自宅に植えてあるシマトネリコですが、昨年全く葉を付けなかった枝があります。もし今年も全く葉をつけなければ、その枝は枯れていると判断して良いのでしょうか。シマトネリコに限らず、どんな木でも一般的にはそう判断して良いものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

簡単な方法を書きますから、まずはそれを試されて見て貰えますか。



まず枯れているか生きているか分からない樹木の枝を、何処で構いません
からカッターナイフで鉛筆を削る要領で皮を少し剥いて下さい。
すると茶色い皮の下から白っぽい部分が見えるはずです。削り取った皮と
出て来た白っぽい部分との間に、少しでも緑っぽい部分が見えれば生きて
います。またその部分を乾いた自分の指で触ると、湿りっ気があるような
ら生きています。白っぽい部分が薄茶色だったり乾いているようなら、既
に枯れているので無駄な枝になります。
トウカエデのように枝がしなり難い樹木を除く他の樹木なら、枝を曲げる
ようにすると分かる場合もあります。しなって折れないようなら生きてい
ますが、簡単に折れるようなら枯れて居ます。

プロの方は素手で触れば分かるようですが、素人では難しいですね。
ですから僕が書いた方法で試して見て下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。生きていれば緑の部分が見えるということですね。
バランス的に葉が欲しいところの枝に葉が生えていないので、あきらめきれずに残してあるのですが、すっきりさせたいと思います。

お礼日時:2011/04/12 22:11

元気な枝なら、曲げてもしなやかに曲がって、元に戻る。


枯れた枝は、ぽきんと折れる。
 この辺の按配は、くれべて判断するしかないかな・・

と、枯れた枝は、それなりにしなびている。
樹皮の模様が細かくなたり・・
よく観察すれば判ると思います。


>どんな木でも一般的にはそう判断して良いものでしょうか。
いいんじゃないですか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり生きている枝はしなるんですよね。枯れ枝は文字通り、水が枯れている状態なんでしょうね。木の水分って、人間で言う血液のようなものだと考えると理解しやすいかも、ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 20:55

1年以上も全く葉をつけていなければどんな枝でも枯れている可能性が高いです。


もし直接確かめてみたい場合は、枝の先っぽを折って断面を見てみましょう。

木の枝は表皮のすぐ下に、水や栄養を運びながら成長していく組織があります。

その組織に水気があって、緑がかった白っぽい色をしていればまだ枝は生きています。
しかし表皮と同じように硬く乾いていて、完全に白っぽいまたは茶色っぽくなっていれば枯れています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりそうですか。枝を折って断面を見るという話は聞いていましたが、ちょっと怖くて(もったいなくて)やる勇気がありませんでした。ためしてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

シマトリネコ」に関するQ&A: 庭木の消毒

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒメシャラが上半分枯れました

高さ3メーター位のヒメシャラですが、昨年の夏に水やり不足か何かでが上半分の葉が枯れたようでした。今若葉が生え始めましたがメインの幹の上半分からは葉が生えていません。処置はどうすればいいでしょうか?枯れた部分を切り取るなどして、元の姿に近い姿に戻るようにできませんか。

Aベストアンサー

ヒメシャラということですが、株立ちでしょうか。
枯れた部分は切るしかありません。
樹形は元のようにはならないと思いますが、
仕方ありません。

ヒメシャラの株立ちは、枝先が枯れやすいです。
幹が細いので、水を吸い上げる力が弱いのです。
夏場はそれを考慮した水遣りが必要です。

Qこの木は枯れていますか?

我が家の金木犀です。去年の9月(7ケ月前)に花を咲かせた後、枯れてしまいました。
原因は不明です。(牛糞を与えすぎたのかも?)
新しい木に植え替えるとどうかで迷っています。
一見枯れているようでも、何年か後に新芽が出て復活することは樹木には良くあることではとも思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

画像では枯れているように見えますが、見た目だけでは分かりませんから、
まずはノコギリで構いませんから樹皮の部分に傷を付けて見て下さい。
生きているなら樹皮に緑色の部分がありますが、枯れていたら茶色の部分し
か出ません。少々傷を付けて構いませんから、何ヶ所か傷を付けて確認しま
しょう。プロは触れば分かるといいますが、素人には無理です。

根元付近を尊重に観察しましょう。木屑が落ちていたらテッポウムシが侵入
したと考えられます。木屑が落ちている場所の上を見ると小さい穴が開いて
いるはずです。発見出来たらテッポウムシにやられたと考えて間違いないで
しょう。発見した直後に駆除をしていたら、今回のように枯れる事は無かっ
たはずです。

枝や幹に白い綿状の物が付着してませんか。付着していたらカイガラムシの
被害と言う事が分かります。大量に発生すると確実に枯れますから、まずは
ヘラで掻き落としてから、マシン油乳剤を噴霧して駆除をします。

キンモクセイやギンモクセイは公害に敏感だと言われています。定期的に散
水して葉の汚れを落としてやると枯れにくいとも言われています。

現時点では原因は不明です。ただ言える事は牛糞堆肥が原因ではないと言う
事です。勘違いしないで欲しいのですが、牛糞堆肥には肥料も文字がありま
すが、樹木に対して必要な量は含まれていません。ほんの微量しか肥料分は
含まれていません。牛糞堆肥は土壌を改良するために使用する改良材ですか
ら、多く使用したからと言って枯れる事は絶対にありません。

まずは造園屋さんに現状を見て頂き、枯れていると言われたら切り倒して、
根を撤去した後に別の樹木を植えられたらと思います。
穴を掘って埋めただけでは育ちません。土壌改良後に植替え無ければ育ちま
せん。確認して貰った造園屋さんに全て任せましょう。

画像では枯れているように見えますが、見た目だけでは分かりませんから、
まずはノコギリで構いませんから樹皮の部分に傷を付けて見て下さい。
生きているなら樹皮に緑色の部分がありますが、枯れていたら茶色の部分し
か出ません。少々傷を付けて構いませんから、何ヶ所か傷を付けて確認しま
しょう。プロは触れば分かるといいますが、素人には無理です。

根元付近を尊重に観察しましょう。木屑が落ちていたらテッポウムシが侵入
したと考えられます。木屑が落ちている場所の上を見ると小さい穴が開いて
いるは...続きを読む

Qシマトネリコが枯れてきてしまいました!

前回もこちらにおジャマしました。
その時のアドバイスで土壌改良をして、しばらく元気だったのに、ここ数日でいきなり木の半分くらいが茶色になり枯れてきてしまいました(元気な木もいます)
ずっと16℃くらいだったのが、突然寒くなり2~3℃になることがあったのですが、そのせいでしょうか。
(防寒対策をするのを忘れていたんです、涙)

このまま枯れていくのでしょうか。
それとも何もしなくても元気に復活するのでしょうか(そのためにすべきことはありますか?)
ちなみにこの寒さも今日までのようです。

本当に一気に枯れてしまったのでびっくりしています。

Aベストアンサー

結論から言うとそのままで大丈夫です。
シマトネリコの落葉には2通りあります。
1つめは自然の落葉です。
シマトネリコは半落葉樹なので秋になって気温が下がってくれば自然と落葉しますがこれは問題ありません。
半落葉と言うのは自生地では常緑だけれどもその他の環境の異なる地域において気温の低い冬期にはある程度葉を落す樹木ということです。
要するに気候風土によって順応する植物です。
2つめは今まで栽培されていたところと現在の環境が異なることによるストレスなど色々な生理的な問題で落葉するケースです。
栽培農家は最も良い状態の物を出荷しますし、その状態を作る為に色々な薬を使っていますので店から買って帰ってきた植物は大なり小なりそのような症状が出ますが、同様に土壌改良をされたそうなので暫くして新しい生育環境に慣れてくると落ち着いてきて成長を始めますので幹や枝がしっかりしていれば大丈夫です。
シマトネリコは日当たりを好み過湿を嫌いますので表土が乾いたらたっぷり水を遣りましょう。
葉水を併用すると効果的です。
日当たりを好むといっても夏だけは直射光を避けましょう。
耐陰性が強い植物なので室内でも大丈夫ですが室内で育てるときは時々日光に当てるか日当りの良い処に置く必要があります。
冬は室内越冬の場合0℃前後までは耐えますが5~10℃は欲しいですね。
花は6月から7月頃に咲きます。

結論から言うとそのままで大丈夫です。
シマトネリコの落葉には2通りあります。
1つめは自然の落葉です。
シマトネリコは半落葉樹なので秋になって気温が下がってくれば自然と落葉しますがこれは問題ありません。
半落葉と言うのは自生地では常緑だけれどもその他の環境の異なる地域において気温の低い冬期にはある程度葉を落す樹木ということです。
要するに気候風土によって順応する植物です。
2つめは今まで栽培されていたところと現在の環境が異なることによるストレスなど色々な生理的な問題で落葉...続きを読む

Q葉の出ない枝(ケヤキ)

2年半前に株立ちのケヤキを植えてもらいました。
2度目の春を迎えましたが,数本の枝に葉が付きません。

この原因は何でしょうか?
将来,葉が出る可能性があるのでしょうか?
葉の出る可能性がないとした場合,葉の付かない枝は落とした方がよいのでしょうか?

なお,全般的には青々とした葉が出ており,勢いも感じます。

Aベストアンサー

 すでにケヤキは十分根付いているようですね。 ケヤキは大変丈夫で芽吹きの旺盛な植物です。
 今回の部分的な枝枯れはどんな植物にもある現象です。 枝を折ってみて中が茶色くなっていれば(緑の部分がない)すでに死んでいますのでカットしてください。
 そのまま管理してください。 込んだ枝が多くなった場合は軽く剪定してください。
 枝が混みすぎて風通しが悪くなる虫の発生の原因になります。 
この時期はいろいろ虫が発生してきますので虫の有無に関係なく液状殺虫剤と固形殺虫剤を兼用して予防すればなおいっそう元気になります。
 それ以外木酢液の500倍~1000倍液を葉っぱから枝そして土壌へ十分まけばよろしいでしょう。
 

Q庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。

庭のヤマボウシの葉が茶色に! 写真をご覧ください。
5年ほど前に植えてから、特に手入れもせず植えっぱなし状態です。(反省)
ヤマボウシの周りは芝生、背丈は約4m弱。
あまり水はやってませんでした。幹、枝に虫の穴はなさそうです。
根元の芝を刈りとって見ようと思ってます。
何かご指摘をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけでなく、この時期のヤマボウシとしては少し黄緑過ぎますね。これは比較的造成地に多い痩せた土・水はけの悪い土・粘土質・赤土が多めの土壌に多く見られる特徴です。(本来の葉の色が出ない)

AC7さんの土壌はどうでしょう?、たとえば表面は良さそうでも深い位置の土壌が根にとってあまり良くないのではないでしょうか。何故かと言うと定植から2~3年程度までは発生しやすい症状なのですが、普通は5年も経った樹木で新たには現れにくい症状です。このことから成長した根が良くない土壌まで達したため今年症状が現れたとも考えられます。もうひとつは芝生による水はけの阻害、空気が入らず排水性・通気性が悪くなったのでしょう。初めから芝生は茂っていましたか?

◆結論としては主に、土壌が痩せている、水はけが悪い、の2点だと思います。写真を見る限りは根腐れの心配はやや少なそうです。

◆対策としては、
 (1)前回も書きましたが、水はけ改善のため芝生を剥ぐ。半径60~80cm程度は剥ぎたいですね。
 (2)養分の多い土壌に改善する。(※土壌が良好なら5年経過のヤマボウシには本来、水やりも肥料も要らないのです)腐葉土、堆肥などをすき込んで改善します。すき込む量は葉の回復を見ながら経過観察でいいです。堆肥ですが、今は肥料を与える時期ではありませんので、回復を図る為に主に油粕を幹から30cm離した位置にすき込むといいでしょう(与えすぎないように、量は経過観察で)。本格的な追肥は秋以降にします。
 (3)弱った(赤茶けた)葉を落とす(特に下の方を中心に)。それと弱った葉の多い枝の剪定。剪定の季節ではありませんが、樹勢回復のために多少切り落とします。また細く樹勢の無い枝も剪定し樹木の根の負担を減らして下さい。
※あとは以下のURLを参考に管理してみて下さい。

<ヤマボウシの管理>
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/ya.html#yamabousi

<肥料を与える上で注意すること>&その他
http://ueshin.info/the-care-for-garden-tree-point/care-3

根http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/sosiki.html#ne
土壌http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kankyou.html#dojou
改善http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/kaihuku.html#dojo
肥料の場所と方法http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/kanri/hiryou.html#houhou

http://www.nararinshi.pref.nara.jp/kanrimenu.html
上記各URLの元サイトですが、各種樹木の管理のことでが色々と勉強になることが書かれていますので、時間のあるときにでも読んでみて下さい。他の庭木についても役立つ筈です。
※参考までにページによって「生長」・「成長」の両方の文字が出てしまいますが、「生長」は古い時代の名残りで使われ、現代では動物・植物共に「成長」の文字を使うのが一般的になっています。

芝生を剥ぎ取ったあと見栄えが悪くなりますよね?
そこで剥ぎ取った周り(樹木から50cm離して)に花期の長い植物を植えられてみてはいかがでしょうか?見栄えが良くなります。
ペチュニア・マリーゴールド・デージー・ビオラなどが咲く期間がとても長いです。四季折々咲かすと楽しいですよ。
http://www.hana300.com/deji001.html
http://www.hana300.com/marygo1.html
他にはローズマリーなども痩せた土でも簡単に育ち、ハーブをして利用できて一石二鳥です。

その他参考URL欄<ヤマボウシの葉が茶色に>

参考URL:http://botany.cool.ne.jp/logb/200806/08060125.html

前回、回答した者です。できるだけ適切なアドバイスができるよう、私がよく行く公園(各所に大小20本位のヤマボウシが植わっている)、その他の場所でも10本以上のヤマボウシを見て、写真のような状態の葉のものがないかも見て来ましたので少し回答が遅れました。
何処も水はけが良く、梅雨時期でも雨がちょっと降っていないと表面の土は完全に乾いています。この時期葉の色も濃いミドリで、赤茶けたものは無いですね(たまに枝の先1~2枚だけ赤茶けたものも見ました)。

写真の葉の色は赤茶けているだけで...続きを読む

Q枯れたツツジの再生について

 自宅の庭にツツジを植えていたのですが、写真のように大半の枝が枯れてしまいました。
 しかし、一部の枝には、葉がついていて、しかも花も咲いています。
 このようなツツジの木を再生しようと思うのですが、再生できるのでしょうか。
 それとも、新たしい苗に植え替えたほうがいいのでしょうか。
 

Aベストアンサー

水はけが良く乾燥していて硬くなっているとの意味は、土壌に保水性
を補う物が多く含まれていない事は再質問をしなくても分かります。
もしツツジを植え付ける時にバーク堆肥を土に混ぜられてから植付け
られていれば、土が乾燥して硬くなるような事はありません。
水はけが良いのは画像のように花壇で高植えにされているからで、
入れられている土が元々は水はけが良い土ではないようです。
元々が粘土分が多く含んだ土だと思います。ハッキリは言えませんが
赤土か真砂土(山砂)のような土ではないかと想像します。

赤土や真砂土には粘土分を多く含んでいます。盛り土をすれば水はけ
は解消されますが、乾燥すると硬くなる性質があります。
このような土にはバーク堆肥を混ぜる必要があり、掘り上げた土の量に
対して2割程度を混ぜれば土壌は改良されます。
赤玉土の本来の姿が赤土なんです。

前回にも書きましたが、先枯れとは上部に水分や養分が行き渡らない
から枯れる訳で、それだけ根が弱っていると言う事です。
アパートの屋上に給水タンクがありますが、これは地面に埋設された管
から汲み揚げた水を一時的に溜め、それをアパートの各家庭に供給し
ますよね。ようはこれと同じだと考えて下さい。弱った根によって生きて
いる部分と枯れた部分との境目までは水を汲み揚げたが、それから上
には水が汲み揚げられなかったので枯れてしまったと説明すれば納得
して頂けるかなと思います。
つまり枝先までは水を汲み揚げられなかったと言う事です。

下枝は当分の間は生き続けるでしょうが、通常の寿命よりは短くなりま
すし、根が弱っていますからこれ以上は上には伸びないでしょうね。
枯れた所を撤去すれば分かりますが、撤去した部分だけ穴が開いたよ
うに見えて感じが悪くなるので、枯れた部分だけ撤去せずに全てを撤去
されて、その部分には宿根草などを植えられ、ツツジは別の場所に新た
に植え直された方が見栄え的にも良いかと思います。

植付けは3月から7月中旬までなら可能です。まだ時間はありますから、
暫く検討されて下さい。
とにかく植付けの際は必ず土壌改良をして下さい。土質に関わらず樹木
を植え付ける時は土壌改良をするのが基本です。
草花には腐葉土を、樹木にはバーク堆肥を、野菜には牛糞堆肥や豚糞
堆肥を使用ます。

水はけが良く乾燥していて硬くなっているとの意味は、土壌に保水性
を補う物が多く含まれていない事は再質問をしなくても分かります。
もしツツジを植え付ける時にバーク堆肥を土に混ぜられてから植付け
られていれば、土が乾燥して硬くなるような事はありません。
水はけが良いのは画像のように花壇で高植えにされているからで、
入れられている土が元々は水はけが良い土ではないようです。
元々が粘土分が多く含んだ土だと思います。ハッキリは言えませんが
赤土か真砂土(山砂)のような土ではないかと想像しま...続きを読む

Q樹木の下草には何がオススメですか?

はじめて庭に花壇をつくり,2メートルの高さのヒメシャラ(株立ち)を植えます。これまでガーデニングは全くの無知のため,下草にどんなものがよいのか迷ってしまいました。建物は洋風で,植える場所は日当たりは抜群とは言い難く,明るい半日陰という感じです。ヒメシャラをさらに素敵にみせる下草のおすすめはありますか?お願いします。

Aベストアンサー

ヒメシャラを枯らさずに育てる秘訣は、根元に西日が当たらないことと、水遣りをこまめにするということにつきます。
明るい半日陰は植えるにはいい場所かも知れません。
ただ、西日が当たる場合は、根元に何か植えて日をさえぎるようにしないといけません。
地面を這うような草花だと、日をさえぎることはできず、2,3年のうちに枯らしてしまうことになります。
植木の本なんかには、サツキのような常緑低木を植えた方がいいと書いてあります。
サツキだときれいな花も咲くし、おすすめですが、昨今、低木として人気が高いのは、オタフクナンテンです。
これは花は楽しめませんが、葉は赤くてきれいです。
こういった低木を植えられたほうが、ヒメシャラにはいいと思います。
何しろヒメシャラは、プロの庭師でも扱いが難しいしろものですから・・・。

Q切り株はどうしたらいいの?

庭に直径が15cm、高さが2mほどの木があります。夏は隣家に枝が伸びるので2ヶ月おき位に枝を短くはらっています。
その木が生えていてメリットはほとんどなくデメリットがあまりにも
多いので元から伐ろうと思います。
そこでタイトルの『切り株はどうしたらいいの?』です。そのままじゃ
根元が太くなるとか、そこから枝が伸びるとか聞きますし・・・
切り株に十文字に切れ目を入れて、
灯油をぶっかければよいのでしょうか?
ちなみにその庭には他の育成中の植物もありますが、
伐る木に関しては切り株や根が残っていても問題ありません。
自分ではやはり腐らせるべきだと思うのですが、どんな方法が
いいですか?またその方法のメリット・デメリットも教えてください。
最後に伐った木の幹の処理方法も教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

幹を地表から適当な高さに切って黒いビニールをぐるぐるまきつけ紐かガムテープで固定します。
地面からの生え際もビニールの裾を長くして土をかぶせます。
これで、ひこばえや新芽が出てくることはなく1~2年でかれてしまいます。
ビニールは黒でなくてもよいですが光を通さないものがよいでしょう。
特に夏は暑さ攻めになり効果的です。
この方法は除草剤を使う必要はありませんし簡単で効果的だと思います。

>切り株に十文字に切れ目を入れて、灯油をぶっかければよいのでしょうか?

これは手間がかかるし灯油のにおいがすると思います。

将来的に木が枯れた後、幹をゆすって根っこごととってしまいたいなら1メートル以上幹を残し、そんなことはしないのであれば、地表すれすれで幹を切ってしまい、その株の上を大き目のビニールでおおい、その上に土をかぶせておけばよいでしょう。
この方法でも新芽を出すことなく枯れてしまいます。

>最後に伐った木の幹の処理方法も教えて下さるとうれしいです。

お住まい周辺の環境がわかりませんのでお答えしにくいですが、葉は腐らせて肥料になります。
幹や枝を近くに捨てられないのであれば、市役所などに問い合わせてみてはいかがでしょう。

幹を地表から適当な高さに切って黒いビニールをぐるぐるまきつけ紐かガムテープで固定します。
地面からの生え際もビニールの裾を長くして土をかぶせます。
これで、ひこばえや新芽が出てくることはなく1~2年でかれてしまいます。
ビニールは黒でなくてもよいですが光を通さないものがよいでしょう。
特に夏は暑さ攻めになり効果的です。
この方法は除草剤を使う必要はありませんし簡単で効果的だと思います。

>切り株に十文字に切れ目を入れて、灯油をぶっかければよいのでしょうか?

これは手間...続きを読む

Q住居直近に植えた 樹木、木、庭木の根で基礎に実害があった例

東京郊外の住宅地の戸建新居でこれから木を植えるのですが、
実際に基礎(べた基礎)を破壊することなどあるのか心配しています。

検索すると「~した方がイイ」という意見は拝見するのですが、
実際に基礎に障害が生じた方がおられたら実例として紹介をお願いしたいものです。

高さ10mくらいの木でをイメージして苗から育て、壁からわずか50cmしか離しません。
枝葉はなんらかの方法で切断に精を出すのですが、
根が本当に基礎を壊すのか疑問です。
樹木の種類は問いませんが、何しろ基礎に実害があった実体験をお持ちの方は教えてください。

Aベストアンサー

建物の真近に 植栽の被害ですが・・・・
私の自宅での事件的な被害を紹介します。

建築後 約8年の田舎町に建つ戸建借家です。
玄関から右側に裏へ通じる幅手前1M~奥 0。5M の通路があります。
建物の基礎から 300(30cm)の犬走りモルタルが施工されてます。
玄関を入って 右側にはトイレと洗面所、風呂と続いてます。
先住者が 玄関脇より奥への身通しを遮るために 通路の中程に ”椿 ”を植えてました。

ある日 トイレの排水が出来なくなりました。
・・・ 完全に詰まって 汚物が流れないのです。・・・
妻は ”そ~云えば 最近流れに勢いが無くなって着てた。 ”
そこで管理会社へ連絡して メンテナンス担当者に来て貰い、ゴム瀬の例の ぺっコン ペッコン で 数回
作動させると・・・ググッグー~~と開通しました。
通路の汚水枡を開けて トイレの水を流して見ると・・・少し勢いが弱い様です。

デジカメをパイプに突っ込んで 出鱈目に撮影した 画像を見ると・・
何か 植物の根の様な物が・・・・

早速 下水業者を手配して 掘り返してみると・・・・
塩ビの排水管の継ぎ目から 椿の根が パイプ内へもぐってしまい
トイレの流れを阻害してたのです。
・・・・勿論 家主負担で 全て修理をして呉れましたが・・・

私の職種は 屋根・防水・樋 工事の職人兼 工事施工管理者ですので
建物の基礎に 花壇を造って 草花を植えてられ その花壇下の排水パイプ
に草の根が入り込んで 雨水が流れなくなってる現場を多数経験してますので
我が家のトイレ事故でも 当初より的確な対応が出来たのですが・・・
設備業者は ”こんな事故は 商売を始めて10年年間 経験がありません”と云ってます。

どんないたずらを起こすのか? は当の植物でも判らないのですから後は 住んでる出る人の 常日頃の観察が 大事です。
極まれに ベタ基礎のモルタルを持ち上げる事も有るかもしれませんが
そこまで 育つには 相当な時間が掛るとおもいますので やはり観察しか
解決しないでしょう。

以上 参考にして 下さい。

建物の真近に 植栽の被害ですが・・・・
私の自宅での事件的な被害を紹介します。

建築後 約8年の田舎町に建つ戸建借家です。
玄関から右側に裏へ通じる幅手前1M~奥 0。5M の通路があります。
建物の基礎から 300(30cm)の犬走りモルタルが施工されてます。
玄関を入って 右側にはトイレと洗面所、風呂と続いてます。
先住者が 玄関脇より奥への身通しを遮るために 通路の中程に ”椿 ”を植えてました。

ある日 トイレの排水が出来なくなりました。
・・・ 完全に詰まって 汚物が流れないのです...続きを読む

Q花がすぐに枯れます

 花がすぐに枯れる人っていますよね?
 私もその一人です。肥料も書かれている通りにするし、毎日水やりもします。
 日当たりも書かれているようにして、底に水がたまらないように水はけも良く、プランターで栽培します。
 
でも大方、すぐにかれてしまうのです。
これってどうしてなのでしょうか?
すぐ枯れてしまう人って、花木と相性が悪いのですか?それとも運が悪いからそこに影響が出てしまうのでしょうか。

 どうしたら長く咲かせることが出来るのでしょうか。
 簡単に栽培できるものを教えてください。一度挑戦してみたいのです。
 それで枯れたら運が悪い人なんだと思うようにして諦めます。

Aベストアンサー

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれています。植物の根っこは水分や養分を吸収するだけでなく、空気から酸素をとりこんで呼吸もしています。水やりをすると土の中の空気が押し出されていったん水分で満たされます。そして植物の吸収や蒸発で水分は抜けていき今度は新しい空気が土の中に入ってきます。毎日水やりでは水分ばかりで根は吸収しきれず、空気がないので根は「窒息」状態になり「根腐れ」が起こるわけです。
水の好きな植物や生長の早い植物では、このサイクルが早いので水やり間隔を短く、乾燥を好むものや冬の休眠期などは、水やり間隔が週一回とか長くなるのです。なので水やりの原則は、鉢土の表面が乾いたらそこから勢い良く流れ出すまでたっぷりと、なのです。水やりは毎日の食事ような「日課」にしてはうまくいきません。

肥料についても食事ではないので、ルーチンでやってはいけません。植物がどんどん大きくなるときや、花が次々咲くとき肥料をやり、弱っているときや休眠期には一切やらない、です。特に肥料が濃い状態だと根を傷めてしまうので、液体肥料は濃度を、固形肥料は撒く量を守ることが大事です。

水やり以外の要因で「すぐに枯れる」というのは意外に少ないものです。運や相性では植物は育ちませんよ。日々接しているとそのうち「水をほしがっている」「暑がっている、寒がっている」なんて、植物の「気持ち」がわかるように(笑)なってくるもんです。ベテランだって最初は初心者、かくいう私も枯らしたものは数知れず(多くは水やりの失敗)! 質問者様も失敗を恐れず、お花に数多く接していってほしいと希望します。

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報