前回の都知事選に引き続き今回も・・・
改革を叫ぶ割には、
意外と現状にこだわるんですね・・・

石原さんのどこがいいと思いますか?
賛成意見、反対意見、問いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

No.6では散々石原をこき下ろしましたが、やはり他の候補者のインパクトが今一だったのが(他の候補者の)敗因だったと思います。


はっきりいって選挙戦は命がけで戦わないと勝てないんだと思います。
東国原も渡邊も、落選してもまだ戻れる所がある、という余裕があったのだと思います。

「命がけで戦う」ということは、自分の政策や実績を坦々と訴えるだけではダメなんじゃないかということです。
これだけの選挙区で現職を覆して勝つということは、並大抵の戦略では効かないのだと思います。
現職に勝つということは、現職の「功罪」を有権者に改めて認識させ、それに比べて自分がより優れていることを知らしめなければならなかったということではないでしょうか?

つまり、アメリカ大統領選挙のように「ネガティブ・キャンペーン」をすべきだったんじゃないかということです。確かに「他人の悪口を言う。」ということはたとえ選挙戦であっても、本来日本人のあまり得意とする所だはないかもしれません。他の候補者はどうあれ、自分はこのような人間であり、このような実績を生かして、このような政治姿勢と政策で臨みたいと有権者に訴えかけて、それで当選するのであればそれもいいでしょう。しかし選挙には通常対立候補者がおり、相手に勝たなければ当選できません。それなら、相手の人間性・実績・政治姿勢・政策と比較して自分のそれらがどうなのかということを、わかりやすく有権者に訴えかけることも大変重要だと考えます。「悪口」ではなく、等身大で相手を評価し、且つ欠点を明らかにするという作業です。

「等身大で相手を評価する」ということは欠点だけではなく長所やこれまでの実績も正当に評価し、有権者に対して素直に認めることです。
石原都知事の例で言えば、彼は大変アイディアマンで、前例を重んじる官僚などには思いもよらない数々の施策をぶち上げてきました。勿論それらが全部ヒットだったかというとそうではなく、多くの人の反感を買ったり、訴訟に発展した案件もありますが、ともかく、だれもが解決できなかったことに対し、色んな選択肢を用意し、議論のテーブルに乗せ、閉塞感を打破しようと努力していることは評価します。
例えば私は、多くの人が批判しているようですが、青少年の風俗の規制に関する条例に対しては、私は断固として評価致します。「自由」の意味をはき違えている連中に鉄拳を下した石原をその点においては支持します。
石原都知事が四選を果たした理由は、数々の批判などを浴びながらも、それを上回るアイディアあふれる政策を繰り出し、国や海外に対しても対等にものを言ってきた、その「頼もしさ」にあるのではないでしょうか?

それでも、私が彼の不支持に回った決定的な要因としては、最終的にはその人間性を疑う発言の数々です。
彼のWikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F% …
の後半には、障がい者、老人、在日外国人、「ニート」・フリーターに対しての数々の暴言が掲載されており、極めつけは、「ジェンダー・性について」という項目で、「女性が生殖能力を失っても生きているってのは無駄で罪です。」「男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害。」「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババァ。」などと信じられない発言を公人としてしており、とんでもない人間性で、断じて容認できません。おまけに今回の震災では「天罰発言」をするなど、もうやりたい放題、こんな人物が当選するというのは、天地がひっくり返っても容認できるはずがありません。

それでも当選してしまう今の日本の甘さ。超問題人物を排除できないファシズム的状況。
70代以上の東京都民の石原支持が70%以上という不可解さ。「これでよし」とする都民の多さ。大バカ加減!

だから再度言いたいのです。
どうして対立候補は、石原のこの「問題性」についてネガティブ・キャンペーンをやらなかったのか?
もっと「命がけ」になれば真剣に批判できたはず!何となく「頼もしさ」だけで彼を支持する有権者のバカ共に、如何に彼が問題人物であることかを、「等身大」で訴え、自分がそれに勝る候補者としてふさわしいのだ、ということを示しきれなかった、のは、有権者にとっても東京にとっても、そして日本にとっても、とっても不幸だったと言えるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

タカ派で、外国に強い態度で、物を言える「日本」では珍しい(ヘタレ)ではない政治家。


そこは良い点です。
でも、そこだけです。それ以外ないですね。若い頃から、売れっ子の作家で「裕次郎」の兄で、チヤホヤされて、今まで来てますので、世間によくいる、{勘違い野郎}の一種。
だから、世界の中でも、[悪]特殊な形態を持つ、「日本」の政治記者に対する、耳を疑う口のききよう。
テレビ局が、その場面だけしか使わないとゆうのは、承知しているが、それでも、…。
他人に厳しく、自分と身内に甘い、典型的なタイプの人間。
弟の「裕次郎」氏は、素晴らしい人なので、彼が存命中に、(爪のアカ)でも、煎じて飲めばよかったのに!
    • good
    • 0

話には聞いていたけど、実際にグラフを見るとはっきりしてますね。



要するに、特定の世代の固定票を覆せなかった・・・ってことです。

確かにあの人の物の言い方は、特定世代にはとても耳触りがいいのでしょうね。
    • good
    • 0

慎太郎、好きです。


彼は誤解されるタイプで可哀想だと思う。
尊大で歯に衣着せぬ発言をするので嫌われる。
ま~、そこが欠点と言えば欠点だけどぼくあたりから見ると「そこが好き」だ。
世の中にはあれくらいの表現をする政治家がいても良いと思う。
頭がいいし、力もあるし、愛国心もある。
私は彼の政策のほとんど全部に賛成です。
彼が失敗したのは新銀行東京だけ。
理想が先行して結局素人の発想で挫折した。なんとか、かたをつけなきゃ。
あとは全部良いと思います。オリンピックだってやりたかったけど、肝心の国民の側に招致する意欲が欠けた。それで招致合戦に敗れた。残念です。
築地の移転だって大賛成です。狭いところでは未来がない。多少の汚染は土壌改良によって防げます。あまり神経質になっては移転ができなくなってしまう。
東京マラソン、素晴らしいです。
慎太郎、応援します!
    • good
    • 0

東京都民です。


石原さんは確かにいろいろ問題があると思います、が、
国に対して ズバっと首都としての意思を言えるのも石原さんくらいですね。
他の候補者に あまりに実績(政治的な)が無さ過ぎます。
長い目で今後の新しい知事を選ぼう、という考えはわかりますが、長くやりそうな候補もいませんでした。
せめて 副知事あたりでも勤めて東京都政を学んでなら説得力もあるのですが。。

宮崎元知事の東国原さんは東京の知事になりたいという必然性もなにも感じませんでしたから、
あれなら神奈川知事にでも立候補しておけば たぶん受かったのでは?と思います。
神奈川知事選こそ、あまりにひどい消去法選挙でしたからね。

いろいろ他の県のかたからみれば文句はあるのでしょうが、「圧勝」ですので、まあ順当勝ちです、しかたありません。。
    • good
    • 0

画像貼れなかったので再び失礼。

「東京都民の方、まだ石原さんがいいんですか」の回答画像14
    • good
    • 0

変化を求めない老害と一部の信者の所為だろうねw


石原知事がブレないとか妄想だろ?
    • good
    • 0

他の回答者さんもおっしゃっていますが、対抗馬が弱すぎたと思います。


それに、石原さんは、その良し悪しは別として、ぶれない自身の思想を持っていますので、
大衆迎合的な耳障りの良い事しか言わない今時の政治家よりも硬派で頼もしい印象があるのかもしれませんね。

個人的には、減税のその先にどのようなビジョンがあるのか曖昧な減税日本が勢力を伸ばしている方が心配です。
魅力的ではあるけれど、実現性に乏しいマニフェストを掲げた民主党に飛び付いた、前回の政権交代の反省が生かされているのかと。
    • good
    • 0

去年、都民脱出しました。



都民に「空気を変えようという気概が無い」というより、
「そういう気概を持った候補者が他にいない」が正しい気がします。
石原さんがすばらしい気概を持っているとは言いませんが、
他の方よりは意見を言う・・・ように見える?とか?

想像ですが当選は「有権者の内、投票に行く人」の中で支持率が高いのかなと。
「誰がなっても同じだから投票しても無駄」という雰囲気は東京は特に多いです。

こんな事言うと何ですが・・・
例の「天罰」発言。と、その後のバッシング。
TVで見てて「上司は嫌われる発言をしている方が部下がまとまる」なんてぼんやり思いました。

石原さん、だいぶ年を取ってきたので、誰か対抗できるくらいの張り切った若い候補者が出ないかな~とは常々思います。
    • good
    • 0

石原さんは問題発言多いのがちょっとなぁ・・・


でも国に意見をきちんと通せるのも、彼以外にはちょっと見当たらないような気がします。

選挙運動で立派なことを言っておきながら、当選したあとにウジウジするのはもう見飽きてるので、石原さんのように少し頑固なくらいの人に好感持つ人が多いのかもしれませんね。

質問とはちょっと違いますが、一番気になったのは投票率が約50%ってことかな。
改革を叫んでおいて、都民の半数が無投票ですよ。
そっちのほうが呆れました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報