現在、ピタパを使用して、泉北高速路線では6ヶ月定期登録し、市営地下鉄では「マイスタイル」登録しており、阪急は区間指定割引(長期)で登録しています。このたび、阪急さんが区間指定割引の長期利用値引きを廃止することになり6ヶ月分だと定期のほうが安くなることとなるようです。
そこで質問です。
・ピタパ1枚で各路線を乗り継ぎたい。
・安く済ませたい。
・地下鉄の「マイスタイル」は業務上良く利用するので登録を維持したい。
結果、泉北「6ヶ月定期」で地下鉄「マイスタイル」、阪急「6ヶ月定期」という登録は可能なのでしょうか。
電鉄会社に確認すれば早いのかもしれませんが、ご存知の方がおられればお教えいただきたいと存じます。宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

1枚のピタパに離れ離れの2区間以上の定期を乗せることはできませんので、泉北「6ヶ月定期」で地下鉄「マイスタイル」、阪急「6ヶ月定期」という登録はできません。



ですので、この状況ですべてをピタパで賄うのは無理です。損を承知で阪急の区間指定割引を続けて今までの通りにするか、どれかを磁気定期としてピタパ以外で乗るしかありません。
後者の場合、泉北のみを磁気定期としたら、中もず以降の行程をすべてピタパで利用できますので、利便性はほとんど損なわれません。泉北で定期区間以外の乗車もよく行うのなら、泉北をピタパ定期にして、阪急を磁気定期にすることになりますが、今度は阪急で区間外の乗車をしたときに不便になります。

ご承知かもしれませんが、磁気定期で乗って区間外乗車した場合にピタパで精算することはできず、現金またはスルッとkansaiの磁気カードで精算することになります。
ピタパは1枚のピタパを自動改札にタッチすることでしか使えないということをよく理解しておいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答有難うございます。
参考にいたします。

お礼日時:2011/04/19 07:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング