本日,片側2車線の結構広い国道で,流れに乗って左車線を走っていたところ,
急に車道に飛び出してきた飼い犬を轢きそうになりました.
幸い,急ブレーキでなんとか直前で停止することができて,大事には至りませんでした.
それから,目的地に向かって運転しながら


あそこで犬を轢いたら,飼い主に賠償金でも請求されるのではないかと思うけど,
その場合って,保険使えるのかな?
そもそも,犬・猫はヒトではないし,今回のような故意ではなく過失の場合は責任を負う必要があるのか?


と思っていたのですが,結局のところどうなんでしょうか?

ネットでも一応調べたのですが,あまりよくわからなかったので,質問させていただきました.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>飼い主に賠償金でも請求されるのではないかと思うけど,その場合って,保険使えるのかな?



任意保険が適用になります。
法的には、「ペット(犬・猫など)=物」です。
犬種・血統書・雑種・加齢などによって、損害賠償額が変わります。

>犬・猫はヒトではないし,今回のような故意ではなく過失の場合は責任を負う必要があるのか?

非常に難しい問題です。
が、相手側の犬次第なのです。
放し飼いの場合とかリード(綱)を外しての散歩の場合は、飼主の過失責任が大きくなります。
また、リードをつけていても「犬が急に飛び出してきた場合」も、飼主側の過失責任が大きくなります。
当然、自動車側の過失責任も問われます。

>結局のところどうなんでしょうか?

上記のように、法的には「ペット=物」に過ぎません。
かつて、「ペット=畜生・家畜」扱いが大勢を占めていました。
が、最近では「この子は・・・」「○○ちゃん」など「人間と同じ扱い」をする飼主という名の「ペットの保護者」が増えています。
ペットは、可愛いですが決して人間ではありません。
「わが子(ペット)が死んだのは悲しい。精神的に大きな苦痛を受けた。慰謝料をよこせ!」
こういう過保護者?が多いです。
野良犬でも、「この犬は、私が餌を与えていた。だから、飼主と同じだ。賠償しろ!」
こういう考えを持った、方も現実問題として存在します。

まぁ、散歩中のペット・野良犬には近づかない事です。
    • good
    • 0

うひゃ、寝ぼけてて間違っちゃいました。



ペット事故の判例はこっちです。
http://ameblo.jp/tinuturi-gyouseisyoshi/entry-10 …

一気に目が覚めました。(笑

by いなかのくるまや
    • good
    • 1

#3 いなかのくるまやです。



判例みつけましたので貼っておきます。
http://www.kokusen.go.jp/hanrei/data/200612.html

一審だけでなく、控訴審で結審してるのもあるようですが、
さすがに上告審まではないのかもしれません。

ここに出てるケースだと「盲導犬」が一番高いですね。

こうなると、逆にペット事故における「車側の損害」に関する
判例も見てみたいもんですね。

ググったら出てくるかな。
    • good
    • 0

なんかね、話が変な方向に行きそうな臭がしてるんで書いとくっすね。



ペットは法律上「モノ」として扱われるから物損事故として処理され、任意保険も対物賠償で補われる。これが基本っす。

でも厄介なのは犬も猫も、程度の差こそあれ、所有者(飼い主)が尋常ならぬ愛情を注いでいる点と、自動車や家屋や壁と違って「生命」である点が厄介なんっすよ。

なんかね、轢き殺したけど逆に謝られた、とかリードに繋がない奴が法律違反で悪い、とか轢き殺しちゃえばいいんだよ、っつー話が出てるっすけどね、実際はそんなに簡単な話じゃねえっすよ。
逆に謝られたというのはごく稀なケースで、実際には損害賠償は請求されるっすね。所有者(飼い主)の立場で見ればその犬もしくは猫は家族の一員と同等であり、金に換算し切れないほどの『愛情』を注いでいるので替えは効かない唯一無二の存在なんっすよ。逆に謝られたっつーのはよほど人間が卓越しているかその犬猫を虐待していたかのどちらかですわ。俺ならその飼い主を疑うっすね、「裏で相当虐待してんじゃね???」って。
リードに繋いでいない罪を考慮しても運転者の「安全に自動車を運行する義務」を違反しているから過失責任を問われるっすね。結果リードに繋いでいなかった事は相殺となって「ペットを殺した」責任だけを追及される事になるんっすよ。飛び出した人を轢いちゃっても、責任は追及されるからね。ましてや轢き殺せは最悪ですわ。意図的なペット殺害は情状酌量の余地のない虐待で、各都道府県で施行されている「動物虐待に関する条例」に違反して逮捕っす。まさかとは思うけど、こんなドイヒーな話を鵜呑みにしたら100アウトっすからね。犬や猫食ってる地域だとどうかは知らないけれど。
ただ法律上は「モノ」である犬や猫などのペットについては物損扱いで、所有者(飼い主)にとっては唯一無二の存在かもしれないけどそのペットと同一の動物(例えば柴犬だったら別の柴犬)を購入する代金を請求する権利だけを認めているんっすよ。所有者(飼い主)にとっては絶対納得いかないのが人情っすけど、申し立てたら立件できるという権利を与えられていて、それが愛情に対する特権なのでそこで我慢なさい、っつーのが今の法律の現状なんっすわ。

なんだ、犬を轢いても犬の購入代金を払えばいいんだ、って余裕ぶっこいたらエライ目に遭うっすよ。柴犬だって10万円前後、和犬でも土佐犬や北海道犬だと仔犬で15~30万円前後、ラブラドール・レトリバーで15万前後(ブリーダーから直売で。。。ペットショップだとこの2倍前後)、でかけりゃ高い・ちいちゃいのは安いと思ったら大間違いでヨークシャーテリアなんか15万円で飼えれば激安っすから。レアな犬種だと100万円とかザラっすから、ね。


轢かなくて良かったっすね。
    • good
    • 0

飼い猫は、解りませんが、飼い犬関しては、条例で放し飼いはできなかったと思います。

大半の都道府県で。
よって、飛び出してきた飼い犬を轢いたとしても、飼い主に対し何ら補償する義務はなかったと思います。
リードをせずに散歩をさせていた場合も、同様だったと思います。自分も過去に、飼い主の目の前で、飼い犬を轢き殺した事がありますが、口頭で謝罪したのみで、何の補償もしませんでしたし、逆に飼い主から、迷惑をかけ厭な思いをさせ申し訳ないと、頭を下げられました。
    • good
    • 0

回答ではありませんが私のケースは猫でした。



 私の車の直前に開いていた戸から猫が飛び出してきました。あとからおばさんが追いかけてきました。私は急ブレーキで止まりましたが・・・後ろの車が追突しました。

 私と追突した人(男性)でそのお宅の玄関に伺いました。おばさんは家の中にいることはわかりましたが居留守で出てきませんでした。双方の車は傷がついた程度なので出勤時間のこともあり私も苦笑いして別れました。

 後続車は小動物の飛び出しは解らないと思います。たまたま、私の場合は後続の人も猫が見えたので私の急ブレーキは解ってくれ追突したことを詫びてくれました。
    • good
    • 1

物損事故として、保険は使えるはずです。



で、犬(猫)とは言え、飼い主はきちんと適切に管理する(たとえばリードをつける)責任がありますので、事故になってひき殺してしまったとしても、「運転手の過失割合」と同様に「飼い主の管理責任」も問われますから、賠償についてはそれなりに相殺されるのではないかと思います。
…判例なども読んだ記憶があるのですけど…
    • good
    • 0

>>幸い,急ブレーキでなんとか直前で停止することができて,大事には至りませんでした.



 そのまま轢き殺すのが正解です。
 犬を轢き殺しても物損事故。急ブレーキが元で追突事故が起きたら、人身事故です。
    • good
    • 1

いなかのくるまやです。



これは過失の度合い次第ではありますが、双方が相手方に対して
不法行為責任を問えそうですね・・・。(苦笑

※民法第709条(不法行為による損害賠償)
  故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を
 侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

この民法709条規定は交通事故はもとより、社会生活を送る上で、
あらゆる損害賠償訴訟の基本になるものです。

よく有名人が勝手にスキャンダル報道なんかされてしまった写真週間紙
なんかを訴えたりしてますが、これもこの民法709条が訴えの根拠。

「スキャンダルすっぱ抜きによってイメージダウン=仕事が減った=損害」

ほかにも企業間の商標権問題とか、とにかくあらゆる訴訟がありますね。

話を戻しますと、飛び出した犬の飼い主の過失、はたまた運転者の過失、
とにかく相手になんらかの過失があったと思った側は原告となり、相手に
対してこの民法709条規定を用いて損害賠償請求することができます。

もっとも車に任意保険があればなんらの心配も無用でしょう。

例え、その犬が超希少の血統書つきセレブ犬だったとしても対物保険で
カバーできないケースはまずないと思います。

逆に、テキトーな雑種の飼い主がその犬を不注意で超高級車の直前に
飛び出させてしまい、前部バンパーを中破とかでもさせてしまったら・・・。

かなりの修理代を請求され、途方に暮れるんじゃないかと思います。

世間一般の常識である「犬はつないで飼いましょう」を守らなかった過失・・。

やはり問われるだろうと思いますね。
    • good
    • 0

素人ですが



「対物保険」で賠償可能だと思います。

というより、イヌが繋がれていなかったとしたら飼い主の責任も大きいと思いますので万一事故になってクルマが損傷したとしたらその分は過失割合に応じて請求できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.

犬は放し飼いでしたね.

クルマの方の破損については・・・確かに,飼い主の人に請求しちゃいそうですね.

お礼日時:2011/04/15 18:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬を引いてしまったら責任は??車に??

急に飛び出してきた飼い犬を引いて殺してしまった場合、責任はどちらに?

ちわわを飼っていた人がいて飼い主が目をはなした際に道路へ。偶然通りかかった車にはねられ死亡。

運転手は人間と同じく道路交通法で罰則されるのでしょうか?
また飼い主には謝罪しどのような誠意をみせればよいのか?

教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

え~と、状況がややあいまいですが・・・

チワワがノーリードで、車の方は特にスピードを出していたとか、居眠りや酔払い運転ではないのでしたら・・・

>運転手は人間と同じく道路交通法で罰則されるのでしょうか?

犬はあくまでも物として扱われますので、物損事故となります。
警察には事故届けを出す必要は有りますが、特に重過失が無いのでしたら、お咎めは無しでしょう。

>また飼い主には謝罪しどのような誠意をみせればよいのか?

ここは難しいのですが・・・

車の方にも前方不注意とか有りますので、責任がまったく無いとは言えませんが、チワワの飼い主にも管理責任が有りますので、そちらにも責任が有ります。
通常は飼い主の管理責任が大きくなりますので(犬はあくまでも物ですので)、過失割合的には7:3ぐらい(ノーリードだと、8:2位かな~)?
http://www1.odn.ne.jp/jikonochie/caraccident.htm

ちなみによっぽどの事が無い限り、犬は物ですので慰謝料は発生しませんし、裁判をしてもし認められたにしても非常に低額です。
http://www.abacuss.com/cat-city/nagaoaki/JP/decision/401126.html

ですから、これからは貴方の気持ちしだいです。

法律的に言えば、貴方の方が過失割合は低いので、貴方だけが謝る必要は有りません(もちろん、謝る必要も有りますが)。
貴方の車が傷つけば、逆に修理代も請求出来ます。
犬は購入価格か同一犬種の子犬の取得金額を限度として、損害賠償の必要が有りますので、過失割合分を支払えば(相殺)良いでしょう。

また、対物保険に加入しているのでしたら、もちろん保険適用となりますので、保険を使う事も出来ます。

あまり揉めたくない、あるいは犬の飼い主が過大な要求をしない、車も傷ついていない、対物保険で出る金額(過失割合が有りますので、全額は出ません)に手出ししても良いのでしたら・・・

菓子折りの1つでも持って行って謝罪し、同一犬種の子犬の取得金額ぐらいを目安に支払えば良いでしょう。

もし、飼い主が過大な要求(いきおい被害者意識が先に立って、過大な要求(慰藉料等)をする事がまま有ります)をするのでしたら、保険会社と相談して対応してください。

では!

こんばんは。

え~と、状況がややあいまいですが・・・

チワワがノーリードで、車の方は特にスピードを出していたとか、居眠りや酔払い運転ではないのでしたら・・・

>運転手は人間と同じく道路交通法で罰則されるのでしょうか?

犬はあくまでも物として扱われますので、物損事故となります。
警察には事故届けを出す必要は有りますが、特に重過失が無いのでしたら、お咎めは無しでしょう。

>また飼い主には謝罪しどのような誠意をみせればよいのか?

ここは難しいのですが・・・

車の方...続きを読む

Qペットを車ではねてしまった場合の対処について

ペットを車ではねてしまった場合の対処について

カテゴリがよくわからなかったので、このカテゴリに投稿しました。

先日、私の前の車が大型犬をはねてしまいました。一面血の海のようになっていたので、助からないのではないかと思いました。ただ、他人事とばかりも言えず、自分がその立場になってしまうかも知れないと思い質問させていただきました。
今回のケースで言うと、時間帯は夜8時頃、飼い主は犬2匹を連れて散歩させていたようですが、何かのはずみで、一匹が道路に出てしまったのでしょう。

こういう場合、車を運転している者にはどのような責任が生じますか。
刑事責任はないのかなとは思いましたが、民事では何か補償しなくてはいけなくなるのでしょうか。あるいは単に道徳的な問題のみで、治療費や賠償金などを支払う「義務」はないのでしょうか。
避けきれずはねてしまった場合、運転手はどういう行動をとるべきでしょうか。

Aベストアンサー

>例えば、犬と運転手の過失割合が犬の方が大きく、もし治療費と修理代が同額だった場合は、
過失相殺され、実質的には飼い主側は一銭も受け取れず、修理代との差額を運転手に支払わなくては
いけない、という解釈で合っていますか?

合ってます、あくまで民事ですから、双方の話し合いで過失割合は最終的には決まります、決まらない場合は納得出来ない方が裁判を起こし委ねる事になります。裁判費用・弁護士費用は任意保険が負担します。
あまり質問者様が首を突っ込まず保険会社に対応を任す事が一番の解決かと思います。

刑事罰も行政罰もありませんから、賠償金だけで解決する問題です、任意保険加入ならその辺は大丈夫でしょう。
警察に届けた物として話しますが、質問者様の代理人である保険会社に任せましょう。
双方が話し合っても過失割合は決着しません。


質問をされるぐらいですから、やはり犬の飼い主は何らか賠償を求めているのでしょうかね?


犬と言う生き物とは言え、人の物を壊してますから、警察に届け、保険会社に連絡し質問者様は高みの見物で良いかと思います、最低限の見舞い等で十分かと思います。
犬とは言え、愛犬家にとっては家族同然ですから、たかが犬とは決して思わない方が良いですよ。


車の損害が対した事が無いのであれば、お互い請求しないと言う決着方法もあります。

>例えば、犬と運転手の過失割合が犬の方が大きく、もし治療費と修理代が同額だった場合は、
過失相殺され、実質的には飼い主側は一銭も受け取れず、修理代との差額を運転手に支払わなくては
いけない、という解釈で合っていますか?

合ってます、あくまで民事ですから、双方の話し合いで過失割合は最終的には決まります、決まらない場合は納得出来ない方が裁判を起こし委ねる事になります。裁判費用・弁護士費用は任意保険が負担します。
あまり質問者様が首を突っ込まず保険会社に対応を任す事が一番の解決かと...続きを読む

Q飼い犬が飛び出し車に轢かれました

我が家の飼い犬が門扉の開閉時の隙に道路に飛び出し、
22歳の青年の運転する車に轢かれてしまいました。
青年は動物病院への搬送も手伝ってくれて、その日は終わりました。
その晩成年の親が「車が傷んだので修理代を出してくれ」と連絡があり、即答できないので待ってほしいと返事中です。

飼い犬が敷地から飛び出し、おまけに道路に飛び込んだのですから
こちらの落ち度は大きいと思いますが、修理費全額まで
こちらで面倒見無いといけないのが常識ですか?

犬はかなりの重傷です、骨盤の骨折3カ所、膀胱などの治療中です。
青年には「こちらから犬の治療費の請求などしないから心配しないで」とは言いましたが、
出方によっては考え直さねばなりません。

青年と親の考えも違うようです。
先ほど「親が失礼な時間に電話をしたそうですみません車のことは又親と話し合います、ワンちゃんの容体がとても気になっています」
と言うような内容の電話がありました。

車の損傷は、バンパーカバー交換程度だと思います。
よろしかったらアドバイスをください。

Aベストアンサー

愛犬家のかたにとっては,たいへん辛い経験だったと思います。
 しかし,法律というものは人間社会を中心に構成されています。
 法律上,犬は生き物でなく,ただの物としてとらえられます。
だから,今回の場合,お宅の敷地から,たとえばスチール製の本棚が急に道に倒れてきて,車を壊したようにとらえられると思います。
 参考URLにもありますが,飼主は損害賠償責任を負います。
 これは,想像ですが,親が所有する車を,その青年が借りて運転していて,車が壊れたから,損害賠償責任があるから,弁償をしてくれと親が言ってきていると思われます。
 しかし,心優しい青年は,ワンちゃんに怪我させて悔やんでいるのだと思います。
 あとは,お互いの誠意のやりとりですけれど,最悪の場合,損害賠償責任を言われても仕方ないかもしれません,ただし,前方不注意の安全運転遵守義務違反を言って,ある程度,過失相殺を言うことができる場合もあるかもしれません。
 お住まいの役場の無料法律相談で相談されてみられたらどうでしょうか。

参考URL:http://chichibuanimalclinic.com/kyouken/problem.htm

愛犬家のかたにとっては,たいへん辛い経験だったと思います。
 しかし,法律というものは人間社会を中心に構成されています。
 法律上,犬は生き物でなく,ただの物としてとらえられます。
だから,今回の場合,お宅の敷地から,たとえばスチール製の本棚が急に道に倒れてきて,車を壊したようにとらえられると思います。
 参考URLにもありますが,飼主は損害賠償責任を負います。
 これは,想像ですが,親が所有する車を,その青年が借りて運転していて,車が壊れたから,損害賠償責任があるから,弁...続きを読む

Q近所の犬をひき殺してしまったとしたら・・・

例えば近所の子供が散歩していた犬を、車でひき殺してしまったとします。

その犬は綱で繋がれてなかった・・・ということだとすると、先方にも問題があるのですが、死なせてしまった事実は変わりません。

すぐ、相手の自宅まで謝罪に行ったら、その時は不注意はお互い様・・という好意的な対応だったそうです。

でも、翌日には「何も犬をひくことはなかったのに」と批判的な態度に一変していたそうです。
おそらく、子供の目の前での事故に子供の受けた衝撃が大きすぎたことで、後になって親も気づき、いったんは好意的に許してしまったけど、不満が出てきたのだと思われます。

こういう場合はどのような対応をすべきですか?

職場の人に相談してみたら、犬の価格+年間費用×犬の年齢+可愛がってた飼い主への慰謝料=を賠償金として支払う覚悟がいるだろう・・との意見がありました。

例えば10万の犬で、年間費用が12万の10歳犬だとすれば10+120万=130万。これに慰謝料を20万加え、150万を賠償金とする。

職場の人は更に、最初から弁償金の話は持ち出さず、相手の反応を見て、徐々に話を進めた方がよいとのこと。

ちなみに10万くらいの金額ですみそうなら、自腹でいいけど、それ以上となると、相手に警察へ被害届を出してもらい、自分の車の保険が降りるよう手配し、物損事故で保険金で賠償する・・・という運びはどうかという意見でした。

どう思われますか?

例えば近所の子供が散歩していた犬を、車でひき殺してしまったとします。

その犬は綱で繋がれてなかった・・・ということだとすると、先方にも問題があるのですが、死なせてしまった事実は変わりません。

すぐ、相手の自宅まで謝罪に行ったら、その時は不注意はお互い様・・という好意的な対応だったそうです。

でも、翌日には「何も犬をひくことはなかったのに」と批判的な態度に一変していたそうです。
おそらく、子供の目の前での事故に子供の受けた衝撃が大きすぎたことで、後になって親も気づき、...続きを読む

Aベストアンサー

飼い犬はもともときちんと繋いで飼って、散歩も決してフリーにして歩かせないことが最低限のマナーであり、飼い主のマナーだと思います。

飼い主が車の通るようなところを、リードにも繋がずに放していたこと自体に大きな過失があります。
運転者が犬めがけて故意に車をぶつけたのならともかく、普通に走っていて犬の方が飛び出したりして轢かれたのなら、正直車の運転者に過失や責任はほとんどないと考えても間違いないと思います。

あとから文句を言うのなら、飼い犬にもきちんと交通ルールを教えていくしかないんじゃないでしょうか。

逆に轢いたことによって車に凹みなどの被害があれば、その修理代を請求してもいいと思うほどです。

とはいえ家族の一員ともいえるペットを結果的に殺してしまったのですから、道義的な責任は感じて当たり前です。

ただあなたの計算された賠償金はあまりにも常識外だと思いますよ。100パーセント運転者に責任があったとしても、その犬の子犬の時点での価格で十分ですし、この場合はあなたに過失が認められるものではないのですから、個人的には数万の見舞金のようなもので十分だと思います。

数年前私の飼い犬が鎖を外して逃げて車に轢かれました。轢いた車の方が近所の方だったので、わざわざ私の家に知らせに来られました。そのときの私は、ただただ自分が犬の鎖をきちんと管理していなかったことを悔やむばかりでした。

飼い犬はもともときちんと繋いで飼って、散歩も決してフリーにして歩かせないことが最低限のマナーであり、飼い主のマナーだと思います。

飼い主が車の通るようなところを、リードにも繋がずに放していたこと自体に大きな過失があります。
運転者が犬めがけて故意に車をぶつけたのならともかく、普通に走っていて犬の方が飛び出したりして轢かれたのなら、正直車の運転者に過失や責任はほとんどないと考えても間違いないと思います。

あとから文句を言うのなら、飼い犬にもきちんと交通ルールを教えていく...続きを読む

Qこんな時どうしますか?(犬の交通事故)

知合いから聞いた話で、直接の当事者さんと私は全く面識がない話なのですが・・・・。

ある人が会社から帰る運転中に突然犬が車道に飛び出してきて、避けられずにひいてしまいました。その運転手さんが急いで車に乗せて、動物病院に連れて行きました。幸い致命傷ではなく、後ろ足の骨折でした。
その運転手さんがその時治療費4万円程支払いました。その犬の首輪に鑑札がついていたので、後日飼い主も分かりました。

で、ここからが問題ですが・・・・。
その運転手さんは、本来飼われている犬が突然飛び出してきて、ひいてしまった。
それで治療費を払う義務があるのか?と言う事です。
運転手さんは飼い主にも責任があるし、その4万円を返して欲しかったのですが、飼い主は「あなたがひいたんだから!」と憤慨したらしいんです。
これが人間の場合、もちろん車側の責任が大きいと思いますが、犬の場合はどうなんでしょうか?
その犬は庭に放し飼いにしてあって、垣根を超えて抜け出す事が年に数回あったらしいんです。(これは飼い主の過失だと思います)
この運転手さんがいい人だったので、犬をひき逃げせずに病院に連れて行った。この行動は当然といえば当然ですが、実際はそのまま何もせず立ち去る人も多いと思います。
だからもし私がその犬の飼い主ならば、運転手さんに感謝して治療費はお支払いすると思うのですが、その飼い主さんは怒っているらしいんです。

この件はべつに相談されている事ではなく、私が皆さんの意見を聞きたいと思って投稿しています。
皆さんはこの事をどう思われるか?教えて下さい。

知合いから聞いた話で、直接の当事者さんと私は全く面識がない話なのですが・・・・。

ある人が会社から帰る運転中に突然犬が車道に飛び出してきて、避けられずにひいてしまいました。その運転手さんが急いで車に乗せて、動物病院に連れて行きました。幸い致命傷ではなく、後ろ足の骨折でした。
その運転手さんがその時治療費4万円程支払いました。その犬の首輪に鑑札がついていたので、後日飼い主も分かりました。

で、ここからが問題ですが・・・・。
その運転手さんは、本来飼われている犬が突然飛び出...続きを読む

Aベストアンサー

犬を飼っていたことがあるうえ、自動車運転中に飛び出して来た飼い犬を轢いたこともある者です。

それ故、飼い主様の悲しみを理解できますし、本件ドライバーの怒りも理解できます。
私が自動車運転中に飛び出して来た飼い犬を轢いたとき、その飼い主は、私に謝罪の言葉さえ言いませんでした。
私は、仏前で手を合わせたいため、飼い主の連絡先を尋ねたら”手を合わせたいなんて口実だろ。自動車の修理代以上の金を狙っているんだろ。あんた狂乱者かぁ!!”と暴言を吐かれました。
私は、飼い主に”あなたのような逸走防止を怠った飼い主に飼われた犬はあまりに酷だ。愛していないから逸走防止を怠るんでしょ。死んだら新しい犬を購入すれば済むという考えなのでしょ。飼われている犬はあなたの家族と一緒なんだよ。逸走防止を怠ったあなたは、あまりにも犬を尊重していない。犬の命も大切な命だろ!!”と反論しました。

私の事故は、飼い主より謝罪の言葉を得られなかったため飼い主を『動物の愛護及び管理に関する法律』第5条および、『大阪府動物の愛護及び管理に関する条例』第4条の違反で告訴したうえ、私は『信頼の原則』に則り非はまったく無いと主張しました。

本件ドライバーには、『信頼の原則』により非はありません。
『信頼の原則』とは、『自動車運転者は、自己が交通ル-ルを守って運転している限り、他も交通ル-ルを守ってくれるであろうことを信頼して運転すれば足り、他の車両や歩行者が敢えて違反行為に出るであろうことまでを考えて、これにいつでも対応できるよう注意して運転する義務はない』とする昭和42.10.13最高裁判例です。

また、本件飼い主様は、『動物の愛護及び管理に関する法律』第5条の『動物を適正に飼養・保管する』・『動物の安全を保持するように努める』に反しております。

さらに、平成14年5月28日環境省告示第37号の『家庭動物等の飼養及び保管に関する基準』第4共通基準8の『所有者は、家庭動物等の逸走の防止のための措置を講ずる』に反しています。

故に、本件飼い主様は法律・告示さえ守らないうえ、ドライバーに謝罪せず、憤慨している姿勢は、公序良俗に反します。
ドライバーより、車体の器物損壊罪や精神的苦痛の告訴や、『動物の愛護及び管理に関する法律』違反の告訴されなかっただけでも幸いでしたね。

参考URL:http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=2020389

犬を飼っていたことがあるうえ、自動車運転中に飛び出して来た飼い犬を轢いたこともある者です。

それ故、飼い主様の悲しみを理解できますし、本件ドライバーの怒りも理解できます。
私が自動車運転中に飛び出して来た飼い犬を轢いたとき、その飼い主は、私に謝罪の言葉さえ言いませんでした。
私は、仏前で手を合わせたいため、飼い主の連絡先を尋ねたら”手を合わせたいなんて口実だろ。自動車の修理代以上の金を狙っているんだろ。あんた狂乱者かぁ!!”と暴言を吐かれました。
私は、飼い主に”あなたのよう...続きを読む

Q対飼い犬の自動車事故においての賠償

実際に起こったことではありませんが、起こり得るふとした疑問です。

自動車で誰かの飼い犬を轢いてしまった場合、動物は法律上は「物」と扱われると思いますが。

1.自動車運転者の過失で轢いてしまった場合は当然損害賠償する義務が発生すると思いますが、犬が死んでしまった場合はいわゆるその犬の市場流通価値としての値段が賠償額になるのでしょうか?
また、犬が怪我をした場合の治療費がその犬の値段を超えてしまうケースがあった場合はどうなるのでしょうか?(対自動車であれば全損額以上の賠償はないという概念からの質問です)

2.反対に飼い主に過失があり飼い犬が路上に飛び出してきて轢いてしまった場合、車のレンズが破損したりした場合は自動車の運転手は修理費を飼い主に請求できるのでしょうか?(持ち主の過失により物が飛んできたという概念です) それとも運転者も前方不注意という事で良くて過失相殺程度なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「動物の愛護及び管理に関する法律」および「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」では

犬の所有者等は、さく等で囲まれた自己の所有地、屋内その他の人の生命、身体及び財産に危害を加え、並びに人に迷惑を及ぼすことのない場所において飼養及び保管する場合を除き、犬の放し飼いを行わないこと。
 
犬の所有者等は、犬をけい留する場合には、けい留されている犬の行動範囲が道路又は通路に接しないように留意すること。
 
犬の所有者等は、適当な時期に、飼養目的等に応じ、人の生命、身体及び財産に危害を加え、並びに人に迷惑を及ぼすことのないよう、適正な方法でしつけを行うとともに、特に所有者等の制止に従うよう訓練に努めること。
 
犬の所有者等は、犬を道路等屋外で運動させる場合には、次の事項を遵守するよう努めること。
(1) 犬を制御できる者が原則として引き運動により行うこと。
(2) 犬の突発的な行動に対応できるよう引綱の点検及び調節等に配慮すること。
(3) 運動場所、時刻等に十分配慮すること。

など犬を飼育する場合の管理規定が定められています。
しだがって上記を守っていなかった場合には自動車側の責任は逃れられるでしょう。

また参考URLに書いたような事例もありますし・・・。自転車と自動車が違いますが。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/webview/0D541F084ECB773349256CBF00344FB7/?OpenDocument

「動物の愛護及び管理に関する法律」および「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」では

犬の所有者等は、さく等で囲まれた自己の所有地、屋内その他の人の生命、身体及び財産に危害を加え、並びに人に迷惑を及ぼすことのない場所において飼養及び保管する場合を除き、犬の放し飼いを行わないこと。
 
犬の所有者等は、犬をけい留する場合には、けい留されている犬の行動範囲が道路又は通路に接しないように留意すること。
 
犬の所有者等は、適当な時期に、飼養目的等に応じ、人の生命、身体及び財...続きを読む

Q犬をひいてしまいました!!

昨晩、19時頃、突然道路に飛び出してきたシーズー(小型犬)と衝突してしまいました・・・その犬はリードを付けていませんでした。ひたすら謝り、連れていた人は「もういいから」と言ったのですが、私は気が動転してしまい、とりあえず車に乗せ最寄の動物病院へ連れて行きました。とりあえず様子を見なくてはならなく、一時入院になりました。連れていた人は、飼い主から預かり散歩をさせようとしていた所だったそうです。一緒に飼い主の所に行き、謝ったのですが、飼い主の方は「弁償じゃすまない」とか「人間より可愛いがってる」と言っていました。とりあえず住所と電話番号と名前を教え、その場から帰りました。今日病院に様子を伺うため電話してみましたが、容態は今のところ安定しているようです。このような事は初めてで、とても動揺しています。私はどうすれば良いのでしょか。犬をひいてしまい、飼い主の人に色々言われ、精神的に落ち込んでしまっています。

Aベストアンサー

こんにちは、随分日にちが経過しているのと、既に多くの方々が処置についてアドバイスして頂けて
いるので、その辺は割愛します。

まず、犬が順調に回復して良かったですね。
思うに、飼い主の方も、最初はペットをひかれた事に対して冷静さを失い
貴方に怒りを表したものだと思います。
むしろ、どんな人でも、その瞬間は、冷静ではいられないでしょう。大事にしていたペットならなお更の事だと思います。
しかし、数日経過しても余りにも理不尽な要求をしてくるようで有れば、それなりの対処が必要でしょう。

今回のようなケースがもし、自分に起こったなら、リアルにどうするかと考えてみました。
私だったら、
(1)とにかく動物病院に連れていく。
(2)散歩させていた相手に『今回は不快な思いをさせて申し訳ありませんでした』と謝る。
ここで、『すいませんでした』と言わないのがポイントです。あくまでも
『不快な思いをさせて申し訳ありませんでした』と言います。
事故について謝罪しているのではなく、ペットが事故に合い、不快な思いを
させた事について謝罪しているって事です。
事故は私の責任です、すいませんとは言いません。
(3)散歩させていた方に実際の飼い主様の連絡先を聞き、上記(2)の要領で実際の飼い主様に謝り、
こういったケースの対処方法は私も経験がなく、詳しく分からないので、保険会社様に相談後、
後日改めて連絡させて頂くと共にお詫びに伺いますと言う。
(4)自分の名前と連絡先を伝え、散歩相手&飼い主の名前、連絡先も聞いてその場を立ち去る
(5)後日、相手方と話をする時はボイスレコーダを持って行き、会話内容をすべて録音する。
相手がまるでヤクザのような事を言うような非常識な相手であった場合は、
『この会話は全て録音させて頂いてます』と伝える。
それで冷静になってくれれば良いのですが、逆ギレして取り上げて壊されるかも
しれない事を考えて、実は2個用意しておき、その後話がこじれた時の最終兵器として
確保しておく。(言った言わないの水掛け論を避けるのと、脅迫の件で警察に立証する為の証拠です)
(6)後は、このようなケースのプロである保険会社に任せます。
全体的なポイントは、とにかく金銭的な事でうかつな事を言わない(約束しない)
相手が高圧的な態度や、言動をしても動じない(心は動じていても表情、態度に出さない)
以上のような感じです。

貴方は犬の事をとても心配されたり、優しい方ですね、その場から逃げなかっただけでも大したものです。
犬どころか、人を傷付けても平気な人が多い今の殺伐とした世の中で、貴方のような
方がまだ居る事を知り、正直ホッとします。
説教みたいになりますが、人は生涯で五行の得を養わなければならないと言います。
それは、『仁、義、礼、智、信(じんぎれいちしん)』の5つです。
仁:慈愛(人を慈しむ心)
義:正義(人が行うべき正しき道)
礼:礼節(礼儀や節度)
智:智識、知恵(善悪を正しく判断出来る知識、知恵)
信:信頼(人に信頼されるような行動、人格)
いい年をした人、高学歴な人、一流会社等の組織でも
まったくなってない人(会社)のなんと多い世の中でしょう。
少なくとも貴方は、今の多くの人が忘れ去った仁の心を持っておられます。
もっと自分に自身を持って下さい。貴方は素晴らしい方ですよ。

ただ、優しさと弱さは違う物である事もご理解下さい。
犬や、傷つけられた飼い主をいたわる心と、事故の処理は分けて考えねばならないと思います。
力無き理想は夢幻にすぎず、正義無き力は暴力にすぎません。
女性として、母として、人として強くなりましょう。

確かに、今回はリードを付けていなかった相手の非が大きく、貴方には車の修理代金を請求する
権利が有ると思います。
しかし、何だか修理代金を請求するのは気が引けるのも事実です。
ですので、私なら、適切な言い方でない事は承知の上ですが、
『今回は不幸な出来事だったけど、まだ人をひいたのではないだけ良かった、犬で良かった、人だったら、色んな意味で
こんなもんじゃ済まなかった。良い勉強させてもらった授業料のつもりで自腹で修理しよう、
修理金額も何百万とかの高額じゃないし、その方が気分的にスッキリするし・・・。』
と考えます。

以上、生意気な事を言いましたが、少しでも参考になれば幸いです。

こんにちは、随分日にちが経過しているのと、既に多くの方々が処置についてアドバイスして頂けて
いるので、その辺は割愛します。

まず、犬が順調に回復して良かったですね。
思うに、飼い主の方も、最初はペットをひかれた事に対して冷静さを失い
貴方に怒りを表したものだと思います。
むしろ、どんな人でも、その瞬間は、冷静ではいられないでしょう。大事にしていたペットならなお更の事だと思います。
しかし、数日経過しても余りにも理不尽な要求をしてくるようで有れば、それなりの対処が必要でし...続きを読む


人気Q&Aランキング