革靴ほど自分の体に合ったものを選ぶことが難しいアイテムはないですよね。最近、痛感します。

さて、フルオーダーすれば一応は自分の足にほぼピッタリの靴になりますが、既製品だとそうはいきません。長さ・足の幅・かかとの幅・二の甲の高さ・甲の高さ、どれかが合わないことがほとんどです。

私の足を見、足型を取り採寸した靴職人に言わせると、私の足は幅が細め(DまたはシングルE)でかかとはなおさら細く、二の甲は低いが甲はやや高いそうです。

スコッチグレインというブランド(メーカー)は、珍しくシングルEの製品が充実しています。試し履きすると、足の幅はフィットするし、かかとの幅も従来履いていたものよりはだいぶフィットするようです。しかし、スコッチグレインは全てのシングルE木型で、二の甲が高いんです。二の甲は明らかに浮いています。

二の甲が浮いていても問題は少ない(足の幅やかかとの幅よりは優先順位を下げていい)ですか?対処法はありますか?

A 回答 (3件)

予算的な問題を含め



都内で購入出来る範囲内だったら

宮城興業のパターンオーダーはどうでしょうか?

都内、WFG クィーンクラシコで扱うかと

宮城興業オリジナルラインが、WFGで扱っている話も聞きました

シェットランド・フォックスについては、仰る通りです

私が購入出来る店も限られていますが、その店でカタログ見たり、店員のと語ります

購入前提で取り寄せた事もありますが

この回答への補足

Shetland&Fox、リーガルトーキョーで見てきました。採寸データを見せたら、これしかないということで勧められたのが「グラスゴー」でした。Shetland&Fox自体、通常のリーガル製品より細めにできているそうですが、一番二の甲が低くなってロングノーズぎみなのがグラスゴーだそうです。二の甲の余りは相対的には少ないようですが、ちょうど25サイズが欠品入荷待ちでしたので入荷したらまた行くことにしました。

パターンオーダーは、「マスターシューフィッター」のいる店で、採寸の結果勧められました。ただ、事前に試し履きすることはできませんから、どれだけ二の甲が余るかは不確定な要素になります。

補足日時:2011/04/09 22:00
    • good
    • 0

二の甲というのは指の付け根と甲の間の部分ですか?であれば、ここが浮いていると履き皺が深くできて歩行時に足に食い込む可能性があります。

対処法としては最初にきれいな履き皺を入れる方法(手で持って曲げる等)がありますが一発勝負なのでリスキーです。
国内メーカーですとShetland&Foxのケンジントンは少し踵が大きいものの、細身で二の甲も低い印象があります。きれいな革を使っていますし国産品らしく作りも丁寧なのでお勧めです。

この回答への補足

二の甲の意味、そのとおりです。伊勢丹で靴を店員さんに選んでもらった時、浮いていると皺が寄ると言われ、二の甲の低いペルフェットの靴が選ばれました。しかしその店員さんは、幅のことはあまりよく見ていなかったようで、1月にしてかかとがぬけるようになり、半中敷きを入れたものの、今度は小指が当たるようになりました。たぶん、幅が広いせいでしょう。

下の方が挙げられたクロケット&ジョーンズは、なぜか直営店が福岡なので難しそうです。

Shetland&Foxの直営店をご紹介願えませんか?

補足日時:2011/04/09 11:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Shetland&Foxってリーガル社の一部製品のようですね。リーガル社の悪い癖で、一部商品にワイズ表示がありません。あるのはEEばかり。細身の私に合うのか分かりませんが、リーガルの店ならよくあるので試し履きに行くことはできそうです。

お礼日時:2011/04/09 11:39

私より細身ですか?



ヒロカワ製靴のインペリアルブラックを履いてみましたが、細身のラストなので断念しました

日本人のラストは、甲高に設計されていませんか?…聞いた事があります

妥協する部分かと思います、ウィズと長さが合っていれば

外国製の靴を履いてみる事も良いのです

クロケット、チャーチ辺りは如何ですか?

既製品に完全はありません


甲高設計で、緩く感じても違和感無ければ、それで良し、それでもダメならビスポークか、ありとあらゆる靴の試着をしましょう

ちなみに、私は23.5センチ Uk5 Eウィズ(Dでもいける物有り)

靴事情通 20数年来の男性より
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

DからシングルEとの判定を靴職人の方から受けているので、ほぼ同じ細さでしょう。

スコッチグレインのラストは総じて甲高みたいです。クロケットとチャーチは、試してみようと思います。ただし、値段が5万円を超えてくると、もはやオーダーした方がいいかな、と思います。

輸入靴は関税の関係もあって、どうしても割高、言いかえれば値段の割に質が…となってしまいそうです。

お礼日時:2011/04/09 02:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q革靴、店頭でのベストフィットか、ギチギチか?

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、緩くなれば紐締めまたは中敷き対応でやむを得ないのでしょうか?紐締め対応は、ちょうどいい感じが難しく全体的にきつくなったりするので苦手です。

靴は、0.5刻みでなく0.25刻みで作って欲しいと思う今日この頃です。それなら迷わず「24.75」を買うのに。

私に靴の王道パターン(明らかに大きめの作りであるリーガルを除く)は、店頭・室内で足にはめた感じでは25.0がベストで買ってくるが、100mほど歩けば伸びを感じ、数回以内の着用で中敷きを入れるようになる、です。そのパターンの失敗に懲りて明らかにギチギチの24.5を1回だけ買ったことがありますが、数回着用してもなぜかギチギチのままで、(安物だったこともあり)結局廃棄に至りました。

革靴のサイズは、いつも悩みます。店頭で試着してちょうどいいことを確認して買ったはずの靴がすぐ(1回から3回の着用)に伸びて中敷きを入れる、というパターンが多いです。

ではワンサイズ下は?というと、入ることは入りますがいかにもギチギチ感満点です。伸びればちょうどよくなるかもしれませんが、どこまで伸びてくれるか分かりませんよね。

さて革靴のサイズ、店頭でのベストフィットで買うのと、伸びを見込んで明らかにきつめのものを買うの、どちらがよいでしょうか?店頭でのベストフィットで買い、...続きを読む

Aベストアンサー

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウの原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

という回答で・・・どうでしょう参考になりましたか?

伸びると靴の形が変わっちゃいますしね(型崩れ)

ちょっと似たような質問の回答に捨て寸のことを書きましたけどそれはご存知でしょうか?

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て...続きを読む

Q靴が小指だけ当たる場合について

靴が小指だけ当たる場合について

靴を履いて、他は余裕があるけど小指だけ当たって痛い場合、もうワンサイズ上が良いのか、靴のデザイン的に横幅が狭いとかなどの理由で自分に向いてないかど ちらなのでしょうか?
小指だけ当たる場合、靴の横幅がもう少し広いつくりなら問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

左右でサイズが同じという人はまずいない、というのが前提です。
時間があるなら量販店ではなくちゃんとした「靴屋さん」で足を測ってもらうのをお勧めします。
自分の足が分かっていれば、今後靴を選ぶ際にもかなりラクにはなりますね。

今回の場合、サイズ(長さ)に問題が無ければ履けそうな感じですが、ただし「甲の部分もピッタリ」だったら購入は危険です。
(※質問者さんがもし女性の方だったらこの辺はスルーしてください)

その靴が「革製」だった場合、必ず後々「伸び」というのが起きますからあっという間に大きくなって履けなくなります。
甲が緩いと、中で「足が動いてしまう」という現象が起きやすくなります。
それを繰り返すことで、靴の両側の革をどんどん伸ばしてしまうという「悪循環」が起きてしまうんです。
なので、甲の部分に関しては可能な限り「キツイ物」を選んでください。
履いていて「痛くなる」ようではダメなのでこの辺の見極めはしっかりと。

サイズ、甲の部分共に問題が無いのに「小指が当たる」ならば、その場合はまず「ワイズ(幅)」の問題です。
もしくは、その靴の先端のデザイン的な問題です。
質問者さんが例えば「外反母趾」とか特別な事情をお持ちでなければ、まぁ0,5インチ程度サイズを上げてみて緩ければ中敷きを入れる、といった具合で対応は可能でしょう。
ブーツの「シャフト(筒の部分)」などとは違って、一般の革靴の場合はアッパー(足を入れる部分)部分を「伸ばして調整する」ということは基本的に出来ないんです。
だから中敷きが非常に重宝されるんですよね。

まずは、今のその「ジャストのサイズ感」をしっかりと感覚的に覚えてください。
それを踏まえて「1サイズ上げられるか」というのをご自身で判断してください。
そこでもし不安になるようならデザイン的な問題でもあるとは思うので購入を断念するという決断もアリではないかな?、とは思いますね。

長々と書いてしまいましたが、宜しければご参考まで。

左右でサイズが同じという人はまずいない、というのが前提です。
時間があるなら量販店ではなくちゃんとした「靴屋さん」で足を測ってもらうのをお勧めします。
自分の足が分かっていれば、今後靴を選ぶ際にもかなりラクにはなりますね。

今回の場合、サイズ(長さ)に問題が無ければ履けそうな感じですが、ただし「甲の部分もピッタリ」だったら購入は危険です。
(※質問者さんがもし女性の方だったらこの辺はスルーしてください)

その靴が「革製」だった場合、必ず後々「伸び」というのが起きますからあっと...続きを読む

Qイタリアの靴と日本の靴の違い

こんにちは。

イタリアメイドの靴(ドレスシューズ)と日本メイドの靴(ドレスシューズ)の違いの特徴を教えてください。
(メンズです)

イタリアの靴の特徴は、トゥーが長いものが多く、カジュアル感があまり出ないものが多いのですが
そもそもイタリア人の足の形は、どんなものなのでしょうか?
日本人との違いはどうなのでしょうか?

私はセレクトショップで働いており、いろいろな国の靴も扱っています。
が、イタリアメイドの靴を日本人がはくことによって、生まれる特徴などが気になります。

Aベストアンサー

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGALはアメリカのアイビーの影響を受けていますが)
これは、明治維新で西洋文化を取り入れたときに、イギリスの文化の影響が大きかったこと、
ビジネスシューズの場合、イギリス紳士的な雰囲気が好まれること、
比較的雨に強いこと、耐久性も高いことなどが影響していると思います。

REGALでもスコッチグレインでも、日本製のドレスシューズは、グッドイヤーウェルト製法を採用していますが、これもイギリスやアメリカの靴に多く見られる製法です。
靴底が厚く、コバの張り出しがあり、安定感と重厚さがあります。
靴底にはコルクの粉末が入れてあり、履いているうちにコルクが変形して個々人の足の形にフィットします。靴底の張替えも何度も可能です。
この製法は手間とコストがかかり、靴自体も重たくなるのですが、日本では一般的に高級靴の必要条件になっています。

対してイタリアの靴は、マッケイ製法と呼ばれる靴が多いです。
靴底を直接アッパーに縫いつけたもので、靴の中をのぞくと内側に縫い目が確認できます。
(高級な靴では、内部も外側も縫い目を隠したりしています)
この製法の靴は、デッキシューズやモカシンに多く採用されるのですが、
曲がりやすく、走ったり飛んだり活動的に動きやすい特徴があります。
靴底を薄くすることも可能で、軽い靴を作ることができます。
高級なイタリア靴は、非常に薄いソールのものが多いですね。
欠点としては、靴底から内側まで縫い目が貫通しているので、雨の日には浸水することです。
しかし、イタリアではワークブーツでもマッケイで作ったりします。
マッケイのワークブーツは、軽いので歩きやすいです。
グッドイヤーウェルトの靴もイタリアにはありますが、フレックスグッドイヤーとかいって、中敷のコルクを省略し、曲がりやすい靴にしていたりします。

デザイン的に、イギリスやアメリカ、日本の靴はオーソドックスで、大量生産が可能なものが多いです。
イタリアの靴は、立体的なデザインが微妙で、微妙な曲線美をもっています。
イギリスの金融街などでは、ビジネスマンはほぼ100%黒いひも付きの革靴を履いていますが、
イタリアでは、個性的な茶色の靴のほうが多いです。

足の形ですが、一般的に西欧人は日本人に比べ幅が狭いといわれています。
カカトの幅と爪先の幅がほとんど変わらない人も多くいます。
日本人の足は一般的に扇形ですが、西欧人には長方形の足の形の方もいます。
したがって、高級輸入靴を履いていても、カカトが全くフィットしないで浮いてしまい、
スリッパのようにペコペコ歩いている人もたまに見かけます。

日本人の足型も最近は幅が狭くなってきているようで、REGALの靴でも、昔からの定番商品(40年以上前のモデル)と最新のモデルでは木型が異なり、狭くなっています。

日本では靴を脱いだり履いたりする機会が多いのですが、外国では一日中履いています。
そのため、脱いだり履いたりしやすいデザインが好まれる傾向があります。
外国の靴では土踏ますとカカトがしっかりサポートされるようにデザインされていますが、このような靴では脱いだり、履いたりが大変です。
しかし、カカトのホールドが悪いと、歩行時の着地が不安定になり歩きにくくなります。
土踏まず部分は着地したあと内側に沈み込むのですが、この部分のサポートが不足すると歩く姿勢が崩れやすくなります。
外国製の靴で、カカトと土踏ますのサポートがしっかりしていて、自分の足にフィットした靴は最高に歩きやすいです。

靴の世界は面白いですよ。
今後、研鑽を積まれて、より良い靴を世界中から国内マーケットに紹介してください。

ドレスシューズは、大きく分けてイギリス製、アメリカ製、イタリア製になります。
それぞれの特徴は、自動車と同じで、
ハマー、リンカーン、マスタング、のような丈夫で無骨なイメージのアメリカ靴
ロールスロイス、ミニクーパー、ジャガーのように、古いデザインをかたくなに守っているイギリス靴
フェラーリ、アロファロメオ、フィアット500のように、造形美に優れて、耐久性は?なイタリア靴

日本の靴の場合、日本独特の靴というのはありません。
どちらかといえば、イギリスの靴の影響が大きいです。
(REGA...続きを読む

Q革靴のブランドについて教えてください。

貧乏性なので革靴は、近くのスーツ店や某有名チェーン店で買っていました。

最近、少しお金に余裕がでてきたことや、ビジネスに関する出費は惜しまないほうがいいと友人から言われたこともあり、少し高級?な革靴を買おうかなと思っています。

しかし、ブランドに無知なため、どのあたりのブランドに手をだしていいのかわかりません。

想定しているのは、定価4~6万で、バーゲンで2万~4万程度になっているものです。

漠然としていますが、どのようなブランドがありますでしょうか。

参考までに友人が履いていたのは、ヤンコというブランドでした。(このラインを探しています)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最優先事項は、自分の足にあったサイズを選ぶことです。
メーカーにより、靴の内部形状は異なりますから、実際に履いてみて選んで下さい。
親切な店員さんがいる店が良いです。
友人の紹介等で専門店で選ぶと良いでしょう。
同じメーカーの靴でも、チャーチ等は靴の内部形状がモデルにより異なります。

予算が4万円前後ということでしたら、グッドイヤーかマッケイで靴底を縫いつけた製法をしていると思います。
グッドイヤー方式の特徴は、
靴底を何度でも張り替えることが可能です。ゴムの底から革の底に変更も出来ます。
どっしりとした雰囲気がある。(高級に見える<個人的意見です)
靴底にコルクを敷き詰めているため、履いているうちに自分の足型に馴染んでくる。
(少しサイズが大きくなります。)
一般的に歩きやすいと言われる。
イギリスの靴に多い。
工程が複雑なためにコストが高い。

マッケイ方式の特徴は、
靴底を、靴の上部に直接縫いつけています。
屈曲性にすぐれ、走ったりは楽です。
靴底の張り替えも数回は可能です。
靴底が薄く、シャープなデザインが多い。
イタリアの靴に多い。

どちらのタイプを選ぶかで、お勧めのタイプも変わってくると思います。
シャープな印象を重視すら、マッケイのイタリア的デザイン
重厚な印象を求めるなら、イギリス靴に代表されるグッドイヤー式、

自分の好み、現在お持ちのスーツのデザイン等考慮して下さい。

また、あまり高価な靴を選ぶと、スーツやベルト、時計もある程度見合ったものが欲しくなります。

高級な輸入靴は、ハードな使用には?なものも少なくありません。
納入した製品のクレームや検品で、倉庫に段ボール箱を引っ越し屋さんのように運ぶと、底がはがれたりすることもあります。
(経験済み、)

ヤンコは確かスペインのブランドで、日本向けには専用の足型を使用していたと思います。
底もグッドイヤー方式で張り替えも出来ます。
ヨーロッパでは大きな生産規模だと思いますので、コストパフォーマンスも良いでしょう。

輸入靴は、関税がかかることと、靴屋さんが大量のサイズを在庫するため、非常に割高な感があります。
同じ予算で品質を比較すれば、国産が優れます。
REGAL等、国内の有名ブランドで3万円以上の靴の多くは、ヨーロッパ製の革を使用しています。

私も輸入靴は何点か所有していますが、長期出張の場合はREGALを履くようにしています。

最優先事項は、自分の足にあったサイズを選ぶことです。
メーカーにより、靴の内部形状は異なりますから、実際に履いてみて選んで下さい。
親切な店員さんがいる店が良いです。
友人の紹介等で専門店で選ぶと良いでしょう。
同じメーカーの靴でも、チャーチ等は靴の内部形状がモデルにより異なります。

予算が4万円前後ということでしたら、グッドイヤーかマッケイで靴底を縫いつけた製法をしていると思います。
グッドイヤー方式の特徴は、
靴底を何度でも張り替えることが可能です。ゴムの底から革の底に変更...続きを読む

Qサイズの大きな革靴を買ってしまいました

私の足のサイズは、25.5です
1年ほど前、気にいった革靴があったのですが
26.0でした
一度履いてみて、合いそうな感じがしましたので
購入しました
しかし、1週間ほど履いて通勤しましたが、やはりすこし
ぶかぶかで歩きにくく、以来そのまま置いてあります
もちろん、いまさら返品も出来ません
といって、新品同様のものを捨てるのはもったいない気が
します
何か良い知恵・方法は無いものでしょうか
宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

革靴は履いているうちに伸びてくるので、
最初に比べて、より大きさが気になるのかも知れませんね。

よくある手段は「中敷を入れる」ことです。
中敷一枚で…と思われるかも知れませんが、
意外と効果ありますよ。
今でしたら冬用の厚手の商品もありますので、
一度、品揃えの多そうな靴屋さんで見てみてください。

Q正しい靴のサイズの選び方について

靴は、フィッティングサイズを好む方への質問です。

「つま先には1cm程度の余裕を持つ」というアドバイスをよく聞くのですが、
これってどれぐらい現実的なことなんでしょうか?

ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕を持てば、
甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
もちろんスニーカー等のシューレースで甲を絞れるものはよいのですが、
チャッカブーツのように甲で履くような靴の場合、いくらレースを絞っても締まりません。

それどころか、靴って履けば履くほど伸びて大きくなってきませんか?
先のアドバイスとは真逆に私は少し小さめを選ぶのがベストだと思うのですが、
みなさんは、どう思われますか?

Aベストアンサー

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが幅や厚みのゆるい靴を履くと、甲のところで押さえられず足が正しい位置で止まらず前に滑り、本来足を入れてはいけない「捨て寸」の部分にまで足が入ってしまいます。靴の爪先は狭くなっているので、親指が寄せられたり指が重なったり曲がったりして大変窮屈な状態となり、外反母趾やハンマー・トウ(※後述)の原因になります。

>甲の部分(幅)がぶかぶかになると思うのですが。
ワイズは、1日の疲労でむくんだり、体調によってサイズが変わるものなので、
大きめサイズを選んで、中敷などで調節する方をオススメします。

ということで別々の問題です。

爪先の捨て寸とワイズに分けて考えましょう。

>ごく一般的な靴ですと、1cmもつま先に余裕

靴には「捨て寸」というものがあります。「捨て寸」とは靴の爪先の空間のことで、普通、指から靴の先までに1cm~2cm位の空間が無ければなりません。捨て寸の長さは靴のデザインによって違い、先のとがったものほど長くなります。尖ったものには捨て寸2~3cm位あるものもあります。(トウシューズ、バレエシューズには捨て寸はありません)
 幅のちょうどいい靴を履くと甲の革のところで押さえられて足が止まり、爪先には適正な「捨て寸」が確保されます。ところが...続きを読む

Q新しいビズネス革靴を購入したが、痛くて履けない

 新しいビジネス革靴を購入したのですが、靴ひもの最上部のべろ(タン)という部位が、
やけに硬く、足に当たって少し痛かったのですが、とりあえず履いて歩きまわったところ、
当たっているところが出血し、痛くて履けません。また、くるぶし部分も当たっており、
こちらもかなり痛いです。私は過去に靴を購入した時にやはり、くるぶしに痛みを感じた事が
あった為、今はなるべく慎重に(特に革靴は)靴選びをしていたのですが、今回に関しても
靴屋で試し履きをしたときに、そこそこ歩き回ってその時は特に問題はなかったので
購入しようと決めたのですが、実際に仕事で履き始めたら、靴屋では出なかった痛みが
出て来ました。又、私は足が小さい方なので、中敷きを2枚もいれたのですが、
くるぶしに当たり、そして、上記のように靴のべろが足に当たってかなり痛い状態です。
靴の形状が気に入っているので、捨てたくありません。どのように対処すればよろしいでしょうか?
出来ましたら早めにご回答、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私も同じような経験をしたことがあります。

最上部が当たって痛いとのことですが、私は、応急処置として、厚めのスポンジ状の靴擦れシートを貼りました。
足に…ではなく、靴の方に…です。

自分で好きな大きさ(形)に切って使用する大判タイプ(ダイソー)が家にあったので、それを利用しました。
歩行時、靴の中で足が動くことを想定し、まるまる一枚貼りましたが、まだ気になったので、2枚重ねて貼ったところ、改善されました。

くるぶしが当たる靴についても同じようにしましたが、こちらは、あまり効果が無かったので、シリコンタイプを靴屋で購入しました(同じようなタイプを100円ショップでも取り扱っているようです)。

ただ、無造作に脱ぎ履きしていると、スポンジタイプの方は端が丸まってきたり、シリコンタイプは外れてしまったりするので、一度やったら、万全になるとは言えませんが…。

また、中敷きを2枚入れることにより、かえってくるぶしに当っている可能性もあるので、中敷きを一枚にして厚手の靴下を履かれる方が効果的かもしれません。


余談ですが、私は市販されている靴の規格に足の形が合いにくいのか?!毎度、非常に苦労しています。

そんな私は、靴を購入の際は、

・夕方以降(比較的、足が浮腫む状態と思われる時間)に選ぶ
・薄手の靴下を履いて行く
・爪が切り立てではない状況で行く
・靴屋内ではジュータンやラグの上以外の場所で試し履き
・階段が近くにあれば、上り下りも試させてもらう

この状態で快適に感じる靴であれば、私の場合は、購入後不具合を感じることはありません。
また、メーカーによってモデルになっている足型が違うので、自分の足の形にあった靴に出会ったら、そのメーカー内で探すと失敗が少ないですよ。

足に合わない靴を履き続けていると、腰や背中、首までダメージを受けます。
お気をつけて。

私も同じような経験をしたことがあります。

最上部が当たって痛いとのことですが、私は、応急処置として、厚めのスポンジ状の靴擦れシートを貼りました。
足に…ではなく、靴の方に…です。

自分で好きな大きさ(形)に切って使用する大判タイプ(ダイソー)が家にあったので、それを利用しました。
歩行時、靴の中で足が動くことを想定し、まるまる一枚貼りましたが、まだ気になったので、2枚重ねて貼ったところ、改善されました。

くるぶしが当たる靴についても同じようにしましたが、こちらは、あまり効果が無...続きを読む

Q小指が当たる、合わない靴を履き続けてもいいのか?

先日、革靴を購入しました。
凄く気に入っているので、頻繁に履きたいのですが、
一つ問題があります。

靴のサイズがハーフサイズあっていないみたいです(小さい)。
小指が少し当たっているみたいなのです。

ただ履くだけなら、問題ありません。
しかし、歩いたりすると、
30分ほどで小指に違和感を感じます。
痛くて履けないというわけではないのですが、
履き続ければ続けるほど、小指の違和感、圧迫感が強まります。

半日履き続けたとしても履けなくなるほど苦痛ということはないのですが、
やはり小指に圧迫感があり、いささかの痺れを感じます。

色違いの同じ靴を購入して履いているのですが、
それは問題の靴よりハーフサイズ大きいため、
良好に履けております。

このような状況なのですが、
当該靴を履き続けても大きな門題に発展しませんでしょうか?
履き続けてもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>当該靴を履き続けても大きな門題に発展しませんでしょうか?

疲労、関節炎、外反母趾、巻き爪、タコ、モートン病、足底筋膜炎などなど足トラブルが頻発する可能性が高くなります。

日本人はメーカー、デザイン、値段、表示サイズのみで靴を選びすぎです。大事なのは “足の形と靴の形が同じか” です。スニーカーだから、ウォーキングシューズだから足に優しいわけではありません。

足と靴を並べて、形を良く見比べましょう。つま先の形は尖っている人もいれば、四角い様な形の人など様々です。試しに他人(出来れば家族外)の足の形を見てみてください。民族によって多少傾向はあるものの、いろいろ人によって違うことがお分かりいただけると思います。

では靴の形と貴方の足の形は同じですか?幅はどうですか?踵をあわせてよく見てみましょう。良さそうなら履いてみてください。足の指を上げてサイズを確認しましょう。指先の余裕が1センチ以下のもを選んでください。少し歩いてみて違和感が無いか最終チェックしてください。

「小さいのがダメなのであれば、少し大きめならいいか?」
実はこれもNGです。大き目の靴は、中で足が遊ばない様に踏ん張ってしまいます。踏ん張ると指は内側にむくので、外反母趾になったり関節はどんどん出てきます。

今市販されている靴はワイズ(横幅)で言うとほとんどDです。一億人以上いるこの社会でほぼDしか売られていないと言うのが大きな間違いで、いかにメーカーがデザインありきで足の健康を軽視しているかがよく分かります。3E、4Eとなるとウォーキング、トレッキングシューズになってしまいます。とてもおかしいと思いませんか?ウォーキングやハイキングが好きな人は普段の街歩きはDを履き、ウォーキングは3Eを履きなさいとメーカーは言っているのでしょうか?

販売員も然りです。「幅が広いんです」 というと 『サイズを大きくすれば大丈夫ですよ』 といいます。「え、それじゃ長さが合わなくなるでしょ」 『・・・』 。今靴業界に携わっている関係の業者や人は靴選びの知識、足の病気の知識が全くないと思います。


正しい知識を持ち、正しい靴選びをして自衛して行くしかないと思います。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

>当該靴を履き続けても大きな門題に発展しませんでしょうか?

疲労、関節炎、外反母趾、巻き爪、タコ、モートン病、足底筋膜炎などなど足トラブルが頻発する可能性が高くなります。

日本人はメーカー、デザイン、値段、表示サイズのみで靴を選びすぎです。大事なのは “足の形と靴の形が同じか” です。スニーカーだから、ウォーキングシューズだから足に優しいわけではありません。

足と靴を並べて、形を良く見比べましょう。つま先の形は尖っている人もいれば、四角い様な形の人など様々です。試しに他人(...続きを読む

Qかかとが浮く靴は合ってない?

薄手の靴下だと、足を踏み出す時に少しかかとが浮きます(脱げるほどではありません)
厚手の靴下だと、ほぼかかとの浮きはありません。

薄手の靴下でかかとが浮くような靴は、そもそも合ってませんか?
それとも、この程度は正常の範囲内なのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。

ニューバランスのスニーカーですか。

参考になるか分かりませんが、
以前、スニーカー店で専門の方に正しいスニーカーのサイズの探し方と履き方を
教えていただいたので書いておきます。

まず床か低めの椅子に座ります(靴屋ならそこの椅子でOKです)。
紐を下まではずして、足を入れます。
紐を両手に持ち、手前に引くような感じにします。
片足ずつ踵を立て、つま先を上に上げて床にトントンと3、4回打ちつけます。
すると踵側は空間がなくなります(これが重要です)。
踵を立てたまま、紐をきつめに通していきます。
紐の通し方は様々ありますが、はじめは普通でいいです。
穴に通す度に紐を両手で持って緩まないようにギュッギュと手前に引っ張ってください(少し力がいりますね)。
紐を通していく際に足の両側に空間がないようにしっかり目でやり、蝶結びします。
最後にもう一度踵をトントンします。もう片方も同じようにします。

この方法でゆっくり紐を通して結ぶとつま先以外は結構きつ目に感じます。
イメージは足全体が靴にがっしり守られて、一体化している感じです(個人的意見ですが)。

ここで見るのは、指先に1cmほど空間があることです。
手の指で上から押して分かります。指一本分くらいです。
踵に最大につめてそれくらいの空間が適正です。
歩いても足はしっかり横から固定されているので、前に足が行ってつま先が当たるってこともありません。踵が浮くこともないです。

それで履くとはじめはきついな、と思いましたが、慣れると歩きやすいし、走りやすいです。
疲れにくい気もします(気持ちの問題だとおもいますが(笑))
時間がかかり少し面倒ですが、履く度に上の作業をするのが一番いいそうです。

また、自分の足のサイズを勘違いしている方も多いらしいので、靴屋の足専用のはかりで測ってみるといいです。
私も上の方法を教わった日に測り、サイズを変更しました。

今お持ちのスニーカーを正しく履きたければ、上の方法を試してみてください。
はじめは薄手の靴下でもよいかな?と思います。
それで、つま先に1cm以上空いているようなら、厚手の靴下で試してみてはどうでしょう?

今後のスニーカー購入の時にも役に立つかな?と思います。


少しでも参考になったら幸いです。

No.1です。

ニューバランスのスニーカーですか。

参考になるか分かりませんが、
以前、スニーカー店で専門の方に正しいスニーカーのサイズの探し方と履き方を
教えていただいたので書いておきます。

まず床か低めの椅子に座ります(靴屋ならそこの椅子でOKです)。
紐を下まではずして、足を入れます。
紐を両手に持ち、手前に引くような感じにします。
片足ずつ踵を立て、つま先を上に上げて床にトントンと3、4回打ちつけます。
すると踵側は空間がなくなります(これが重要です)。
踵を立てたまま、紐をきつめに...続きを読む

Q帰国時に、海外で購入した2万円程度の靴を履いて帰ったら

帰国時に、海外で購入した2万円程度の靴を履いて帰ったら
それは課税されるのでしょうか?(出国時は安い靴を履いているという前提です)
 加えて高級下着なども課税されてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

法律上は海外で購入したものであれば、それが使用・未使用
あるいは着用中であるかに関係なく、課税判定対象品に該当します。
しかし、個人的に使用すると認められるものについては
一定金額までは、免税になります。
靴や下着などは、「その他の品目」という区分になりますが、
これらは合計市価が20万円以下であれば、免税となります。

例えばもし、15万円の下着と5万円の靴であれば、合計で20万円
以下なので免税ですが、16万円の下着と6万円の靴であれば、
16万円(20万に収まるもの)は免税ですが、6万円の靴は
課税されます。この場合その靴を着用して税関を通過すれば、おそらく
見つかることはないかもしれませんが、これは脱税行為に該当します。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング