こんにちは、大学生です。
昔、サークルで、「哲学研究会」の人と話していた時、たまたま音楽の話題になりました。
クラシックのお勧めを聞かれ、個人的にはサティとラヴェルが好きだと答えたら、そいつは、
「サティやラヴェルが好きな人は軽いというのが哲学研究会のスタンダード」と
ぬかしやがりました。(ちなみに何を聞いていれば哲学研究会で中身のある人だと思われるのかは質問しませんでした。)
自分は3歳からピアノを習っており、サティとラヴェルが好きだという事には自分なりの美学が(仰々しい言葉ですみませんが)ありました。
その人は両親の意向で入れられた音楽中学から、あまりにも素質がないため普通高校に転校した人です。
もちろんカラオケでも「にしおかすみこ」なみの音痴でした。しかもサティとラヴェルのCDを一枚通して聞いた事さえないらしいのです。サティをバカにする資格があるとは思えません。
こんなくだらない質問で申し訳ありませんが、サティとラヴェルに軽い印象を持っている方は割と多いのでしょうか。少しでも気になった方は回答してくださいますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まず、回答が遅れたことを、


率直にお詫び申し上げます。

サティのほうはあいにく良く判りませんが
ラヴェルに関しては・・・・・・・・。

>ラヴェルが好きな人は軽いというのが
哲学研究会のスタンダード

信じられない・・・・・・・・・・・・・・
オー・マイ・ゴッド・・・・・・・・・・・
なんちゅう哲学研究会だ・・・・・

おそらく、その方々は、
ラヴェルのオーケストレーションを
生演奏で体験した事がないのかと思われます。
でなければよほどひどい演奏だったか。
とてもそうとしか思えない・・・・・・・。

十年位前、アラン・ギルバートさんの指揮、
札幌交響楽団の演奏で
ラヴェルの「マ・メール・ロワ」を
聴いた事がありましたが、

ホール中の空気が震え、
今まで体験した事がない美しい音響が・・・・・・

後で音楽に詳しい人にその事を話しましたら、
「ああ、ラヴェルは音響をとても上手に使って
作曲する事で有名だからね。
CDだとほとんどその良さは再現できないから・・・。」

無知うんぬんの問題というより
最高級の体験の機会を取り逃がしているのでは。

普段であればこんなに遅れた回答は
あえてしないで通り過ぎるのですが、

>少しでも気になった方は回答してください

少し気になるどころか、
とても看過できませんでした。
よって回答させていただきました。
重ねて、お詫び申し上げます。

あの感動はいまだに忘れられません。
    • good
    • 0

ラベルは、一本跳んだところがあります。

顔を見てもわかります。ボレロも同じメロディーを延々と繰り返す、一種の偏執狂的なところがある。とても軽いとは思いませんが。

フランスの音楽家は、ドイツと対抗して、ベートーベンやブラームスの真似ととられるのを嫌うところがありますから、思いっきりはずしてきます。そんなところが軽いと感じられるのかもしれません。

ドビッシーもその典型ですが、彼の弦楽四重奏なんか、ドイツ的な臭いがします。
    • good
    • 0

哲学のカテで訊いてみては。



それと、
多分その人はジグノベディーとボレロしか知らないんじゃないでしょうか。
世間の偏見イメージでは他にも、ラベルがドビュッシーと、サティーがリチャード・クレイダーマンとセットでいっしょになっている人も結構多いような気もしますw。

↓の方に洒落をかましたコメントがありますが、伝わっていないんでしょうね・・・。
    • good
    • 0

 「ドイツ音楽」こそが正当な音楽で、他の音楽は亜流だ。


 音楽の「3大B」は「バッハ、ベートーベン、ブラームス」であり、音楽芸術はドイツにおいて生まれ、発展した。バッハの「平均律」は音楽の旧約聖書であり、ベートーベンのピアノソナタは音楽の新約聖書である。
 崇高な芸術音楽はドイツ音楽であり、それ以外の国の音楽は、表面的で深みに欠ける。

 といった「ドイツ音楽至上主義」が日本には蔓延していますね。フランス音楽は、享楽的で軽薄で深みに欠ける、という意味で「軽い」と言われているのだと思います。
 それは一種の教条主義的なものではありますが、一面音楽の本質に起因するものでもあります。

 限られたスペースなので、詳しい話は

   岡田 暁生・著「西洋音楽史 ―「クラシック」の黄昏」(中公新書)¥819

を見ていただくとして、19世紀ヨーロッパには、
(1)虚飾を廃し宗教や哲学に比肩するような「深さ」や「内面性」を求める音楽
  →ドイツ音楽であり、暗い客席でかしこまって、静かにありがたい演奏を聴く。
(2)パリに象徴されるグランド・オペラ/ヴィルトゥオーゾ・サロン音楽
  →サロン、社交場でのあくなき豪奢の追求と俗物化(成金化)。
という2つの流れがあったとのことです。

 良し悪しではなく、音楽の在り方として、「芸術」としてのとらえ方と、「楽しみ」としてのとらえ方の、両面性があるということです。
 どちらか一方の立場に立つと、互いに相手の見方が変わってくるので、両面性を認識して、2つの異なった立場があることを認めた上で議論しないと、ご質問のような「極端な見方」が出現することになってしまいます。

 ただし、最初に書いたように、日本には学校教育の影響か、「ドイツ音楽至上主義」に立つクラシック音楽愛好家が多いことは確かなようです。
(ポピュラー音楽はアメリカ、美術はフランス、というように、レッテルを張りたがるのが日本人なのでしょうか)
 
    • good
    • 1

フランス音楽は,


ドビュッシーもラヴェルもサティもエスプリが効いているというか,お洒落で,大好きです.
交響詩などは軽いとは思いませんが,ピアノ小品は「軽く」聴けますね.
しかし,バカにした意味ではなく,親しみやすいという意味です.

フォーレとフランクはちょっと構えますけど・・・

でも,本当に何を聴いていればいいんですかね.
マーラー,ブルックナー?
プロコとかショスタコ?
スクリャービン?

そんな人はモーツァルトもバカにするんですかね.
    • good
    • 0

軽いという印象は無いですね。

ベートーベンでもモーツァルトでもブラームスでも何でもいいですが、ある時代の独墺系の作曲家が「硬い」という印象はありますが。

自分はクラシックは近代・現代音楽から入ったので、そういう音楽が‘判断基準’になっていると言われても否定はしません。
クラシックというのはロマンや古典から入るライトリスナーがやはり多いと思いますが、そういうディアトニックや機能和声や規則的リズムにガチガチに縛られた色気の無い音楽だけをずっと聞いてきたリスナーが、比較論として近代音楽のことを「軽い」と判断してしまうというのもうなずけます。(あくまで自分視点の意見です。)


ちなみに、自分からしてみれば「芸術に哲学なんて不要。んなもん野暮。」って思ってます。(笑)その彼が「哲学研究会の人」とのことで、やはり納得。彼が芸術に求めている‘もの’もなんとなく伺えます。長くなるので詳しくは触れませんが、少なくとも自分とは違うのだろうということは言えると思います。


ラヴェルの音楽は(他のクラシックの人気作曲家同様に)大衆的な側面があるのは確かです。
でもサティを「軽い」等という者は、何もわかっていないと思います。人気・知名度のあるクラシックというのは多くは大衆音楽から生まれたものですが、その中にあって、サティは確実に難解な部類に入る音楽です。西洋音楽においての前衛音楽の祖と言ってもいいかもしれません。少ない音数でありながら、かなり頭を使わないと消化することは出来ないクセのある音楽だと思います。


それからもう一点。いくらクラシック好きとは言っていても、ドビュッシーを語りながら「一番好きなのは‘月の光’とか‘夢’」なんて言うリスナーは山程いるのです。その作曲家を消化出来ているのかいないのかもわからないような、そんなリスナーが溢れているクラシックリスナーの中で、「○○が好き=軽い」もしくは「○○が好き=堅物」等というレッテルなんてどれもあてにはならないですよ。「胎教にいいから」という動機でちょっとかじった主婦と、散々数を聴きアカデミックな面からとことん追求しているマニアックなリスナー(あるいは専門家)、このどちらも同じ作曲家を支持していたとして、どちらも「軽い人間」と言うのは無理ありません?
つまり、「ラヴェル好きは軽い」なんていう彼も、ラヴェル、あるいは彼が好きな作曲家を、どのくらい理解できているのか、自分からしてみれば全く信用出来ないです。彼の言葉を真に受けるにしても、最低限もう少し彼の音楽の趣味や音楽に対する姿勢を知ってからですよ。
    • good
    • 0

ゴールドブレンド赤ラベル は比較的、軽いコーヒーだったと思いますが




ラベル「ピアノ協奏曲」は比較的軽妙ながらもとても美しい。

ラベル「左手のためのピアノ協奏曲」は事故で右手を失った人のためにかかれた曲だけに少し重苦しくも美しい。


サティ「最後から2番目の思想」など、タイトルに軽いイメージがある。曲風は古典的クラシックよりも現代クラシックで軽妙です。

ベートーベンやブルックナーなどに比べると確かに軽いかもしれないが、中身の薄い軽さではないと思う。気にする必要はない・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコルトーのラヴェル”ソナチネ”とミュンシュ・パリ管の”亡き王女のためのパヴァーヌ”

長いタイトルですみません。
 コルトー      ラヴェルのソナチネ
 ミュンシュ・パリ管 亡き王女のためのパヴァーヌ
のCDを探しております。実はこれ2枚とも持っていたのですが、友人に貸したのだと思うのですが、なくしてしまいました。心から気に入っていたもので、たぶんこれよりいい演奏はないと思うくらい。ぜひもう一度買いたいのですが、国内はもちろん、海外AMAZONやHMVで探してみても見当たりませんでした。コルトーの方はAMAZONでUSEDならあったのですが、海外のUSEDはちょっと心配で。これって廃盤になってしまったのでしょうか。どなたかご存知のかたいらっしゃいませんか? ミュンシュの方などは国内でも普通に売られていた気がするのですが。
 良いCDほど人に聞いてほしいから貸してしまって、いいCDほどなくなってしまいます。ちゃんと覚えてない自分が悪いのですが。。。

Aベストアンサー

#1~#4です。
とりあえず、品番と曲目は分かりましたよ。あとは、直接、お店に問い合わせるのもいいかと。
参考URLはユニバーサルのホームページのものです。

これが品番ですね。

PHCP-20669/70

20世紀の偉大なるピアニストたち

アルフレッド・コルトー〈2〉 PHCP-20669/70

フランク:前奏曲 コラールとフーガ、前奏曲アリアと終曲、交響的変奏曲/サン=サーンス:ピアノ協奏曲第4番 ハ短調 作品44/ショパン:前奏曲集 作品28(全曲)/ラヴェル:ソナチネ/ドビュッシー:前奏曲集第1巻(全曲)

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ランドン・ロナルド/スタジオ・オーケストラ、指揮:シャルル・ミュンシュ
録音:1929年、1932年、1934年、1935年、1933/34年、1931年、1949年

参考URL:http://www.universal-music.co.jp/classics/special/pianists/pianist6.htm

Q展覧会の絵(ラヴェル版)でのプロムナード省略の意図は?

先日初めてピアノ原曲を聴きました。すると、余計なというかカタコンブの前にともう一箇所入っていたかもしれません。

なぜ、ラヴェルは省略したのだろうと、自分なりに考えました。おそらくちょっとプロムナードのテーマを忘れさせるためか、超過提示だと思ったのかなと。5分かもうちょっと開けて、大門のあそこでプロムナードを再現する心理的効果をより出そうと狙ったのかなと(そしてそれは成功している様)解釈したのですが、なにか資料があるのでしょうか。というか、みなさんのお考えでもお聞きしたいと思って、質問してみました。

Aベストアンサー

こんにちは。
もしかしてどこかでお会いしてますか?(もちろん,実際にということではないですよ^^;)

私はもっぱらオーケストラマニアですので,ピアノ版はあまり詳しくないです。また,ネットでちょろちょろと検索したのですが,よく分かりませんでした。なので,以下は資料一切なしでの私の想像(妄想)です(^^。

この曲の「プロムナード」は,ちょうど本当の展覧会で絵と絵の間を気分転換しながら歩いているような効果をもたらしていると思います。ラヴェルの省略の意図ですが,前半は絵を見て,休んで,というゆったりペースで曲を進めて,後半一気に集中力が高める,という構図を考えたのかもしれませんね。その「ギアチェンジ」のきっかけとして,「サミュエルゴールデンベルクとシュムイレ」のテンションの高さを使いたかったのでは,というような気もします。

しかし,ピアノで聴くと,オケ版ほど「サミュエル~」から「リモージュの市場」に一気にいって欲しいという感じはないですよね。やはり,ラヴェルの編曲があってこその省略なのかな,と思いますが,いかがでしょうか?

確かに,オーケストラ版に慣れてしまった私にはやや余分に聴こえますが,逆にピアノ版になじんだ人はオケ版が物足りないそうですから,どちらがよいか,は何とも言えないところでしょうね。ラヴェルの展覧会は,「編曲」の域を完全に超えた作品ですから(他の人のものはどうも「編曲した」という感じの一抹のぎこちなさがありますよね),そもそも比べること自体に無理があるのかもしれません。

*検索中におもしろいサイトを見つけましたので,掲載しておきます(ここって無断リンクOKなのかしら?)。

参考URL:http://www4.synapse.ne.jp/tabata98/XPX/index.htm

こんにちは。
もしかしてどこかでお会いしてますか?(もちろん,実際にということではないですよ^^;)

私はもっぱらオーケストラマニアですので,ピアノ版はあまり詳しくないです。また,ネットでちょろちょろと検索したのですが,よく分かりませんでした。なので,以下は資料一切なしでの私の想像(妄想)です(^^。

この曲の「プロムナード」は,ちょうど本当の展覧会で絵と絵の間を気分転換しながら歩いているような効果をもたらしていると思います。ラヴェルの省略の意図ですが,前半は絵を見て,休ん...続きを読む

Q亡き王女のためのパヴァーヌをピアノとギターで合奏したい

亡き王女のためのパヴァーヌをピアノとギターの二人で合奏したいのですが、そのようにうまくアレンジした楽譜ってどこにあるか、どなたか知っていますか?
無ければ自分達でアレンジするってことになるんですが、クラシックの合奏アレンジの知識は全くないので困ってます。

アレンジの事を分かりやすく書いてあるサイトを知っている方がいれば、そちらの方も教えてほしいです。

Aベストアンサー

「パヴァーヌ」は、元々ピアノ独奏の為に作られたものです。(管弦楽版は後に本人によりオーケストレーションされたものです。)

なので、(ジャズ風・ボサノバ風等とガラッとアレンジを変えてしまうならともかく、)原曲のテイストでピアノ+ギターという構成にしたい場合、ピアノはピアノ譜そのまま演奏し、所々をギターが代わりに演奏するという形になると思います。つまりこの場合、ピアノ譜のどの部分をどっちが担当するか決めればいいだけなので、そんなに難しい編曲の専門知識は必要としないかもしれません。
ただ欲を言えば、せっかくギターが加わって2人になるので、場合によっては音数を増やしたりして厚みを持たせるなんて事もした方がいいのかもしれません。

ただそれ以前に。ビアノ一台でちゃんと成り立っている曲に、わざわざギターが加わると考えると、せっかくのオリジナルのバランス感が崩れてしまいますし、いまいち意義が無いかもしれません・・・。逆に、「パヴァーヌ」に管弦楽版しか無かったとしたら、それをピアノ+ギターという小編成でやると面白くなるのかもしれませんが。
個人的には、ギター1本(または2台)だけで完全ギター版として「パヴァーヌ」を演奏するのであれば、比較的アレンジ(あるいは割り当て)も簡単でしょうし、出来上がりも想像がつき易いですね。

「パヴァーヌ」は、元々ピアノ独奏の為に作られたものです。(管弦楽版は後に本人によりオーケストレーションされたものです。)

なので、(ジャズ風・ボサノバ風等とガラッとアレンジを変えてしまうならともかく、)原曲のテイストでピアノ+ギターという構成にしたい場合、ピアノはピアノ譜そのまま演奏し、所々をギターが代わりに演奏するという形になると思います。つまりこの場合、ピアノ譜のどの部分をどっちが担当するか決めればいいだけなので、そんなに難しい編曲の専門知識は必要としないかもしれま...続きを読む

Q東京二期会について教えてください。所属の研究生歌手が正会員になるにはど

東京二期会について教えてください。所属の研究生歌手が正会員になるにはどのような段階を踏み、チャンスは何回位あるのですか?また年齢制限もあるのでしょうか?

それとオペラ公演の主役級役柄オーディションがあった際、結果はオーディション実施からどのくらいで発表になるのですか?
コンクールのように直後にすぐに貼り出されたりしますか?
ご存知の方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が研究生だった頃は、研究生を終了したら自動的に、会員もしくは準会員になれました。その後は、二期会の会員費さえ納めていると、ずっと会員でいれますよ。私は辞めましたが…。

Q亡き王女のためのパヴァーヌの弾き方について

只今、この曲を練習中なのですが、右手と左手の音符が重なってしまってどう弾いてよいかわかりません。

こういうときはどちらかの手で弾けばよいのでしょうか?

また、1er Mouvementという表示がわかりません。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

音符が重なっているところは弾きやすい手で弾きま
す。又REprenez le mouvement からは、届かない
右の音符は左手で取ります。

1er mMouvemenntは最初の速さ。テーマが同じでしょ
う。
音が左のほうが右より上になる和音は右左取り替えて
弾きやすくして練習します。
和音は同じなので、全く問題ないです。

Qラヴェル ピアノ協奏曲の楽譜

ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調の楽譜を無料でダウンロードできるサイトを探しています。
左手のためのピアノ協奏曲はあったのですが、こっちの方はありませんでした。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.1 hossannpapです。駄目でしたか・・・!?
小出しで、申し訳ないのです。
新たに、こんな入り口を見つけました。

◇ 無料楽譜 無料で楽譜がダウンロード・閲覧できるサイトのリンク集です -音楽関連サイトリンク集 music-style-
http://www.music-style.info/music-style/html/001_009.html
これも、保証は出来ないので、再投稿を躊躇する気持ちが有りましたが・・・・・でも、若しかすると、有るかも知れませんしねッ!

Qラヴェルのピアノ曲の難易度について

私はラヴェルの「ラ・ヴァルス」が大好きです。しかし私のピアノの腕ではまだまだ弾けそうにありません。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」は比較的弾きやすそうですが、大好きな曲というほどでもないのです。
ほかに「クープランの墓」や「マ・メール・ロワ」「水の戯れ」「夜のガスパール」「鏡」などみんな難しそうですね。もしこの中の曲を弾きたいと思ったら、どの曲からやったらいいと思いますか。
私はまだ中級ぐらいの腕です。 手はとても小さいのですが。 

Aベストアンサー

No1です。
重要なことを書き忘れました。
もしラヴェルを弾くのが初めてならば、「ソナチネ」の1,2楽章から弾くのをお薦めします。初心者はまず「ソナチネ」から入ります。まずは「ソナチネ」で腕ならしをしてから「クープランの墓」等に挑戦してみてはいかがでしょうか。「ソナチネ」はお好きでしょうか。私は音楽学をという科(音楽を研究する科)で音大に入りましたが、入試はブラームスのラプソディ2番、中に入ってからのピアノの試験では、ラヴェルを弾く際、先生にまず「ソナチネ」からやるように言われました。ただし3楽章は少しだけ技術が必要です。

Q楽器について 【ラヴェル/マ・メール・ロワ】

いつもお世話になっております.

ラヴェル作曲のマ・メール・ロワ(管弦楽曲版)の
親指小僧に関してお尋ねしたいことがあります.

ちょうど曲の真ん中あたりのオーボエの主旋律が終わり,
ホルンに主旋律(レ ♭ミ ファ レー ド レ…)が移ったとき,
このホルンの裏で鳴っている高音の鳥の鳴き声のような音は,
ピッコロにより演奏されているのでしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら,
ご教授いただきますようお願いいたします.

Aベストアンサー

その場面までの主旋律はオーボエではなくイングリッシュ・ホルン(コール・アングレ)です。
レ・ミ・ファ・レー・ド・レの旋律はホルンではなくバスーン(ファゴット)です。
問題の「さえずり」擬音はヴァイオリンのフラジオ奏法によるグリッサンドで表現され、
高音で「ド・ドッ」とピッコロが、「ファレー・ファレー」とフルートが「合いの手」を入れてきます。

Q西洋の作曲家ラヴェルについて

西洋の作曲家ラヴェルについて知っている事があれば何でもいいので教えて下さい
特に生い立ちとか曲目とか。お願いします。

Aベストアンサー

モーリス・ラヴェルですよね。検索すれば沢山出てくると思いますが、見本に下記を貼っておきます。

代表作は、やはり「ボレロ」じゃ無いでしょうか?曲名は知らなくても、CMなんかでもお馴染みですので、曲を知らない人はおそらく居ない(少ない)と思います。
あとは「亡き王女のためのパヴァーヌ」とか・・・

http://fc2web.com/museum/ravel/index.html?

参考URL:http://fc2web.com/museum/ravel/index.html?

Qラヴェルとジャズについて

ラヴェルってジャズを自身の作品に取り入れたことで有名ですよね。ヴァイオリンソナタやピアノ協奏曲、子供と魔法など。

こういう手法をを取り入れようと思ったいきさつというか、理由というか、考えというかどういうところにあったのでしょう。フランス人だからとか(だからなんでかわかりませんけど)、なにかそういう類の説明をご存知でしたらお願いします。

Aベストアンサー

ラヴェルについては、私も好きで知れば知るほど興味深いところで、最近色んな繋がりを調べていました。

>こういう手法をを取り入れようと思ったいきさつというか、理由というか、考えというかどういうところにあったのでしょう

お答えになるかどうか分かりませんが、下記URLをご覧ください。

http://wpedia.search.goo.ne.jp/search/%A5%E2%A1%BC%A5%EA%A5%B9%A1%A6%A5%E9%A5%F4%A5%A7%A5%EB/detail.html?LINK=1&kind=epedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報