブル?アンプが原因でしょうか?

どなたかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

アンプにスピーカーの切り替えSWが付いていませんか。A、B、A+B、OFFとか。その接点が接触不良気味になると今の様な症状が出ます。大出力を送った時に酸化被膜が飛ばされ一時接触が良くなるが又再発の繰り返しではないでしょうか。でなかったら皆さんのいうようにアンプでしょう。プリメイン分離状態でLR逆にコードで接続して入れ替わればプリ部。同じだったらメイン部でしょう。

Q低音の音割れについて。

初歩的な質問かもしれませんが投稿させて下さい。
どなたか、質問に答えを頂けたら嬉しく思います。

現在iTunes、iPodを利用して音楽を聴いてます。
最近になってスピーカーを購入しまして、PCのスピーカーを卒業し、(口コミ等を参考に)BOSE M3と言うスピーカーを使うようになりました。

それで音がよくなると思っていたのですが、多少の音はよくなりましたが、低音やらで音割れが発生するのです。
よく聴く音楽はHIP HOPと言うこともあって低音に評判なBOSEを買ったはいいものの、そこで音割れしてたんじゃ話にならない、と思っております。

AAC128kbpsでエンコードしていたのですが(つい最近ビットレートについて知りまして、音は悪いなぁと思っていたのです)、これを上げてやれば音割れと言うものはなくなるものなのでしょうか?
スピーカーが悪いとは思えないのでどなたか教えて頂けませんか?

又、一度128で入れた音を320やらに増やすことは可能ですか?(内心不可能とは分かっていますが・・・)
今一度入れなおしとなるわけですよね?

初歩的な質問かもしれませんが投稿させて下さい。
どなたか、質問に答えを頂けたら嬉しく思います。

現在iTunes、iPodを利用して音楽を聴いてます。
最近になってスピーカーを購入しまして、PCのスピーカーを卒業し、(口コミ等を参考に)BOSE M3と言うスピーカーを使うようになりました。

それで音がよくなると思っていたのですが、多少の音はよくなりましたが、低音やらで音割れが発生するのです。
よく聴く音楽はHIP HOPと言うこともあって低音に評判なBOSEを買ったはいいものの、そこで音割れしてた...続きを読む

Aベストアンサー

*13日の昼以降、早くとも月曜日の午後までアクセスできなくなりますが、その点、お含みおき下さい。

サブウーファーを付け足しても、現状ですでに音が割れている以上、何の解決にもなりません。サブウーファーは、あくまで「低音を付け足す」ものであって、「すでにあるスピーカーの音を改善する」ものではないからです。

問題は、音の経路のどの部分で音が割れているのか、という点です。

音声信号は電圧の高低で表現され、これが伝えられます。そして、音声の経路にある様々なパーツは、それぞれ取り扱える電圧の幅に制限があります。この制限を超えた状態が、「音が割れる」という現象を生じます。

つまり、スピーカーのユニットの限界なのか、スピーカーのアンプ(増幅回路)の限界なのか、iPodやパソコンの音声出力の限界なのか、そもそもエンコードした時点で歪んでいるのか、さらに前のCD等の段階で歪んでいるのか、ということを探らなければ解決しません。

最初の2つは、スピーカーを替えることで検証できます。たとえば、ミニコンポやラジカセ、他のアクティブスピーカーがあるならそれに繋いでみます。iPodやパソコンに関しては、ミニコンポの音声出力からM3に繋ぐなどして試せます。音声ファイルやCDに関しては、直接ヘッドホンなどを繋いで聴くと分かりやすいでしょう。

>> スピーカーが悪いとは思えないので //

M3は、確かに「小型の割に」低音の出るスピーカーではありますが、本来、10数cmのユニット(しかも低音専用)で出すべき低音を、わずか5cmのユニット(低音から高音まで全部カバー)で出そうというのですから、自ずから無理が生じます。ですから、BOSEだから、M3だからと過信しない方が良いと思います。

>> AAC128kbpsでエンコードしていたのですが・・・、これを上げてやれば音割れと言うものはなくなるものなのでしょうか? //

可能性としては否定できませんが、ビリビリ鳴るような歪み方は、ちょっと経験したことがありません。

>> 一度128で入れた音を320やらに増やすことは可能ですか? //

不可能ではありませんが、意味はありません(むしろ、時間と容量の無駄)。AACやMP3は、不可逆圧縮といって、情報を切り捨てることでサイズを小さくします。いったん切り捨てた情報は、決して元には戻りません(補完技術もありますが、推測して付け足すだけで、元通りにはなり得ません)。

*13日の昼以降、早くとも月曜日の午後までアクセスできなくなりますが、その点、お含みおき下さい。

サブウーファーを付け足しても、現状ですでに音が割れている以上、何の解決にもなりません。サブウーファーは、あくまで「低音を付け足す」ものであって、「すでにあるスピーカーの音を改善する」ものではないからです。

問題は、音の経路のどの部分で音が割れているのか、という点です。

音声信号は電圧の高低で表現され、これが伝えられます。そして、音声の経路にある様々なパーツは、それぞれ取り...続きを読む

Qスピーカー(JBL 4425)の音が割れる

先日、オークションでスピーカー(JBL 4425 / エッジは2、3年前に交換済みとのこと)を購入し、しばらくは普通に鳴っていました。
ところが数日前から片方のユニット(-端子側のみ)から出る音が割れるようになりました。
特に大音量で聞いているわけではなく、ボリューム位置8時位で、しかもピアノ・ソロが割れるのです。
ずっと音が割れているわけではなく、どうやらピアノの高音と低音の繰り返しが続くと割れるようなのですが、重低音の繰り返しが特徴的なダンスミュージックは全然大丈夫でした。

アンプやSPケーブルを変えたり、+-を逆位相で接続したり、曲は同じままで入力ソースをアナログ、CDPにしても同様だったので、スピーカーが原因なのは確かなようです。

不思議な現象だなぁと思うのですが、この原因はどこにあると思われますか?
多分、自分で直すことは無理だと思うので、リペアに出そうと思っているのですが、オススメのショップなどありましたら併せて教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

スピーカーが原因であるという検証はもうお済ですか?
LRを入れ替えてAMPが原因で無いか確かめる必要があります。

音割れ(歪)は様々な原因で起こります。
低域では起こりにくくピアノなどの高音、複合音で発生となると、
例えば、
コイルの剥がれ、破損
ボビンの剥がれ、破損
ダンパーの剥がれ、破損
導線部のコードのハンダの剥がれ
導線部の接触
ギャップ部へのごみ侵入
振動板のヘタリ
ネットワークの劣化、導線接続部の接触不良。

どちらにしても自力で直すことができなければ修理に出されたほうが賢明かと思います。
http://www.mamada.us/navi/071.htm

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)

Qスピーカーの音が割れるようになりました。

20年程愛用していたスピーカーの音が割れるようになりました。
自分で修理は可能なのでしょうか?
そのようなHPはあるのでしょうか?
ビクターZERO 50 FINEという型番です。
相当古いので無理と思うのですが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エッジ劣化のトラブルでしたらやる気さえあれば修復可能です、
オクなどでもエッジの出品があるようですしダメ元で自分で作っても楽しいですよ、

参考URL:http://wanwanshiba.hp.infoseek.co.jp/newpage8.htm

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qスピーカーの極性はどうやって確認する?

 スピーカーのターミナルには+-があって、反対に接続すると音がおかしくなると聞いたことがあります。今手持ちの裸スピーカーはターミナルに表示が何もないので、どちらを+にすればよいのか判りません。何か決まりがあるのでしょうか? 詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

裸スピーカーの接続部分を見てください、スピーカー中央と接続している線があると思いますが、一方はそのままの線もう片方は白線が入っていると思います。
その白線が入っているほうが(-)です。試してみてください。

Qスピーカーから出るノイズの原因はなんでしょうか?

度々の質問失礼します。
先日購入したYAMAHAのMSP3なのですが、使用していてよくよく近づいて聞いてみると右側のスピーカーからブーと言ったノイズがしています。ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。
家の中の違う場所のコンセントも使ってみましたが、同じ様にノイズが出ます(これは何の確認にもならないかも知れません・・・)。
左側のスピーカーではノイズはほとんどしておりません(ボーっという音が出ているといえば出ているという位でノイズとは言えないレベルだと思います)。
上記の場合、問題は電源なのでしょうか、スピーカーの内部の故障なのでしょうか?
お分かりになる範囲で結構ですのでアドバイスいただけますと幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンプのパワー・アンプ段に問題が生じているように思います。

>ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。

これによりアンプのパワー・アンプ段以前の回路から出るノイズはほぼゼロになりますので、残る原因部はパワー・アンプ段とそこに電気を供給する電源部ということになります。

アンプは入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とトーン・コントローラやボリューム・コントローラなどの制御部を経て電流を増幅するパワー・アンプ段、各々に電源を供給する電源部に大きく回路を分けることができますが、ボリューム・コントローラはパワー・アンプ段の直前に設けられていますので、御質問者さんの試験により問題箇所はパワー・アンプ段とそれを駆動する電力を供給する電源部に絞られます。

>家の中の違う場所のコンセントも使ってみましたが、同じ様にノイズが出ます(これは何の確認にもならないかも知れません・・・)。

これによりアンプ内部の問題なのか、アンプ外部の問題なのかを切り分けることができます。

アンプは 1V/10kΩ (0.1mW) を 20W などに増幅する機器ですので入力信号の電力を (20W÷0.1mW=) 20 万倍近くにも増幅する能力を持っています。

電波を受信するアンテナは 100mV/300Ω (0.03mW) ほどの電力しか受信していないのですが、それでも上記の電力増幅率を当てはめると 20 万倍の 6W に増幅できるのですから、例え 1/1000 のノイズが混入したとしても 6W÷1000=0.006W (6mW) とスピーカーに耳を当てればブーンとかシャーとかいったノイズが聴き取れるようになってしまいます。

ボリューム・コントローラ以前の回路にノイズが混入して場合は音楽信号と共にノイズもボリュームで絞られますが、パワー・アンプ段でノイズが発生するとボリューム・コントローラが効かずに常にフルパワーでノイズを増幅してしまいます。

もしもノイズの原因が冷蔵庫やクーラーのような電源 (コンセント内) 電流を揺さぶるノイズを発生させるものによる影響であったり携帯電話や電灯或いはリモコン制御機器の待機状態のような電波を発するものによる影響であるならば、異なる電源及び電波環境になる筈ので別の部屋で試験することによって原因を切り分けることができるのですが、御質問者さんの試験によって電源コンセントからのノイズ混入や電波ノイズの混入ではないという推測ができます。

>左側のスピーカーではノイズはほとんどしておりません(ボーっという音が出ているといえば出ているという位でノイズとは言えないレベルだと思います)。

YAMAHA MSP3 はいわゆるパワー・アンプ内蔵スピーカーですが、パワー・アンプと言えども上記のように入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とボリューム・コントローラの制御部を経て電流を増幅するパワー・アンプ段、各々に電源を供給する電源部が入っている筈です (トーン・コントローラは入っていませんが・・・)。

パワー・アンプ部の最大出力は 20W となっているものの最大出力音圧に関するデータがありませんので、あくまでも推測ですが、1W 入力当たりの出力を 90dB-SPL/Wm と仮定した場合、最大出力音圧は 103dB-SPL/m となり、スピーカーから 5~6cm まで耳を近付けた際の最大出力音圧は計算上 115dB-SPL となることから、実効 S/N 比 (シグナル/ノイズ比) を 75dB と仮定すると 115-75=40dB-SPL のノイズが出てきてもおかしくはないことになります。

一般にトランジスタ/IC 方式アンプ部の S/N 比は 100dB とか 110dB とカタログ表記されるものですが、ボリューム・コントローラの抵抗変化やアース問題によって実効 S/N 比はボリューム・コントローラ位置によって変化するものであり、コントローラを絞った状態でもカタログ表記の 20dB から 30dB は悪い値を示すものと考えた方が無難です。

・・・とは言え、カセット・テープの再生音がドルビー HX NR をかけても実効 S/N 比 50dB 台 (ピークで 70dB 近く) なのですから 50dB の S/N が取れていれば音楽信号の中にノイズがあるとはなかなか気付かないものです。

通常、音楽を聴く時の音圧レベルは最大音量時でも 90dB-SPL ぐらい (耳の位置での値) ですので 50dB 低い位置にある 40dB-SPL のノイズは環境ノイズ (家の音から聞こえる音や衣擦れ音) に掻き消されてしまって気になるものではありません。

ヘッドフォンで聴いても 30dB-SPL 付近にある耳内血流音や自分の呼吸音が環境ノイズになりますので、70dB の S/N 比があればノイズがあるのかどうかも判らなくなるものです。

しかし、スピーカーに耳を近付けてしまえば上記仮計算のように正常なパワー・アンプ内蔵スピーカーでも環境ノイズとの違いを聞き分けられる 40dB-SPL ほどのノイズを間近で聴けるようになります。

ノイズ量が製品個体差の範囲内に収まる許容範囲にあるものなのか否かの判断は難しいところですが、左右でノイズ量が違うとのことですので、個体差の大きな製品を手にしてしまったということなのでしょうね。

>上記の場合、問題は電源なのでしょうか、スピーカーの内部の故障なのでしょうか?

上記の説明により、問題はアンプ内部にあり、スピーカーには問題がないと推測できます。
(スピーカーに問題があるかないかは「別のアンプ」に繋ぐことで確認できます)

「ボリューム・コントローラや入力端子とは無関係に、電源を入れただけでブーというノイズがスピーカーから聞こえ、ノイズ量は左右 (製品) 間で大きく異なる」という場合の原因ですが・・・

「ブー」あるいは「ボーっ」というノイズは上記の説明や文字表現から電源ノイズではないと思います。

電源ノイズは 50Hz または 60Hz が主原因となりますので「ブーン」というように最後に「ン」の文字を加える「唸り音」で表現するものですが、ブー」あるいは「ボーっ」では電源ノイズよりも比較的高い周波数領域まで幅広くノイズが分散していると推測できます。

このようなノイズである場合はアンプ (パワー・アンプ段) の内部回路で発信 (ノイズを発生) が起こっていると考えられるのですが、回路上にはトランジスタやコンデンサ、レジスタ (抵抗) といった素子が無数に接続されていますので、どの素子が発信しているのかを特定するのは「測定器」がなければ推測できません。

対策は「製品を換える」以外にありません。

個人的見解ですが、数万円以上のアンプに接続したスピーカーに耳を近付けるとノイズが感じられるというのであればアンプの異常を疑うのも「アリ」ながら、1 本¥18,000 のパワード・スピーカーのスピーカーに耳を近付けると「ブー」とか「ボーッ」といったノイズが聞こえるのは当然だろうと思います。

ちなみに真空管式アンプですと何十万円もする高額アンプでもパワー・アンプ段の S/N 比は 100dB にも満たないものですので、実効 S/N 比を下げるボリューム・コントローラや各種回路部をよほど気を付けて設計しないことにはスピーカーに耳を近付けた時に「ブー」とか「ボーッ」といったノイズが聞こえるのは当たり前ですよ(笑)・・・トランジスタや IC 式では 100dB 以上の S/N 比が当たり前なのでさすがに問題視する場合もありますが、1 本¥18,000 のパワード・スピーカーを問題視するのは贅沢かもしれませんね(笑)。

これも個人的見解なのですが、YAMAHA MSP3 のようなスピーカーはパワード・モニター・スピーカーと言っても「広い周波数帯域に渡って細かい音色変化を聞き分けるモニター・スピーカー」ではなく「楽器音の音量バランスが整っているかどうかを聞き分けるモニター・スピーカー」ですので、再生帯域がナロー・レンジであろうと多少ノイズが混入していようと問題視するようなカテゴリーの製品ではありません。(御質問者さんの環境ではおそらく「細かい音色変化のチェックはヘッドフォンでするべき」だろうと思います)

このようなスピーカーは何百万円もするようなモニター・スピーカーとは別に「ラジカセやミニ・コンポなどではどう鳴るかを調べるために」ミキシング・コンソール上にチョコンと置かれているもので、何百万円もする JBL や Ray Audio といったスタジオ・モニター・スピーカーが知られるようなったオーディオ全盛期の 1980 年代には AURATONE 5C というカー・ステレオにも採用されそうもない小さなスピーカーをよく目にしたものです・・・下記参照 URL

参考URL:http://speaker.kir.jp/hoka-f/5c.htm

アンプのパワー・アンプ段に問題が生じているように思います。

>ボリューム等ツマミは全て0にし、その他の接続している機器も外しましたが、電源を入れるだけで鳴っています。

これによりアンプのパワー・アンプ段以前の回路から出るノイズはほぼゼロになりますので、残る原因部はパワー・アンプ段とそこに電気を供給する電源部ということになります。

アンプは入力信号のインピーダンス (交流抵抗) を整えて電圧を増幅するプリ・アンプ段とトーン・コントローラやボリューム・コントローラなどの制御部を経...続きを読む

Qスピーカー、アンプは劣化するのですか。

 ここ25年以上全く使わなかった、スピーカー、アンプを最近また引っ張り出して音楽を楽しんでいます。アンプは電源を入れた時、ガリガリと音がしますが、しばらくすると安定します。スピーカーの音は、昔(2~3年ぐらいの間使用)と比べてどう変化したかはよく解りません。気のせいか音は少し鈍く(?)なったような気がします。
 なんかの雑誌で、アンプは何年経っても問題は少ないが、スピーカーは劣化すると読んだような記憶があります。全然使用してなくても劣化するのでしょうか。
 ちなみに、使用のアンプとスピーカーはビクターのJA-S5とSX3です。
もう25年以上も経っているのであきらめてはいるのですが、どなたか詳しい人がいれば教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

スピーカーですが、2つの要素があります。

まず経年変化での劣化ですが、コーン紙の周りのダンパーがありますが、
あそこは古くなってくると硬くなって動きが悪くなって、最後は音圧に
負けて破れたりします。また、コーン紙も所詮紙なので、かびちゃって
たらちょっと苦しいでしょう。

もう一つは、エージングといって音楽信号を流しつづけるとその信号に
よって音が“成長していく”現象です。(細かい事は省略)
せっかく育ったスピーカーも使わずに長年置いておくと“新品同様に退
化(笑)”してしまいます。


アンプもエージングがあるので、使わないでほったらかしにするとせっ
かく良くなった音が新品のように退化します。
ところで、

> アンプは電源を入れた時、ガリガリと音がしますが、しばらくすると安定します。

これはボリューム類の接点が錆びてしまった状態と推測します。
接点が錆びると錆が半導体として働いてかなり音が悪くなります。
ちょっと部品を交換したりしてオーバーホールしないと苦しいかもしれ
ません。あとは、アンプの内部で使われている電解コンデンサという部
品が接点の次に寿命の短い部品なのですが、寿命は積算通電時間なので
25年のブランクは寿命にはあまり関係していないはずです。しかし、コ
ンデンサーもエージングされる部品なので退化は免れません。


といった所なのですが、お使いのセットの現物を知らないので判らない
のですが、もしも当時の高級品であればオーバーホールしてお使いにな
る事をお勧めします。パソコンと違って、オーディオはいつまで経って
も大抵値段なりの音で鳴ってくれます。決して25年前の20万円のアンプ
が現在のミニコンポに負けるような事はありません。へたった部品を現
在の良い物に交換すれば、なんとなく現在はアナログをないがしろにす
る雰囲気があるので当時10万円クラスの物だったら現在の10万円クラス
より良いかもしれません。流石にハイエンドだとそうも行かないでしょ
うけれど。(いや、雲の上クラスだとまた判りませんね。)

スピーカーですが、2つの要素があります。

まず経年変化での劣化ですが、コーン紙の周りのダンパーがありますが、
あそこは古くなってくると硬くなって動きが悪くなって、最後は音圧に
負けて破れたりします。また、コーン紙も所詮紙なので、かびちゃって
たらちょっと苦しいでしょう。

もう一つは、エージングといって音楽信号を流しつづけるとその信号に
よって音が“成長していく”現象です。(細かい事は省略)
せっかく育ったスピーカーも使わずに長年置いておくと“新品同様に退
化(笑)”してしま...続きを読む

Qスピーカーの+-逆だとだめですか?

スピーカーの接続をする際+と-を逆に接続した場合も音は鳴りますが、そのまま放置しておくと何か不都合が起きるんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆相接続(+-が逆)に接続しても、特に不都合は無いですが、
特に理由がない限りはスピーカーやアンプの指定通り接続した方がベターです。
ただし、対になっているスピーカーの片方だけを逆に接続するのはダメ。

音の納まりを自分好みにする為にウーハーなどを意図的に逆に接続する人もいますし、
最初から逆相接続で設計されているスピーカーもあります。
ご参考までに。


人気Q&Aランキング