個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

妊娠6週目です。現時点で異常児がうまれる可能性があり、『ハイリスク妊娠』と診断されました。4週目の時に放射線を下腹部に受け、能と頭の形成段階ゆえ、影響を受けている可能性が強いと言われました。
どうか教えてください。
産むことだけが『命を大切にする』ことの証明になるのでしょうか…。産まれてくる子供の将来の事を考えて、子供を堕ろすという事も、命を大切にしている事にならないのでしょうか…。
私達、親が生きている間はいいかもしれません…。けれど、この子がもし独りで生きていけない子だったら…。その事を考えると、『責任持って幸せにしてあげたい』だとか、『育てる』だとか、そう親が思うからって産んだとしても、リスクを持って産まれた子は幸せなのでしょうか…。
彼はそれでも折角授かった命だから産んで欲しい、大切に育てるから…と言っています。
私自身はどうしたらいいのか分かりません…。
一つ言える事は、私も彼も授かった命を愛しています。愛しているからこそ、選択肢が分かれています…。
今日の診察で胎動が弱くなっていると言われました。
医者は『10人に1人は染色体とかの関係で早期流産してしまうから。』と言っていましたが、きっと母体である私が不安定で、泣き続けているからだと思います…。気晴らししたくても外に出て子どもが目に入るだけで涙が止まらなくなります…。
どうかアドバイス下さい…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

初めに言いますがお礼は不要です。


多分読んでいるだけで辛くなる可能性がありますので・・・
そしてお礼なんぞを書いているとその段階で、その感情が増幅されると思いますので。

重度の障害を持った子が生まれたとして
一生子供の世話をする自信ありますか?
一生とは最低限自分が死ぬときまでです。
つまり80歳90歳になったときどうなるかです。

幸せかどうか?
正直生まれてしまえば、幸せだと感じるでしょう。
しかし、感情が生まれる前に死んだ場合
幸せも何も関係ないのが現状でしょう。
なぜなら意識というものが形成される前に死ぬわけですから。つまりは現代階では単なる受精卵の延長線でしかない時期ですので。
別に堕胎を進める訳ではありませんが
早ければ早いほど傷が癒えるのが早いでしょう。
遅れれば遅れるほど人の姿に近づいていきますので

生んだ場合についてですが
第二子が生まれた場合
第二子が第一子の面倒を見なければならないということが確実に起きるでしょう。
それが良いことか悪いことかはわかりません。
しかし、最低限言えるのは
選ぶ権利(選択肢)があった場合
あえてそういう境遇を選ばないでしょう。

長くなりましたが
貴女方を責める者がいるならば
それは偽善者にすぎないです。
何故なら、
障害が悪⇒差別⇒それはいけないこと
という風潮がまだまだあります。
しかし、子供が生まれ「元気な○の子ですよー」
と言われほっとするそうです。
五体満足の子が生まれて良かった。と
それが本音です。
その反対に障害があったとわかると、非常にショックを受けるそうです。
つまり障害のある子が嫌だった。
五体満足の子が生まれてきてほしかった。という感情の裏返しです。

最終的には貴女方の判断です。
よくよく考えてつつも結論を急いでください。
    • good
    • 0

 障害児者と関わる仕事をしてます。


障害のある方々が不自由無く生活できる社会がくればと思いながら仕事をしております。

 お子さんの障害の程度にもよりますが…
これは自分の正直な気持ちです。
自分は弱い人間なので,あなたと同じ境遇にあったら,生むのは躊躇します。
他人から何と言われようとです。
 今の仕事で障害のある方々と接していられるのは,「自分や家族がそうではないから」かもしれません。(蔑視や哀れみではなく)障害のある方を支えている家族が置かれている状況は,肉体的,精神的にも想像を絶するものです。その方が生まれて,亡くなるまでずっと当人への配慮と周囲からの理解が必要となります。
 例えばあなたや彼が体調を崩しても,満足に病院にかかれなかったり,ごく親しい方との付き合いや,冠婚葬祭にまで赴くのが困難になったりと,お子さんはもとより,あなたと彼にとっても,当たり前と思っている生活の多くは望めないと思います。
 しかし,障害のあるお子さんをお持ちでも,非常に強く前向きに生活されているご家族もあるのは事実です。あなたと彼が,お子さんを加え,充実した人生を歩める確固たる意志があれば,悩む必要はありません。
 お子さんとおなた達お二人,これからの人生のあらゆる場面を想像して決めるべきかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。彼にgrugru777さんのアドバイスを読んでもらいました。彼は家庭上の事情で幼い頃、施設にいました。その時、13年間ほど奇形の友人と仲が良かったそうです。大変さなどは見ていて少しは分かると言っていました。それでも産んで欲しいと言っています。きっと私よりもgrugru777さんの方が、彼の言い分や、彼の気持ちをわかる部分があると思います。私は情けなくもまだ『確固たる意思』を持つには幼く、もう少し時間がかかりそうです…。検査途中という事もあるので、医師の話しを交えて、彼とよくよく話し合って決めたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/01 17:59

こんにちは。



うちには、自閉症(傾向?)の子がいます.
妊娠中は,食べ物も,なるべく 自分で作ったし、
大丈夫といわれた薬さえも うたがって 飲まないほど,
気をつけていました.ですから,まさか異常があるとは おもっていなくて、
5年も,気がつかなかったんです.

(もうひとり、普通のこもいます.)

それで「もちろん(障害があるというので特に愛情に差はない)」と いう 答えを書こうと思って
質問を 開いたのですが...

正直,余りに大きすぎる悩みだと思い、
回答を躊躇しています.

私は,自信をもって,彼をあいしているといえるのですが...
だからといって,「大丈夫だから,生んだ方がいい」とは,全く,言えないんです.

逆も,もちろん,いえません.

それは障害がなくても同じことで,

子供の一生が幸せな物か,生まれてきた事を後悔するかは,誰にも予測できないと思います.

新潮社からでている、アンデルセンの「おやゆび姫」という短編集の中に,
「ある母親の物語」と、「天使」というお話があります.
もし、気が向かれたら 読んで見られてはどうでしょうか.

子供が病気で,天に連れて行かれそう,母親はそれを止めようとする,,,というお話です.

気ばらしをするのではなく,
障害が出るとしたら、どこにどういう風に出るのか,
その確率は?金銭的に,育てられそうか?どんな援助を受けられるか?など,
お二人の,納得がいくまで、向かい合われてはどうでしょう.

どう決断するにしろ,しっかり話し合ってお二人で決めるしか,ないようにおもいます...

皆様のお幸せを...
    • good
    • 0

参考までにレスさせて頂きます。


きれい事ですが、障害は個性だという考え方があります。
なるほど普通人に比べて生活の上では不便かもしれません。辛い目にも多く出会うことでしょう。
でも、それ以上に多くの人の温かさを感じるチャンスに恵まれるはずです。そして、周りの人に人を思いやる心、人間らしい感情を持たせることもできるでしょう。
不幸な境遇で親切を何も知らずに誰からも相手にされない一生を送る人と比べて、どちらが人間らしいでしょうか?
でも、実際はあなたはあらゆる場面で苦しむと思いますし、本人はもっと辛いでしょう。
どちらを選択しても後悔なさると思います。
辛いでしょうが、結局ご自身でご決断しなければならない事です。
その子のおかげであなたは既に命の大切さを考える機会に恵まれているし、またその子のために十分苦しんでもいます。感謝と辛さとどちらをより強く感じますか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q5ヶ月の胎児に障害が・・・産むべきか

身内が第三子を妊娠し、性別がわかるかな~と楽しみに行った5ヶ月検診で、胎児の障害が発覚しました。はっきりわかっているだけで、巨大膀胱というものがあり、出産までずっと胎児のお腹から管をつなげておかなければいけないそうです。出産後はすぐに人工膀胱をつける手術が必要になるようで、それ以外にも障害がある可能性があるらしく、現在検査中です。
身内はたいへん悩んでおり、どんなに障害だらけでも親として「産まれておいで」と言ってあげたい気持ちと、ICUからずっと出られないような状態でも生まれてきて幸せなのかという疑問、また、上の2人の子供への影響や、親や周りにも最大限の協力や援助が必要なことなど、考えても考えても答えは出ない、と。
胎児の巨大膀胱自体は、5万人に1人ぐらいあるそうなのですが、実際の症例が少なく(つまり実際に産む人が少ないということ)、人工膀胱の新生児がどうなるかなど、詳しい情報がありません。主治医は、第三子だし、そこまでして産みますか、というスタンスのようで、私を含む身内は、どんな結果でも受け入れるよ、という態勢で結論を待っています。
いったいどうしたらいいのか、身内にどう言ってあげたらいいのか、実際に重い障害を持って生まれた赤ちゃんをお持ちの方や、同じような経験で悩んだことのある方のご意見が伺えれば、たいへんありがたいです。

身内が第三子を妊娠し、性別がわかるかな~と楽しみに行った5ヶ月検診で、胎児の障害が発覚しました。はっきりわかっているだけで、巨大膀胱というものがあり、出産までずっと胎児のお腹から管をつなげておかなければいけないそうです。出産後はすぐに人工膀胱をつける手術が必要になるようで、それ以外にも障害がある可能性があるらしく、現在検査中です。
身内はたいへん悩んでおり、どんなに障害だらけでも親として「産まれておいで」と言ってあげたい気持ちと、ICUからずっと出られないような状態でも生まれ...続きを読む

Aベストアンサー

私は第3子妊娠中(8ヶ月)の高齢妊婦です。

第1子は自閉症です。

なので、お医者様から「羊水検査をしますか?」と聞かれましたが、私たち夫婦はしませんでした。
羊水検査で判る障害が、一部の染色体異常だったからです。
生まれてしまってから判る自閉症のような障害や、交通事故にあったりしてなる後天性の障害の可能性は判らないから、そちらの確率の方が羊水検査で判る障害の確率よりはるかに高いだろうという自己判断です。

でも、ここで一つ言える事は、この判断に私達以外の意見は聞きませんでした。
私達2人でこの結論に至ったのです。

逆に言えば、他の人に何か言われる事が、それだけでプレッシャーになるし、本当にこれでいいのかと迷いにつながります。

私達も、おなかの子供に何か異常があれば、どうするのか迷うかもしれませんが、最終判断はやはり2人で結着するべき問題だと思うのです。

>身内にどう言ってあげたらいいのか
今は言わないで待ってあげて欲しい。
どのような結論をご夫婦で出されるか、出されたらその時、しっかりサポートしてあげてください。

私のおなかの子供に今の所、異常は見られません。が、高齢出産ですから、それこそダウン症かもまた自閉症かもしれません。
ただ、今の所、順調に育っているからこそ、私はたとえそうであっても産んで育てるつもりです。
この心境になるまでに、どれほどの時間と葛藤と覚悟がいった事か。でも、自分で決めるしかないと思うのです。

ご心配でしょうが、その方とご主人様にお任せするしかないと思います。

私は第3子妊娠中(8ヶ月)の高齢妊婦です。

第1子は自閉症です。

なので、お医者様から「羊水検査をしますか?」と聞かれましたが、私たち夫婦はしませんでした。
羊水検査で判る障害が、一部の染色体異常だったからです。
生まれてしまってから判る自閉症のような障害や、交通事故にあったりしてなる後天性の障害の可能性は判らないから、そちらの確率の方が羊水検査で判る障害の確率よりはるかに高いだろうという自己判断です。

でも、ここで一つ言える事は、この判断に私達以外の意見は聞きません...続きを読む

Qダウン症児、その他障害児を産んだ方に質問します

すごく失礼な質問になるかもしれませんがお許し下さい。
私は、妊娠2ヶ月になる21歳のmika-mamaといいます。
妊娠が分かってからとゆうもの、産まれてくる子供が
障害を持ってこないかとゆう事で毎日悩んでいます。
羊水検査などで分かるみたいですが、お金がかかるので出来ません。
あと、遺伝的な事もあるみたいですが
私の周りにはそうゆう方はいません。
それに先生に質問したとこで大丈夫、心配しなくていいですよ
と言われるのがオチだと思ってます。
なので、ここで質問です。
お腹の中にいる時に自覚症状とかありましたか?
妊娠中、どうゆう生活をしてましたか?精神的にはどうでしたか?
是非、教えてください。失礼と分かってますが、お願いします。

Aベストアンサー

2ヶ月というとホルモンバランスの関係で不安になる時期だと思います。私も実際悩みました。誰でも悩むことだと思います。では、それをどうやって乗り越えたか?ですよね。

ある時期まで来ると「生まれてくる子がどんな子であっても、私と夫の愛の結晶。大切に育てていこう。生まれてくるだけでいい。絶対に幸せに決まっている」と思いました。「どんな子であっても全身全霊をかけて愛する。愛しぬく。共に生きていく」という覚悟というか決意みたいなのが心の中でありました。

生まれた息子は軽症ですが心臓病です。半年に1回の検査があります。去年本格的な検査入院をしました。私は自分の息子のことだけ考えてました。でもそこの病院ではもっともっと重症な子ばかりでした。私は自己中心的な考えを持っていた自分を恥じました。生まれる前の決意を忘れていましたね。「どんな子が生まれても共に生きていく」これはすべての親の共通の想いです。目が覚めた気がしました。

よく病気の子を見て「かわいそうね」という人がいますが、あれはやめておいたほうがいいです。その人は別に軽い気持ちで言っているのでしょうが、聞いているほうはあまりいい気持ちがしません。同情というか、「あーよかった。私の子どもはあんなのじゃなくって」という心のつぶやきが聞こえてきそうです。

たとえ自分の子どもが障害者じゃなくっても、そういう人達と「共に生きる」のです。自分の人生においてかかわりがある無しに関わらず、同じ社会の仲間として当然のことではないでしょうか?

あなたももうちょっとすると覚悟というか決意みたいなのができますよ。そうなったら、ゆったりとした気持ちで過ごしてくださいね。

2ヶ月というとホルモンバランスの関係で不安になる時期だと思います。私も実際悩みました。誰でも悩むことだと思います。では、それをどうやって乗り越えたか?ですよね。

ある時期まで来ると「生まれてくる子がどんな子であっても、私と夫の愛の結晶。大切に育てていこう。生まれてくるだけでいい。絶対に幸せに決まっている」と思いました。「どんな子であっても全身全霊をかけて愛する。愛しぬく。共に生きていく」という覚悟というか決意みたいなのが心の中でありました。

生まれた息子は軽症ですが心...続きを読む

Q障害者だと分かった時点で子供をおろす人について

妊娠している時点で、子供がダウン症とか障害者だと分かっておろす人って
どう思いますか?
私は、そんな人は健常者もまともに育てられないと思うのですが…
もちろん産んでから障害を持っていると分かる人だって山ほどいるのに。

ダウン症だと分かってておろす人は、たいがいは高年齢出産で、
自分達は年だから介護できない といっておろす人が多いと聞きました。
だったら高年齢で子供を作る方が間違ってると私は思うのですが…
障害を持っているからという理由で、おろされた子供がかわいそうでなりません。

もちろん高年齢出産で、子供が障害を持つかもしれないけど、
自分達の子供だからちゃんと受け入れよう、という人は素晴らしいと思います。

最近、世界中での胎児の多さにショックを受けています。
その中でもとくに障害者をおろした後、また妊娠して健常者だったら産む人。
子供を育てられる環境にないのに(経済的な理由や未婚だったりで)子供を作り、
その後、結婚して出産する人が多いと聞きました。

世の中は健常者の方が多いかもしれませんが、もちろん障害者が生まれる確立は
誰にだってあって、妊娠を希望する人は、障害者が生まれることも覚悟した
ほうがいいと思うのですが…
もし障害者を生み育てる自身がない人は、妊娠すべきではないと思ってしまいます。

もちろん私がこんなところで一人で語っても、世の中が変わるわけではないですが(笑)

私の個人的な意見です。自分勝手な中絶手術をする人にはもっと厳しい試練があった方が
いいと思っています。
もっと胎児について考えてあげる世の中になって欲しいと思ってます。
みなさんはどう思いますか?

私の言葉が下手なばかりに、嫌な気持ちになってしまった人がいれば
すみません。

妊娠している時点で、子供がダウン症とか障害者だと分かっておろす人って
どう思いますか?
私は、そんな人は健常者もまともに育てられないと思うのですが…
もちろん産んでから障害を持っていると分かる人だって山ほどいるのに。

ダウン症だと分かってておろす人は、たいがいは高年齢出産で、
自分達は年だから介護できない といっておろす人が多いと聞きました。
だったら高年齢で子供を作る方が間違ってると私は思うのですが…
障害を持っているからという理由で、おろされた子供がかわいそうでなりま...続きを読む

Aベストアンサー

そういう君の意見もまた、ひとつの意見ということでいいのではないでしょうか?。

ただ、一つだけ言いたいのは「痛い」ということです。
中絶するにも、出産するにも、同じように身体は痛む。
出産は喜び(私は男だし、具体的にはわからないんだけどね)を運んでくるけど、中絶は悲しみや、悔しさ、強い自戒…良いことは何も運んできてはくれないから。
試練というものが「辛さ」であるなら、それは十二分に受けてるんじゃないかと思うよ?。

重度の障害者を育てるってことはさ、筆舌に尽くしがたい苦しみもあるんだよ。
私も無縁というわけじゃなかったから、そのへんのことは知らないというわけじゃない。
いろんな人や家族にもあったけど、共通してるのはその「愛情の深さ」と、それに伴う「通常ならばありえない苦痛」だった。

親としてのエゴがあり、庇護欲がある。
立派に、他人に後ろ指さされるようにしたくない、と思う反面「そんなにまで頑張らせるのはどうなのだろう」という思いもある。
産んだことでの「後悔」もある…それは「障害を持って生まれてきたこと」が悔いなのではない。
「普通ならば背負わせることがない苦労」を、親として「させてしまうこと」が辛いんだよね。

障害を持つ人を、地域や社会が認めていけて、彼らが特別な苦労をなるべくしないような社会なら、親の労苦もないはずなんだけどね。
そうであれば、出産前診断の可否も、社会の中でもっと問われているはず。
それが盛り上がってないということの理由は、実は「社会の無関心」にあるし、障害を持つ人の生活について、ほとんどの人が日常の中で無視しているから。
だから、自分が当事者になってしまうことについて「恐れ」しか持てなくなってるんだ。

人は生まれてきてからが、人生になる。
当たり前の事実を、しかし、ほとんどの人は、日常の中で忘れるようにして暮らしてる。
忘れないと生きていけない、と、そう思い込んで日々を過ごしてる。

この問題は、当事者をどうにかしようとしても、どうにもならないことなんだ。
社会問題として問うていかなければいけない問題。
君ももう少し、展開させてみるといいと思う。

そういう君の意見もまた、ひとつの意見ということでいいのではないでしょうか?。

ただ、一つだけ言いたいのは「痛い」ということです。
中絶するにも、出産するにも、同じように身体は痛む。
出産は喜び(私は男だし、具体的にはわからないんだけどね)を運んでくるけど、中絶は悲しみや、悔しさ、強い自戒…良いことは何も運んできてはくれないから。
試練というものが「辛さ」であるなら、それは十二分に受けてるんじゃないかと思うよ?。

重度の障害者を育てるってことはさ、筆舌に尽くしがたい苦しみ...続きを読む

Qとても酷い奇形児

とても酷い
と言う言い方は少し失礼かもしれませんが
言葉がそれしか浮かばなかったので書かせて貰いました

ちょこっと余分に何かが生えていたりと
奇形児には色々ありますよね
でも体的な異常は酷さによっても違いますが
すぐに治療をして治せば、以後支障なく生きてけるみたいですし良いのですが

この前動画で
皮膚が凄くボロボロで臓器がだだ漏れで
口も裂けてるように開いていて
とてもじゃありませんが、人の子とは思えないような子供が生まれてくるのを見ました
他にもエイリアンのように皮膚がおかしかったりと
阿修羅みたくひっついてたり衝撃的でした

このように度が過ぎている奇形児が生まれると言う事は
母親が妊娠中にクスリを犯っていたり
何か赤ちゃんに悪影響を及ぼす行為をしていたりするんでしょうかね?
軽い症状なら別かもしれませんが、このようにとても悲惨な体で生まれてしまうとなると・・・

Aベストアンサー

こんにちは。。

今海外にいます。

その動画をどのサイトから見たのかはしりませんが、、、、
チェルノブイリの子供達(当時、子供だった年齢の子達が被爆し、大人になった今出産した子供が奇形児だった)の映像でしょうか?

私の知り合いが今、ボランティアをしています。
最近知り合った方(チェルノブイリから逃げてきた女性)が出産した子供が多指症と心臓に問題があるそうです。

第2次世界大戦の時にアメリカが巻いた枯葉剤の影響で奇形児も生まれています。。。。

母親の薬の影響ではそこまでの奇形児が生まれるのは稀かもしれません。
(ただ、日本で私の知り合いに臓器の足りない子供を産んだ女性がいます。人工肛門や人工食道を作る為に手術をしています。母親に関して?と思うのは凄く肥満体で妊娠中に医師の指導を全然聞かずに、物凄い体重増加をしていたらしいのですが、、、それが影響したのがどうかは私には分かりません)

もう一人の知り合いにマリファナ常習者と噂される男性がいます。
その人の奥さんが子供を出産したのですが(奥さんはマリファナを吸っていません)今の所普通の健康なお子さんです。
3歳ですが、、、、時々その子と接する限りでは”異常”な所は感じません。。。
まあ、その子が大きくなった時にどうなるかは分かりませんが・・・・

こんにちは。。

今海外にいます。

その動画をどのサイトから見たのかはしりませんが、、、、
チェルノブイリの子供達(当時、子供だった年齢の子達が被爆し、大人になった今出産した子供が奇形児だった)の映像でしょうか?

私の知り合いが今、ボランティアをしています。
最近知り合った方(チェルノブイリから逃げてきた女性)が出産した子供が多指症と心臓に問題があるそうです。

第2次世界大戦の時にアメリカが巻いた枯葉剤の影響で奇形児も生まれています。。。。

母親の薬の影響ではそこまでの奇形児が...続きを読む

Q奇形児が生まれた場合の病院の措置について

つい最近、妹(妊娠31週)の赤ちゃんが二分脊椎症でお尻の皮膚が形成されていないことがわかりました、自然分娩では命はたすからないらしいのですが、帝王切開で出産して大手術を施せば大きな後遺症がのこって障害児となるが命は助かるらしいです。

妹はなぜもっと早くわからなかったのかと毎日悲しんでいます。
この場合、自然分娩して医療措置をとらず死産というあつかにはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

妹さんもショックなこととお察し致します。
医療の件はよく分からないのですが、死ぬのを分かっていてあえて自然分娩を許可してくれるかどうかは分かりません。病院側も事前に分かっていながらそれをしたとなると罰せられる可能性があるからです。そして自然分娩をしたとしても、状態は悪くなって、でも助かる可能性の方が高いと思います。生きて産まれて来たものは医師としては助けざるをえません。そうなると、より高度な後遺障害だけが残ることになります。その件に関しては医師と何度も納得のいくまで話し合いをなさるのがよろしいかと思います。妹さんの精神的なものなどを考慮して何も方法がない場合は、高度な技術のない(そう言った施設も医療器機もない)病院で事実を隠して出産することですかね?その病院の近くにも大学病院などがあってはなりませんね。出産後すぐに大きな病院に搬送されるでしょうから。これ以上はモラルに反するのでコメントは控えます。

スルーすればよかったのですが、二分脊椎の知人がいたので立ち寄ってしまいました。

二分脊椎は上半身は普通に成長しますが、下半身はほとんど成長しません。一番大きな弊害は歩けないので車いすの生活を強いられます。そしてトイレが自力でできません。排尿は「カテーテル」という管を膀胱に挿入し、膀胱内の尿を排出します。排便に関しては浣腸液であったり医薬品を使用するようになると思います。自分で尿と便のコントロールができないため、大人になっても紙おむつを当てておくことが多いようです。

と、マイナス要因を先に書いてしまいましたが(実際に大変で、相当な覚悟も忍耐力も精神力も体力もいるのは事実ですから)、精神的なまたは知的な遅れは通常ありません。ですから、高校までは施設の設備などの関係から養護学校に行く人がもっぱらですが、本人の努力次第(養護学校に行くことを逆に利用し、先生をうまく使ってプライベートレッスンやプラスαの課題を与えてもらうことで勉強をがんばって)大学に進学することもできます。

スポーツが好きなら車いすテニスやバスケといったチャレンジもできます。

手動運転装置(ハンドコントロール)を取り付けて自動車の運転もできます。

子どもさんが自分の障害と立ち向かって折り合いを付け、受容するまでが大変かも知れませんが、そうなるまで家族(特にご両親)は全面的なサポート(学校の送り迎えから入浴や着替えの介助、トイレなどは高校生くらいまではやってあげるようになると思います。なので、第一子が二分脊椎児だと、その子に手がかかるから第二子を持たない、または10年くらい開けてから第二子を作る方もいらっしゃるようです)が必要ですが、そうなってしまえば本人次第で幸せも手にできると思います。子どもが幸せになれたとき、ようやくご両親も肩の荷が下りて、大変だった分ほどご両親の幸せも大きなものだと思います。

大学の時に二人ほど二分脊椎の子がいましたが、一人はお母さんが毎日送り迎え、一人は自分で自動車を運転して通学していました。二人とも車いすを使っていましたが、一人は大学にいる時間は紙おむつを交換することもトイレに行くこともなかったようですが、一人の子は自己導尿(自分でカテーテルを使って排尿する)で紙おむつも都度交換していました。

別の大学(彼女は頭のいい子で国立の大学に通っていました)に通う二分脊椎の子は彼氏が医療系の大学院生だったこともあって、トイレや車への乗り降り、車いすの介助と移動は彼が手伝っていましたが、車いすテニスが上手な子でした。

今は私の書いていることを読まれて「大変じゃないの!」と思われるかも知れませんが、障害を理解し、うまくその障害と付き合って行くことで人生は変わって来ます。

きっと「他人事だからそんな適当なことを言えるんだよ!」と思われるでしょうから、私のことを少しお話ししますね。私は十数年前に怪我をして、せき髄損傷を負いました。今は車いすを使って生活しています。なぜ大学時代のその子たちの状況(情報)を知っているかと言うと、仲間だったからです。車いすを使う私も「車いす用トイレ」を利用していましたから、カテーテルなどの医療器具(私物)は自分の袋に入れてトイレ(私たちの専用)内に置いていました。また、他の生徒には話せないけど、私たちは話していましたから。

その彼女たちが今どうしているかは分かりませんが、私は結婚しています。夫は健常者です。たまにレストランに行ってレストランの椅子に移って座ります。帰り際、夫が「◯◯(私の名前)、何してるの?帰るよ!」と言った後で「ああごめん。車いす取ってあげてなかったね!」と私が障害者であることを忘れることがあります。それは私を対等に扱ってくれているからです。そして私は海外に住んでいます。日本よりもバリアフリーが進んで暮らしやすい街の勉強に訪れた地で、夫と出会い結婚しました。夫は外国人です。

こんな例もあるんだとお伝えしたくてコメントさせていただきました。まずは知識を付けてください。確かに初めは戸惑いもあり、死ぬほど辛いでしょうが(大きな覚悟をしておけば、以外と思ったほどではなかったと、、、思えればよいのですが)時が過ぎれば、無我夢中の間に20年、30年過ぎていた、、、というのが現実だと思います。

私が障害当事者である、そして車いすテニスなど積極的という証拠に写真を一枚貼付しますね。ここでは個人の情報や、個人を特定することが禁止されているので、これ以上の私の情報開示は遠慮させていただきますが、そうでなければ可能な限りの情報の提供はしたいところです。ギリギリのところで失礼します。

どうか妹さんが早く落ち着かれること、現実を受け入れられることをお祈りしまして私のコメントを閉じさせていただきます。

こんにちは。

妹さんもショックなこととお察し致します。
医療の件はよく分からないのですが、死ぬのを分かっていてあえて自然分娩を許可してくれるかどうかは分かりません。病院側も事前に分かっていながらそれをしたとなると罰せられる可能性があるからです。そして自然分娩をしたとしても、状態は悪くなって、でも助かる可能性の方が高いと思います。生きて産まれて来たものは医師としては助けざるをえません。そうなると、より高度な後遺障害だけが残ることになります。その件に関しては医師と何度も納得...続きを読む

Q障害持ちの子供が生まれる理由

障害持ちの子供が生まれる理由

何故、障害持ちの子供が生まれるのでしょうか。
運ですか?それとも親に原因があるのですか?それとも両方ですか?

例えば、どちらかが病気持ち、医薬品を飲んでいる、喫煙者だと出来やすいとか母親の体が弱いと出来やすいとか・・・。

私の彼女は体が弱くうつ病なのですが、(症状はだいぶ良くなって見た感じはうつ病には見えないぐらい元気です)可能性はあがりますか?

今、生まれる前に検査できるとかも聞いたのですが、それも出来ますか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分かりますが、世の中には「原因はわかっていても、原因を防止することができない」ことが存在するということを認めるしかないと思います。


次に鬱病ですが、うつ病の「原因」ですが、脳内のある物質が少ないとうつ病になると言われています。
反対に多すぎると妄想が見えたりするそうです。
この分泌物の量は遺伝します。
しかし、遺伝的要因だけでうつ病になるのではありません。
多くの精神疾患は遺伝的要因+外的ストレスによって発動しますから、お子様が発動しない可能性もあります。

最後に、生まれる前の検査で分かる障害ですが、前者がわかるのではないですか?
貴方の彼女も、うつ病になる前は健常者として生活してきたはずです。
さらに追い討ちをかけますけど、障害の検査をして、障害が発覚したらどうするのですか?
中絶ですか?

不安なのは分かります。
しかしこの質問の隠れた本音として、「うつ病の彼女と結婚したいか、したくないか」「うつ病の彼女と子どもを作りたいのか作りたくないのか」というあなた自身の、彼女に対する愛情の多寡の問題を、遺伝や出産に責任転嫁しているように見えます。

「障害」とは何かの定義が全然出来ていないようですね。

まず染色体異常等の「生まれてすぐわかる奇形」(該当者の方には申し訳ない表現ですが)を避けることはむずかしいと思われます。
遺伝子を複写する段階である一定の確率でミスコピーが起きるため、運が悪ければ両親とも健常者でも子どもに障害が出る場合があります。
お子様が先天的な知的障害を持って生まれた家の場合、何かのせいにしたくて「アレが悪かった」「コレが悪かった」という原因探しが始まって家族全体が疲弊することがあります。
気持ちは分...続きを読む

Q障害のある長男を受け入れらなくて困ってます

今5歳の障害児で、施設にいます
最近良く動くようになって、愛の手帳が3級になりました。
自閉症と知的障害で年齢の半分の知能しかありません。

食物アレルギーもあり(大豆、ゴマ、卵)どうしていいのかわからなくなってきました。
私は受け入れていたつもりなのですが、料理も苦手で醤油も味噌も豆腐も使えないことで、
頭の中がパニックのままです。経済的にあわやキビの醤油を買う余裕もないです。

旦那も旦那の実父も障害のある息子と私を受け入れることはできないし
長男である旦那は離婚して帰って来いと言われたみたいです。
お母さんは何かと電話で1,2時間話しこんでいるので仲は良いみたいです

旦那は子供の話をすると、もう俺とは関係ないとか社会が何とかしてくれるとか
本心では無いと思いたいことを平気で言います。本心ではないことをたまに言うので
何が本当か、何が嘘か結婚して5年たった今でもわかりません。

言われる度に心が壊れそうになります。合いにも行こうとしない旦那も嫌だし
実親に施設暮らしでかわいそうと言われることも、苦しいです

このまま施設で暮らして行くことが良いことなのか
手元に引き取ったほうがいいのかすごく悩んでいます

今5歳の障害児で、施設にいます
最近良く動くようになって、愛の手帳が3級になりました。
自閉症と知的障害で年齢の半分の知能しかありません。

食物アレルギーもあり(大豆、ゴマ、卵)どうしていいのかわからなくなってきました。
私は受け入れていたつもりなのですが、料理も苦手で醤油も味噌も豆腐も使えないことで、
頭の中がパニックのままです。経済的にあわやキビの醤油を買う余裕もないです。

旦那も旦那の実父も障害のある息子と私を受け入れることはできないし
長男である旦那は離婚して帰って来い...続きを読む

Aベストアンサー

支援学校教員です。

厳しいことを書きます。

現在、お子さんは施設に入所しているんですよね。そして、あなたたちご夫婦は持家があり、生活していけるだけの収入がある。

施設が「引き取り」を勧めていないのであれば、それだけお子さんの障がいがあなた方の養育能力を上回るぐらい重いと考えれますが、いかがですか?

お子さんを引き取った上で、お子さんに適した療育施設に通わせ、お子さんに一定の躾ができるのでしょうか?

愛情だけで、全てが解決するわけではありません。また、お金だけですべてが済むわけでもありません。

「できないことはできない」と認めるのも愛情です。

>合いにも行こうとしない旦那も嫌だし
>実親に施設暮らしでかわいそうと言われることも、苦しいです

あなたが大変愛情深い母親であることはわかりますが、無理をしてもいいことはないのでは?

それならば、あなただけでも無理のない範囲で会いに行ってはいかがですか?

あなたから「お子さんの可愛さ、成長」を聞けば、その内に夫も一緒に会いに行ってくれますよ。

そして、いつかはお子さんが外泊できるようになりますから、その時に一緒にいる時間を伸ばしていけばいいのでは?

私の学校にも様々な理由で親元から離れている子たちがいます。それでも皆、頑張っています。また、親がよく会いに来てくれる子たちの情緒の安定は、かなり大きいです。

反対に、親が「離したくない」と、ほとんど養育放棄に近い環境にいる子もいます。

どちらが子どもにとっていいのかは、私にはわかりません。ご参考までに。

支援学校教員です。

厳しいことを書きます。

現在、お子さんは施設に入所しているんですよね。そして、あなたたちご夫婦は持家があり、生活していけるだけの収入がある。

施設が「引き取り」を勧めていないのであれば、それだけお子さんの障がいがあなた方の養育能力を上回るぐらい重いと考えれますが、いかがですか?

お子さんを引き取った上で、お子さんに適した療育施設に通わせ、お子さんに一定の躾ができるのでしょうか?

愛情だけで、全てが解決するわけではありません。また、お金だけですべてが済む...続きを読む

Q妊娠(障害児が生まれる可能性)について不安で仕方がありません。

この質問に不愉快な思いをされる方がいらっしゃるかもしれませんが、同じ様な不安をかかえている(いた)方にお聞きしたいと思います。
結婚して1年になります。
そろそろ子供が欲しいなと考えるなかで、障害児が生まれたらどうしよう?という不安にかられています。
というのは、主人の家系には目に障害があったり自閉症の従妹がいたり、主人も視力が低く(あと0.1か0.2ほど下がると軽度の障害者認定がされるようです)、アトピーも患っています。以前まではあまり心配はしていませんでした。
しかし先日、主人のほうから妊娠に対しての不安を打ち明けられ、それ以降私も妊娠について不安ばかりが先行するようになってしまっています。また主人から話がでた以降、SEXもしていません(2ヶ月ほど)。
医療機関で先天的な異常について調べられるのでしょうか?また妊娠中に調べられる事があるのでしょうか?
世の中には障害をもって生まれたお子さんを愛している方々がたくさんいらしゃっるのに、こんな質問をして心苦しいのですが、正直な気持ちで質問させて頂きました。
どうぞよろしくお願いします。

この質問に不愉快な思いをされる方がいらっしゃるかもしれませんが、同じ様な不安をかかえている(いた)方にお聞きしたいと思います。
結婚して1年になります。
そろそろ子供が欲しいなと考えるなかで、障害児が生まれたらどうしよう?という不安にかられています。
というのは、主人の家系には目に障害があったり自閉症の従妹がいたり、主人も視力が低く(あと0.1か0.2ほど下がると軽度の障害者認定がされるようです)、アトピーも患っています。以前まではあまり心配はしていませんでした。
しかし先日、...続きを読む

Aベストアンサー

仮にあなたの望むように、五体満足の元気な赤ちゃんが産まれて、順調に成長したとします。
でも・・・成長過程で事故や病気である日突然障害を持つ体となることもありますよ。

私の子供はそうです。
2歳前にかかった「急性脳症」という病気のため、ある日突然重度知的障害児になりました。
今年から中学生ですが、まだ知能は1歳程度で、喋ることもできません。

あなたの子供がもし、うちの子のように途中で障害児になった場合、
あなたは育児放棄して、子供を棄てるのですか?

「どんな子供でも愛情を持って育てて行こう」
そんな自信が持てないなら、子供は産まない方がいいと思います。

Q障害児を生まないための方策

障害児を生まないための方策を知りたいです。
出産前に気をつけること。性交渉前に気をつけること。健康面で気をつけること。Etc

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

厳しい意見が続いていますが・・・。

回答された皆様↓へ
質問者様の背景が分かりませんが、質問内容のような経験をもしかしたらされていて、今後の妊娠において不安を抱いている素朴な質問かもしれませんよ。(もし違っていたらすみません。)

質問者様へ
もしかしたら質問者様は言葉が少々足りなかったかも・・・。
私で分かる範囲ですが、不妊だった頃にタイミング妊娠法と言う本を読んだことがあって、性交回数と奇形児や障害児を出産する頻度と言うかその関係が表に載っていて、子供が欲しいからといってやたらに性交渉すると正常な精子よりも精子に含まれる奇形精子と受精しやすく、その結果上記のような子供を産む場合がある、と記載されていました。
実際、妊娠はするけど双方の異常はないのにやたらに流産、死産する人の中にも性交渉の多さがあるようです。又不妊症の方の中にも着床する以前の自然淘汰した命も含まれているのではないかと言われているそうです。
具体的に、1週間の性交回数が20回以上と言う人がいて、4回の妊娠したうち、2回無脳児あとは流産だったようです。なかなか無脳児はそう頻度が多いものでもないのにそれを同じ人が2度も経験すると言うのはスゴイことなのです。タイミング妊娠法(排卵日の前日と当日に性交渉を行う)を行ったら、その後ちゃんと正常に妊娠、出産できたそうです。
↓に回答した方々がそうだと言うわけではありません。1人の専門家の方の意見なのでご理解下さい。

参考までに。

厳しい意見が続いていますが・・・。

回答された皆様↓へ
質問者様の背景が分かりませんが、質問内容のような経験をもしかしたらされていて、今後の妊娠において不安を抱いている素朴な質問かもしれませんよ。(もし違っていたらすみません。)

質問者様へ
もしかしたら質問者様は言葉が少々足りなかったかも・・・。
私で分かる範囲ですが、不妊だった頃にタイミング妊娠法と言う本を読んだことがあって、性交回数と奇形児や障害児を出産する頻度と言うかその関係が表に載っていて、子供が欲しいからとい...続きを読む

Q奇形児、障害児が生まれてしまう理由

漠然とした質問で申し訳ありません

現在、不妊治療中の26歳です
来月、体外受精を予定しています
(不妊の原因はおそらく精子が少ない&運動率が悪い為)

人工的な手段で妊娠しようとしている為、
一番心配なのが、奇形児です
「自然の妊娠の場合と、率はさほど変わりはない」
ともきいた事がありますが、
ではなぜ奇形児になってしまうのでしょうか?

また、奇形児が生まれるケースとして、
高年齢出産、喫煙や酒やレントゲンや薬etc・・・
などよく聞きますが、
何か他の理由としてあげられるものはありますか?

ストレートな質問で申し訳ありません。
赤ちゃんがいざできるかも?となると、
今までの長い治療期間中、
ずっと欲しかった気持ちが強い分、
構えてしまう部分も大きいのも事実です。

できるだけベストな状態で体外受精に挑みたいと思っていますので、
何か参考までにでも教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

原因ですか...一括りに言ってしまえば、妊娠3週から11週くらいまでの胎児の器官形成期(臨界期)に「何らかの要因が働いて」形態に異常を来したからですね。
その要因が何だったかと言うのは、高齢出産(染色体、遺伝子の不具合)、アルコール、X線、放射線、化学物質(薬も含む)、感染症等々...
その他にも#1さんの仰るように、遺伝的なものもあります。例えば、多指症(手足の指が6本のことが多い)などは血縁に何人も発生することが知られていますし、「絞扼輪症候群」と言って、羊水の中に何らかの理由でヒモ状の浮遊物が発生し、それが胎児の四肢などに絡みついて、絡みついた部位から先が欠損するというアクシデントもあります。
あるいは、シャム双生児に代表されるような結合双胎は、一卵性双生児の胚が二人に分裂する時期が遅かったために自然にも発生し得ますが、ダイオキシンなどの化学物質によって高頻度に起こってくることも知られています。
また、無脳症や二分脊椎などの神経管閉鎖障害が葉酸の摂取である程度予防可能な事実から、ある物質の過剰摂取だけでなく欠乏によっても奇形が発生することが知られています。
ただ、何が要因だったかが明らかになるのはごく一部で、生まれた赤ちゃんに奇形が見られたとしても原因などハッキリさせられないことが殆どです。
あと...奇形児というのは外表、内臓、脳も含めて「形態の異常」ですが、障害児=奇形児ではないことはお解りですよね?私の甥っ子は先天性の難聴児(=障害児)ですが、聴力の他には何も異常はありません。また、障害児の全てが先天的なものではないことも、言うまでもないですね。
体外受精児と自然妊娠児に奇形発生率の差はありません。確率的には全ての妊娠において1%程度の頻度で奇形児は発生します。

こんにちは。

原因ですか...一括りに言ってしまえば、妊娠3週から11週くらいまでの胎児の器官形成期(臨界期)に「何らかの要因が働いて」形態に異常を来したからですね。
その要因が何だったかと言うのは、高齢出産(染色体、遺伝子の不具合)、アルコール、X線、放射線、化学物質(薬も含む)、感染症等々...
その他にも#1さんの仰るように、遺伝的なものもあります。例えば、多指症(手足の指が6本のことが多い)などは血縁に何人も発生することが知られていますし、「絞扼輪症候群」と言って、羊水...続きを読む


人気Q&Aランキング