質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

当社は、8時から17時、17時から2時の2交代で工場を稼働させています。(日曜原則休み)

原則交代勤務なのですが、ある従業員が夜勤専属でやらしてほしいと申し出て来ました。

収入や、家族の問題だそうです。また、交代する際の体の調整もしんどいそうです。

健康上の問題もあるかと思い、拒否していますが、法的な根拠はわかりません。

そこで質問なのですが、夜勤専属で働かせるということは法違反になるのでしょうか?

6か月に一度健康診断を受けさせれば問題はないのでしょうか?

どなたか、詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

連続勤務は問題有りません。


但し、週休2日が原則です。
理由は、日付が股がっている為、2日間の休みを与えないと、日にち的には年中無休と言う事になり、休みを与えていない事になってしまうからです。

例えば‥週6勤務で月曜日から土曜日の勤務だとします。
土曜日の晩は日曜日に股がっていますから、実質的には月曜日から日曜日まで全ての曜日を勤務した事になります。

一定の休みを与えないのは、労基法違反になります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

良くわかりました!ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/12 13:15

pu2pu2訂正です。



《週休2日》と言いましたが、正確には《週休2日連休》です。
前回答でお分かりかと思いますが、飛び飛びの2日では意味が無いのです。

長年深夜勤務オンリーで、人を使って来ました。
この休日の件については、私も厳しく会社から言われていました。
労基法に引っかかるから必ず守る様にと。

何度もお邪魔して失礼致しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もう一つ教えていただきたいのですが、土曜夜勤を24時で終了(7時間労働)すれば、
週休2日でなくてもよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

お礼日時:2011/03/12 16:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護施設の夜勤シフトについて

老健で介護職に就いてるものです。
うちの職場は、人手が足りないせいか、夜勤が連続3回、しかも、夜勤明け休みではなく明けの翌日で夜勤、みたいなのがけっこう平気であります。
私の職場では夜勤は、職員によっては生活リズムを崩したくない、もう一つアルバイトをするから夜勤には入りたくない、ということで、フロアーによっては一月に9回も夜勤入りする人もいます。

以前の職場は病院だったんですが、夜勤明けは必ず休みでしかも、夜勤回数は3、4回がせいぜいでした。

今の職場は夜勤も多い分、収入は増えたのですが、仕事もきつい上に、夜勤明けが必ずしも休みではないせいか、体調を崩してしまいそうです。

今の介護施設の状況というのは、どこもこんなものなんでしょうか?

Aベストアンサー

貴施設はあなたの体に対して楽観視しすぎているように思います。いくら何でも夜勤9回は多すぎると思います。私も施設に勤めていて夜勤もしますがせいぜい多くて、月5回です。夜勤が多い分給料も増えているようですが、その分貴方様の健康に重大な悪影響を及ぼしているようにしか思えません。職場は労働基準法にもあるように従業員の健康維持に努めなくてはならないことがかかれていると思います。9回?どうでしょうか。体の負担が大きいから、法律上、夜勤は多く賃金を払わなくてはならないと明記されているんです。それはやっぱり負担が大きいから、賃金も上がるんですよね。法にもそう明記されているのに、貴施設は普通じゃないと思います。いまは健康かもしれませんがもし疾患にかかったときその代償はきっと大きいと思いますよ。夜勤は全身機能の免疫を弱めてしまいますし、脳にも悪影響を及ぼすと思います。だいたいそういうところに限って何かあったときは「体調管理がなっていない、自己の問題。」と言ったりすると思うんです。そして体調を崩しても施設は何も負担を負ってくれなかったりすると思うんです。体が夜勤を続けていくコンディションでなければ、やめればの一言で終わりです。どう考えても施設があなたの体のことを考えているとは思えないんです。主観も入りましたが、なんにせよどうか無理だけはなさらずに・・・

貴施設はあなたの体に対して楽観視しすぎているように思います。いくら何でも夜勤9回は多すぎると思います。私も施設に勤めていて夜勤もしますがせいぜい多くて、月5回です。夜勤が多い分給料も増えているようですが、その分貴方様の健康に重大な悪影響を及ぼしているようにしか思えません。職場は労働基準法にもあるように従業員の健康維持に努めなくてはならないことがかかれていると思います。9回?どうでしょうか。体の負担が大きいから、法律上、夜勤は多く賃金を払わなくてはならないと明記されているん...続きを読む

Q夜勤明けの日にまた夜勤

各種用語の正確な使い分けが分からないため、不正確な書き方になるかも知れませんが、ご了承ください。

当方、夜勤のシフト勤務なのですが、夜勤明けの日に、続けて夜勤するよう指示されました。それも、5日連続です。

17時出勤、翌日9時退勤で、途中3.5時間仮眠時間があり、3人交代で勤務しています。ですから、普段は1人当たり1ヶ月に約10回勤務しています。また、普段はうまく交代で勤務することでA氏が夜勤明けの日はB氏が出勤、B氏が夜勤明けの日はC氏が出勤、などの形を取っています。

ところが、今回諸事情(ヤヤコシイので割愛させてください)から、上記のような夜勤明けの日に続けて夜勤に入る、という勤務を5回続けるよう指示されました。9時に退勤して17時にまた勤務に入るのもシンドいですが、それを5日も続けるのは正直嫌です。

もちろん、医療関係の方など、はるかに過酷な条件で働いている方からは「甘い」と言われてしまいそうですが、少なくとも法律に照らして、これは合法なのでしょうか? 抵触する場合、どのような法律条項に、どのように抵触するのか、上記のような指示に対して、どのように抵抗・抗弁ができるのかについて、ご相談いたします。

このような勤務をするよう指示されたのは来月のことで、シフトはまだ調整中です。出来れば、このような無理なシフトを組まずに済ませたいと思っております。お知恵をお貸しください。

よろしくお願いします。

各種用語の正確な使い分けが分からないため、不正確な書き方になるかも知れませんが、ご了承ください。

当方、夜勤のシフト勤務なのですが、夜勤明けの日に、続けて夜勤するよう指示されました。それも、5日連続です。

17時出勤、翌日9時退勤で、途中3.5時間仮眠時間があり、3人交代で勤務しています。ですから、普段は1人当たり1ヶ月に約10回勤務しています。また、普段はうまく交代で勤務することでA氏が夜勤明けの日はB氏が出勤、B氏が夜勤明けの日はC氏が出勤、などの形を取っています。

ところが、今回諸...続きを読む

Aベストアンサー

法律に照らしてなら何も問題ないと思います。
夜勤明けでそのまま昼も勤務し更に夜勤なら問題でしょうが、夜勤連続5日間というのは何の問題もないでしょう。
昼夜交代制の事業所では1週間昼勤、次の1週間は夜勤というのが普通でしょうし。

Q夜勤明け、これは休日?

土日祝日休みの工場で3交代勤務しています。一番遅い番で21時30分~終わりが6時です。と言う事は土曜日の朝が定時なんですが…コレッて土曜日休みなんでしょうか?何か腑に落ちなく損してる気分です。ただ,週の始まりが月曜日の夜からなんで…どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 
休みがいつか、って考えるより働いてる時間を計算しましょう
4週間の勤務時間が160時間が労働基準法の規定の時間です
それ以上なら超過勤務として割りまし賃金が発生します

 

Q勤務時間と勤務時間の間は8時間空けないといけない?

勤務時間と勤務時間の間は8時間空けないといけない?

09:00-18:00 通常勤務(昼休憩1時間含む)
18:00-02:00 8時間残業
帰宅
09:00から出社

上司より、2:00帰宅~9:00出社では7時間しか間隔ない。
8時間空けないと労働基準法に違反すると言われました。
本当でしょうか?

Aベストアンサー

労基法には、そのようなことは書かれていません。

>上司より、2:00帰宅~9:00出社では7時間しか間隔ない
この感覚がおかしい、2:00まで残業していることに注目して、
ここまで残業させないようにするのが上司の役目。
(通常は経費節減で、残業しなくてもいい職場環境を目指すものです)

ちなみに
18:00~22:00までは2割5分の割増が発生します。
22:00~2:00は3割5分の深夜手当がつきます。

残業代はちゃんと残業時間分支払われていますか?

Q夜勤による体調不良?

最近、今までにないくらい体調が悪くなってしまい、
同じような症状の体験がある方、もしくは医療関係者の方の
アドバイスを頂きたく、投稿しました。
もちろん自分でお医者さんに見て頂くのが一番なのは
承知していますが、初めてのことで何科にいけばいいのかもわかりません。
又、新しい職場が多忙で、当分お医者さんにかかれそうもないため、
それまでに少しでも状況をよくしたいという想いです。

先月から、夜勤あり、三交代の小売業で働くようになりましたが、
夜勤を経験した日から体調を崩してしまい、治りません。
主な症状は

・夜勤中、明けのタイミングで猛烈な吐き気に襲われる。
・夜勤中に変な汗を大量にかく。
・日勤中も休日もひたすら眠く、休みは寝てるだけ、仕事はミスを誘発している状態。
・食欲が異様に増え、体重が加速度的に増えている。

こんな感じです。
思い切って先輩、上司に相談したら
「お前はそんなに体が弱いのか?」
「そんなもんは、気合い。お前の気合いとやる気が足りないだけ」
と、相手にしてもらえません。

○○という症状の疑いがある、くらいのお話でも構いません。
少しでも医者に行く時間がとれるまでに情報がほしいです。
気合いが足りないって言われたって、泣きたいくらい辛いんです。

よろしくお願いします。

最近、今までにないくらい体調が悪くなってしまい、
同じような症状の体験がある方、もしくは医療関係者の方の
アドバイスを頂きたく、投稿しました。
もちろん自分でお医者さんに見て頂くのが一番なのは
承知していますが、初めてのことで何科にいけばいいのかもわかりません。
又、新しい職場が多忙で、当分お医者さんにかかれそうもないため、
それまでに少しでも状況をよくしたいという想いです。

先月から、夜勤あり、三交代の小売業で働くようになりましたが、
夜勤を経験した日から体調を崩してしまい、治...続きを読む

Aベストアンサー

ワシも仕事で夜勤があるけど、夜勤では生活リズムを無視した
活動を行いますから自律神経が狂います。

>・夜勤中、明けのタイミングで猛烈な吐き気に襲われる。
過労(慢性疲労)です

>・夜勤中に変な汗を大量にかく。
自律神経のバランスが崩れている

>・日勤中も休日もひたすら眠く、休みは寝てるだけ、仕事はミスを誘発している状態。
寝不足で慢性疲労

>・食欲が異様に増え、体重が加速度的に増えている。
自律神経のバランスが崩れているのでへんな時間にお腹が空くのです。

夜勤つーても職場によってピンきりで仮眠が4~6時間あるような
ところだと体の負担は軽いです。夜勤明けも普通に活動できます。

夜中ずっと起きているような職場だとかなりハードですよ。
(ワシも今はこっちです)
夜勤明けは帰宅後半日は寝ないと過労になります。
たまには連休がないと体が重いのが抜けません。

それとハードな夜勤を続けると変な時間にお腹が空くので
肥満になったり高脂血症になりやすいです。
私も180センチ63キロと瘦身体にも関わらず数年間高脂血症になりました。
ワシは何とか正常範囲に戻りましたが、夜勤を続けている同僚の多くは
健康診断で「高脂血症の為、要経過観察」と書かれています。

夜勤手当を目当てにこのままがんばるか、体が合わないなら
仕事をやめるかは個人の自由ですね。ワシの場合は定年になったら
嘱託で仕事を続けることも出来るけど間違いなく定年を境に辞めますね。

>「お前はそんなに体が弱いのか?」
>「そんなもんは、気合い。お前の気合いとやる気が足りないだけ」
言っちゃ悪いけどいい職場じゃないね・・・。

ワシも仕事で夜勤があるけど、夜勤では生活リズムを無視した
活動を行いますから自律神経が狂います。

>・夜勤中、明けのタイミングで猛烈な吐き気に襲われる。
過労(慢性疲労)です

>・夜勤中に変な汗を大量にかく。
自律神経のバランスが崩れている

>・日勤中も休日もひたすら眠く、休みは寝てるだけ、仕事はミスを誘発している状態。
寝不足で慢性疲労

>・食欲が異様に増え、体重が加速度的に増えている。
自律神経のバランスが崩れているのでへんな時間にお腹が空くのです。

夜勤つーても職場によっ...続きを読む

Q月6回の夜勤+日勤は違法ですか?

民間の物件管理会社で働いています。
組合はありません。

契約物件が多数あり、物件の24h管理を行う業種ですが、当然夜勤があります。
夜勤はおもに緊急対応や夜間業務(夜にしかできない工事など)ですが、
契約件数が多い為、緊急対応や夜間業務も、それなりにあります。

表題では6回と書きましたが、夜勤回数が月に7回あり、7回のうち6回は夜勤を明けた後も通常の日勤があります。(1回は夜勤後帰宅できる)
仕事が片付かなければ更に残業もありえます。
24h勤務+翌日の日勤(33h拘束)が6回必ずある事は、違法性が無いのでしょうか?

また違法性がなかった場合、この様な勤務体系だとすると、残業や夜勤手当など、どのような給与加算割合があるのが正当なのでしょうか?


自分でも調べてみましたが、宿日直や宿直、当直、夜勤など、言葉との区分に悩んだため、
質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

変形労働は、対象期間、通常は1ヶ月か1年ですが、この間を通じて平均して週40時間であれば、日々の所定労働時間をスケジュールによって変化できる制度です。
例えば、第1週の労働時間を44時間にして2週は36時間に設定すれば、平均すれば40時間ですからその時間内であれば割増不要という制度です。
業務に繁忙がある職種などは、その期間だけ長めの所定労働時間に設定する事によって、割増対象の時間を減らす事が可能です。
ただ、制限もあって無限に変形できるわけではありませんし、事前に明確な規定や個別の労働時間も決めていなければなりません。具体的には設定期間にもよりますので、就業規則等に規定があれば、その規定が合法かどうか調べた方が簡単です。

Q6日連続夜勤

こんにちは^^

夜勤6日連続は

労働基準法に違反していますか?

違反しているなら、どこに相談に行けばいいですか?

詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

トータルの就労時間は何時間になるのですか?
あと、何時から何時までなのですか?
一般的に夜勤と言っても、通常の夜間なのか深夜なのでも
違うと思いますし、職種によっても違うのではないですか?

相談は弁護士か法律相談所(役所でやってることがあります)
労働基準監督署でも相談できるとは思いますが
単純に夜勤6日だけでは、違反になるとまでは思いませんが

Q夜勤手当が支給されません

現在シフト勤務で17時~翌9時まで働いております。

現状についてですが、22時~5時までの深夜割増賃金
が支給されておりません。これは違法なのでしょうか?

このことについて私の上長に尋ねたところ、
「深夜手当という考えは一切なく、そのような決まりは
変えられる時代です。勉強のために労働局に相談する
のは結構ですが、会社の就業規則も労働局の認可を得て
います」
といった内容の回答を頂きました。

もはや何が正しいのか自分の判断では分からなくなって
います。
どうか皆様のお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

事前にいくつか確認しないと確実な回答が出来ませんが、一般的なコメントをします。

>現状についてですが、22時~5時までの深夜割増賃金
>が支給されておりません。これは違法なのでしょうか?

【違法です。】

仮に労働時間の算定概念が薄い管理監督者でも深夜割増賃金の対象です。

例外もいくつかあります。
例えば、労基法第41条第3号にもとづくものとして労働基準法施行規則第23条に定める日直・宿直勤務があります。これは労基法第41条第3号が常態として断続的な労働について規定しているのに対し、常態としては通常の勤務をし、時間外又は休日にいわゆる宿直・日直という特定の業務につく者を定めたものです。この場合は「日直・宿直勤務手当」を定めているでしょう。
 したがってその業務は原則として定期的巡視、緊急文書の収受、非常事態発生の際の準備等に備えるものでなければなりません。本来の業務の延長と考えられるような業務を処理するものは、たとえ宿直の勤務といっても宿直ではありえず、時間外勤務との判断が妥当でしょう。

 もしprimal3917さんが医師・看護婦であった場合は医療法により宿・日直が義務づけられていますので、医師・看護婦の本来業務であっても、特定の簡易な業務(定期巡回・定期検温・検脈等)については、宿・日直勤務中に処理しても労働時間に換算しなくても良いとされています。ただし、宿・日直中に本来の業務、例えば医師が宿直中に救急患者の診療等の業務に従事したような場合には当然に時間外労働になりますから、宿直手当とは別に、割増賃金を支払うこととなります。この医師の例のような、宿直または日直勤務中に本来の業務に従事することがしばしばあれば、その勤務は宿・日直勤務に該当せず当然に取り消されることとなり、本来の業務に従事することが稀である場合には、宿・日直の許可は取消されることなく、その時間において労基法第33条または36条による時間外労働の手続きをとり、かつ37条の割増賃金を支払えばよいとされます(昭和24年3月22日基発第352号)
 
 他に、睡眠施設が整備されていること、その回数が1週1回(日直においては1ケ月1回)の基準であること等の許可条件があります(昭和22年9月13日基発第17号)。当該勤務が通常の労働と混同され濫用されないように歯止めがあります。

 ご質問の内容においてもう少し情報が欲しいことに加え、具体的にどの様な職務なのかにより判断も異なります。貴社の人事部門(勤労・労務・労政部門)または中央労働基準監督署・厚生労働省労働基準局・ハローワーク(公共職業安定所)等にて再度ご確認ください。 

 また、労働時間に関しても通常は8時間を超える労働は残業の対象ですが、変形労働時間制がありますので一概に当該労働日に8時間を超えた勤務があるからといってもイコール残業確定とは言い切れません。

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/week/970415-3.htm,http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/jirei/04-Q04B1.html

事前にいくつか確認しないと確実な回答が出来ませんが、一般的なコメントをします。

>現状についてですが、22時~5時までの深夜割増賃金
>が支給されておりません。これは違法なのでしょうか?

【違法です。】

仮に労働時間の算定概念が薄い管理監督者でも深夜割増賃金の対象です。

例外もいくつかあります。
例えば、労基法第41条第3号にもとづくものとして労働基準法施行規則第23条に定める日直・宿直勤務があります。これは労基法第41条第3号が常態として断続的な労働について規定してい...続きを読む

Q勤務時間が労働基準法的にはどうなんでしょうか?

今年の2月から、ある会社に就職をいたしました。
その会社は、12時間で2交代(24時間営業)です。
勤務は8時~20時、20時~8時 (休憩時間は無し・・・職務中に弁当と自席で食べる程度)。残業は無し。
職種は、事務一般及び電話受付です。
雇用形態は正社員。出勤は2勤1休のシフト制で祭日等のカレンダーは全く関係ありません。

そこで、質問です。
勤務は月20日×12時間で240時間 年間にしますと2880時間
これは、法律的に問題は無いのでしょうか?
仮に休んだとしても、振り替えという事で、シフトを調整する程度で、
実際に休みが増えるわけではありません。
それともう一つ。
昼勤務8:00~20:00 夜勤務20:00~8:00 が月ごとに入れ替わるのですが、給料が全く一緒です。深夜労働に関しての割り増し??が確かあったようなのですが、同じ給料でも良いんでしょうか?

深夜での労働が非常に肉体的にきついので、法律的に問題があるようならば、会社にお願いをしてみたいと思います。

是非、皆様のお知恵を拝借したいと思っています。

今年の2月から、ある会社に就職をいたしました。
その会社は、12時間で2交代(24時間営業)です。
勤務は8時~20時、20時~8時 (休憩時間は無し・・・職務中に弁当と自席で食べる程度)。残業は無し。
職種は、事務一般及び電話受付です。
雇用形態は正社員。出勤は2勤1休のシフト制で祭日等のカレンダーは全く関係ありません。

そこで、質問です。
勤務は月20日×12時間で240時間 年間にしますと2880時間
これは、法律的に問題は無いのでしょうか?
仮に休んだとしても、振り替えという事で、シフ...続きを読む

Aベストアンサー

順番に回答します。

>その会社は、12時間で2交代(24時間営業)です。

これ自体は違法とは言えません。労働基準法の中で「変形労働時間制」というのがあり、1ヶ月以内の単位で平均して週40時間以内なら問題なしです。ただ、2勤1休だと週56時間労働になるので16時間分の割増賃金の支払いは必要になってくるでしょう。(仮に1時間休憩だと51時間1/3なので1週あたり11時間20分の割増賃金を払う必要あり)

>勤務は8時~20時、20時~8時 (休憩時間は無し・・・職務中に弁当と自席で食べる程度)。
ここは労働基準法第34条違反です。8時間を超える場合は1時間の休憩時間を与えなければなりません。また、休憩時間中は自由利用が原則です。

>深夜業
おっしゃるとおり、午後10時~午前5時までの労働は2割5分以上の割増賃金が必要ですので違反です。

ただ、法解釈は専門家に実際に見てもらって判断する必要があります。できれば、会社に労働基準監督署に相談に行ってもらい、指導を受けるのがベターですが、無理なようなら監督署に指導してもらうと良いでしょう。

順番に回答します。

>その会社は、12時間で2交代(24時間営業)です。

これ自体は違法とは言えません。労働基準法の中で「変形労働時間制」というのがあり、1ヶ月以内の単位で平均して週40時間以内なら問題なしです。ただ、2勤1休だと週56時間労働になるので16時間分の割増賃金の支払いは必要になってくるでしょう。(仮に1時間休憩だと51時間1/3なので1週あたり11時間20分の割増賃金を払う必要あり)

>勤務は8時~20時、20時~8時 (休憩時間は無し・・・職務中に弁当と自席で食べ...続きを読む

Q8時間を越えたときの休憩時間

8時間を越えて就労させる場合の休憩時間についてお教えください。

労働基準法では
労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、
8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を
与えなければならない。となっていると思います。
しかし「8時間」を越えて「少なくとも1時間」という事は
「1時間の休憩を与えれば」「8時間を超えて就労させても良い」と読めます。
以前勤めていた会社では定時が8時間で、間に1時間(50+10分)の休憩があり、
その後残業をする場合には 残業開始前に10分の休憩を取るようになっていました。
これって当たり前だと思っていましたが
今の会社にはそんな規則はなく、そのまま残業に突入
その後も何時間残業しようと休憩時間は有りません。
確かに上記の解釈で言えば
8時間を越えても(たとえ16時間になっても)
その後はまったく休憩を与えなくても良い ことになります。
これって何かの法には触れないのでしょうか?

Aベストアンサー

3です。

>1時間以上の休憩を挟んで8時間働いたあとの残業に
休憩時間は(あった方が良いのは当たり前ですが)なくても良い
ということでよろしいでしょうか。

ということよろしいです。
休憩時間に関しては、労働基準法違反ではないので、もし問題があるのなら、時間外労働のほうだと思いまして、3のような回答を出させていただきました。


人気Q&Aランキング