サイモンズの「親の養育態度」と子どもの性格について詳しく説明している本を探しています。
おおまかな内容は、親の養育態度が「支配的」「拒否的」「過保護・過干渉的」「甘やかし的」のいずれかにより、子どもの性格がそれぞれに対応したものに変化するというものです。

ちなみに、当方は精神分析学に関する専門的な予備知識はありません。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


大学の教員をしていますが、休職中のため、手元にある文献が限られ、十分に調べられませんが、ご容赦ください。

補足、拝読しました。

ご質問の内容は、「子どもの性格形成において、家庭内の環境がどのように影響するか」ということに言い換えられると思います。
以下は、私がある教科書に書いた一節です。

---(ここから引用)
家庭における親の養育態度や、親子関係のあり方と子どもの性格形成との関連については、多くの研究が行われてきています。
しかし、そこには、親の養育態度とともに、子どもの気質的な特徴や、子どもから親への働きかけ、反応様式も関わっていますので、明確な傾向を確定することは必ずしも容易ではありません。
また、父親の関わりがどのような影響をもつかについても検討課題が残されています。
多くの研究に共通してみられる親の養育態度としては、受容的―拒否的の軸と、支配的―服従的の軸、あるいは愛情―敵意の軸と統制―自律の軸が想定されています。
図4-16は,Vinacke(1968)による親の養育態度と子どものパーソナリティとの関係をまとめたものです。      

出典
Vinacke, W.E.(1968): Foundation of Psychology. Van Nostrand.
---(引用ここまで)

このVinackeの図は、それまでの、このテーマに関連した調査をまとめたものですが、あくまでも大まかな傾向性を示したものです。
なぜ、大まかな傾向性しかし示せないかといいますと、引用文中にも書いておきましたが、親の養育態度(それも、過去の多くの研究は、母親の養育態度に焦点を当てています)が、一方的に子どものパーソナリティ形成に影響するものではなく、子どもの側の要因や、両者の相互作用を考えざるを得ないからです。

日本語の参考文献としては、次のようなものをご覧ください:

古いものでは、
詫摩武俊(1967):性格はいかにつくられるか 岩波新書

最近の概論書、テキストでは、
無藤隆・久保ゆかり・遠藤利彦(1995):発達心理学 岩波書店
詫摩武俊・瀧本孝雄・鈴木乙史・松井豊(199):性格心理学への招待-自分を知り他者を理解するために サイエンス社
詫摩武俊・鈴木乙史・清水弘司・松井豊(2000):性格の理論 ブレーン出版
講座生涯発達心理学(金子書房)のシリーズ第2巻の乳幼児、第3巻の幼児・児童

そのほか、次のハンドブック
児童心理学ハンドブック 金子書房
発達心理学ハンドブック 福村出版

心理学全体のテキストでは、次の本の各所に親子関係と性格についての記述があります:
無藤隆・森敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治(2004):心理学(New Liberal Arts Selection) 有斐閣
*参考文献も充実していますし、関係の図表も載っています。

以上、補足まで。
「サイモンズの「親の養育態度」と子どもの性」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご紹介頂いた本を読んで勉強してみようかと思います。

専門家の先生に貴重な時間を割いていただいたことに本当に感謝しています。

お礼日時:2011/04/12 01:39

サイモンズ(Symonds, P. M.,1939)は、おっしゃるとおり、親子関係の類型化を試み、支配的―服従的、保護的―拒否的の二つの因子軸からなる4種の親の態度類型(かまいすぎ型、残忍型、甘やかし型、無視型)を行い,その結果、これらの中間点にある態度が望ましいと考えました。



今でも、この図を引用している教科書もありますが、もともとがかなり古い研究ですので、現在では、単純にこういう関連性は認められないと考えられています。

わが国では、これら、サイモンズなどの先行研究に基づいて、品川不二郎・品川孝子(1958)が拒否、支配、保護、服従、矛盾、不一致の観点から、親子関係の型を10種類(消極的拒否、積極的拒否、厳格、期待、干渉、不安、溺愛、盲従、矛盾、不一致)に分類する親子関係診断テストを考案しています。

ただし、この検査も以前はよく用いられていましたが、現在となっては,歴史的な意義しかないと思います。

元の文献は、次のものですが、邦訳はないかもしれません。

Symonds, P.M. (1939): The Psychology of Parent-child Relationships. Appleton-Century.

また、品川・品川の「親子関係診断検査」のもとは、次のものです。
入手は困難かと思いますが、歴史のある大学の心理学科にはあるかもしれません。
また、心理テストについて解説された本で、多少昔のものには説明があるかもしれません。

品川不二郎・品川孝子(1958):親子関係診断検査,田研式親子関係診断テスト手引き,日本文化科学社

そのほかに、多少昔の発達心理学や、人格心理学の概論書を探されると、サイモンズの説についての記述があるかもしれません。

あまりお役に立つ情報ではありませんが、ご参考までに。

この回答への補足

ありがとうございます! こんなに詳しい情報を教えて頂けるとは思ってもいませんでした。

確かに、関連本は手に入りにくいみたいですね。それに、もう理論自体が古いということですが、もし現在でも通用する理論で親子関係を類型化した理論があれば、そういった本を教えて頂けないでしょうか? Amazonで買える本なら私でも入手できるので嬉しいです。 甘えすぎかもしればせんが、もし気が向いたらお願いします。

補足日時:2011/04/11 00:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離れている親が入院する事になりました。 3日間お休みをいただきました。 親に会社から連絡が入ります

離れている親が入院する事になりました。
3日間お休みをいただきました。

親に会社から連絡が入りますか?
診断書休むごとに必要でしょうか?

Aベストアンサー

ふつうの会社なら、口頭で申告だけで充分でしょう。

Q性格を変わりたくて、自分の尊敬している人の本にのってるような性格になりたいです。どうすればいいですか?

性格を変わりたくて、自分の尊敬している人の本にのってるような性格になりたいです。どうすればいいですか?
本を何度も読んでたらしだいに、その性格になりませんかね・・・・

Aベストアンサー

たとえば、その理想とする人を現実に見つける。
その人の考え方や生活などを聞いてみる。
自分にできそうなところはとりいれる。

家庭環境(その人の親の考え方、しつけ)も関係
してくるときがあるので、かなり仲良くならないと
理解が難しいかと。

でも結局は、その人と同じ一生を送ってるわけでは
ないので、いくらまねしても独自性は残りますよ。
それがオリジナルな自分ということ。

尊敬してる人が尊敬してくれるような性格をめざす
のもおもしろいかなと思いますが。

Q親が会社経営で作った借金がありました。親が死亡後、本来なら相続放棄をし

親が会社経営で作った借金がありました。親が死亡後、本来なら相続放棄をしなければいけないのですが、3ヶ月ということを知らずに、支払い義務が生じてしまいました。金額的に自己破産しか道はなさそうなのですが、自己破産後、既にある以下のものがどうなるか知りたいです。

(1)現在使用中のクレジットカード
(2)既に開設している銀行口座
(3)既に開設している株式口座
(4)既に開設しているFX口座

これらは全て凍結されて使えなくなってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

「自己破産」をする場合、全ての換金できる財産、預金している財産は、全て弁護士に委託・譲渡し、換金されます。ゆえに、これら4項目は全て弁護士さんに一時、預けなければなりません。換金された財産は、法人の場合はは未納税金・銀行・従業員への給料未払い分・第三者への支払金(仕入れ先)の順、個人であれば、未納税金に充てられます。ご尊父様の借金であれば、どういった落とし所になるのか弁護士さんに相談した方が良いでしょう。

・クレジットカードは凍結され、使えなくなります。

・銀行口座・FX口座は、凍結される事はありません。手続き途中の段階で、手元に戻ってきて、また使用できます。

Q人間のいろんな性格が載っている本を探しています!!

人間のいろんな性格が載っている本を探しています!!

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

ネガティブな人間の性格に偏ってますが、けっこう参考になりました。

「困った人たち」とのつきあい方 (河出文庫) (文庫)

Q会社に親の経歴は提示しなくてはなりませんか?

会社に親の経歴は提示しなくてはなりませんか?

あるいは掲示しなくとも死亡時期など分かってしまうものですか?

Aベストアンサー

大丈夫ですよ。親の経歴を聞く事はまずないです。提示を求めた事もないです。人事部で、家族構成・緊急連絡先・扶養の有無は把握します。(当然ですね)でも死亡時期なんて聞かないし、親がいるかどうかも聞きません。また調べたりしません。
もし入社してから、ご両親(身内)にご不幸などあったら、お見舞金や弔電のために聞きます。でも本人が答えたくなければ無理に聞く事はありません。
税法上の扶養家族になっていたら、聞かざるを得ないし分かってしまいます。
あとレアケースでは、お父様が亡くなられたのでお母様を本人(社員)の扶養に入れたいと入社時に申し入れがあった時、その方はちょっと珍しいケースだったので死亡時期や亡くなったお父様の勤務先を調べる事になった事はありました。
でも、基本的にはご心配さなる事はないと思われます。

Q性格形成、人格形成は親からの影響が大きいのでしょうか?

性格形成、人格形成は親からの影響が大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

 職業柄、多くの乳幼児や親をみていますが、生育環境(大人の性格や状況)が大半を決める、というのはほぼ正しいと思います。

 育てた者(多くは親ですが、現在ですと両親はフルタイム勤務をし、祖父母や保育士がメインにその子の世話をしている場合も多いので『育てた者』と致しますね)がどういう性格か、どういう方針か、何を身を持って教えたか。・・本当に大切だと思います。

 ただ、「生まれ持った性格が絶対ある。」・・子供を持つ母親たちが口を揃えて言います、何代も前の母親も、そして現在の母親も。そして現在自分も母親ですが、やっぱり同感ですね。「そうとしか考えられない」性格の子がたまに存在します。

 人生は体験の積み重ねです。毎日何かしらの経験をします。そしてそれをどう受け止めるか。受け止める方のアンテナが「何を」「どう」受け止めるか。これは性格次第です。
 例えば、石につまづいて転んで血が出たとします。「転ぶと痛いんだな」と思う人、「この石どこから来たんだろう?誰か置いたのか?」と思う人、「ぼんやりしてたから転んだんだ。気をつけなくちゃ」と思う人、色々ですよね。『物事のとらえ方』を最初に学ぶのは0歳~1歳くらいから始まります。そしてこの間に育児をした者の影響が大きいと個人的にはいつも感じています。

もし、自身が大きくなって「子供の性格は親の影響」だと思えるようになったなら、更にその先の「その親を育てた『親』」について、考える必要が出て来るはずです。全てはそうやって連鎖されて来ています。戦争などの時代の背景からくる影響も大きく見えて来ます。まだまだ日本は戦争が終わっていないと実感している(育児中の)者は多いです。

話がそれましたが、やはり親の影響は大きいといえると思います。基本的に。

 職業柄、多くの乳幼児や親をみていますが、生育環境(大人の性格や状況)が大半を決める、というのはほぼ正しいと思います。

 育てた者(多くは親ですが、現在ですと両親はフルタイム勤務をし、祖父母や保育士がメインにその子の世話をしている場合も多いので『育てた者』と致しますね)がどういう性格か、どういう方針か、何を身を持って教えたか。・・本当に大切だと思います。

 ただ、「生まれ持った性格が絶対ある。」・・子供を持つ母親たちが口を揃えて言います、何代も前の母親も、そして現在の...続きを読む

Q親が亡くなり喪主になったら、会社を何日休みますか?

まず午前中に親が亡くなるor危篤と電話がきましたら、会社すぐに早退しますよね。
そして病院で親の遺体をみて、葬儀社と打ち合わせ、1日後を通夜とし、通夜の日は会社を休みます。
そして2日後は葬儀・告別式でまた会社を休み。
合計で、当日の早退+2日の休みをもらうのが普通でしょうか?
それとも通夜や葬儀・告別式は夕方からなので、午前くらいまでは会社に行くのが普通ですか?
つまり3日連続早退でしょうか?

皆様の知識経験を教えてください、お願い致します。

Aベストアンサー

補足です。

私の会社では忌引きは目一杯休まないと「変な人」扱いされます。
親が亡くなったのに仕事するの??と言われますね。

日本の会社は基本的に冠婚葬祭には優しいです。

特に亡くなったのが親、配偶者、子供など近い身内の場合、忌引きを目一杯使って休んで文句を言われる事はまずないですし、非常識だなんてこともまず言われません。

もしそんな事を言う人がいたら、その人こそ非常識ですね。

もちろん、ブラックな会社だとまた別ですが^^;

Q性格心理学・社会心理学の本を探しています。

性格心理学・社会心理学の素人でも読みやすく解りやすい本を探しています。

『図解 心理学のことが面白いほどわかる本』というのを読みました。
これくらい読みやすいものがあれば、一層嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

youchiennさん

はじめまして!
お役に立てるかどうかはわかりませんが、加藤諦三さんの本とか
どうでしょうか?
たくさんのシリーズが出ています。
よかったらアマゾン等でご覧ください♪

Q【親が死んだらどんな手続きをしなければならないのか分からない】まずは警察に死亡の電話ですよね。その後

【親が死んだらどんな手続きをしなければならないのか分からない】まずは警察に死亡の電話ですよね。その後、死亡届出を市役所に出して、葬儀をやって、、銀行に行って預金の名義書き換えに、持ち家の名義書き換え・・

持ち家の名義書き換えってどこでするんでしょう 汗

あとどんな手続きがありますか?

株などあれば証券会社の名義書き換え。

Aベストアンサー

場所にもよります。
自宅で亡くなられたなら、警察と救急に電話
病院なら、医師が死亡診断をして葬儀の手続き
名義変更は、相続の事もあるので一度引き落としができない状況になったかな?
税務署が資産を計算した上で、相続税を払う必要があれば、支払って相続完了です。
誤魔化しをしたら、脱税になるので誤魔化さないように。

葬儀も、大変です。
祖父の近い血縁の方が、喪主を務めなくてはならないので、家族のサポートがなければ、うまく回せないでしょう。

Q人の性格を分析したいのですが、いい本ありますか?

人の性格を分析したいのですが、いい本ありますか?

仕事などで、部下や上司の性格を理解して人間関係や仕事を円滑にしたいです。人間観察などのポイントなどが知りたいたいのですが、いい本がありましたら教えていただきたいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

具体的には國分康孝さんが大好きで一番有名なのは「カウンセリングの理論」ですが、色んな著書があります。個人的にお勧めしたい方です。


人気Q&Aランキング