長調の曲を短調に変換するのはなんという理論か知りたいです。

転調とかそういう類のものなんでしょうか・・・

あまり理論に詳しくないので、その理論の名称を教えて欲しいです。
できればでいいので、方法についても教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

>長調の曲を短調に変換するのはなんという理論か知りたいです。



曲の途中で、楽しい感じから悲しい感じへと曲の感じが変わるのは「転調」です。
長調から短調に転調する場合は、二種類のタイプがあります。
1.「同名調への転調」またの名は、「同主調への転調」
これは、例えば「ハ長調から、ハ短調への転調」のように、同じ「ハ調」で、「長調」から「短調」へとチェンジします。
方法としては、
明るい感じの、あるメロディーをそのまま悲しい感じにする場合は、五線上の音符はさわらずに、五線譜の左端にある#や♭の数を増減することで可能です。#を3ッつ減らすか、♭を3ッつ増やすと悲しい感じとなります。
左端に#も♭も無い「ハ長調」の場合、書かれた音符を上下させずに、五線の左端に♭を3ッつ付けると「ハ短調」になりますので、悲しい響きのメロディーに変わります。
2.「平行調への転調」またの名は、「平行短調への転調」
これは、例えば「ハ長調から、イ短調への転調」のように、ドレミファソラシドの音列があったとして、ドから始めれば「ハ長調」ですが、3ッつ下のラの音から始めてラシドレミファソラと行けば「イ短調」になります。
方法としては、
この場合は、五線の左端にある記号はそのままにして、音符のほうを動かします。メロディーに書かれている音符をすべて平行に3ッつ下げて書き直すと、悲しい感じに変わります。
「同名調」、「平行調」は、もとの調子に対する「関係調」ということであり、これは、親戚みたいなもので、違和感無く転調できます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

平行調を使ったら出来ました。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/05/03 03:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長調と短調の見分け方

長調と短調の見分け方を詳しく教えてください。


曲を聞いた感じ…以外でお願いします。

Aベストアンサー

音楽理論を文字で説明すると非常に長くなるのでこんなところで「詳しく」説明しきれるほど簡単な話じゃないってことはまず理解してますか?してないなら何を教えても意味がないんですが。

たとえば、VがシャープしてV#になりVImをImとしたときにV7の和音が存在するかどうかとか、メロディやコード進行の終止がマイナーであるかとか、そういった条件で短調と判断します。
極端に言えば「曲を聞いた感じ」です。冗談抜きで。

まあ、きちんと知りたいならこんなところで人に聞くより自分で調べたほうが確実ですよ。
それか、本当に知りたいのはどんなことなのかもっと具体的に言ってくれば回答するほうも方針が立てやすいんですけどね。

Q長調と短調

長調と短調の違いがわかりません。
確か音楽の時間に長調=明るい曲、短調=暗い曲とならいました。でも、明るい、暗いって人の主観によると思うんですけど。

わかりやすく、「明るい、暗い」から一歩すすんで説明してもらえませんか。

Aベストアンサー

本当は、明るい、暗い、というわけ方はあまりよくないのですが、何せ多くの人が、その響きに「それらしいもの」を感じてしまうので、よくこの言葉が使われるのです。

とりあえず、その曲の中心となる和音が、「ド、ミ、ソ」の響きがしておれば、長調、「ラ、ド、ミ」の響きならば、短調です。

同じ「ジャジャジャジャーン」でも、結婚行進曲の前奏ならば長調、ベートーベンの運命ならば、短調。

同じ「チャ、チャ、チャーン、チャ、チャ、チャーン」でも、「ジングルベル」になるのならば、長調、「青い山脈」になるのならば、短調です。

音が鳴らないので、わかりにくくてすみません。ちなみに、巷にあふれる曲は、長調とも短調ともいえない曲が多いことも知っておいてください。響きは、多様化しているのです。

Q長調と短調の見分け方ってなに?

楽典の勉強をしているのですが、問題に「この曲は何調ですか?」という問題があるのですが、楽譜を見ても長調なのか短調なのかわかりません…。
一体、どこを見て見分けているんでしょうか?

教えてください!!!

Aベストアンサー

まずは調号の数を数えます。
例えば♭が一つなら、ヘ長調か二短調ということがわかります。

そして次は、その曲の最後が何の音で終わっているかを考えます。
ファで終わっていればヘ長調、レで終わっていれば二短調でほぼ確定です。
違った場合、ファとレのどちらが多いかをだいたいでいいので数えましょう。
ファが多ければヘ長調、レが多ければ二短調でほぼ間違いないでしょう。

…平たく考えれば多分これでいいと思います。

Q調(長調、短調)について

初心者向けの音楽書を呼んでいて素朴に思いました。1オクターブを12等分した平均律の場合、12ある音程を自由に使って(調や楽譜や音楽理論を意識せずに)作曲してはいけないのでしょうか?そもそも、長調とは?短調とは?何なのでしょうか?いくつかの教科書を読んでみましたが、(オタマジャクシの列び方のパターンの比較だけで)決定的な説明を見つけることができませんでした。実際に音を出して聴けば分からないでもありません。が、記譜するのに何でオタマジャクシの数を七つに限定するの?例えばオクターブを“6線譜”で表し、臨時記号をなくてしまった方が分かりやすくないでしょうか?そうすれば長3度や短3度の別もなく3度は3度で合理的に思うのですが…。音楽理論といっても必ずしも合理的でないので、現状は理解できても変なところで考え込んでしまいます。初心者に分かりにくいこれらの質問、どなたか易しくご教授下さい。

Aベストアンサー

長調、短調という形を取らずに、無調(または12平均律)という
タイプの音楽は、昔から考えられています。

古典的作品で一番有名なのはヨハン セバスチャン バッハでしょう。
また、現代音楽は大抵無調で書かれています。

http://plaza19.mbn.or.jp/~jmaieh/yamashiro/yamashiro.htm

なぜ、長調、短調が普通に使われるかというのは
私が書くよりも参考URLの方が説得力があるので、
こちらをごらんください。

また、譜面の表記を変えるのは、それが普及してしまえば
問題ないのではないでしょうか。
ハーモニカ(数字符)の例もありますから、他人が見てわかるのであれば
どちらでもかまわないと思います。

ただ、鍵盤楽器や多くの木管楽器のように譜面に沿って作られている楽器は
扱いにくくなりますね。

参考URL:http://members.aol.com/User962351/tonal2.htm

Q長調、短調、その他の調子の見分け方。

一般の音楽理論に関する質問です。投稿カテゴリーが分からないので、ここに送ります。別にクラシックとは限りません。、

質問を簡単に記述するため、五線紙に書かれた楽譜を考えます。調号(シャープ♯やフラット♭)は付いていないとします。
普通はハ長調あるいはイ短調と考えるでしょう。そして曲の終わりの音がハ/Cであればハ長調、イ/Aであればイ短調と判断します。
しかし、いわゆる調子/音階/旋法は他にも沢山あります。日本音楽の陽音階、陰音階など、あるいは西洋の教会旋法(多種ありますね。)など当てはまりそうな調子/音階/旋法は数えきれません。移調をして、高さを調整すれば、調号の付いていない楽譜に書くことが出来ます。
この曲が、ハ長調だ、陽音階だ、いや教会旋法の第三(ヒポリディア旋法)だとどうすれば分かるのでしょう。最後の音だけで決めるというのはいかにも、幼稚ですね。多分音楽を聴いたときの感じが大切なのだとは思いますが。

Aベストアンサー

長・短音階に耳が慣れている私が教会旋法を判定するときは、流れを耳で追いながら
「長・短音階では調号がつくはずのない部分についている臨時記号」「臨時記号がつくはずなのについていないところ」を抜きだします。
その上で長・短音階と比べながら、どれにあてはまるのかさがして見つけています。

> どれが主音かをどのようにして特定するのでしょう

○ クラシック音楽の主音
西洋音楽は和声進行を伴うことを前提に作られているので、旋律の動きだけではわからない場合は
そこに和声の進行をあてはめることでどれが主和音かがわかります。そこから主音を導きだします。これには和声の知識がいりますが・・・

○ 教会旋法の主音(終止音、finalis とも呼びます)

多くのばあい教会旋法の旋律は主音から始まり、主音で集結します。例外もありますがこれも一応の目安にはなりそうです。
そうでないときや正確に判定するためには、旋律の動きのなかで各音が果たしている機能、出てくる頻度など分析した上で判断することになります。

○民族音楽の音階(主音という概念がない場合もある)
インドや中国のように理論にもとづいた音楽ならば、曲の中での音の用法から音階の始まりの音を決めます。
また、世界中の民族の音階はすでに整理されているので、それらと比較することでどの音階にあてはまるかが特定できることと思います。
民族音楽を採譜して研究する民族音楽学や比較音楽学の分野には、何か音階を抽出する方法論がある筈だと思うのですが、
ちょっとそこまではわからないです・・。


> 音進行上のルールとは

西洋音楽の旋律の中でどのように音を動かすかは、作曲理論の中の旋律作法や、和声学の中での音の動かし方のきまりがあって、
基本的には作曲家はそれに沿って曲をつくっているわけなんですね。ですので、その使われたきまりから逆に調をたどっていく、ということです。


>ルールが解説されている本をご存じですか。

楽典の中には「調判定」という項目があります。(受験のときこういうのをさんざんやったものです)
作曲家が書いた詳しい楽典の教科書や問題集には、メロディーの音を分析して調を見分けるための簡単なやりかたが
譜面を例に挙げながら解説されていると思います。
調判定の説明を文章だけで書くとわかりにくくなってしまうので、図書館や音楽書のコーナーで実際にご覧になってみてください。

余談ですが、音楽知覚認知学の視点から調判定について扱った論文もあるみたいです。

http://www.sug.i.ryukoku.ac.jp/miura/pdf_dom/DOM2004-05-JSMPCs-Key.pdf

長・短音階に耳が慣れている私が教会旋法を判定するときは、流れを耳で追いながら
「長・短音階では調号がつくはずのない部分についている臨時記号」「臨時記号がつくはずなのについていないところ」を抜きだします。
その上で長・短音階と比べながら、どれにあてはまるのかさがして見つけています。

> どれが主音かをどのようにして特定するのでしょう

○ クラシック音楽の主音
西洋音楽は和声進行を伴うことを前提に作られているので、旋律の動きだけではわからない場合は
そこに和声の進行をあてはめ...続きを読む

Q長調、短調ってなんですか

今さら恥ずかしくて聞きづらいのですが、長調、短調ってなんですか?
よくクラシックの曲名に付いていてもなんのことだかさっぱりわかりません。
長調、短調の種類や意味、存在理由、なぜ上りと下りの音階が違うのか、などどんなことでもよいので教えてください。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたとおり、音階(スケール)がハで始まるときは長調、イで始まるときは短調となるのです。

大体、歌の始めと終わりの音はキーもしくはキーをルートとするの和音の構成音であることが多いので、その辺りで見分けますが、絶対これだ、という法則があるわけではありません。

楽器を演奏できるのでしたら、実際に旋律をなぞってみて、譜面に起こしてみると良いです。

そのときに、とりあえずハ長調と考えて採譜しますが、ある音に必ず#や♭つく事があります。その場合、その#や♭をまとめて楽譜の最初に付けると、その曲の調になります。

コードが弾けるのでしたら、最初のコードがその曲のキーと考えれば間違いありません。つまりCで始まる曲はハ長調、Amで始まる曲はイ短調という具合です。

ふたたびこんばんは。

楽譜を見ると、一番頭に#や♭がいくつか書いてありますが、あれの数で調が決まります。

#の数:調
1:ト長調
2:ニ長調
3:イ長調
4:ホ長調
5:ロ長調

♭の数:調
1:ヘ長調
2:変ロ長調
3:変ホ長調
4:変イ長調
5:変ニ長調 という具合です。

ところで、ハ長調とイ短調には#も♭も付きません。つまりある長調はある短調と兄弟みたいな関係になっています。これを「平行調」といいますが、どうやってキーを見分けるかと言いますと、#2でも回答しましたと...続きを読む

Q調の見分け方で

長調短調ともに、ハ長調(短調)なら最後がドでおわり、他の調もそれぞれハニホヘトイロハ=ドレミファソラシドでおわることが多いようですが、そうでない場合も結構あるのですか?
そういう場合はシャープの数などでみわけるのですか?

また曲の始まりはその調の和音の音のいずれかにするなどきまってますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
絶対音感保持者の sanori です。(笑)

以下、記述を簡単にするため「ハ長調だとすれば」という前提で書きます。


>>>
長調短調ともに、ハ長調(短調)なら最後がドでおわり、他の調もそれぞれハニホヘトイロハ=ドレミファソラシドでおわることが多いようですが、そうでない場合も結構あるのですか?

ありますね。
たぶん、10%前後の曲がそうです。
クラシックからポップスまで色々なジャンルで、ド以外の音で終わる曲があります。
ソで終わるのが最も多いと思います。第2位がミです。
たまに、「レ」や「シ」で終わるものも見かけます。
「シ」で終わるのは非常に考えにくいと思われるかもしれませんが、奥田民生の「イージュー★ライダー」という有名な曲がそうなっています。


>>>
そういう場合はシャープの数などでみわけるのですか?

それは転調しているということです。
考え方がまったく変わります。
ちなみに、ト短調の曲で、最後の音(コード)だけいきなりA♭メジャーセブンになっているものもあります。


>>>
また曲の始まりはその調の和音の音のいずれかにするなどきまってますか?

「その調の和音の音」とは、ド、ミ、ソのいずれかということですか?
確かに、ド、ミ、ソのいずれかで始まる曲は多いです。
しかし、決まっているわけではありません。
「ラ」で始まる曲なんかは結構あると思います。

こんにちは。
絶対音感保持者の sanori です。(笑)

以下、記述を簡単にするため「ハ長調だとすれば」という前提で書きます。


>>>
長調短調ともに、ハ長調(短調)なら最後がドでおわり、他の調もそれぞれハニホヘトイロハ=ドレミファソラシドでおわることが多いようですが、そうでない場合も結構あるのですか?

ありますね。
たぶん、10%前後の曲がそうです。
クラシックからポップスまで色々なジャンルで、ド以外の音で終わる曲があります。
ソで終わるのが最も多いと思います。第2位...続きを読む

Q長調と短調の区別について

長調と短調の区別が良く理解できません。長音階は基準音から3番目と4番目の間と7番目と8番目が半音、短音階は…2番目と3番目…5番目と6番目が半音、以上の様にして暗記する以外に内のでしょうか? 何か他の理論でもあれば解りやすくご説明お願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
cdj66210さんのご質問が、とても高度な書かれ方ですので、ほかのご回答の方々もそれぞれ高度にご返答されていますが、大変失礼かもしれませんが「短調」「長調」がわからない、というご質問の主旨そのものがほんとうだと受けとめて、私としては、ほんとうに音楽がよくわからない初心者の方を想定したわかりやすい説明をしてみましょう。

第一に超おおざっぱで、長調=「楽しく陽気な気分の音階」。短調=「さみしく悲しくなるような気分の音階」。と小学校で最初には教えていますね。

しかし、短調には#1のかたがお答えのとおり、「自然的短音階」「旋律的短音階」「和声的短音階」と3種類あります。(それぞれの違いは下の参考ホームページをごらんください*)

dj66210さんのご質問は、そのような単純なものではない、「長調と短調という分類があるのは知っているが、世の中には長調とも短調ともつかない音階があるじゃないか?それらは一体、長調なの?短調なの?」というご質問かとも思います。
そのとおり、ちまたの五線譜で記述できる西洋音階だけでも、短調でもない長調でもない音階がたくさんあります。

dj66210さんのお手元にピアノ(オルガンでもピアニカでもアコーデオンでも鍵盤があればOKです)はありますか?
シャープもフラットもつかわない(黒鍵はつかわず全部白鍵だけで)と考えてください。

「ドからはじまるドレミファソラシド」=いわゆる長音階です。これをちょっと難しく言うとギリシャの「イオニア音階」といいます。
「レからはじまるレミファソラシドレ」=これは短調みたいに寂しいという気もするし、長調みたいに陽気かもしれないしよくわかりませんね。これは長調でも短調でもありません。ギリシャ音階では「ドリア音階」と呼んでいます。
おなじく「ミから」=「フリギア音階」
「ファから」=「リディア音階」
「ソから」=「ミクソリディア音階」
「シから」=「ロクリア音階」
と呼ばれていて、長調でも短調でもありません。

上の例で「ラ」からはじまる音階をわざと外したのは、これがずばり単純な「自然的短音階」だからです。ギリシャ音階では「エオリア音階」といいます。

ですから、ご質問の「長調」「短調」に限った「一番わかりやすい丸暗記のしかた」としては、「ド」からはじまる音階か、「ラ」からはじまる音階、という丸暗記が一番単純で、それ以外に長調でも短調でもない音階がたくさんある(上記ギリシャ音階以外にもっとたくさんあります)、けれど、それらは長調でも短調でもないから無視、ということでもよろしいかと思いますがいかがでしょうか・
そんなことはもう知ってらあい(^^)ということでしたら大変失礼しました。。。お許しください。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/morejam/oldtext-site/4-1.htm

こんにちわ
cdj66210さんのご質問が、とても高度な書かれ方ですので、ほかのご回答の方々もそれぞれ高度にご返答されていますが、大変失礼かもしれませんが「短調」「長調」がわからない、というご質問の主旨そのものがほんとうだと受けとめて、私としては、ほんとうに音楽がよくわからない初心者の方を想定したわかりやすい説明をしてみましょう。

第一に超おおざっぱで、長調=「楽しく陽気な気分の音階」。短調=「さみしく悲しくなるような気分の音階」。と小学校で最初には教えていますね。

しかし、...続きを読む

Q楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

楽器の素材(木材)の見分け方を教えて下さい。

ハワイアンコアとマホガニーの見分け方を教えて下さい。
模様を覚えてみて見分けようと考えましたが。
かなり際どいラインで見分けがつかなかったりするんです。

何か決定的な見分け方はありませんか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な木目を持ちませんが、コア材はかなりハッキリした木目を持ち、年輪もよく見えます。
 殆どの場合、この木目を見てコア材かどうかの判断をしています。

3.重さ
 マホガニが楽器クオリティのモノだとすると、コア材の方が20~30%程度マホガニより重くなります。
 比較できるマホガニの板があるなら、重量を比べると結構カンタンに判るかもしれませんし、そもそも重量と板材の体積が判れば比重が算出出来るので、軽いマホガニと混同する事は無いでしょう。(楽器の使用に耐えるクオリティのマホガニの比重は0.53~0.6、対するコア材は0.8~0.83ほど。)

 いわれて見ると確かに似てますね、コアとマホは。

>何か決定的な見分け方はありませんか?

 ワタシの場合、ですが通常下記3点で見分けています。

1.色
 コア材は明るい色だと褐色になりますが(これがいわゆる『コア・カラー』)、マホガニは明るいと赤が強い茶色になります。
 また、コア材の芯材だと暗褐色になり、あまり明るくない色のマホガニと一瞬見分けが付かなくなりますが、フツー楽器には芯材の部分を使わないので、区別出来なくて困った事はありません。

2.木目など
 マホガニは明確な...続きを読む

Q大学一年です。音楽についてなんですが、ぼくはボーイとかB'zとか尾崎豊、ZARDなどの曲が大好きです

大学一年です。音楽についてなんですが、ぼくはボーイとかB'zとか尾崎豊、ZARDなどの曲が大好きです。もちろん最近の三代目とかAKB48も好きですけど何か違います。今のアーティストは歌の技術も格段と昔より上なのになぜか魂が震えません。むしろヒムロックとか稲葉さん桜井さんなどからは仮に音程を外してもすごく魂からふるえあがります。
こらは僕だけでしょうか?
彼らは歌を魂から歌っていて、これこそが芸術だとおもっています!
決して今の歌を批判してる訳じゃなくて、何かが違うんですよね。

Aベストアンサー

歌をメインにしているか、ダンスや魅せる動きでファンを魅了しているかの違いではないでしょうか。
確かにそれらの人は魂が熱くなりますよね。
受ける曲の時代が変わっているのかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報