冠状動脈  回旋動脈  狭窄
血小板  斑  方向性冠状動脈粥腫切除術
の6つです。
もちろん、いくつかだけでもいいんでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

回答は冠状動脈の粥状硬化症に関して、という観点からでいいんでしょうか。


冠状動脈は心臓を養っている動脈です。大動脈が心臓から出ているすぐのところから右冠状動脈、左冠状動脈の二本が起こり、心臓の外面に沿って走っています。
左冠状動脈は心臓の前面を下行する枝と、心臓の左側をぐるりと回って後ろ側に行く枝の二本に分かれているのですが、ご質問の回旋動脈とは、この後ろ側に回っている枝(回旋枝といいます)のことだと思います。
動脈の壁は外膜、中膜、内膜の三層構造なのですが、この内膜に脂質が集積して内膜が肥厚し、血管が狭くなってしまう(血管の狭窄)のが粥状硬化症で、動脈硬化の一種です。
これに関しては、前の方の参考URLをあたってみられるといいと思います。
脂質のたまった部分は、始めのうちは血管内膜の斑状の隆起として現れ、徐々に合体して大きな粥腫となります。
粥腫ができたところでは、血小板の凝集物である血栓ができやすくなります。
血小板は直径2~4μmの円盤状で、血中には15万~30万/μL存在していて、血管の損傷部に反応して凝集し血栓をつくります。

あんまり言葉の説明になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かな説明ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/28 13:36

「粥腫」煮関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「硬化はどう進むのか」
さらに、
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_21/pan …
(“おかゆ”状病変が崩壊・破綻する時)
http://www.chugokuh.rofuku.go.jp/circ/menu3.htm
(狭心症・心筋梗塞症と冠動脈造影検査)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_21/pan …
    • good
    • 0

冠状動脈


心臓は、血液を全身にくまなく送り出すことにより、脳、腎臓、肝臓などの重要器管にエネルギーを供給しています。
この心臓の活動を支えるために、酸素と栄養分を充分に含んだ血液が、冠状動脈を通して心臓の筋肉に送られています。冠状動脈は、心臓へ燃料を送るパイプの役目をしているわけです。

狭窄
胃の幽門や腸などが狭くすぼまっていること

血小板(gooの大辞林による)
血液の有形成分の一。無核でさまざまな形をした2~4マイクロメートルの小体。骨髄巨核球からつくられる。血液凝固に重要な働きをする。

以上の三つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。

お礼日時:2001/04/28 13:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動脈の狭窄

「大腿動脈に弓状の高度狭窄」という文章があるのですが、
これは狭窄の形状が「弓状」ということでしょうか?

Aベストアンサー

血管系はホースと同じで丸くなっています 凶作は血管が詰まるものと 血管がへこんでしまう物の2種類に分けられ
一つを血栓性凶作 一つを弓状凶作症といい 形が弓上にへこんでいますよ

Q皮膚腫瘍切除術(イボ切除)

いつもお世話になっております。

お伺いしたいのは、皮膚腫瘍切除術の点数です。

首やワキに小さなイボ(高齢の方にできるような小さなデキモノ)ができたので皮膚科で取ってもらうことにしました。小さなイボを取るだけなのですぐに済むと思っていたら後日、手術ということになりびっくりしています。手術の説明を受けてみると、皮膚腫瘍の疑いによる皮膚腫瘍切除術とのことです。
家に帰り、診療報酬点数表を見ても皮膚腫瘍切除術というのは載っていなかったのでお聞きしたいです。もしかして、皮膚悪性腫瘍切除術のことですか?

Aベストアンサー

数年前整形外科でどうにもかゆくなるいぼを二つ取ってもらったら、なんか麻酔かけてはさみだがメスだかで下の皮膚ごとえぐり取られ、取ったのを検査に回されビビりました。
検査結果は表皮なんとかガンとかいうやつで、良性だから全然気にするなとの事でした。

その何年か後にまたいぼが出来てかゆくなったので、違う病院(外科)に行った所、麻酔はしましたが糸でギュッとしばって、数日したらぽろっと取れるからねとのこと。
前の時は検査に出したりしたんですが…と聞いてみたら、別に悪いのじゃないと思うからその必要はないと言われました。
値段も前の時の十分の一くらいで済みました。ホントに三日くらいでぽろっと落ちて、跡も残りませんでした。しばり口は痛かったですけどね。

ちなみに前の病院では行ったその場で手術でした。前の病院の先生は慎重な方だったんだなと思うことにして、また出来た時には、もう次の病院にすぐ行きました。
私のもそれこそ高齢になると出来やすいいぼらしく、まだ三十代んなのに残念ながら数年ごとに場所は違うけど出来るので、また次出来てもやっぱり二番目の病院に行くと思います。

さっきも書きましたが、悪性かどうかは検査してみてわかる事ではないでしょうか。お腹の中に出来る腫瘍でもそうですよね。

数年前整形外科でどうにもかゆくなるいぼを二つ取ってもらったら、なんか麻酔かけてはさみだがメスだかで下の皮膚ごとえぐり取られ、取ったのを検査に回されビビりました。
検査結果は表皮なんとかガンとかいうやつで、良性だから全然気にするなとの事でした。

その何年か後にまたいぼが出来てかゆくなったので、違う病院(外科)に行った所、麻酔はしましたが糸でギュッとしばって、数日したらぽろっと取れるからねとのこと。
前の時は検査に出したりしたんですが…と聞いてみたら、別に悪いのじゃないと思うから...続きを読む

Q血小板の輸血について

血漿成分や血小板を輸血のために採血する際,一度採血したものを遠心分離し採取すると聞きました.採血したものをそのまま輸血するのに比べて,血液を遠心分離などの操作により感染するなどのリスクはないのでしょうか?また成分輸血はどのようにして採取しているのか具体的に教えてください.

Aベストアンサー

成分献血ですね。先日採りました。
通常の献血で200CC、400CCの採血をした場合も、結局遠心分離機で血漿成分や血小板を取り出して、輸血に利用するそうです。
遠心分離と言っても、無菌状態の容器に血液を採り(腕から直接繋がる)その容器内で遠心分離し、必要な血漿成分や血小板だけを取り出しますので、特に問題ないでしょう。外気には触れません。
また、残った赤血球などは、採血者に返されます。
一度、成分献血を行ってみてください。すぐに理解できますよ。
400CCの献血よりも、体の回復は早いです。

Q血小板の値

2週間くらい前から右の脇腹がちょっと痛かったので、昨日総合病院に行き
血液検査と採尿をしました。
結果的には、脇腹の痛みは何とも無かったのですが、
血液検査で血小板の値が7.7万と低い値でした。
その他の値は正常で、貧血もありませんでした。
先生からは、何回か血液検査をして、血小板の値が低くなってくるようだったら
詳しく検査をした方が良いと言われました。

血小板の値が正常の半分くらいの場合、何か病気という事はあるのでしょうか?
また、低くても日常生活に支障はないのでしょうか?
検査をすれば良いのは分かっているのですが、
どうしても不安な気持ちが先走ってしまいます。
専門の知識をお持ちの方、相談にのってください。
お願いします。

ちなにみ、私は21歳の女性です。

Aベストアンサー

採血の際に、血小板が凝集すると血小板低値という結果が出ることがあります。
血小板を測定する時に使用する入れ物の中には、EDTAという物質が入っておりこれに反応して血小板が凝集する人が時々いるので、そういったことが疑われる場合はヘパリン採血で再検査をするのが普通だと思います。

実際に再検査でも血小板低値が指摘されれば、もう少し詳しい検査が必要になります。血小板7.7万では明らかな出血傾向はないことが多いと思います。もちろんこの程度で通常の日常生活に支障が出ることも少ないでしょう。

再検査でも低値の場合、何らかの疾患である可能性は当然ありますからちゃんと検査を受けられたほうがよいと思います。

Q小児の気管狭窄について

はじめまして。私の弟のことで質問があります。(弟は、今7歳です)
弟は、出生時未熟児で生まれ、肺の機能が弱かったため、呼吸を助けるため人工呼吸機を挿管しました。
その後、自発呼吸が出来るようになったため、人工呼吸機を抜いた時に、気管内から出血したので、それを止めるために、人工鼻の管を鼻から入れ、入れたままにしました。
そして、人工鼻の管を抜こうとした時気管を見たら5ヶ月もの間、気管に人口鼻の管が入っていたため、声帯の近くがむくんで気管がくっついてしまっていました。そのため、気管切開をし、カニューレを入れました。
それから7才になるまで数回にわたり、カニューレを抜き、気管を広げるための手術を繰り返したのですが、結局現在に至るまで、抜管は出来ていません。
今年の7月には、気管内をレーザーで焼き、気管を広げる手術をしましたが、結局1ミリ広がっただけです。また、声帯のすぐ近くが狭くなっており、そのうえカニューレも入っているので、声も出せません。
主治医の先生によれば、日本にはこのような症例がなく、また文献も少ないので、全て手探りのような状態で治療を進めている、とのことでした。

そこで質問なのですが、このような気管狭窄を治し、また声も出せるような治療例、治療法は、どのようなものがありますか?もし分かる方がいらっしゃいましたら、ぜひ解答頂きたいと思っています。よろしくお願いいたします。

はじめまして。私の弟のことで質問があります。(弟は、今7歳です)
弟は、出生時未熟児で生まれ、肺の機能が弱かったため、呼吸を助けるため人工呼吸機を挿管しました。
その後、自発呼吸が出来るようになったため、人工呼吸機を抜いた時に、気管内から出血したので、それを止めるために、人工鼻の管を鼻から入れ、入れたままにしました。
そして、人工鼻の管を抜こうとした時気管を見たら5ヶ月もの間、気管に人口鼻の管が入っていたため、声帯の近くがむくんで気管がくっついてしまっていました。そのため、...続きを読む

Aベストアンサー

気管狭窄症の患者さんには数名かかわっておりましたが、いずれも苦労ばかりです。お話からはかなりのレベルまで治療のできる施設と思われます。現状以上を望んでもなかなか難しそうな印象です。
強いて実績の高い病院と言えば
 高槻市にある高槻病院小児外科 山本先生
 兵庫県立こども病院 小児外科 津川先生
おそらく今の病院の先生もご存じでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報